3時10分前って、何時何分?

レス239
お気に入り339
トピ主のみ1

たんたん

話題

同僚の話です。お子さんが「3時10分前集合」の時に、「3時10分の前だから、3時8分位に行けばいい」と言ったそうです。その時は笑い話だったのですが、うちの高校生の子供にも聞いてみました。
私「3時10分前集合って言われたら、何時に行く?」
子供「知り合いなら3時。仲良しなら3時8分位かな」

3時10分前に集合って、2時50分の事ですよね!?まさか、高校生にもなって「3時10分の少し前」と思っているとは・・。普段から国語力がないとは思っていたけど、びっくりです。

「的を得る、的を射る」が解らないとか、「全然」を肯定で使うとか、世間一般国語力が低下していたり日本語が変わって来ていたりしますが、まさか今の子は「3時10分前」が解らないのではなく、うちの子(同僚の子も)の理解不足だとは思いますが・・。

「人と約束する時は3時10分前って約束せずに、2時50分って約束しなさいね!」とは言いましたが。

ユーザーID:3674899895

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数239

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 何かが崩壊した…

    え?
    あ…ああ?
    はい?

    半世紀以上生きてきて、
    3時10分前=2時50分だと固く固く信じていましたが…
    そんなにキッパリ
    「3時8分頃」とか言われてしまうと、
    私の中の何かが崩壊した気がします。

    2時50分ですよね?
    ち、違うの?ねえ、どうなの?

    ユーザーID:8517462794

  • なるほど

    3時10分より少し前ということですか。
    字面だけ見ればその方が正しい取り方かもしれませんね。

    ところで私は、「全然」は全然肯定文で使いますよ〜。

    ユーザーID:0453877918

  • 中2の息子に聞いてみました。

    2時50分とも3時10分とも取れるので確認する
    と言う回答でした。そして自分は「3時の10分前」と
    「の」を入れて告げていると。
    国語力の低下って言うかどうか個人によって色々かな?
    相手の国語力によるところもあるし、自分の伝える力に
    よるところもあるんじゃないかな?
    我が家では誤解を招かないように確実に確認するのがまず第一です。

    ユーザーID:4026285708

  • 14:50

    口頭でなら2時50分と言いますが、メール等で連絡なら24時間制で指定します。

    ユーザーID:0974643733

  • 参考になりました

    3時10分前は2時50分に決まっていると思っていましたが、3時10分の少し前と思う人もいるのですね。
    3時前なら間違いなく3時の少し前なので、3時10分の少し前と解釈してもあながち間違いとは言えないような気がしてきました。
    日本語のあいまいなところでしょうか。
    これからは2時50分とか3時の10分前と言うようにしようと思います。

    ユーザーID:8423135356

  • ???

    3時10分前ですよね?
    3時"の"10分前じゃなく。

    じゃぁ3時8分に行きますね。

    だって「サンジジュップンマエ」なんですから。

    ユーザーID:2793424688

  • 亡国の兆し

    これは 非常にマズイですね。

    日本語力が劣っている、というより 無いに等しい。

    でも、彼らに罪はないです。

    あるとすれば 文部科学省。

    そして何よりも 「家庭力」の無い家庭が増えてきているんだと思います。

    親世代の学力がそもそも低いのでしょうか?

    ユーザーID:0687756754

  • 聞きました

    私も2時50分だと思ったんですが
    娘(小学生)に聞いたら3時5分と言われました

    びっくりです

    ユーザーID:3304970672

  • 私もそう思いました。

    「3時10分前」って「3時1010分の少し前」だと…。
    普通に「2時50分集合」で良いと思いますが、私の感覚が可笑しいのでしょうか?

    ユーザーID:8430401366

  • このトピ面白い♪

    私も何も考えず3時10分前に集合ねって言われたら 2時50分くらいだと考えたでしょう。


    しかし よく考えてみたら 3時10分の少し前の3時8分とか あり得なくもない。

    私もさっそく知り合いに同じ質問してみようと思います♪

    ユーザーID:5139833708

  • 9時10分前で検索すると

    NHKの放送文化研究所というのがでてくると思います。
    そこに詳しくありますが、放送では○時○分前という言い回しはしない取り決めになっています。

    なぜかというと、相手に誤解させる言い回しだからです。

    とにかく読むと納得できると思います。

    ユーザーID:6447060667

  • 興味深い…

    45才会社員です。
    3時10分前は2時50分です。私はそう思ってました。
    職場の若い人たちも3時08分と思ってたりして。
    うわぁ、明日確認しよう。

    書類やメールでは2時50分と書くけど、口では3時10分前って言っちゃってます!

    ユーザーID:1311163510

  • 2時50分です

    それが普通だと思ってました…。

    ユーザーID:8710526785

  • う〜ん

    そもそも集合時刻等で使用する言葉では無かった気がします。
    3時10分前集合…って、普通に2時50分と言えば済む事ですしね。
    もしくは3時としておいて、10分前には来ておけよと示しておくとか。

    私の個人的な考えですが、3時10分前…の使用法は例えば、

    時計が見えない位置の人が、見える位置の人に「今何時?」と
    問いかけ、時計を見た人が「3時…10分前」というように答える。
    このような使い方が主だったと思います。
    これはアナログ時計を見た時に起こる、短針を先によみ
    長針をその後確認する…という視覚的なものが影響しているものであり
    人に伝達する場合の瞬間的なもの…と考えていました。
    デジタル時計なら、2時50分とそのまま読みますけどね。

    ですので、私が3時10分前に集合ね!と言われたら、多分2時50分に
    行くと思いますが、約束をする時にはそぐわない時間示唆だと思うでしょう。

    確かに3時10分前…が3時10分の前。という意味に取られると
    「??」となるのは事実です。私は古い人間なので(笑)
    でも、自分が集合時間を告げる時に、このような告げ方はした事が
    ありませんね…

    ユーザーID:8496127878

  • わお。

    つい今しがた中1の息子が塾へ行ってしまったので
    帰ってきたら聞いてみよう…
    もしや若い子たちはそうなのかな。

    私も「2:50」だと思ってます。

    学校で教えてくれないんでしたっけ…?

    ユーザーID:5872910608

  • 私も2時50分ですが。

    でも「2時前」だったら、2時のちょっと前ですよね。
    なぜでしょう(笑)あ、2時前だと10分前のように二通りの解釈は出来ないからですね。
    10分前だと「3時、10分前」と「3時10分、前」に分けられますものね。

    国語能力と言うよりも、本来どちらとも取れるものを現代日本では「3時、10分前」という使い方が主流と言う事かも。
    私達が自然にそうしているのは人に連れて行ってもらうような幼い頃からその使い方で見聞きして体験してそのうち自分でも使うようにという経験を少しずつしているからではないでしょうか。
    それとも時計の見方の授業かなんかでやるんでしたっけ?全く覚えがありませんが。

    そのうち定義が変わってくるのかもしれませんね!「貴様」だって今では笑っちゃうくらい逆ですものね。きっとその転換期には誤解や困惑や新旧の争いがあったんでしょうね。

    ユーザーID:9120357733

  • 午前午後がごっちゃ

     今の世の中、24時間制で時刻を表現することが多い。例えば、3時集合といっても、人や状況によっては12時間違ってくる。
     つまり、24時間制で時刻を表現すれば、全て解決する。
     例えば、「何時何分前」。これを午後2時50分(3時10分前)とするならば、1450時(いちよんごおまるじ)で間違いなし。

     ヌシ様が後半で仰っていることは、上記の時刻表現とは別の話。
     日本人の国語力は低下していない。なぜなら、最初から国語力などないからである。

     国語力の低下を感じるのは、日本人の教育力が驚異的に向上したから。この辺り、良く考えてみよ。

    ユーザーID:8206011245

  • 気になって小2に聞いてみた。

    ちゃんと「2時50分」と答えました。
    普段から読書は大好きな子です。

    でも、そう思わない子もいるのですね。
    私も他の子に言う時は、明確な時間を示すように気をつけます!

    ユーザーID:2727137714

  • 知らないのは親の落ち度です

    >高校生にもなって「3時10分の少し前」と思っているとは・・

    高校生になるまで、教えていなかったトピ主さんの落ち度です。

    子供たちは、教えられるまで、何も知りません。

    「3時10分前」の意味を知らないのは、教えてもらわなかったからです。

    今の子が劣ってるのではなく、知らないのです。 知らないのは親の落ち度です。(学校の落ちど、ではない)

    ユーザーID:9705146075

  • 小3に聞いてみました

    質問「3時10分前って、何時何分?」
    答え「2時50分」

    よかった〜と胸をなでおろしましたが・・・

    質問「3時10分、前、って?」
    答え「3時9分」

    あら?

    というわけで
    「3時『の』10分前」なら誤解が無いようです。
    「3時10分『の』前」なら3時9分。

    ユーザーID:7508377446

  • 笑っちゃいました。

    なるほど確かに!
    笑っちゃいました。
    友達に試したくなりました。

    あ、ちなみに
    >「全然」を肯定で使う
    のは、本来の意味では合ってるんですよ。

    強調の言葉なので、
    全然OKです!(笑)

    昔の純文学を読んでると、
    「全然〜である」
    の表現はよく出てくるので、あまり違和感ありませんでした。

    ユーザーID:2285595224

  • 定期的に話題になりますが

    その「3時10分前」で2時50分を意味するような言い回しは嫌いです。
    「3時」を印象づけておいてそれより前に集合とか、遅れてこいと言わんばかりです。
    普通に2時50分とか、3時に遅れないよう10分前には来てください、ていえば間違いないのに。

    ユーザーID:0588813037

  • 2時50分ですね

    でもこれ、地域によっても差があるとか聞いたことが、あったようななかったような。

    それにしても…
    私は学校で、耳にタコができるくらい「(集合時間の)10分前行動!5分前集合!」と叩き込まれた記憶があるのですが、お子さんの学校ではそのような指導はないのでしょうか。
    それさえ覚えていれば、基準になる時間と○分前という情報が与えられたら、考えるより前に自動的に引き算で答えが出るはずなんですが。

    「全然」については、肯定的結びとセットで使う用法もかつてはあったようです。
    すっかり・全てといった意味があったそうで、手元の辞書には夏目漱石の小説から例が出ています。
    現代の「全然(=とても)おいしい」といった強調の意味での使い方も、俗用という注釈付きですが加えられていますよ。
    ただ私は個人的に、後者は強調というよりも「全然(まずくないよ)おいしいよ」、の()内を略した言い方だと思っています。
    頭の中ではちゃんと「全然〜ない」がまずあって、口に出す段階で省略されるんです。
    自分と正反対の意見を受けるか想定して、「自分は全くそうは思わない」という文脈で聞くことが多い気がします。

    ユーザーID:1921789002

  • 国語力の問題?

