結婚を考えていた人に奨学金があった

レス184
(トピ主11
お気に入り449

恋愛・結婚・離婚

白ネコ

レス

レス数184

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
121150 / 184
次へ 最後尾へ
  • トピ主です

    彼の年収が、額面500万位だとして、手取り450万位なら
    私が限界だと思う支出内訳です。
    私がフルタイムのパートで、時給1000円で月22日くらい。

    【夫婦共働きの時】 彼450万、私200万
    お互いに手取り年収の
    5割を生活費とする・・・225万、100万
    (家賃・光熱費・食費・娯楽費・養育費・医療費など生活費すべて含む)
    3割を貯金とする・・・135万、60万
    2割を自分で管理する・・・90万、40万
    (会社・個人の交際費・昼食代・衣服費・私の美容費など)

    私がフルタイムで、額面、月20万位稼げた場合の話ですし
    実際は無理だと思います。貯金も4割はしたいです。

    私が出産などで働けない期間があった場合、貯金額やお互いの
    おこづかいも減ると思います。私はいらないとしても彼も1割とか。
    子供が大きくなれば、養育費が増えますし、今後に備えて貯金も
    必要です。

    でも今の彼は、1人暮らしなのに家賃と共益費だけでも、10万後半。
    光熱費とパソコンネット接続料を入れただけでも、20万近くになります。
    私が限界だと考える生活費を、家賃だけで使います。

    第3者を挟んで相談したいと思います。

    ユーザーID:4371617516

  • 横ですが、MKさま


    日本学生支援機構の大学院生向けの奨学金において、親の収入そのものは、審査の対象になっていません。
    学生本人と、もしいれば配偶者の所得が対象です。
    「父母等からの給付」も収入に含まれますが、仕送りですと金額が明確なものの、
    自宅生ですと、実際の金品を渡すのはお小遣いでしょうから、少なくなるものと思います。

    詳細は、同機構のWebページで確認できますので、ご興味があればごらんください。


    なお、本題については、同意いたします。

    ユーザーID:6803672267

  • 金銭感覚の違いは危険

    金銭感覚が違うと結婚生活は難しいですよ。

    お金は沸いて出てくるものではありません。
    一定の収入の中で
    支出が多ければ、
    貯金は出来ません。

    奨学金はとらえ方はいろいろですが
    借金と同じで、借入金です。

    返していくのは当たり前ですが
    借入金があるなら
    派手な生活は謹んで
    貯金に回すとか、思わないのでしょうかね。

    何か違うと感じたら、結婚はストップですよ。

    その金銭感覚の彼は今後変わりません。
    結婚後も、もっと使おうとしますよ。

    派手婚、派手な新婚旅行、派手な部屋、派手な服装・・・
    お金のかかることが好きな男性は要注意です。

    立ち止まって良く考えましょう。
    とぴ主さん違和感は正しい感覚です。
    お断りする勇気を持った方が良いと思います。

    相談所に支払ったお金は、勉強代と思えば良いのでは。

    ユーザーID:9187989597

  • 結婚前の悪い予感や不安は、高い確率で的中します。

    ・学歴と収入のバランスが悪い

    ・収入と支出のバランスが悪い

    ・自分本位で、自分の支出には甘く、相手の支出には厳しい

    ・双方の金銭感覚に大きな違いがある


    既に、危険信号が多数出ています。

    婚約者や周囲の意見よりも、トピ主様ご自身の感覚を重視すべきです。

    ユーザーID:5727984912

  • やめときなさい、問題は奨学金じゃない

    その相手は、如何に自分が格好よく見せられるかにしか興味がない
    人間です。だから「自己投資」には湯水のようにお金を使えるけど、
    第三者(つまり自分以外の人間)には極限までお金は使いたくないんです。
    うちの主人も格好つけしいなんで、自分に投資もバンバンしますけど、
    私のお金の使い方に文句は言わないし、自分が好き勝手しすぎると
    お金が残らないからって、私が管理しています。共働きなんで、あまり
    締め付けてはいませんけど。
    その彼は、自分は好きなように使うでしょうが、あなたが家庭に入ったら、
    勝手に自分が決めた生活費でやりくりすることを強制しそうです。
    そんな分不相応な見栄っ張り、やめた方がいいよ。うちの主人は外面が
    良いですが、さすがに借金背負ってでも見栄を張ろうとも思ってなかったし、
    奨学金は優先的に返してましたよ。

