いざという時の現金

レス52
(トピ主1
お気に入り112

生活・身近な話題

皆さんはいざという時の現金はいくら必要だとおもいますか?銀行に預けず手元に置いておく現金です。

ユーザーID:7655469778

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数52

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • どこにお住まいのいくつくらいの方?

    よほどの田舎でない限り、いざとなればコンビニATMでも下ろせます。
    クレジットカードをお持ちなら、ほとんどの人は2万もあれば充分ではないでしょうか。

    立場上、部下に奢らないといけないような人なら、10万くらいは持っておきたいと思う人もいるでしょうね。

    ユーザーID:3226456553

  • 10〜20万円

    いざという時の為に実際に置いている金額です。
    半分くらいはピン札です。
    今のところ(結婚3年目)、「いざ」はまだないです。
    っていうか、「いざ」って何だろう?
    自分でもそう思ってお金を置いているのに、「いざ」の事象がわかりません…。

    ユーザーID:2768093627

  • 取敢えずの10万円

    コンビニでいつでも預金引き出せるし
    クレジットカード複数あるし

    あまりたくさん現金置きたくないし

    何時でもおろせる銀行預金は、100万円程度有れば何とかなるかな。
    まぁでも定期預金も90%は普通におろせるしね。

    いざという時って・・・

    親が倒れたとか、子供に何かあって駆け付ける交通費位しか思い浮かばないんですが
    あとどんな時がありましたっけ・・・・??

    ユーザーID:7480005248

  • うちは家にお金を置きません

    防犯上もあるけど、昨今はコンビニのATMで深夜でも下ろせますよね。
    隣がコンビニなのでいざとなったらお隣に走ればOK。

    お財布の中もたまに千円くらいしかない時もありますもん。

    あまり気にしません。

    ユーザーID:5453747390

  • 2-3万?

    銀行に預けないで手元に置いておくお金ですよね?
    2-3万でいいんじゃないでしょうか。ちょっとしたことの
    手付金なんかは、だいたい1万円とかでいけますよね。
    ちょっとしたことならば。手元に置いておくならそれが
    限界ですね。泥棒にあっても嫌だし、今はどこでも
    カードが使えるし。生活費としても3万円財布にいれて
    それを1ヶ月使います。

    ユーザーID:8453469446

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 5万かな

    家に置いておくお金=万が一泥棒に盗まれても悔いのない金額 です。

    昔は10万くらいでしたが、今はタクシー等だいたいカード決済できるので
    5万くらいかな。カード払いできない夜間診療も、突然来る町内会の集金も
    5万あれば足りると思うので。普段の買い物は、ほとんどカードですし。

    昔「あと財布に1万円しかない。明日朝お金下ろさなきゃ」という深夜に突然、
    友達から「具合が悪い。病院へ連れてって」と頼まれ、慌てたことがあります。
    というわけで、ある程度の現金を置いておくのは必要ですね。

    ユーザーID:1872115024

  • 不足の自体は予測不可能

    いざ、がどんな状況かによって必要な金額は違ってきますので、人それぞれだと思います。

    実家が遠方の人なら、親が倒れたとき手元の現金だけで飛行機に乗って帰省できる金額は必要かもしれないし。
    大金が必要なさそうな環境なら、急病だけど救急車呼ぶほどでないときのタクシー代と医療費くらいかな。
    子供がいるといないでも違ってきそう。

    私の親はいざという時のために10万円は現金で手元に持ってました。
    私が1人暮らししてた時は5万円は部屋に置いてました。

    今は夫婦2人暮らしですが、金額は決めてません。
    毎月の給料から、年1回支払う車保険積立、生命保険積立、長期休暇費用積立、予備費積立。2年に1回支払う車検費用積立、その他に税金用積立と、積立を色々しているので、いざという時はここから借りて、後から戻す形をとっています。

