• ホーム
  • 話題
  • 運動音痴って、すごく傷つきますよね・・・(駄)

運動音痴って、すごく傷つきますよね・・・(駄)

レス42
(トピ主2
お気に入り81

生活・身近な話題

美術が好き

私は小さなころから運動が苦手でした。
マラソンをしたらドンビリ、
サッカーボールは空振り、
ドッチボールは顔面にぶつけられみんなの笑いものに。

悲しいことにスポーツって、能力が公開されるしチームワーク性ですよね。
私がレシーブを失敗すると「チッ!」と舌打ちしたり悪態をついてくるクラスメイト女子もいました。
私だって好き好んでチームに迷惑をかけているわけではないのに…。

ただ勉強はけっこう得意だった私。
けれど悔しいことに勉強は個人プレー。誰かに公開することもなければ、点数が悪かろうとクラスメイトに迷惑かけることもない。
私のミスをせせら笑った女子達へ、仕返しに「チッ!」と言うこともできません。

学生時代に、運動音痴が与える悪影響(自己否定)って、勉強ができないよりも大きなものがあると思うんです。

みなさんにも運動ができなくて苦労され方はいませんか?

ユーザーID:5428332878

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数42

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 同じ人多いと思う

    小学校の頃、バスケの時間にボールを両手で持って、ラグビーよろしくコートの中を突っ走りました。
    クラスメイト始め先生までが爆笑して、授業が一時中断しました。

    中学時代は、バスケのドリブルの実技のテストで、他人の数倍の時間がかかりました。
    通常20秒程度で終わるコース。
    私は2分以上かかっても終わらず、最後には先生に
    「○○さんがんばれ!!」
    と応援されました。

    高校行ってからは、ハードルの補修授業を受けました。
    あまりにもひどいレベルの人たちだけを集めて、夏休みに課外授業方式で、ハードルの補修授業がありました。

    今じゃ笑い話ですみますが、学生の頃は本っっっっ当に体育がイヤでたまりませんでした。
    毎朝起きて考えることは、
    「今日の授業、体育あったかな」
    でした。
    体育がある日は本当に学校行きたくなかった。

    「チッ」って態度取る人います。
    チーム戦だから気持ちは分かるんですが、努力のしようがないんですよね、運動音痴って。

    体育なんて選択制でいいのに、って今でも思っています。

    ユーザーID:5746206715

  • おー分かります!

    体育のある日は 朝から吐き気がしていました(笑)

    通信簿はいつも2 保健体育は筆記試験なので5

    勉強はできても
    スポーツ大会のチームプレーでは
    足引っ張りまくり・・・

    ふざけているつもりはなくても
    「まじめにやれ!」と怒られたり・・・

    そして高校生の時に悟りました
    「体育できなくても死にはしない」と

    大人になってよかったことは体育の授業がなくなったことです!

    ユーザーID:1566989892

  • 鉄棒逆上がりに四苦八苦


    読ませて頂きました。
    体育の授業で最も苦手だったものは、跳び箱と逆上がりです。跳び箱は踏み切りが悪く、跳び箱の真ん中辺にお尻から着地!周りの生徒からは爆笑の嵐、先生は失笑、私は顔を真っ赤にして右往左往、いっやー恥ずかしかった!次に鉄棒、男女二列に並んで逆上がり、皆順番に出来るから早くも自分の番、手を逆手に鉄棒持って、足を蹴っても体が回らず両足ドタン。何回やっても出来なかった〜!

    先生が見るに見かねて手を貸してくれて、ようやく体が回って出来ました! あ〜やだやだ。

    ユーザーID:1108874623

  • わかるー!

    学生(特に小学、中学)の運動神経のあるなしってある意味人気のあるなしでもありますよね…
    運動神経良い子のまわりに人集まってましたもん…

    なんか…
    運動神経がよい→明るい
    頭がよい→暗い
    どっちもできる→スター
    そんなイメージがあったような気がします。


    運動会は常に雨になれっと祈っていたタイプです。
    高校の体育祭、球技大会は全部休みましたけどね。

    ユーザーID:5710804109

  • わかります

    40代です。私も運動音痴でした。
    走るの遅い上に、走っている恰好がおかしいと笑われ。球技でもなんにも貢献できない…
    舌打ちもされましたし、「使えない」「足引っ張るな」とまで言われました。でもスポーツの場だとそんな暴言も許されるんですよね。例えば音楽会とか学級新聞作りなんかの共同作業で、下手な子がいても、絶対「使えない」「足引っ張るな」的発言なんて許されないと思うんですが。なんでスポーツだとアリなのかな〜
    私も勉強はできたのですが、ガリ勉(死語?)とバカにされました。当時のヒロインは「ちょっとドジだけどスポーツ万能な女子」でしたから。
    今の小中学生は早くから受験対策・塾通いをしているので、成績の良い子は存在価値を認められてるようで羨ましいです。。

