• ホーム
  • 男女
  • 喘息、過呼吸持ちの夫の今後についてご意見下さい。

喘息、過呼吸持ちの夫の今後についてご意見下さい。

レス32
(トピ主2
お気に入り27

恋愛・結婚・離婚

サラ

30代後半のサラと申します。夫は40代半ばです。子どもはおりません。
拙い文章で申し訳ありませんが夫のことについてご相談させて下さい。
夫はもともと喘息持ちでしたが、結婚した当時はちゃんと会社に行っておりました。
その後30代になると春や秋の季節の変わり目に体調を崩して会社に行けなくなり、クビになりました。その後は派遣になり、転々としましたが40代になってからは派遣の仕事も少なく、重いものをもつと過呼吸になるみたいで、仕事は今はしていません。
私はフルで働いていますが、とても1人で養える収入ではありません。残業して遅くまでやっても厳しいです。
仕事に行けるようになったら行くと言ってくれてはいるのですが、今年はまだ全然です。
医者にも行くように言っているのですがどうせよくはならないから、と投げやりです。
私も外の仕事が辛いなら、在宅でできる仕事とかを勧めてみたりするのですが、続かないみたいです。
家事は少しはできます。
私も今は元気だけど、病気になったりしたら共倒れになってしまうだろうと思います。
両方の親には心配かけたくなく、裕福ではない生活をしているので、まだ話していません。
私が頑張ることでなんとかなるならと思ってやってきましたが、だんだんやる気のない夫の姿に悲しくなってきました。これから良くなることってあるのでしょうか?

ユーザーID:3622527768

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 何十年も喘息をわずらっています

    喘息という病気は、いかに発作が起きないように薬でコントロールすることがカギです。
    子供は自分をうまくコントロールできないので、親の手助けが重要になります。
    大人になってくると、発作を抑えるために何が必要なのか、自分で認識できるようになり、
    喘息とうまくつきあっていけるようになります。

    喘息の治療法は昔に比べると、格段に進歩しており、昔を知る身としては夢のようです。
    喘息持ちの運動選手もめずらしくありません。

    でも、ご主人は喘息をうまくコントロールできないのですね。
    これでは、重症化する一方です。

    実は、喘息は体調面だけでなく、精神面にも悪影響を与えることわかっています。
    ほかの人と同じように普通のことができないことに傷つき、自分はだめな人間なんだと、
    萎縮してしまい、心を閉ざしてしまうことが少なくないのです。

    きちんとした専門医にかかって、喘息をコントロールするとともに、
    喘息の悩みを誰かや、喘息友の会のような団体に聞いてもらうとよいかもしれません。

    ユーザーID:1393234922

  • レスします

    私は喘息で何度も死にかけてますが喘息はしっかり治療を受けて薬を吸うなりしてコントロールは可能です。
    甘くみてはいけない病気ですが医者に掛かって改善しようとするのが大事です。どうせ良くならないと言うのは旦那さんの甘えじゃないですか?
    本当に苦しければ普通病院に行きますよ。もう働きたくないんじゃないですか?私は男が主婦(夫)になり女が外で稼ぐのは有りと思ってますが旦那さんの場合は家事もしないような気がしますね。

    とりあえず医者に連れていきこれからの話を真剣に話し合ってみたら?

    ユーザーID:4983694532

  • 呼吸器内科

    呼吸器内科で一度相談してはどうですか。
    私も喘息持ちで季節の変わり目や体調が悪い時に発作を起こしたり
    しますが今はコントロールするお薬をもらってだいぶ落ち着きました。
    完全に良くなることはないかもしれませんが発作の起こりやすい時期や
    起こりそうな時って本人も自覚があると思います。
    それに対処する薬があれば精神的にも楽になると思いますよ。

    ユーザーID:7761256487

  • 私の夫も

    喘息です。持病もいろいろあります。休日に通院しながら働いています。

    私も過呼吸とパニック障害がありますが、薬を飲み、自宅で働いています。

    通院もせずに「具合悪いから働けない」だなんて、そんな人もいるんですね。

    私ならそんな夫とは情けなくて暮らせません。

    ユーザーID:1177532508

  • 問題の整理を。

    はじめまして。

    まずはご主人が不調の原因を整理すべきです。

    私は医者ではありませんが、過呼吸はやたことがあります。
    基本的にストレス原因と理解してますが、ある時点から習慣化することもあります。(んで薬を飲みます)

