嫁入りの際の着物一式について

レス79
(トピ主32
お気に入り244

美容・ファッション・ダイエット

dadaguzu

レス

レス数79

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 追記です

    サプライズでやってきた呉服屋は一緒に帯や帯揚げ、バッグに草履、かんざしなども携えておりビックリしました。
    「一式すべて選んでもらうように」との兄義母による指示だったそうです。
    義姉(兄の妻です)に電話をして尋ねたところ、「両親の希望なのでそのようにして欲しい。」といわれ困っています。
    母は角が立たないように、また結婚後も長く切られるように上品な色合いの色無地と帯、帯揚げをお願いして、次回お会いする際に着ていくべきと言っています。
    すると次回お会いする際は6月末なのでいまからだと染め抜きだと間に合わないし、かと言って7月にお会いする際に着る事になると薄物なので、出番がすくなくなる着物になるしと、ある意味カオスです。

    父は私が本当に欲しい色無地か小紋を袷で作っていただき、こちらからはお返しとして帯を差し上げれば良いと言いますが、
    以前兄の義母に歌舞伎に連れて行ってもらい大変うれしかったので、後日某ブランドのディナーパーティーにお誘いしたら、
    その後そのブランドのバッグが自宅に届くという、お礼にお礼が続くはめになってしまったのでどうしたら良いものかと頭を悩ませるかぎりです。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます。

    ゆかたんさま
    ありがとうございます。何ぶん両親が歳をとり生まれたものなので、母の常識が最近の常識と重ならない部分もあり、困る事があります。
    母と回りの意見をききながら、準備をしたいと思います。

    Gogonngoさま
    ありがとうございます。
    書き漏れましたが、兄の婚約結婚にあたり、振袖を着ようと思いましたが、
    私の持っている振袖は大正生まれの祖母が曾祖父につくってもらったものなので何ぶん柄が派手でして、
    顔合わせと結納、親族お披露目などは色無地を着用し、結婚式では紋入り江戸小紋で出ようかと考えていましたが
    伯母がはりきって、色留袖(桜色と薄群青、若緑、錫色)と牡丹唐草、鳳凰文様、華紋に七宝紋の帯を作ってくれたので色留袖は間に合っています。
    申し遅れましたが茶道と華道をやっておりますので、一つ紋の色無地と訪問着、お召しや紬などは一通りもっております。
    Gogonngo様でしたら、他にどのようなものをおあつらえになりますか?

    私も都内在住なのですが先日の都内の葬儀で色喪服をみかけたので大丈夫なのかなと思いました。
    うすもの喪服とはいえ、高価な買い物なのでもう少々考えてみます。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます 2

    匿名 さま
    アドバイスありがとうございます。
    色喪服を私のまわりではかなりみかけるのですが、少々世間一般の常識とかけはなれていて、
    問題というか苦労した事があるので、もう少々考えてきめます。
    贈り物の件ですが、質が良いけれども華美ではない上品な色無地にしていただこうと考え中です。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます 3

    おばちゃんさま
    私の母も嫁入りの際に着物をタンス3竿に入れてお嫁に来たそうです。
    それこそ結構な費用がかかったとは思いますが、
    30年間以上晴れ着も喪服も購入せずにすんだので、かえって安上がりだったのではないか、と両親は言っております。
    大量の着物を前にしての心苦しい言い訳かもしれませんが、何時でも着るものがあるというのは大きな安心だとは母は言っております。
    また私が着物を着る習い事(茶道に華道)をすることもあり、着物の必要性があります。

    着物の売却についてですが、私もお稽古用の紬などを中古で何千円の値段で買いますので存じ上げております。
    初めてお店に行ったときは大変なショックでした。
    現代社会での着物の不要性を実感しつつ、この40年間の物資の過剰供給にも疑問を感じています。
    第二次世界大戦以前はどこの国でも物資不足でした。ごく一部の時代を除いて人間は物資不足との戦いです。
    ですので将来的にはまた物資不足がくるのではないかなと思っています。
    偉そうな事を言っていますが、結局断捨離とは無縁で着物好きな私です。

    お金は母の持参金をそのまま持って行くようなのでご安心ください。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます 4

