嫁入りの際の着物一式について

レス79
(トピ主32
お気に入り244

美容・ファッション・ダイエット

dadaguzu

レス

レス数79

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ありがとうございます

    新米さま

    他の方からもご指摘がありましたが、
    このような質問はこちらには向かないようですね。
    ご意見ありがとうございました。

    侘助さま

    ご指導ありがとうございます。
    何度も繰り返し述べましたが、
    こちらでは色喪服と過度な御祝いへの対処方法を相談させていただきました。

    こちらでご意見いただくみなさんにたいして、当家に出入りの呉服屋は明らかに身内側ですので
    「呉服屋」とかきました。普段は◯◯さんと読んでいます。
    家の外では実の両親でも名前を呼び捨てて呼ぶ事になっておりますが
    当家のみでの仕来りかもしれません。
    ご指摘ありがとうございました。
    質問の内容については他の皆様からご意見をいただけたので、感謝しております。
    ご息女のご教育、花が咲くと良いですね。

    ユーザーID:8597641197

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • ありがとうございます

    すいさま
    祖母は関西出身なのですが、自宅で職業にさんをつける習慣がありませんでしたので存じ上げませんでした。
    「大工の◯◯さん」や「◯◯デパートの◯◯さん」などとお名前には「さん」を必ずつけますが、その他は初めて耳にしました。
    ご指導ありがとうございます。

    母の着物ですが、当時のお針子がハギレの出ないように仕立てたことと
    おさがりでも、母がほとんど着用していないものを直すので大丈夫だそうです。
    祖母の振袖を直す際には色々呉服屋も大変だったようですが、なんとかギリギリだせました
    祖母のその他の着物は難しいと言われました。


    古妻さま
    御祝いのお言葉、ありがとうございます。
    婚姻前に全ての道具を準備しないといけない事情がある事と、
    婚約者の御両親からも喪服の準備の指示がありましたので(洋装ですが)そのようにした次第です。

    ユーザーID:8597641197

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • これで最後にします

    >呉服店と呉服屋どちらが正しいのか

    世の中のアドバイスを欲しているというトピ主さんに、人生の先達の立場から忠告しているヤマブキさんの深いレスに対するあなたの返しを拝見した時に、
    このお嬢さんにはやはり私達の本意は通じないのかも…レスは無用の事であったかもしれないとの後悔にも似た気持ちを抱いていましたが、
    上の既述を目にした時、その後悔が間違いなかったと確信し、残念な気持ちでおります。

    もうくどくは申しませんが、私が問題にしているのは「呉服屋、呉服店」の違いではありません。
    先の投稿で「呉服店」としたのは、その後の文脈の関係上からです。
    また、当の呉服屋さんがご自身の呼ばれ方をどのように好まれるかという事と、客側がどのように呼ぶかという事では視点が全く異なってきます。

    しかしながらもうあなたに申し上げる事はありません。
    本当に余計な事を長々と申し上げた事をお詫び致します。

    このトピに出遭った事によって、自分なりに施してきたつもりでも子への躾、殊に女子への躾がなかなか油断ならぬ事を改めて思い知らされ、
    このお嬢さんを他山の石として、今一度我が娘の在り様に目を向けたいと思います。

    ユーザーID:6289191895

  • 再度レスします。

    >全国から様々な知恵をお持ちの方から多くの平均値をとりましたら
    適切な答えが頂けるかと思ったのです。

    平均はあくまで平均。dadaguzuさんのケースに当てはまるわけではないのですから、それを知ったとしても意味がないのでは?

    >支度の内容については極親しい親族のみ知っておりますので大丈夫です。

    この意味が分かりかねるのですが…単なる着物や嫁入り道具への質問ならいいのです。親戚への対応まで質問されていますので…
    例えばお兄様の奥様や義母様がこの質問を目にしたらすぐに自分たちの事だと分かると思うのですが、それでも大丈夫という事でしょうか?

