私の人生どこで間違えた?

レス45
(トピ主0
お気に入り79

キャリア・職場

レミ絵

レス

レス数45

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 向き不向きがあるかもしれません

    はじめまして。
    32歳のデザイナーです。
    独立してフリー転身後、小さいながら会社を経営しております。
    どこで間違えた?とのお悩みですが
    どこも間違っていないとおもいますよ。

    ただ私が思うのは、人と比べてしまうタイプの方や
    安定を求める方は
    そもそもフリーや独立・起業には向いていないという事です。
    Going My Wayで自分は自分!と割り切れない人は
    本当に、ただツラいだけで損してしまうような。。。

    王道を進んだからと言ってみんながビル・ゲイツになれる訳ではありません。
    それと同じことです。
    過去の小さな選択ひとつひとつが積み重なって
    今の自分があると思ってください。
    遅いことなんてなにもありません。
    行動するなら今すぐ!
    お互いがんばりましょうね

    ユーザーID:0674066749

  • 業種は違いますが

    ある大手に勤務していました。
    時代がよく、私は専門学校卒で就職が叶い、実は「大手とは?」を経験して、父の事業を継ぐために帰郷する約束でしたので、組織や人を観察していました。

    (私は経歴はトピさんに及びませんが、結局16年勤務し、出産を機に退職。地元に戻ることはありませんでした)

    で、上司には色々いまして…
    「○○(個人)がいるから、△△(会社)に依頼がある」と思う人と
    「△△(会社)の中に、たまたま○○(個人)がいて、担当した」と思う人がいました。前者は自己評価が高く、後者はサラリーマンとしてはノーマルです。

    野心のある方は、社名に頼らず、若いうちに独立しました。

    技術も補償も必要な業種なので、個人の能力だけでは、営業も技術も(社内標準にしても技術の積み上げなわけで)伴わなければ…前者タイプの方の引退後は、本当に個人名で依頼があるというのが世間の評価なら、業界誌で名前が踊るはずなんですがお目にかかりません。

    視野の広さと自己評価の違いかな、と思いました。

    ユーザーID:6971456274

  • 足りなかったのは、才能と体力

    >私はフリーのデザイナーになる為に王道を進んできたはずで、A子の経歴でデザイナーやイラストレーターになりたいと言っても「そんな甘いもんじゃないよ」と言われるのが普通ですよね。

    王道を歩いてきてこれじゃあね。どんな世界にも、必要なものがあり、それは運と才能と体力(気力含む)なんです。

    トピ主さんは、

    >美大卒業後、大手デザイン会社に就職、34歳で結婚、36歳で出産退職

    運よく入口は王道と言えるものに巡り合った


    >いずれは独立し、フリーのデザイナーになりたいと思い、キャリアを積み、人脈も築いてきました。

    才能に恵まれていれば、独立できたでしょう。

    >不妊治療、出産、育児で疲れ果て、独立はおろか仕事をする気力も体力もありません。

    体力気力があれば、チャレンジはできたでしょう。しかし、才能に自信がなかったのではないのかな。
    才能があれば、必要な体力は少なくて済みます。
    才能がなければ、努力が必要です、体力勝負です。

    >私の人生どこで間違ったんだろう?

    踏み込んだ道が間違っていたのです。

    Aさんは、才能によって、他のハンデをものともせず大きな仕事ができているのです。

    ユーザーID:4105105385

  • 独立自尊

    独立自尊の精神で、今まで通り生活しましょう。

    独立自尊とは、人のことを羨まないことです。

    ユーザーID:5633753656

  • なるほど

    あなたは先のことを考えすぎて空回りした 、Aさんは何も考えずひたすらイラストを愛して描き続けていた。
    そこの違いかな…。私の経験談ですが。

    私も美大出で専門分野の会社を出てフリーになるぞと、中学のころから思っていました。でもそのキャリアパスに拘って、肝心の作品は作れてもその仕事への熱意は冷めていく一方でした。作品を作りたい気持ち以上にフリーになりたい気持ちが先走った感じです。

    熱意が続かなくなりその業種は見切りをつけ、全く別分野の仕事に興味をもち、アルバイトから入って楽しく仕事しまくりました。キャリアパスなんて描いていなかったのに、今ではそのAさんの立場になります。普通は私の経歴の人間はその業界にいませんが、私があまりにも楽しそうに仕事をするので、その道の人に目が止まり、たまたま拾われた感じです。

    もういちど原点に戻ってみたらどうでしょう。年齢や結婚は関係ないです!!