    その時間の決め方の意味がわかりません。
    なんで、そんなややこしい言い方するのでしょうね。集まって欲しい時間を言えばいいだけなのに。

    トピ主さんのお子さんは、理解していると思いますが…。
    仲良しなら、って冗談が許される範囲の相手ですよね。わざとでしょ。

    何分前集合、とか使ったことないです。

    ユーザーID:7286645338

  • 3時10分前

    2時50分ですよね。

    たぶんお子さんは3:10として考えているかも、その前だから3時8分かもね。
    昔、そういう人いたな。遅いな〜と思ったら15分前にと言っておいたのに、15分の前だが10分に来たって人いた。遅刻じゃないと言い張ったのは驚いた。

    たぶん社会人かバイトなど社会に出ないと解らないかもね
    開始時間9時からだから10分前には出勤していてくださいって感じに言われれば
    守ると思います
    しかし学校でも遠足等で「8時に出発するから15分前までに来いよ」って感じに言われないのかしら?

    5分前行動10分前行動身につくのは社会人になってからなのかな?

    ユーザーID:5528701645

  • 小学生高学年の子供にためしたら

    『3時5分』
    だそうです。

    まだまだ幼いんで愛おしく思いました(笑)

    ユーザーID:7899608428

  • な、なるほど!

    3時10分前?
    そりゃ2時50分でしょ、どういう意味?
    とトピを開けてみたら、ちょっとビックリ。

    でも確かに3時10分(ちょっと)前、ともとれる
    ……のかなぁ???

    「の」をつけたらわかりやすいですけどね。

    ・3時「の」10分前

    ・3時10分「の」前

    でもよくいわれる5分前行動でもそうなるのかしら。
    「2時5分前にみんな集合!」
    っていわれたら、2時や2時3分くらいに来る?
    そんなアホな(笑)ですね。

    意外とこどもさんたち派も多かったりして。

    待ち合わせは誤解の無いように、正確に時間でいった
    ほうがいいのかもしれないと勉強になりました……。

    ユーザーID:6740721752

  • 驚愕

    私の記憶では時計の読み方は小学一年で習ったと思います。
    まさか今は教えてないってこと無いですよね?!

    ユーザーID:4249311186

  • 2時50分でしょう

    【3時10分前】とは『3時の10分前』でしょう?

    でも こういう時は【2時50分】と言って欲しいですね。
    ややこしい。

    時間を聞かれた時、時計は 2時50分を指してる。 何て答えますか?

    そのまま『2時50分』と言う人もいれば『3時10分前』と答える人もいます。

    3時10分前と聞いて『3時08分位なのね』と解釈する人いないでしょう?

    ユーザーID:4441202966

  • 「全然」を肯定文に使うのを聞くのにはだいぶ慣れましたが、

    テレビなどで「あり得る」を「ありえる」というのを聞くと「ありうる、だろ」と突っ込んでしまいます。

    私はアラ還ですが、小学校のテストでも「ありえる」では×だったよね、と同世代の夫と話しています。

    最近はアナウンサーまでもが「ありえる」というのを聞いて、ここまで来たか、と思いました。

    もちろん否定の時は「ありえない」ですが…。

    国語は時代と共に変わって行くものですから、今はその過渡期かもしれませんね。

    「ら抜き言葉」に関しては、テレビの字幕などでは意識的に「ら」を入れているようです。

    3時10分前と2時50分、英語の表現だと誤解がないですよね。

    ユーザーID:7670069364

  • あら?

    私は10分より前に来いって意味かと思いました。だって2時50分ならそういいますよね、わざわざ計算させるそんな言い回しはしないと思った。
    「3時10分前」の単語だけ見たら勿論2時50分だけど、「3時10分前に集合ね」と言われたら「3時10分より前に集まろうね」って言いたいのと思います。
    ま、どっちか判断しかねるから確認しますけどね。地方によってはそのような言い回しをすると聞いたことがあります。

    ユーザーID:3694890294

  • あら?

    私は10分より前に来いって意味かと思いました。だって2時50分ならそういいますよね、わざわざ計算させるそんな言い回しはしないと思った。
    「3時10分前」の単語だけ見たら勿論2時50分だけど、「3時10分前に集合ね」と言われたら「3時10分までに集めたい」ってことかと思います。
    ま、どっちか判断しかねるから確認しますけどね。地方によってはそのような言い回しをすると聞いたことがあります。

    ユーザーID:3694890294

  • 「ten to three」が理解できない

     最初に間違えている方々、「3時10分前は日本特有」は通用しませんよ。
    日本語だけでなく、英語でも同じ表現(ten to three)をするので。

     要するに「3時(より)10分前」が理解できないってことですから。
    「ten past three」なら3時を十分に過ぎた頃って、15:30になったりして。

     英語教育を早めても、「ten to three」が15:08だって感じるんじゃ意味なさそう。

     それよりか、「午後3時より10分前」が14:50って日本語で教える方が大切です。

    ユーザーID:7220663747

  • はたして、集合できるのか?

    このトピ見て、笑いました。そして私も、当然2時50分だろって思いました。
    そして息子に聞きました。19歳大学生。
    答え、3時に行けばいいんじゃん。

    歴史が変わったんだと思います。

    ユーザーID:2476032880

  • それはちょっと…

    息子さんの国語力云々というより、尋ね方の問題だと思います。
    日本語って区切り方や発音でどちらにもとれるという事が多々ありますよね。
    昔小学校の教科書に「ここではきものをぬぎます」という例文がありましたが、それと同じじゃないでしょうか。
    「3時10分、前」と「3時、10分前」、文章は同じですが区切る場所によって意味は全く違います。
    ただ3時10分前と区切らず言ったのであれば、相手がどちらの意味に受け取ったとしても間違いではないと思います。
    息子さんも3時の10分前と聞けば絶対間違わないでしょう。

    トピ文後半については、確かに国語力(読解力も)は低下していると感じます。
    私は口語文やラ抜き言葉はさほど気にならないのですが、何かを尋ねる際に
    「○○です?」と語尾を上げて喋る人が増えてきているのが心配です。

    ユーザーID:6374786715

  • 「3時10分前」=「2時50分」

    「3時10分前」と言われたら「2時50分」しかありえないと思います。

    でも、別の視点で考えると、
    「3時『の』10分前」は「2時50分」だけど
    「3時10分『の』前」という意味だと言われれば「3時8分くらい」
    というのもアリなのか?

    「3時10分前」って言われたら、「2時50分だよね?」と
    確かめたほうがいいのですかね、最近は。

    ユーザーID:3437837007

  • 確か方言の一種では?

    全国的&共通語では3時10分前というとイコール2時50分の認識ですけど、確かある県だか地域ではお子さんのように3時10分前というと「3時10分の前まで」を意味すると思いました。

    たしかこれは地域文化の秘密を紹介する某テレビ番組で紹介されていた記憶があり、私も「なるほど、目から鱗の解釈だわ〜」って思ったのを覚えています。

    要するに方言の一種みたいなものだと理解しています。

    最近の若者はオンラインコミュニティだのSNSだのでそういうご当地限定文化が外にも流れてきているんじゃないでしょうかね。

    ユーザーID:7613672837

  • もう如何ともしがたい

    言葉は生き物、時代とともに変化すると考えるしかないです。

    はあ〜っ

    恐縮して「○○で痛み入ります」
    感心して「ご奇特な方ですね」
    普通に使いますよね。

    すぐ思い出せませんが他にもいっぱいあって、まともな用法なのに意味無理解もしくは悪い意味にしか取られなかった経験が多々あります。
    逆もしかり、えっ、そこでそう言う、みたいな。

    まぁ「3時10分前」じゃなく「3時『に』10分前」が正しい日本語ですがそこはねぇ・・・はあ〜っ。
    トピ主さんの仰るように「2時50分」と言うように改めるしかないのですよね。

    言葉でこれですもん、考え方のジェネレーションギャップに付いていけないわけですワ・・・はぁ〜っ。

    とりあえず「大人の皆さん」お疲れ様です。

    ユーザーID:6465505117

  • 方言です

    私の地元、福岡県北九州地方の方言です。
    お住まいの地域はどちらですか?
    トピ主さんは別の地域から来られててこの方言を知らず、
    お子さんは子どもたちのコミュニティの中で覚えたのかもしれませんよ。

    ちなみに、2時50分は「3時前10分」です。
    で、「3時10分前」というと「3時10分の少し前」になるんですね。
    「3時前に集合」と「3時10分前に集合」、時間が細かく指定されただけでその時間の少し前、という認識なんです。

    ユーザーID:5671721937

  • 少しだけわかります。

    最近、言葉の意味合いが変わってきていますよね。
    息子に「チョコ食べる?」と聞くと「大丈夫。」と答えます。
    大丈夫って何?どう言う意味?食べるの?食べないの?と思ってしまいます。
    それが世間?ではけっこう頻繁に使われている…。

    私も2時50分と思いましたが8分と解釈するのも最近?ではありなのでしょうかね。
    日本語って難しい…。
    トピ主さんの気持ちよくわかりますよー!

    ユーザーID:8495734320

  • リアルタイムに…

    先日、会社のランチ時に、小学生を持つお母さんが言ってました。

    「3時の30分後」という問いに、大人なら「30分ご」または「30分あと」と理解できますが、そこのお子さんは…
    時間を直線と考えて、その上を歩いてると課程します。1時、2時、3時と進んで行き「30分後」を「30分うしろ」と考えて、今の自分の立ち位置から30分後ろに下がったら、2時30分になると…
    「え〜っ!ホントだ!」と目からウロコでした。

    これは、漢字による錯覚?これだから、日本語って難しい。

    ユーザーID:4743592841

  • 40代です。

    2時50分です。
    もし「3時8分」くらいを意図するのであれば、「3時10分のちょっと前くらい」と言います。

    私も子供の理解力なさを痛感しますよ。
    テレビを見ていて、ドラマで言葉では言わないけど出演者の演技や状況で暗に示している事や犯人がわかったりします。
    でも、子供は全くわからないみたいで、聞かれていつも私が説明します。
    説明するとわかるみたいです。
    私が子供の頃を考えると、親に説明を求めたことなんてありませんでした。
    察するということに鈍い様な気がします。

    3時10分前については子供に聞いてみようと思います。

    ユーザーID:9104388495

  • 2時50分

    20代です。
    普通に3時10分前なら2時50分のことだと思います。

    最近では3時8分頃だと勘違いする若者もいるんですね。
    小学校の時、時計の読み方を習ったと思うのですが最近は習わないのかな?
    社会に出てから恥をかかないといいけど・・・。

    ユーザーID:5349438691

  • その言い回しが・・

    最近使われなくなったのが原因じゃないかな?
    デジタル時代ですなあ。。
    10分前なんてあいまいな表現が許されない時代なのかも。。
    3時10分前とは3時の10分前、という解釈がずっと長らくされてきていたと思います。
    私もそう解釈しています。
    現在は恐らくお子様たちの3時10分の前、10分になる少し前、と言う解釈も成り立つ、いやこちらが当世風なのかも知れません。
    国語力、という問題とは私は違うと思います。
    3時10分前、だけで3時になる10分前だと分るのはそう教えられ、使ってきたからだと思います。
    今の子供達はそういう時間の言い回しを教えられず、使わず、きちんと何時何分という正にデジタル時代を生きているのだと思うのです。
    10分単位の社会か、1分単位の社会か。。
    現在は1分単位で人が動いてるってことかも知れませんね。

