ドイツでの就職

レス18
(トピ主0
お気に入り18

キャリア・職場

あんな

私は現在大学3年生で、大学でドイツ語・ドイツ文化を専攻しています。
そして現在はドイツに1年間の留学をしており、8月に帰国の予定です。

大学卒業後はドイツの大学院かドイツでの就職を希望しているのですが、日本人の私にとってドイツでの就職がどれほど難しいのかわかりません。

現在の私のドイツ語のレベルはB1で、大学卒業までにC1以上を目指しています。

ドイツで日本人が新卒で就職をするのは難しいのでしょうか?どれくらいの能力が必要なのでしょうか?

そして、もし大学院に進むとしたらGermanistikではなくKultur Managementのマスターをとりたいと考えています。

しかし私は日本でカルチャーマネジメントを学んでいませんので、フリーマスターの大学院に進むことになります。

フリーマスターの大学院というのはドイツでの就職に有利に働きますか?

ドイツでの就職について、詳しく教えていただきたいです。

ユーザーID:6990448912

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • え?

     せっかくドイツにいるんだから、周りの人に聞きまくった方が圧倒的に有益な情報が得られるでしょうし、そこから何らかの人脈なりつながりも生まれるのでは?

    ユーザーID:1736822415

  • なぜここで聞く?

    日本にいる我々に聞くより
    現地にいるトピ主の方がよっぽどわかると思うんですが?

    想像で答えますが、
    日本でも外国でも、外国人が就職するのはかなり大変です。
    言葉はネイティブ並なのは当然でしょうか。

    就職ビザの取得も先に会社から出してもらわないといけないんじゃない?

    どっちにしても現地にいるなら調べようがいくらでもあるでしょ。

    ユーザーID:0469948207

  • なぜドイツの事情を日本にいる人達に聞くか

    なぜ日本にいる人達に聞くか、トピ主さんの能力がそれだけでわかってしまいますね。

    ですから就職は難しいでしょう。
    あ、日本に帰っても難しいです。

    ユーザーID:1466207532

  • 在独のものです

    30代でドイツの会社で働いています。
    日本の大学卒業後、ドイツの大学に入りなおし、ある専門分野を勉強し順調に就職出来たので、運の良いケースだと思っています。

    日本の大学の新卒でドイツでの就職となれば、まずは日系の企業に絞られてしまうかもしれません。
    運がよければ日本と仕事をするドイツ企業で語学を使う仕事があるかも。
    ドイツ語、ドイツ文化の専攻となると、正直ドイツ人が外国人に求める専門的な強みが無いと思うのですが・・。

    私はフリーマスターもカルチャーマネジャーを学ぶと何の仕事に就けるのかも知らないのですが、
    ドイツの求人は、その分野を勉強した人、そして大抵がその分野の職務経験ありの人なので
    (要即戦力。これはAusbildungでもPraktikumでもいけることがあります)
    これは語学の上達と共に本人の努力次第でしょう。研修時に人脈を広げることも大事。

    ドイツでの就職にはビザが要ります。
    もし採用してくれる会社があっても、その会社にあなたでなくてはダメ、という理由が要るので、
    魅力的な求職者になりましょう。

    語学と努力と挫けない気持ちが相当必要です。それか本当に運!がんばれ。

    ユーザーID:5460586922

  • 難しいと思います

    まず働きたくてもビザがおりないと思います。ドイツの大学院に行ってマスターを取ったとしてもです。

    日本でまず仕事をして経験を積んで、ドイツで必要とされる仕事で実績があり、ドイツ語と英語がビジネスレベルであればドイツで就職も可能かと思います。

    実際のところトピ主さんがドイツの大学院で勉強しても就職に結びつくかは疑問です。

    私の周りでドイツで就職している人たちは、ドイツ人以上の実力が認められている人たちか、ドイツの企業が一定の技能を持つ日本人を必要とした時にその実績がすでに有りかつドイツ語と英語がビジネスレベルの人たちです。もしくはドイツ人と結婚すれば働くことは可能ですが、希望する仕事ができるかは別問題です。