    重いモノを持つことが、過呼吸の原因では無い可能性があります。なにか過去の問題があるように思えます。

    本質的な原因を探すことが第一ですが、それは同時にご主人のプライドを傷つけることになるかも。

    推論ばかりで申し訳ないのですが、ご夫婦で話し合ってお互いに納得できる方法を探して下さい。

    ユーザーID:6892900552

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 喘息持ちの40代です。

    ストレス原因の喘息かなと思いましたが…はっきり言って、旦那さんは貴女に甘えてると思います。
    喘息は、ちゃんと薬を使えば普段の生活にまったく問題がありません。ちゃんと病院に行くべきです。今は良い薬があるんです。ほっとくと気管支の腫れが慢性化してもっと酷くなりますよ。
    後、過呼吸も気になりますね。一度心療内科に行ってみられたらどうですか?
    ストレスの原因が分かったら喘息共々一辺に良くなるかも。

    ユーザーID:9322982549

  • すぐにアレルギー専門医のところへ連れて行って

    私も同じ状況でした。パートでしたが、クビ同然でした。

    日本にいた頃は、健康そのものだったのに、海外に移住した途端
    ぜんそく、発作のような状態が出てくるようになりました。
    常に体調が悪く、しだいに体力もなくなり、辛くて鬱状態に。
    人生、投げやりでした。

    病院にも行きましたが「アレルギー症状が出ている。市販の薬を買って飲むように」
    と言われただけ。そのまま2年すぎ、症状は悪化する一方、これ以上
    生きて行けないと思い、夫へ「日本へしばらく帰る」と告げました。
    夫は初めて、私が深刻な状態だったと悟り、優秀なアレルギー専門医を見つけて
    くれました。検査の結果、周囲の環境、地元の植物や動物に
    ほとんどアレルギー(いくつかは重度)反応がありました。

    そして、適正な治療を施すことができ、いまは正常に暮らしています。

    旦那さんに病院に行くようにいっても行かないのであれば
    あなたが見つけてあげてください。

    病院はすべて同じではありません。
    私も5−6軒病院を回りましたが、なかには精神科をすすめる
    医者もいたほどです。
    適切な治療を見つけるまで時間がかかりました。

    ユーザーID:0980640477

  • 夫婦で良く話したほうが良いと思いますが

    いつ頃からなのか分からないですが
    喘息と過呼吸は処置が違うと思うので
    きちんと診断してもらわなければ駄目だと思います

    過呼吸は人によっては袋があれば大丈夫な場合もあるのと
    喘息は症状により薬や携帯の吸入器で大丈夫な人も居るし
    入院の人も居ます 台風の季節は注意だと思う
    身内が喘息で上手く付き合いながら生活しています

    御主人は自分の事なのに向き合わないなら
    親にも伝えて今後の事考えると言うくらいの気持ちに
    なったほうが良いと思う
    御互いが良い方向に行く事願っています

    ユーザーID:4400077988

  • まずは一読

    ぜんそくは自分で治せる
    久徳重和
    祥伝社 黄金文庫

    ユーザーID:5347598772

  • トピ主です 1

    皆様レスありがとうございます。
    何度も読み返しています。
    話し合いはしているのですが、辛いのもわかるのであまり追い詰めたくなく、情けないのですが強く言えません。
    いつも途中でうやむやになってしまいます。

    昨日かかりつけの医者に行かせました。
    以前に痰が絡んで苦しくなり、痰を切る薬を出して頂いたのですがそれでは効かなく、そのことも伝えたそうですが、とりあえずいつもの薬を出されたそうです。
    一応出して頂いた薬を飲み切って、それでもダメなら、医者を変えてみようと思います。

    ユーザーID:3622527768

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 喘息なら

    吸入薬、ちゃんと使ってます?