    ユーザーID:9586544835

  • 定期的に出る話題ですね

    九州の一部の地域では、

    3時10分前 = 3時8、9分

    のことを言うそうですよ。

    ちなみに、2時50分のことは

    3時前10分

    と言うそうです。


    自分の常識が必ずしも一般常識ではないのだな〜と思い知りました。

    ユーザーID:7070640685

  • 誤用になるのかな

    うーん、3時10分前の話も文法としては完全な間違いではないかも。
    解釈する時に考え方の習慣が出ただけかなと。

    デジタル表示が当たり前だと00分から59分までが“○時”台という事で
    疑い様もなく3:10になる前と考えたんでしょうね。

    言葉は生き物ですから今の子達が○時○分前という言い方をし慣れていない
    という事実が有るなら、こちらがいずれ廃れていく可能性も有ります。
    私はアナログ時計の文字盤を思い浮かべますので普通に2時50分ですけどね。

    的を得る、射るに付いてはどちらも言います。
    “得る”は的の中心を射抜く事を表していて確信を突くという表現には適当です。
    「正鵠(的の中心)を得る」という言葉から生まれたらしいです。

    あ、私は全然を肯定で使うのが好きです。
    こちらも否定系でなくとも全然OKよー、なんて。

    ユーザーID:9232558968

  • 中1の娘

    ・・同じ質問を、中1の娘にしてみました。

    「・・3時5分とかかなぁ」 母絶句。まさか我が子まで。

    ちなみに問い詰めて(?)みると、
    「3時10分前が何時かと言われれば、2時50分ということはわかる。
    でも、待ち合わせで『3時10分前』と指定されたら、そういうふうにとる。」
    とのことでした。

    私の方が、???です。今時の子供の常識なのかしら。

    ユーザーID:4853095006

  • 地方によっては、

    2時50分の事を、3時前10分と言って、3時8,9分の事を、3時10分前という
    地域があったと思います。

    自分の常識がみんなの常識だとあまり思わない方がいいかも。

    後、私の経験から5分以上の場合はあまり、そういった言い方をしない方が
    いいかもしれません。

    ユーザーID:8209453304

  • まだマシかも。

    いま、うちの小6の男子に聞いたら
    「3時半に家を出ればいいんじゃない?」と言いました。
    …意味が分からない。

    小学校に入っても時計が読めないコでした。

    ユーザーID:6232499260

  • イントネーション

    「3時10分前」と書けば「2時50分」のことですね。おそらく十中八九の方が同意すると思います。

    イントネーションでも変わりますから、言い方次第で誤解される可能性もありますね。

    「3時10分前」と文字で書くと同じですが、発音する際に、

    「3時」と「10分前」を分けて発音するのと、
    「3時10分」+「前」と発音するのでは、イントネーションが違ってきます。

    ご自分のイントネーションを確認してみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:1074411914

  • うわっはっは!

    そうですかあ…そういう答えできましたか。

    でも答えは『2時50分』ですよね。

    お二人とも『3時8分』と答えたのが面白いですね。2分くらい前に行けばいいのか。

    3時10分前は、3時の10分前だから2時50分なのにね。

    きっかりとした時間を言わないと、理解できなくなっているのか、それとも理解の仕方が変ってきているのか…?

    例えば『正午』と言ってみたら、それは何時の事なのかわかるのでしょうか?
    『午後零時』と言ったら?

    不思議な変化ですね。
    昭和生まれのおばちゃんには、やっぱり2時50分と理解できたのですが。

    ユーザーID:6409596836

  • 2時50分

    ほえ〜!

    3時10分前=2時50分 じゃない人もいるんだ…。

    思うに、

    3時(の)10分前
    3時10分(の)前

    と捉え方が違っちゃうんですね…。
    そういう考え方もあるんですねえ。

    そこまで考えて誤解の余地がないように、きをつけないといけないんだなあ。

    ユーザーID:5470873054

  • そうなるのかー!

    2時50分派ですよ(笑)
    3時10分の待ち合わせ設定って、そもそも中途半端じゃないですかね?
    3時を目安に考えて、「余裕を持たせて10分前に集まっておこうねー」が自分の感覚だったのですが。
    うーん、でも、そうかー、そんな受け取り方もあるのかー。
    今はメールだのLINEでこまめに連絡を取り合えるから、キリの良い時間じゃなくても当たり前なのかなぁ。
    面白いと思いつつ、今後気を付けようと思いました。

    横ですが、居眠りの森の美女様のレスの狼狽ぶりが可愛くてツボです(笑)

    ユーザーID:2874832477

  • 目からうろこ

    ではなく、目にうろこが入りました。

    小学校で時計の見方を教えないのかなー・・・(古いですね)
    デジタルのせいかな?

    世は人に連れ歌に連れとはいいますが(古いですね)、気をつけないと待ち合わせもできない、英語表現の方が適切のように思えてきました。
    (ten minuites before three o'clock)

    「3時10分前集合」とは、本来はイベントは3時からであるが「余裕をもって10分前に集まれ」の意味でしょう。
    まずそこから坊ちゃん(嬢ちゃん?)に教えてみては?
    新たな展開があるかもしれません。

    ユーザーID:2586869448

  • どこで区切るか?

    3時の10分前=2時50分

    3時10分の前=3時8分ころ?

    ってことですよね?

    ユーザーID:1375795303

  • 私も頭くらくらしてきました

    3時10分前=2時50分。
    私もかれこれ50年近くそう信じてました、が!?今は違うのでしょうか?
    居眠りの森の美女さん、同感です。私の中でも何か崩れたかも・・・(苦笑)

    横レスになりますが、ゆうさんの

    >ところで私は、「全然」は全然肯定文で使いますよ〜。

    これ、今、とても微妙に使われてますよね?私たちの世代は「全然〜(否定形)」が当たり前だったのですよ。

    今は「全然良いよ!」とか使いますものね。
    私も使わないのかと言われれば、嘘になりますが、使って違和感あるのも事実です。
    違う話になっちゃうけど、今でも悩んでいるのは「ら抜き言葉」。
    先日「話し言葉ならまずOK、でも書き言葉にはNG」と言うのを読んで、なんか解る気がしました。

    ユーザーID:9558949227

  • そう?

    伝える側の想像力の低下もあるんじゃないですか?
    別の意味にも受け取られる言い方をしていることに気づけないという。
    「3時10分より前」と思う人がいても何ら不思議は無いように感じます。

    発する側が「3時10分」を強く意識していた場合も、このような言い方になる場合があると思います。
    3時10分きっかりに何かを始めたいのかもしれない。
    3時10分には現場に居て欲しい。3時10分に遅れるわけにはいかないのだ!
    とにかく3時10分より前ならいい!従って3時10分前には・・・みたいな。

    実は私も2時50分だと思いましたし「はてな?3時8分?仲良しならかなり遅れてもいいってこと?」なんて考えてしまったのですが。
    自分の思う通りに相手に伝わらないことって案外よくありますし、よーくよく考えたら自分の言い方のせいってこともよくあると思います。
    簡単に受け取る側の理解力不足のせいにしていたら、発信する側の伝達力不足に気づけませんよ。

    ユーザーID:1031302869

  • 全然を肯定文で使うのは

    夏目漱石もやっています。

    ユーザーID:2862144501

  • へぇ

    「3時10分前」を1文字補間してみました。

    1.3時の10分前
    2.3時10分の前

    1は、はっきりと2時50分と指定。
    2は、指定されてなく曖昧。

    それとも、「3時には出発したいので10分前に集合」と言わないといけない時代になったと言うことでしょうか?

    ユーザーID:9455539356

  • 地方によって

    前にもこんなトピ見た事ありますけど、
    どうも地域によっても違ったりもするらしいですよ。

    ユーザーID:6490869493

  • 方言

    博多っ子は2:50のことを「3時前10分」と言います。
    方言の言い方だと知ったのは、上京して随分経った頃です。
    相手は博多っ子だったりして?

    ユーザーID:5019735414

  • 目から鱗

    確かにどっちにも取れる、ちなみに私は3時10分前は2時50分だと信じていました。でも、こうやって見ると、どっちにも取れる気が。。。日本語的には2時50分で合っているんですよね?
    本当、日本語がどんどん崩壊していますね。

    ユーザーID:4379799170

  • 「時刻」と「時間」との混用

    私も「3時10分前」は基本的に「2時50分」だと思っていますが、「国語力がない」「国語力の低下」という話とは違いますね。

    たとえば「3時前」と言われたら「3時(←時刻)よりも少し前」と受け止めますよね。
    同様に、「3時10分前」を「3時10分(←時刻)より少し前」と受け止めるのもまた自然なこと。

    2時50分を指すときは「3時(←時刻)の(←省略)10分(←時間)前」と、「10分」という時刻・時間共通の表現を、直前の「3時」(時刻)とは異なる意味で用いたことになります。

    これを自然に2時50分と解釈するのは、文脈による理解か、「3時10分という中途半端な時間を、基準として設けないだろう」という主観による消去法によるもの。

    つまりは紛らわしい表現(日本語の乱れというより、正確性を求める観点からはいわば欠陥)で、「3時開演だから3時10分前に待ち合わせ」のように3時より前だと文脈上明らかな場合以外は避けるのが妥当でしょう。

    ユーザーID:6276368310

  • 子供の頃・・・

    それが疑問で、自力で解決した事があります。

    正確な時間のやり取りを覚えていないので、トピで使われていた時間を使用しますが、祖母に時間を聞かれ、「3時10分前」と答えた私。その時の正しい時間は、3時8分でした。祖母が「ええっ!?」と驚き、「3時8分」と訂正した私。祖母は「ああ、そういう事ね」と納得していました。その後、時間の表現について教えてもらった記憶があります。

    当時、「3時10分前」について、2時50分の事か3時8分の事か?と、子供の私は理解しきれずにいました。時間を聞かれた時思いきって「自分の思う3時10分前の可能性その1」を言ってみたところ、それは正しくないという事が祖母のリアクションとその後のやり取りから理解出来、子供ながらすっきりしました(笑)。その後、3時10分前=2時50分の理解で周囲と問題になった事はありません。みな、3時10分前=2時50分で動いていると思います。
    5分前行動、って言いますから、その流れでの表現だとは思いますが、まああまり口頭で「○時10分前」って言う事ってないのかな?「10分のちょっと前」というのとは、アクセントが違うと思うのですが・・・。

    ユーザーID:0930545942

  • 地方による!!

