結婚について(駄)

レス20
(トピ主0
お気に入り21

恋愛・結婚・離婚

苺すき

駄トピをご覧頂きありがとうございます。
さっそくですが、皆様にとっての「結婚」とは何か教えてくださいませんか?

私は現在30歳妊娠中の兼業主婦です。両親は恋愛結婚で円満です。
婚姻届は提出しました。ですがいまだに正直「結婚」とはなにかわかりません。

とある場所では
結婚=男女が夫婦になること
夫婦=婚姻関係にある男女の一組
婚姻=結婚すること、夫婦となること、社会的に承認された男女。

とありました。
恋愛結婚、お見合結婚、政略結婚、単婚制、複婚制。事実婚。同性結婚。離婚。

愛する人と一生一緒に居たい、という気持ちはわかります。
社会的に認められ子育てを円滑にする為、婚姻制度を利用するのもわかります。

子育てするにあたって、「結婚」について定義する必要も無く、
どうでもいいか、という思いもあるのですが
なんだか自分の考えがふわふわしてる事に納得がいきません(笑)

暮らしている国、環境、宗教、地域、経験によっていろいろご意見は変わると思います。
皆様の中の「結婚」についての価値観、定義、理想、概念。
経験による結論?でもかまいません。
いろいろご意見お聞かせ願えませんでしょうか?

よろしくお願いします。

ユーザーID:0797788035

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • え?

    妊娠までしておいて
    今ごろ
    そんなことを考えるのですか??

    ユーザーID:3762467296

  • レスします

    23歳既婚です。
    私にとっての結婚とは、手放したくない人を法的に束縛することと、子供の父親を存在させることのふたつです。
    好きあっていて、一生事実婚でやって行こうねと互いに言い合える2人は強くてかっこいいと思いますが
    お子さんがいての事実婚だと私は正直…お子さんを気の毒に思います。

    ユーザーID:6411340077

  • 結婚は一人前の証しだと思います

    私もよく分かりませんが、結婚式を済ませ、新婚旅行から帰って来て、新居を整えながらやった事は「結婚しましたはがきの準備」です。
    そうです、一番最初にした事は、広く友人知人に結婚をお知らせする事です。

    結婚式に来てもらった人はもちろん、呼べなかった人にも知らせる事でした。
    「結婚」した事実を広く知ってもらう事でした。

    多分社会の中のステータスを、一つ上がったって事を知らせたかったのでしょうか?
    子供が生まれたら、さらにステータスが上がるのかな?

    結婚は一人前の証しだと思います。
    ただ、最近は結婚されない方が増えて、必ずしも結婚が一人前の証とはならない様ですが。

    ユーザーID:6167173043

  • 経験談です

    40代既婚女性、日本の都心在住、無宗教です。
    私は、結婚したい派(私が子供の頃は、結婚して子供を産んで、金銭的に苦しかったらパートして、みたい考えが普通だったので)
    今の旦那さまは、結婚したくない派でした。
    結婚するのが普通だと思っていた私としては、他の人を探して結婚するか、
    とは言え、旦那さまが大好きだったので、これ以上の人を探すのが難しいし、
    とすごく悩みました。
    結局は結婚したのですが、理由は
    私が体調が崩し、フルタイムで働くことが難しい時期があり、扶養に入れてもらった方が金銭的に得だ!というこの1点のみでした。
    結果的に、また体調を崩し、パートで細々と働いているので、結婚してよかったぁ、と思っていますが、
    子供もいないし、若い時と同じように働けているなら、結婚しなかったかも、とは思います。
    あと一つ結婚してよかった、と思ったのは、お互いの親族と遠慮なくおつきあいできるようになったことですね。
    やっぱり、同棲している相手、だと、親たちにとっては若干世間体が気になっていたようなので。

    ユーザーID:5213229018

  • そうですねー

    「個々が都合よく脳内改ざんしている制度」かなぁ・・・。

    結婚=幸せって、まるで魔法の呪文みたいに思い込んでる人が多いですよね。

    ユーザーID:7284415373

  • 幸せな人生を送る基礎を作ること。

    結婚とは、
    二人で世界中で最も大切な人と相思い合う家族の一員となって、
    二人で世界中で一番寛げる時間・空間の持てる家庭を作り、
    二人で立派な子孫を残すこと。