    夜勤さま
    御祝いのお言葉、ありがとうございます。
    家族を含め、周囲の方には親切にしていただき、感謝の思いしかありません。
    嫁入り道具に着物と古臭い習慣かもしれませんが、母もできる限り準備をしたいと言っておりますし、
    どうせなら楽しもうと思っています。
    しかし、母の嫁いだ時代と現代の感覚が、大分違うので困る事があります。
    食器についても母の嫁入り道具60人セットをそのまま持って行きなさいと言われましたが
    婚約者に尋ねたところ、苦笑され24人分にするようにいわれましたが、
    彼のお母様には60人分持ってくるようにといわれ、結局60人分になりそうです。

    他の方もアドバイスなさってくれているように品の良い色無地にしたいと思います。
    バックや草履も地味で後々使える物をと。

    当日自宅に呉服屋が来た際には本当にびっくりしました。バックと草履だけなので1人で来るかと思ったら、3人で反物を山ほど抱えていたので。
    パニックになり御引き取りいただいたのは失敗だったと母に怒られました。
    検討するといって反物を何反か置いていってもらうか、タバコ代を渡すべきだったようです。結婚までに学ぶ事が沢山あるようです。

    ユーザーID:8597641197

  • 美容・ファッション・ダイエットランキング

    一覧
  • ありがとうございます 5

    慶さま

    お褒めいたものの、恥ずかしい気持ちでいっぱいです。周りの方には本当に親切にしていただき、どう感謝してよいのか。
    道しるべとなり導いてくれた両親にも感謝と申し訳ない気持ちで一杯です。
    幼少から趣味と習い事に明け暮れワガママ放題、エスカレータ式でそのまま大学に進む事ができたのにも関わらず、それを蹴って2年間浪人した挙げ句、希望する大学の学部には入れず、
    やっと妥協しつつ大学生になったら2年で婚約という親不孝を絵に描いたような、いや写真に撮ったような娘です。
    本当は独立してお金を貯めるまで結婚は待ちたかったのですが、両親に「良縁は待たせてはいけません」といわれ婚約となった次第です。
    これからも学ぶ事が沢山ありますが、日々精進して将来私たちの子供たちにも同じ事をしてあげられたらと思っております。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます 6

    通りすがりさま

    着物は母も嫁入り道具で持って嫁いで参りましたので、私にも同じようにしたいのだと思います。
    また私が習い事、趣味で着物を頻繁に着る環境にあるというのも大きいとおもいます。
    お金はたしかに邪魔になりませんが、ものは形となり思い出となり残るので
    嫁入り道具として思い出と共にものを持って行けるのはよろこばしい事だと思うのですが。
    もちろん、現金を持参金としても持って行きますが。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます 7

    着物好き様

    都内で両親と一緒に暮らしております。中流です。

    習い事をしているため、着物を着る機会は結構頻繁にあります。
    稽古の際、洋服でも構いませんが着物での参加が主です。(紬やお召しなど)
    自分の出席する茶会 (訪問着、色無地、お召し)
    お茶の先生や知り合いに頼まれた水屋の手伝い、大きな茶会での受付など、お花などでの先生のお手伝い、アルバイト的なものです。 (訪問着、色無地、紬など)
    父母や祖母、伯父叔母が亭主となる茶会の水屋など (紬など)

    父の仕事の関係で夕食に来客がご一緒する事が多いのでその際には着物に着替えます。
    母も着物に着替えますので二人でバランスのとれたコーディネートにします。
    サーブするのを手伝うのであまり華美なものは着れませんが。
    婚約者や兄夫婦が食事を一緒にする時も着物を着たりします。

    これに食事会やレセプションなどを加えると結構な回数なので、それなりの量の着物が必要なのです。。。
    水屋のお手伝いもいつまでするかはわかりませんが。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます 8

    50代さま

    義姉が嫁いできた際にも義姉のお母様が御支度をなさって着物を持ってこられました。(義姉は「しつけもとっていない」といっておりましたが)
    両祖母が90代と80代となにぶん高齢ですので、このような事を考えるのは嫌ですが、
    現実問題として喪服が必要だと思います。
    親族の葬儀は寺で行いますのでレンタルは難しいと思いますので、嫁入り道具で喪服を揃えるのは理にかなった事だと思うのですが。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます 9

    びっくりさま

    御祝いのお言葉、ありがとうございます。
    びっくりさんの仰る通り、身に余る良縁に恵まれまして学生ながら婚約した次第です。

    実家はたしかに少々余裕のある家庭ですが、お屋敷ではありません。
    母が掃除好きなのと、両親がすっきりとしたライフスタイルを好んでおりますので
    ものが収納されて外に出ていないせいか、広くみえるのがトリックです。