    地域によって、

    「3時10分前」というと「3時10分のちょっと前」

    2時50分は「3時前10分」だそうです

    ユーザーID:3018235024

  • めまいがしました。

    3時10分前=3時の10分前=2時50分。
    これ以外に何があるのかしら?実に不思議なタイトルのトピだわ…と思いました。
    が、あけてみてビックリ!!
    ビックリし過ぎて、めまいがしました。
    3時10分の【少し】前ですか…。
    しかも、コドモだけではなくオトナまで…。
    ただただビックリしておりますが、大変勉強になりました。
    今後、意外な落とし穴に重々気をつけなければ…。
    トピ主さん、こんな落とし穴の存在を教えてくださり、ありがとうございます。

    ユーザーID:6969673274

  • 大人でもいます

    私は2時50分のつもりで会話していた時に相手が「3時10分の前」と考えているらしい言葉が返ってきて驚いたことがあります。普通の日本人の大人の人だったのですが。いろんなところで時間にだらしない人だと思われているのかもしれませんね。

    それで思い出しましたがタクシーで「〇〇ビルの少し先でお願いします」と言ったら〇〇ビルの手前で停められ、「〇〇ビルの先までお願いします」と重ねて言ったら「ええ、〇〇ビルの先ですからこのあたりでよろしいですね」と言われたことがあります。その人は「先」=〇〇ビルよりも近いところ、という理解だったようです。驚愕しました。

    ユーザーID:7791366613

  • 時計の読み方の勉強

    アラフィフのオッサンの感覚では「3時10分前」と言われれば「3時の10分前=2時50分」と判断します。
    3時8分は「3時10分の前」または「3時過ぎ」です。
    たしか小学校1年の時に「時計の読み方」で学習した記憶があります。
    今の小学生にはそんな授業無いのかな?

    しかしそんな中途半端な時間を指定して来るって事はそれなりの理由があるはずです。
    普通その理由を聞きませんか?
    「ナニその10分前って?面倒くさいから3時丁度でいいじゃん!」ってなりませんかね?

    日本語力の低下ではなくコミュニケーション能力の欠如ではないかなぁ?

    ユーザーID:7006560327

  • 世の中が変わった。

    なるほどね

    なんだかわかりました。

    なぜこの世の中に遅刻してくる人がいるのか。

    とはいえども。

    15:08はないでしょう!

    待ち合わせには10分から15分前につくのは常識じゃない?
    2分前までにつくとかさ、それ、時計によっては5分ほどの誤差が生じるから、どっちみち遅刻じゃん!!

    せめて15時で答えて欲しい。

    ユーザーID:3805909729

  • 私は2時50分

    もし「3時10分」が集合時間であることを表現したいなら、私は「3時10分までに集合」とします。

    時刻を知らせる時も、「今3時10分前だよ〜」と言ったら現在の時刻は2時50分です。
    この時のニュアンスとしては「もうすぐ3時」という意味合いが強い。
    もし現在の時刻が3時8分だったら「3時10分ちょっと前」とか「もうすぐ3時10分」と言います。

    「3時10分前」=「2時50分」の場合、3時を基準としており、「3時10分前」=「3時10分より前」の場合、1分単位で時間を見ているということですね。
    なかなか興味深いです。

    時計をアナログで見て育った世代と、携帯が普及して小さい頃から細かい分数まで一目で分かるデジタル表示に多く接してきた世代の差でしょうか?

    ちなみに私は40代後半のアナログ世代。
    時刻を言う時にはアナログ時計が頭に浮かびます。

    ユーザーID:4850597479

  • 『全然』を肯定で使うのは間違いじゃない。

    『全然』を否定で使うのが一般的になったのは、
    昭和中期ですよ。
    夏目漱石、森鴎外、芥川龍之介などの著作でも
    『全然+肯定』の表現が見られます。
    (詳しくはググってみてください)
    『一般的な日本語』はあっても、『正しい日本語』はないんですよ。

    ユーザーID:0469768101

  • 方言というか地域性があったような・・・

    たしか九州かどこかだったと思いますが。

    テレビでやってたの見たことあります。

    そちらの地方の方は、2時50分のことは

    「3時【前】10分」という。(【前】という言葉の入る位置が独特)

    「3時10分前」では3時10分のちょっと前の7分とか8分とかのことだ、と。


    トピ主さんちがそのような地方の住人でなければ、単にお子様たちの言葉の理解不足なだけだと思いますが。
    その地方では明確に言い分けられてるようなので。
    トピ主さんや同僚さんは他の土地からやってきたのでその言い回しをしらなくて、子供たちはその地域で育っているのでそういう言い回しを知っている、とかいうこともないでしょうか?

    ユーザーID:6241607005

  • 私は、3時8分派

    私は、2時50分を3時10分前と表現する感覚が理解で来ません。

    2時50分は、2時50分でしょう?って思っちゃいます。

    私は女ですが、おそらく「3時8分派」は男性が多いのでは?

    ユーザーID:5615691211

  • うわーなつかしい!

    それ、私も昔ずっと勘違いしてたんです。
    3時10分前というのは、3時から10分飛び出てることだから3時10分。
    「前」をbeforeではなくforwardだと思っていたんですね。

    なお、2時50分のことは、3時10分後ろと言ってました。
    当時の親の苦労が偲ばれます。

    ユーザーID:7902055279

  • へえええ

    昔、子供だったころ同じことを考えたことがあります。
    3時10分前といったら2時50分。これはテッパン。だけど、3:10のちょっとだけ前のことだって勘違いする人もいたりしてね…と。
    で、面白いことに気付いたと思って周囲にいったんです、親や友達に。
    全員に「ありないでしょ、そんなこと考える人、馬鹿じゃないの」と全否定。
    ありえないけど、そんな風にとることもできるよ、って感じで笑ってくれると思ったのに全否定。

    「あの人は死んでいない(まだ死んでない=生きてる)」と
    「あの人は死んで、いない(もう死んじゃってこの世にはいない)」
    みたいなもんじゃんね(いやまあ、たとえとしてはコレもビミョ〜だが、なにしろコドモだったので)。
    どこで区切るかで違ってくるじゃん?
    全否定はないっしょっ!
    とプンプンしつつ説明していた自分が懐かしい。

    本気で3:10のちょっとだけ前って感じる人がいる時代になったんですね。
    アタシって先進してたのかなぁ・・・・・

    ユーザーID:2316799255

  • 国語力の問題じゃない

    国語力の問題じゃないんじゃないですか?

    日本語って誤解を生みやすい、どちらとも取れる言い回しって
    他にも結構ありますよね。
    接続詞をつけるかつけないかで別の意味になってしまう言葉もありますよ。

    国語力だとするなら時間を言う方もしっかりと誰にでも通じる言葉を選んで言うべきことだと思うのですけどね。

    「3時10分前」
    3時の10分前、3時10分の前
    接続詞がなければどちらで解釈されてもおかしくはありませんし
    その解釈が間違っているとも言えません。
    言い方によっても解釈が変わると思います。
    あとは会話の前後の雰囲気で感じ取るかどうかの問題でしょ。
    そういう意味では理解力だと思いますけど。

    ユーザーID:5115460696

  • イントネーションで変わるニュアンス

    じゅっぷんまえ、のイントネーションによって変わるんじゃないかな?

    カウントダウンの時に使う、『○分前』のイントネーションの時は、2時50分。

    『正門前』とか、『病院前』とかのイントネーションの時は、3時8分くらい。

    と解釈できるような気がしないでもない。

    わかりにくかったらすみません。、

    ユーザーID:2167807412

  • ちょっと待って!

    私ももちろん2時50分との認識ですが、国語力とかうんぬんを語るのであれば伝えるほうに問題がない?って笑ってしまいました。
    世間的に見て多くの人間が2時50分と解釈するでしょうが、社会人経験が無い人とか世の中には色々な人がいます。
    なので正しい日本語をそこまで強く言うのであれば明らかにこれは伝える側に問題があります。
    せめて3時の10分前に集合、というような言い方が正しいでしょ。

    学生は知らない人が多くても不思議ではありません。

    ユーザーID:7841551394

  • 分からない

    不思議なんですが、それって今は学校で習わないんでしょうか?
    私は小学校で習ったので、間違いようがないと思っていました。
    もしいまは学校で教えないなら、その辺の問題かもしれませんね。

    それと英語の授業でも「ten to five」って習いますよね?
    まさかこれまで5時8分頃って訳しませんよね?
    かたや5時10分だったら「five past ten」とかなります。
    まったく違うんですけど。
    いろいろ分からない事が多いです。

    ユーザーID:1395925099

  • アハハハ

    うちの旦那がよく使うんですよね。3時10分前 とか・・。
    もちろん2:50のことと理解しますが
    小さい頃は旦那も 3:08か、2:50か迷っていたみたいです。

    私は、旦那が3:10分前という言い方をするたびに
    「紛らわしいから、その言い方やめて。2:50でいいじゃないのっ!」
    と言っています。笑

    使う人は使いますよね〜。
    私は使わないけど。

    友人に言われたら、2:50頃行きます。

    ユーザーID:5153296821

  • 本来の日本語にはない言い方

    「○時○分前」という言い方は、英語の「〜to○」の翻訳ですから、本来の日本語の言い方ではありません。
    ただ、こういう言い方もする、ということは覚えておく必要はあるでしょう。
    「○時○分前」という言い方をされたら、「それは、○時○分のことか」と確認する習慣をつけることです。

    国語力というよりは、危機管理能力・生きる知恵・処世術に関わる事柄です。

    それから、「全然」を肯定で使う用法は、大正時代には行われていたそうです。漱石などは、結構いい加減な言葉遣いをしています。
    有名なところでは「牛耳る」です。正しくは「牛耳を執る」ですが、漱石が「牛耳る」と書いたことで「牛耳る」のほうが一般化したという説があります。

    ことほど左様に、言葉の意味用法、言い方は変化していくものです。かといって、流れに任せるのも感心はしませんが。
    私自身は、言葉に関してはいくらか「保守的」ぐらいでちょうどいいのではないかと思っています。

    ユーザーID:6589722332

  • あいまいな言い方ですよね

    タイトルを見て、「3時の10分前」とも「3時10分の前」ともとれるなー、と思ってしまいました。読書大好きで子どもも居るおばさんなのですが、、、。

    待ち合わせなどで3時10分前と言われたら、2時50分ってことねと確認すると思います。

    3時前は迷い無く3時の少し前です。
    3時半前は当然3時30分の少し前です。
    3時半前のことを3時30分前とは言わないので、3時30分前と言われたら違和感を感じつつ2時半ねと思いそうです。
    レスを見ると、3時15分前は当然2時45分のようですね。
    では、3時20分前は2時40分?3時15分?
    3時40分前、3時50分前は?3時35分、3時45分と思ってしまいそうです。

    自分で言うときは、もっと明確に言います。

    ユーザーID:9837654065

  • レスします

    『エガちゃん!!』と思ったのは私だけ?
    2:50でしょう(笑)

    本題ですが確かに日本語は難しいですね。

    友達同士のやり取りでちょっと前の8、9分をさす場合もあるし
    公の集合時間などで2:50をさす場合もあります。

    一般的には後の方でしょうけど
    最近の若い人たちのやり取りを思うと
    一概にそれだけに括れないのも現状です。

    躾がどうとかの話ではありません、
    その時のその場の流れの判断も必要になるので
    再確認をすれば間違いは無いかもしれないですね。

    流行や時代はその時の若者が造るものなので
    柔軟性を持ち続けないとぴりぴりしちゃいそうです(笑)

    ユーザーID:2983656600

  • 国語力の問題じゃないと思いますよ

    私もタイトル見たときすぐに2時50分と思いましたが、
    「3時10分より前」と解釈すれば、3時過ぎとも取れる
    と思いましたので。
    これは誤解をされる言い回しをする方が悪いと思いますよ。
    じゃあ、2時30分や40分に集まりたい時は3時30分前とか
    20分前って言うのでしょうか?
    3時10分に集まりたいなら3時10分過ぎって言うのでしょうか?