    ユーザーID:2215760188

  • デザインかぁ...

    私も子供の頃から絵にまつわるしご
    が夢でした。
    順調に進学し、大手に就職して、デザインからもっと根本的に製品に関わりたくて、技術開発者になってしまいました。
    仕事ひとすじで結婚もしてません。

    不満ばかりいって仕事してた友達が、子供の世話しながらゆるーくフリーでデザインのバイトしてるのは、うらやましいです。

    もちろん、子供がいる主婦のあなたもうらやましいです。

    どこで間違えたのでしょうね。
    でも、可能性を信じてくれた会社と親には感謝しています。
    がんばりましょうね。

    ユーザーID:5758449000

  • 書いてありますよ

    私もなかなか、子供が授からずにいたから心の根っこが張り裂けそうだった だから、その気持ちがよく分かるように思います。 でも、子供が出来て人は人自分は自分だと思えるようになりました。 妊婦さん達が、赤ちゃんの成長の話を聞いてる時間は 耐え難いものがあり苦痛そのものそこから、私も人生が下向きになったのかも知れないだけど、 人と比べていても仕方ないし 我が子に申し訳ない。 いつも元気でハツラツとしてる子供を見ていつも元気を貰っています。 今日も一緒に元気で行きませんか?

    ユーザーID:0793111394

  • 実力??

    実力がないのが一番の原因でしょ?ずば抜けて実力があれば、会社は退職しないし、そもそも引き留められたはずでしょ。自分に実力があると思っているし、退職してブランクもある。そんな人材いりません。謙虚に生きてない。そこじゃないでしょうか。

    ユーザーID:1189800557

  • 比較

    比較だけでいえば、
    結婚が遅かった。
    結婚が遅いから不妊治療(結婚時期が関係あるかどうかわかりません)

    A子さんは結婚が早くて育児も体力のある若いうちに行えた。
    そして若いうちに子供に手がかからなくなり仕事を再開することができた。

    違いは結婚の時期

    それが間違いかどうかはわかりません。

    ユーザーID:1020013020

  • 同じ美大卒ですね

    デザイン科卒業でも身体壊して辞めた人もいるし


    全く畑違いの仕事をしている人もいるし人それぞれかも知れないね


    でも、今からでもイラストでも諦めず出版社に持ち込んでみたりしてもいいのでは…?

    あくまでも私見ですが……

    私立の美大だと学校をすっぱり中退している方の方が、ハングリー精神があって 結構、成功していますよね…

    芸大とかだとわからいけど…

    ユーザーID:1633235866

  • お二人とも

    それぞれ、努力はされているので、今があるのでしょうが、身体が丈夫な方は、やはり有利ですよね! 後、『縁』は大きいと思います。これにはかなり左右されるかなぁ。『縁』は 難しいですよね、同じ事をしても結果が違ってくる事もありますから。

    ユーザーID:0532064949

  • 気力体力

    そうデス。わたしもトピ主さんと、学歴、経歴は違うものの、専門職をライフワークとして…と考えていた者です。

    しかしいざ、仕事が軌道に乗って「よし、私はやっぱりこの道だ」と思ったところで、年齢もあり結婚出産育児。

    アラフォー、疲れてしまい、気力体力もありません。
    おまけに子供が小さいんじゃ、わたしの専門職の分野では、今は働けません(泣)
    今は、疲れてしまって、追い込まれているって思いませんか?