    ユーザーID:6314686585

  • おめでたい事なのに喪服、喪服って

    トピ主さん、ご結婚おめでとうございます。

    私が結婚したのは30年も前ですし、着物にも詳しくありません。

    喪服に関してですが、何を持参するにしろ、急ぐ必要はありませんよ。

    喪服は、花嫁箪笥に入れてお嫁入りするものではありませんから。

    穢れを嫁ぎ先に持ち込むことになりますし、お嫁入りして直ぐに御不幸が起きたら、
    「待ってました!喪服の準備万端です」
    みたいな、事態になるでしょ?

    喪服というのは、実家の親が密やかに用意して、結婚後のお盆かお彼岸に、そっと納めるものです。

    今は、華やかな着物のことだけ考えて、喪服については、お母様と呉服屋さんにお任せしたらいかがでしょうか。

    ユーザーID:4825701330

  • 美容・ファッション・ダイエットランキング

    一覧
  • ありがとうございます

    お蚕さま

    色々世相に通じていると自分では思っていましたが、所詮はいわゆる井の中の蛙だったようです。
    所得や資産に関係なく、嫁入りの際に着物は仕立てると思っておりました。
    今回の相談で色々ご意見を頂き、これからの課題として頑張ります。
    ありがとうございました。

    ゆきうさぎさま
    意匠は唐草ですので、慶弔に使えないと思います。
    黒無地に絵羽柄をいれるか、少し考えてみたいと思います。

    母の持っている反物で白大島があるのですが、私のような若い者に
    白大島はまだ早いでしょうか?

    毛皮に関しましては、母の使っていないセーブルのロングコート(床に着きそうなぐらい長いです)とサファイヤミンクのロングコートを
    セミロングに直し、切った部分で和洋両方で使えるショールを誂えようかと考えています。

    使用人に関しては女子衆の合う合わないもあるので、然る筋に相談する予定です。


    婚約者一族は遠方な事と、あちらで新居を準備してくださる事もあり、細かい事はこちらで整えようと思っております。

    今回の相談で色々考えさせられました。

    ユーザーID:8597641197

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • ありがとうございます

    夜勤さま

    近日中に京都へ参りますので、「ない藤」に伺おうかと思っております。
    大足弓形甲高という足なので、いままでは履物屋に色々無理を頼み誂えていました。

    六代目さま
    ご立派なお父様ですね!
    呉服店と呉服屋、どちらが正しいかはわかりませんが、
    「呉服の◯◯です」と目をきらきらさせて誇り高く
    折り目正しい羽織を羽織ったご主人には、いつも圧倒とさせられます。
    今回は母とご主人の意見が相違しましたので相談させていただきましたが
    大概は意見が一致します。お父様と仲良く、お幸せに。

    花子さま
    上述しましたが、大足弓形甲高で(バレエのせいです)和田アキ子さんより大きい足のため、
    履物屋に色々無理を頼み誂えていました。「ない藤」さんでもお願いしてみようと思います。

    不思議さま
    他の方にもご指摘いただきましたが、呉服屋が持っていた反物は付け下げ用だったようです。
    文章を書くのは下手ですし、誤字脱字も多く、目も当てられません。
    以後気をつけたいと思います。

    スノーさま
    過去トピのご説明ありがとうございます。
    結局黒喪服の薄物もつくることになりました。

    ユーザーID:8597641197

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • ご報告

    ご報告させていただきます。
    黒喪服は袷、単衣、薄物とそれぞれ仕立てる事になりました。
    「婚儀の後に喪服を仕立てるのは良くない」という母の意見を尊重してそのようになりました。

    またサプライズのプレゼントですが記念になる訪問着と帯を仕立ててもらう事になりました。
    来年の仕立て上がりが大変楽しみです。

    ご親身にご相談下さった方々、また私の将来を案じてのご意見をくださった方々、ありがとうございました。
    和装の支度は一段落つきましたので、とりあえずのお礼とご報告まで