    それに○時が必ず基点になるとは限らないと思います。
    例えば公共の交通機関で、4時に着くには3時12分発のモノに
    乗らなければならなかったら、3時10分を基点としてそれより
    前に集合としてもおかしくないですから。


    まあ、例えばツアーなどで、
    「出発は3時です。受付は3時10分前から行ってます。」
    って場合の3時10分前なら、3時10分の前って解釈するのは
    国語力ないとは思いますがね。

    ユーザーID:1602082093

  • 3時8分なら「3時過ぎ」っていう

    3時10分前は2時50分です

    もし3時10分のちょっと前に来て星井(3時8分ごろ)なら
    普通は「3時過ぎ」っていうとおもいます

    最近は、会社の新人教育も大変なんだろうな...と思いました...

    ユーザーID:6069349880

  • 時計の読み方って授業でやりませんでしたか?

    私の学校って、教材として配布されたおもちゃの時計を回したりしながら先生が、「じゃあ、3時10分前は何時何分かな?」とかやりませんでしたか?

    家では教わらなかったけど、学校でちゃんと教わったし自然とそれで覚えられましたよ。

    ユーザーID:4259557010

  • タイトルだけでは何のことかわかりませんでしたが

    確かに!三時十分の前ね!
    おもしろい解釈があるんですね。

    ユーザーID:6315149857

  • 私は浦島太郎なのか

    私がアメリカにいる間に日本語が変わってしまったのでしょうか?当然二時五十分と思ったら、違う風に解釈される方もいらっしゃるのですね。ビックリです。

    まあ、そういえば、以前は英語で今何時と言ったら、二時二分前を「トゥートゥートゥー(2 to 2)」等と言われて混乱してましたから、日本語でも何時何分前というのは混乱しやすいのかもしれませんね。

    ユーザーID:4554536366

  • 私も2時50分です。

    いろいろ考えてみました。

    アナログ時計の場合、天頂に12があり、
    針が天頂の12を超えると午前と午後が変わったり
    日付が変わったりするのでそこが時間の基準になっている。

    なので、最初にアナログ時計で時間を見る癖が付くと
    3時10分前は、基準の10分前で2時50分となる。

    携帯などデジタル時計を主に使っていると
    どの数字も同列扱いになり絶対基準がないので
    「3時10分」という数字が基準になるために
    3時10分前は、3時8分(位)になる。

    意識の中に絶対基準がなければ相対が基準になるので
    アナログ、デジタル、どちらの時計を使っているかが
    影響しているのだと思います。

    昔はアナログ時計しかなかったので
    時間を読む人が全員同じ基準を持っていたから
    3時10分前=2時50分が当然だった。
    また〜前を他の針の位置では使わなかったので
    3時10分を基準にすると驚いてしまう。

    私の腕時計はアナログ、室内の時計も全部アナログです。
    私には3時10分前は2時50分。
    3時8分だったら3時8分と言います。

    興味深いトピックですね。

    ユーザーID:2831523390

  • デジタル時計の弊害

    子どもの学校の先生がおっしゃっていました。

    「時計がデジタル表記主流になってから〜分前とか〜分後が理解できない子が
    増えたきた。長針と短針で読むことができない。何時何分とデジタルで確定してやらないと間違う」

    まさにこれだと思います。

    アナログ時計では
    「3時10分前」
    なのがデジタル時計では
    「2時50分」
    になるんです。
    テレビでは常に画面の端にデジタル時計が出てますよね。
    あの影響もあります。

    さらに深夜も活動するようになった現在、午前午後の区別もつきにくくなりました。

    昔は
    「10時集合」
    と言えば午前10時。午後10時なんてお出かけする時間ではありませんでした。
    でも今の若者は平気で夜の10時11時に集まり飲みに行きます。

    成人した我が子に
    「明日10時に出かけるから」
    と言われたら
    「10時?22時?」
    と確認します。

    ユーザーID:9004315610

  • 家の小4に聞きました

    ダメでした・・・

    意味わかんないって(泣)

    ユーザーID:1217902131

  • 彼らはこのまま大人になり会社に入るのね

    うんざりします。
    友達同士だと、2時50分につこうと、3時10分につこうと、ケンカまでは行かないんでしょうね・・・。2時50分に来た人がムッとするでしょうけど。
    そうすると、彼らは大きくなって、そのまま会社に入るのでしょうか。
    そして正して指導するのは、会社の先輩・・・かんべんしてください。
    私が前に会ったモンスター部下は、こういう人だったんだろうな〜。

    ユーザーID:6304507289

  • 目的と場所による

    3時10分前に「集合」なんですよね?
    それなら、集合の目的と場所によるのではないでしょうか。

    例えば、
    1目的・・・駅から5分の公園へ3時までに到着
    2場所・・・駅で待ち合わせ
    とういう状況なら、集合は駅に2時50だと思います。

    でも、
    1目的・・・3時30分からの上映を見る
    2場所・・・映画館に現地集合
    なら、3時8分でいいと思います。

    口頭で集合の約束をする場合は、それまでの話の流れで、
    どちらなのかは分かるのでは?

    上の例なら、公園の場合は3時8分だと確実に遅刻なので、
    選択肢としてありえないですよね。
    でも、映画館の場合は相手が2時50分のつもりだったとしても
    3時8分なら上映には間に合います。
    ただ、待ち合わせの話をする際に相手が「なるべく早く行って
    良い席を確保したい」と言っていたなら、2時50分が正解でしょうね。

    小学校の遠足や、中学高校の修学旅行とか「5分前行動」と
    言われてましたよね。
    「10分前集合」も同じで、目的時刻の10分前なので、
    そもそもの「目的時刻」が設定されている状況で話さないと、
    意味をなさないのではないでしょうか。

    ユーザーID:3187291928

  • 国語力というか

    算数の問題じゃないですか。小学校で時計の読み方を習いますよね? 学力低下もここまで来たかという感想を持ちました。

    ユーザーID:2245709789

  • 3時 引く 10分

    ホントにおもしろいですね。
    「3時10分前」が3:10の少し前・・になりうるなんて考えたこともありませんでした。

    アラフィフおやじさんも英語の言い方を説明してくださっていますがスペイン語も同じです。
    tres menos diez (tres 3 menos マイナス diez 10)の言い方が一般的です。

    わたしも今度中学生の甥っ子に聞いてみよっと。

    ユーザーID:4922026545

  • イントネーションが関係あるんじゃ?

    「10分前」 の、10(じゅっ) の音を高く言うと3時10分過ぎより少し前。 分(ぷん) の音を高く言うと2時50分。 のような気がしてきました。
    「全然」を肯定文に使うのは、元々は「断然」と混同したのが始まりではないかと思います。
     

    ユーザーID:4854657109

  • 生まれも育ちも福岡県北九州市

    3時前10分、言ったことありません。2時50分は3時10分前です。

    ユーザーID:9410212402

  • トピ主です

    トピ主です。
    皆様、ご意見をありがとうございました。

    考え方が色々あり、参考になりました。
    地域によって違うかもしれないのですね。
    年齢に関係なく人によって3時10分前の感覚が違うのは勉強になりました。同僚のお子さんが必ずしも間違えていないと言う事を、早速同僚に話してみます。

    家庭力に問題というレスもありましたが、我が家では2時50分という言い方をして、3時10分前というのは普段使わないので知らなかったのかな?これから子供には2時50分と約束(確認)させるようにします!

    ユーザーID:3674899895

  • わたしの主人は…

    1時間強は、1時間30分くらい、1時間弱は1時間5分くらいと思ってたらしいです!(30歳まで!)
    ネットで調べたら意外と勘違いしている人がいました。

    ユーザーID:6515166860

  • 小学生は知っている

    3時10分前は2時50分のことです。
    小学校で習いますよ。

    九州の一部の地域では3時10分の数分前と認識されているようです。

    ユーザーID:8415422128

  • なじみのない言葉

    最近、「○時○分前集合」と言われたこと、言うこと、まったく無いです。
    私は40歳ですが、なじみのない言葉になってます。

    ユーザーID:8720186104

  • 2時50分

    タイトル通りしか考えられませんが…。
    トピタイトル見て逆に内容気になって開いてしまいましたもん。
    3時8分と考えられる方が疑問です。まあどう考えればってのは他の方のレス見て解釈はできましたが、読まないとやっぱりそうは考えられないですね。

    ユーザーID:8927700095

  • どちらとも取れる

    私は前後の会話の流れの状況によって同じ
    「3時10分前集合」でも受け取り方が変わりますね。

    突然何の補足情報も無く、明日は「3時10分前集合」と言われたら
    2時50分と解釈するでしょうが…
    念のため、2時50分ね。等と確認しておくと思います。
    方言であったり、人によって表現の仕方が違いますからね。

    まぁ、世の中いろんな人がいるので
    トピ主さんの言う通り
    「3時の10分前」は「2時50分」に
    「3時10分より前」→「3時10分までに、より早く」等
    わかりやすく伝えるのが大切です。
    そして私なら3時、ではなく15時と表現しますね。

    え?2時50分でしょ?あたりまえでしょ?国語力の低下だわ!っと考えるのは少し浅はかかも。
    万人に正確に伝わらない時点で、適切な表現とは言えないからです。

    ユーザーID:8703575771

  • 全然いいのよ

    ●夏目漱石『坊ちゃん』

    「一体生徒が全然悪るいです。どうしても詫(あや)まらせなくっちあ」
    「私は教頭及び其他諸君の御説には全然不同意であります」


    ●小栗風葉『青春』
    「過去は一切過去に葬つて、是から全然新生涯に入りたいと思ふ」

    ●森鴎外『灰燼』
    「好色家が女がうるさいと云ふと、全然同じ事である」

    ●芥川龍之介『羅生門』
    「これを見ると、下人は始めて明白にこの老婆の生死が、全然、自分の意思に支配されてゐると云ふことを意識した」

    ●山本周五郎『青べか物語』昭和35年
    「三人とも全然まるはだかであった」

    ●和辻哲郎『孔子』昭和13年
    「印度は中世期以後モハメダンの蹂躙に逢ひ、仏教は地を払った。仏教の印度は全然の過去である」
    「その社会構造をも全然新しく作り変へたのである」