    ユーザーID:5576175870

  • 私には疑問に思う事が不思議

    昔からある制度。
    引越ししたら役所に届けるでしょ、ここの住民になりました。
    結婚したら、違う苗字の、相手側の籍に入れます。新しい世帯ができます。。。
    (私の状態です)
    親もそうだし、親の親だって。
    余所の国の見方は違っているみたいですが、小さい時から両親をみて、親戚を見て大きくなったら、大人は自分の家族を持つんだーって。
    結婚に憧れも若い時からありました。
    だけど結婚できたのはアラフォーでした。
    旦那は式も指輪も興味がなく、ちょっとショックでしたがこの人と結婚して良かった、って思っています。

    ユーザーID:9650388559

  • 難しく考えないで

    そんなに確固たる信念を持たずとも、良いんじゃないでしょうか。
    時が経って、ふと気づいたり分かったりするもんだと思いますよ。

    一緒に生きる、生活を共にしていくことで出来上がっていくものだと思います。

    家族が幸せに過ごせるよう、皆が思いやりをもっていけばいいんじゃないかな。
    とりあえず、元気なお子さんを産んでください。
    がんばって!

    ユーザーID:3166766372

  • 結婚は契約

    結婚は個々の人間(性別は関係なく)が公的機関を間に入れて一緒に居る為の契約し、ある程度決められたルールの中でお互いを縛り合うものだと思っています
    恋愛感情や子供の事がどうかは人それぞれであり、それぞれ自分達にとって有利となる手段を選んでいくもの というのが私の認識です
    子を作る事、育てる事に結婚が必須の選択であるというのは制度がある場合は当てはまりますがそれがない場合この限りではないものだとも思うのでそういう意味ではトピ主さんと似たような印象をもっています

    ユーザーID:4849543191

  • 単なる社会的制度

    おっしゃるように、男女が一緒になって子をなし、育てるのに結婚という制度を使う必要はありません。
    まあ使ったほうがいろいろ便益はあるとは思うので、そこはみなさんの選択になります。

    別にこんなの一片の曇りもなくクリアーに理解しなくてもいいんじゃないですか?
    捉え方は千差万別、どの考え方が正しいというものでもなく、人の見方に左右されることもないですよ。

    ユーザーID:3869021395

  • 相思相愛の結婚

    結婚して子どもを育てることが普通だと思っています。
    それも相思相愛で結婚をすることが普通であることが理想だと考えています。

    理想が人それぞれ違うので、普通も人それぞれ違うことも分かっています。
    結婚を明るいものと考えているほうが楽しいです。

    ユーザーID:7039604942

  • 回答します

    40代既婚女、結婚20年ほど。

    結婚とは『男女の仲を法律で守る事』だと思います。

    実際には子供の有無や親の子世帯に対する希望などでケースバイケース。正に多種多様ですね。どんな人生かで様々な制約がかかってきますから。

    だから私としては かなり抽象的な答えですが『男女の仲を法律で守る事』となります。

    私の夫にとって結婚とは『嫁をもらう事で親に認めてもらえる事』でした。 
    私にとって結婚とは『親世帯から独立した新しい家庭を築き夫婦になっていく事』でした。

    夫婦で食い違っている事に気付いたのは結婚してしばらくしてから。実際結婚してみないと、自分が結婚に求めている事が明確にならなかったです。

    逆に自分が描いてたビジョンとちがう結婚でも凄く幸せになって満足の人もいるし、人生様々ですね。

    ユーザーID:6397856987

  • 小町見てたらこう思った

    1:男性→性生活の安定供給
    2:女性→経済的な意味での生活の安定
    3:既婚者の半分→唯一無二の絶対的なもの。しないなんて許せない!
    4:残りの既婚者→ただのユニット。嫌になったらコンビ解消!
    5:独身者の半分→したくてしたくてどうしようもないもの。
    6:残りの独身者→どうでもいいもの。道端の石ころ的な感じ。

    小町では「2」と「3」と「4」、「5」な方が多いかな
    (女性の利用者が多いからかもしれませんが)。

    こういうここの価値観を語り合うトピはいろいろ勉強になりますね。
    ちなみに私は「6」です。
    あと匿名さんに座布団1枚!
    うまいこと言いますね。

    ユーザーID:3409546505

  • 世間的にどうであれ

    トピ主にとっては、堂々としたいだけのものでしかなかったんでしょう。
    だから妊娠してから悩む羽目になる。

    ユーザーID:7306360643

  • 私も

    結婚は単なる契約でしかありません。社会的な契約をすることで婚姻を確固たるものにするのみです。それ以上でも、それ以外でもなし。

    ユーザーID:3640301046

  • 結婚、新しい戸籍を作る事

    だと思ってました。
    男女が夫婦となり、新しい戸籍を作る。
    今後はこの夫婦で社会生活送る事になります、と公に知らせるのが披露宴の役割と思い、(無宗教に近いので式はなんでもよかったのですが)一応式も披露宴も行いました。
    もし子供が出来ても夫婦で育てていく準備は出来てます。
    相手に病気等あれば支え合い生活していきます。
    私達が夫婦になる事で新しい親族との関わりも出てきますが、皆さんよろしくね。
    という意味を込めて。