    本当に喘息なら、薬が効かないなどというのは
    考えにくいですし、根気よく合う薬を出してくれるところを
    探すのが普通。

    重い荷物をもつと過呼吸が起きるというのも、関連性が
    あるのか疑問です。

    怠け癖がつく前に義両親に相談するほうが、ご主人にとって
    いい薬になるのではないでしょうか。

    ユーザーID:4698441648

  • 過呼吸持ちではありませんが…

    喘息持ちです。周囲からは健康優良児のように思われてますけど(苦笑)
    喘息の発作起きると確かに物凄く辛いです。でも、きちんと対応すれば
    コントロールは可能です、完全じゃないにしても。
    医者に行っても仕方ないというご主人の発言は、同じ疾患がある人間からすると
    体のいい言い訳にしか聞こえません。自分で何とかしたいって思わないんだもの。
    良くなるかどうかは分かりません。個人的には良くなる可能性があって欲しいけど。
    でも、コントロール出来る状況なら、まだ受け入れられると思って、通院しながら
    普通に働いてますよ。甘ったれてる様にしか見えないけどね、ご主人は。

    ユーザーID:5254941720

  • 二つ目のトピ主の文章を拝見しました

    痰を切るいつもの薬を出されたそうですが、
    これは対症療法(表面的な症状の緩和を目的とする治療)であって、
    喘息の根本的な治療ではないでしょう。

    前回も書きましたが、喘息の治療法は約15年前を境に格段に進歩しました(吸入ステロイド薬の登場)。
    ですが、医者によっては単に喘息の発作を抑える昔ながらの治療法しかしていないようです。
    トピ主さんの夫の場合は、その可能性が高いです。

    ネットで検索して根本的に喘息を治療する専門医療機関を探されることをおすすめします。
    パッチテストをして喘息を悪化させるアレルギー物質を特定し、日常生活の改善するとともに、
    気管支の過敏性を沈静化していく薬を使用した継続的な治療が始められるはずです。

    2000年以降、喘息による死者数は約3分の1に激減したとはいえ、
    現在も毎年、2000人近くの人が亡くなっています。
    気道の炎症が慢性化して、まともな生活が送れない人が少なくありません。
    それが、どれほど苦しいことか、本当のことは本人にしかわかりません。
    他人の「甘えている」発言に、それほど耳を傾ける必要はないと思います。

    ユーザーID:1393234922

  • 追加したくなったので

    かかりつけの医者って、近所のお医者さんでしょうか?
    いまどき、痰を切る薬の処方だけなんて信じられません。
    いつの時代の医者なの、って思いますね。

    最近ではオムロンから家庭向けに本格的な吸入装置が発売されており(コンプレッサー式ネブライザNE−C28。約14万円)、
    専門医療機関並みの治療を自宅で続けることができます(実際に使っています)。
    これは本当にすごいことで、治療の負担が大幅に軽減されます。
    携帯用の治療器具も非常に便利になりました。

    たいへん失礼な言い方で申しわけありませんが、
    喘息治療の進歩を知らず、無知によって喘息に苦しんでいるかたが今も少なくないようです。
    喘息の治療に関する本もたくさんありますが、ネットで調べるだけでもかなりの知識が得られます。
    ぜひ、それを生かして治療に役立ててください。

    ユーザーID:1393234922

  • 症状を遠くから眺めて見よう

    ご苦労にご心痛を重ねていらっしゃることだろうと思います。
    自分の拙い経験がお役に立つかどうかわかりませんが、自己
    情報を提供します。

    旦那さんの訴えは、喘息と過呼吸なんですね。
    喘息については、一度耳鼻科で診察を受けられては如何ですか。
    後鼻漏が気管に流れて、炎症を起こしているケースが多いです。

    鼻汁は、誰にもあって常に流れているものだそうですが、鼻が
    悪ければ、気管に炎症が生じたり、気管が抗って、呼吸がし辛
    くなるのではありませんか。

    鼻の病気は、慢性化し易く治り難いものですから根気強く治療
    されることが大切です。
    過呼吸については、精神的なものが大きいのではありませんか。

    実力以上の望みとか、実力以上の成果を期待し、期待される。
    自分の意に沿わない環境などが原因になるのではないかと思い
    ます。

    何度も転職を繰り返していらっしゃる由、見栄を捨てて、自分
    に素直に、正直になれば、気持ちが楽になるのではないかと。
    思考方法も、“べき論”から離れて、流れに任せて生きる方法
    が合っているのではありませんか。人生は短いです。のんびり