    ●金田一京助『国語の変遷』昭和16年
    「その一は、全然機械的な、純然たる生理的な変化で・・・・・」

    ●瀬越憲作『死活攻防の急所』昭和31年
    「こんなのは劫だとはいっても全然敵の囲中に事件を起こしたもので・・・」


    続く

    ユーザーID:5932239829

  • 全然いいのよ 続き

    「全然」はもともと漢語です。

    忽然、 忽焉、 突然、 突如、 卒爾、 断乎、

    このような言葉は「全然」と同じ構造になっています。
    すなわち、二文字目は機能上の働きをしているだけで特に意味を持っていません。

    「全然」から、「然」とってみます。
    「全」という字の意味は、「まったく」「すべて」という類です。

    ですから、「全然」は、「すべて・・・である」「すべて・・・でない」
    「まったく・・・である」「まったく・・・でない」

    と、肯定にも否定にも使用できる言葉です。

    明治・大正のころは肯定にもしばしば使用されていましたが、
    だんだん耳にしなくなったので、現代人には耳慣れず、
    誤りのように思い込んでいる人も多いのでしょう。

    ユーザーID:5932239829

  • 大事な用件の時はちゃんと確認するけど…

     トピ主さんこんにちは、私も3時10分前は2時50分のことだと思っていました。
     でも確かに3時10分の少し前というようにも解釈できますね。
     これは日本語の乱れではなく捉え方が多様化してきたのだと思います。
     昔の人はどちらかというと「約束の時間より早めに行く。」という感覚が強いのでしょうね。
     それに比べて若い人は文字通り解釈するのでしょう。
     もっともたいていの場合は「3時出発だから10分前には集合だよ。」という具合に確認しますけど。
     時間にまつわる捉え方としては「午後12時は昼の12時」と思っている人が結構多いのに驚いたことがあります。
     その人たちに言わせると「午前は朝のことで午後は昼のこと、お昼の12時っていうじゃない。」とのことです。
     いくらこちらが「午後11時って夜だよね。その次が午後12時だよね?」と言っても通じませんでした。

    ユーザーID:7148988995

  • 2010年のトピですが、

    7時10分前って何時だと思いますか?喧嘩になりました。。
    http://okm.yomiuri.co.jp/t/2010/0530/319225.htm

    7時10分前って何時だと思いますか?のお礼とご報告!
    http://okm.yomiuri.co.jp/t/2010/0602/320007.htm

    ユーザーID:2502944210

  • 2時50分だとは理解するけど

    自分も使わなくなったし、人が使うのも聞かなくなって、かれこれ20年近く経つような気がします。

    理解はするけど使わないという人も多いのでは?

    考えてみると、「3時10分前」と文章で書くことは無いですよね。書くときはやはり「2時50分」。
    口頭ではなくメール(文字)でやり取りする比重が高まって廃れたのかも知れませんね。

    あと、勝手な推測ですが、兼業のお母さんが増えたことも要因かも。子供はやはり母親から多くの言い回しを学びますよね。業務上では使わない表現なので、お母さん達が使わなくなっているのでは?

    日本語能力が衰えたと問題視するようなことではなく、私は良い変化だと思います。待ちあわせの時間など、誰もが素直に理解できる言い方が一番です。

    ユーザーID:5539164567

  • えっ?!

    さゆさんが北九州の方言と書かれていましたが、生まれも育ちも北九州の私も夫も初めて聞きました。
    ちなみに私の両親も姉も、「3時10分前」は「2時50分」としか考えられないと言っています。
    3時前10分、という言い方は聞いたことがありません…。
    昔は違ったのでしょうか?(とは言え、両親はもう還暦超えていますが…)
    これまでこの表現で困ったことはなかったので、北九州の方言とは驚きました。

    ユーザーID:4095027268

  • 前後関係にもよると思います

    単に「3時10分前集合」と言われたら、集合時間は15時であろうと予測します。
    であれば15時に間に合うように10分前に集合しましょう。ということでしょうから
    14:50に集合だと考えます。

    でも、現地に15時半に着けばいいんだよね。集合場所から現地までは10分位。
    という会話の流れから「じゃあ3時10分前集合ね」と言われたら15:10を目処に集合と考えるので、15:08位で良いかとなります。

    でも単独ならやはり14:50だと思います。

    思うに、最近の子はキリの良い時間という感覚が希薄なのかな?と思いました。

    例えばテレビなどでも中途半端な時間から始まる番組って本当に増えましたよね。
    我々は「キリ良く15時」と当たり前に考えますが、若い子は15:10集合ということに違和感を感じないのではないかな、と。

    誤解のないように相互理解を深める必要があると分かったというだけで
    若い子の理解不足や語彙不足だけが問題なのではないような気がします。

    ユーザーID:7027678683

  • そもそも

    あまり使わない言い方ですね。
    正確さを欠く言い方です。
    私が言うとしたら「2時50分までに集合」と言います。

    2児の母さんの息子さんと同様に、こんなどうとでも取れる言い方をされたら、普通は聞き返します。

    まあそもそも集合後の計画から逆算して確認し、2時50分で大丈夫なのかという点から精査するでしょうね。

    ただ、よく考えてみると「3時10分/前」と捉えようとすると、「3時10分」までは細かく刻んで指定しているのに「前」という指定がいきなり大雑把なんですよね。この区切り方だと前後のバランスが取れてない。
    「どれくらい前が妥当なんだろうか?」と悩むことになります。
    まあ悩んだら悩んだで、聞き返すので大丈夫とも言えます。

    「3時/10分前」だとバランスが取れていないなんてこともなく、違和感なく受け取れます。

    けどやっぱり、前者だと違和感があるから後者で、とは考えないでしょうね。
    そこを考える前に聞き返します。

    トピ主息子さんの問題は前者と捉えることに違和感を感じないこと、どうとでも取れる言い方をされたときに自分の解釈で正しいとしてしまうことかな。

    ユーザーID:2145949265

  • 言い直ししています

    大体、ほとんどの場合「3時10分前」だけ出てくることはあまりないでしょう。

      「3時に開宴だから、3時10分前には席に着いている」
       「3時15分発車だから、3時10分前にはホームにいる」

    といったところでしょうか?
    わたしなら「2時45分までに行きます」「3時にはホームに上がっています」といった言い方に直して確認を取っています。

    ユーザーID:9295339662

  • アクセントを考えれば明白

    標準語で、以下の2つの文章を声に出して言ってみてください。
    1) 3時の10分前
    2) 3時10分の前

    1番は「分」の「ぷ」の部分に、2番は「10」の「じっ」のところにアクセントが付きますね。
    では
    3) 3時10分前
    はどうでしょうか。通常、アクセントは「ぷ」になりませんか?
    であれば、意味は1番と同じです。
    もし「じっ」にアクセントをつけていう人がいれば、
    それは2番を意味しているのかな。

    ただしあくまで標準語の場合です。
    書き込みにも「地方では違う」という意見がありましたが、
    それはアクセントの違いからからきているのかもしれませんね。

    ユーザーID:2682262163

  • 2度目です

    昨日アップされてた自分のレスが消えてるんですが…?

    ま、それは良いとして、英語で『3時10分前』というのは、

    ”Ten to Three”又は、”Ten ’til Three”

    というんです。

    もうすぐ在米20年になるんですが、未だに考えてしまいます。

    ”Ten to Three”というか、”Two Fifty”というか。

    ちなみに、『3時10分過ぎ』というのは、

    ”Ten after Three”

    といいます。

    これも、頭の中でサッと考えてしまいます。

    最近の子供さんたち、私が日本語の頭から英語の頭に切り替えが必要なように、普段こういう言い回しに慣れてないから、『3時10分前』が、”3時10分の少し前…”になっちゃうんでは?

    周りでそういう風に皆が言ってるのを聞いていれば、自然とそう言うようになるんじゃないですか。

    ユーザーID:8397085154

  • 面白い!…けど怖い

    普通に考えて2時50分のことだと思いました。
    でも確かに字面を見ると3時8分でも合っている…

    ではなぜ直感的に2時50分だととらえる人の方が多いのか?
    「○○10分前」とか「○○前」って本来、ざっくりした時間の表現だと思うんです。
    3時10分前しかり昼前しかり…それなのに3時10分という妙にきっかりした時間の少し前、すなわち3時8分というこれまた奇妙な時間を言い表そうとするのが違和感となっているような。
    本当に3時8分(人によっては3時5分?)頃来てほしいなら、
    3時過ぎって言えば誤解もないだろうし。


    面白いトピだと思いました。でもこのような感覚の違いを持つ人がいることに少しぞっとしました。

    ユーザーID:6895556788

  • 小3に聞いてみた。「2:50!」

    やっぱり解釈の違いなんじゃないかな?
    授業で時計とかやりましたが、不自然な点はありませんでした。
    学校で3:10と教えているはずがないと思う。

    そもそも3:08頃を指定されること自体がナンセンスだと感じる感覚があると思うし、
    5分前になったら外出しましょう、とか
    10分前になったら、の方が自然だという感覚が身についてるんだと思います。

    ちなみに我が家は3世代埼玉です。
    方言説は有力かもしれません。

    ユーザーID:0905485281

  • 2時50分です

    3時10分前なら、2時50分ですが、
    そもそも3時10分前なんて言いません。2時50分です。

    ユーザーID:7064134011

  • イントネーションで判断。

    じゅ、の音が高いか、
    ぷん、の音高いかで、判断します。
    これ、地元周辺地域の人のみ対応でしょうが。

    前者は3時10分の数分前。
    後者は2時50分。

    どっちか判断できない時は、しっかり聞き直した方が良いですね…。

    ユーザーID:9191094361

  • 全然は江戸時代には肯定に意味で使われています

    全く然り・・・・そのとおりということでは?


