配偶者扶養控除と年金3号の廃止

レス496
(トピ主2
お気に入り497

キャリア・職場

ももこ

最近、話題になってますが、、、

私もその恩恵を受けている1人の主婦です。

それ自体は仕方ないのかなって思います。国にはお金がないし、少子化が進むなか、団塊世代がリタイヤし始め、働き手が少ないんですから。
これから、主婦がたくさん求職活動に出てきて、パート職の在り方が変わっていくのがでも不安です。
今でさえ、パートの供給過剰気味で、企業の良いように(低賃金で使い捨て)使われている雰囲気なのに………

私自身の話をすると、新卒で正社員で雇ってもらっていた会社は、夫の転勤で辞めました。
その後、子供を授かり、夫が失業したり、いろいろあって、子供が1歳になる前に、保育園に預けてパート。仕事に慣れれば慣れるほど給料すえおきで、仕事量は増えていき、子供も保育園に慣れ、皆勤賞。子供が病時に休まないなら、低賃金は割に合わないなあと思いながらも、正社員なみの仕事量をこなしていました。その子供が今月で5歳になりますが、先日、第二子を授かり、パートは、クビになりました。違法なことは分かっていますが、それを証明するのは難しいし、頑張って働いていた先輩妊婦が、マタハラで切迫流産になったのを見てたら、子供のために頑張るより、辞めるべきだと感じました。第二子が生まれて、落ち着いて、また、運よく保育園に入れたら、パートで就職しようとは思っていますが、配偶者扶養控除と年金3号の廃止で、沢山の主婦が求職活動する時期と重なりそうで怖いです。

私、ちゃんと就職できるかしら、、、、主婦の就労環境は、これからどういう感じに、変わって行くのでしょうね。
主婦が働くために必須の子供の保育園や両親の介護施設も、待機が凄いことになりそうという所までは具体的に想像つきますが、、、そのあとが想像つかなくて怖いです。

ユーザーID:8031023926

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数496

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • なんとかなると思うしかないですよね

    国の借金のために、とにかく働き手を増やして税金をとろうとしているようにしか思えないですよね
    別に廃止しなくても103万円の制限のみ廃止したらいいことなのでは?っと無知な専業主婦の浅い考えですが思います。

    この制度、少子高齢に拍車をかけることでしょうね。
    待機児童の問題も解決されておりませんし。

    私は、ありがたいことに夫に年収があるので働かなくても済みそうですが、この廃止で、子供を1人しか生まなくなる人が増えると思うのですが。

    兼業主婦を誰でもできるわけではないですよね。
    ますます格差が増え 庶民のストレスが増えていく
    人生を選べる自由すらなくなってしまう

    しかし、まだ決まったわけではないですから先の事を心配していてもしかたないですよ。
    今までだってなんだかんだあっても、やってきたはずですから。

    ユーザーID:8108774234

  • 私は反対

    私も配偶者控除と年金3号の恩恵を受けている一人です。
    私は「働ける状態だけど働いてない人」が廃止になるのは賛成。
    でも世の中そんな人だけじゃない。保育園の待機児童で預けたくても預けられない人、介護が必要な家族がいる人、不妊治療をしていて病院に通わなければいけない人、健康状態が悪くて働けない人、つまり「働きたくても働けない人」もいるんです。
    廃止にするならばまずは待機児童や介護施設などの問題を解決してからでないと、さらに格差が広がるでしょう。これじゃ少子化に拍車がかかるだけです。
    でも安部さんはお子さんがいらっしゃらないようだし、先のことなんてどうでもいい、国にお金がなければ庶民から税金とればいいと思ってるんでしょうね。目先のことしか考えてないんですよ。
    先日「働き手は70歳までとする」と提言案が出ていましたが、これで年金受給が70歳からと決まったようなもんです。選挙を見据えてお金を持っている高齢者ばかり優遇し、金のない若者世代、子育て世代はどんどん国に利用され貧乏になっていきます。
    私にも子供が一人おりますが、将来が不安で二人目なんてとても産めません・・・。

    ユーザーID:1959917242

  • 今まで専業が甘えていただけ

    >私、ちゃんと就職できるかしら

    そんなの当たり前。
    兼業はその辛い思いを背負ってきたのです。(専業の分も)
    働かざる者食うべからず。

    ユーザーID:7567624169

  • 結局、働きたくないだけでしょ?