    ユーザーID:0448389270

  • 「イザ」の内容による

    どういう時の「イザ」なのかによりますね。

    急に遠くへ行かねばならない、であればクレジットカードで決済できるので、現金不要。
    今時、飛行機や電車はもとより、タクシーでもクレジットカードが使えますから。
    使えないのは近距離バスくらいですかね。

    となると、現金が必要になるのは災害時です。
    そのときいくら必要かは、想定避難先までの距離、家族の人数次第。

    遠くへは避難する予定がないなら、一週間ぶんくらいの食料・雑貨の調達費用があればよいかと。
    家族四人とかなら、数万もあれば。
    なるべく千円札でね。

    ユーザーID:3949938003

  • 住環境によるでしょう

    我が家は3分あれば近くのコンビニATMで手数料無料で24時間お金を下ろせるので、
    いざという時用の現金を家に置く習慣はありません。

    私にとってのいざという時が思い浮かばなかったのですが、皆さんのいざという時ってどんな時でしょう。
    うちはカード払いや引き落としが多いので集金は来ないし。
    急な海外出張でもATMで下ろせるし、デビッドカードもあるし。
    自分にとっての「いざ」がなかなか思い付きません。

    いざという時って人によって違っていそうですね。

    ユーザーID:1520225081

  • 3年前の震災の時の教訓で

    ATMは使えない。カードも使えない。現金のみ決済のコンビニやガソリンスタンド。

    それ以降、20万は手元に(箪笥の中に)置くようにしています。原発事故のようにすぐに遠くに逃げる場合に最低限必要だと思ってます。

    あと、1万円札はおつりがないといわれた経験があるので千円札で5万分用意。
    すぐ使えなければ意味ないですから。

    ユーザーID:5703301798

  • 財布の中に

     100万以上300万位は入れています。
    現金では3000万以上は投資するか銀行に
    預金します。その程度は現金が手元にないと
    ふあんです。

    ユーザーID:1098542521

  • 50万円か100万円

    突然、現金が必要になるのは入院か弔辞と思います。
    50万円あれば、何とかなるし100万円あれば、余裕が出ます。
    50万円で膨らんだ(隠し)財布を手にすると、心に余裕ができるので、好き。
    金融機関にお金を預けると、自分が死んだ時に凍結されて相続を解決しないと引き出せない。
    これはうんざりするほどの手間と時間ががかかるので、悩みます。

    ユーザーID:9781341232

  • 手元には1万円

    常に財布の所定の場所に忍ばせてあります。
    あとは、不意の時に必要な分として、普通口座に常に10万円は余計に入れてあります。
    今はコンビニで24時間下ろせるし、クレジットカードで支払い出来るケースも多いので、現金はあまり持ち歩いていません。(空き巣や詐欺の被害に遭って全額盗られるリスクを考えたら、いざという時に数百円の手数料を支払う方が損害としては少ないとの判断です)

    ユーザーID:1191962011

  • いざ?

    何でしょう?いざ。私は0円です。24時間コンビニで好きなだけ下ろせる時代に現金を家に。ああ、強盗に渡すためには必要でしょうかね。

    ユーザーID:7926508135

  • 3から5万はあると安心かも

    あの日、財布に約5万。
    震災の時、持っててよかった!と本当に思いました。
    銀行再開まで十分しのげました。
    千円札や小銭の常備もおすすめします。
    万札ではお釣で困らせることもあります。

    普段クレジットカードを使うことが多く、現金をあまり手元に置かないという方、要注意です。
    災害時カードは役に立ちません。
    財布でも貯金箱でもいいので、いくらかは現金を!

