保証人を断りました。

レス192
お気に入り734
トピ主のみ6

夏子

ひと

50代、夏子です。夫と娘二人(20代)と暮らしてます。

中学時代からの友人のA子がお父さんを亡くされました。
お母さんは20代に亡くなられそれ以来、一人っ子で結婚もせず、お父さんと二人で生活してました。
会えばお互いの家族の愚痴を言ったり、昔の話をしたり話は尽きない私達だったと思います。

お父さんが亡くなられてしばらくして「お願いがある」と住んでいる公営住宅の連帯保証人と身元引受人を頼みたいと言われました。「迷惑はかけないから、多少貯金もあるから大丈夫」と。
私は30年働いていますので所得もあり保証人の資格は満たしております。
近くに親戚もいないし、頼める人がいないと言ってましたので
「いいよ」と書類を受取り、家に戻って夫と娘に話したら「普通は親戚に頼むのでは?」「お前が死んだら俺たちに保証人が継承されることになる」娘もとても心配して「私らに迷惑かかるようなことはしないでほしい」と言われました。

私も考えました。
簡単に引受てしまったけど
私が先に死んだら?
A子が具合が悪くなったら?
お互いこれから10年後20年後どうなるのか。
怖くなりました。私が反対の立場ならもちろんA子には保証人は頼みません。

「申し訳ないけど、家族に心配された。保証人はできない。」とメールしました。
「わかった、荷が重いよね。」と返事がきました。

それからA子からは何の連絡もないです。怒っているのでしょう。
もう今までのようには戻れないのかなって寂しい気持ちです。

会社の年上の女性に話したら「家の保証人くらいなってあげればいいのに」と言われますます気持ちが沈んでます。

友達なのに保証人を断ってしまって悪かったのかな。
でも、何かあって保証人なったことを後悔することになったら、これでよかったと思ってみたり。

少し複雑です。

ユーザーID:8455617338

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数192

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 「緊急連絡先はうちに」

    お友達もちょっと安易だったかもしれません。
    まずはご親戚に当たられるべきだった。

    ご家族の反対を押し切ってまでやることではないです。
    それでよかったのだと思いますよ。

    万一、ご親戚にもあてがない、ということなら
    改めて話し合われてはどうでしょうか。


    また「保証人にはなれないけど
    緊急連絡先はうちにしてはどうか」といった提案を
    なさってみてはどうでしょう?

    トピ主さんのお気持ちが伝わるといいですね。

    ユーザーID:3091067059

  • 向うも申し訳なく思っているのかも。

    天涯孤独になるって辛いだろうなと、思います。

    先日、夫に弟の住居更新の連帯保証人なってもらいました。
    私がお願いされたのですが、仕事でフリーになったばかりで
    保証人になれるか微妙だったので、夫にお願いしたら快諾してくれました。

    弟は夫に申し訳ないと思ったらしく、迷惑かけないと一筆書くなんて言っていました。
    もちろん断りましたが。。。


    言われる方も困るけど、言う方も辛いんだと思います。
    快諾した後にメールで断られたなら、家族に反対されたことは想像つくし、
    トピ主が不快に思っている可能性や、申し訳なく思っている可能性を考えて
    自分から連絡を取ることができずにいるんじゃないでしょうか。

    一度は快諾してくれたことを感謝していると思いますよ。

    ただ、個人的には一度は了承し資料も持って帰ったのなら、メールでお断りは冷たいなと思います。
    一番不安なのA子さんですよね。
    お金や保証人で助けられなくても気持ちで助けることはできると思うのですが。

    トピ主に今まで通りの付き合いをする気がないのかな?と、思いました。

    ユーザーID:8112710301

  • 連帯保証人は相続の対象となります。

    トピ主様がお亡くなりになっても、相続人が連帯保証の義務を相続します。


    また、A子さんが結婚した場合、その後、A子さんがお亡くなりになっても・・・

    A子さんの配偶者やお子様に対する保証人の義務を、トピ主様のご主人やお子様が
    相続する事態も考えられます。

    公営住宅の場合、このような理不尽な規約が改められつつありますが・・・・

    まだ残っている地域があるかもしれません。

    ユーザーID:7087249656

  • ちょっと冷たいかなぁと思いました

    トピ主さんがご家族のことを第一に思って決断したことはわかりますが、旦那さんのおっしゃることは本当なのでしょうか?