    専業主婦の方の働きたいのだけど○○が〜ってのを聞いていつもなんか色々言い訳しますよね、男が〜・国が〜・社会が〜ってすぐに転嫁するよね。
    最近は子供をダシにしてまで働きたくない言い訳する人まで増えましたね。
    でも、欧米や中国は男女共働くのが当たり前の環境ですが子供を生んでも働かれてますよね。米国や北欧では妻が働かないってのも離婚理由になりますし。
    そんなの見てたら日本の女性は甘いなって思いますよ。
    ただ、これからも労働者不足を補う為に主婦には不利な政策を進めざるを得ないっだろうなって思います。

    ユーザーID:2037858282

  • 求職より

    扶養控除が廃止になって、年金3号が廃止になっても、専業主婦は専業主婦だと思いますよ。今まで103万の枠でセーブして働いていた人が長時間勤務するようにはなると思うけど。
    もし廃止になったら、うちの会社はパートさんの時給を上げるつもりでいます。現在年間103万まで、という働き方をしているので、時給があげられませんでした。わが社のパートさんたちは愛社精神があってお仕事好きでいて下さるので「時給を上げると勤務時間が短くなって働きに来れなくなる。家にいても暇なだけだし、今までと同じでいいよ」と時給UPの提案を蹴られてます。103万の壁がなくなればもっと稼ぐことが可能になりますから。

    企業側から一つだけ反論
    「企業のいいように低賃金で使い捨てられる」→これは安けりゃいい!安くしろ安くしろという消費者のせいですよ。物の値段を下げることは生産コストを下げること=材料代や電気代は下げようがないので人件費を下げるしかないんです。だから仕事は海外に出ていくし賃金は下がる。国産のものを適正な価格で買うことを考えてほしいです。私は電化製品も農産物も高くても国産しか買いません。国内製造業の意地です

    ユーザーID:8746169482

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • そこは考えて

    私も結婚、出産を経験していますが、子供達の将来、自分達の老後、等などを考えて主人の給料だけでは不安もありましたので子供を産んですぐに再就職をして、たまたまいい会社に入社できたものです。当時は子供も夜泣きはするし、上の2人もまだ小さくて手がかかり大変でしたがそこを何とか乗り切り今に至ります。現在6年目を迎え、小さかった末の子供も小学入学になり、上の子は中学生で制服や塾代、部活等の遠征等ですごくお金がかかります。周りの母達は私が寝る間も惜しんで共働き府だった頃、「子供が小さいのに可愛そう」とか、「私は子供と一緒にいてやりたいから」等言っていた人たちが今慌てて就職を探していますが・・・。今まで専業主婦で資格も何もなくいた人達、そして年齢も40前後そうそう職などないようです。私はその時子供達に可愛そうな想いもたくさんさせてきましたが、今を見据えての苦渋の決断でした。そして今周りの主婦達の何倍ものお金を頂き本当に決断が間違っていなかったと思います。あなたも今だけを見ず将来を見据えてよく考えてみて下さい。