    お子さんが少し大きくなったら、余裕も出てきて、また気力が出てくるのでは?
    トピ主さんの投稿を見て、わたしもハッとさせられました。

    今は静かに時を待ちます。
    専門なので復帰できるので。
    毎日お疲れ様です

    ユーザーID:8426259813

  • 焦るな、今を大切に

    高齢出産したら、当面の一大事は母体の健康と育児です。
    いますぐバリバリガンガン働いたら、更年期にまで悪影響です。
    今はしっかり、育児、子育てするように、脳内のホルモンバランスも変わっているのです。

    時期を見極める、流れを読む、優先順位をつける、なにより、女の人生は焦らないことが肝心です。
    妊娠出産育児によるキャリアの中断はつきものだし、自然なことだし、そこを受け入れないと、お子さんは自分のせいで母が苦しんでいるなどと感じて可哀想です。
    45歳でフリーとして成功しても60歳で成功でもいい。それくらい悠長に構えて自分を信じてほしいです。
    継続は力です。諦めないことです。

    間違えたなんて、人生の結論を出すには若すぎますよ。
    あなたアラフォーくらいでしょ? 
    私からみたらひよっこみたいにお若くて可能性たっぷりですよ。

    ユーザーID:9595841673

  • 大手を退職しちゃった地点かも…

    自営業者です。

    好きなことを続けていて、気づいたら独立していた、という感じで、独立したくて独立したわけではなく、そういう状況になっていった、と言ったところでしょうか。

    私としては、大きな会社で安定した仕事をして、終身雇用がうらやましいです。なのに、なんでこんな不安定な仕事に…。人生どこで間違えたんでしょう、と思います。

    最近では、組織の中でやっていける人間と、そうじゃない人間と、分かれるような気もします。私はきっと後者だったのでしょうね。

    トピ主さんは「はじめに独立ありき」だったのかもしれませんが、ひょっとして組織の中の方が活躍できる人なのかもしれませんよ。そのうち、育児が一段落なさったら、再就職なさってもいいかもしれません。

    はじめは小さな会社からはじめて、そのうち大手から引き抜きがあるかもしれません。

    ユーザーID:9436243469

  • 答えはまだ先

    40代です。フリーのデザイナー歴15年です。
    私は事情があって王道の学校を中退し、とにかく食べるために…と
    10年ほどデザインとは何の関係もない事務仕事をしていました。

    私が誘って同じ学校に入った友人が卒業後、
    デザイン事務所で大きな仕事をしているのがものすごく羨ましかったなあ。

    でも彼女を羨んでも私の人生が変わるわけじゃないんだよな…と一念発起、
    仕事が終わってからスクールに通ったり、仕事に繋がりそうなことにはガツガツ食いついていったり
    王道ではなくものすごく邪道な道を通ってこの世界に戻ってきました。

    大きな仕事をしていた彼女は、私が独立した頃に夫の都合でデザイナーを辞めました。
    知らないあいだに逆の立場になったわけです。

    でもこの先の10年では、また立場が変わってるかも知れませんよね。
    先のことは分かりません。

    彼女のことは今でも心中密かにライバルだと思ってます(たぶんお互いに)
    若い頃は嫉妬で苦しく辛いことも多々あったけど、
    この歳になると同じ時を生きているライバルは貴重な存在です。

    二人とも頑張れ〜!ですよ。
    私も頑張ります。

    ユーザーID:8671708024

  • あえていうなら経験でしょうか

    A子さんの場合、運の要素を抜かすと
    あとは才能と経験の差なのだと思います。

    経験というのは、デザイン的な経験ということではなくて
    国立大を出て(優秀な人が集まるので将来の人脈に有利かな?)
    メーカーに勤めたり(デザイナーの立場の顧客の視点を持っている)
    若いうちに結婚し出産した(母、子持ちの視点を持っている)
    という部分です。