    ユーザーID:8597641197

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • 呼び名

    侘助さんのおっしゃること、何となくわかります。
    当方、関西ですが
    呉服屋、大工と思って呼びませんもの。
    呉服屋さん
    大工さん
    職業+さんですね。瑣末なことですが。
    色喪服、って色無地に紋をいれたものでしょうか?
    こちらではお通夜は色無地です。
    年齢によって色も多少変わるので何着か持っていかれるといいですね。
    ただ、お母様の着物をしたて直されるとのこと、
    身に合うものができますでしょうか?
    私も母の若い頃のものを着る機会がありますが
    昔のものはゆきが短く、着れません。
    体型は同じなのですが。

    ユーザーID:9278881374

  • dadaguzu さま


    黒無地の道行は弔事用として、もう一枚は紋意匠の黒があっても良いでしょうね。
    お母様の色無地がどのような意匠かわかりませんが、そちらが慶弔で使えるなら、
    私でしたら、従来の黒無地には絵羽で柄を施します。
    出入りの呉服屋が作家など万事手配してくれるでしょう。

    ご自身やお相手の方に問題が無いのでしたら、ミンクやセーブルのマントもお若いうちは
    可愛いですし、海外での華やかな装いには喜ばれました。

    ご実家がきちんと考えておられると思いますし、お相手の所にもしかるべき人数の使用人が
    いる事と思いますが、ご実家からは何人か連れて行かれますね?
    早く馴染む事も大切ですが、やはり自分の幼少時代からを見守っていてくれた人間が
    側についていてくれると心強いです。

    本来のトピとかけ離れた事を長々と書いてしまいました。
    ごめんなさい。

    関東も梅雨に入り、しばらくは嫌なお天気が続きそうですね。
    様々なご準備が大変な事と思いますが、お身体お厭いくださいね。

    ユーザーID:6898425604

  • え?平均、最頻値!?

    『基本的にお母様に従うように、また色喪は黒喪の代わりにはならない、お祝いに誂えていただくのは納得のいく色無地で』とレスした者ですが、こんな答は、平均ではありません。
    トピ文から拝察されるトピ主さんの所属階層を斟酌しての答です。

    わたしの都内の中受率3〜4割の平均的な地域(それでも全国的に見れば所得は高い地域でしょう)に20年住んでの印象で、お答えするなら、
    平均は、着物なんて一枚も持っていない、もちろん和ダンスも持ってない、喪服とは洋装こと。せいぜい持っていても袷と絽、単衣というジャンルもご存知ない。
    こんなもんですよ。
    単衣の喪服にお目にかかったことがあるのは、私と姉妹のだけです。
    6月9月に誰か亡くなったらどうするか?
    その時は、気候に合わせてどっちかにするんですって。

    トピ主さんの環境は、平均からはほど遠いということを自覚なさって生活なさるのがいいですよ。
    結婚すれば、やはり『いろんな方』と出会いますからね。うまくやったください。

    ユーザーID:8593879579

  • 過去トピ

    「色喪服、着た人いますか? 」「着物(和装)に詳しい人・・・教えて下さい。」 という過去トピが参考になるのではないでしょうか?
    検索してみて下さい。
    色喪服は着物を日常的に着る機会が多い層にはまだまだ着られていると思いますよ。
    ただお通夜や法事、本葬は親族のみの密葬で行われその後故人を偲ぶ会のような形のものなどで着用するべきものだと思います。本葬では親族なら黒喪服ですよね。
    逆に参列者の立場ではお通夜で黒喪服は用意していたようで失礼なので色喪服がふさわしいかと。
    今は親族の方も洋装のことがありますからそういう場合参列者があえて格を落として準礼装の色喪服を着た方が相応しいこともあるかと思います。
    おじい様おばあ様のご葬儀でしたら身内になりますから黒喪服はやはり必要ですが色喪服も持って居れば着る機会があると思います。
    特にお茶のお稽古の先生やお仲間の関連のご葬儀でしたら色喪服の方が着用率は高いのではないでしょうか?