    ユーザーID:8012043767

  • 結論:国に帰ったほうがいい

    ドイツに住み、ドイツ企業に勤めているものですが、正直を言って適正的に、また物理的に非常に難しいと思います。失礼ですが日本の学生が日本で就活をするような感覚が残っているような印象を受けます。
    就職とおっしゃるがまずどこで何の仕事をしたいのか、最初の入り口から不明確ですね。まるでプロフを作って「自分」を他人に選んで下さい、と言っている様な質問じゃないですか?子供の時から「自分の意見を主張」するように教育されるドイツにおいて既に致命的なビハインドと思います。
    加えてドイツに限りませんが、基本的に企業が外国人をわざわざ選り好んで採用するメリットは皆無です。母国人を差し置いて語学がネイティブレベルにない人を雇う必然性がありますか?同じ能力なら考えるまでもなく母国人を選ぶでしょう。
    最後に、学位やそこで学んだ知識、は「自分」が活用する術を知らなければ宝の持ち腐れ、でしょう。あなたが仮にMだろうがPhDだろうが、周囲にとっては「So What?」です。そんなものを「有利ですか?」と聞くのはあまりにも的外れです。「有利」になるかどうかはあなた次第でしょう。
    ドイツで何をして働きたいんですか?

    ユーザーID:0064559347

  • つづきですみません

    あとB1ですが、現地では話にならないレベルです。滞在ビザの最低要件は満たすと思いますが。私の奥さんは専業主婦ですが、現地で買い物とかが不便だからという理由でVHSに通い始めて1年弱でB2になりました。遊び半分でもそこまでいけるものなので推して知るべしでしょう。就職となるとC2とかC3まで取ってギリギリ話を聞いてもらえるレベルでは?Cレベルのロシア人が知り合いにいましたが、彼はそれでもドイツ語が駄目だとドイツ人から言われていましたね。就職もそれがネックでしたが。
    あと、私が不勉強だからかもしれませんが、ドイツ語とその文化のことを現地人が外国人からわざわざインプット受ける需要があるとは個人的に全く思えません。私は技術者(工学修士)としてドイツ本社でとある製品を開発設計していますが、それを日本市場に参入させるために日本人ならではの利点を生かしています。既に他の方が言われていますが、発想があなたとは全く逆で、むしろドイツで日本語と日本人であることをメリットとして仕事をしているから働けているという理解です。
    ドイツでドイツ的な何かを外国人が生かす、というのは誰も得しないんじゃないでしょうか?

    ユーザーID:0064559347

  • なぜドイツなの

    でしょうか?
    ドイツ語を生かすなら「日本」においては有利かもしれない。
    でもドイツでドイツ語はなせる外国人、なだけでは
    何の魅力もない気がしますよ。
    友人が在独20数年ですが、現地で結婚しているため何とかバイト程度はあるようですが、正社員にはなかなか厳しいと言っていました。
    アジア人なのでハングルとかできたらいいのに、って言われたそうですよ。
    今は日本語教えてます。

    ユーザーID:9685074611

  • みなさんと同様の意見ですが

    在独10年 帰国後はトピ主さんのような学生さんを相手に仕事しています。
    トピ主さん、ドイツの様子があまりわからないから軽い気持ちでネットで尋ねてみただけなんですよね。

    昨今の学生諸氏の「自分で調べる前にネットで手軽に尋ねてしまう症候群」は困ったものですし、ここでたたかれるだけの蒙昧さも露呈していらっしゃる。

    助言するとすれば:
    みなさんの反応がもっともであることを十分理解したうえで、茫漠とした夢を計画に昇華してください。たとえば 30歳にはドイツ企業のxxx分野で就職している。そのために獲得すべきスキルはなにか その準備作業は何か、などを項目立てして、スケジュール表に記入できませんか。

    トピ主さんは、海外で働くという意思を持っているだけでも希少種です。その希望をあっさりあきらめないで、具体的な作業と努力の計画をたててみてください。

    ユーザーID:2019231774

  • 2度目です

    厳しいレスが多いですし、私も難しいとレスしましたが、私は偶然が重なってドイツで働いています。

    当時アメリカで修士を取り日本で就職も決まっていたのに、ドイツで就職が決まったドイツ人と電撃結婚。ドイツでの新婚生活で、ドイツ語ができないと不便なので現地の語学学校へ通いました。半年で初級の試験をクリア。その後主人がドイツの院は英語で講義も論文もOK(もちろん専攻にもよりますが、専攻次第では逆に英語が必須です)だと教えてくれたので、そのままドイツの院に。(専攻は変えました)修士を取った頃、義両親の隣人から紹介されたドイツの会社に就職し、現在に至ります。