    ユーザーID:0517399231

  • マラソンは違うような

    私も運動神経はない方で球技はダメですが、マラソン(長距離走)は違いませんか。長距離走とか水泳は個人プレーだし、きちんと練習したら誰でも上達すると思います。運動音痴と思ってもう投げてませんでしたか?

    ユーザーID:6164554071

  • 練習しないから下手なままなんです。

    と断言する僕は大学2年までキャッチボールもまともにできない男でした。
    バトミントンでも卓球でもまずラリーになりません。
    フリスビーも45度で飛んでいく有様でした。
    友達はそんな僕に何も期待しませんから誰も誘いにきません。

    で、大学2年の時のことです。
    運動不足解消のために空き地で素振りをしていたとき、
    当時入っていたアパートの大学の先輩が見るに見かねて寄って来ました。
    何やってんの?と。
    それ新種のダンス?と。
    で特訓です。
    ダウンスイングダウンスイングで100回ぐらい振りましたかね。
    次の日はキャッチボールです。
    その次はテニス。
    その次は相撲。
    で、秋の同好会親睦ソフトボールで生まれて初めてホームランを打ちました。
    おかしなもんで、ちょっと自信が付くとバトミントンでも卓球でもなんとか形になっちゃうもんです。
    下手は下手でも呆れられるほどじゃなくなりました。
    社会人ならマラソンは不要です。
    銀ブラ3時間歩き通しできる体力があれば十分です。
    あるいは大地震の時に6時間あるいて帰宅できる体力。

    ユーザーID:7648690476

  • 確かに自己否定はしちゃいますね

    物凄く下手でしたが、幸いチッと言われたことは無く(ガラの悪い地域に住んでました)、マラソンも遅いけどドンビリでは無く、サッカーはしたことないから分からないけど、野球は変な振り方でヒット打てたし、ドッチボールは当たるのが痛いし、ボール取るのは怖いから逃げまくって、気が付いたらコートに最後一人で残ってました(苦笑)
    コマ無し自転車は、小学校1年から練習始めて、結局乗れたのは3年の終わり。
    車の免許はすぐ取れたけど、路上に出る勇気も自信も無く、ペーパーだし。
    子供の頃、人並みに出来たのは縄跳びくらい。
    結婚後、腕力がついて、ボーリングは人並みに100以上出せるようになりましたが。

    頑張っても全く人並みに出来ない、何をするのも下手で、情けなくて、悲しくて、自分を呪っていました。
    我が子達は夫に似て、運動神経は普通にあるようで、安心してます。

    主さん、勉強出来るなら良いじゃない。
    私なんて勉強も、中の上くらいで、特別出来る方ではありませんし。

    頭の良さで見返すことは出来ますよ。
    今話題のリケジョとかで。
    頑張って下さい。

    ユーザーID:1636737436

  • 全く同じ思いしました

    勉強ができる事は、おおっぴらに言うと嫌味になるのに
    運動ができることは逆なんですよね。

    中学時代、全員リレーの順番を決めるとき
    足の遅い私をどこに入れるかで体育委員が揉めてました。

    それを聞いている本人の惨めさったら。。。

    これは、運動音痴に生まれた人間にしかわからないですよね!
    努力だけではどうにもならないラインってあるんですよねぇ(悲)

    ユーザーID:0084130618

  • 背が高いのに…

    38歳主婦、私も運動苦手です。
    でも身長が173センチあるので、いつもなぜかスポーツ万能と勘違いされてしまいます(涙)
    とりあえずバレーボールには一度トライしたのですがセンスゼロで
    サーブは入らない、レシーブはミスするわ、で、チームメイトからは

    「…チッ」

    体育の授業でも思うように出来ない私に
    「背が高いのに〜」と先生から何度呆れられたことか。

    あ、ごめんなさい、身長ネタばかりですね(笑)