    戸籍に拘らない人、同性愛者、は戸籍制度に当てはめる事は出来ないでしょうが、基本は同じかと思います。
    これからの生活このパートナーと共にすると決め、周囲に知らせた時点で夫婦となる、と考えてます。
    どちらにせよ二人セットが基本単位で社会生活を送ります、という事だと。

    ユーザーID:4136694075

  • めんどくさい・・・

    ええーと。

    私は結婚と言うのは単に、人類がDNAを残す為に理由を付けた制度、と思います。

    つまり、人間の三大欲求を果たす為の後付けの法律です。
    だから結婚なんかに意味は無いと思ってますね。
    皆、子供が出来る出来ないは別として、DNAの為に本能的に行動してる事だから。

    私は結婚もして子供も二人いますけど、
    結婚制度がなくても夫と一緒にいるだろうし、子供も産んだと思います。
    結婚前に夫にもそう言っています。

    ユーザーID:9632239768

  • 結婚とは?

    結婚の定義が本当はどんなものかはわかりません。
    ただ私はこんな風に考えています。

    まず家族という集団は社会で認められた最も強固で濃密なコミュニティの最小単位だと考えています。
    その家族を新しく作る方法うちの一つ。
    私はそれが結婚だと思っています。

    一般的に家族と恋人ではその繋がりの強度に対するイメージは全然違うのではないでしょうか?

    今後は結婚という形式を取らなくても家族だと認識できる人が増えたりするのかもしれませんが私は古い人間なのか今のところそういった認識はできません。
    現時点の日本社会では他者と家族になることを認められるには結婚か養子くらいしかありません。(法的にではなく社会的に)

    なので私は今のところは結婚は伴侶との関係を社会的にも認めてもらうために必要な行為だと思っています。
    個人主義になった現在ではあまり周りを気にしない人もいるかもしれませんが、やはり折角選んだ相手なのだから周りにも認めて欲しいし、やはり社会の中で円滑にやっていきたいという思いもあります。
    (ここはトピ主さんの理解と同じ)

    ユーザーID:3872785627

  • 結婚=子供を守る制度(1)

    私の価値観では、「結婚とは子供を守る社会的な制度」です。結局、人の心は紙切れ(法律)では縛れないからね。相手が好きなら一緒に暮らせば良いし、心変わりしたら別れたら良い。男女共に成人して経済的に自立しているなら、社会に認めてもらう必要もなし、親兄弟を巻き込む必要もなし。ただ、子供を育てるとなると話は別です。子供を健やかに育てるためには、母親だけでなく、父親が必要/祖父母が必要/子を守ってくれる社会が必要だからです。
     10年前大好きな人がいましたが、仕事一筋で(そこが魅力的でしたが)家庭的ではなかったので別れました。そして、(1)家事育児が出来る、(2)暖かい家庭に育っている、(3)私の仕事に理解がある、を条件に結婚相手を探しました。10年経った今、優秀な子供、温厚で豊かな義実家、充実した仕事、何の不満もない家事育児の分担を実現できています。夫のことはもちろん尊敬していますし、一緒に生活してストレスのない相手です。大好きな人とは結婚できませんでしたが、後悔は全くしていません。続く

    ユーザーID:9110794148

  • 結婚=子供を守る制度(2)

    前トピでトピ主さんは、「経過を重視するか結果を重視するか」ということを述べておられましたが、それよりは「将来を見通して行動できるかどうか」で結婚に対する考え方は大きく変わるものだと思います。結果は何十年先までわからないことですから。トピ主的にはありえないことでしょうが、出来婚に対する差別意識が根強いのは前トピで学習されたことと思いますし、それが個人の経験に基づくこともまた事実です。だから、周囲に迷惑がかかるかもしれない、産まれてくる子供が将来傷つくかもしれない、入籍前にパートナーが亡くなって認知してもらえなくなるかもしれない、そういうリスクをちゃんと危機管理できる人は結婚するのです。どんなに計画しても突発的なことが生じることが人生ですが、子は親を選べないので、、、胎児の時から社会的に守られるようにするのは親の責任です。日々の育児においても、子供を事故から守る工夫/子供の学費を確保する工夫等、親がどのくらい子供の将来に対して真剣に向き合えるのかというのは、親の力を試されるところだと痛感してます。

    ユーザーID:9110794148

レス求!トピ一覧