    債権者は、借り主と保証人以外の人に対して支払い請求をすることはできない...ということを聞いたことがあるのですが。ちゃんとお調べになりましたか?

    前述したことが正しいのであれば、トピ主さんのご家族に万が一の場合でも迷惑はかかりませんよね。

    お友達の窮地を救えなかった(というより救わなかった)トピ主さん、友情が終わってしまっても仕方ないですね。

    ユーザーID:4656843923

  • 賢明だとおもいます

    私の主人の叔父も数年前に、市営住宅の保証人になってほしいと相談がありました。
    主人からその話を受け、断ってもらうように言いました。
    確かに身内を助けたい気持ちはありましたが、正直義母(その叔父の姉にあたります)の作った借金の負債もさせられた経緯もありましたので、これ以上苦労はかけてもらいたくありませんでした。

    もしその方が亡くなった時にどうされるのでしょうか?
    健康でずっと働ければ良いですが、そうでなくなった時にその方の生活を支えることができますか?

    会社の上司はそう言っておられますが、引き受けることは結構大きいことだと思います。ご主人ともよく相談されたほうがいいと思います。

    ユーザーID:2571637543

  • 怒っているのではなく

    落ち込んでいるのではないでしょうか。
    保証人を探さないといけないので、頭もいっぱいだと思います。

    私個人なら、信頼できる友人であれば、賃貸の保証人くらいまでなら引き受けると思います。
    (借金や、事業の保証人などは、一律断ります)
    そういう意味では、同僚に近いです。

    でも、ご主人やお子さんの言うことも最もです。
    ご家族がいたら、自分の考えだけで動けないのは仕方ないこと。
    お断りになったのは、良かったと思いますよ。

    ただ、A子さんのお気持ちを考えれば、家族に相談する前に引き受けてしまったのは良くなかったですね。
    保証人探しは、とても荷の重いことです。
    どれだけ迷惑なことをお願いしているか本人もわかっているでしょうし、
    結果的に、自分が相手から信頼されているかの試金石にもなってしまいますよね。
    やっと荷を下ろせて安堵したと思ったら、断られて、また背負って訪ね歩く。
    それは落ち込みます。

    でも、後はA子さんの問題です。

    人の心は不思議なもので、ずっと考えていると、「そもそもA子が非常識な話を持ってきたのが悪い」なんて怒りも出てきます。
    だから、あまり考えすぎないほうがいいですよ。

    ユーザーID:0019601445

  • 保証人にはならない

    どんなことがあろうとも
    その人の身代わりをする覚悟がないのなら
    やめるべきです。

    そして、保証人を頼んできた時点で、友人関係は終わっています。
    あなたは相手からお金にしか見えていません。
    すでにお友達ではありません。

    ユーザーID:3783169968

  • 断っていいと思う

    断っていいと思います。
    お金の事もですが、
    それこそ今後高齢化して認知症で周りに迷惑をかけたり、最悪孤独死(縁起でもないですが)でもしたら
    連絡は身元引受人の所へ来るのではないでしょうか?
    ご家族の言うことが正解だと思います。

    会社の年上の女性はその人なりの考えでしょうし、
    「家の保証人くらい」と言っても、背負うものが大きいと気づいていないんでしょう。

    いくら中学時代からの友人とはいえ、
    やはり考えが違えば連絡が一時的になくてもしょうがないんじゃないでしょうか。
    いつまでも仲良しで居られるという保証はないのです。

    ユーザーID:9364945727

  • それでよかったのです。

    ご家族のおっしゃる通りですよ。私も同じケースで大変な苦労を致しました。
    結局その友人を失いました。保証人になっていなければ一生付き合えた友人だったと今では後悔しています。
    ご家族のアドバイス正しかったですよ。保証人はとても責任が重いですから。