    ユーザーID:8832659264

  • ありがとうございます

    ヤマブキさま
    再度のご指導ありがとうございます。
    繰り返し申し上げたように、両親共に高齢で
    昨今の情勢についてなにかと通じていない事と
    様々な事情があり、こちらでご相談させていただきました。
    詳しい点をご説明しますと、私の身元が特定しかれませんので
    こちらでは申しませんが、
    もしヤマブキさまが私の現在の状況におかれた際には、
    「何故、私がこちらで質問をしているか」という事がわかって頂けると思います。
    また食器など道具類についてですが「母の考え方がどれだけ世間と隔離しているか」という例えとして述べさせていただきました。
    持参金についても、「現金で持ってゆくほうが良い」とこちらでご心配頂くアドバイスを頂きましたので、
    それについて「持って行きますのでご安心下さい」と返答を述べたのみです。
    また、内面的な嫁入り道具ですが、人に上からものを言わないよう、それなりの躾は受けておりますのでご安心下さい。

    まだお気に召さない点がありましたら、「出来損ない小娘の戯言」と読み流していただければ幸いです。
    ご意見ありがとうございました。

    ユーザーID:8597641197

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • その呉服屋さんアヤシイ……

    「あちらの出入り」とやらの呉服屋さんアヤシイ……。
    いきなり「訪問着」の反物なんて不思議商品を持ってきたりとか不審すぎ。
    その呉服屋さんに丸め込まれないようがんばって!
    それともトピ主さんの表現力に問題があるとかかな?
    実はトピ主さんて文章書くのがあまり得意でないとか?
    「返答に窮して」と書くべきところを「返答に屈して」とか書いてるから……。
    まあ何にしろトピ主さんファイト!お嬢様道を突き進め!

    ユーザーID:4966446012

  • 草履のサイズ

    足のサイズの大きな方の草履は少し踵がはみ出す位の台に鼻緒で調整すればびっくりするほど大きな草履は履かなくて済みます。もしかして今迄ちゃんとした履物屋さんで誂えられたことがおありになりませんか?お茶室に入る時に皆履物を脱ぎますから1人だけ大きい草履が並んでいるのはちょっとあれですよね。
    祇園のない藤さんならきっとそんなに大きな台じゃなくジャストフィットでスニーカー並みに歩ける草履が作って貰えます。時に真綿入りオススメです。10万から15万くらいしますし、一足では足りませんけど(ここでつくると他の草履が履けなくなるので何足か作ることになってしまいます)
    足のサイズの大きな方の悩みは解消されますよ。私もそうでしたから。

    ユーザーID:0450518756

  • 実家は呉服屋

    昔かたぎの父は呉服屋と呼ばれることに誇りを持っています。呼び名を気遣う風で実はその方が相手を貶めることになりかねない、その程度の想像力も働かせられないのは寂しいことですね。

    ユーザーID:4706809227

  • ない藤

    お草履の「ない藤」、大きいサイズの方でしたらなお更おススメです。
    自分の足に合う草履を出していただけますので安心です。
    その後も鼻緒の調整などもあり、お気に召すものに出合うと思います。
    普段履きより、色留袖・訪問着など礼装用に使えるものを選ばれると、どこの履いて行かれても気後れすることがございません。

    ユーザーID:5230235584

  • ありがとうございます

    侘助さま
    「呉服屋」という表現がお気に召しませぬようでしたら申し訳ありません。
    長年祖父母両親と一緒に暮らしていたせいでしょうか、
    魚屋肉屋八百屋酒屋洗濯屋株屋と「屋」という表現を使ってしまうのです。

