30代の婚活は女性余り?

レス266
(トピ主6
お気に入り337

恋愛・結婚・離婚

みゅう

最近になって友人が婚活を始めたので、よく話を聞いているのですが、
なかなか上手くいかないなあという愚痴が多いです。
その中でも、30代で婚活するのは女性がずっと多いから、
女性余りで競争が激しい、同年代の男性はあまり婚活しないのかなという話がひっかかってます。

なんとなく私のイメージでは、「結婚しない女性と結婚できない男性」というのがあったのですが、
実際は逆で、30代で婚活する人の数や熱意は女性のほうがずっと多いのでしょうか。
夫に話してみたら、30代で独身の男性からすると、
同年代の女性はわざわざ婚活してまで付き合いたいほど魅力的には感じられないけど、
かといって若い女性に相手にされるほどモテる立場でもないから、わざわざ婚活せず
諦める人が多かったり、ダメ元で20代だけしか狙わなかったりする人が多いんじゃないかということでした。

実際のところはどうなんでしょうか?
30代の婚活ではあまり女性の人気が無くて、女性余りなのでしょうか?
どうか教えてください。

ユーザーID:7088731090

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数266

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
91120 / 266
次へ 最後尾へ
  • 結婚しない?できない?

    女性は結婚しようと思えば、20代に少し頑張ればできたはずです。
    だから、きっと30代以上の独身女性は、「結婚しなかった」のでしょう。

    でも、30代になって、本当に結婚したいときには、「結婚できない女」になっています。
    男性は20代女性にしか興味がなく、30代以上の女性は好きではないからです。

    僕に言わせれば、30代にもなって独身の女性は、人間性に問題があるとしか思えません。
    しっかり反省してほしいです。社会にとって、不必要な存在であるということは、どういうことかしっかり考えたらどうですか?

    ユーザーID:5012094399

  • 世の中には選べる人間と選べない人間の二種類しかない

    そして選べる人はそもそも婚活などしません。
    それは男女共通。

    男だろうと女だろうと選べない人間が選ばれないその原因を自分以外の他人に押し付ける。
    まさに「結婚できない男、結婚しない女」なんて発想は責任転嫁の象徴だよね。
    こんな滑稽で憐れな人生はそうはありません。
    結局結婚の意志があるのに適齢期を過ぎても結婚できないのはちゃんとした理由があるんよ。

    ユーザーID:0725503268

  • これが現実みたい。

    結婚相談所に入社した男性のブログにありましたが。
    入社の説明の際に昔の感覚でいた為に全国の女性会員数が男性会員を上回ってて驚いたと率直な感想が書いてましたね。
    でも、これが現実であり全国的傾向らしいですね。
    数年前のバブル期に女性を追い回してた男性達が街コンとかからも消えて何処に隠れてるのだろうと書いてて笑いました。
    ネットの普及で女性の本音を知ればそら隠れるよ(笑)

    そのせいで最近の婚活やお見合いイベントで男性の不足がおきてそれをかき集める為にサクラが急増してますので女性側も警戒が必要です。
    自分の知り合いの業者から誘われて出ましたがその男性の中に売れ残りがどんなのか見たいとか言う理由でサクラしてました、そんなからかい半分もあるので気をつけて。

    ユーザーID:0880769467

  • 女性の言う

    「男性が(も)余っている」って、結局身の回りの事例の一般化なんですね。

    先日公開された「平成25年度家族と地域における子育てに関する意識調査」の結果でも、20歳〜39歳の未婚者のうち、「結婚したい」という回答は男性79%、女性91.9%。「結婚するつもりはない」は男性8.6%、女性1.4%。「わからない=前向きではない」は男性12.3%、女性6.8%。圧倒的に結婚に前向きなのは女性、そうでないのが男性という結果が出ています。

    結婚に対する意欲からして差が大きいのだから、女性が余るのは必然です。女性にとって結婚は人生の保障的意味合いになる一方、男性にとっては負担としかならないのが今の時代。
    20代の可処分所得は女性が男性を上回ったというニュースもありましたが、その多くは看護師と、離職率の高い介護士。女性の方が低収入であることは変わりません。

    ユーザーID:7350245813

  • そりゃ当然

    男性がコンカツしてまで結婚したがる理由の1番は子供でしょ?
    子供が望めない&怪しい30代なんて最初から視野に入りません

    子供が欲しくない&適当に付き合うだけで満足な男はコンカツなんてしません
    結婚が生活保障である女性とは根本的に違うんですよ
    結局、女性がコンカツしてまで結婚したがるのって、まずお金でしょ?