    美大は技術は学べますが、学友は同じような道を目指しますから
    仕事を回してもらえるような人脈は弱く(あくまで学内でいうとです)
    デザイン会社では顧客の視点は勉強する以外に知ることはできず
    母親のキャリアがあれば、その手の仕事なら
    クライアントに提案も共感もできるし説得力がありますよね。

    クリエイターというのは、よっぽどの才能があれば別ですが
    その道以外の色々な経験によって視野を広げ、感性磨かなければ
    なかなか仕事に結びついていかないものです。

    お客様に共感し、また共感してもらえるものを提供してこそ
    ですからね。

    ユーザーID:5734251773

  • 体力と人間的魅力の向上の問題かな・・・

    トピ主さんは所謂、高齢出産された訳ですよね。
    これって自分が思っておられる以上に体にダメージになっているん
    ですよ。

    一方、A子さんは非常に理想な時期に出産を終えてしまい
    まだまだ、体力のあるうちに、次のステップへの準備に取り掛かる事が
    出来たんですね。

    要は出産するつもりならば、やはり20代のうちに済ませてするべきで
    30代も半ばを過ぎて出産すれば、そりゃ体力も落ちてしまい、次の
    ステップを踏む元気もなくなってしまうのは致し方ない事なのだと
    思いますよ。

    そうした現実を理解していない若い女性は多いですね。
    ちゃんと学校の授業の中で学習させるべき内容なのかも知れませんね。

    後は人間的な魅力のある人というのは、周囲から大切にされるものだと
    思います。
    早くに伴侶に恵まれる事が出来た女性。3人もの子供の子育てを行い、更に自分の夢に
    向かって努力しているような人ならば、沢山の引出しも持っているでしょうし
    バイタリティーのある魅力的な女性と周囲からも認識されるものだと思いますよ。

    ユーザーID:5758988675

  • 2人とも

    アラフォーかと。

    人間の適正は、高校で決まる訳でもないし、大学でも決まる訳でもない。いつ何時、中年になってからでも実力が泉のごとく吹き出るか分からないのです。

    学部学科など関係ありません。就職先の業種も無関係です。

    30で、40で、才能が開花する人もあれば、残念ながら一生陽の目を見ない人もいる。

    逆に言えばだから人生は面白い。少ない確率かも知れないけれど、だからこそ皆が明日に向かって生きていける。

    いい年になれば、多分駄目だろうなあ自分は、というぐらいは分かりますよ。でも何か可能性があるかもしれない。だから頑張れるんです。

    自分はもはや駄目でも、自分のDNAを受け継ぐ子供が良い人生を送ってくれるかもしれない。だから親は皆、高い学費に耐えて子供を送り出す。

    あなたが何が足らなかった訳ではないのです。あなたはあなたで頑張った。人と自分が入れ替われるわけじゃない。もうやめましょうつまらない考えは。

    ユーザーID:2082794069

  • 出産したときの年齢じゃないでしょうか、

    27と36では、体力が大きく違いますし、

    27で出産すれば、30代前半には子育ては楽になって、時間も取れる。

    一方、36で出産したら、子育てが楽になるのは、40代になってから。


    30代前半なら、まだ気力も体力も充実していますよね。


    主様が、高齢で出産した後のきつさを計算に入れてなかったからでは?


    でも、主様は、今の時点では、十分幸せで 成功していると思いますよ。

    ユーザーID:9830210975

  • 決めるのはまだ早いのでは??

    レミ絵さんおいくつでしょう?
    47才の私よりは全然お若いでしょうね。

    一般的に見てA子さんは主婦向け雑誌の特集に登場するような稀な成功者です。
    そんな人と自分が同等と感じているのが間違っています。どこで接点があった人物なのかわかりませんが、あなたが勝手にライバル認定した人みたいですね。あなたは気づいてないようですが、誰もが一目置くような存在の人なんでしょう。
    仕事も家庭も成功している女性など、40代になれば女性40人で2人程度でしょう。その2人だって人生には様々な葛藤が存在しているはずです。