    ユーザーID:7262450434

  • 事実誤認

    50代主婦です。

    とりあえず誤解を解きます。

    >「お前が死んだら俺たちに保証人が継承されることになる」

    これはありません。
    あくまでもトピ主と不動産屋との契約なので
    トピ主の死後は継承されません。
    また立て替えを要求されてもA子さんへの求償権はありますから、
    A子さんに返済能力があれば、返してもらうことができます。
    A子さんに支払い能力がなく、かつトピ主にも支払い能力がなければ、
    自己破産で負債を逃れることも可能です。

    ただ、連帯保証人の立場はそれなりに大変です。
    お友達との過去の信頼関係や家庭環境の親密度によっては
    引き受けても良いし、お断りしても良いかと思いますが
    それはご自分で判断することです。

    お金の絡む問題は人間関係に大きく影響しますので
    人づてではなく、ちゃんと調べてお返事をすべきだっと思います。

    その点では、軽率でしたね。

    相手も恥を忍ぶような思い(?)だったのかもしれません。
    であるなら、疎遠は仕方のないことです。

    ユーザーID:2662108476

  • 公営住宅の保証人なら

     私も同僚女性の意見と同じですね。保証人と言っても、住宅ローンなどの借金なら家族の言うとおりですが、友人のしかも公営住宅の保証人なら、ほとんど問題無いと思います。お友達は困ったでしょうね。
     公営住宅というのは、生活保護者でも入居できる、一般の賃貸とはまったく意味の異なった福祉のための住宅です。保証人に請求が来るようなことは殆ど無いはずで、地方自治隊によっては既に保証人制度を廃止(免除)しているところもあります。
     まあ、しかししょうがありませんね。それがあなたの一家が出した答えなのですから。

    ユーザーID:4282732295

  • 断っていいと思います

    私は両親から、「どんなものでも保証人にはなるな」と言われて育ちました。
    いろいろなご事情がその友人にもあるでしょうが、断っていいと思います。
    ご主人やお子さんもイヤがっているならば、尚更です。

    これは私の持論ですが、友人の借金や保証人というのを引き受けた場合、関係性が変わります。
    もしも、何かがあった時には、友情は完璧に崩れます。
    (事業をやっている場合などは、話は別ですが)
    健全な人間関係を保つためには、こういったことを引き受けない方が自分のためだと思っています。

    ユーザーID:2049310577

  • 正しい選択です

    たとえどんな場合でも保証人になっては行けません
    お金が絡むことに関しては
    友人関係で貸し借りなし
    これが友情を続けるこつです。
    これでこじれるなら
    そこまでの付き合いです。

    簡単に保証人を考える人もいます
    そういう人は冷たいというかもしれませんが
    自分だけの人生ではなく
    家庭があるのです。

    そこは流されては行けません

    ユーザーID:1981522774

  • それで良かったんですよ

    A子さん、余程切羽詰まっていたんでしょうけど、本当に心からの友人なら
    友人にはまず頼まないと思います。
    「迷惑はかけない。多少の貯金はある」
    実際その時、通帳なり見せてくれました?迷惑かけないつもりでも、先はわかりません。
    病気して働けなくなったり、家賃滞納したまま入院してそのまま亡くなるかもしれない。


    会社の同僚はアホですね。保証人ってそんなに簡単なモノではないですよ。
    恐らく世間知らずなんでスルーでOKです。

    もし引き受けても今まで通りの友達ではいられないでしょう。
    彼女が、あなたとの友情に溝を作ってしまったんです。

    彼女は忙しいか、バツが悪くて連絡が取れないだけかもしれないと思って
    この件はもう気にしない事です。

    ユーザーID:9536491869

  • 私も家の保証人だったら受けるかも

    普通は・・・とご主人がおっしゃってたみたいですが
    頼める親戚がいたらトピ主さんにお願いしないと思いますよ。

    ユーザーID:3742215918

  • あなたの本心が出ただけ

    >それからA子からは何の連絡もないです。怒っているのでしょう。
    これ以上、なんの連絡をしろというのでしょうか。「私が非常識だった。ごめんなさい。二度と頼まないから、これからもお友達でいてくれる?」と言ってほしいのでしょう?A子さんは怒ったのではなく、失望したのだと思います。