    私も嫁や子供を養うだけの稼ぎはありますけど、何が悲しくてATMになる必要があるんでしょう
    付き合うだけなら面倒くさい義務なんて発生しないし、責任も持たなくて済みます

    今の男性は草食云々以前に、そういうお荷物にしかならない女性に依存されるのを嫌がってるんですよ
    自分1人を養うのなら楽勝ですし、何が起きても自分1人の責任で済みますからね

    まあコンカツ女性は、コンカツする前に経済的に自立したらどうですかね
    自立すれば、コンカツに必死にならない男性が大多数である理由がすぐ理解できますよ

    ユーザーID:4497720003

  • 男性の結婚離れが加速

    男性の結婚離れが加速しているような
    気がします。
    そして、親も昔のように、孫がとか
    お墓がとか言いません。
    賢い親はしっかりと介護費用をためて
    子供のめいわくにならないようにと考えます。
    本当に好きな人なら結婚してほしい。
    でも、家事をしてもらいたいからという昔のような
    理由で結婚する必要はなし。
    結婚イコール貧乏は自分たちが経験しています。

    ユーザーID:6335763062

  • 男性は少ない上に納得のいく人ばかり

    婚活中30代前半女性です。30代女性の婚活に対しての厳しいご意見耳が痛いです。(笑)

    私もこの1、2年でお見合いパーティ、お見合いと数を重ねてきましたが男性は少なめでした。カップリングパーティも何回か参加しましたが男性3人:女性8人とか有りましたね。
    その上男性は来ている人の質が低い。コンブさんが言われるようにまずこの場(婚活の場所)以外では絶対話さないような恋愛とは無縁な方(見た目・話した印象)が多かったです。
    見た目普通、話しても普通、感じ良い方は仕事がうまくいかず不安定な職業や低収入、働くことが嫌いな人など依存心のある方が数名いました。まさに売れ残り・訳ありという方がほとんどです。
    対して女性は見た目も話していても普通で感じの良い方が多く変わった方はあまり見ませんでした。
    私は恋愛経験が人並みに有って婚活で良い人がいればくらいの気楽な気持ちでしたがエネルギーと費用と時間がかかり疲れたり、幻滅したり・・・。
    仕事を絶対手放さずこのまま独身でもいいっかと思っています。

    ユーザーID:3127762045

  • 「婚活の場」では女性余りかな

    条件ありきの「婚活の場」では女性余りでしょうね。もちろん比率として。

    だって30代男なら20代女性も視野に入れるでしょう。
    そうなれば「条件のいい男」は成婚して消えて行きますからね。
    言い方悪いですが「30代男」と「30代女」では婚活の市場価値として
    対等じゃありませんもの。

    逆に40代同士の婚活の場に30代女性がいれば人気あるでしょう?同じ事です。
    尤も年齢を重ねれば重ねるだけ「条件のいい男」は減ってはいくでしょうけどね。

    ユーザーID:8161275130

  • 独身の数

    独身の数は男性の方が多いでしょう。

    ですが、婚活をしている人数は女性の方が多い
    つまり女性が余っている状況だと思います。

    結婚しなくても良いと考える男性が女性のそれよりも多いということです。

    結婚したいと考える男性の中の希少な条件良しの男性を多くの女性で奪い合う状況は女性にとっては非常に厳しそうですね。

    そして自分の条件が悪くなってから婚活を始めるので、なおさら厳しくなるのが現実です。

    若い女性はその諸先輩の失敗を見ているので、結婚に対しては若くて条件の良いうちに活動をしています。
    もちろん男性はその若い女性たちを視野に入れます。

    30代の女性にとっては一部の幸運な人を除いて結婚は非常に難しいと言わざるを得ません。

    現状は次々と若い女性が結婚市場に登場しています。
    この中でわざわざ30代を選ぶ理由がありません。
    それ故に30代の婚活女性は余ってしまっているのではないでしょうか。

    30代女性の婚活開始が何かの理由で遅かったということでしょう。
    理由は人それぞれでしょうが

    ユーザーID:6294584912

  • 若い女性なら結婚

    大企業なので経済的には誰もが結婚出来る環境です。
    初婚40代男性社員の傾向はこんな感じです。

    ・10歳以上若い女性と結婚(こっそり婚活している)
    ・中国、タイなど赴任先で20代女性と結婚

    もう結婚する気が無いのだろうと思っていた男性社員が
    若い女性を連れて帰国するので驚きます。

    ユーザーID:8378600092

  • 一言

    横になるかもだけれど

    一言。

    男の草食、絶食 は当になりません。

    証拠は多くのその種のお店。誰が行くのですか?男でしょ。
    全国にそれはある。たくさん。

    全員草食系なら、もうとっくにつぶれてますよね。つぶれてますか?