    それはさておき、国語力のなさ。

    まずは言い方に問題あり気です。

    ぱっと見てわたしはどちらなのか不明でした。

    3時の10分前なのか、3時10分から前なのか。

    これは会話の感じでわかるのかなと思います。


    で、実際どっちだったのかな。

    伝えるときは3時集合で10分前にくることというのが大事ですね。
    まずは集合時間を決めるのが普通では????そこからの会話で前がどれを基準にするかわかりますよね。

    ユーザーID:3089108857

  • 伝え方が悪い

    相手に伝わらないのは、大抵伝える方に問題があります。
    伝えた時に、理解しているか確認しないとダメです。

    ユーザーID:2814930520

  • 紛らわしいから言わない。

    言われた立場なら、どちらなのか聞きますし。
    3時10分前って「2時50分」と決まっているのですか?
    知らなかったです。
    習ったのかもしれませんが、日常では殆ど使わない言い回しなので頭に入ってませんね(笑)

    他の方も仰ってますが、全然+肯定文は間違いではありません。


    ちなみにアラフォー、高校時代は国語の全国テストの偏差値75オーバーです。
    言葉は生き物だと思っているので、あまり気にしてません。

    ユーザーID:4920764340

  • アナログとデジタルの違い

    昔は、時計の文字盤を見て「3時前10分だ」と認識していましたが、(九州の地方的表現です)今はデジタル表示が多くなり、数字を見るのでそういうことが起きるんでしょうね。

    でも、久しぶりに笑いました。若い子が遅刻をしてきてもむやみに怒れませんね。

    ユーザーID:1553690901

  • 相手の言い方による

    まず、答えの想定でアクセントの位置が変わると思うのですが。
    3にアクセントをおくか、10にアクセントをおくか。

    あとは
    「3時、10分前集合」もしくは「3時(の) 10分前集合」
    ならば2時50分。
    「3時10分前集合」区切りなく言われたら2時50分?3時5分くらい?
    どちらか迷います。

    ちなみに
    >「全然」を肯定で使うとか
    全然は本来、否定と肯定どちらに使ってもいいのですよ。
    否定を伴うと認識されるようになったのは戦後くらいでは?
    このことからもわかるように、言葉は生き物なので
    新しく生まれたり、廃れたり、認識が変わることはあると思います。

    ユーザーID:8017959639

  • えええ・・・

    3時10分前と言われたら、2時50分ですよ。
    つまり3時の10分前、です。

    3時数分であれば、3時10分の前って言い方をしますね。

    ユーザーID:7653838607

  • 言い訳やめようよー

    3時10分前は、2時50分です。

    「紛らわしい」だの、「だったら最初から2時50分て言ってよ」だの
    もう言い訳やめましょうよ。

    正しい日本語では2時50分なんですから。

    あっちゃ〜勘違いしてたわ〜って反省するのはアリですけど
    あーだこーだ言い訳するのは聞き苦しいです。

    ちゃんと反省しましょう(笑)

    ユーザーID:1648024275

  • アクセントの違いで変わると思いますけど

    標準語のアクセントだけで言えば、字で読むのと音で聞くのでは、内容も違ってきます。
    字で見れば、3時10分前は2時50分しかあり得ないですが、実際の会話では複数あると思います。さらっと続けて言えば2時50分で、前を強調して言えば、3時5分〜9分の事のように聞こえます。
    まあ、待ち合わせで考えれば、そういう発想は生まれてこないのですけれど。
    日本って空気を読む社会でしょ。(嫌ですけれど)
    3時10分前を3時10分よりもちょっと前と解釈する、そう聞こえる若者は空気を読んでなくて、とってもいい感じに思うのは私だけでしょうか?

    ユーザーID:7281074972

  • みんな通じるんですね

    四十代ですが、よくわからなかったです。
    3時10分から、5分前か10分前か…じゃ3時に行ってたらいいんじゃんって。
    3時10分前?3時間10分前ってこと?
    私も国語力がないのですね。(とほほ)

    これが《3時 10分前》なら、2時50分と理解するのですが。
    人に何かを伝えるには句読点とか余白とか、DTPやってるとすごく大事だと思うのです。
    でもなぁ、自分ならこう書く。
    集合時間 3時
    ※10分前に集合してください。
    短縮するのは、学校特有の書き方なんでしょうか。
    活字中毒で子供の頃からアホみたいに読書してきましたが、学校のお知らせって大人になってから読んだことないんですよね。えへへ

    ユーザーID:7607649420

  • 言葉の言い回しの問題?

    集合時間を示す時、3時前集合とは普通言わない。
    3時集合、時間厳守でお願いします、ですよね。

    集合時間をきっちり統一したいのが日本人。
    「前」とは何分前なのかはっきりしない。
    そんなアバウトな約束、気持ち悪くってできないわ〜
    ・・・というのが普通かと。

    もともと集合時間では使わない言い回しなので
    大人は3時10分前は2時50分だと思う。

    なので普通の会話で「今何時?」「3時10分・・・前くらいかな〜」なら
    どちらの意味にもとれます。

    言葉の熟練度の差かな?
    だから子供は迷うのでしょうね。

    ユーザーID:0518828555

  • 確認なのですが、、、

    3時10分前は2時50分に決まっている。3時8分ごろとかおかしい。
    という主張の方の中に、

    「3時」の「10分前」が2時50分になるとわからない子が増えていると思っている人がいませんか?

    そんなの理解していない子は殆どいないですよ。

    「3時」「10分前」なのか
    「3時10分」「前」なのか、どっちで取るか、というだけの話です。
    大多数の人はわかってると思いますが、数名、理解していない人が混じっているように見えます。

    現実問題、バスの発車時刻が3時10分であれば、バス停に3時10分の前に集合するってことありえますよね。
    私なら、どっちにも取れるから念押しで確認をするか、
    どっちにしても間に合うように、早い方に合わせて集合しておくよう教えますけどね。

    ユーザーID:8185539090

  • 普通に

    「2時50分」って言えばいいだけの話でしょうに。

    紛らわしい言い方をする方が悪い。

    素直にシンプルに言わないとね。

    ユーザーID:2449430223

  • >すいか様

    「3時『に』10分前」だと「3時20分前」になって3時18頃やってくると思います(笑)

    これは実際にあった話で、あとで誤解がとけて大笑いしました。

    ユーザーID:1531298822

  • 字面上はどちらともとれます

    慣例的には2:50ととらえられるでしょうけど、
    純粋に字面からだけならどちらとも捉えられると思いますよ。
    言語学をやっていましたが、どちらも学問的にはアリだと思いますし、
    捉え方については慣れとか周りとの暗黙の共通認識によるものでしかないと思います。
    言語は刻々と変化しているものなので、何が合っている間違っているというのもない、とよく先生方はおっしゃっていましたね。
    (例えばレジでの「○円からになります」等も)
    ら抜き言葉も合理化する方向へ向かっているからという説がありますし、
    崩れているというより案外賢い方向に進めていたりして意外と面白いですね。

    「全然」については元々は肯定でも使う用法があったようですよ。
    近代文学でもそういう用法はあったかと。
    単に現代の使い方が否定とセットってだけですね。
    私は6,7年前からは肯定でも使っています。

    ユーザーID:7186090807

  • 九州出身ですが

    3時10分前と言われたら、2時50分と考えます。
    時間(○時とか○分とか)を示す言葉や表現では、示す時間そのものが曖昧になるような言い方はしないもの、という固定概念があったので。

    3時10分よりも前までに来て欲しい、でも3時ちょうどには来なくてもいい時は、「3時10分“より”前」「3時10分までに」といったような言い方をすると思います。

    福岡出身ですが、3時前10分=2時50分という話ははじめて聞きました。
    意味は十二分にわかりますが。
    どの地方なのか少し興味があります。

    ユーザーID:0902861232

  • 2時50分

    以外には思いつきませんが。3時8分とか9分とか…?
    そういう時は「3時10分の少し前」というかな。それなら8分とかでもいいけど。
    もっともそんなに細かい時間での約束ってしないですけど。
    3時10分に電車に乗りたいから間に合うように少し早くとか???
    あり得るとしたらそんな時くらい。
    3時10分に約束して、自主的に少し早く着くならわかるけど。

    ユーザーID:8761512212

  • ちなみに

    「全然」を肯定文で使うのは、明治時代には正しいとされていました。夏目漱石もつかっています。

    ユーザーID:4167622525

  • 20分前なら?

    ふと思ったのですが、3時20分前はどういう解釈になるのですか?
    「3時20分前に集合」の場合は、2時40分になるのでしょうか?
    自分の中では、3時20分前=3時20分までにという感じなのですが・・・。

    ユーザーID:0427510613

  • 知っているか知らないか、教わるか教えたか、の違いに過ぎない

    要は言葉を使ったことがあるか、ないか、ですから
    「知っている」か「知らない」か。
    「教わった」のか「教わっていない」のか。
    それしかありません。

    何も難しい話ではありません。知らない人は、どういうことかを聞けばよいダケです。判ったフリをする行為がみっともない、というだけです。

    あるいは
    「教養のあるなし」ではなくて「事象に接したか否か」
    と言えるかも知れません。

    ユーザーID:9618257092

  • 耳が痛い

    3時10分前は正解でよかったのですが、他に「1メートル弱(強)」とか曖昧で不安なのがいくつか…

    ユーザーID:5953663182

  • やや横ですが

    全然という言葉を肯定文に、私は使います。

    昔、文学少女だったころにそういう言い回しは何度もみました。
    有名なのは漱石とか鴎外みたいですね。

    文字通り「まったく」という意味で日常使っています。
    全然大丈夫だよ、全然賛成よ、など。

    但し、ここ数十年は否定を伴うのが一般的のようで、
    うっかり「全然大丈夫」というと、無教養のそしりを受けかねないので、
    相手を見て使うようにしています。
    子供には「用心のためにテストの答案に書く時は否定を伴うように」と言ってあります。


    本題ですが
    だいたいの大人の常識では2時50分でしょう。
    でも3時8分ごろという意見も、言われてみればなるほどと思います。


    私は…無意識にアクセントで判断しているのかも。

    【10分前】の、プンにアクセントが来ていたら2時50分。

    もしジュッとマエにアクセントが来ていたら
    3時8分ごろと言いたいのかな?と不安を感じて確認したくなります。
    プンとマエにアクセントが来ていたら…
    ああ、それはどちらにも聞こえるなぁ。

    でも3時8分派はどの言い方でも3時8分だと思うのでしょうから
    用心するしかないですね。

    ユーザーID:7710690689

  • 3時40分前だったら?

    3時40分前だったら、ほとんどの人は2時20分ではなくて3時35分ぐらいと解釈するでしょう。
    では、30分前だったら?20分前だったら?
    明確な境界はあるのでしょうか?

    これは、国語力の問題というよりは、妥当な待ち合わせ時間を判断する判断力の問題だと思います。

    ユーザーID:7660217170

  • すごいですね

    日本語の乱れが。

    3時8分ぐらいと言っている人が親になるの?
    嘆かわしい事態ですね。

    3時10分前とは2時50分のことです。
    8分や9分を表すなら、10分前、ではなく、10分より前、と言わないと文としておかしくなります。
    考えたらわかりそうなものなんですけどね。
    この先日本はどうなるんだろ?

    ユーザーID:0764168601

  • 「3時10分の前」=「3時ちょっと過ぎ」

    「3時10分の前」を表現するなら,
    私なら「3時過ぎ(3時ちょっと過ぎ)」くらいに言いますね.集合時刻などを指定するなら,「3時10分,時間厳守で」で良さそう.

    時刻を聞かれたら,2時50分を「3時10分前」,3時10分なら「3時10分過ぎ」と答えることは結構あります.

    正確な時刻が求められる時は,どちらも使いません.


    さゆさんの
    >「3時前10分」

    これは堪らなく懐かしい.
    高校を出るまで門司,小倉に居たので.

    なぜか高校の先生の声と顔が強く思い出されます.
    「少しでも遅れたらクラされる」という,少し背筋が伸びる気分.