    ユーザーID:8168225992

  • 既出ですが

    医者がその程度では旦那さんの投げやりな態度もわかるような…

    娘が2才で喘息と確定診断。
    それから毎日数種の飲み薬とステロイドの吸入(乳幼児用の特殊な器具を用いて)をし、
    それでも時々発作が出るので家でも携帯型の吸入器を購入し(3万円ほど)
    発作が出そうな時期になるとその前に家で吸入、などした結果
    格段と発作が減りました。
    だいたいの目安と云われる10歳を過ぎてもマシにはならず
    今はそのまま気管支喘息に移行し、色々と飲み薬の変更や吸入もステロイドだけのから、他剤も入っている 薬(本来は大人に適応)に落ち着きました。
    それでも疲れると喘鳴が出たり、最近はそこへ寝不足と極度の緊張(学業での発表会みたいなもの)が加わり、中発作を2回と過呼吸を起しました。

    ステロイドを主とした、今のガイドラインに沿った治療をしてくれる病院を探すべきです。
    様子を見てても意味がありません。

    ユーザーID:9464430699

  • 私だったらやっていけません

    貴方のご主人の場合は、喘息、過呼吸だけじゃなくて、精神的な問題もあるのではないでしょうか。

    貴方、ご主人のご家族は現在の生活状況を御存知ですか。

    ご主人の自分の疾病対する認識は甘いと思ってしまいます。

    年の若い妻に何時まで抱っこにおんぶすればいいのでしょうか。

    40代半ばの男性がそれでは、まともに働けるのか先が思いやられます。

    私だったら自分が倒れる前に、離婚も視野に入れます。

    お子さんもいませんしね。

    ユーザーID:0753277476

  • きちんと治療を

    過呼吸?それって喘息発作ですよ。
    きちんと治してもらいましょう。大きな呼吸器内科できちんとした所に。
    吸入器、薬がもくもく出て来る物だと、1−2万円でもあります。最低2万円位からかな。

    お役所に相談したら、地域によってはそこまでひどい喘息なら医療費補助も出る自治体もあります。
    時代は変わりました。
    楽に生きられるんです。治療法もいろいろあります。
    トピ主さん、ネットで尋ねることができるんなら、検索して大きい病院に行って、我慢の人生に当たり前と思ってたことが劇的に変わります。

    繰り返します。過呼吸ではなく、それは運動誘発性、あるいは何かの刺激(ほこり、など)での過敏性による喘息発作だと思います。

    こんな人生があったんだという変化があり得ます。
    我慢し過ぎです。
    きちんとお医者さんに診てもらいましょう。専門医に。

    ユーザーID:3686031566

  • 呼吸器内科で検査と治療

    今は発作を起こさないように薬を使います。
    大人の喘息は死亡する危険があります。
    治療すれば日常生活が楽になります。
    学会HP等で近所の専門医を探しましょう。
    トピ主さんは頑張っているが辛いこと、将来に不安があることを夫に話しましょう。治療に前向きになって欲しいと伝えましょう。

    ユーザーID:9101956700

  • 私も治療を辞めた口です

    私、過呼吸でした。

    当時、日本で最先端の大学病院で治療を受けましたが…。

    結局、自分達の治療方法で改善されない人達は切り捨てられるんですよ。あからさまにワガママ病のように言われて。

    で、最終的に安定剤系統の薬漬け。

    お陰で一月で20キロ増えました。気分は最悪。

    私が生き直せたのは研修医が言った「過呼吸で死ぬ奴はいないよ」です。

    「あ、そう!」って感じ。早く言ってよ!

    こっちは息苦しくて死ぬんじゃないかと本気で思って、病気本体でなく予期不安に仕事まで辞めたんだから!

    だから、ご主人の治療に積極的になれない気持ちは分かります。メジャーじゃなければ、病人だって切り捨てられますから。

    因みに私も小児喘息でしたが。

    私は女だから強くて開き直れたのかもしれません。男性は女性より怖がりだものね?