    男は草食にはなってません。結婚への熱意は冷めました。その辺が妥当な所ですよ。

    ユーザーID:9424860037

  • そうなんだ〜

    こればっかりはもう縁でしょう。

    お友達がしているコンカツってお見合いパーティーとか相談所なのかな?
    パーティとか相談所で出会って結婚できれば万々歳だけど、上手くいかなくて愚痴が多いようなら、趣味とか習い事とか別の道で出会う方法を進めてみたら?

    >30代で独身の男性からすると、
    同年代の女性はわざわざ婚活してまで付き合いたいほど魅力的には感じられないけど、かといって若い女性に相手にされるほどモテる立場でもないから、わざわざ婚活せず諦める人が多かったり、ダメ元で20代だけしか狙わなかったりする人が多いんじゃないかということでした。

    なんか かわいそう。と思いました。

    ユーザーID:4839135032

  • こだまさんの言う通り

    自立している女性が今求められているのですよ。
    自立していない、しかも子供を求めるのが厳しい年齢に
    片足を突っ込んでいる女性に対しての需要はありません。

    そう言う意味では30代の婚活女性は婚活市場での需要は
    無いのです。
    しかし、当の本人達はそんな事に気がつかず、相手に対して
    の条件が高くなるので、結果相手が見つからないという事。
    簡単な話です。

    見つけられる人は、分相応な見つけ方をしているだけ。

    ユーザーID:1032881233

  • ありがとうございます

    さまざまなご意見を頂けて、たいへん考えさせられます。
    皆さんのご意見や最近の婚活トピを拝見している中で、男女両方から、
    「同性側は普通の人ばかりなのに、異性側はレベルが低い人が多すぎる」
    といったご意見があるのが興味深いなと思いました。

    30代まで独身を続けてしまうと、どうしても勘違いがエスカレートして、
    同性に甘く異性に厳しくなってしまうのは仕方ないことなのかもしれませんが、
    きっと客観的に見ると、釣り合った男女が同じ婚活の場に出てきているのでしょうね。
    婚活で幸せな結婚をしたいならば、夢見るばかりでなく理想と現実の折り合いをつけられるよう、
    精神的に大人になっていかなければならないのかなあと思います。
    そうすれば、婚活で「余る」といった嫌な言い方もしなくて済むのになと思うのですが……

    男性の事情はよく分かりませんが、女性の事情について考えてみると、
    女性のほうが、若いという理由だけで求められることが多い分だけ
    年齢を重ねて自分の魅力の評価が下がっていくことに気付かないままでいて、
    そういった勘違いを抱く人も出てきやすいのかなと思ってしまいます。

    ユーザーID:7088731090

  • ミスマッチの要因は大きい

    トピ主さんの論の通り、婚活で30代女性が余る最大の理由がミスマッチです。
    「確かに」さんのレスがこの典型的な例ですね。

    一般的に、女性視点では化粧や服装などの装飾で女性の美醜を判断しますが、
    男性視点では肌ツヤやシワの有無など、素材で女性の美醜を判断します。
    これがミスマッチの最たる要因でしょう。

    30代婚活女性たちは、確かにさんにとっては見た目も普通で感じの良い方と見えたとしても、
    男性からすれば、衰えを厚化粧で隠そうとしても隠しきれてないただのオバサンとしか見られていないことが往々にしてあり得るんです。
    そして売れ残り・訳ありと見下している男性と同程度の評価しかされていなかったりしてね。

    こういった勘違いが、30代女性は自己評価や理想が高すぎると冷ややかに見られてしまう理由ですので、本気で結婚したいと思っている婚活女性は気を付けるべきだと思います。

    ユーザーID:4378948290

  • 女性自身が評する「普通」は外面と話術だけ、ポイントは他にある

    婚活しているという事は、ぶっちゃけ自力では相手が見つからなかった人という事です。

    条件はあくまでもアプローチへのきっかけであって、好条件でも女性とのコミュニケーションが
    苦手な人は残っているし、もちろん低条件の人も残っています。これは主に男性の場合。