    嫁入り支度の着物の費用総額ですが、仕立て直しが多いので、そこまでの費用はかからないかと思います。
    あまり大荷物にならないように箪笥一竿と長持一竿に抑えるつもりです。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます 10

    たまさま

    アドバイスありがとうございます。

    お恥ずかしながら、着物類の総額はいくらになるかわかりません。
    母が「支度を受ける身のものは値段を知る必要はない」と申しますので。
    ただ、母からの「お下がり」が主ですので、それほどの値段にはならないかと思います。
    また、留袖などの羽二重は紬などの贅沢な普段着に比べたら廉価とはいえ、高価な事に変わりはないのでありがたいと思っております。

    私が恵まれた環境に生まれ育ったのは十分承知しておりますが、婚約者一族の家格につりあう支度となるとそうなってしまうのが実情です。
    親戚や知人、ご近所などでも結婚の際の嫁入りに際して家やビルをもらったという話を耳にする事もあり、びっくりしますが、
    それは他所のご家庭の話であり、関係ない事だと思っています。
    私は喪服としての色喪服の現代社会での位置づけ、また皆さんの色喪服に対する感想と着物を頂く際の対処をお伺いしたかったのです。
    大学に行くまではたまさんの仰るとおりの無知なお嬢さんだったかもしれませんが
    この浪人期間を含めた4年間で自分の社会での位置と状況をある程度学ぶ事ができたと思います。

    ユーザーID:8597641197

  • はっとしました。

    大阪人様
    アドバイスありがとうございます。
    大阪人様のコメントを拝読してはっといたしました。確かに単衣ですとすごく着る事のできる時期がかぎられてしまいますね。さっそく呉服屋に連絡して単衣を呂に変更できるか否かを確かめます。

    そうですね、着物の知識をお持ちの方が減ったように感じます。
    先日も色無地に祖母からもらった丸帯を合わせてレセプションに出席した際に、
    着物でご出席で年の半分は着物をお召しという年上のご婦人に
    「珍しい帯ですね」「丸帯ってはじめて見ました」と言われてビックリしました。

    私が持っている帯は祖母から頂いたものが多いので、丸帯ばかりです!

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます

    50代母さま
    御祝いのお言葉、ありがとうございます。
    たしかに付け下げは一枚ももっておりませんので(祖母も母も持っておりません)記念に一枚作っていただくのも良いかなとおもっております。
    じっくり考えて決めたいとおもっております。

    ちのさま
    嫁入りにあたり母の着物をお下がりでいただくので
    両親の経済的負担は新たに仕立てるよりは軽いものかと思います。

    相続税についてですが、即時廃止すべきだと思います。
    まんべんなく、ひろく浅くという税の大原則の全く正反対に位置する税法だと思います。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます

    お蚕さま

    先日の友人お父上の葬儀では喪主を務めたお母様は黒喪服でそれ以外の親族女性は色喪服でした。
    母は4人姉妹なのですが、祖父の葬儀(10月)では4人とも黒喪服を着用しましたが初七日以降の仏事では4人ともお揃いの色喪服を着用しました。私は葬儀の際は学生だったので学生服でしたが、1周忌以降は錫色の色無地を着用しました。

    皆様からのアドバイスも参考にして、ご仕立て頂く着物は
    色無地か付け下げにしようかとおもっています。

    こねまくいだ様

    婚約者は外国人なので喪服に関しては私の実家にあわせて仕立てることになります。ですが、世間的には黒喪服が一般的なようですので、黒喪服の袷と薄物を仕立てるよう呉服屋に伝えます。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます。

    はなこ様

    祖母が関西出身なので、娘である母と姉妹にも色喪服を作ったのだと思います。

    ))訪問着は仮仕立てがされているものなので。
    訪問着を仕立てた事がないので(全部お下がりの仕立て直しなので)初めて知りました!はなこ様はとてもお詳しいのですね。
    実は以前、兄の義母にどのような着物を持っているか尋ねられ、「付け下げを一枚も持っていない」とお話したのですが
    それを覚えていらして付け下げの反物を呉服屋に持たせたのでしょうか。もしそうでしたら、あちらのご好意を考慮して付け下げを作っていただくという方向になりそうです。
    はなこ様、鋭いご指摘ありがとうございます!