    ユーザーID:9332074532

  • 白紙撤回

    当方40代おじさんですが、この彼はお勧めしません。
    彼の要求ばかりでトピさんの希望は何が通るのでしょうか?
    結婚式や旅行・新居などは折半ですか?
    私は結婚式・披露宴無し、新居費用は全部負担しました。
    この彼は中身がないのに見栄はりくんですよ。
    仕事はやめないことですよ・・

    ユーザーID:0578694048

  • 見たことある

    女性の話だけど、同じような話聞いたことあるよ。

    普通の会社員だったのに、出費が凄く多そうだった人。
    いくら実家暮らしでも、あの生活はおかしくない?とみんな密かに思っていたのよ。

    もしかしたら実家がお金持ちなのかな?とか、
    ウワサになっていたけど、真相はリボ払いだったよ。

    毎月、定額支払えばいつか払い終わるし、結婚とかして収入が増えれば返済金を
    増やそうと考えてたみたいだけど、その前に限界がきたようで自己破産受けてた。

    その話を聞いたときは、本当に税金払うの辞めようかと思ったよ。

    今は制度も変わってきているみたいだけど、どれだけ買い物しても、毎月の
    支払い2万とかにできたみたい。

    本当に気を付けてね。
    収入の半分を住居に使っているようなら、本当に危険だよ。

    ユーザーID:1089489365

  • 奨学金も借金には変わりありません

    奨学金は普通の借金とは違うと書かれている方がありますが、そんなことはありません。
    利子の有無等、仕組みの違いはあれど借金は借金です。

    私の友人の女性は、入学直後にお父さんが整理解雇され学費の支払いが困難になり、まず有利子の奨学金を学部4年間借りました。
    その後、就職が上手くいかなかったせいか大学院に進み、博士課程まで残ったものの論文が出せず満期退学に。
    大学院でも奨学金を借りていたため、30過ぎで800万の返済額に膨れ上がり、しかも数年は就職浪人していました。
    いくら奨学金でも、800万という額はそう簡単に返済できるものではありません。
    毎月5万返済しても13年以上かかります。つまり下手をしたら40過ぎてもかなりの額を返済しているということです。
    彼女は36歳の時にまだ700万以上残る返済額を抱えたまま結婚しましたが、家のローンがあると厳しいから持ち家のある人を選んだと言っていました。

    女性は結婚して出産したら、どうしても無収入の時期が来ます。その時無計画な奨学金は家計を直撃します。
    ここで書き込みしている人は計画的に返済出来たようですが、そうでない人も世の中には沢山いるのです。

    ユーザーID:4667949995

  • 奨学金の問題ではないですね

    トピ主さんが懸念されてるとおり、
    問題は奨学金ではなく、彼の浪費癖(わざとこう書きます)です。

    結婚願望がなく、きままな独身生活を満喫するなら、
    彼の「収入の割に多い支出」は、そう問題ではありません。

    しかし結婚相談所に登録するほどの結婚願望がありながら、
    貯金にいそしむことかできない性格は、結婚には不向きです。
    一部の高所得者を除いて、結婚育児は経済的にも我慢の連続です。

    良い悪いではなく、「生活レベルを落とせない」という人はいます。
    彼と話すと、あなたが折れるばかりで、彼の要求が通るのも問題です。

    調べると、他にもいろいろ出てきそうな気がします。
    親への紹介はもう少し遅らせて、先に彼の身辺確認と、
    将来設計の疎通を図ることをお勧めします。今、大事な時ですよ。

    ユーザーID:4739609778

  • 学部時代から借りているので、親御さんもお金はないですよ

    大学院は親の収入要件はないかもしれませんが、この彼は学部時代から借りているので、親御さんも余裕はないはずです。少なくとも決して贅沢できる水準ではないですね。
    もしかしたら収入を上手に税務申告している可能性はありますが、それはそれで金銭感覚が合わないんじゃないでしょうか。

    私の狭い人間関係を振り返ると、子供時代に経済的に我慢した人の方が、自分で稼ぐようになると爆発する傾向があるように感じます。
    たぶん勉強はできたんで親からは出世頭みたいに褒めそやされて、自分でも感違ってしまうと言いましょうか。

