現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

歳の差婚。夫の劣化に耐えられない! 携帯からの書き込み

甘夏
2014年6月22日 9:24

トピを開いていただいてありがとうございます。
ご相談と言いますか、完全な愚痴です。

私は、20歳の学生時にアルバイトをしていた企業の上司(夫・当時40歳)と、大学卒業と同時に歳の差婚をしました。

あれから20年。現在、私は42歳、夫は62歳になりました。
私は、暫くは専業主婦をしておりましたが、10年前に某資格を取得し、現在はそこそこの収入を得ています。

夫は定年を迎えてから、頻繁に私と外食や近場旅行に行きたがります。
最初は楽しく付き合っておりましたが、ある時、周囲のカップルやご主人との歴然とした差が気になってきました。

夫は退職してから劣化が激しく、完全におじいさん化しています。
耳も遠くなったようで、普通の声量で話掛けても聞き返されたり、本人の声量も大きくなったように感じます。
老眼もあるようで車の運転は毎回私です。

仕事は、同年代か若い世代の方と関わることが多い為、私の眼が厳しくなっているのかもしれません。
夫には大変申し訳ありませんが、昼間の明るい場所での夫との外出を、恥ずかしい、耐えられないとさえ感じる自分がいます。
お目汚し失礼致しました。

ユーザーID:9393184995  


お気に入り登録数:1129
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:7本
トピ主のみ(7)ほかのレスも表示

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
トピ主です9 皆様、貴重なレス大変ありがとうございました。携帯からの書き込み
甘夏(トピ主)
2014年6月27日 12:16

トピが閉まってしまいそうなので、間に合うか分かりませんが急いでお礼を言わせて下さい。
予想外にも沢山のレスをいただきました事、心から御礼申し上げます。

皆さんのご意見を参考に、まず夫には、週数日のアルバイトを勧めてみよいと思います。
また夫は、趣味らしい趣味がなく、お酒が好きなので健康的ではありません。市のスポーツセンターやジム利用を勧めてみます。

夫も私も初婚です。
夫は、結婚直前までいった女性が2人程いたそうですが、結婚まで至らなかったと言っていました。

20年前の夫は、部下に指示をしたり、場を仕切ったり、女性達に優しくて素敵な男性に見えました。
でも、私たちの結婚生活は、「上司とアルバイト学生」という関係のままだったように感じます。

私は、高校は女子高、大学は附属の共学大学に通いました。
どちらも私立で学費が掛かりましたので、この10年間で、両親に全額返済致しました。

家庭にも20万円程入れていたので、働いてからも質素な生活には変わりなかったです。

やっと落ち着いて、客観的に自分達を見れるようになってきたのかもしれません。
これからどうするか、夫と話し合ってみます。

ユーザーID:9393184995
トピ主です8 住居の件携帯からの書き込み
甘夏(トピ主)
2014年6月25日 18:26

■住まいの件
義両親とは徒歩数分の距離にアパートを借りて住んでおりました。
義父の介護の必要性から同居を提案しましたが、夫が、汚物の臭いを嫌がり、食欲がなくなるし、夜起こされると仕事に響くからと、近くにアパートを探してきました。
このような事からも余計な出費がありました。

私は泊まりをして、朝食を夫に運んだ後、また義両親の所に戻る、を繰り返しておりました。
義母が亡くなった後、アパートを引き払い、夫実家におります。

ユーザーID:9393184995
トピ主です7携帯からの書き込み
甘夏(トピ主)
2014年6月25日 18:05

レスを拝見すると、仲の良いご夫婦もおられるようで、羨ましい限りです。
私から見るとですが、女性が年上婚の場合とは違うのかな…と思います。
最近では、美意識が高い女性が多いと感じます。アラ50・アラ60でも溌剌として、行動的でおしゃれな女性が多いです。
一方、男性の場合は(ご意見にもありましたが)、外見・内面的な差が顕著な気が致します。

全ては私の選択したことで、世間知らず、未熟さ故の結果だとは分かっております。
このような愚痴を聞いていただき、また沢山のご意見も頂戴しましたので、折角ですから、若い世代の方に向けて、もう少しだけ言わせて下さい。

■お若いお嬢様達。
私のような経験は珍しく、歳の差婚が必ずしも不幸とは限らないでしょう。
でも、今は金銭的に余裕がなく、草食系で魅力が薄く感じる男子だとしても、将来に向けて大きな可能性を秘めています。
二人でコツコツ財産を築いたり、老いを共有出来るという喜びも味わえます。
女性にとって、パートナー選びはとても大切な事です。
子の居ないおばさんの戯言ですが、記憶の片隅に私の経験談を置いて、幸せな結婚生活が遅れる素敵なお相手をお探し下さい。