    ユーザーID:8177763679

  • この国のけじめ…

    そもそも、年金は戦争が何回かあって、人間がそれほど長生きはしないということで始まり、人のお金なのに溜まったら色々施設を作ってしまい失敗してお金がなくなって…さて、払えないからどうするか?…じゃ、これまでうるさくて、面倒だった子供がいる人も働かせて少額でも、沢山になれば大金になるから、なんとかなるんじゃないか?的な動きで、配偶者控除と3号をやめる事にしなんじゃないでしょうかね?
    年金基金とか生命保険の年金分の控除の拡大とか、総合してみると国は年金制度をやめたいんじゃないかな?いつか、やめるんじゃないの?と
    思わずにはいられません。
    仕事は、その時々で、出来る事があると思います。
    私は事務系の資格も経験もありますが、事務の求職はフルタイムのみで、時間があう仕事は皆無でした。
    今は、軽作業をやっています。いつまで続くのだろう?体がもつかな?rと思いつつ、働いています。
    それよりも、何よりもママが乳飲み子を他人に預けて、なんでもいいから働きに出てしまったら、その子供は誰が育てるのか?家庭は誰が守るのか?皆が同じように能力があるのか?大変、疑問です。
    日本に居て大丈夫なのか?

    ユーザーID:4693059077

  • 早く廃止してほしい

    配偶者扶養控除と年金3号が廃止されてから働き始める人は、配偶者扶養控除と年金3号があるから専業主婦をしていたということですよね。
    そういう人たちに同情する心の余裕は私にはありません。

    私は産休切りにあったので産前産後もろくに休まず求職活動をし、産後2か月ちょうどで就職しました。
    1歳直前に子供がある病気にかかり入院、夫と交代で付き添いながら可能な限り出勤しましたが、休みが多いからとまたもやリストラ。
    その後もすぐに就職先を見つけ、現在(子供4歳)までずっと働いています。
    全て正社員でしたが全く守られず、肉体的にも精神的にも辛かったです。

    独身時代からずっと同じ業界で働いていますが、子供の都合で休むことを条件にしての転職なので、労働条件は格段に悪くなりました。
    これも仕方ないことと無理やり納得して働いています。

    そういう私から見ると、配偶者扶養控除や年金3号などの優遇は納得できないので、早く廃止してほしいと思ってしまいます。
    生活や老後のことだけなら夫の給料だけで十分ですが、子供の将来の負担を考えると、配偶者扶養控除と年金3号は受けたくありませんでした。

    ユーザーID:2858126164

  • なんだか冷たい人もいるなー

    トピ主は別に怠けたくて仕事辞めたんじゃないのに、冷たい世の中ですねー。
    過渡期ってのは厳しいもんですね。

    ユーザーID:1860421401

  • 文化が変わった

    まあそろそろ“潮時”でしょうね。

    夫妻における家庭外労働と家庭内労働の分業を推奨してきた政府が、
    方針を変えた、必要としなくなった。つまり用済み。
    代わりに家庭から出て3K(危険汚いきつい)労働を担って欲しいんでしょ。

    行政のしてきた事ですから当事者である専業主婦層の方には
    何の怨恨もありませんよ。私はね。

    ユーザーID:2671621828

  • 中年も困っています

    アラフィフです。
    子供の預け先の心配はもうありませんが、
    いまさら雇ってくれるところがあるのでしょうか。

    体力的に「きつい」程度なら我慢しますが、
    貧血でも起こして倒れるようではお話になりません。

    覚えも動作も若い人より遅いでしょうし、
    使いものになる頃には退職かもしれません。

    自分が仕事の選り好みをしているわけではなくても
    雇用する側からいらないと言われそうです。

    ユーザーID:1509534008

  • あなたひとりの責任じゃない

    ちょっと横になるけど、ご主人ときちんと子育てする環境について考えてますか?
    失礼なようですが一人目のお子さんのときご主人失業してますよね?現在は安定した職種でしょうか?それでないのに二人目を懐妊ですか、、、。

    授かりものだから他人がとやかくいうことではないし、きちんと責任もって育てられるなら何もいいませんけど。

    生活の基盤もあやふやなのに家族計画は望むまま、というのであればそれはどうなと思います。
    現にあなたの中で個人的な現状と社会的現状がごちゃまぜになって出産を前に不安になってる。