    特に子供の頃は、スポーツ万能な子って人気がありましたよね。

    ユーザーID:9323121628

  • わかります

    私も運動は苦手で、部活なども文化部ばかりでした。
    高校生の時、校舎の窓から、スポーツに汗をかく運動部の友人たちの姿を見ながら、自分は本当の青春を味わわずに終わるのかななんて思ったことを、今でもよく覚えています。

    私の高校は進学校だったせいか、高三の体育の時間は好きなことをしていいといういい加減な学校でした。
    それをいいことに一年間、比較的好きだったバレーボールばかりやっていたら、それだけはかなりうまくなりました。
    運動から逃げずに、もっと早くから頑張ってみれば良かったのかなと思ったりもします。

    実は私は試験度胸がものすごく良くて、本番には普段以上の力が出るタイプです。
    運動神経がよければ、オリンピックなどで好成績をあげられたかもです。

    でも、そんなのんきなことが言えるのも60近くになったからで、若い時は本当に辛かったですね。

    ユーザーID:3525216881

  • うーん

    それは、トピ主さんが運動が苦手でそう思うだけでしょ。
    美術が苦手な子で、スケッチを笑われている子がいました。
    漢字が書けなくて、せせら笑われた子だっています。

    自分が苦手な事で笑われたらそれを痛烈に覚えている訳です。
    私は、算数が苦手で点数も悪かったですが、
    クラスで勉強が出来る子数人が、私の点を盗み見て、
    あとで曝し者にした事を忘れちゃいません。
    なんじゃ、成績は良くてもあの性格の悪い奴らは。
    うん、覚えていますとも。

    そう言う子に当たったって事です。
    私も好き好んで点数が悪かった訳ないし。

    そう言うのをコンプレックス、と言います。

    ユーザーID:0330739722

  • 遺伝だから仕方ない

    私も極度の運動音痴で、小中学校時代は悲しい思い出しかありません。
    努力しても逆上がりできず、跳び箱飛べず、走れば必ずビリ。
    球技大会はクラスで一人だけ選ばれる補欠。
    運動会の全員リレーはトップでバトンを引き継いでも
    私の番でビリになるので恐怖でした。

    ビリになりたくなくても、これが実力でしょうがないんです。
    父が運動神経が鈍くて、丸々遺伝してしまったので。
    そして、残念なことに息子に遺伝してしまいました。
    でも、昭和の時代と違って今はそんなに目立たないから
    まだマシです。

    ユーザーID:4096298824

  • 昔はイヤだったなぁ

    私も運動音痴です。
    運動会のリレーでは足を引っ張って非難されるし…涙
    チームプレイのバスケやドッヂボールは笑い者でした。
    好きでどんくさいわけではないのですよね。
    ポートボールは、運動神経が鈍いからと、台に乗るように言われたけど、
    けっきょく恐くてボールが取れないし。
    ソフトボールでは、打つのは苦労しないのに足が遅くてアウト。。。
    毎回、運動会が雨でつぶれてほしい・・・あんなにイヤなものはありませんでした。

    でも、体力測定だけは自信がありました。
    斜め懸垂とか、立位体前屈、伏せ状態反らし、反復横跳びなどなど。
    これはずば抜けていたのですが、個人の体力だし地味なので認められることは全くありませんでしたね。
    球技は卓球やテニスみたいに個人プレーはなぜか出来るんです。
    運痴のくせに、ダイビングの認定も取りました。
    自分に合ったものは何かしら見つかりますね。

    そうそうそう、勉強や芸術科目は地味なんですよね。
    私もこっちのほうが好きです。
    でも、誰にも迷惑を掛けないけど、チームに貢献もできない。

    今は運痴を堂々と公言しています。
    年と共に図々しくなりました。

    ユーザーID:5722133302

  • どーしても受けたくないときは

    仮病で体育の時間を休むか、一日休んでたなぁ。

    チームプレーやチーム性の球技はもちろん、ウォーミングアップで二人組でやるのさえ、組んだ相手(スポーツ万能、気が強い子で、背の順でも名前順でも前後になる確率がかなり高い)に舌打ちは当たり前なので、苦痛でした。
    個人プレーで済む陸上は、恥を晒しながらも、気楽にできたので、まぁなんとか休まずに参加していましたが。