    一方、女性は元からコミュニケーションスキルが高めの人が多い。
    加えて、服装や化粧などで加齢の欠点をカバーする術を備えています。
    従って、女性目線で見れば婚活女性は至って普通に見えるのでしょう。

    ところが、男性が求めているのは例えば容姿に関しては「スッピンでの美しさ」なんです。
    なぜなら結婚したら毎日見るのはスッピンだから。

    スッピンで勝負するとなれば、一番効いてくるのは実年齢です。

    次に、結婚は生活であり、ゴールではなくスタートと考えると
    生活に必要な能力(稼得、家事、気配りなど)です。

    これを見極めるのは初対面では無理なので、
    付き合っていくうちにそれをテストされる場面が出てきます。

    それをテストと気づかないと、ふるい落とされるんですよ。
    バーベキューなどの共同作業が良い例です。

    ユーザーID:8447372105

  • 若い人は

    なので、今の20代の若い女性は30代の女性の現実を見ているので、結婚が早くなっているとよく聞きます。
    結婚するとはやく決断した人にとっては、ある意味楽園なのかもしれません。

    ユーザーID:0613274769

  • 不安の差

    それは、男女の年収の差が大きく関係しているように思います。

    男性の多くは女性よりも年収が高く、そういう男性は、一人でも何とかなるので、魅力的でもない女性を養いたいとは思わないでしょう。
    一方、世の中には雇用が不安定で年収の低い女性が多く、そういう女性は、老後が不安で、男性に頼ろうとするからではないでしょうか。

    それに、一度は出産したいと考える女性が多いのも一因でしょうね。

    ユーザーID:7071234672

  • 収入がある女性

    三十代後半高収入女性は、男性の一部と女性の大半を振り切りステイタスを得たのですから、自らの子は諦め仕事に専念、又収入の少ない男性のバックアップに回る等の生き方をすればよいと思います。人間誰しも健康であれば何をも 成し遂げられる、しかし「何もかも」は無理というもの。収入を得るのが困難な女性は高望みせず、道を探すのがよいでしょうね。幸せはお金だけではないはずですから。
    80の老母は沢山の孫達に囲まれて幸せに暮らしてます。孫のない人から「あなたは幸せねぇ」と言われるそうですが、成長した孫たち見るまでにしてきた苦労は本人にしかわかりません。どういう人生を歩んできたかが、老後に表れるのだと思います。子供がいても教育方針や、価値観により親同様の大人ができるわけで、自分がセルフィッシュであれば、子や孫に慕われたり面倒みてもらえるようにはならないでしょう。子がなくても、大勢の師弟に尊敬される生き方もできます。ヒトとして生きることは、独身、結婚の有無に関わらず一代プロジェクト。相手を選んで終わり、ではないはず。条件云々、若さや経済ばかりを口にし、異性をランク付けしても互いに良いことは何もないと感じます。

    ユーザーID:3371643980

  • 低所得

    独身の数はだいたい同じだと思いますが、婚活の場に出てくる男性が少ないのでしょうね。
    理由はみなさんの言う通りです。

    が、もうひとつ。30代以上でも収入がそれほど多くない人が、今は多いと思います。そのような男性は、低所得だからと婚活の場にはあまり出てこない。出てきても、ハズレと思われる。しかし、女性は現在低所得でも平均的な男性と結婚できたら、それなりの生活ができると婚活するのだと思います。
    しかし、条件の良い男性は若い子を選びますよね。

    ユーザーID:7649189505

  • 女性の多くは

    女性から見た男性評価も、男性から見た女性評価も、同じ「女性の価値観」だけで計ってしまい、それが絶対的な事実だと思い込んでしまうんですよね。

    恋愛や結婚において、男性の価値を決めるのは女性ですが、女性の価値を決めるのは男性です。
    女性が婚活をする男性を見て「まさに売れ残り・訳ありという方がほとんど」となるのと全く同様に、男性が婚活をする女性を見ても「まさに売れ残り・訳ありという方がほとんど」であることに女性は気付けず、「女性は見た目も話していても普通で感じの良い方が多く変わった方はあまり見ませんでした。」と評価してしまう。結果、女性は何の意味もない同性評価を真に受け、それが事実だと思い込んで自己評価を高めてしまう。
    これで典型的な自分の市場価値を客観視出来ず、高望みをやめられずに結婚出来ない30代独身女性の出来上がりです。独身女性同士の「女子会」が余計に結婚を遠退けると言われているのもこの為です。

    こういう女性が積もり積もって、結婚市場で余っていくのです。
    今や女性も経済的、精神的自立を求められ、かつ年齢等自分の市場価値を正しく弁える視点も必要です。女性にとっては厳しいでしょうね。

