何でどうして「ダバダ」「ナナナ」?

レス4
(トピ主1
お気に入り15

生活・身近な話題

アボカド

レス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です!

    楽しいレスをありがとうございます。

    とまさんのレスに笑ってしまいました。
    そう!色々ありますね。前から「パヤパヤ」の能天気さって何なの〜?って思っていました。
    どぅびどぅびだばだ〜って(笑)!


    レモンドロップさん、「スキャット」でウィキってみました。

    >・・・「歌」というよりも声を一つの楽器として表現することが目的である。・・・

    なるほどです!一つ勉強になりました。

    カラオケで歌詞を忘れた時に、ヒゲオヤジさんのおっしゃるように、ダバダバダバで乗り切るのも一興かも知れませんね。

    ユーザーID:0521853744

  • メロディーを聴かせるための工夫

    歌詞が付いていると、歌詞の意味を理解しようとするのが人間の性質です。
    しかし、メロディーだけだと、これもまた集中できないで、注意力が散漫になってしまう。
    そこで、意味のない言葉(言ってみれば、音としての言葉)をメロディーに乗せて、意図的にメロディーに注意を引こうとさせているのです。

    もちろん、歌詞を忘れてとっさに「ダバダ〜」とやってみたらウケたというのも理由かもしれません。

    紹介した方法は、60年代前半のアメリカでヒットを量産したフィル・スペクターという音楽プロデューサーが始めたことのようです。

    ユーザーID:0372906089

  • ♪あ〜ら歌詞わすれちゃった

    トピ主さんの言うナナナ〜ダハダ〜は『スキャット』という歌唱方のことだと思いますよ♪

    検索してみてください。

    ユーザーID:4649638186

  • もっとたくさんあります。

    シャラララ〜ウォウウォウウォウ(イエスタデイワンスモア)
    ドゥビドゥバー(ドゥワップで黒人音楽とか日本ではシャネルズとか左卜全とか)
    ルールールルルルーは由紀さおり。
    パヤパヤパヤはピーナッツ。
    だんだんどぅびどぅびだばだ!は吉川団十郎。

    気にはなりません。
    そういうモンだと思えば違和感なんかないです。

    ユーザーID:0805489987

レス求!トピ一覧