    かなり時間がかかりましたが、大人になって、どんくさいなりに、スポーツを楽しめるようになって、心から喜んでいます。

    ユーザーID:0135749747

  • 運動音痴でした

    運動音痴でしたが、勉強はできました。
    中学受験して、一流と言われる私立中学に入り、勉強もでき運動もできる人も
    たくさんいて落ちこぼれました。

    小学校のアルバムには、徒競走で接戦でビリ争いしている写真が載っていました。。。

    ユーザーID:7866774366

  • 私もです

    もうもう、すっっごいよく分かります。

    今でも体育のバレーボールの時の冷たい視線は思い出したくもない。いまだに女性と団体競技は苦手です。

    私も結構成績はいい方だったんですよね。
    その割に昔からものすごくコンプレックスが激しいんで、我ながらどうしてだろうって思ってて、昔は太ってたからかなとか思ってたんですけど、このトピを読んで「このせいだったのか〜」と気付きました。
    コンプレックスの原因が分かってなんかすっきりしました。ありがとうございます。」

    ユーザーID:6522951371

  • 分かります!!

    私もそのタイプだったのでよく分かります。
    運動自体が嫌いというより、体育の時間が苦痛だったという感じではないですか?
    ただでさえ嫌なのに、明らかに見下してくる人がけっこういるんですよね。
    チーム競技だとチームメイトに責められたり(そもそもチーム分けで最後まで余る)、個人競技でも露骨に笑ったり。
    委員長タイプの子に「○○ちゃん頑張れ〜!ファイト〜」とか言われるのもすごく嫌でした。
    当時の影響で、女子の球技の定番のバレーボール、バスケットボール、ドッヂボールは今でも大嫌いです。

    また私のいた小中学校は、勉強が出来なくても元気で運動好きな子=良い子、というような風潮があって余計辛かったです。
    私も勉強は出来るほう+音楽も美術も家庭科も大得意だったのに、運動が苦手だという一点でダメな子だと言われているような気がしていました。

    大人になって体育の時間と縁が切れて本当にうれしいです。
    スポーツジムで自分の好きなように汗を流したりするのは割と好きなんですけどね。
    今運動が苦手で悩んでいる子には「そんなの将来何の役にも立たないから大丈夫だよ(笑)他のことのほうがよっぽど大事!」って言ってあげたい!

    ユーザーID:5985960431

  • 集団で行うことで学ぶこともあるので。

    体育は集団スポーツをすることによって、協調性を養う意味もあるはず。
    だから、いろんなレベル(個性ともいうが)の人達と協力して、目的(ゴールをする、ポイントを得る等)の達成し、協調性を養っているんだと。
    もちろん体育の授業の中では、走る等の個々の競技もありますね。
    それは、他の科目の数学や英語の個人評価と近い感じかもしれませんね。

    >私がレシーブを失敗すると「チッ!」と舌打ちしたり悪態をついてくるクラスメイト女子もいました。

    こういう経験は数学や英語などではでいないものだと思います。
    もちろんトピ主にとっては辛い経験でしょうが、舌打ちした方もそこから何かを学ぶでしょう。
    学校とは学ぶところなので、それは仕方がないと捉えるしかないと思います。

    ユーザーID:0771867092

  • いやだったなあ

    体育の授業でよく「できない見本」にさせられていました。

    私一人が呼ばれてみんなの前でハードルを跳ばされたり、跳び箱を跳ばされたり。
    はじめはできなかったけれど、先生の指導と本人の頑張りによってできるようになる様子をみんなに見せたい、という教育的意図なんでしょうけど・・・

    みんなに最後拍手とかされるんですが・・・いらねえよ!そんなもん。
    これって本人にとっては公開処刑ですよ。

    鉄棒の授業でも指名されたのですが、意外と鉄棒は得意だったのでくるくると軽く回ってみせたら、先生に当てが外れたような表情をされたのが30過ぎても忘れられません。

    大人になってからも人前で体を動かすことが恥ずかしくてなりません。運動音痴を必要以上に自覚させられているせいでしょうか。

    ユーザーID:5812604294

  • 私もかなりの苦労をしました…。

    私も運動神経というものが全くないまま、義務教育を受けました。
    ジャイアンみたいに、「勉強はできなくてもスポーツができる」という子が、いつも大きな顔をして上に立ち、体育以外の成績が良くても関係ない…。