    きちんと夫婦で考えて家族計画しておけば予防できた悩みです。

    たしかに昔と違って仕事も子育ても物質的な豊かさの反面厳しいものになってます。

    若いお母さんの中には子育てを楽しむどころか閉鎖的になり自分を追い詰めてしまう人も。

    そんな時代だからこそ、ご主人としっかり向き合ってこれからのことを考えてほしいのです。

    ユーザーID:8549233605

  • たたかれちゃうよ

    兼業主婦からたたかれるよ。

    政府も好き勝手だよね。

    税金欲しさに労働力を増やしたいんだもの。

    いくらでもとれるサラリーマンを狙ってるけど、稼いでも税金に取られるばかりじゃ勤労意欲もなくなるよ。k

    稼いでほしけりゃ税金取ることばかり考えずに、もっと雇用条件よくしたり、契約、フリーター、ホームレスをなんとかしてよ。
    介護、育児、働きたいのに働けない人をなんとかしてよ。

    ・・・なんて思ったりしてます。

    配偶者控除なんて働いてる人からしたらたいしたとないよ。
    それだけ控除されるならしっかり働いてた方が得だもの。

    ユーザーID:3818471167

  • 専業主婦も学生も年金払っていた頃があります

    3号に関しては、昔みたいに払えばいいんです。

    私が専業主婦だったときは、任意加入だったけど、払ってる人だけがもらえる、まっとうな制度だったと思いますよ。

    少子化の歯止めになると思って、第3号が始まったと思うけど、効果なかったと思う。

    ユーザーID:2522586016

  • 国の借金は誰のせい!?

    国の借金、借金言うけれど、私達がそれを甘んじて背負わなければいけないなんておかしいと思います。

    国のお金の多くが、とっっってもムダに使われています。
    医療業界の知人に聞いたのですが、国から医療費がジャブジャブ出るのをいいことに、甘い汁を吸っている企業が多くあります。
    もちろん医療業界だけではありません。そこらじゅう天下り目的の無利益な公共施設だらけ。

    こういった是正をまったく行わず、借金が増える一方と言って、一般家庭の首を絞めるだけの政策をどんどん打ち立てるお役人なんていらない。

    まるで、家計管理のできない主婦が浪費ばかりして、お金がないからもっと稼いでこいと夫に言うようなもんです。

    日本は、どんどん住みにくい国になってくるかも…。
    自分を守れるのは自分だけかもしれませんね。

    ユーザーID:9667529779

  • グダグダ言ってるけど

    自営の奥さんは自分の年金は自分で払っているのよ。
    そうすると
    でも自営は経費で「何でも」落とせるじゃない!
    と可笑しな反論をする人がいるけれど何でも落としていたら捕まりますから。
    サラリーマンは零細な自営・個人事業主からみたらあり得ない額の控除(自営の経費みたいなもの)を受けているの知っていますか?
    サラリーマン妻はそういう面で不勉強な人が多いですよね。

    そういう私も3号を数年経験してから1号になった身です。
    だから本気で3号ってずるい制度だよねと思います。

    あ、私、実親と義親のダブル介護中でフルタイム勤務は難しい立場です。
    私自身の収入はありませんが、私自身の年金は支払っております。

    ユーザーID:8153182655

  • ありがとうございます。

    主婦3号さん

    なるようになる。なんとかなる。いままでなんとかしてきた。

    本当にその通りですね。
    先のこと、クヨクヨ考えても仕方ない。来たるべき日に備えて、今は気力の温存しておこうかしら。と思います。
    まだ、決定事項じゃないですしね。でも今回は本当に決まりそうだなって思います。根拠はないですけど、私が自民党のお偉いさんなら、ライバルの民主党の勢いのないうちに、痛みの改革じゃんじゃん進めちゃえ。って思いますもん。

    改革の痛みなんて忘れちゃうくらい、景気がよくなってくれたらなあと願います。

    ユーザーID:8031023926

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 騒ぐようなことではない

    良いと思います。というより、普通です。
    今でも恩恵が存在している方が特殊でした。
    これまでに感謝、でいいいんじゃないでしょうか。

    いくら夫が高額納税者でも、独身に戻ったり兼業家庭になった方が納税額が上がるんですから、
    専業主婦が税的負担なのは間違いありません。年金や社会保険料のタダ乗り、
    教育に費やされた税金まで含めたら、日本の赤字が膨らみ続けたのも当たり前です。

