アクチュアリーという仕事

レス15
(トピ主0
お気に入り49

キャリア・職場

ぽみたん

大学生の息子の就職先についての質問です。

息子は今、大学3年生で旧帝大の理学部数学科に在籍しています。

入学当初は大学院に進学して、そのまま研究者の道に進みたいと思っていたようですが
純粋数学?は哲学的でどうも自分には合わないと感じ、大学院へは進学せずにアクチュアリーを目指したいと言い出しました。

私としては、アクチュアリーという言葉も初めて聞き、ネットで色々と調べましたが良く判らないのでトピを立てました。


知りたいのは
1アクチュアリーを目指すとしたら大学院へ行った方がいいのか、大学のほうが良いのか?
 息子は大学院でやる事はアクチュアリーとは直接関係ない事なので、就職するなら学卒の方が良いと言っています。

2アクチュアリー入社をした場合、基本本社勤務で転勤は無いと考えて良いでしょうか?
 金融、保険系の会社は全国規模(大手は海外転勤も有り)での転勤を繰り返すイメージがあるので。

3アクチュアリーの仕事は激務でしょうか?
 ネットを見ると激務という意見と、営業等に比べればそこまではという意見もあり実際どうなんだろうと。

全くしらない職種なので、私はアクチュアリー(又はその家族)です、保険会社等に勤務してアクチュアリーの仕事を知っていますという方の回答お待ちしています。

ユーザーID:3923477380

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 逆質問

    もう息子さんが決めた事ですよね。
    何故、お母さんが知りたいのですか?
    社会人息子の居る母親として疑問です。
    応援するだけでしょ、普通は。

    1、息子さんが学卒と決めていますよね。
      院に進まないと嫌なのですか?
     
    2、転勤が有ったら反対なのですか?

    3、激務だったら反対なのですか?

    ユーザーID:3573665287

  • 母親の出番ではない

    お母さんは、黙っていなさい。

    ユーザーID:0964298240

  • 息子さんがOB訪問して情報収集すべき

    アクチュアリーは院卒レベルの能力が
    ないとできない仕事だと聞いたことがありますが
    学卒で大丈夫なんでしょうか。旧帝大の院だとかろうじて
    ギリギリひっかかるかどうかじゃないでしょうか。
    東大卒でもそれほど評価が高くないように思います。

    息子さんは大学3年生なんだから、冬には就職活動が
    スタートします。アクチュアリーは採用数が多い
    仕事ではないから、自分から積極的にOB訪問など
    していかないと、実情がどうかわからないと思いますよ。
    先輩の中でも、そんなに数はいないと思いますが
    誰かにきいて回れば、卒業生でアクチュアリーに
    なった人がいるかもしれませんから、探してみて
    OB訪問してください。院を出ていた方がよいか、
    院を出るなら国内の院でよいのか、海外の院を
    でないと出世できないのか、など教えてくれると
    思いますよ。

    ユーザーID:7704741573

  • 元アクチュアリーです

    学部のうちに取れる科目は取りましたか?
    実務についてからすべての科目合格を目指していきますが、
    東大卒でも旧帝大卒でも何年経っても合格できない人はできません。
    加えて話術も必要です。
    理系にありがちな説明ベタ、これは不向きです。
    文系能力の高さも実務に入ると重要と思います。ポジションにもよりますが。
    就職先はどこを狙うのですか?

    さて、前置きが長くなりましたがご質問の答えです。

    1. 学部で問題ないでしょう
      目指すキャリアによっては院も選択肢に入ります

    2. 企業、ポジションによる
      私は海外出向していました(出向先の国の資格も取得)
     転勤が嫌という甘い考えではほかのことも甘いだろうなと推測できるので
     その程度の仕事への姿勢なら諦めた方がいいかと
     
    3. 企業、ポジション、激務の定義による
      私は110時間越えの残業経験もありますが、そのときの仕事より21時には帰宅できたアクチュアリーの方が
      激務であると感じていました

    強い意志があるならぜひ目指してほしいです。
    でも興味本位ならやめておきな〜と伝えたいです。

    ユーザーID:4946538040

  • 今年就職した息子ですが...

