現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

結婚を考えていた人に奨学金があった

白ネコ
2014年5月29日 20:16

ご相談したいことがあります。

半年ほど交際し、最近になって結婚の話が出始めた人に奨学金が
残っていることが判明しました。

彼、37歳、私、31歳です。

今まで、年収や貯金額などは聞いたことが無かったのですが
生活の支出などは、だいだい聞いていました。

確かに、教育費関係3万とは言っていましたが、習い事だと思っていました。
ジムに通っていますし、以前は英会話を習っていると言っていたので。
実際は習い事は1万ほどで、毎月、奨学金の返済が2万あるそうです。

私は奨学金を借りていませんし、友人などからも聞いたことが無いので
額が想像がつかないです。
本人に軽く聞いたのですが、自分で返済できるから問題無いよと答えて
くれませんでした。

奨学金って37歳(今年38歳)になっても、返済できないものなのでしょうか?
調べてみたのですが、借りられる額や返済方法も、色々とあるらしく
親の収入によっても額は、変わってくるようですし。
もしかして、ものすごく高額を借りているのでは無いのかと。。。

だいたいの目安で良いので、少しアドバイスいただけないでしょうか?

・大学・大学院で6年借りている
・私立の理系、建築系
・大学・大学院とも都内で一人暮らしだった
・勉学に忙しく、アルバイトの余裕は無かった?
・夏休みは、日本や世界の色々な建築を色々と見たらしく、夏休みもアルバイトしていない?
・自営業の父親と専業主婦の母親の家庭
・毎月2万くらいの固定制
・たぶん無利子

このくらいしか、私が分かっていることは無いのですが、だいたいどのくらい
借りて、後どれくらい残っているか、目安がつく人はいますでしょうか?

ユーザーID:7884889961  


お気に入り登録数:449
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいレス順
レス数:184本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
奨学金容認派の大半がおかしくない???
トマト
2014年6月23日 5:50

学費を親に出してもらう=親のすねをかじる
学費を奨学金で賄う=自立していて偉い

というのではあれば、それこそ結婚前に完済して下さいよ。
親のすねをかじるのはNGなのに配偶者のすねはかじることになってもいいと?
配偶者の親が学費を出した場合、それがあるからこそ夫婦経済的に潤っているはず。
間接的に配偶者の親のすねをかじるっていることになりませんか?
自立だすねだ吐かすなら、配偶者にも「私が奨学金を支払っている分、あなたも月々ご両親に学費を出して貰った分をお返しして」とか言って結婚して下さいよ。
そんな立派な方は滅多に聞きませんがね。
借金するものの言い訳を聞いていると絶対にお付き合いしたくないさせたくないと思います。
もちろん結婚前に奨学金を完済するようにいう親御さんで、思うご本人はもちろん別です。
奨学金が悪だとは思わないし必要な人もいると思う。
でも、自立だ云々借金をしている自己を正当化している人は最低だよ。

ユーザーID:5295137353
トピ主です
白ネコ(トピ主)
2014年6月22日 22:43

私は彼の金銭感覚が理解できないし、彼も私の不安が理解できない。

交際はお互いに好意を持っていたので、問題が起こらなかったけど
結婚は人生を共にするので、金銭感覚が合わないのは無理だと
何度も説明しているのですが、分かってもらえないようです。

彼の貯金額は100万以下でした。
ボーナスは出るというのですが、夏休みはまた10日ほどヨーロッパに
旅行に行くようです。

彼が望む生活をすると、貯金ができない生活になる上、
出費(私・子供の生活費、子供の養育費、老後の貯金など)が増えるので
いくら私が働いても生活が成り立たないと思うと、泣いて説明しました。

私が現在、一人暮らしをしているような、築30年エレベーター無しのような
マンションに住み、結婚式をしなければ何とかなるとも言いましたが
それは受け入れてもらえないようです。

今まではお互いの話し合いを中心に行ってきましたが、お互いに納得できる
結果が出ないので、第3者の力を借りることになりそうです。
迷惑をかけたくなかったのに、親も巻き込むかもしれません。

金銭感覚(価値観)の違いって、本当に分かり合えないものですね。

ユーザーID:7884889961
トピ主です
白ネコ(トピ主)
2014年6月22日 22:30

トピ主です。
最後の書き込みと書いていながら、トピを締めておらず申し訳ありませんでした。

中々周りの人には相談できず、また少しだけ相談に乗ってください。
最後の書き込みの後、やはり私は彼の金銭感覚に不安を覚えると伝え
分かれたいと伝えました。
でも、彼は分かれ話を受けてくれませんでした。