    大変古い家に大家族で住んでおりますが
    あちこちで不具合がでるため
    常に大工を入れなければならないという
    お屋敷からはかけ離れたものです。

    先述いたしましたが、古い家なので道具や衣装は色々ありますし
    父も第一線から退いておりますので家にあるものを使って
    なるべく経済的にと考えておりましたが、
    呉服屋やデパートに背中を押されたのか、
    万事質素であった母が
    私の嫁入りに関しては贅沢に揃えつつあるのを
    嬉しい思いもありますが、戸惑っているというのが
    正直な私の心情であります。

    また相談した方々も
    「時代が変わったことですし」など、私の質問に困惑され、
    なかなかお答えがいただけませんでした。

    以上の点から全国から多くの方が集まるこちらで
    平均、最頻値を採り、検討するためのご意見を伺いたかったのです。
    なお、支度に関しては親族の一部のみ知っておりますので大丈夫です。

    ユーザーID:8597641197

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • ありがとうございます

    ココニンさま
    大金持ちではございません。
    古い家ですので道具や衣装は色々ありますが
    現金収入は限られておりますし、
    父も第一線から退いておりますので
    なるべく経済的にと思っております。

    ユーザーID:8597641197

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • ありがとうございます

    こまねくいださま
    江戸小紋はお下がりで頂いたものと作ってもらったものがあります。
    こまねくいださまがおっしゃるように、祖母の江戸小紋はしばらくそのままで残しておこうと考えています。

    新米さま
    ご意見ありがとうございます。
    以前こちらでアドバイスを頂き、大変助かった事がありましたので
    質問させていただいた次第です。
    全国から様々な知恵をお持ちの方から多くの平均値をとりましたら
    適切な答えが頂けるかと思ったのです。
    支度の内容については極親しい親族のみ知っておりますので大丈夫です。
    ご心配ありがとうございます。

    夜勤さま
    私も江戸小紋が大好きですので、持って嫁ぐ予定です。

    Gogonngoさま
    ご実家が神道でしたら黒のロングドレスが必要ですね。
    私は洋装でも喪服を揃えますが
    黒のアフタヌーンドレスとジャケットにする予定です。

    着物生地でドレスとは素敵ですね。
    私は誂える予定はありませんが、
    古い帯で作った洋装用のバッグを持っております。
    合わせやすいし褒められるので重宝しております。

    ユーザーID:8597641197

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • 再度言わせて頂きます

    ヤマブキです。再度の投稿をするか否か迷いましたが、書かせて頂きます。
    ほとんどの方が、生真面目?にご自身の嗜好や経験に照らし着物に関する「質問」にお答えになったり、手放しに羨望の言葉を発される一方で、二件ほどこのトピックに対し冷静な反応を示される方がいらっしゃいました。
    トピックを立てた貴女のプロフィールや細部にわたる記載が真実か、知る由もありません。
    着物の色々については、本来ならば嫁ぐ貴女自身が苦心し関わる必要はなく、普通のご家庭ならばお母様が主体となって確かな知識と知恵とをもって調えられます。
    貴女が今しなくてはならない事は、弁えを知る事です。
    恥ずかしげもなく「良縁」、「家格」などと言った言葉を度々使い、持参金、ディナーセットの客数など本来の質問とは無関係の情報に触れる貴女には、是非人として欠かすことの出来ない分別を身に付けて欲しいと思います。
    お嫁入りの際には着物やお道具ではなく、(目に見える形はありませんが)、そう言ったたしなみや判断力を身に付けて行かれるとよろしいですよ。それが本当に貴女に必要なお嫁入りのお支度ですね。

    ユーザーID:2510218884

  • うまく言葉が見つかりませんが・・・

    一般市民が20万そこらの年金の情報に一喜一憂しているこのご時世に、何とも豪奢極まる世界を繰り広げていらして、
    ある意味文字による目の保養をさせて頂いている中、何か割り切れぬ、それこそ喉に何かがつかえて取りきれないような不快感を拭い去る事が出来ずにいました。