    もう、体育の授業は拷問でしたね。個人競技では「こんなこともできないの?」とバカにされ、団体競技では、ジャイアンがのび太に「お前のせいで負けたんだ!」と言うように責められ、運動音痴なだけで見下され、仲間はずれにされたり、ひどい学校生活を送りました。

    でも、中学3年で進路先が決まってくると、ちょっと上下関係が変わってきました。

    高校は一応、進学校だったので、体育ができても「ふーん。」ってだけで、代わりに勉強ができる子が一目置かれました。おおっぴらではないですが、成績の順位も知らされ、誰がお勉強できるか、ほとんどみんな分かってたし。もう、バカにされることが無くて、本当に楽しい高校生活を送りましたよ。

    ユーザーID:1686798502

  • 運動神経が悪くて嫌われてました

    本当、悲しいですよね。
    走るのも球技も体操も何もかも悪目立ちしていました。
    リレーや球技のチーム決めの時は、いつも私が最後まで残り、私が入らなければならなくなったチームのメンバーにはブツブツ文句言われ、本当に傷つきました。
    頑張ってやっているのに本当に出来ないんです!

    でも、我が娘は私に似なかったようです。
    逆上がりも幼稚園で一番に出来るようになり、自転車の補助輪も外した日に乗れるようになりました。
    人並みに出来ることがどんなに幸せなことか…親として一安心しています。
    まだ先はわからないですけどね。

    ユーザーID:6569661553

  • トピ主です

    みなさんありがとうございます。共感していただける方がたくさんいて嬉しいです。
    みなさんのレスを読んでいると、すっかり忘れていた当時の記憶があれこれ思い出されました。

    そうそう、勉強できないけどスポーツはできる子に意地悪されたな…。
    体育の授業のある日は、朝から動悸が止まらなかったな…。
    体育の先生に嫌われて、酷い成績をつけられたっけ…。

    そう思うと、大人になった今はとても幸せです。
    得意分野の仕事で勝負できて、意地悪な人もいない。
    子供時代に培われた自己評価の低さを克服できたのは、仕事をしてからです。時間がかかりました。

    体育の授業、何とかならないものですかね・・・。

    ユーザーID:5428332878

  • 体育はスポーツではないから

    ボールはよく顔にあたりました。
    動体視力が無いので、目が閉じられず、目を痛めたこともあります。幸い、大事には至りませんでした。

    体育とは、「いやなことを我慢する」教育なのでしょう。

    30歳を過ぎてはじめた長距離系競技で、表彰台に立てるようになりました。
    好きでできるスポーツは、とても素晴らしいです。

    ユーザーID:3794329996

  • 私は良かったと思っています。運動音痴で恥かいたこと

    高校時代、バスケをすればみんなに大笑いされ、バレーはボールが届かないということで私だけ真ん中からバレーボールを投げることを許され、中1では50Mが12秒台。
    中3の体育大会では、リレーで脚を引っ掛けられひざをすりむいてビリに。クラスメイトから散々お前のせいで優勝逃しただのなんだの罵倒され。
    短大でも体育の授業は必死。でもとある体育の授業で単位を落としまた同じ授業を受ける羽目に。あまりに運動音痴すぎて課題をこなせずで。
    でも、私は恥かいて良かったと思っています。自分のことをはっきり分かることができたので、社会に出ても自分のことを冷静に見れたから。

    ユーザーID:0761250450

  • 練習次第

    中学までは運動が下手で、マラソンや運動会の競走はビリかそれに近い順位でした。
    だからそういう行事が近づくと憂鬱でした。

    大学に入って体育系の部活に入って練習したら持久力が付きました。
    社会人になった後も練習やトレーニングを継続し、国体や全日本にも何度か行きました。
    たぶん、卒業後何もしていない中学のスポーツ万能だったクラスメイトより、運動能力は高くなったと思います。

    自分の経験から言えることは、運動音痴は存在しないと言うこと。みなさん運動の潜在能力は備えているんですよ。
    練習すれば誰でも運動能力を高めることが出来ます。
    スポーツが得意な子は、運動神経が良いのではなく、見た「(上手人の)成功イメージ」の通りに自分の身体を動かす「観察する・まねる」能力が平均値よりちょっといいだけです。平均値より低い人でも練習やトレーニングによって「得意な人」になることが出来ます。


    あ、泳げないのは今も変わってません。

    ユーザーID:8392624509

  • そのとおり、勉強は裏切らない

     経験されたように人生は上がったり下がったりです。しかし今、満足感・充実感あるならそれでいいと思うのですが、自分が優位に経つと今更、体育の授業でコケにされた10年以上前のことを根に持ってネチネチと、ネットで同意者を募って満足ですか?