    ユーザーID:8988567716

  • 30代後半以降は恋愛結婚の方が近道かも

    私は結婚相談所に登録してました。28歳終わりの頃〜31歳の期間。
    20代と30代の違いを経験しました。紹介されるのは30代半ばまで。年収は平均以上。集まりに行けばアプローチもあったし、希望する相手からは大抵OK貰えてデートしてました。
    30代はバツイチ、アラフォーの方を紹介され始めました。年収も平均以下が増えました。バツイチでも子供なしならいいし、年がうんと上でも年収は私と同じ350万円くらいなら人柄が気に入ればと思いましたが、成婚はしないまま期限で退会になりました。
    感じたのですが、男女が出会って少し話をしただけで即結婚を意識しなければいけないというのは、思っている以上に心理的抵抗が大きいです。昔の人がほぼ見合いで結婚をしてたのはそうする以外のやり方モデルがほとんどなかったからで。
    女性達は流行?世相に敏感ですから、相談所とか婚活とか性質に合わないのに流されてやっているのでは?出会いの方法のひとつなんでしょうけど。
    私の周囲で30代後半以降の結婚は少なくないですが、全て恋愛結婚で、職場や趣味の場だったりで、婚活とは意識してない出会いばかりです。恋愛の方が近道かも知れません。

    ユーザーID:3888239683

  • 結婚に求めるものの違い

    女性の場合、男性の経済力、生涯働いて自分を養う人生からの解放、働くことが嫌になれば養ってもらう逃げ道など、結婚に人生の救済や保障的意味合いを求めるのに対し、男性は子供が持てること、後はせいぜい家事労働の負担からの解放や、経済的補助が得られる程度。
    男性は得られるものに対し、負わされる負担の方が圧倒的に大き過ぎます。

    その分結婚しないデメリットは、女性は要求が大きい分得られないものも大きく、逆に要求の小さい男性は子供が持てないことくらい。

    男性にとって結婚の最大のメリットである「子供」が望めない年齢の女性が余るのは当然です。
    もちろん、「男性にとって魅力となるほど」の経済力がある女性であれば、30代以降でも結婚相手として見られる可能性はあるでしょう。ただ、その為には女性も男性のように相手の経済力を重視せず、「自分が相手を養う」くらいの気概を持つ必要がありますが。それが女性に出来るのか、そもそもそこまで経済力のある女性がどれだけいるのか知りませんが。

    とは言え、そこまでしても30代女性との結婚に意味を見出さない男性は多いと思います。依存体質で経済力も若さもない女性は、お気の毒としか。

    ユーザーID:4933706616

  • 私も35才まで独身だったけど

    既婚のトピ主さんには関係無いと思いますけど…。
    周りも婚活している人多かったけど、そのような現状は本当は分かっているんですよね。
    婚活していたら、嫌でも自分の市場価値を知ることになるし、妥協も考えるようになります。
    結婚しているのがそんなに偉いのでしょうか。
    しかし。
    独身30代女性はどうしてこんなに叩かれるのでしょうかね。

    ユーザーID:4930185724

  • こういったトピにも意味はある

    独身30代女性が殊更叩かれてるってことはないと思いますよ。
    女性は婚活していたら嫌でも自分の市場価値を知る、というレスをされた方もいますが、
    それを言うなら男性は、婚活する前から自分の市場価値をわきまえているので婚活すらしない。
    女性のほうが、チヤホヤされた若い頃のまま頭が止まってるような人も多いし、
    勘違いが甚だしい婚活モンスターみたいな人もいたりして、
    傾向として客観的評価よりも自己評価のほうがずっと高い人が多いと感じます。

    だからそれはおかしいんじゃないの、と外部からのツッコミが入ってるだけで、
    自己評価とは異なる都合の悪いことを指摘されたからって、叩きだと受け取るのは過剰反応すぎるかと。

    ユーザーID:3569585997

  • 考え方の違い

    男女の自己評価の違いも原因かと思います。

    女性は誰かに言われたポジティブな発言を後生大事に持っています。

    「素敵な自分は結婚できるに違いない」
    「結婚できないのは出会いが無いからで、出会いさえあれば結婚なんていつでも出来る」

    男性は自己評価の低い人が婚活に二の足を踏むか婚活を止めています。

    「自分の外見では女性にモテないから婚活の場で恥をかきたくない」
    「自分の収入ではどうせ女性に相手にされない」

    事実婚活の場で叩かれまくって婚活を止めた男性もいらっしゃると思います。
    女性は周りが腫物に障るように「○○さんなら絶対結婚できるよ」を鵜呑みにして婚活継続

    その考え方の差が人数に反映されているのではないでしょうか。

    女性目線では素敵にに見える女性も、男性目線ではしっかり訳ありに見えます。
    いくら女性に支持をされても肝心な男性にウケなければいつまでたっても独身のままです。

    ユーザーID:5734923543

  • 盛り上がって来ましたね!