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます

    みとんさま
    ありがとうございます。
    着物を着るのを慣れておりますし、
    母の着付や折々の行事では親族の着付けも手伝いますので
    「チェックおばさん」にお直しをされた事はありませんが、
    まだまだ未熟ですので、
    もし間違っているところがあれば「お直し大歓迎」という思いもあります。

    はなさま
    ただものでございます。
    子供がいない叔母と娘がいない叔母は母と毎日のように連絡をとり
    私の嫁入り支度をイベントとして楽しんでいる模様です。
    費用に関しましては、母のお下がりでなるべく間に合わせようと思っておりますが
    母はあまりそう思ってはいないようです。

    ゆず様

    色喪服は5つ紋なので、かなり着る場が限られてしまいます。
    色留袖は色鮮やかで品がありつつ華やかなので海外の挙式等で着用する事があり、便利でした。
    御祝いに関しては、とてもうれしいのですが、
    高価なので困惑しているというのが正直な気持ちです。
    バッグと草履でしたら「記念に」という形で喜んでお受けできたのですが
    着物から帯、かんざしに草履やバッグまでとなると唖然というのが実情です。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます

    きいろ様
    婚約者の一族は私どもには勿体ないお家柄ですが
    望まれて嫁ぐのは女の最高の誉れと母が申しますのでお受けしました。

    着付けについては着慣れているので問題ありません。
    また、箪笥と長持は母が持ってきたものを持って行く予定です。
    100万円もするのですか!?驚かされます。

    経済状況が不安定なこの世の中、
    将来の生活で不自由させたくないという両親の思いを汲みつつ
    経済的で効率よく道具を整えたいと思っております。

    ベニーさま
    ありがとうございます。
    母とみなさまのご意見に従って、黒喪服の薄物をつくるようにします。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます

    ヤマブキさま

    ご批判を身にしみております。
    ご指摘の通り、私は知性に富んだ品のある女性からはほど遠いですし、
    賢くもありません。
    不器用な性格な性格ということもあり、
    しなくても良い苦労をした事もあります。

    今まで「ずっと先の事」だと思い全く考えていなかった「結婚」ですが
    ありがたい良縁に恵まれ、大きな人生の節目を来年迎える事となりました。
    毎日喜びを感じつつ、驚きと戸惑いで一杯ですし
    本当に家庭を切り盛りしていけるかどうかも不安ですが
    周りの方のご指導を受けて、成長できるよう努力したいと思います。

    今回の着物の御祝いに関しても然る筋に相談をしましたが、
    みなさま返答に屈していらっしゃいまして、こちらに相談させていた次第です。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます

    きうさぎ様

    コメントありがとうございます。
    大変参考になるアドバイスをありがとうございます。
    私が仕立て直す着物も色無地と江戸小紋が多いので一安心しております。
    小紋で何枚か紋が入ってないのがありましたので、
    きうさぎさまのアドバイスに従って縫紋にしてみたいと思います。
    あと道行はどのようなものをご準備なされましたか?
    私が持っているのは色無地と黒、紬ばかりですので
    おしゃれなものが欲しいと思い呉服屋に話をしたところ、
    祖母から頂いた不要な小紋や江戸小紋の着物を
    道行きコートにすれば良いと言われました。
    母は「新しく仕立ててあげます」と言っておりますが
    できることなら、手持ちのものを仕立て直したいのです。
    アドバイスよろしくお願いします。

    あと白生地を頂くのもとても素敵なアイデアですね。
    染め上げの色も柄も選べますし。
    母と相談してみます。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます。

    んー様

    コメントありがとうございます。
    私も着物はあまり所得や資産に関係しないと思っております。
    黒留袖などは補正をすれば母娘で着回すことも可能ですし
    一生ものではありませんが手入れをすれば50年以上は
    軽く着られると思いますし。
    以前祖母がド派手な襦袢を来ていてびっくりしたのですが
    娘時代の長着を襦袢にしたそうです。
    着物は無駄がないと思います。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます。

    kikyouさま

    皆様の各地からの色々なご意見を伺いましたが、
    やはり黒喪服のほうが無難なようですので、黒喪服の薄物を仕立てたいと思います。

    サプライズについては
    皆様がおっしゃるように、上品な色無地か付け下げ、白生地で検討したいと思います。

    夜勤さま

    父方本宅が地方にあるのですが、そちらでは婚儀の後、
    自宅で花嫁披露の習慣があるため、母方の祖父母が一式誂えたとの事。
    ハレの日の道具なので管理も大変ですが、持っていくことになりそうです。
    ケレの日の食器は自宅にある贈答品を基本にして揃えてくれるようです。

