ADHD、生き方について

レス25
(トピ主6
お気に入り98

心や体の悩み

サニー

いつも楽しく拝見させて頂いてます。
私はADHDの30代既婚、幼児2人の子持ち、サニーと申します。

ADHDの生き方について相談させてください。

詳細は省きますが、確定診断も受け、服薬治療を受けています。
職場でのカミングアウトはしていません。
しかし、どの職場でも、やはり必ずミスをするのです。
ケアレスミスなどと言いますが、どんなに気をつけていても、必ずミスをするのです。
人間関係も悪化し、転職をするの繰り返しです。
今の仕事も、勤めて2ヶ月ですが、「ミスが多過ぎる。考えた方がいい。」と、上司に言われてしまいました。

正直、ADHDであることが人生の大きな障害となっています。
ですが、世の中で広く認知されている訳ではなく、「ただのバカの甘え」という考えがあるのも事実と受け止めています。
ひた隠して強く生きるしかないと、頑張る一方、周囲にかける迷惑、叱責に、心折れそうになっている自分がいます。
育児も一杯一杯です。子供に八つ当たりをしていないとは、恥ずかしながら言い切れません。

今夜は眠れず、専業主婦の方の心温まる育児ブログを読んで、声を上げて泣いてしまいました。
しかし、心が限界でも、生活があります。
息子もADHDの要素が色濃く、同じ将来が(周囲との比較、罵倒、自己肯定感の喪失)待っていると思うと、やり切れません。

障害者としての就労支援を選ぶことを医師には勧められましたが、
人に知れたら、子供達の将来に影を落とすのではと、家族には止められています。

ジレンマに陥っています。
ADHDの成功者の例は自分には無関係なので、遠慮して頂きたいのですが、特にADHDの方で、仕事も育児もされている方が、どんな風に毎日過ごしていらっしゃるのか、また、そうでない方のADHDに対する認識を教えて頂けたら嬉しいです。

ユーザーID:0248763003

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 参考になるかどうか…

    40代のADHD当事者です。子供も自閉圏で、ただ今思春期。荒れまくっています。

    私も仕事のミス、衝動性の強さから考えずに行動、発言、早とちり、優先順位がつけられない等々で、仕事も人間関係も上手く行った試しがなかったです。でも私の場合シングルなので、働かざるを得ず、しょっちゅう泣いてばかりいました。

    私の離婚も今思えば、ADHDが原因であったようにも思います。

    そんな私でも病院で薬物療法を受け、また医師のカウンセリングと自助努力により、この歳にしてようやくそこそこのことができるようになった気がします。

    また、私の場合は癇癪が人の何倍もひどく、どこででも切れるといったタチの悪さでしたが、これも薬物療法と息子が広汎性発達障害により、家で大暴れする日が多くなったことで、自己の感情を抑制する術を学びました。

    私は、今の仕事が有期なので、いつまで働けるのか不安で仕方ないし、首になったらそれこそ能力もない、歳は食ってるのに次にどこかで働けるんだろうか…と眠れない日も多々あります。

    こんな人間もいるということで…

    ユーザーID:7603282703

  • 就労支援に行けばいいのに

    なんだか大変そうですね。
    私の子供の場合なんですが、障害者雇用で
    採用試験を受けたのですが、全部落ちました。
    やはり、身体障害の方が採用されてしまうようでした。
    発達障害系は避けられているみたいでした。

    仕方なく就労支援センター経由で就活をしたら
    きちんと就職できました。
    そこで紹介してくれる会社は、上司が保健福祉士
    などの資格がきちんとある会社が多いです。
    ミスしても怒られません。
    本当ですよ。注意はされますけど。
    子供はとても働きやすいと安心しています。
    こういう親切な会社はハローワークには求人が
    いきません。
    もっと早く支援センターを訪ねれば良かったと
    思いました。

    支援センターに行くのはちょっと勇気が
    いるけど、まずは電話してみては。

    ちなみに、子供の会社は普通の事務です。
    掃除とかではないです。

    ユーザーID:5154896489

  • 自分の傾向を知る

    私も若いころから、衝動からのミスが多く、二者択一が不得意で、人の言葉に過剰反応して怒りが収まらなくなったり、自分の傾向にへとへとになっていました。私の場合は多分、ADHD+アスぺ+LDかしらと自己診断しています。