    ほとんどが院に進学する中、損保に就職した国立大工学部卒の息子がおります。
    社交的で活動的、室内の研究は性に合わないと大学に入って早い段階から学卒で就職を目指していました。
    理系(アクチュアリー等)の募集もあったようですが、本人は全国(海外)転勤OKの営業・企画希望で内定を頂きました。
    が、工学部出身だからでしょうか、内定を頂いてすぐに会社からアクチュアリーの資格試験のためのテキストがどんどん送付されてきて、卒業前に試験も受けるべく(現段階ではまだ合格しなくても良いそう?)全て会社が手配、「こんな筈じゃなかったんだけどなぁ(苦笑)」などど申しております。(文系の学部出身の方には送られていなかったそうです)
    理系専門の内定者には大学卒も院卒も両方いらっしゃるようです。
    4月からの社会人ですのでアクチュアリーの方の転勤等に関しての情報は存じませんが、最近の理系学卒出身でこんな例もあるということで...
    現在息子は約半年の研修期間の途中、今月から地域型ではない新人はそれぞれ全国(北海道から沖縄まで)に派遣されているところです(一人ずつ一箇所で研修)。

    ユーザーID:5299178938

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • アクチュアリー

    1、大学院は行っても行かなくてもいいです。
    2、アクチャリーとして使えれば転勤はまずありません。
    使えないと判断されたらその限りではありません。
    3、若い頃は非常に激務です。
    金融関係はなんにしろ激務だとは思いますが。

    アクチャリーを目指す上で辛いのは、まずアクチャリー要員として金融会社に採用されること(採用数がそもそも少ない)。
    そして、忙しい仕事をこなしながら勉強をして試験を受けなければならないことです。
    正会員になれればこっちのものなので、息子さんにはまず保険会社や信託銀行にアクチャリー枠で採用されることを目指してもらいましょう。
    それから、アクチュアリーは旧帝大卒とか普通というか当たり前なので、だからどうということはありません。
    もちろん、アクチュアリー枠じゃなく保険会社等に入社して、ほかの仕事をこなしつつ一人で勉強して試験に何科目か合格してから異動することもできますが、かなり遠回りになります。

    ユーザーID:0809425451

  • 超難関資格です

    もと生命保険会社の職員です。アクチュアリーの方々とは一度も会ったことはないので、勤務時間などについては全く知りません。
    この資格は試験に一発合格すればOKという単純なものではありません。順調にいったとしても資格取得までには確か最短で5−7年はかかるはず。院への進学が有利には確かならないかな。かえって資格取得準備の妨げになるかもしれません。院へ行けば論文を執筆しなければばらないですから・・。【理系の弁護士または公認会計士】と呼ばれるほど超難関資格ですので、今後5年以上はおひさまの光を浴びられないほど勉強する必要があると思います。
    そのかわり、常に需要があるお仕事ですし、なかなかの高給取りになれると思います。まずは息子さんに学校の先生に相談してみるよう言ってみたらいかがですか? 間違ってもお母さんが変わりに教授に電話かけたりしないでくださいね。息子さんの株を著しく落としますよ。現大学職員より。

    ユーザーID:6303042590

  • 普通の金融関係

    別に他の金融関係の会社員と変わりません。金融のなかの一部所。
    別に大学院まで行かなくても、学部卒でもなれます。転勤は多く無いでしょう。

    ユーザーID:1208380698

  • 超難関

    母の知人がアクチュアリーでした。

    1)アクチュアリーとしての科目に受かっていれば、どちらでもいいみたいです。
    (それが難しいのですが)
    ちなみに東大京大当たり前のようです。

    2)転勤も多少あると思います。
    金融・保険関係は、特に若いうちには現場(支社)を経験させます。
    専門職として採用されても、何年かは転勤があるかもしれません。
    その後は、本社や本社に準ずる部署が基本になるとは思います。

    …ただ、男性が全国規模の会社に入ったら、数年ごとに転勤があるのは
    やむを得ないのではないでしょうか。

    3)激務ですが、お給料もいいそうです。


    ご参考までに。

    ユーザーID:0430412470

  • アクチュアリーではありませんが

    三男が某金融機関でファンドマネージャーをしています。アクチュアリーとファンドマネージャーは異なりますが、「金融」家の遠い親戚と考えれば、多少参考になるかもしれません。

    1息子の場合は博士課程に進み、博士(数理科学)取得後現職に就きました。給与体系が異なり、学位取得手当が出ます。(良いかどうか別として)社内での昇進も早いようです。

    2転社しない限り、勤務地は東京日本橋です。金融の中心地は東京ですから、会社の規模に関係なく、アクチュアリー職も同様だと思います。

    3彼の職務内容は、[1]主として年金分野を担当、[2]国内のファイナンスに関する研究会や学界への参加、[3]国外の数理ファイナンスに関する論文紹介等です。定時出社でほぼ7時には帰宅、土日はもちろん休み、有給休暇以外に年間で20日(期日は会社が指定)ほど別に休めます。ホワイト企業です。

    近年確率微分方程式の数値解法が進歩し、数学科出身者の活躍の場が広がっているそうです。個人的には物造りをせず金を儲けることに疑問を感じますが、息子が働いている金融の世界は面白そうです。