    もし私があなたのご主人にかける言葉かあれば、それは

    「あなたの人生、それで悔いは無いの?」

    でしょうかね?

    ユーザーID:4644588454

  • 経験者

    小児喘息で体が弱かったため何度も入院しました。ついでにアトピー、鼻炎もあります。
    30過ぎた現在は体は丈夫な方です。風邪はひきますが、喘息の併発もほとんどありません。鼻もアトピーもほとんどありません。
    最後に発作があったのはもう覚えてません。吸入器ももう10年以上使ってないです。
    どうやって治ったかですが、高校の時に病院を変え、ステロイドを中心とした治療法に変えました。
    また、アレルゲンを徹底的に排除するようにし、ダニやホコリ、ネコなどペットを生活空間から排除するようにしています。
    喘息はある意味、癖になるところがあって、発作を起こさない期間がながければどんどん発作になりづらい体質になるようです。
    我慢して、ステロイドをしっかり毎日吸入し、発作が起こったらすぐとめることを繰り返すことと、体力をつけることで絶対にマシになります。
    まさかと思いますが、タバコ等はやりませんよね。
    とにかく体を直すことを第一に考えてください。

    ユーザーID:6362255601

  • 薬を教えて

    ご主人が使っている薬の名称を書いていただけたら、それがいまどきの適切な薬かそうでないか、すぐわかると思います。

    家から通院可能な、ちゃんとした呼吸器内科を調べて、奥様が一緒について行ってみませんか?
    放置していることで喘息が悪化している可能性が高いのと、ほかの方が書いていたように、過呼吸でなく喘息発作という可能性もある気がします。

    私は40代になって成人喘息を発症しましたが、自己管理が大事な病気だと実感しています。ある程度改善したら、旦那様の気持ちも変わってくると思いますよ。

    ユーザーID:5922773318

  • カイロプラクティック療法は?

    カイロプラクティック治療を試す事をお勧めします。
    私は腰が痛くて通い始めましたが、この治療のお陰で、
    頭痛やアレルギーが軽くなりました。
    脊髄が歪んでいると色んな症状(病状)が出るそうです。
    うちの次男も喘息なので、インへーラーやネブライザーで症状を抑えていますが、
    季節の変わり目はとても辛そうで可哀想です。
    カイロプラクティック治療は喘息にも効果があるそうなので、通わせる予定です。
    余談ですがADHDなどにも効果があるそうです。

    でも主様の旦那様はもう怠け癖がついちゃってそうですね。

    ユーザーID:9354584728

  • 治療になっていない

    気管支に慢性的な炎症があるから、僅かな刺激で発作で苦しくなるのです。
    昔は発作が起きてから、気管支拡張剤、啖の切れをよくする投薬や吸入をする対処療法でした。
    今は積極的に気管支の炎症を治す、発作がない時にも吸入薬を使います。
    勿論環境にも気をつけて。諦めない事。

    ユーザーID:9101956700

  • トピ主です2

    たくさんのご意見ありがとうございます。
    色々と書ききれず申し訳ないのですが、夫の通っている病院は呼吸器系内科です。
    先日頂いた薬を飲み始めてから声が掠れるようになり、ちょっと動いただけでぐったりしてしまうようになったので心配になり、また病院に行きました。
    もともと少し高血圧ぎみだったので、もしかしてそれも関係しているのかもと思いましたが、先生はそこまで深刻ではなく、先日の薬も飲んで大丈夫だとのことです。ただ、それに加えて高血圧用の薬も増えてしまいました。
    薬はアドエアとテオロングとフェキソフェナジン、アンブロキソールが1回目に出して頂いた薬で、2回目がブロプレス錠、セフカペンピボキシル、トラネキサム酸錠、カルボシステインです。一気に増えました。
    お医者様の処方だし、大丈夫だと思いますが薬の多さに心配になります。
    あとタバコ、お酒は一切しません。タバコはアトピー持ちなのもあり、煙には絶対近寄りません。

    ユーザーID:3622527768

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • あなたには彼をささえられる覚悟も収入もなかった。

    私は、離婚をすすめます。
    もしくは、彼がしっかりと自分の生活を取り戻すまで、
    彼の実家に引き渡してはいかがですか?
    あなたが、優しすぎて甘えているのでは?
    あなたも、実家に帰って今後の身の振り方を考えましょう。