     別のトピで運動会の不公平さを嘆いている人が居ましたけど、学校で体育や運動会、部活が無くなればいいと、まあ当事者の時は思うこともあるかもしれないが、卒業して遥か経ってもまだ、グダグダ言いますかね。それを楽しみにしている連中も居る、という他人への共感・想像を欠けた状態はあまり美しいといは言えないですよ。

     今は仕事に満足しておられるようでまったく慶賀の至りですが、将来結婚して子を成した時、その子が運動神経恵まれるといいですね。。もし恵まれなくてもトピ主さんの人生経験が生きるでしょう。かように人間万事塞翁が馬です。教育現場や文科省の役人なら別ですが、今更学校の体育の授業の有無・是非を考えたって意味ない。前向きましょう。

    ユーザーID:6275436896

  • POSさんへ

    > 経験されたように人生は上がったり下がったりです。
    > しかし今、満足感・充実感あるならそれでいいと思うのですが、
    > 自分が優位に経つと今更、体育の授業でコケにされた10年以上前のことを
    > 根に持ってネチネチと、ネットで同意者を募って満足ですか?

    過去をふと振り返ることもダメですか?人は前ばかり見なければいけないですか?

    昔の体育の授業ことを四六時中ねちねち考えているわけではなく、ふと思い出して、ふと投稿してみた。それだけのことです。
    掲示板には、深刻な悩みもあれば軽い愚痴も書かれています。私は後者のほうなので、説教は求めていませんし、言われなくても十分わかっています。

    「優位に立つと根に持ってネチネチ…」のくだりも理解できません。
    現在の自分の立場がどうであろうと、過去の痛みはそのまま存在しています。忘れ去ることはできません。
    ただその辛い過去を克服できるかどうかは、今の幸福度合いによるということです。

    ユーザーID:5428332878

  • わかります

    体育が大嫌いでした。
    逆上がりは必死で練習したけどできませんでした。
    走るのも遅かった。

    絵や習字は下手でも時間をかけて丁寧に描けば、評価される。
    勉強は、勉強すれば、ある程度の点がとれる。

    運動神経だけは、努力じゃどうにもならない。

    私は教科の中から体育を無くせばいいと思ってます。
    体育の成績が進学に影響あるのが許せません。

    一生懸命に頑張る姿はすがすがしいはずですが、
    体育だけは、一生懸命にやってできないと、無様。
    涼しい顔で早く走り、高く飛ぶ子は、ヒーローです。

    どうにもならない格差。

    私にとって体育は無力感を植え付けてくれた以外の何物でもありません。

    ※私個人の感想です。

    ユーザーID:6428171383

  • 努力、ってどの程度の?

    本番だけ頑張ってみたところでどうにもなりはしませんよ?

    運動神経が良いとされている人は、運動神経が鈍いとされている人より普段の何倍も体を動かしています。

    小学生ならスポーツ系の習い事はしているし、休み時間は校庭を駆け回って過ごしています。中学生なら運動部に所属ですね。

    努力っていったって、運動部のアップ程度のことすら毎日なんてしていないでしょ?
    あ、アップって分かります?柔軟から始まり、腹筋や背筋、腕立て伏せなどを行い、ジャンプをしたり、短距離を数本走り込んだりすることです。

    勉強は日々の努力がものを言いますよね?授業で学ぶだけじゃなくて、家で復習したり、塾にいったりするでしょう?家で勉強を一切しないでテストで良い点なんか取れっこないですよね?

    運動だって同じですよ。運動神経、身体能力は日々の努力から得られるものなんです。体育の成績がいい人は、体を動かすということをしています。

    運動音痴だったことを嘆くのではなく、運動音痴であるが故にそこまで悔しい思いをしたのなら、運動音痴を本気で克服しようと実行しなかたことを嘆いてもらいたいですね。

    ユーザーID:0833649051

レス求!トピ一覧