    二回目です。
    既に出ている意見かもしれませんが、私の周りの30代独身男女で面白いなぁと思う言葉の違い?は、

    男性「友人より素敵な奥さんがいいな」と言わないのに対し、
    女性「友人より素敵な旦那さんじゃないと嫌!」という意見が多いことです。

    「どこがダメ?」と聞くと、「だってあんなのが相手じゃ結婚式で恥をかく」と当たり前のように言いますね。
    彼女たちの頭の中には、友人たちに「待ったかいがあったね。いいな〜。あんな素敵な旦那さんで!」と
    称賛される場面がイメージされてるみたいです。

    こういうところにも、余ってしまう原因があるような・・・。

    ユーザーID:1847424334

  • 自分憲法第9条「結婚の放棄」

    まいすさんのリプにある『男性は、婚活する前から自分の市場価値をわきまえているので婚活すらしない』…私がまさにこれですね。

    いわゆる不細工です。

    自分の未来に結婚は無いという想定で、大学時代から衣食住に困らぬよう独り暮らしのスキルを身につけ、
    就職してからは、初任給もらったときから老後に備えて貯えを始めました。
    30歳前に年収は500万円を超え、40代となった現在も十分な収入がありますが、相変わらず彼女いない歴=年齢。
    同じような境遇で同じような生活をしている多くの友人たちと、
    たまに飲みたい酒を飲んで、うまいものを食べて、
    年甲斐もなくアニメやゲームの話で盛り上がったりして、
    それなりに愉快に暮らしています。

    ユーザーID:5171553613

  • 婚活を止めない女性、そろそろ気づいているのでは?

    理由は様々ですが女性がなかなか婚活を止めないから数は減らないのでしょうね。

    男性は無理だと感じたら婚活止めてます。

    どうせ相手にされないなら最初から婚活パーティなんて参加しません。

    婚活という釣り堀に美味しい魚(男性)を釣ろうと多くの釣り人(女性)が糸を垂らしている状況ですね。
    気に入らない魚が餌に食いついてもすぐにリリース
    美味しそうな魚はなかなか食いついてくれません。(もしかしたらその釣り堀にはいないかもしれません)

    ただ、どんどん美味い餌を持った女性が釣り堀に新規参加をしている状況で、大して美味そうな餌を持っているわけでもない女性がずっと糸を垂らし続けています。
    餌はどんどん鮮度が落ち、ますます食いつきが悪くなります。
    魚も新鮮な餌がある状況でわざわざ鮮度の落ちた餌に食いつくことはありません。
    新鮮な餌を使い、美味しそうな魚を釣り上げた幸運な釣り人は釣り堀から退場していきます。

    残った釣り人は食いつくことない餌を付けて相変わらず糸を垂らし続けます。

    そうやって好条件の魚を釣ろうと多くの女性が残ってしまっている状況ですね。

    ユーザーID:7414457335

  • 概ねご主人の言う通り、結局余っている全体数は同じだと思います

    30代女性は同年代女性を希望、
    男性は30代でも20代女性を希望で、女性の30代後半は大いに不利。

    まあ、そうかもしれません。
    でも、婚活しなくてはならない状況の男性に
    はたして本当に20代女性がなびくのか?

    婚活しないと結婚できない30代女性が年収600万容姿そこそこの同年代を求めるのが高望みなら
    婚活しないと結婚できない30代男性が20代のピチピチ女性を求めるのも高望み。
    一部の本当に掘り出し物高スペックの人以外は、
    結局、どちらも高望みですれ違っているのでは?

    ただし、男性は好きでもない人と結婚するメリットが
    女性に比べ薄いので、結婚自体を目的としてまで相手を探す人が少ない
    ゆえに婚活市場では女性が余っている。

    全体で見れば、本当はしたいけど、できない数は同じぐらい
    ということではないでしょうか

    ユーザーID:6215086619

先頭へ 前へ
91120 / 266
次へ 最後尾へ
レス求!トピ一覧