    お金を持ち慣れていないので、消費への掛け方や貯め方のバランスも悪く、彼のケチっぷりからは、なんとなくそんな臭いを感じました。

    ユーザーID:1358148455

  • いくら奨学金でも

    ダラダラと38歳まで払ってる人はなかなかいないのでは?
    なるべく節約して返済をしようと思うのが普通の感覚だと思います。
    浪費癖もあるようだから、慰謝料を取られたとしても結婚は白紙にした方がいい。
    相手が慰謝料とか言い出したらちゃんと弁護士と相談した方がいいですよ。
    結婚相談所の人ではなくて。

    ユーザーID:8828839566

  • ビックリです。

    奨学金は借金でマイナス要素ですか。
    世の中も変わったもんです。

    借金と言えば借金でしょうが。

    つい一昔前なら「奨学金で大学へ行って偉いね」なんてもんでしたがね。

    ユーザーID:1264707535

  • 何故そこまで不安??

    調べてみたとか正直気持ち悪いです。

    本当に結婚したいと思ってる相手だったらまず直接本人に不安に思うことを伝えるでしょうし、それを知っても自分の心が揺らぐことはないと思いますし。

    そもそも金銭面で不安があったら自分の稼ぎでなんとかするとかいう発想がないからこうなるのでしょうね。

    お互いに支え合う気持ちがなかったら夫婦になっても辛いだけですよ。

    彼ではなくお金のありそうな方を見つけた方がいいのでは??

    ユーザーID:3056746536

  • 正直

    婚約前に別れた方がいいような気がしますが。
    それだけ豪遊しているのに奨学金を返済していない事が私なら許せないですね。

    副業の収入があるならとっくに奨学金の返済は終わっているでしょう。
    一括返済も無理という事は貯金もないのでは?
    それなのに式も新婚旅行も新居も良い物にしたいって呆れます。
    下手したら他にもローンがたくさんあるのではないでしょうか?

    今後の生活はどう考えているのでしょう?
    今まで通り趣味と旅行、洋服などにお金を掛けるつもりなのでしょうか?
    その辺の考えも聞いておいた方がいいですね。

    焦らず時間を掛けて、まずは婚約するかどうかを決めましょう。

    ユーザーID:4664852384

  • 奨学金は問題ではない

    私の知人に30代半ばで今も奨学金を返済している人は 結構います。
    理由は、それなりの職業に就いていて返済はいつでも可能。
    無利子なのだから急いで返済する必要がない。

    例えば、年収1000万円以上あり1000万円近い外車を現金で購入。
        年収1000万円前後 私立高校の教師。

    上記のような方で40歳でも返済している人もいます。
    なので奨学金の残金が問題だとは私は思いません。
    問題なのは、30代後半で年収500万円前後の結婚を考えている男性の
    贅沢すぎる生活です。
    30代後半で結婚を考えてお子さんも望んでいるのなら現時点で家を現金購入できる
    ほどの預貯金があるのかどうかです。
    主さんも働く予定でしょうけど 出産にはリスクが伴います。
    場合によっては、パートで働くことも難しい。
    収入が500万円前後なら しばらくは妻子を養うことは可能でしょう。
    ただ、今の贅沢過ぎる生活をそのまま続けるなら難しいですよ。
    身の丈にあった生活のできない人との結婚は避けた方がいいでしょう。
    子供が生まれれば金銭的な忍耐の連続です。

    ユーザーID:0468694047

  • 自分を信じて

    もうやめるんでしょ、いいじゃない。
    四の五の言うより、奨学金は借金と同じです!と、頑として譲らなければ自然と破談になるでしょう。

    ちなみに某会社、某試験を受けて入職した人達ですが、30代では本社ではまだ主任で年収500万程度です。
    お金の遣い道もシビアな人が多いです。
    超巨大組織で定年まで辞めずに居たら共済年金もあるし、
    転勤しても一等地の社宅など福利厚生も手厚く、
    普通のサラリーマンよりずっと安泰な暮らしなんですけどね。
    散々批判した挙句、紹介所の人に上記のように諭されて
    彼を信じることにしましたなんて言われたらビックリしちゃいますけどね。