    「ない藤」さんの草履は私も以前デパートで目にしました。
    流れるような品のある草履で驚きましたが、履き心地もよいのですね。
    恥ずかしながら、友人が私の草履を見て吹き出してしまうぐらいの大足なので
    ない藤さんに注文を受けてもらえるかが心配ですが。。。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます

    ゆきうさぎさま

    ゆきうさぎさまご自身のご経験を教えていただき、大変ありがたいと思っております。
    確かに、道行は身につける時間が短いですが、
    なぜか気が引き締まりますので車の外出でも羽織るようにしております。

    道行コートは縮緬のものと紋意匠縮緬と両方もっております。
    黒は無地縮緬のものしか持っておりませんので、紋意匠縮緬も仕立てた方がよろしいでしょうか?
    母の水色紋意匠縮緬色無地の長着を黒に染め直してコートを作るのはどう思われますか?
    私にはあまり合わない色ですので母は染め直ししても構わないと申しております。

    ユーザーID:8597641197

  • 一旦ご報告

    本日、所用で出かけた際、思いがけず兄の義母にばったりとお会いしました。
    先日の不手際をお詫び申し上げ、過分な御祝いなので戸惑っていることを
    正直にお伝えしましたところ
    「結婚後も疎遠になる事なくお付き合いしてほしい」
    「この御祝いはそのお近づきのしるしの一部です」と仰ったので
    大変驚きつつ「それはこちらからお願い申し上げる事です」と申し上げたのですが、
    あちらからはどうしてもと言われましたので、
    妥協案として今週の金曜日、母と兄の義母と3人であちらの呉服屋に参る事となりました。
    一緒に選んでいただいた方が喜ばれると思いまして。

    ご相談にのっていたみなさま、ありがとうございました。
    今週末には改めて結果をご報告させていただきます。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます

    こまねくいださま
    江戸小紋はお下がりで頂いたものと作ってもらったものがあります。
    こまねくいださまがおっしゃるように、祖母の江戸小紋はしばらくそのままで残しておこうと考えています。

    新米さま
    ご意見ありがとうございます。
    以前こちらでアドバイスを頂き、大変助かった事がありましたので
    質問させていただいた次第です。
    全国から様々な知恵をお持ちの方から多くの平均値をとりましたら
    適切な答えが頂けるかと思ったのです。
    支度の内容については極親しい親族のみ知っておりますので大丈夫です。
    ご心配ありがとうございます。

    夜勤さま
    私も江戸小紋が大好きですので、持って嫁ぐ予定です。

    Gogonngoさま
    ご実家が神道でしたら黒のロングドレスが必要ですね。
    私は洋装でも喪服を揃えますが
    黒のアフタヌーンドレスとジャケットにする予定です。

    着物生地でドレスとは素敵ですね。
    私は誂える予定はありませんが、
    古い帯で作った洋装用のバッグを持っております。
    合わせやすいし褒められるので重宝しております。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます

    ココニンさま
    大金持ちではございません。
    古い家ですので道具や衣装は色々ありますが
    現金収入は限られておりますし、
    父も第一線から退いておりますので
    なるべく経済的にと思っております。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます

    侘助さま
    「呉服屋」という表現がお気に召しませぬようでしたら申し訳ありません。
    長年祖父母両親と一緒に暮らしていたせいでしょうか、
    魚屋肉屋八百屋酒屋洗濯屋株屋と「屋」という表現を使ってしまうのです。

    大変古い家に大家族で住んでおりますが
    あちこちで不具合がでるため
    常に大工を入れなければならないという
    お屋敷からはかけ離れたものです。

    先述いたしましたが、古い家なので道具や衣装は色々ありますし
    父も第一線から退いておりますので家にあるものを使って
    なるべく経済的にと考えておりましたが、
    呉服屋やデパートに背中を押されたのか、
    万事質素であった母が
    私の嫁入りに関しては贅沢に揃えつつあるのを
    嬉しい思いもありますが、戸惑っているというのが
    正直な私の心情であります。