    私は、これからの日本には「環境を整えてくれなきゃ働かないし、子供も産まないわよ」
    という人は必要ないんだと解釈しています。
    実際、ここ数年だけでも、出産を機に退職する女性は7割から5割にまで減ってきています。
    そういうキャリア中断なしの女性の方が出産数が多いというデータも出てきました。

    自分が欲しいのもは、強い意思と実行力で手に入れる時代が来ています。
    恩恵がなければ結婚できない、子供が持てない、きょうだいを産めない…
    克服する人の方が増加中の今、それらは甘えた言い訳に過ぎません。

    少子化が心配なら、納税者を止めないことです。必要なのは、子供ではなく納税者です。

    ユーザーID:1800670840

  • ありがとうございます。

    ブラックさん
    おっしゃるとおりです。働きたくても働けない人の存在、本当に考えて欲しいです。
    ただ、私は経理総務畑なんですが、3号と配偶者控除を、介護育児その他理由で働けない人以外で廃止というのは、事務処理が煩雑になりすぎて無理だろうなと思います。
    働いていようがいまいが、三歳未満と75歳以上の同居親族がいる場合は一律口万円控除、とかなら出来るのでしょうが、、それだと大雑把すぎて逆に不公平になりそうです。

    保育所や特養を増やすにしても、国庫が厳しいし、期待はできないですよね。

    またまた自分のことばかりですが、
    一人目の出産後、保育園の申し込みに行きましたが最初は申請用紙すら貰えなかったんです。

    保育園は困っている母親のための施設です。あなたは無職なんだから困っていないでしょう?
    生活費が足りない?今はどうしてるんですか?貯金を切り崩している?貯金があるなら困らないですよね?育休を、取るお母さんは保育所に入れないとクビになるからすごく困るんですよ。と。
    途方にくれて涙が出ました。

    ユーザーID:8031023926

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 両方とも廃止すべき(子育ては別途支援要)

    個々に事情があるのはわかりますが、両方とも廃止すべきです。
    【配偶者控除】103万円の壁のせいか、必要以上に押さえられた人件費で仕事をすることで、シングルマザーや男性求職者の給与水準まで下げてしまってます。
    【年金3号】自営業者の妻は払っているのに、不公平。本来払っていない年金をもらうのは、他のすべての支払った人から利用しているも同じ。

    よくある言い訳ですが、主人がたくさん払っているは理由になりません。ご主人と同じ年収の夫を持つ働く女性もきちんと自分のものは払っているんです。
    子供を育ているついては、子供手当(賛成)という名目で別途支給すべきと考えます。子育てしていない専業主婦が恩恵を受けているのが今の制度ですから。
    税金や年金などの負担は、シンプルな公平性が必要と思います。

    ユーザーID:3977029809

  • 意外と変わらないと思う

    なんやかや言いながら、働き方を変えない(働かない)専業主婦の方が結構いらしゃると思います、私は。
    やる気のある方は既に○○万円の壁なんてぽーんと飛び越えて働かれていると思いますし、そもそも専業主夫がほぼいない状態で「専業であることが人生を選べる自由」といわれてもピンとこないし。

    >選挙を見据えて〜略〜貧乏になっていきます。
    年寄り以外の投票率をあげていかないと、高齢者優遇の政策は変わらないでしょうね。毎回私は投票にいってますが、投票率って低いですよね。若い世代が皆選挙に行けば政治家も政策を若者よりに変えてくるんだけどな〜!と歯がゆいです。

    それと「控除(等の)廃止反対!」ではなくて、「子育て・介護に関わる家族の優遇導入せよ!」と声を上げた方が専業主婦じゃない方の共感が得られるでしょうし、控除等の廃止に反対な専業主婦の方は声をあげたらいいのに〜!きっと子育て・介護に関わる兼業主婦・独身男女も賛同してくれると思うよ。

    ユーザーID:4189529737

  • 扶養者の中で、なぜ配偶者だけが優遇される?