私が不安に思っている金銭感覚についても、「なんとかなる、私は考えすぎ」だと
あまり真剣に受け止めてもらえないようです。

彼の同僚も、専業主婦の家庭が多いし、みんな何とかなっているというのですが
私は不安に思い、自分の不安を伝えているのですが、理解してもらえず
今日の話し合いでは、思わず泣いてしまいました。

別れ話を持ち出した時、「あなたの事は性格も合うし、話も合うけど
金銭感覚が違うので、結婚したら上手くいかないと思うので、別れたい」
というような表現をしたのが悪かったのか、
「お互いに好きなんだから結婚したらいい。お金の問題は何とかなる」
と本当に理解できないようです。

金銭感覚の違いの話は、日本語ができる宇宙人と話しているような錯覚を
覚えるほど分かり合えないようです。

ユーザーID:7884889961
結婚やめた方がいい
美伊
2014年6月21日 11:16

金銭感覚の違いもだけど、話し合いの内容の箇条書きを書いてみて気づかなかった?
彼は自分側は何一つ折れたり歩み寄ったりせず全てあなたに合わせろと要求したのよ?
そんな男と結婚したら結婚前と同じく彼は彼の世界観だけで生きていくよ?
何かあってもあなたに何とかしてもらう(譲歩・妥協など)ことしか考えないよ。
彼は自分大好きなナルシスト。すごくめんどくさいタイプ。
やめといた方がいいと思うけど。

ユーザーID:1496130526
たとえ年収300万円でも、堅実な方のほうがマシでは?
2014年6月21日 9:43

奨学金がたとえ投資でも、現時点で残債となっているのは確実でしょう。
費用対効果がどうであれ、37歳で年収500万円なのに、貯金が殆ど無いなら問題でしょう。

彼には、費用の発生に備えて貯金する、お金が無ければ無いなりに計画を立てる、という発想が無いのでしょう。 …トピ主さんが難色を示すのは無理もありません。

たとえ実家が貧しくなくても、実家暮らしを続けていても、コツコツお金を貯めて、32歳で1200万円になっているのは凄い事でしょう。そんな堅実な暮らしぶりからすれば、彼の生活に不安を感じるのは当然でしょう。

どんなに収入が多くても、派手な暮らしをしていれば、お金は全然貯まらないでしょう。逆に収入は少なくても、身の丈に合った生活をしていれば、お金は貯まって行くでしょう。

愛情云々仰る方もいらっしゃるようですが、結婚はゴールではない、新たな生活のスタートです。20代なら取り返しも付きますが、30代ならそうも行きません。破綻する恐れがあるなら、初めから結婚しないほうがマシです。相手にお金を無心されて貯金を全て失った上で、子供を抱えて離婚となったら最悪です。

ユーザーID:0390770039
彼に『借金』の負い目はありません
バランスシート
2014年6月20日 18:05

彼も奨学金は『投資』であると思っているのでしょう。
『投資であること』が『借金であること』を阻却しないのは、先に説明したとおりですが、彼はここが判らないタイプなのだと思います。

その投資によって、いくらの収益があがっているのか(高卒、大卒の場合との給与比較)を考えれば決して成功したとは言えません。
これが不動産投資であれば、賃料の上がらない不良資産を抱え込んでしまい返済が生活を圧迫している状態といえるでしょう。普通の人は、贅沢を謹んで返済を急ぐを思います。

ところが、こと奨学金のこととなると『教育』『向学心』というイメージだけで、投資の結果を見ようとしません。
『投資』であると言っただけで、収益が約束されているという錯覚さえしています。

もちろんお金で結果を見るだけが価値観ではありませんから、それなら最初から『投資』だなんて言わなければいいのです。
その場合は、学問という高邁なる無駄をしたと言えばいいだけです。借金で無駄をしたのだから、後始末はどうすべきかお分かりでしょう。

『投資』『浪費』どちらにしても、彼は後始末が下手なのです。それは『借金』の負い目がないからでしょう。

ユーザーID:9722672155
奨学金の是非が関係ないというのは、表向きの話では?
太平燕
2014年6月19日 21:57

奨学金の是非のことをトピ主さんは関係ない、と書かれてはいますが、それは表向きの話ではないでしょうか?