    ひと口にADHD、発達障害と言っても、人により困難な部分も違うし、まずは自分の傾向を知ることで、落とし穴に陥ることを避けられると思います。

    気が散らないよう、人の言葉に惑わされないよう、集中する自己訓練もやりました。

    それと、発達障害と言ってもいいところもたくさんあります。何か気に入ったことには人並み外れた努力、行動力を示したり、通常の人以上に力を出せる部分もあります。
    ひとつ「得意分野」を見つけてください。それが必ず私たち発達障害の生きる強みになりますよ。
    私も若いころからの「好き」「得意」が生涯の仕事になっています。

    ユーザーID:9080627341

  • 発達障害は失敗の原因であって失敗していい理由ではない。

    職場でうまくやっていきたいならADHDを言い訳に使わない、ということが大事。

    ADHDの抱える問題点は、言葉にするとたいていの方が「そんなの私もあるよ」と答えるくらい「よくある話」です。程度が逸しているから問題なのですがなかなかわかってもらえません。必死に説明するほど「面倒くさい」「言い訳ばかり」「だから何?」と悪い印象を持たれます。

    まず、自分が一番苦手なことを分析しましょう。

    「後でしようと思って、そのまま忘れてしまう」「メモを取っても無くしたり、どこに書いたかわからなくなる」なら、周囲の人に「○日になったら、〜終わった?って聞いて下さい」「自分でも忘れないように書いて貼っておくけど、貼ったことすら忘れる自信があります」などと頼んでおきます。

    「頼む」という行為をしたことで自分も記憶が強化されるし、周りがあなたをどうサポートしたらいいかわかりやすくなります。

    「優先順位がつけられない」のなら、「この場合はこれをやってから、こっちのほうがいいですよね?」など、自分なりにつけた優先順位を誰かにあってるかどうか確認してもらうと良いです。

    続きます。

    ユーザーID:8017962062

  • 続きです


    「普通の人なら、このくらい出来て当たり前」なことができないのがADHDです。
    けれど、それを周囲の人に察してもらおうとするのは間違っています。

    ADHDではない人は、ADHDの人がなぜ困っているのか、どうしたらできるのかなんて、エスパーじゃないんだからわかるわけがありません。
    だから、自分から自分の問題点を解決するための動きをするのです。

    そして大事なことは、サポートに対して常に感謝を示すことです。
    「○日に確認して」と頼んでおいたにも関わらず、実際に確認してもらった時に「もうやりました」「大丈夫です」などと答えてはサポートしてもらえなくなります。「頼んでおいたことで覚えていられました」とか「忘れるところでした、助かります」など、必ず「ミスをしなかったのはあなたのおかげ」という姿勢を見せるのです。

    続きます。

    ユーザーID:8017962062

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • これで最後です

    世間は「障害だからしょうがないでしょ」と言いたげな人には冷たいですが、「自分なりに一生懸命やってるな」という人には結構優しいです。サポートしてあげたいけど余計なお世話かな?と手をだしかねている人も結構いるのです。どうサポートされたら自分が仕事できるのか意思表示しましょう。

    ただし障害者枠で就労する気がないなら「こういうことが苦手で」という表現にとどめて、障害だからと言わない方が得策。

    そして、自分の得意分野やできることは積極的にどんどん率先して引き受けましょう。何かしてもらってから恩返しをするのではなく、先にどんどん恩返しを積み立てておくのです。私たちADHDはどれだけ積立たって足りないくらい助けてもらうのですから。

    子どもの担任には親がADHDであることは話したほうがいいですね。そして自分が子供に教えてやれない部分(片付けなど)を重点的に見てもらえるよう依頼するといいですし、親のミスで子供が叱られることがないようにわかってもらうといいです。

    ADHDを逆手にとって生きることは可能です。他の人と同じやり方ではダメ。自分のやり方で生きるのです。応援しています。

    ユーザーID:8017962062

  • トピ主です。なかなか考えがまとまらず、

    お返事が遅くなり、申し訳ありません。

    皆様それぞれに悩みや生き辛さを感じていらっしゃる中、温かく、真摯なレスを頂きまして、有難うございます。

    前向きな回答をお寄せ下さっているのに、後向きとも取れる反応を示すことは、決して礼に適っているとは思いませんが、常々以下のように感じてしまうのです。決して悪意があるわけではありません。お読みになって何かしらご意見いただけたら幸いです。