    パターン1.
    既婚男性Aさん。妻は専業主婦Bさん。
    Bさんは家族の介護があるため働くことができません。
    Bさんは夫の扶養に入っているため、税金も年金の支払いも優遇されています。

    パターン2.
    独身男性Cさん。母親Dさんと同居。
    母親はまだまだ働ける年齢ですが、家族の介護があるため働くことができません。
    Dさんは息子Cさんの扶養に入ってはいますが、税金も配偶者程には優遇されませんし、年金も自分で支払っています。


    配偶者控除廃止反対の方に聞きたい。
    上記2パターンを見てどう思いますか?

    ユーザーID:4900718115

  • まず就活準備してみなよ。

    ゴタクを並べるのはそれからだ!

    それだけ立派な理屈を考えてる間に履歴書2枚は書けますよ。

    ユーザーID:3445312279

  • 少子化の原因は

    えっと、結婚した世帯が生んでる子供の数はバブル期と変わりません、ですから既婚世帯が働いても少子化に影響しません、現にフランスは男女共働くのが当たり前の国ですが出生率高いですよね?国のサポもありますよね。
    では何故にそれだけ出来るかと言うと専業主婦と言う無職が存在せず皆が働いて納税してるからですよ。

    よく、働きたくない言い訳に少子化とか見当違いを言ってる方が居てびっくりです。少子化の原因は誰が見ても明らかですね。
    男性の非婚化の急増ですよ。男性を結婚させるように持って行くのが最大の少子化対策だと思うけどこの国はそれに気付かないで見当違いな政策ばかりやってる。

    ユーザーID:2037858282

  • もはや手遅れ

    遅すぎると思います。

    年間、配偶者扶養控除廃止で6000億、3号年金廃止で8兆円が助かります。
    あくまで単純計算ですが、ここ10年だけでも86兆円が専業制度維持にかかったことになります。
    各種保険料や住民税の免除まで計上したら、いかに専業家庭が日本の赤字の一端を担ってきたかわかるでしょう。
    子供の出生数は、共働き率(扶養外)と相関関係があります。
    共働き家庭より子供を産む数が少ない専業家庭をこんなにも手厚く保護する理由が全く理解できません。

    今すぐに廃止をしても、とてもじゃないけど間に合いませんよ。
    日本の900近い市町村が人口減で消滅すると試算が出ましたね。
    どの地区でも、インフラは壊滅するでしょう。
    なんで今日にいたるまで放置してきたのか、
    反対勢力の思考回路が不思議すぎます。

    我が家は将来は海外移住予定です。既に実行している友人も多いです。
    生産年齢にあるくせに納税を放棄する人の老後を
    うちの子供たちが支えねばならない理由は一つもありません。
    借金を膨らませた人は、自分の子に尻拭いしてもらえばいいです。

    ユーザーID:4344662053

  • レスします

    年金掛け金について言えば、就職、結婚後退職で3号、夫がリストラ無職で二人分国民年金掛け金必要、夫がまた就職で3号、、、収入ないときの方が掛け金必要なのは、矛盾です。
    夫の状況で制度くるくる移動は、本人だけでなく事務処理手数と履歴維持に大変な労力がかかります。

    3号廃止で、このわかりにくさがなくなります。年金は個人単位で掛け金を払うようにすると、基礎年金部分は「だれでも」払うことで、不公平がなくなり、わかりやすくなります。

    共働きの場合、夫が退職後に死亡しても妻は遺族年金はもらえない(結局、自分の年金のほうが多い)のです。退職後の遺族年金は、ほとんどが専業主婦だった人だけがもらう仕組みです。
    掛け金ださずに、共働きだけでなく独身労働者、母子家庭で働く母親も含め、働いている人の掛け金分からさらに余分に受け取っているのです。(制度的たかり状態)

    遺族年金分を考えると、3号制度をなくしても、まだ不公平が残ると思っています。
    子供を育てるのに苦労した、、という分は、年金でなく、子育て時に(専業・母子家庭・共働き関係なく)児童手当の形で対応してほしいです。

