持ち家なんていらないと思う夫

レス209
(トピ主2
お気に入り268

男性から発信するトピ

Ralph

レス

レス数209

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です1

    私は持ち家などすくなくとも今は必要ないと思いました。もし私に1億円あったら、投資目的でマンションなり家なりを購入することは考えます。ただ、それでも購入した家に住みたいと思うのは恐らく妻であって、私は住みたくありません。マンション時代、教科書のようなご近所トラブルにも悩まされましたので。動かなくて済む、ではなく、動けなくなった。

    多くの方のご指摘どおり、返済プランで無理をしたのは言うまでもありません。要は、無理をしていい時代ではもはやないということを理解していませんでした。

    妻も、当時の私も、親の世代の残像を引きずっている部分が大きいのではないかと思います。私の親は、高度経済成長の時代に結婚、出産、家購入などのイベントを経験した世代です。父によると、家の購入はかなり無理をしたそうですが、政府のインフレ政策などもあり、ローンの支払いは、数年のうちに一気に楽になったと。父は田中角栄には背中を向けて寝られない、と笑っていました。今は事情があまりにも違いすぎます。今の時代こそ、頭金は充分すぎるほど出さないといけない。

    ユーザーID:2626440293

  • トピ主です2

    それに、ローンなしの持ち家であっても、固定資産税を払わなければ国に差し押さえられます。結局のところ、持ち家も国からの永遠の賃貸みたいなものでしょう。「失う」リスクは何に対しても必ずあります。保険には、入るべきものもありますが、ほとんど意味のない保険もたくさんあります。リスクとともに生きていくしかないのが我々人間です。過去10年以上、毎月10万円以上を年金口座に拠出しています。これだって、税制上の優遇があるものの、リスクを伴う投資信託です。でも、持ち家のようなストレスはないし、リスクもシステムとして分散されている。

    結局のところ、持ち家は純粋な投資だと思うのです。それは、ゼロ円や少ない額からは始めることのできない投資です。固定資産税は国に払う手数料みたいなものです。頭金を多く出せれば出せるほど、リスクを低くできる投資です。子供たちに残せるからとか、夫にしなれた時に困らないとか、精神的理由は私の中では全部却下です。私自身、たぶん65歳ぐらいになる頃には、妻と二人で暮らすのに充分すぎるぐらいの物件を郊外に購入することは充分ありえます。それでいいじゃないか、と考えています。

    ユーザーID:2626440293

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