    そう言えば、年齢によって財布に常にキープしておくと安心する額があるって、何かで聞いたことがあります。
    確か、年代×千円だったかな?
    つまり30代なら3万円、50代で5万円。
    これ聞いた時、母と二人で「確かに!」と頷きあった覚えがあります。

    ユーザーID:7778948401

  • 独身の頃は

    急に帰省しなければいけない、という状況になった場合の往復交通費+α分ぐらい。

    結婚して子供もいる今は、かかる交通費は増えましたが、そういう場合でも現金決済とは限らないと思っていました。
    そして、急な事とは、不祝儀を想定します。相手によって包むお金もちがいますし。

    でも、ATM・カードも万能ではないと思うとね。

    帯封を用意しています。

    ユーザーID:4081976034

  • 皆さんのレスにびっくり

    他の方のレスを読むと、私が普通ではないのかもしれませんが。
    財布の中には必ず10万円と少し。
    使ったら、翌日又補填します。
    独身の時から50過ぎの今も変わりません。
    家には、30万は必ず。
    あと、3万程度は千円札で。

    泥棒は入るまでその家にいくらあるのかなんてわからないですから、防犯の事は気にしません。
    万が一の時は、命取られるよりはお金は惜しくありません。

    家族が急病になった時、ATMに行く時間すら惜しい性格です。
    クレジットカードの計算とか余計なことにも時間を取られたくないので、その場で済ませる現金払いの生活です。

    だから、給料日の混雑する時に銀行に行かなくて済みます。
    明日お金が必要って急に夫や子供に言われても大丈夫。
    30年近くこんな感じです。
    夫は普通のサラリーマンです。

    ユーザーID:2858351307

  • 50万円ほどあります。

    巨大地震を二度経験しました。
    備蓄には、食料飲料の他に、各種小銭や札も入っています。
    また別に、冠婚葬祭用の各種新札も数枚ずつあります。
    万が一泥棒に襲われた時、くれてやってもいい金は家にあったほうが良いと聞きました。

    でも、昨今の詐欺事件、
    お年寄りは家に大金があるのだなあと驚いています。
    巾着に全財産を入れて持ち歩く人もいるとか。
    銀行が信じられないらしいです…。

    お金の問題こそ人の考えかたは様々なのですね。

    ユーザーID:6279580386

  • 10万くらい

    災害時の非常用持ち出し袋(自宅用と職場用)に5万、1万と分散して
    以前は公衆電話や自販機用の小銭も混ぜてました(嵩張るし重いんですが)
    どんな必要があるかわからないので、備えています。

    カードは、預金下ろすにしたって電気なきゃダメですよね。
    お金払わないで物を買うわけにいきません。

    実際3年前の震災のとき急場に役立ちました。

    ユーザーID:7880489958

  • 10万〜20万

    10万〜20万円くらいを、自宅金庫に入れてあります。

    独り暮らしなので、私にとっての「いざ」は、急きょ入院して誰かに身の回りのことを頼むことでしょうか。
    取りあえずの10万ですね。
    あとは、定期からの貸し付けで凌ぐことになるので、ATMに行くことになりそうです。

    他に思い当たる「いざ」は、身内の不幸。
    他人様のご不幸は、金額も負担にならない程度ですが、身内は違いますよね。
    包む金額も、万単位、お花やお供物も、立て替えてくれた人に現金で支払うケースが多く、カードと言うわけにはいきません。
    遠隔地の葬儀だと、さらにこまごまと現金が出て行きます。

    それにしても、20万円以上にはなりませんでしたので、経験上、こんなものかと。
    実家が、空き巣に入られたことがあるため(結構な額の現金が被害にあったので)、私は多額の現金は自宅には置きません。

    ユーザーID:1094444936

  • 必要です

    田舎に住んでいます。50万円はあります。

    都会から田舎に引っ越してきましたが、銀行・郵便局も限られ、
    コンビニは20時に閉まります。
    これまでの「24時間どこでもATMでおろせる」という感覚は通用しませんでした。
    急に出かけなければ行けなくなった場合、または病気になった場合などを
    考えるとどうしても現金は置いておきたいです。
    また、先日の自然災害時には、最初、道路通行止めの為隣の町までも行けなかったし
    また道路が通行可能になったとしてもガソリンの供給がどうなるかわからない状態では
    無駄に使う訳にもいかないという状況になりました。
    ですから、いざという時のために、現金に加え、
    ガソリンも常に満タン(半分以下にはしない)にするようにしています。