    私はパートで学生時代専攻していた分野の仕事をすることになったので今、勉強し直しています。勉強し直しても誰も評価はしてくれないでしょう。
    でも今まで、学生時代の専攻とは縁なしの人生を送ってきたので学費の元を少し取り戻せたようでうれしいです。
    A子さんはひょっとして焦っていない、欲のない雰囲気が良かったのではないでしょうか。
    復帰したい、認められたい、という意識が高いと受けを狙ったような意図的な作品になりませんか。

    ユーザーID:3053989898

  • 別に間違えていないでしょう

    今は気力がなくても、そのうち出てくるかもしれませんよ。
    会社で評価されてずっとお勤めをされていたのなら、実力もあるのでしょう。

    そりゃあフリーで仕事をはじめてすぐに大きな仕事を得るのは難しいですよ。
    最初は小さな仕事をこなして、徐々に信頼されていくものではないでしょうか。
    トピ主さんは大企業で活躍していたから、こんなものかと思ってしまうのでしょうが、
    企業での仕事は企業あってのもの。
    新人の頃を思い出してみてください。

    トピ主さんも、仕事をしたければもとの会社や友人のつてを頼って
    どんな仕事でもいいからまわしてくださいと頼んでみればいいじゃないですか。

    お子さんが小さくてまだ無理ということであれば、今は英気を養っていればいいと思います。
    あと、ご友人を上から目線で批評するのはやめたほうがいいと思います。

    ユーザーID:9773460547

  • その「上から目線」と「根拠のなき高すぎる自己評価」

    人はあなたが思っているほど馬鹿じゃないしあなたが思っているほど人を見る目がないなんてことはあり得ません。
    あなたのその人を馬鹿にする態度とか上から目線とか謙虚の欠片すらない傲慢さってのはちゃんと人は分かってるんよ。

    その自分では「外に出していないはず」の綻びの積み重ねがいつの間にか仕事への姿勢や他人の評価、実績の差となって目に見える「差」になってるんですよ。

    まぁプライドと傲慢ってのをごちゃ混ぜにしていたことのツケですな。
    35で開いてしまった仕事上の差はもう埋まることはありません。
    それが「信用を得られなかった」っていうことなんですよ。

    ユーザーID:1301706678

  • 気力体力でしょうね

    以前はお勤めしていたのですが、今は独立起業しています。社員数は数百人でしたが、私が辞めた後、大きな不祥事があって、今は1/3くらいに減ってしまいました。

    私も気力体力があって、独立起業した訳ですが、その不祥事の後、会社を出て行って、今それなりに活躍している人達はやはりみんな気力体力のある人達です。あなたの人生の分かれ目もそうじゃないですか。

    ユーザーID:7110100622

  • 間違いなんて

    ありませんよ。
    間違いななんて。

    ただ、お友だちが20代でされた妊娠や出産を自然にされたことは大きいと思いますよ。不妊治療は時間もお金も労力もやった人でなければわからないと思います。疲れはてて大変なのは、30代半ばでの育児も年齢的に大変でしょうし。
    でも、お子さん授かったんでしょ。良かったですね。

    あれも、これも望んだらだめですよ。
    体力的に大変と思いますが育児頑張って。
    私も30代半ば子育て奮闘。
    今、40代半ば仕事再開して頑張ってます

    ユーザーID:8282772480

  • フリーのデザイナー歴15年です

    自分含め、多くの男女フリーランスの方を見てきました。

    レミ絵さんの進んで来た道は、出産に拘らずフリーを視野に入れるなら確かに「王道」ですね。
    ですが、妊娠出産を視野に入れて目指すなら「どっちつかずの中途半端」です。

    デザインの世界は過酷です。妊娠出産を視野にいれつつフリーを目指すのでしたら
    若い頃に出産し、子育てしながらフリーになる道を模索する。
    もしくは多少無理をしてでも若い段階で独立し、フリーとしての位置が
    固まってから出産するのが良かったのだと思います。
    (もちろん誰もがフリーになれるものではないのですが)