ユーザーID:9393184995
トピ主です6・お叱り、励まし大変有難うございます。携帯からの書き込み
甘夏(トピ主)
2014年6月25日 17:23

■総入れ歯の件
夫は「歯医者が嫌い」を言い訳に行きたがりませんでした。
詰め物が取れたまま放置、酔って、歯磨きやマウスウォッシュをしないで寝てしまうことも…

夫の予定を聞いた上で、私が予約の手配をして前日にも夫に伝え、ダイニングテーブルの上に、「○時から歯科忘れずに!」と、紙に大きく書いて外出することもありましたが、
帰ってくると「行くの忘れた。起きれなかった。」と…
予約も、土曜午前の一番遅い時間等、工夫したつもりでしたがダメでした。
行ったり行かなかったりが続いた段階で、歯医者さんに迷惑を掛けてしまうと思い、
夫の自主性に任せてしまった私にも責任がありますよね…

■嫉妬・頑固さ
これも年齢からくるのものでしょうか?
少し前、事務所の慰労会がありましたが、夫はお店近くの道路に車を停めて待っていました。
普段は運転をしないのに、この時ばかりは車を出したのに驚きましたが、車中に居たら警察官の職務質問に遭ったらしく、ご立腹でした。

その他にも、後輩との食事会があった日に、同じ建物にある居酒屋で一人で呑みながら待っていたり…
上記とも、会が終わる頃に携帯に連絡があって知りました。

ユーザーID:9393184995
トピ主です3携帯からの書き込み
甘夏(トピ主)
2014年6月23日 12:57

しかし、今度は、私の両親の介護も近付いています。
私が選択した道とはいえ、
夫の老化を目の当たりにし、父・母・夫の介護が同時期かもしれないと頭によぎり、耐えられなくなっているのかもしれません…

両親には大反対され(特に父)、私が手に職を付け働くまでは絶縁状態でした。
結婚式も一悶着あり、海外で私と夫の親族だけでひっそりあげました。

私は世間知らずでした。
歳の差婚の、このような現実(夫との歳の差があるほど義父母はもっと高齢で介護が近い、男性不妊もあり得る)を、分かっていたつもりで理解できていませんでした。

またズバリの指摘でしたが、夫は数年前から総入れ歯です。

そして、他のご指摘がありましたが、私は年上というより、アラ40の仕事が出来る男性がタイプだったみたいです。

今は長谷川博己さんのファンで、最近、某ドラマを観たいがためにWOWOW加入を主人に相談した所、夫は激怒してしまいました・・・
録画しておいた長谷川さんのドラマを、「わざと」消された事もあります。

ご意見を参考に、手厚い医療保険と、生命保険の増額を検討しようと思います。

ユーザーID:9393184995
トピ主です2携帯からの書き込み
甘夏(トピ主)
2014年6月23日 12:39

義父はこの時、優に70歳を超えていました。私の20代後半は、義父の介護で終わりました。
私と義姉で義父を看取った後、私は資格の勉強を始めました。
費用の半分は夫が負担してくれましたが、数年に及ぶ義父の闘病生活で医療費等に想像以上のお金が掛かってしまい、
残りは、結婚時に母が持たせてくれた貯金を崩しました。

10年前は就職氷河期で、新卒学生さんでも就職は困難でしたが、資格のお陰でなんとか職に付くことができました。

しかし、仕事にも慣れてきたころ、今度は義母が要介護状態になりました。

私は、数年間、仕事・家庭・介護を両立していました。
夫は介護には積極的ではありませんでしたが、定年間近、
「結婚生活の半分以上を介護に費やさせてしまった。これからおふくろは俺が世話をする」と言ってくれ、雇用延長をせず定年退職しました。

夫の定年後2ヶ月足らずで義母が亡くなり、落ち着いた頃から、夫は外食や近場旅行に行きたがりました。

夫の老化(劣化改め)は、定年や義父母を亡くしたことが原因かもしれません。

少し前から感じている夫への違和感は、夫の介護が近付いていることを感じたからかもしれません。

ユーザーID:9393184995
ありがとうございます1携帯からの書き込み
甘夏(トピ主)
2014年6月23日 12:32

発言小町を覗いたら、私のトピが上位に入っていて驚きました。
こんなに沢山のご意見をいただけると考えていませんでした。厳しいご意見も有難く受け止めています。

補足です。

私達夫婦に子はありません。
20年前は不妊に対する医学知識が、現代のように広く認識されていなかったと思います。
ブライタルチェックなどもここ数年ですよね。

夫は、「男はいくつになっても若い女房なら子供ができる!」と信じて疑いませんでした。

夫の年齢のこともありますし、早めに赤ちゃんを授かりたかった私は、
就職してすぐ妊娠したら会社に迷惑なると考え、大卒後、専業主婦を選択しました。

しかし、3年経っても(私25・夫45歳)授かる気配がなく医療機関を訪ねました。
原因は夫側にあり、夫婦の子を望むのは、ほぼ絶望的と診断されました。
予想外のことで信じられず大学病院も受診しましたが、結果は同じでした。

夫は落胆し暫く塞ぎこんでおりましたが、「現実を受け入れて結婚生活を継続して欲しい」と泣かれました。

私は仕事をしたいと夫に相談し、夫も了承してくれました。
しかし、そんな矢先に義父が倒れました。
つづく

ユーザーID:9393184995
 
トピ主のみ(7)ほかのレスも表示

現在位置は
です