    広大なお屋敷の青畳に広げられる色も鮮やかな反物や帯の数々、名工による食器の入った持ち重りのする箱。
    腰低く伺う呉服店(呉服屋と呼び捨てる言い方は当方では窘められます)の方々。
    そんな中で優雅な母娘は代譲りの着物を前にあれこれと染め直しの相談に興じる…

    本当に素晴らしく御目出度く、このお嬢様の未来に一筋の雲の浮かぶも許されないような華麗な世界に、いささかお腹一杯になっている所です。

    さて、それほど格式の高い御家のご婚儀の約束事に、こうした顔も見えぬ人達の意見が参考になりましょうか?
    婚礼のしきたり程各地域で異なるものはありません。
    例えば4月の婚礼は桜が咲くといって歓迎する所がある一方で、桜が散ると称して嫌う地域もまたあるくらいです。
    大学生にしては不似合いな漢字を多用し、先様との細やかな会話まで載せるあなたに危惧を覚えます。

    ユーザーID:6289191895

  • お嬢さまなんですね。

    トピ主さんのお住まいの地域は着物を着る人は多いんですか、またトピ主さん自身も着物がすきで自分で着れるんですか?

    自分で着物を着れるんでしたら、いいとは思います。お母さんの着物をリフォームするみたいですが、今の時代ってあまり着物って着ないような気もしますが・

    トピ文を読んでもトピ主さんてすごく上流階級のお嬢様に感じますね。嫁さんのご実家の方からそんな高価な品物を持って呉服屋が訪問するとはすごい大金持ちなのがわかります。

    ユーザーID:3747949104

  • dadaguzu様

     丁寧にお返事をいただいていたのですね。
    気付いておりませんでした。ごめんなさい。

    色留袖はお持ちならば黒留袖でよろしいと存じます。
    色留袖は活躍の場が多い着物ですので、いくつも持っていたいですね。

    色喪服でございますが、私は薄紫を持っております。
    私の場合法要では使用しましたが、葬儀では使用したことがございません。
    また私が葬儀で見かけたのは、やはり関西でした。
    奈良と京都の親族のお通夜でございます。
    必要ないと、誤解させてしまうような書き方でした。許して下さいね。

    私ならどう誂えるかですが…。
    私は着物生地で洋装のロングドレスを数着誂えました。
    実家が神道の家ですので、葬祭用の黒のロングドレスもございます。
    私自身また夫の仕事柄、海外で着用する事が多くなるはずとアドバイスを受けて誂えました。
    もちろん海外で着物は喜ばれますが、日本の美と洋装の美を合わせた、
    着物地のロングドレスはとても喜ばれます。
    着物ではありませんが記しておきます。

    どうぞ、
    よりよいお道具が揃いますよう、祈っております。

    ユーザーID:1592421066

  • 江戸小紋

    江戸小紋は大人の可愛さが上品で好きです。
    色無地より好きなので格式を重んじる時以外は、江戸小紋中心の装いにしたいくらいです。
    私の中では江戸小紋は通な装いです。
    もし、お持ちでなかったら1枚お作りされてもよろしいかと、本当におススメです。

    ユーザーID:5230235584

  • ヤマブキさんに同意です…

    >今回の着物の御祝いに関しても然る筋に相談をしましたが、
    >みなさま返答に屈していらっしゃいまして、こちらに相談させていた次第です。

    然る筋の方にすら分からないのに、なぜ見ず知らずの人間に分かると思うのでしょうか?

    >私は喪服としての色喪服の現代社会での位置づけ、また皆さんの色喪服に対する感想と着物を頂く際の対処をお伺いしたかったのです。

    着物の風習やら嫁入り道具やら親戚付き合いなんて、もう千差万別もいい所なんですから…
    どうしても僅かな情報のみで判断せざるを得ない掲示板で質問するには不向きな事を覚えておかれた方が良いですよ。

    それからそんなに詳しく書かれて大丈夫ですか?