    ユーザーID:1504482155

  • そりゃあ世の中変わりますよ

    現代は、借金してでも大学出れば、出世が約束されていた時代ではありません。
    ローリスク、ハイリターンの時代から、中リスク、ローリターンの時代に変わったと思います。こんな投資は借金でするべきではありません。
    正社員でも今の若い人たちの給与は今後もあまり上昇が期待できません。
    現に院卒38歳の彼の年収は500万足らず。
    これでは高卒男子の給与と変わらないと思います。生涯賃金がほとんど同じなら、教育費(経費)分の損になります。
    住宅ローン組むときにも、奨学金の残債があればもちろん考慮されます。当たり前です。借金は借金ですから。
    リターンの多寡には運不運もあるので必ずしも彼が悪いんじゃないですけど、卒業後のお金の使い方は理解不能。
    投資倒れだったのに、なぜ財務健全化しようとしない、このような彼のやり方は安易な借金と言うのでは?

    ユーザーID:3465001790

  • 慰謝料はむしろ請求できるのでは?

    主さんが彼に対して、返済中の借り入れなど、いわば婚約に不利なことをかくしていたわけではないですよね?
    だったら
    婚約破棄の慰謝料は請求できこそすれ、逆はないのでは。
    主さんに信用失墜行為があったならべつですが。。そういうことはないようですから。

    ユーザーID:1531870782

  • 理沙さんに一票!

    いつまでも彼の不審な点をクドクドと書き連ねているけど、男女の情が感じられず、ビジネスの契約前みたいですね。

    そんな中に彼の子を産んだ場合の計画が入っていることに、違和感です。

    本当に彼の子を産む気があるの?こんなに不審な相手なのに?

    ユーザーID:3805866569

  • 博士課程まで行くと奨学金利用者はもっと増えます

    ちなみに大学院も博士課程だと、四大の最低修業年限でも27歳、六年制なら28歳です。そうなると同じ院でも修士と異なり、両親が退職するケースもあります。よって博士学生だと奨学金受領のケースが相当増えます。

    自分も親に負担をかけたくなかったので、3年間借用しました。

    理系大学院は時間無制限な研究室態勢が多く、就寝に帰宅する以外は大学に居座るような感覚さえあります。文系出身者には想像すら付かないようですね。アルバイトができないことも全然信じてもらえないとか、世界の違いを見せつけられます。

    私の場合、そんな理由もあって同業者と結婚したのですが、見合いの席ではしばしば主さんのようなケースに当たったことがあります。そういった場合は結局「価値観の相違」とかで片付けられてしまったものです。

    37歳で500万円…、私もそのぐらいでした。

    “みなし労働”の職場は想像がつかないでしょうか? 本当なら「そういった職業もある」という見聞を拡げられた方が、主さんのためになったのでしょうけれども…、もう結論は出ていそうですね。

    まぁ、それもこれも“縁”でしょう。次の出会いに期待しましょう。

    ユーザーID:7864282373

  • 収入の割に支出が多い、の部分について。

    支出過多の部分は心がけの問題ではないでしょうか。

    結婚と同時に、支出を必要なものに抑えられる人もいます。もちろん一定額の預貯金も開始して、です。

    婚前の財産は、そもそもめいめいに帰属するものですから、期待すること自体おかしいですし。私の妻のように、共同で何かをするときのためには惜しまずに貯金を差し出してくれるような人もいます(かなり少数派のようですが)。

    そういった将来設計を全く見据えないで、今の価値観話だけですりあわせ…、まぁ、それも1つの交際のあり方でしょうけれども、私が主さんの話を伺っている限りでは「主さん=カネの猛者」みたいな感じがして、あまり良い印象がありません。

    主さんみたいな方だと、私にも縁がなさそう…。

    もっとも私などイケメンでも何でもないので「ごめんなさい、お断りします」なんて言われる口ですが。

    ユーザーID:7864282373

  • トピ主です

    この土日に、彼と話し合ってきました。

    結果は、金銭感覚が異なっていることをお互いに納得したような形です。
    まだ、分かれてはいませんが、お互いの親へのあいさつは
    先延ばしにすることになりました。

    お互いが希望する結婚生活はずいぶんと異なっているようです。
    結婚相談所で出会った時は、凄く話が合うと思っていたのですが
    金銭感覚は別だったようです。

    なんだかこちらのトピでは愚痴ばかり書いているような気がしますが
    彼の事は本当に好きでした。
    初めて彼の家に行ったとき、「えっ、ここ家賃高くない?」と思うまでは
    特に疑問に感じていませんでした。