    現在、仕事関係での会議や文書はすべて英語です。ですからドイツ語は日常会話は問題ありませんが、手紙を書くときには、主人か成人した子供たちにチェックしてもらう状態です。

    トピ主さんの周囲の人に聞きまくっても、トピ主さんの必要な情報を得ることは難しいと思います。でも思いがけないところからつながることもあります。現実を見失わずに前を向いて一歩一歩進んでください。まずは日本で、ドイツと関連がある職種を選んで就職されることをお勧めします。

    ユーザーID:8012043767

  • 特殊技能を身につけるとか

    逆の発送で「雇われよう」とするから難しいのであって、特殊技能あるいはアイデアがあれば自営業で生計を立てることも可能ではないでしょうか。日本語や音楽の個人指導をやっている日本女性も結構いらっしゃいますよ。

    就活生が日本国内で「内定」を取ること自体が難しいですが、その事情はドイツでもほぼ同じか、ある意味で日本以上にシビアです。日系企業は新卒を優遇する傾向にありますが、ドイツではそんなアドバンテージは存在しません。ドイツの新卒者は在学中にインターンや特定企業と学業/業務の提携プログラムに参加して当たりを既に付けていると思います。卒業が見えてきて週活を始める日本とは明らかに方法が違います。指導教授や学校事務局と密にやり取りしながら各種制度を利用しないと厳しいと思います。
    あなたの場合はそれに加えて外国人というハンデを克服しなければならないので、かなり巧妙老獪に立ち振る舞う必要があります。
    あなたがどちら向きかは分かりませんが、今からでは間に合わないので企業就職を狙うなら指導教授に院進学を前提に相談するしかないと思います。自営業は現地に友達知人がいればどうにかなるかも

    がんばれー

    ユーザーID:1630464267

  • つづき

    ヨーロッパで仕事を得るのは、コネが多いです。誰かからの紹介とか。なので、カフェに入り浸ってカフェのおじさんとかと知り合いになる、とか近所の人と仲良くなるとか、現地の人と仲良くなりましょう。
    もしかしたら、ドイツに残りたいんだー、仕事探してるんだー、あー、それだったらねー、となるかもしれませんよ。とにかく色んな人に、自分はドイツで仕事を探していると言いまくる事です。

    ユーザーID:1287488020

  • あれれつづき前が

    どうもよろしくない事を書いてしまったのか、つづきの前の物を載せてもらえませんでした。

    日本食レストランに置いてある日本語無料情報誌に、人材紹介会社の広告が良く載っています。
    そちらに一度相談してみたら如何でしょうか。
    最初は日系企業からでも何でもとにかく職歴を作る事です。

    ユーザーID:1287488020

  • ラッキーなケースも。

    皆さん厳しいことを書いておられますが…ここでちょっと励みになるコメントを。
    私は、ドイツ語は大学の一般教養で習ったレベル(B1未満…)でしたが、英語はビジネスレベルなのと、日本人を必要としていた現地の会社があったので、ドイツで無事就職できました。
    英語を日常的に使う事務職です。日本語はごくたまに必要。コネなんてないのに、本当に運が良かったと思います。
    ドイツの就職サイトなどで、Japaneseを検索ワードに入れて検索するとたま〜に、ドイツ語不要の仕事で、しかも事務職、というのが時々ありますよ。そこに、ドイツ語ある程度できる人が応募してきたら少し有利なのではないでしょうかね。意地悪なコメントに打ちのめされないで希望を持ってね。

    ユーザーID:1970226235

  • 運と現実の狭間で

    意地悪なコメントも確かにあるかもしれませんが、現実を見ることはとても重要だと思います。

    確かに運もあるでしょうが、統計的に見るとドイツで特殊技能などのアドバンテージがない状態で、就職を考えるというのはちょっと無謀です。

    >日本人を必要としていた現地の会社

    この部分が全てを物語っています。レスした方はこれをラッキーだと仰っておいでですが、ラッキー要素だけでなく必然的な要素も含まれていることを忘れてはいけません。この場合、日本人である、ということがアドバンテージになっています。