    結局、隠して前向きに人生を続けようとすると、根性論に集約されると思うのです。

    その方法は様々でしょう。わたしもかなりの努力をしています。
    それはうまく現実と噛み合えば良いことに違いありません。是非実践すべきです。

    しかし、「自分で努力して積み上げたものを、日々自分自身の手で必ず壊す」。
    そんなADHDの現実に、理性と心が追いつかないのです。

    ユーザーID:0248763003

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • トピ主です。続きです。

    そこでまた結局は、根性論に帰結するのです。

    就労支援を受けたいとは思います。しかし、実際わたしはそうは出来ないのです。子供、世間の目。

    そしてまた、ミスに、クビに怯えながら、不安な毎日を過ごすのです。

    わたしはこの日常が非常に歪んでいると思うのです。
    何かがおかしいと思うのです。

    でもその何かが、靄のかかったわたしの頭では分からないのです。

    ユーザーID:0248763003

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 周囲の人の理解の問題だと思います。

    障害がありながら、頑張ってこられましたね。敬服します。
    でも、もう頑張らなくてもいい生活を送ったらどうでしょう。打ち明けて、会社に自分にできることをきちんと伝え、それでも一生懸命に働きます。と、誠意を伝えた方がいいと思います。何だかんだと言っても結局は人間同士の信頼関係ができることが一番重要です。打ち明けて、誠意を見せても拒絶する会社ならやめた方がましです。人となりを見ている会社だったらそんなことはしません。
    息子さんの将来は貴方のmんだいで歯ありません。息子さん自身の問題です。今は一人の人間として子どもであっても尊敬の念を持って育ててください。そうすればおのずと息子さんの症状もかるくなるはずですし、息子さんに見合った早期療育をお薦めします。
    貴方らしく生きてください。そうすれば分かる人には分かります。
    我が子も高機能自閉症ですが、打ち明けなくても仕事ができるまでに育てました。健常者として大学を卒業して1年。問題も起こさず仕事をしています。貴方は無理だったけれど、息子さんは健常者として社会で自立できるようにしてあげましょう。頑張らなくていいんです。楽に呼吸して。

    ユーザーID:7694854416

  • そもそもADHDは、勤め人に向かないのでは

    子供がADHDです。通院して服薬もしています。子供を見ていて思うのですが、勤め人には向いてないです。地頭が悪いわけではありません。学力もまぁ、並です。しかし、集中して決められた仕事をする、というのが非常に苦手です。それでは、一部の専門職以外は会社員は勤まらないです。私は親として、自営業やフリーで食べていける才能を付けて上げたいと思います。トピ主さんもお勤めに拘らないでよいのでは。

    ユーザーID:7509523040

  • 必要なのは努力でも根性でもない

    トピ主さんのレスを拝見しました。
    いろいろ辛い目にあったんだなぁということが伺えて、私もいろいろ思い出しました。

    レスを見て思ったのは、考え方が根本的に違うということです。

    ADHDという障害を持って生まれた以上、私たちはある意味、普通じゃないんですよ。
    普通の人の真似して、普通に生きようとしたってそれは無理というもの。
    その為の努力をするから、辛いし、徒労に終わるのです。

    例えが失礼かもしれませんが、事故などで歩けなくなって回復の見込みがない場合は、根性で歩く努力をしても仕方ないでしょう?すべきことは、歩く努力ではなく、車椅子生活のためのトレーニングと環境整備です。

    努力や根性で、他の人と同じようにしようとするのは無駄ですからやめましょう。
    努力や根性の代わりに、創意工夫をするのです。

    自分の欠点と傾向を分析して、そこを補う方法を編み出すのです。
    歩行困難の人にとっての車椅子や視覚障害の人にとっての白い杖のような、自分の不足を補うためのアイテム(方法)を身につけましょう。