    ユーザーID:0674097779

  • 補足です

    言い忘れていました。
    アクチュアリーに合格したら、よほど恵まれた環境におかれない限り
    海外を視野に入れた方がよいでしょう。

    努力に対する報酬が日本では見合わないことが多いです。
    日本では同じ企業で働いていても「アクチュアリー? なにそれ? おいしいの?」というくらい
    知名度がなかったりもします(すべての企業がそうとはいいません)。
    きちんとアクチュアリーというものを評価してくれるならばいいのですが、
    そうでない企業も多いです。

    海外では役員も狙える資格です。
    600万、700万を提示してくるようであれば私ならその企業とはさようならします。
    無論、海外ではまた別に資格が必要ですが、アクチュアリーになれるほどの脳みそと語学力があれば
    問題はないかと思います。

    ちなみに私は離れているのでまだマシですが、現役の方はなかなかこういう場所では答えにくいでしょう。
    なぜなら、情報を出しただけで身バレしかねないからです。

    ユーザーID:4946538040

  • 超駄レスにて失礼いたします

    先日、高校生の息子と進路の話をしていて「保険会社で難しい計算をする仕事で、
    理系学部出身でないとできない仕事があるんだよね…」と言ったばかりです。
    本当に難しい仕事なんですね。主様、優秀な息子さんでうらやましいです。
    何しろこの会話のきっかけが、息子の「え!?経済学部って理系じゃないの?」という発言ですから。

    ユーザーID:3704198685

  • 元保険会社勤務です

    アクチュアリーの試験は別に保険会社社員でなくても受けられますが、単位を取るのに複数年かかる上、資格を取るには実務経験も必要なため、ほとんどの方は保険会社に勤めながらこつこつと必要科目の試験を受けて資格をとります。

    アクチュアリー希望者の採用形態は、会社によってまちまちです。
    「アクチュアリー枠」として採用され(と言っても表向きは普通の新入社員扱いですが)、入社時研修後は本社の関係部署に配属になってがっつり勉強+資格取得を期待される場合もあれば、

    普通の新入社員として採用され一般業務をこなしながら自発的に勉強し、基礎科目をクリアすれば人事の目に留まってアクチュアリー関係部署へ、という流れのことも。

    まあ理学部数学科で「アクチュアリー希望」を押し出しての採用なら前者が多いですが、入社時の営業研修は一緒ですし、どの程度「勉強」に時間を使わせてくれるかは会社によります。

    その意味では、院まで行ってから「アクチュアリー採用」を狙った方が、確実に本社には残れますね。その分採用は狭き門になりますけど。

    ユーザーID:5438662593

  • 質問の答えといくつかのコメント

    1. 学部卒で十分です。そもそも数学は適性の問題が大きいですから、進学に関して本人以外が口を出すべきではありません。ただし、アクチュアリー試験のレベル感としては、東大・京大以外の旧帝数学科卒のうち、合格できるポテンシャルがあるのは上位半分くらいだと思います。

    2. 基本は本社勤務でしょう。本社機能が二箇所(例:東京、大阪)に分かれている会社では、その間を動く事があります。

    3. 決算業務に関わるので季節性が大きいでしょう。決算期は大変忙しいと思います。金融系で激務でない仕事は少ないです。

    より重要な事は、アクは基本的に会計制度や法律に関わる仕事だということです。いくつかの試験は数学を多用しますが、数学ができても会計制度や法律に興味がない人はアクに不向きではないかと思います。

    海外に興味があれば、米国でアクを目指すのも一つの手です。具体的には、アク科目のある米国の大学院修士課程に1〜2年通い、就職活動という流れです。他の職種では日本人の場合、英語がネックとなって管理職に就くのが難しいのですが、アクの場合は試験を順にクリアしていけば昇給しやすいので、日本人に向きだと思います。

    ユーザーID:6992829491

  • 大丈夫です

    アクチュアリーは、非常に単純に言うと保険や年金の保険料を計算する特殊かつ高度な専門職です。典型的には、保険会社のアクチュアリー部門で仕事をしながら試験勉強をして資格試験を受けます。試験の難易度は弁護士や公認会計士と同程度でしょうか。優秀な方だと在学中に基本科目を幾つか受かってから就職される方もいますね。試験に全部受かってアクチュアリー会の正会員になれば、まず食いっぱぐれはありません。収入も良いです。お母様が心配するような職業ではありません。転勤有無は会社ごとに違いますが、それこそ、親の出る幕ではないでしょう。息子さんを信じて任せてあげてください。

    ユーザーID:2231519918

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