    >私が反対の立場ならもちろんA子には保証人は頼みません。
    当たり前です。あなたには夫も子どももいるんですから。家族に囲まれている人に、頼る家族のいない孤独は絶対にわかりません。

    親友ではなかった。ただそれだけのことです。

    ユーザーID:5940878029

  • 悪くない、正解ですよ!

    保証人を自分でたてられないなら保証協会というのを利用する方法があるから、絶対に保証人にはなるな、また人に頼むなというのが私の父の持論でした。

    借金の保証人ではなく賃貸だからといっても万一何かあったら、借金とかわらないのですし。

    無下に断った訳ではない主さんのご友人への気持ちが伝わっているといいなと思います。

    ユーザーID:1495570853

  • 断って正解だと思います。

    旦那さまや、主さんが考えた事が正しいと思います。
    お友達さんも怒った訳ではないと思います。あちらも気まずいのでしょうか?
    また前のように戻れるといいですね。

    ユーザーID:1152786526

  • 今までのように

    同世代です。胸が痛みますよね。

    独身で親兄弟もなく孤独でしょうね。
    唯一の頼みが幼馴染の夏子さんだったのでしょうね。

    保証人の依頼は相手の迷惑を承知での頼み事です。
    最近は保障会社もあるそうなので大丈夫です。

    友人は軽く言いますが
    身よりの無い独居生活が一生続くと思います。
    今後も入院や転居など保証人が必要となる時があります。

    どのような事情であれ、親交が厚くても断るのは
    お互いの関係を壊さないためだと思うのです。

    たぶん彼女は怒っていないと思います。
    でも彼女からは連絡しづらいと思います。

    「荷が重いよね」の一言は
    自分の置かれた状況を理解しているからです。

    女性1人では遺品整理も大変かと思います。
    忌明けや初盆にでも、お参りに伺いますと連絡。

    お惣菜を作って持って来てくれる友達がいる
    父のお参りに足を運んでくれる友人が居る
    気に掛けてくれる人がいるだけで嬉しいと思います。

    ユーザーID:3780699406

  • 断って良かったんです

    賃貸の連帯保証人は、何かあれば即連絡が来て否応無しに巻き込まれます。
    私の知人が兄弟の保証人になりましたが、トラブルになり結局は知人は自分の家族を巻き込んで大変な思いをしました。

    ご主人や娘さんの言う事、尤もだと思いますよ。
    主さんも一人身でしたら主さんだけの問題なので構わないけど、ご家族がいる以上、気安く保証人になるべきでないと思います。

    今は保証人業者というモノもあります。
    書類契約の手間や金銭はかかるけど、どうにもならないなんて事はないんです。

    ご友人が怒ってるかは分かりません。
    というか、私が友人の立場ならハッと我に返って「とんでもない事を頼んでしまった」と、会わせる顔がない・・という心境になります。
    もしかしたら、友人もそうかもしれませんよ?
    お父様を亡くされた後だし、尚更色々と気持ちが落ち着いてないのもあるかもしれません。

    今は静観して様子を見てみましょう。
    もしかしたらまた連絡があるかもしれない、その時は変わらない主さんでいてあげば友人もホッとするでしょう。

    会社の先輩の言う事は論外です、気にせず放置しておけば良いですよ。

    ユーザーID:4364518022

  • 誤解ですよ

    ご両親を亡くし、未婚で一人暮らしの(たぶん)50代。
    現に居住している公営住宅の連帯保証人と身元引受人ですよね。
    引き受けてあげればよろしいではありませんか。

