綺麗なお嬢さん、ありがとう!

レス10
(トピ主2
お気に入り27

生活・身近な話題

感謝

先月、76歳の母が駅で素敵なお嬢さんに親切にしていただきました。
19時ごろの平日の駅でエレベーターの場所がわからずに、
人の流れに流されたままホームへの下り階段についてしまったそうです。
その時母は、小さなハンドバッグにショッピングカートを引き、杖を持っていて、
手摺につかまりながらゆっくりと少しずつ階段を下りていました。
沢山の人がいましたが、みな急いでいてお願いすることもできず必死で下っていたそうです。
そこに髪を金色に染めて、びっくりするような派手な服装のお嬢さんが、
「持ちますよ!」と声をかけてくださいました。
ショッピングカートをひょいっと持つと母の歩調に合わせてゆっくりと歩いてくれたそうです。

 所謂今時のお嬢さんが親切に声をかけてくださったことに母も感激しております。
背の高いとても綺麗なお顔立ちのお嬢さんだったそうです。
お譲さん自身も大きな荷物を肩にかけ、大きな筒のようなものを持っていたと聞いて、
服飾の学生さんかもしれないねと家族で話しておりました。
 金髪のお嬢さん、その節は本当にありがとうございました。

ユーザーID:4069322317

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 良いお話ですね

    綺麗で派手目な感じの娘さんが、実はすごく心優しい人だったなんて、良い話ですね。
    自分の娘も見習ってほしいです。

    ユーザーID:9551903900

  • うれしいですね

    お母様、親切にしてもらえて良かったですね。

    私も信号待ちで止まったら、後ろの車からヤンキー風のお兄ちゃんが車から降りて、運転席の窓をコンコン・・。
    「怖〜、追い越しもしていないし・・、何か因縁つけられる??」と、考えながら怖々と少しウインドウを下ろしました。

    そしたら、「給油口のキャップが開いたままですよ〜」と。
    そうなんです、直前にセルフのスタンドで給油して、キャップを閉め忘れていたのです(汗)

    親切に信号で止まった時にわざわざ降りて教えに来てくれたのです。
    それから、先入観を持って人を見ないようにしています。

    茶髪のいかにも・・風の高校生が、お年寄りに親切にするのも何度も見かけましたし。

    ユーザーID:3404826902

  • 素敵なお話ですね〜

    心温まる話ですね。
    そういう人がもっと増えるといいですね。
    助けたり、助けられたり、お互いに支え合える社会になるといいです。

    余談ですが、ロンドンに行った時は、こういう光景を頻繁に目にしました。
    私もスーツケースを持って階段を上ろうとした時は、
    すぐに“持ちますよ”と言われました。

    日本人は恥ずかしさもあるのではないかな、と思います。
    もしかしたら、その金髪の女性は海外帰りだったのかもしれませんね。
    私もイギリスから帰ってきた時は、困っている人に声かけられるようになりました。
    しばらくイギリスにいたら、それが普通に感じたからです。

    ユーザーID:5792155896

  • 心があたたかくなりました。

    他人様とのトラブルのトピを見かけることが多いですが
    こう言ったお話を伺うと
    本当に嬉しくなりますね。
    素敵なお話をありがとうございます。

    ユーザーID:4683507069

  • 素敵なお話ですね

    金髪とか派手なお化粧とか、見かけなんて
    なんともアテにならないものです。
    優しいお嬢さんと、そのことを当たり前と思わず感謝している
    トピ主さんご家族。
    とてもいいお話です。

    私もずーっと昔
    会社勤めをしていた頃、朝のラッシュの駅の階段で急いでいて転げてしまった事がありました。
    電車に乗り遅れまいと走る人々、その中にひとり電車に遅れるのもかまわず
    少し年上のお姉さんが助け起こしてくれました。
    涙が出るほどうれしかった。
    その時の事今も忘れられなくて、私もそんな風に手助けできたらと思っています。

    なぜか、
    困っているときに助けてくれるのはいつも女性です。
    日本の女性って素晴らしい。

    ユーザーID:7249782065

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 金髪だから美談になる

    高校生時代、電車で席を譲る事が何度もありました。

    黒髪の際には、「ありがとう」とは言われても普通の対応でした。
    (いや、それで充分なんですが)