    私が、1人3000円くらいのお店に行こうとした時に、「高すぎない?」
    と言われたことも、節約家なのだと思っていました。
    私も地味で、ちまちま貯金するような生活なので、その金銭感覚が
    嬉しく思っていました。

    彼はスーツ、ワイシャツ、ネクタイ、ベルト、カバン、全て同じ世界的に
    有名なブランドで統一しています。時計も世界的に有名な時計ブランドです。
    ・・・いつもスーツの上着を脱がなかったので、気づきませんでしたし。

    私に見る目が無かったのでしょうね。

    ユーザーID:7884889961

  • トピ主です

    今回の話し合いは、結局すれ違いに終わりました。
    お互いに望んでいる物が違うようです。

    私の希望
    ・結婚式、新婚旅行は彼の望むものでいいし、料金が高くなっても支払いは半分ずつでいい。
    ・貯金が少なくなってもいいから、奨学金はできれば結婚までに払い終わってほしい。
     無理な場合は、残金を教えてほしい。一緒に考えたい。
    ・すぐに子供ができるか分からないし、できないかもしれないので、子供ができるまでは
     仕事を続たい。仕事を続けるのなら彼の職場近くの住居は、通勤が片道2時間になるので
     お互いの職場の間くらいに住みたい。家賃もかなり安くなるし、貯金に回したい。
    などです。

    それに対する彼の希望は
    ・奨学金を結婚前に全額支払うのは難しい。
     大まかな残金を聞きましたが、まだ10年ほどかかりそうです。
    ・新居は譲りたくない。今住んでいる地域が好きなので、近場に住みたい。
    ・引っ越し先の地域で、新しい正社員の仕事を探せばいい。
    ・子供は2人欲しいので、ゆっくりしたくない。
    ・通勤時間が1時間もかかるのは希望しない。

    などです。

    ユーザーID:7884889961

  • トピ主です

    これが最後の投稿になります。
    本当に多くの方にレスいただきまして、感謝しております。

    彼との話し合いの時に、結婚式の費用になった時、私は
    「ご祝儀を入れても、だいたい400万位赤字かな」と答えました。
    まだ相談にも言っていませんし、見積もりも出していませんが、普通よりも
    高めの結婚式・新婚旅行、新居の敷金・礼金、引っ越し代、家具の購入代
    家賃2か月分くらいを、かなりおおざっぱに出したものです。

    彼は、『その金額だったら、「ローンかなー」と』答えました。
    奨学金以外はローンは無いようでしたが、貯金も200万以内なのだと思います。

    なんていうか、その時に、分かり合えないくらいの金銭感覚を感じました。
    彼も金銭感覚の違いを感じているようでした。

    私の書き込みは、これが最後になりますが、私は奨学金をもらうことが
    悪い事というつもりはありません。
    また、金銭感覚も人によって違う物なので、何が正しくて、何が悪いかとは
    いうつもりはありません。
    たが、私たちが合わなかっただけだと思います。

    彼とはどうなるか分かりませんが、また色々と頑張りたいと思います。

    皆様、ありがとうございました。

    ユーザーID:4371617516

  • 私は無理です

    厳しいご意見も多いですね。
    私はトピさんと年齢も近く、婚活経験者だし金銭感覚も近いのか、
    凄く納得できますよ。

    私と夫はともに30歳、結婚相談所ほど固くはありませんが婚活で出会い
    結婚し、今結婚後半年ほどです。

    私たち夫婦は結婚式していません。
    新婚ですが、古くて狭いところに住んでいます。
    日本が貧乏になってから育ったので、貧乏に慣れています。
    裕福な生活は期待していません。
    でも、トピさんの彼より貯金額は多いです。
    友達も、そんな感じです。

    私たちは、年金には期待していないし、出ても家賃も支払えないくらいだと
    思っているので、働けるまで働いて自分たちの生活費を稼ぎつつ、子供の養育費を作り
    老後の貯金も少しは貯めて、田舎でいいから住居を購入したいと思っています。

    正直、独身時代の貯金額はすごく大事だと思います。奨学金があっても
    貯金無しでもお互いの事を信じていれば何とかなるというのは、年々年収が
    上がった時代か、20代前半くらいの夫婦のやることだと思います。