    入居契約の更新時期だったんでしょうね。
    2年か5年か分かりませんが、最悪その人が夜逃げしても、数カ月分の家賃を払えば終わり。
    滞納が続いたら、最悪で契約期間中の家賃を肩代わりして終わり。
    火事などの補償が心配だったら保険に入ってもらえばよろしい。
    ご主人の「お前が死んだら俺たちに保証人が継承される」は、ひどい誤りですからね。

    確かに連帯保証人は、一般的な保証人とは違い、債権を持つ側がいつでも保証人に支払いを請求できる存在ですから、一般的には引き受けには慎重であるべきです。
    でも、この債権者は都道府県とか市町村とか、公的な組織です。
    不当な請求が来ることもないでしょう。

    今からでも間に合いませんかね。

    ユーザーID:6750744815

  • こういう話を聞くにつけ

    ならなくて正解。それは間違いないと思います。
    あなたが第一に護るべきは家族なのですから同意が得られない中で
    我を通すわけにはいきませんし、ご友人に対して負い目を感じる必要も有りません。

    しかしその一方で、もうこの日本の住宅の賃貸契約のシステムが
    時代にそぐわないものだと思わざるを得ません。

    一定期間の家賃前払いプラス保険加入などで不払いの損害を
    回避する策をとって、保証人無し!の方がスッキリしませんかね。
    素人なので簡単に考え過ぎなのかも知れませんが。

    身寄りの無い単身者だって少なくないでしょうから、
    ご友人のケースが特別に珍しい事とは思いません。
    そして主さんの様に保証人を頼まれた立場の人もね。

    その方は後の関係が難しくなるのを承知で主さんに頼んだ。
    推測ですけど仕方なかったんだと思います。

    むしろ迷惑かけてしまったと考えておられて
    あなたに対する怒りなどは無いと思います。

    私がご友人の立場なら主さんがこの事をずっと気に病まれるのは
    辛いですから、もう割り切ってと言いたいですね。

    ユーザーID:8437349826

  • 怒ってないと思います

    たぶん、恥ずかしくなったんじゃないかな。。
    ちょっとそっとしておいてあげてください。
    きっと彼女の方から連絡してきます。

    >会社の年上の女性に話したら「家の保証人くらいなってあげればいいのに」と言われ
    この方、間違ってます・・・・

    ユーザーID:5872930303

  • 貯金があるなら大丈夫です。

     お金を払えば保証人を雇えますから。お金で解決しているでしょう。それに、公営住宅って、低所得者向けですよね。お子さんのためにも絶縁をお勧めします。

    ユーザーID:4723905928

  • 何の連帯保証か、による。

    公営住宅の連帯保証とは、一室の賃貸でしょうか?
    家賃?滞納から退去まで数か月から2年位分の毎月の賃料?が最悪督促されます。
    むろん、借主が払うもので、連帯保証で建て替えたら借主に請求できます。
    家賃月7万と仮定して多くて100万程度かな

    連帯保証は永遠ではありません、普通契約更新があるのでそれまでです。
    2〜5年程度?

    まぁ、会社の事業資金を数億円とかじゃないから、そう心配はいらないでしょう。

    ユーザーID:2284144598

  • 保証人以外でできることを

    家族がいる以上、保証人は断っても仕方ないことだと思います。

    ただ、それ以外で力になれることを、私なら模索するかなと思いました。
    例えば、保証会社の情報や金額を調べてみるとか、その一部を貸してあげる(あげるつもりで)とか。
    もし何らかの手立てで引っ越しが可能になったら、引っ越しの手伝いを申し出たり、引っ越しに必要な物事で、何か協力できることがないか考えます。

    保証人にはなれないけど、それ以外でできる手伝いや協力はするよと、いつも気にかけていてくれる気持ちが伝われば、ご友人も嬉しいと思います。

    これきり疎遠で構わないならそのままでもよいと思いますが、大切な友人なら、保証人以外のことで、何かできることを考えてご連絡してみたらいかがでしょうか。

    ユーザーID:2421212392

  • 怒っている訳じゃないと思う

    悩んだ挙句頼って、承諾してもらえたと思ってホッとしたら断わられた・・・。
    そうだよねぇ・・・荷が重いよね、無理な事頼んでごめんね。
    だけど・・・分かっていたけど心のどこかがショックだなぁ。
    さてどうしたものか。