    また相談した方々も
    「時代が変わったことですし」など、私の質問に困惑され、
    なかなかお答えがいただけませんでした。

    以上の点から全国から多くの方が集まるこちらで
    平均、最頻値を採り、検討するためのご意見を伺いたかったのです。
    なお、支度に関しては親族の一部のみ知っておりますので大丈夫です。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます

    ヤマブキさま
    再度のご指導ありがとうございます。
    繰り返し申し上げたように、両親共に高齢で
    昨今の情勢についてなにかと通じていない事と
    様々な事情があり、こちらでご相談させていただきました。
    詳しい点をご説明しますと、私の身元が特定しかれませんので
    こちらでは申しませんが、
    もしヤマブキさまが私の現在の状況におかれた際には、
    「何故、私がこちらで質問をしているか」という事がわかって頂けると思います。
    また食器など道具類についてですが「母の考え方がどれだけ世間と隔離しているか」という例えとして述べさせていただきました。
    持参金についても、「現金で持ってゆくほうが良い」とこちらでご心配頂くアドバイスを頂きましたので、
    それについて「持って行きますのでご安心下さい」と返答を述べたのみです。
    また、内面的な嫁入り道具ですが、人に上からものを言わないよう、それなりの躾は受けておりますのでご安心下さい。

    まだお気に召さない点がありましたら、「出来損ない小娘の戯言」と読み流していただければ幸いです。
    ご意見ありがとうございました。

    ユーザーID:8597641197

  • ご報告

    ご報告させていただきます。
    黒喪服は袷、単衣、薄物とそれぞれ仕立てる事になりました。
    「婚儀の後に喪服を仕立てるのは良くない」という母の意見を尊重してそのようになりました。

    またサプライズのプレゼントですが記念になる訪問着と帯を仕立ててもらう事になりました。
    来年の仕立て上がりが大変楽しみです。

    ご親身にご相談下さった方々、また私の将来を案じてのご意見をくださった方々、ありがとうございました。
    和装の支度は一段落つきましたので、とりあえずのお礼とご報告まで

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます

    夜勤さま

    近日中に京都へ参りますので、「ない藤」に伺おうかと思っております。
    大足弓形甲高という足なので、いままでは履物屋に色々無理を頼み誂えていました。

    六代目さま
    ご立派なお父様ですね!
    呉服店と呉服屋、どちらが正しいかはわかりませんが、
    「呉服の◯◯です」と目をきらきらさせて誇り高く
    折り目正しい羽織を羽織ったご主人には、いつも圧倒とさせられます。
    今回は母とご主人の意見が相違しましたので相談させていただきましたが
    大概は意見が一致します。お父様と仲良く、お幸せに。

    花子さま
    上述しましたが、大足弓形甲高で(バレエのせいです)和田アキ子さんより大きい足のため、
    履物屋に色々無理を頼み誂えていました。「ない藤」さんでもお願いしてみようと思います。

    不思議さま
    他の方にもご指摘いただきましたが、呉服屋が持っていた反物は付け下げ用だったようです。
    文章を書くのは下手ですし、誤字脱字も多く、目も当てられません。
    以後気をつけたいと思います。

    スノーさま
    過去トピのご説明ありがとうございます。
    結局黒喪服の薄物もつくることになりました。

    ユーザーID:8597641197

  • ありがとうございます

    お蚕さま

    色々世相に通じていると自分では思っていましたが、所詮はいわゆる井の中の蛙だったようです。
    所得や資産に関係なく、嫁入りの際に着物は仕立てると思っておりました。
    今回の相談で色々ご意見を頂き、これからの課題として頑張ります。
    ありがとうございました。

    ゆきうさぎさま
    意匠は唐草ですので、慶弔に使えないと思います。
    黒無地に絵羽柄をいれるか、少し考えてみたいと思います。

    母の持っている反物で白大島があるのですが、私のような若い者に
    白大島はまだ早いでしょうか?

    毛皮に関しましては、母の使っていないセーブルのロングコート(床に着きそうなぐらい長いです)とサファイヤミンクのロングコートを
    セミロングに直し、切った部分で和洋両方で使えるショールを誂えようかと考えています。

    使用人に関しては女子衆の合う合わないもあるので、然る筋に相談する予定です。


    婚約者一族は遠方な事と、あちらで新居を準備してくださる事もあり、細かい事はこちらで整えようと思っております。

    今回の相談で色々考えさせられました。

    ユーザーID:8597641197

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