ホルモン補充療法について

レス4
お気に入り17

ゆりあ

健康

52歳です。昨年子宮筋腫のため子宮卵巣全摘出しました。

術前はリュープリンにより閉経状態にする治療を数年してましたが
その間は必ず胃の不調があり特に夜中や明け方目が覚めると胃の不快感がありました。そのたび胃カメラ検査を受けても軽い胃炎との事。

術後やはりずっと同じ症状が続いてます。先月の胃カメラ検査でも軽い胃炎との事。

そこでお聞きしたいのは、更年期状態による胃の不調であるとしたらホルモン補充療法をすれば効果が期待できるのだろうかという事です。

経験者の方いらしたら教えてください
よろしくおねがいします。

ユーザーID:3367647887

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ちょっと違うかもですが

    似たような目的でホルモン補充してます。

    更年期になりアトピーがすごく悪化して困っていました。ほてり等もあり、ホルモン補充を試してみたところ、アトピーもかなり良くなりました。

    なぜ更年期になってアトピーが悪化したのか、婦人科の先生に聞いてみたところ、女性ホルモンのエストロゲンは、副腎から出るホルモンのステロイドと似た作用もあるので、自前のステロイド的なものが減ってしまった=アトピーの悪化につながる、ということだそうです。
    ステロイドは抗炎症作用があるので、アトピー以外にも炎症的な病気に対して抑制効果があるのでしょう。更年期でエストロゲンが減ると、その作用が得られなくなるので、エストロゲンで抑えられていた炎症が抑えにくくなるのだと思います。

    胃炎も胃の炎症と考えると、ホルモン補充で効果がある可能性があると思います。

    あと、ピロリ菌の検査はしましたか?ピロリ菌の除去によって、胃炎の大元の原因がなくなれば、それも効果的ではないかと思います。
    炎症自体がなくなれば、女性ホルモンもいらないかもしれませんし。

    ユーザーID:8300519146

  • 治りました

    52才の会社員です。

    私も子宮筋腫でリュープリンを使いました。

    摘出手術を勧められましたが、体にメスを入れたくなかったので、UAE(子宮動脈塞栓術)を行い、完治しました。

    しかし、リュープリンにより無理やり更年期状態にさせられた副作用なのか、胃の不調、不眠、肩こり、うつっぽい症状に悩まされました。

    そこでホルモン補充療法(メノエイドコンビパッチ)を1年前から受けています。

    薬はよく効き、肩こりを除くほとんどの症状が無くなりました。

    特に、メンタル面では劇的に改善し、その後習い事を増やしたり、職場での人間関係も苦にならなくなりました。

    気になるのは、不定期ですが生理が再開したことと、時折少量の出血があることです。婦人科で3か月ごとに診てもらっているので、心配はないそうですが。

    この療法は3年くらいまでしか行えないらしいのですが、もし興味があるなら、とりあえず3か月くらいやってみたらいかがでしょうか?

    私は救われました。

    ユーザーID:7574683675

  • 専門医に相談が一番

    40代後半からホルモン補充療法を始めました。ぎりぎり閉経まえでした。

    私のかかっている先生は、閉経してからだと効果が無いと言います。個人差があるので何歳からとはいえませんが、早い人は40歳くらいから始めるそうです。

    何にせよ、素人の意見を聞くより、婦人科系の医師でホルモン補充療法に理解のある先生に相談した方がよいと思います。

    日本はホルモン補充療法に偏見を持っている婦人科医がまだ多くいるようですから。
    何人か治療方針を聞いた方がよいと思います。

    ユーザーID:1739400173

  • リスクとベネフィットを天秤にかけて

    ホルモン補充療法によるリスクとして、心筋梗塞・脳梗塞等の血栓症や乳癌等悪性疾患の増加があります。きちんと勘案した上でなさったらいいと思います。

    ユーザーID:7642038177

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