    愚痴こぼしていいですから、聞きますから、いつか笑いましょうね。

    ユーザーID:8017962062

  • 私も折り合いつけずにいます

    ADHD診断済みで学習障害も持っています。トピ主さんの苦しみよくわかります。
    長きに渡って派遣をしていました。私の場合声のトーンや雰囲気から第一印象が仕事のできる人間に見られるようでそのせいで余計にプレッシャーがかかりどこの職場でも常に緊張しながら働いていました。

    調子がいい時は本当にミスもなく問題ないのですがやはり波があり駄目な時は自分でも「どうして?」というようなミスを連発して悪目立ちします。

    診断がついて投薬を始めた当初、薬の量がピタッと合い頭がクリアになり仕事の成績が最下位からいっきに上位にいった経緯があるのですがその時仲良しだった同僚に「不正をしたでしょ」といわれた時は頭が真っ白になりました。

    現在ウツ病を発祥して数年経つのですが、ウツの影響でADHDが前以上に強くでており今までうまくやれていた部分までもがうまくできなくなり、空気が読めず相手を怒らせたり仕事でも急にやり方を忘れてしまったり、説明がうまくできなくなったりと苦しんでいます。
    先々の職場で同僚には恵まれるのですが上司からは態度が悪いとパワハラばかりです。

    ユーザーID:1091608236

  • 続きです

    トピ主さん同様、私にとってもADHDであることが人生の大きな障害となっています。
    現在独身でもう結婚もできないだろうと思っていますのでこの脳を抱えて自分で働いて生きていかないといけません。若い頃は正社員でいましたが仕事ぶりやコミュニケーション不足から自分には正社員は向いていないと思って派遣をしてきましたがその自分の選択のせいでたいしたスキルもないままこんな年になってまで働き続けなくてはいけないかと思うと気持ちがどうしても暗くなってしまってます。

    現在求職中ですが就労支援も頭によぎることがあります。ですが私も踏ん切りがつきません。ずっと普通の人間を演じて生きてきたのが周囲にバレてしまうかと思うと今のまま頑張るしかないと思ってしまうのです。(他人がきいたらくだらないプライドかもしれませんが・・)

    今は投薬はしておらず仕事の時はDHAなどのサプリを飲んでいます。仕事中自分で気をつけているのは見直しを何度もする事とメモを必ず取ることです。
    自分の話ばかりで参考になったかわかりませんが同じような人間がいる事を知ってもらえれば幸いです。

    ユーザーID:1091608236

  • ADHDと根性論

    ヘレン・ケラーのような偉人は別として、根性でどうにかできるものは障害とは言いません。
    とくにADHDは根性論とは相性が悪いと思います。

    ワーキングメモリが弱い(小さい)ので、同時並行でいろいろな小さいことをやらなければならない普通の勤め人は向きません。
    たとえば、ハサミを取ろうと引き出しを開け、無事ハサミをゲットできたら引き出しのことは忘れる。
    コピーを取って、欲しかったのはコピーのほうなので、原稿のことは忘れる。
    小さいヘマですが、1日中これだと物凄い「手戻り」が発生します。作業効率が悪いのです。
    一方で「過集中」するほど好きな作業に出会えると、他の人の何倍もはかどります。

    脳のA10とかいう領域が小さく、ストレス耐性が弱いため、同じお叱りが他の人の何倍もこたえます。
    なのに課題が改善しないので、周囲に「真面目にやってない」とみられがち。余計叱られるのでメンタルはぼろぼろ。
    一生けんめいやってこれだもの、やってらんないですよね。

    投薬もされていて改善しないのであれば、病院を変えてみましょう。
    医師によって処方がぜんぜん違うのがこの病気(障害)です。

    ユーザーID:1532516442

  • 櫻井公子さんの本がお勧めです

    成人のADHDが自分の生き方を考えるのには、櫻井公子さんの「どうして私、片づけられないの?」などの本がお勧めです。

    仕事において、ミスをする。「気を付けてミスしないようにする」と言うは簡単、行うは難いというより「不可能」。
    なぜなら、すでに目いっぱい「気を付けている」から。
    ADHDでなくても、ミスはある。そのとき、「気を付けよう」ではなく、「何故ミスをしたのか」を分析し、システムを考えることはとても重要。

