現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

顔を出さなくなった娘

こち
2014年5月14日 2:59
古いレス順
レス数:283本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
全てが手遅れ。
小麦
2014年5月17日 14:38

ご主人への不満を娘さんにいう事と、娘さんがしてくれたことに対して不平不満をいう事は、全然違うことですよね。
それは分かります?

「お母さんは私が守る!」とまで言ってくれた娘さん。
そなのにトピ主さんは「あんたなんかに面倒みてもらうもんか」と罵倒した。
娘さんはトピ主さんのために旅行やプレゼントなどをしてくれた。
そのことに礼も言わずに不満ばかり。

娘さんも苦しんだでしょうね。
母親であるトピ主さんに喜んでほしいのに、トピ主さんは何をしても満足しない。返ってくるのは愚痴や罵倒の言葉。
これでは娘さんは自分の精神を守るためにトピ主さんから離れるほかありません。

トピ主さんは死ぬまで娘さんに謝り続けるしかないでしょう。
このままだと、お葬式にも来てくれませんよ。
私だったら、たとえ謝られたとしてもお葬式にも出たくないくらいです。
あ、最期を看取りに行って枕元で恨み言を言い続けるかもしれません。それでも式には出ないな。悼む気持ちなんて欠片もないですもん。反対に清々するくらいです。

ユーザーID:1034302975
じゃあ娘は?
maki
2014年5月17日 15:23

自分が不幸だったから、娘が自分に優しくして当然、娘は自分を守って当然なの?じゃあ娘は誰が守ったの?


娘が一時的にもトピ主さんに優しかったのはね、そうでなければ母親から愛情がもらえなかったからですよ。
母の仕事を請け負うことで、一時的に母から礼を言われたり優しくされたりする。そのほんの一時の優しさが欲しかったから、そんなことを言っていたんですよ。そうしないと母親に愛情を示してもらえなかったから。
母親に好かれたい、好かれようとする娘の努力だったんですよ。

ところがトピ主さんは、自分は可哀想で娘がそう言ったから、娘がやって当然としか思わなかった。自分は可哀想だから娘に守ってもらって当たり前だと思ってた。

子供はね、親から愛情をもらおうとするものなんですよ。でも子供自身が大きくなって、自分が親の年齢に近付くと、当時の親の弱さやずるさがわかってくるんです。そして「自分はもっと弱い子供だったのに」と親の態度を理不尽に感じるんですよ。

娘は母親に愛情をもらおうと努力した。しかし母親は息子と差をつけて、ロクな愛情を返さなかった。
その結果が今です。

ユーザーID:8889061047
母として諦めなさい携帯からの書き込み
母さん
2014年5月17日 15:36

娘を解放してあげなさい
それが貴女に出来る唯一残された娘にしてあげれる事なのだから。

ユーザーID:1383082454
 
現在位置は
です