    極論、Kultur Managementは独留学においてオーソドックスな方法で、難易度も相対して高くない。トピ主がそうだとは言いませんが、滞在の延長を考える場合に選ぶ手段の一つになっている側面があります。

    個人に某かのアドバンテージが備わっていないと特にドイツでは外国人の就職が非常に難しいのは歴然とした事実です。専門以外の日本人のアドバンテージは日本語と日本文化に通じている、という以外にありません。

    そのことをしっかり考えた上で就職を検討すべきだと思います。

    ユーザーID:3487659311

  • 昔の話ですが…

    15年前の話なので参考になるか分かりませんが、私の体験談としてお話いたします。

    私は日本の短大しか出ておりませんが、当時の恋人がドイツ人だった理由で日本での職歴もないまま若かりし頃にドイツに来て就職先を探しました。
    日本の食料品店、旅行代理店、某有名メーカーのドイツ支店などに勤めた経験があります。ドイツ語はビジネスレベルではありませんでしたが、日常会話には全く困らず、会社では主に英語で世界各国のディーラーと、後は日本とコレポンをしておりました。仕事仲間はドイツ人と日本人だったのでやはりドイツ語での意思疎通は必須でした。私は滞在ビザと労働ビザを持っていたので、日系の会社でなら結構就職先はありましたよ。ただ、ドイツの会社となるとドイツ人並みのAusbildungなどがなければ難しいと思います。日本人の顧客取得の為、又は日本へ進出したいので日本語が母国語の方の求人もたまに見かけたことはありますが…

    やはりトピ主さんを雇ってその為にビザを出すという条件での雇用なら、なぜトピ主さんでなければならないのか会社側にもメリットがないと難しいかもしれませんね。
    陰ながら応援しております。

    ユーザーID:2208069680

  • 時間がかかるかもしれませんが

    外国語学部在籍中ならご承知かと思いますが、言語はコミュニケーションのツールですので、語学力だけではなかなか就職は厳しいと思います。
    とは言え、ドイツ語のような専門性の高い言語の場合、英語と2つ出来ると幅が広がるとは思います。

    また、大学院に進んでも、いずれ今後の事を考えないといけない時が来ます。
    先生に過去の卒業生の進路をたずねてみて下さい。

    やはり仕事では経験・スキルが重視されますので、未経験で雇ってもらえる日本で新卒就職するのが良いと思います。
    そして2〜3年程度経験を積んで、現地の日系企業の現地採用の面接を受けるのが、多いパターンだと思います。
    現地日系企業の求人は、通常、経験者を対象としていますが、とりあえず業界・職種を見て、就活の参考にしてみて下さい。
    民間企業だけでなく、官庁の若年者用プログラムも調べて、どこか空いてる所に入れると良いですね。
    随時情報収集して、チャンス掴んで下さいね。
    今なら道は色々あると思います。

    頑張って下さい。

    ユーザーID:4579117541

  • 私費留学ですか?楽しそう!がんばって

    あんなさんが、”ドイツに住みたい”のが理由であれば日本の会社でドイツに腰をすえているような企業を狙ってみたらどうですか?日本語は得意これ大切な武器です。日本企業も多数ドイツで活躍していますよ。アニメも漫画も有名でしょ?
    あそこらへんの知的財産を扱う国際法律事務所もいいかもね。
    あるいは”ドイツ人と仕事をしたい”のが理由であれば日本でもたくさん機会があります。金融、どなたかレスしてたエンジニア系、車、工業、また、食品貿易、身近な靴屋も、観光旅行、医療、看護、介護、教育、留学と飛行機会社も募集は出ていますよね。
    …私はドイツ嫌いですが東京でドイツの会社で仕事したことあります。基本みな最初英語の能力が問われますけど。そこのドイツの会社も印人や中国人も採用してましたし共通語としての英語が大切で。もしかしたら英語あんまりできないと、小さい会社になるのかな?日独だけの会社は少ないのかなとも。やることたくさんがんばってねー

    ユーザーID:9216355237

レス求!トピ一覧