    ユーザーID:2704326521

  • まぁ、女性のデフレが起こりますよね

    既に若年女性層は貧困に喘いでいますが、
    それに中高年主婦層が新規追加されるだけでしょう。

    男女平等社会なんだから、働いて苦しむのも女性に率先してやって貰わねば。

    結局、社会でやっていける実力なんてあるヒトはほんの一握りに過ぎないわけ。
    男でも女でも負け組はそれなりに苦しんでもらおうってことだろう。

    ユーザーID:7824239701

  • 能力のある人なら就職できますよ

    私も、トピ主さんの同い年の子供を持つWMです。

    仕事では、男女関係なく能力次第の仕事です。
    ちなみに正社員。

    能力がなければ、男性だってかなり低い年収になりますし、自分次第で子持ちの私ももうすぐ役職が付く予定です。

    私にとっては、能力のある人が、それに相応した報酬をもらうのが当たり前という感覚があります。
    もちろん、それは仕事の範囲や量が増えたら収入が上がるのではなく、それはあくまでもチャンスであり、そこで成果が認められて初めて昇給するんです。

    ちなみに、配偶者扶養控除と年金3号の廃止でそんなに駆け込み求人募集なんてあるんでしょうか?
    そもそも、働く必要がある人は、専業主婦なんてしてないのでは?
    配偶者扶養控除と年金3号の廃止は、専業主婦をする理由ではありませんよね。

    トピ主さんも、能力や経験があれば、配偶者扶養控除と年金3号の廃止関係なく就職できると思いますよ。

    自分次第ですよ。就職できるかは。

    ユーザーID:1724445420

  • 私は会社員なので直接は関係ないが

    専業主婦がしにくくなれば、1人しか子どもを産まない人がますます増えるでしょうし、共稼ぎ前提で結婚した場合、妻が病気等で働けなくなったりしたら、昔のように実家に返されるとか起こりそう。
    介護は実子という風潮がますます高まり、戦力となる働き盛りの男性も離職を余儀なくされるでしょう。70歳まで働くことが普通になれば、今までの様に祖父母に共稼ぎの支援(孫の世話など)は受けられません(親子共々サラリーマンという場合ですけど)。里子なども受け入れには専業主婦であることを要件としていることが多いですが、どうなるのだろう。

    専業主婦の方が言い訳をしているだけというご意見もありますが、
    子どもも自然に任せずに計画的に産んでいる人が多い昨今、共稼ぎの人も含めて複数産んでいる人は、育てられるから産んでいるのですよね。
    色々な環境に身を置いている人がいるという上では、専業主婦であるから産めたという人がいれば、それは紛れもない事実なのだと思う。
    高収入ではない転勤族や不規則勤務の人、自分が離職しないと結婚できない人ははなから結婚相手としては却下でしょう。非婚率も高まりそう。

    ユーザーID:3469631281

  • 負担は増えるが、それだけが専業の理由じゃないので

    団塊の世代喪失による日本の人手不足は結構本格的なので、意外と大丈夫だと思いますよ。介護施設や保育施設が足りなくなると思っているのでしたら、その辺りの資格取得に動かれてはいかがですか?就職に有利に働くかもしれませんよ。

    ちなみに、私自身は、保育園や学童の補助もいずれ削られると思っています。介護施設補助も今後必要でしょうし。国の税金投入は、多方面で抑えられていくと思います。

    が、その結果、多くの専業主婦が働きに出る、と言う事は意外と少ないものです。勿論あれば助かる補助ですが、逆にそれらがあるから専業をしている、という人はあまりいないと思います。兼業をサポートする税金が保育園などに注がれる様に、専業をサポートする税金が上記補助となっているだけで、専業の前提に補助がある訳ではないからです。それは、トピ主様も感じている事ではないでしょうか。

    まだまだ、女性の働き方は考える事が多いですね。

    ユーザーID:2851147263

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