私は、主さんが裏では恨み辛みのような思いを抱えているように読みます。借りた事実は覆しようがないのに「返済が、返済が」と念仏のように繰り返している文章を読むと、そう感じられるのです。

それに自分で学生支援機構のホームページを調べるでもなく、返済の仕組みについて尋ねもしていません。私の感覚なら、無利子返済ですから給与の差額との認識しかありません。

彼氏にも借金としての負い目はあるでしょうから、私が彼氏側なら主さんの度重なる言質を耳にしていたら、確実に「嫌気」がさします。少なくともこの文章を目にしたら、先のことを再考するかもしれません。

ユーザーID:7864282373
誤認識、失礼しました。
太平燕
2014年6月19日 18:56

投資と借金は概念が違うとの事、説明で判ったつもりです(判ったというのはおこがましいので)。ただ、

>借金までしてする投資は、リスク(金利負担や仕事に結びつかない確率)とリターン(収入の増加)を想定してみて、利益率をどれだけ見込めるか考えるべきです。

に照らし合わせると、例えば大学院に行く場合、一定の業績を上げられ定職に就けるのであれば、結果(=サラリー)は学部卒より院修了の方が優りますので、仮にでも見通しが立つならば、奨学金を積極的に利用することは間違いだとは思いません。

それに旧い制度ですが「“教育に就く=給与が低い”ゆえの免除職」という理屈からも筋は通ります。

ただ全ての人に見通しが立つ訳ではありませんし、主さんのお相手に認識の甘さ、見通しのなさがあったのも確かでしょう。つまり「給与差額がある保証もなく安易に借用=借金認識なし」のケースと理解しました。

自分はよく「世間を判っていない」と親から諭されたものです。父はいわゆるサラリーマンを勤め上げ管理職にもなりましたし、母もごく昔は正職員として勤務していました。「世間云々」とは、こういう事も指すのかと改めて思った次第です。

ユーザーID:7864282373
今回はご縁がなかったかもしれませんね
eterna
2014年6月19日 13:49

いつまでも奨学金の是非についてのレスがついていますが、的外れでは。
主さんの悩みはあくまで「本人の経済観念と実際の収入のバランスが悪い」点ですよね?
収入なりに堅実な生活をしている男性には、こんな不安は抱いていないでしょう。

住む場所や有名ブランド時計へのこだわり、というのは
典型的な見栄っ張り体質だと思います。
もちろんずっと独身で良いならそういう生き方でもいいですが
子どもを持ちたいのなら、しっかり節約できる覚悟がなければ無理です。

ご自分が大学院まで出ているのなら、お子さんにも同じくらいの教育をと考えていると思いますが
いくら大学以降は奨学金に頼るとしても、それ以前の学費やら塾代で
カツカツを通り越して赤字になるかも。

男性は案外、そうした現実的なことについてきちんとシミュレートできない人が少なくないかも。
女性は未婚のうちから、子持ちの友人とかから色々細かい情報が入ってくる機会がありますけどね。


最初から苦労がわかっている結婚は、やめた方がいいです。
今ならまだお互いの傷も浅いうちに解消できますよ。もっといいご縁がありますように。

ユーザーID:4152234103
お断りかな
いち
2014年6月19日 13:25

資産家のお宅のご子息ご令嬢のお相手は、大抵、それなりの家柄。みんな、言わずしてしっかり選ぶところですよ。「好きなだけでは生活できない」なら誰もが同意するところ。育った環境が違いすぎるとうまく行きません。
奨学金になると過剰反応する方がいますが、大抵ご自身が受けているか、子供に受けさせているかの人ばかりですよね?でも、そうでなかった家庭の人間がそちら側の言い訳を聞いて、家族となるメリットは何一つ無いと思います。所得の低い人と結婚するよりは高い人と結婚した方が変なところでカリカリガツガツする必要もないのは事実。双方の実家がそれなりに裕福であった方がいいに決まっています。
悩むところがあるなら、恋愛結婚でもないのなら、あえて選ぶ意味がわかりません。
もう後がなく、お金を出してでも相手が欲しいということでもなければ。

ユーザーID:3315351632
そもそも 続き
匿名希望
2014年6月19日 2:04

トピさんに対して、相手が病気になったら。。。と書いている人がいますが
「辞める時も健やかなる時も。。。」というやつですね、40代って
色々と体の老化も始まり、病気が見つかる時期でもありますよ。