    ご自分が、仕事のどこでミスをするのか、どこで間違いをするのか。
    そこを分析し、それを避けられる(あるいは見つけられる)システム作りは重要です。

    障害者としての就労支援が、子供たちの将来に影を落とすとか、そういうことはありえないですよ。
    息子さんにその傾向があるのでしたら、むしろ、息子さんの将来の仕事を考えて、就労支援を受けてみるのも良いのでは?
    そこは、旦那さんとしっかり話し合ったほうが良いと思います。

    私は診断を受けていませんがおそらくADHDです。
    いろいろ工夫することで、50を過ぎてようやく、職場での信頼を得られるようになりました。

    ユーザーID:7098337785

  • 当方40代男性です

    昨年ADHDであることが判明しました。2年程前から現在の職務に配置換えによりつきました。現在の職務についてから半年位で原因不明の頭痛が発生。通院しました。職場では以前からケアレスミスが多く、上司から怒られること多数。昨年上司がADHDを疑い、通院している病院で診察したところ、ADHDであることがわかりました。
    現在、服薬とカウンセリングを受けていますが、職場の上司がカウンセリングに立ち会ったとき、カウンセラーからの一言を紹介します。
    「ADHDは周りの理解が必要。」
    まずは職場の方にあなたの置かれている状況を理解してもらい、普通の人と同じようにはできないことを理解してもらうことが大切だと思います。
    現在、私は自分の抱えている業務及び順序を上司に毎朝報告し、帰る前に実施した業務を報告することで、抜けおちを少なくするようにしています。
    あなたも職場の方にあなたの状況を理解していただくことから始めてはいかかでしょうか。

    ユーザーID:4209554123

  • 事務職はムリ

    子供が軽度のADDなので、いつも「この子にはどんな仕事が向いているのか」と言う事を考えながら子育てして来ました。

    人によって違うでしょうが、うちの子はマルチタスクの必要な事務職は最も苦手とする事だと思います。 学校の成績は上位で一流と言われる大学に行きましたが、頭は良くても簡単な事務仕事でも人並みに出来ません。

    どなたかが書いていましたが、はさみを取りに行ってはさみをゲットした時点で引き出しの事を忘れるから引き出しを閉める事さえ出来ない。

    人の命を預かる医師や看護師などになったら大変です。

    でも一つの事を続けるのは得意で人当たりもいいので、販売の仕事やアート系の手作業、音楽関係のコンサート会場の設営など、アルバイトでやってみて上手くやって来れたタイプの仕事も沢山あります。
    例えば沢山のテーブルを同時に見ないといけないウェートレスは下手でも、カウンターで一人を相手にするファストフードは上手く出来たり。似ている様に見える仕事でも実は向き不向きがあります。

    多少お給料が下がっても、多少体にきつい仕事でも、事務職を離れてもう少し自分に合った仕事を探してみると良いと思います。

    ユーザーID:3909314667

  • トピ主です。有難うございます

    まとめてのお礼で申し訳ありません。
    皆さまからのレス、全て繰り返し読ませて頂いております。
    励ましや共感、アドバイス…。

    言葉の一つ一つが、身に沁みます。
    本当に有難うございます。

    ご指摘がありましたように、働かないことが1番良いのかもしれませんが、家庭の事情で、止むを得ないのです。
    夫はあと少なくとも5年は単身赴任で、生活費も二重にかかります。
    わたしは2年の間に5社という、転職回数の多さ故、2人の子供は幼稚園にしか預けられず、しかも一日預かりのため、月計5万超えです。

    両親が近くに居りますが、毎日預かるのは無理と断られています。
    それでも、よく助けてくれる良い両親です。

    そして「根性論とADHDは相入れない」についてですが、

    「耐えて耐えて、それでも負けずに努力する自分」という無駄なヒロイズムが、
    幼い頃から挫折を繰り返す内に身についてしまっているように思います。
    (その背景には、社会がADHDを根本的には許容してはいないという事実があるのですが。)