    その後、夏休みに入って金髪にしました。
    いつもどおり席を譲るとそれはそれは
    喜んでいただきました。

    あぁ、人は見かけで判断するものというのを身を持って体験しました。


    黒髪の女子高生が席を譲っても当たり前。
    金髪の女子高生が席を譲ったら感謝感激。

    化粧はしてなかったので顔は変わってないし、
    中身も、態度も変わってません。

    それでも。です。

    今回の件も本文中に容姿に関するワードがワンサカ出てきてますもの。
    どうか、見た目普通の方に親切にされても同じくらい感謝してあげてください。

    ユーザーID:7953116870

  • ありがとうございます。

    皆様、読んでいただいてありがとうございます。
    都心の有名な駅での出来事です。
    夏子様の書いていらっしゃることもまったくその通りだと思います。
    ただ、もしもこのお嬢さんが黒髪だったとしても、母は喜んで話していると思います。
    ひと月経った今でも「あの時は本当にうれしかった。とても綺麗なお嬢さんだった。」と話していますが、実際のお嬢さんの容姿はわかりません。母にとって天使のように思えたのでしょう。
    金髪が印象に残ったので「金髪の綺麗なお嬢さん」となりましたが、
    黒髪の女子高生なら「制服を着た綺麗なお嬢さん」となったと思います。
    高齢なので電車などで座席を譲っていただくことは何度もありますが、
    階段で荷物を持っていただいたことは初めてだったので投稿しました。
    目の前の高齢者に席を譲るよりもずっとハードルの高い親切だと感じました。
    私自身、座席を譲ったことは何度もありますが、荷物を持つ手伝いを申し出たことはありません。
    「あ、重そうだな手伝おうかな。」と思っても、なかなか言い出せないものです。

    ユーザーID:4069322317

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 一度ヒドい目にあってから

    アラフィフのオッサンです。
    頑健な身体をしているので他人から親切にされる様な事はありませんが、若い頃からお年寄りや小さなお子様連れのお母さんが難儀していれば「よければお手伝いしましょうか?」と声をかけてきました。
    だいたいは「ありがとうございます」と手助けさせていただけるのですが、10人に一人ぐらいは、こちらを変質者扱いして凄い目で睨む方もいらっしゃいました。

    4〜5年ほど前の事です。
    足腰の弱そうな年配の女性(自分の母親よりも高齢だと思われる)が重そうな荷物をもって駅の階段を一段ずつ上がっていました。
    大変そうだったので「お手伝いしましょうか?」と声をかけたら。
    突然その女性が「バカにしないで下さい!」と大きな声で叫んだモノですから、さぁタイヘン。
    周囲の人からは変質者を見る様な目で見られ、挙げ句の果てに駅員まで出て来ちゃって、
    いい大人ですが泣きたくなりましたよ
    たしかに見知らぬでっかいオッサンが声をかけたら怖いのかもしれませんが、アレはヒドい目にあいました。
    それ以来、電車で席を譲る以外の事は怖くて出来ません。

    そんなに人相悪くないんですけどね…

    ユーザーID:8611585868

  • 素敵なお嬢さんですね

    さりげない親切って難しいですよね。さらっと人助けができる素敵なお嬢さんだと思います。
    私も見習おうと思います。素敵なトピをありがとうございます。

    ユーザーID:2700735313

  • トピ主です。お嬢さんに会いました!

     先日、母と出かけたときに同じ駅でトピのお嬢さんに会いました!
    駅のホームのベンチでおじいさんといる女性がいました。
    同じベンチに母を座らせると、2人の会話が聞こえました。
    母は最初、その女性だと気づかなかったようです。
    話を聞くと、おじいさんは途中で転んでしまい膝をすりむき怪我をしたようで、
    女性がティッシュで押さえて、絆創膏を貼っていたのです。
    「ありがとうね。ありがとうね。」と何度もいうおじいさんの言葉に、
    「あら?あなたこの前の方じゃない?」と母が女性に声をかけました。カートを運んでくれたでしょう?と、
    「ああ!こんにちは!」と女性もびっくりしていました。
    私はその節は母がお世話になりました。とお礼を言って、電車が来るまで少しですがお話が出来ました。
    怪我をしたおじいさんは通りがかっただけの人で、お嬢さんのご親族ではありませんでした。
    そのおじいさんとも「本当に優しいお嬢さんだね。」と話し、
    母が今でもあの時はねーって貴方のことを話していると伝えると、
    「いえいえ、おせっかいなだけなんです。」と照れくさそうに笑っていました。
    この日のお嬢さんは黒髪でした。

    ユーザーID:4069322317

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