どんな事態があるか分からないのに、こんな特徴
貯金は無い (0万〜200万)
奨学金はある(250万位?)
家賃にはお金をかけたい
子供は二人欲しい
お金のかかることが大好き

・・・相手が病気にでもなったら、破産ですよ。
旦那の看病と、子供の面倒を一人で見ながら
家賃だけでも20万かかる生活費を稼ぎ、夫の奨学金と
ブライダルローンを返済するわけです。

普通に無理でしょう。

これは、結婚を辞めるのが良い相手です。
少なくとも私の金銭感覚ではそう思います。

ユーザーID:0247628154
そもそも
匿名希望
2014年6月19日 1:54

このトピは、奨学金が良いか悪いかのトピでは無いですよ。
金銭感覚の違いに対するトピだと思います。

トピ主表示されていない物も全部見ましたが、奨学金を借りていることへの
非難とか、彼の収入に関する不満は書いていないですし。

相談所で出会ったんだから、年収は最初から知っていたでしょうしね。
切り上げで、額面で500万ですよね。

自分から望んで、女性に仕事を辞めて自分の住んでいるところに引っ越して
来てほしいと希望しているのに、結婚式の費用も出せないのは40歳近くにも
なって、やっぱり悲しいですよ。
私も女ですが、この相手だったら無理だと思います。

特に家賃ですね。
1人暮らしでも年収の半分を家賃に回すのですよね。
建築系の業界の方だから、こだわりがあるのかもしれませんが
結婚生活を送るのには難しいと思います。

指摘している人はいなかったと思いますが、結局家賃の高い地域からの
引っ越しは譲れないという事は、結婚・出産と家族が増えれば、もっと
広い部屋に移り、家賃も上がるのだと思います。

2DKで20万なら、3DKで30万近いですよ。
自分の収入は全て家賃に回しそう・・・

ユーザーID:0247628154
収入と支出が拮抗して、預貯金のない37歳男性
ニャンと!
2014年6月18日 16:12

経済観念の相違は、結婚後、さらに問題化していくのは間違いありません。

特に、自分の金遣いには大甘な一方で、相手には厳しい対応をする配偶者と
うまくやっていくのは至難の業です。


結婚前の不安は、結婚後に現実のものとなるでしょう。

・常に、ローンを支払い続けて、老後の預貯金が皆無に近い

・子供の教育に十分な費用を捻出できない。
 (少なくとも、父親レベルの学歴は絶望的)

ユーザーID:5727984912
借金と投資は比較対象ではない
バランスシート
2014年6月17日 22:10

『借金』とは資金の調達方法です。
『投資』とは資金の使い方です。

奨学金が『投資』か『借金』かなんて、比較するのがおかしいのです。
返済必要な奨学金はまちがいなく『借金』ですが、『投資』なのかはたまた『浪費』なのかは言い切れません。

そして投資なら、なんでもかんでもいいわけではないですよ。
基本は余裕資金でやるものです。投信窓口に行けば、今回の投資金額が金融資産の何割に当たるか聞かれますよね。
もしも失敗した時に挽回不可能な投資はするべきではないということです。
借金までしてする投資は、リスク(金利負担や仕事に結びつかない確率)とリターン(収入の増加)を想定してみて、利益率をどれだけ見込めるか考えるべきです。
投資であるなら、投資の結果にはシビアであるし、それだけに投資対象の査定にはなおさらシビアであると思いますが、奨学金を投資だと言う人に限ってそういった厳しさが見られません。
トピの彼の場合、投資の収益で贅沢できるほどのリターンは得られていないようです。
結局、年齢にふさわしい貯金などができなくなっているのです。

ユーザーID:3672242081
トピ主さんの彼は「費用対効果が低すぎる」から問題なんです
ザルそば
2014年6月17日 19:50

奨学金の是非についての議論になっていますが…

住宅ローンや奨学金は借金とみなされない傾向がありますが、返さなければならないお金なのですから間違いなく借金です。
投資だって、信用取引をしている男性は普通敬遠されますよ。

トピ主さんの彼は投資で言えば負けていますよね。
37歳で年収500万は、ドクターまで行かなくても普通の文系学士で十分稼げる年収です。しかもあと10年は残るという借金。

離婚後の養育費だろうが、親への仕送りだろうが、住宅ローンだろうが、奨学金だろうが、名目は何でも同じです。
「向こう10年間、毎月毎月手取りの10%以上が自動的に消えていく」事実は変わりません。

その認識がなく、ブランド物や趣味にお金を掛ける男性とは家庭を築けないというトピ主さんの判断は極めて妥当で一般的で、強欲などとは程遠いものでしょう。

自分磨きと称してヨガやネイルにグルメにブランドもの、年収300万の派遣社員と結婚したいという男性ってそんなに多いでしょうか?