    ところが、仰るように、「仕事」というものはそんな個人の感情とはまったく無関係に、無機質で、淡々としています。

    ユーザーID:0248763003

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • トピ主です。続きです。

    もういい加減、そこに目を向けるべきなのでしょう。

    皆さまのレスを拝見して、そこが一番の核だと思いました。

    無駄な努力とヒロイズムは職場ではただの我儘でしかない。
    かと言ってわたし個人としては働かなければ生活が回らない。

    両親とも先日話しましたが、

    ミスの内容がやはり人並みはずれていること、
    職場にこれ以上迷惑をかけるのは良くないこと、
    息子の為と、母が鬱になっては本末転倒であること。

    以上を踏まえて、就労支援に相談に行ってみてはどうかと結論が出ました。

    サニーはサニーが思っている以上に「人並みに出来ない」ことに目を向けて、現実的に行動した方がいいと。

    たくさん泣きましたが、ようやく出来ない自分と折り合いをつけられそうです。
    皆さまのご意見がなければ、きっと混乱し、揉めたように思います。

    実際発達障害の就労支援にどこまで期待すべきか(そういったご意見もありましたので)分かりませんが、まずは今の職場に、現状を打ち明けたいと思います。

    皆さまにわたしは孤独ではないと、勇気を頂き、道が開けた気がします。
    また笑えるように、頑張りたいと思います。
    有難うございます。

    ユーザーID:0248763003

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • サポートを探して

    ADHD はダメ人間ではなく、得意分野が普通の人(非ADHDの人)とは違うところにあるのだと思います。
    事務手続き系や、時間を守る、忘れ物をしない、といったものサッパリだめで、「だらしない」感じになってしまいますが、好きな物に対する集中力や吸収力は結構すごいと思います。

    サニーさんは転職も多くおそらく事務職なのではないでしょうか。それはADHDには最も苦手で辛い職だと思います。
    何か好きな分野で収入につながると良いのですが....

    私の話で恐縮ですが、割と好きな分野で「多少だらしがなくても仕方ない」と思われる部署で働けたため、そこそこ上手く行ってます。
    普段から事務職の方々にはランチや飲み会ではご馳走し、差し入れを忘れず「とにかく書類が苦手で、締め切りも守れないのでサポートしてください」とお願いしています。

    うちも夫が単身赴任気味で家事や子育ても1人じゃ無理なので、ベビーシッターさんやお掃除サービスを利用しています。

    ADHDはお金がかかるなぁと思いますが、ADHD経費として割り切ってます。
    サニーさんがとても辛そうなので、情況が好転すればいいなと願っています。

    ユーザーID:4262878238

  • トピ主です。

    引き続きレスを下さった方もいらっしゃり、有難うございます。
    もうご覧の方も居らっしゃらないかもしれませんが、後日談を報告させていただきたく、またこちらに参りました。

    数ヶ月前に、直属のリーダーに打ち明け、急遽派遣元の部長との面談が組まれました。
    自ら簡単な業務にシフトさせてもらいましたが、それは私が望んでの、退社を前提としてのものでした。
    派遣先に障害を持った者を働かせていたことがバレてはマズいだろうと、他言無用と了解し、体調不良での退社となりました。
    そこまでは納得出来ました。悲しいとか、感情を一切抜きにして、普通の流れだと。

    しかし、部長との面談当日です。会社内の売店前という人目のある場所で切り出されたのは、まず怒りと罵倒でした。
    仔細には書きませんが、嘘つき呼ばわりされました。

    「最初から打明けてくれたら良かったが(本当でしょうか)、嘘をつかれたので、今後もう仕事は紹介しない。今までもこうやってクビになってきたのを自己都合と偽ってきたのだろう」と。