    ここは大手新聞社の主催する掲示板です。
    多くの人の目に触れますし、ここまで詳しく書いたら関係者であればすぐ分かってしまうでしょう。

    もし設定に殆どフェイクが無いのであれば、短慮ですね。
    報告を約束されていますが、律儀に書かなくても大丈夫ですよ。

    ユーザーID:6314686585

  • 2回目です

    お相手は外国の方ですか。そうであれば、紋の問題もシンプルでいいですね。

    女の子のお祝いは誕生の祝いに始まり婚礼まで、支度する方も「あれも素敵、これも可愛い、いやこちらのほうがあの子に似合う」と心華やぐ楽しい行事です。受けるほうが楽しみに水を差してはいけません。

    私は江戸小紋の型紙の産地近くに住んでいますが、職人さんの高齢化も進んでいます。他の生地の産地の多くも同様の問題を抱えています。過去・現在のようなお品は手に入りにくい時期が来るかもしれません。どんなに良い布もどうしても着用や経年劣化で傷みます。変に気を使って昔の物の仕立て直しをメインにするのは、先々を考えるとリスキーではないかと思います。

    すでに一通り着物をお持ちで礼装を優先して作る必要のない方には、産地の人間としては、精緻に描き込んだ遊び柄の江戸小紋をお勧めしたくなります(ヨーロッパの美術にも影響を与えましたので、美術関係の集まりや外国の方との会話のたねによろしいかと)が、あまり嫁入り道具らしくないですね。

    ユーザーID:0045119801

  • 一旦ご報告

    本日、所用で出かけた際、思いがけず兄の義母にばったりとお会いしました。
    先日の不手際をお詫び申し上げ、過分な御祝いなので戸惑っていることを
    正直にお伝えしましたところ
    「結婚後も疎遠になる事なくお付き合いしてほしい」
    「この御祝いはそのお近づきのしるしの一部です」と仰ったので
    大変驚きつつ「それはこちらからお願い申し上げる事です」と申し上げたのですが、
    あちらからはどうしてもと言われましたので、
    妥協案として今週の金曜日、母と兄の義母と3人であちらの呉服屋に参る事となりました。
    一緒に選んでいただいた方が喜ばれると思いまして。

    ご相談にのっていたみなさま、ありがとうございました。
    今週末には改めて結果をご報告させていただきます。

    ユーザーID:8597641197

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • ありがとうございます

    ゆきうさぎさま

    ゆきうさぎさまご自身のご経験を教えていただき、大変ありがたいと思っております。
    確かに、道行は身につける時間が短いですが、
    なぜか気が引き締まりますので車の外出でも羽織るようにしております。

    道行コートは縮緬のものと紋意匠縮緬と両方もっております。
    黒は無地縮緬のものしか持っておりませんので、紋意匠縮緬も仕立てた方がよろしいでしょうか?
    母の水色紋意匠縮緬色無地の長着を黒に染め直してコートを作るのはどう思われますか?
    私にはあまり合わない色ですので母は染め直ししても構わないと申しております。

    ユーザーID:8597641197

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • 道行は…

    経験上の話ですが…

    口切りや炉開きなどの茶会や、フォーマルな場面でお召しになる機会が多いのでしたら、
    紋意匠縮緬の無地や唐織の地のものがあると便利ですね。
    唐織をお被布の襟で誂えて茶人好みに。

    もっともフォーマルになればなるほど車での移動になると思いますし、すぐに
    脱いでしまうものではありますが、やはり礼装を意識したコートは装いに
    重みが出るとおもいます。

    お祖母様から譲り受けられたお着物は、長羽織りにして少し遊ばれては如何ですか?
    小紋などは千代田衿の道行にしても雰囲気が変わって良いと思います。

    お茶をなさっているなら回忌法要の茶会もありますね。
    お持ちの黒の道行は無地でしょうか?

    着物の話は楽しいです。

    ユーザーID:6898425604

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