    そうそう、お財布の中には、3万円の予備をしのばせてあります。

    ユーザーID:6989669615

  • 10万円

    銀行のキャッシュカードもクレジットカードも持っていますが、
    万が一深夜帯で一分一秒でも早く目的地に移動しなければならない事があった時は、
    コンビニでお金を下ろす時間すら勿体無いです。
    タクシーもクレジット決済が全て出来るわけでもありません。

    こそっとある場所に置いてあります。

    ユーザーID:3535890760

  • 500円玉貯金も入れて3万円。

    500円玉貯金が約2万円、万札が一枚キープしてあるので、約3万円はあります。

    ひとり暮らしで身軽なので、万札があればどこかに移動するときの交通費にもなるし、宿泊代にもなるし…という考えです。

    500円玉はうっかり手元に現金が全然ないときにつなぎで2、3枚持っていったりします。現金なら近所の小さい商店でも使えますからやっぱり便利。

    ユーザーID:2697881798

  • 10万円です。

    東日本大震災の時、停電になり全てのATMや電子マネーが使えなくなりましたしスーパーは開けてくれましたが青空の元、電卓で計算されて現金払いのみでしたから。
    預金している銀行は10万円までなら身分証明書とかで都合してくれましたが、すごい行列でした。
    食料の備蓄と共に最低でも3日分の生活費は必要だと思います。

    ユーザーID:6735096961

  • 私は10万、ピン札で。

    一人暮らしをしていた頃からの習慣です。
    昔はタクシーはカードが使えなかったので、急にタクシーが必要になった場合に…など、考えていました。
    夜間・休日に急に病気になる、とかですかね。

    確かに、あまり使うことはありませんが、『あそこにあった』と
    思えば安心です。
    急な用事でも、ATM行かなくても済むしね。

    でも今回、千円札を混ぜておくといい、と言うのを知りました。
    ありがとうございます!早速そうします。

    ユーザーID:7193509908

  • いつでも引き出せるように

    手許に置くのは防犯上怖いから必要最低限の5万まで。
    クレジットカードもあるし、コンビニのATMでも引き出せる銀行口座に10万〜20万程度の現金の準備はしています。
    夫婦それぞれが準備してます。

    ユーザーID:0006018875

  • いくら必要かはわかりませんが

    改めて自分の現金を数えてみました。
    ・生活費2〜7万
    ・自分(専業主婦)のお金約2万円
    ・空き巣用見せ金約2〜3万円分(千円札×十数枚の銀行用封筒を各階2か所に)

    そのほかに夫が10万くらいのお金をどこかに置いてあるようです。
    マンションから一戸建てに引っ越して、防犯面から現金を減らしたので
    夫の置き金10万円もその時より減らしているかもしれません。

    見せ金は空き巣が日本人ではなく無収穫の際の室内破壊の回避のためです。
    今は自然災害時に備え、貸金庫に現金もいくらか入れておいた方がいいのか考え中です。

    ユーザーID:8420762099

  • 50万+ガソリン満タン

    急に遠方に逃げなければならなった時に、すぐ持ち出せるように、常備してます。

    ユーザーID:1250872097

  • 災害用

    いざって災害用ですよね
    5〜10万です。これでしばらくはしのげるかと思います。
    千円札・小銭も多めに置いてあります。

    他の方のレスで地震・災害を想定してない方が何人もいらして驚きました。
    大震災の影響でATMが使えなくなって困った方が大勢出たのはたった三年前ですよね…

    ユーザーID:5356310527

  • え…

    皆さんすごくたくさんの現金を準備されているんですね!
    私は、2〜3万円くらいでいいかなーと思っていますが、実際に財布に入っているのはいつも一万円以下です。
    まあ独身の一人暮らしだし、銀行やコンビニやATMも周りにたくさんあるので、いざというときにはすぐに引き出せるからいいかなあと思っています。
    お酒を飲んだり、車を運転したりする場合は「いざ」という場面も想像しやすいので、もっと持っていた方がいいんでしょうね。

    ユーザーID:3505630400

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