    当然謝罪の上ですが、「偽らなければ、どうして働き口を得られましょうか。」我儘でしかないとしても、本音が出てしまいました。

    ユーザーID:0248763003

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • トピ主です。続きです。

    鼻水垂らして泣く(我慢できませんでした)女と怒り心頭の上司。
    周囲の人々が好奇の目で見て通り過ぎていくのが分かります。

    そして「他にもっと大変な障害者はいる!甘えないで!」と一喝されました。

    最終的に私の謝罪という形で収まりましたが。

    私は「嘘」という言葉に拒否反応を起こしてしまいました。
    私は「嘘」をついて、職場に潜り込んだ悪人でしょうか。

    今回は勤めてたったの2か月でした。

    カミングアウトは、難しいですね。
    私には最初から打ち明けるなんて、障がい者枠以外考えられないです。

    今現在、私は発達障害支援センターで自身の障害受容を専門家の方と一緒に行っているところです。

    一回2時間程度、これまでのことを振り返りながら、職業適性などを模索したりします。

    もし求職するなら、障がい者としての手帳取得を勧められました。

    しかし今のところ、やはり職業適性が低い為、同じことを繰り返すより、専業主婦でメンタルを守った方が子供たちの為にも良いと落ち着きました。

    二次障害が一番怖いと。

    生活は有難いことに夫の給与が上がり、目途が立ちましたが、人として自信は喪失したままです。

    ユーザーID:0248763003

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • その部長が許せない

    トピ主さんのレスを読んでこっちまではらわた煮えくり返る程の怒りを覚えます。
    もっと大変な障害者だと?? そいつらは障害者年金貰ってるだろうが!(たぶん)
    と、思ってしまいます。俺らADHDはそんなもん貰えないし、苦しみを解ってすらもらえないんだからな。
    もし俺が言われてたら殴ってましたよ!

    あと、お仕事は諦めて専業主婦に徹するという結論はベストではないかもしれませんが、間違いではないと思います。
    だらしが無くても許される仕事なんていうのは相当クリエイティブなお仕事なので、大学とかで専門的な教育を受けていて、尚且つ新卒でなければ無理だと思いますからね。
    トピ主様の学歴等は存じませんが、私は高卒者なので、そういう仕事に就くのは諦めて、私のアホなところを許してくれる環境や、体で覚える仕事をしてワーキングメモリへの負荷を減らすなどの努力を現在行っています。
    事務職はマルチタクスな仕事な上に毎回違う問い合わせ等に対応しなければならない場合が多いので、我々には不向きでしょうね。

    まだ続きます。

    ユーザーID:8599687071

  • 息子さんのこと

    大丈夫、私よりはずっと恵まれています!
    私の親なんて、私の苦しみの一割も理解していませんでしたよ。
    学生の頃もそうだったし、社会人になった今でもね。
    今は離れて暮らしていますが、永遠に一緒に住む気はありません!

    今は糞以下の世間体というやつのせいで、何一つオープンに出来ないという状況なのですね。理解の無い家族からそのような要求をされて、貴女の立場上それを拒否できないという状況は不憫なことですね。

    しかし、それにあまりにも振り回されると息子さんの将来の負担になってしまうでしょう。
    いずれは、息子さんもご自分の特性を受け入れて生きていかなければならないのです。
    私は障害をオープンにする決断をするまでに30歳を超えてしまいました。
    それはひとえに家族の無理解がその決断を遅らせたものだと思います。
    でも、それは少なくとも私にとっての正解でしかありませんけどね。
    オープン、クローズいずれにしても、理解者が居ることは自分のベストを選択できる鍵になるものだと思います。
    そういう意味では恵まれているんですよ。私よりは。

    ユーザーID:8599687071

  • 精神障害者の雇用実績がある企業へ就職をオススメします

    私も不注意型の発達障害を持ってます。
    どんなに注意をしても、何らかのミスをしてしまう。
    私もそうです。
    マニュアルがあっても、一行または一項目を読み飛ばしてミスするのだから、笑うしかないですね。
    で、ふつーの会社勤めは無理だと悟ったので、障害者雇用を目指しました。
    地元の障害者向け合同面接会があって、ワープロ打ちの履歴書・職務経歴書を持って行って、何社も受けて。
    1社、拾ってくれました。
    勤務場所は倉庫。
    そこは身体障害者、精神障害者の割合30%、一般70%のようなグループでした。
    ごみ処理をするグループで、資源化可能ゴミの区分け、故障品家電の分別、家電リサイクル法による回収製品の一次処理、などが主な仕事です。
    クビ同然に辞めた職場とは全く違い、自由な空気。
    多少のミスはスルーされるユルさ(いや、しちゃダメなんですけど)、
    精神障害者でも別け隔てなく接してくれる先輩方、
    非常にありがたいことだと思いました。
    事情で今はその仕事を辞めてますけど、事情がなければずっとそこに勤務していたと思います。

    出来ることと出来ないこととの線引ができないと、仕事はできないと思います。これが大事。

    ユーザーID:7970296227

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