    >A子の経歴でデザイナーやイラストレーターになりたいと言っても
    >「そんな甘いもんじゃないよ」と言われるのが普通ですよね。

    その通りだと思います。才能があったとしても普通はまず無理です。
    ご友人は運に恵まれて今があるのも確かです。ですが運も実力のうちですから。
    モヤモヤするのも分かりますが、そういう物です。

    ユーザーID:8254006422

  • Aと比べる事が間違っている

    Aさんと比べてジタバタしているのがみっともないですよ。

    わたしの人生どこで間違った?と言うより、比べなきゃ良いと思います。

    トピ主さんはAさんが羨ましいのはよく分かりました。

    ユーザーID:5233574967

  • 自分に嘘をつかないで

    才能、運、持って生まれた縁、があるので、そんな単純比較はできませんが、一つ、大きく言えることは、

    トピ主さんは、晩婚、高齢出産だったってことでしょうか。

    育児にはとてつもなく体力、気力が奪われるので、その後、子育てが一段落するまで、野心家にはなれないでしょう。

    間違ったなんて、決めつけるのはまだ、早いです。この一見、回り道してるのかも?と思う体験も、後々、花開くための準備期間だったと思うかもしれませんから。

    とにかく後悔しないことです。子育てを楽しんで、毎日の幸せを、今を充実させてください。他人との比較は無意味です。
    彼女には彼女の人生が、トピ主さんにはトピ主さんの人生があります。

    ふと、比較してしまい、どこでどう間違ったのか?と考えること自体、あなたは、彼女をうらやみ、ひがんでいます。
    彼女に負けた感じを抱いていることは、文面から明白です。そういう、負けてる自分を認めて、受け入れることが、今のあなたに必要だと感じます。

    人は本当に幸せなら、他人と比較したり、どこで間違ったか等と詮索しませんから。

    ユーザーID:2016695665

  • 人生、間違えてないよ。

    美大を出て、それなりに就職して、結婚もして、子供もいる。
    ある意味、勝ち組だよ。

    後は、才能でしょ!!
    音大行って、作曲勉強しても、いい曲が作れるとは限らないし、、。

    比べるのってよくないよ。
    自分の感性で、ホームページでも作ってみたら?
    季節の暑中見舞いとかクリスマスのポストカードとか作って売ってみたら??
    それで営業してみたら??

    一筆書きみたいな作風でも売れる人はちょっと真似できない何かが有るよね

    ユーザーID:1987731838

  • 運がなかった

    強いて言えば、トピ主さんに足りなかったのは運でしょうか。

    後ろ向きな人よりも、前向きな人のほうが運を呼び込む力を持っていると思います。

    デザイナーなど、感性を活かした業種は、センスと運に依るんじゃないでしょうか。

    結婚、出産をして、大切な家族を得たのに、「人生失敗した」なんて悲しいこと言ったら、お子さんもご主人もかわいそうです。
    家族を幸せにすることも、素晴らしい人生だと私は思いますよ。

    ユーザーID:3857874079

  • 人と比べない

    そもそもA子さんを意識するのが間違いです。

    A子さんは不妊治療もせず3人の子持ちです。
    そもそも健康面でトピ主さんとはかけ離れていますね。
    なのに何故比べるのですか?

    憶測で申し訳ありませんが彼女は若くして結婚し出産しているので正直もっと自由で居たかった〜
    というのもあったと思いますよ。
    子供を持ったら数年は自分の時間なんてありませんから。
    でも何とかして少しでも良いから社会に繋がろう、夢を叶えようと
    努力してきた結果がやっと今になって実を結ぼうをしているだけです。

    でもトピ主さんは36歳までは自由だった訳です。
    その間に夢を叶えるために努力をしてきましたか?

    今の生活、ご主人に感謝の気持ちを忘れずに
    不妊治療の経験、健康の大切さ、仕事のキャリア これも立派な土台です。 
    トピ主さんの人生もこれからです。

    ユーザーID:5085209029

レス求!トピ一覧