    トピさんの彼は、バブル時代の贅沢が忘れられないんじゃ無いんでしょうか?
    30後半くらいだと贅沢を知っています。

    ユーザーID:0247628154

  • 元々縁がない組合せ、なだけかも。

    給付型奨学金が極めて少ない本邦では、大学院修士以降の進学では奨学金利用を検討するものですが、そういった進学を学歴のためにする人は実は少数派で、大半は「道を究めたいがため」に進学するケースでは?と私は考えます。

    大学院への進学者数は、大学学部に比べて就職やオーバードクター等の問題があり、なおかつ人数が少ないので、少数派が発言したところで、多数派が「借金だ」と声高に叫べばそれもかき消されます。

    しかし事情を知る側からすれば奨学金利用は当たり前なので、理解もある道理です。つまり事情に疎い人は、単に「借金」にしか思えないのですし、当人の考え方やポリシーを理解しようともしない訳ですから

    「元々縁がない組合せだった」

    としか言いようがないでしょう。

    但し考えようによっては、本トピのような発言により「高学歴にはこういう“リスク”がつきもの」といった事情が知れ渡る事も悪くないかも知れません。

    なぜなら、この様な事情が知れわたれば、学歴の離れている者同士で結婚を考える機会がなくなるor減少し、結婚前後で「大借金」の実情を嘆く必要がなくなるからです。

    そういう意味では本トピは良トピでしょう。

    ユーザーID:7864282373

  • 奨学金が問題でなく

    彼の見栄っ張りな金銭感覚が、問題だと思います

    38歳で貯金200万以下なのに、子供は2人
    結婚式その他で掛かるお金はローンを考える
    トピ主さんに仕事を辞めてもらうのに、すぐ子供は欲しいのに引っ越し先で正社員を考えれば良いって・・・

    生活が破たんするのが目に見えます

    ユーザーID:9587160210

  • 掲示板上ではまともな奨学金利用者が少ないから

    こうした相談があるのも無理はないと思います。

    少なくともこうした掲示板に出てくる奨学金関係のものは、得てして一緒に暮らしている相手に依存しているとか、
    結婚相手に実質的な返済を期待している事が透けて見えるような内容のものが目立ちます。

    あるいはそうした奨学金利用者に対する批判に耐えられずに、相談主旨に直接関係もなさそうな理系の世界を延々と語り、
    挙句には「奨学金利用者の私のために、自らの貯金を差し出してくれるような人もいる」など、見当違いにも程があるような
    飛躍した恨み節を出す人まで出てくる始末です。

    こうした傾向を見る毎に、結婚相手に不安を与えないようなきっちりとした返済を続けている利用者達までが誤解を受けるような
    状況になるのだと思い知らされます。

    自分の好き好きでどんな学問をしてもいいのですが、返済能力に不安を感じる相手に金を貸す銀行がない事に象徴されるような
    「一般社会の当たり前の決まりごと」というものを、今からでもお勉強する必要が自称理系の方々には必要かと思います。

    ユーザーID:6609055817

  • 話し合って彼の本性が出ましたね

    結婚費用が足りなければ、安易にローンとは、ひどいですね。
    今でさえ奨学金もたぶんまだ300万とか(もっと?)残っているのに。

    また、仕事、子供などの考え方も、かなりずれていると思います。
    ずれているし、男性側の認識がかなり甘いと思います。

    結婚相談所?の紹介かなにかだったと思うので、その辺でちょっと
    ややこしいのかもしれませんが、この彼はやめて正解だと思います。

    ユーザーID:2453351987

  • 大洋燕さん、主さんはあなたを否定してないよ

    大洋燕さんは、返済すべきお金が沢山ある状態でも、全身ブランド物で揃えますか?
    家賃の高い地域に住んで、貯金が増えない状態でも平気ですか?奥さんになる人に、「子供はすぐ産んで。でも、働いて。今の仕事はやめて。家賃高くてもこっちに引っ越してきて。それで、別の会社で正社員になって。」って言えますか?
    言えないでしょう。。?
    トピ主さんの相手は、それを出来る、言える人なんです。だから、主さんは困ってしまって、相談してるんです。奨学金を悪く言ってるわけでも、お金を借りて勉強する人を否定してるわけでもないんです。そこは理解してあげて欲しいです。

    ユーザーID:1158472952

先頭へ 前へ
121150 / 184
次へ 最後尾へ
レス求!トピ一覧