ちなみにアメリカではいま奨学金が若い世代の生活を圧迫する社会問題として大きく扱われていますよ。オバマ大統領の新法案、ご存じない?

ユーザーID:8089853627
Momoさん:“投資”に文句を言う人はあまりいないのに…。
太平燕
2014年6月16日 23:26

レスを下さったmomoさん、ありがとうございます。もちろんトピ主さんの意図は理解していますし、極端な例との認識もあります。

しかし奨学金=借金と断ずる感覚には疑問を覚えます。同じような言葉でも「投資」なら、文句を言う人はあまりいないのに…です。

奨学金は一種の投資ではないでしょうか。確かにリターンは保証されている訳ではありませんが、定職に就けば収入は確実に増えます(むろんオーバードクターのような問題がある事は知っています)。

同じ借金でも、投資ならばブランド品をまとってよくて、借金ならダメ、とするその線引きがよく判りません。

学歴(院修了)がなければ、得られなかったであろう収入を、学歴を持つことで得られたのならば、その差額を奨学金の返済に充てる程度で、なぜ、かくもとやかく言われなければならないのか、との気持ちがあります。

私は装飾品の著名ブランドに興味はありませんが、道具の一部は、自腹購入もします。例えばM社やN社、果てはスイスの○ontax製等ですが、その点女性がブランド嗜好な事と大差ありません。主さんの発言はそういった事への否定とも取れるので、私には相容れられないのです。

ユーザーID:7864282373
アメリカなら
シゾ
2014年6月16日 22:34

アメリカの大学生ならば、かなりの割合で奨学金を受け取っていますよ。勉強のためのお金だから恥ずべきものとは思えません。あなたの考え方の方がおかしいと思います。

ギャンブルの借金とは違いますよ。むしろ感心なことと思います。

ユーザーID:2515618394
奨学金って、
ゆき
2014年6月16日 21:19

そんなに、悪いイメージですか?
私は親が全部出してくれましたが、奨学金を受けてる人を見下しもしないし、特に「偉いなー」とも思いません
人それぞれだと思います

私のかつての雇い主は、35歳くらいまではコツコツ奨学金を返してましたよ
立派な方でした
私が辞める頃は、その方の所得は年間2000万くらいはありました(経理もやっていたので分かります)

30代の男性が奨学金の返済をしていることの、何がそんなに問題なのでしょうか?

ユーザーID:4505446301
借金体質…
2014年6月16日 8:29

昔々は、コツコツお金を貯めて、そのお金で欲しいものを手に入れたりするのが、普通だったようです。
それが、クレジットカードや自動契約機の普及などによって、欲しいものを先に手に入れて、後から少しずつ返済していくのが、今では当たり前のようになっています。

「ご利用は計画的に!」 なんて、聞こえはいいけど、少し前までは自己破産の手続きを、近頃では過払い金の回収を、弁護士事務所が積極的に手掛けているように、借金まみれで身を亡ぼしそうになっている人達が多いのが現状です。
そこまでは行かなくても、借金体質となった人達を変えるのは、とても難しいでしょう。

トピ主さんは先にお金を貯めるタイプ、彼は後から返済して行くタイプ、お互いなかなか合わないでしょうね。
私もどちらかというと前者なので、結婚式や披露宴のためにローンを組むなんて、正気の沙汰とは思えません。それに違和感を覚えない相手じゃないと、一緒にやって行けないでしょうね。

私も無理さんへ… あちらこちらに温水洗浄便座が設置されている国が、貧乏だなんてとても思えません。バブル時代より前の貧乏に比べたら、まだまだ裕福のようです。

ユーザーID:0390770039
彼偉いと思うけど携帯からの書き込み
日南子
2014年6月15日 23:28

奨学金借りるって、普通の借金とは違うでしょう。
勉強したい為の先行投資です。
それ程嫌なら、アナタと同じように親が全て出してくれて
何の苦労もなくヌクヌク育ったお坊ちゃんを探しなさいな。

ユーザーID:2782799766
 
現在位置は
です