    持病のある人との結婚はリスクが高いです。
    あなたには、それを乗り越えられる覚悟も収入もないと思います。
    ひどい人って思われるかもしれませんが、私なら彼ができないながらも前向きに働く事がなければ結婚を継続しません。

    冷たいようですが、お互いに実家に帰り別居生活をする中で、一緒に暮らしていけるか考えた方が良いと思います。
    もちろん、あたたから夫にお金を渡してはいけません。自分で稼がないと生きていけない状態にしてください。実家であれば、衣食住は最低限保証されるでしょうし…。婚姻費用の分割どうこうになれば無料相談であなたの不利にならないように知恵を絞ってくださいね。

    健やかな時も、病める時も一緒…。
    これは、お互いに思いやりや誠実さがあってこそ。
    一方だけが頑張り、犠牲になる必要はありません。

    ユーザーID:2693319946

  • 2回目です

    一応、基本の治療はしてくれてる病院だったんですね。
    最初のレスでは痰きりの薬だけ、かと思いました。

    アドエアは基本 発作予防なので しばらく続けて使用しないと効いてきません。
    また吸入したあと、うがいをしなければ声がかすれたり、カビが発生したりします。
    (うがいしてても擦れる人はいる、とは聞きますが)
    今の薬の内容からすると、気管支喘息の薬というより、気管支炎ですよね?
    かなり悪化させてしまってたんだろうな、と思いますが、
    『喘息』の発作に対する薬が殆どないのが少し気になりますが。
    気管支拡張剤とか…(飲み薬、吸入薬や貼り薬)
    あとアレルギー性鼻炎もあるのですか? 皮膚炎に対しての処方なんでしょうか。
    一度ついていって、薬の説明や、今のご主人の状態などをドクターに訊いてはどうでしょうか。

    ユーザーID:9464430699

  • まだできることはあると思う

    次のトピ主さんのレスで、やっぱり少し不安な言葉を診ました。
    >薬の多さに心配になります。

    これだけ症状があれば薬が増えるのは当然です。長期に付き合うので種類が増えても副作用も増えるわけではありません。でも、市販の風邪薬などはもっと種類が多いです。混ざってますからね。
    安全かどうか?は種類では決まりません。
    少し軽くなったらすぐに薬を止めるつもりだったりしませんか?
    治療はほかにもありますし、やり方はあります。
    ご主人が投げやりできちんと治療を受けていない可能性もあります。
    入院して治療をするというのもあります。

    セカンドオピニオンや、ほかの治療、ご主人の生活態度、など気にするべきことはもっとあります。
    トピ主さんも担当医に話を聞いて、工夫できる生活は無いかなど確認してみては?
    勝手に思い込んでいるところもあるかもしれません。
    鼻炎もあればもっと薬は増えます。蓄膿は?
    軽い運動、好きなことはありませんか?楽しいことも入れないと続きません。
    今はまだ諦めるのは少し早い気はします。今の医学でも苦しんでいる重症患者さんはいるのは事実ですが。
    トピ主さんは勉強していますか?

    ユーザーID:8475045461

  • ちゃんと処方されているじゃないですか

    「アドエア」はやや重い喘息に対する予防薬です。

    医者から説明を受けていると思いますが、休みなく、毎日吸入することが大切です。
    気道の炎症を抑えていく成分が含まれていますから、発作が起きていなくても、
    絶対にやめないで、治療を続けることが肝心です。

    ちょっとよくなったからと、吸入をやめてしまう患者が多いようですが、
    それでは、意味がありません。時間はかかりますが、気道の炎症を抑えることが
    喘息の根本的な治療になります。

    あきらめないでください。

    ユーザーID:1393234922

  • 言いにくいですが

    ご主人、よほど働きたくないんですねぇ。
    病気になりたがっている人のようです。

    ・喘息ではなく気管支炎らしい(追加レスで)
    ・高血圧と気管支炎は、生活習慣病
    ・過呼吸と動悸との区別

    働く意欲、生きる意欲を持たせるのが先であって
    妻がお母さんになっていては、ダメですよ!

    ユーザーID:2336187760

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