    断ったことは責められる事ではありません。
    私の友人は過去に別の友人の賃貸物件の保証人になり(もちろん、絶対迷惑はかけないから!と言われてね)、借主が家賃滞納&家財道具も残したまま音信不通となり、滞納分家賃の支払いと部屋の引き払いを被りました。
    こんな事もあるのでね・・・保証人になってくれる親族が居ない単身者は保証協会を利用するしかありません。それが誰にも迷惑をかけない唯一の方法です。
    身元引受人も・・・イザと言う時に引き受ける覚悟が無ければ引き受けてはいけません。
    現状で公営住宅にお住まいであるのなら、頼れる物が誰一人ない事を役所に相談するのがベストです。

    う〜〜〜ん・・・
    私も将来天涯孤独の身になるだろうし・・・シッカリ考えねば!

    ユーザーID:9633052916

  • 公営は保証会社は使えない

    公営住宅は保証会社が使えないところがあるようですよ。
    自治体により違うので、もし友人に勧めるなら確認を。

    賃貸住宅の連帯保証は、法的解釈では相続人に継承されます。
    しかし保証人死亡後に負債ができて、いざ相続人に払ってもらおうとすると、非常に煩雑な手続きと、場合によって法執行が必要になり、その手間暇費用を考えると、新たな保証人を立ててもらう方が現実的です。

    連帯保証人死亡で相続人が継承といっても、もし相続人が無職(専業主婦や高齢者、学生)なら、果たして保証できるのか?
    そういうわけで、収入のある新保証人を立ててもらった方が、貸す側はかえって助かるわけです。

    ユーザーID:4079319189

  • ん〜・・・。

    保証人を断ったことは全然間違えていないと思います。

    ただ、もし相手のご友人が常識的な方だと仮定した上でですけど・・・。
    頼るところが他にないから、恥を偲んで友人にお願いした。
    もちろん荷が重いこと、断られても当然だとは思うけど、メールだけでの連絡が長年の友人から来たら、ちょっと寂しいかもしれません。
    それに、恥ずかしさや後悔、自分の情けなさが倍に感じらそうです。

    トピ主様も気軽に返事をしてしまったこと、メールだけで連絡しまったことは落ち度なんじゃないかと私は思いますけどね。
    50代ですよ、学生ならまだしも。しかも内容だってそれなりに重要ですし。

    今からでも電話なりできちんと連絡してみてはと私の母親ならばアドバイスします。

    ユーザーID:6213791931

  • キツいことかきます

    その程度の友達だった。私にはそうとしか思えません。

    本当に友達のことが大切なら、保証人について調べたはずです。
    保証人は相続の対象にはならないはずですよ。
    あなたが亡くなればそこで終わりです。

    それに、公営住宅は賃貸契約ですよね?
    二ヶ月も滞納すれば追い出されるはずですから、もし保証する事になっても多くて20-30万程度。
    借金の保証人とは桁が違うので、人生が壊れることはありません。
    その金額がどの程度かも調べずに、家族に言われるがままに断った。
    それが30年来の友達であったあなたがとった行動です。

    >もう今までのようには戻れないのかなって寂しい気持ちです。
    あなたのことを信頼できない。と言ったのと同じだから、無理でしょ。
    こうなることが分かった上で断ったんだよね?

    私の身内でも同じことがありました。
    私の兄夫婦は新居にうつるさいに、義姉が義父へ保証人を頼んだそうです。
    でも、後妻に反対されて義父は保証人を断り親子関係は破綻しました。

    父親も亡くなり、頼れる人はあなただけだったのに。
    よく調べもせず、切り捨てたのはあなたですよ。

    ユーザーID:7578716784

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