    ユーザーID:4505153957

  • 小学校の時

    私は小学校の時計の読み方を習った時に嫌と言うほどやらされましたが…
    今はやんないのかな…

    で、個人的な意見ですが…
    3時10分前って約束しないなぁ…キリが悪いから、もうさ、3時で良いんじゃない?
    と思った次第です。

    ユーザーID:3489495359

  • 3時10分前=3時前10分だった

    福岡県南部出身です。
    話題に出てる3時前10分も3時10分前もどちらも2時50分の意味で使ってました。
    北九州で3時10分のちょっと前になるって知りませんでした。一時期小倉に住んでたけど。
    トピ主さんはどちらにお住まいなのか気になります。

    ユーザーID:9925121771

  • 3時10分前・・・

    すごく勇気出してレスしますが・・・。
    「3時10分」の少し前、と思います。
    タイトル見ただけでそう思いました。
    少数派??

    例えば今3時8分だったとして、人に「今何時?」と聞かれたら、「3時10分前」って答えます。

    2時50分なら、やっぱり「3時10分前」って言い方は違和感あります。
    3時の10分前、って言いますねえ。

    ユーザーID:5239355645

  • では

    2:50分を「3時10分前」と表現するなら
    3:10分までに集合の場合どう表現するのでしょうか。

    普通に「3時10分までに集合」と言えば良いですよね。
    でも2:50分を2時50分と表現しないのであれば
    同様に3時8分(頃)も3時10分前と表現しても
    間違いではないと思います。

    時間丁度の3時を基準として考えていれば
    10分前は3:10ではなくて2:50になりますが
    例えば最終目的地に3時30分までに到着しなければならない時
    待ち合わせ場所から15〜20分かかるとしますよね。
    この場合3時10分に集合すれば良い事になります。
    このような状況を知っていれば「3時10分前集合」は
    3:10よりちょっと前集合って意味になると思いませんか。

    ユーザーID:4166757075

  • 活字での会話世代

    今の若い人達は約束事等、メッセージやライン等の活字で行ないますよね。

    約束の時間、「3時前」と表記すれば、3時に遅れない様に会いましょうという事だと思います。
    約束の時間、「3時10分前」と表記すると、3時10分に遅れない様に、という風に表記した時間が基本となるのではないでしょうか。

    言葉で話す場合と文字でコミュニケーションを取る場合のニュアンスの違いと言うか、印象度の違いと言うか。

    そう言う私は3時10分前と言えば当然2時50分ですが。

    あと、「全然」という言葉は昭和の中期には否定に被る言葉でしたが、30年ほど前に「全然大丈夫」とか「全然オッケー」といったふざけた言い方が流行ったのです。
    大人が目くじらを立てて「全然に肯定の言葉を付けるのはおかしい」と騒ぎ立ててみたら、元々は肯定文にもかかる言葉であったという事で、認められる様になりました。 でも、違和感を感じる人は多いと思います。
    私はアラフォフですが、やはり当時の名残でふざけた言い回しと感じてしまいます。

    ユーザーID:7984462360

  • 西日本ですが

    イントネーションによって、2時50分か3時8分ごろなのかが変わると思います。
    大ざっぱですが、

    「さんじ じゅっ『ぷ』んまえ」『ぷ』にアクセントがつくなら2時50分、

    「さんじ 『じゅ』っぷんまえ」『じゅ』にアクセントがつくなら3時8分頃のことにも聞こえる気がします。

    文面だけなら、反射的に「2時50分」だと思ったアラフォーです。

    ユーザーID:5860787659

  • 「全然」を昔は肯定文に使っていたことは知っていましたが、

    少なくとも小学校の国語では否定文に使うように教わったと思います。

    私は戦後生まれのアラ還ですが、大正生まれの母も同様でした。

    大正時代からつい最近までの一般的な日本語でしょうね。

    国語は時代と共に変わって行くものですから、今はその過渡期かもしれませんね。

    「彼」なども今は男性のみに使いますが、昔は女性にも使ったようですね。

    「ありうる」についも同様ですが、
    小学校の国語のテストで「ふりがな」を振る際、
    今では「ありえる」でも正解なんでしょうか?
    いつか「ありうる」では×を貰うようになるのでしょうか?

    文科省から用法などの指針も出るようですから調べてみるのも面白いと思います。

    ユーザーID:7670069364

  • 2時50分は、3時前10分

    では、ないですか?

      3時10分前=3時6〜9分

      3時前10分=2時50分

    だと思います。私にとっては。

    待ち合わせするのに、曖昧な表現はよくないですね。

    私って感覚が高校生並みに若いのかなー♪と喜んでしまいました(笑)

    40代女性の見解でした。

    ユーザーID:1262806086

  • おもしろいですね

    海外在住です。わたしが小学校3年生の子供に3歳から日本語を教えています。
    聞いてみたらちゃんと「2時50分に行く」って答えました。ちょっと安心しました。

    ユーザーID:5271792788

  • 3時10分前は

    私の解釈では2時50分です。

    3時10分の前に設定する場合の説明は「3時10分より前」って言うかなぁ。

    日本語って難しいね。

    ユーザーID:0938842518

  • 迷うかも

    3時10分前は2時50分というのはわかっていますが、
    集合時間は2時50分と言えばいいことを、わざわざ3時10分前と言われたらどっちだろう?と思います。

    3時10分前には集合してねだったら違和感ないですが、
    3時10分前集合はどうなんだろう。

    ユーザーID:3417906828

  • 集合時間の観念も希薄

    ちょっとテーマからはずれてしまうけど、うちの高校生息子をみていると、そもそも友人どうしの、集合時間という観念が希薄だなあと感じてます。
    メールやラインでいくらでも連絡が取れるからなんでしょうね。
    乗り物の乗り継ぎにしても、事前に調べておかなくても現場で乗換案内チェック。
    交通費も、結局はスイカやパスモでスイスイ。

    事前に旅行のしおりとか作っていた世代としては、この便利さがあったら、時間の決まりごともアバウトで済むわけだよね…と納得してしまいます。

    あ、3時10分前は、2時50分です。3時8分っていう微妙さも、今どきの感覚ですね(笑)。

    ユーザーID:7722778035

  • 2時50分

    前を付けるからややこしくなるのです。

    集合時間をそのまま伝えればいいだけです。

    3時なら3時。10分前なら2時50分。2時8分なら2時8分

    もしくは丁寧に話す。

    3時に10分前に集合。
    3時10分までに集合

    ユーザーID:8463011653

  • 日本語の難しさ

    『3時10分前』は、日本語の読解のし方として『2時50分』でも、『3時10分の少し前』でも正しいと思います。
    結局のところ『の』がどこに入るかですよね。
    『3時』の『10分前』であれば『2時50分』の意味ですし、『3時10分』の『前』であれば、『3時10分の少し前』の意味になります。
    日本語は難しいですね。
    もし、お子さまに、『3時10分の少し前』は間違っていると伝えられたのであれば、それは不正確だったと思います。
    私が『3時10分前』と言われたら、確認するか『2時50分』に行きます。
    『3時10分の少し前』だったとしても問題ないですから。

    ユーザーID:7886143120

  • びっくり

    このトピを見て、中学生と高校生の子供に質問したところ、
    3時くらいに集合場所へ行くと返答しました!

    私は迷いなく2時50分と考えました。

    何故かを考えたんですが、一つは小さい頃学校の時計の読み方授業で、
    「3時10分前は何時何分か」と言う問いに対し、10分前は2時50分と習ったから。
    また、3時5分とか言う表現は「3時過ぎ」と言うからです。

    もう一つ思い当たったのは、私達は小さい頃携帯など無かったので、
    時間を指定する場合は解りやすい時間にしましたよね。
    電車に乗ってでも行かない限りは「3時」「3時半」と言う解りやすい単位に。
    だから10分前集合と言われれば2時50分。

    でも今の子供達は携帯やスマホで各自連絡が取れます。
    3時くらいにと約束し、あとは携帯で移動しながら場所を決めたりします。
    だからそう言う言い回しが必要ではないのかなあと。

    どっちが正しい、よりも時代にともなう捉え方の違いかも知れません。

    これをきっかけに、子供達に3時10分前と言われたら
    「2時50分ですね」と確認しなさいと教えました。
    なんか、親子で認識の違いにお互い驚き、良い勉強になったなあ〜!

    ユーザーID:9160417773

  • 言いたいことは判るけど、必ずしも正しくない

    筆者様が言いたい事は判る。
    但し、一般論。
    実際に言葉に書くと判りにくいですが、
    8時10分 (の)前 / 8時(の) 10分前
    切り方で意味が違います。

    実際に私達は日常にこんなケースがあります。
    ゴルフスタート時間は8:40です。
    8:10前には集合お願いします。
    ゴルフをやる方にはこんなフレーズを聞いた事があると思います。
    この集合時間は7:50ではなく30分前の8:10には集合しましょうと言う事です。
    要はその時のシチュエーションなのです。
    例えば、その時の流れが、8:10に迎えに来るので、その前には集まろうねと言っていたならば、きっと8:10の直前に集合なのでしょう。
    今回は誰も悪くありません。(国語力の問題ではない)その時の話の流れから、誤解した方が居た、そしてその場で勘違いが判り修正した。
    それだけの事です。
    まさに日本語の妙ではありませんか。
    言葉の乱れとかいう以前に、自分も完ぺきではありません。
    言葉の行き違いによって面白い事があった、日本語って難しいねと楽しめばいいんですよ!

    ユーザーID:7526909048

  • 横ですが…午後12時

    これはお昼ですよ?
    夜の12時は午前0時です。
    大丈夫ですか?
    おいくつの方なんでしょうか…。

    ちなみに3時10分前は2時50分です。
    小学生の息子にも聞いてみましたが、「2時50分以外にないよね?」 との事です。
    しっかりしてて安心しました。

    ユーザーID:4502211523

  • 3時の10分前は2時50分。当たり前

    それがわからないなら頭悪いか、よほど言い方悪いの日本語通じないかしかないです。こんな質問ある事に驚愕しました

    ユーザーID:3302841905

  • アナログ時計の衰退か

    黒旋風さんのご指摘のように,
    「3時10分前」という表現は,かつての時計は多くが長針短針秒針のアナログだったことがその基礎にありそうですね.
    最近はデジタル表示の時計が当たり前になって,「2時50分」のほうがしっくりくるので「3時10分前」を使わなくなったということか.

    確かに,「3時10分前」的表現を使うとき,聞いた時にはアナログの時計盤が頭に浮かんでますね.デジタル時計を見ているときにはこの表現は出てこないかも.

    しかし,成長した子供が「3時10分前」を誤解するということは,ものごころついて以降ほとんどこの表現に触れてこなかったということですよね.
    もう死語なんですかね.学校でも家庭でも.

    ユーザーID:4505153957

  • イントネーション

    こちら関東ですが、イントネーションでどちらにも解釈できます!

    3時10分『まえ』のイントネーションです。

    『〜ぷんまえ』を音階が順に降りていく感じなら2時50分
    『ま』にアクセントを持ってくると、10分より少し前、と聞こえなくもないです。

    ユーザーID:7211967553

  • 「3時10分の前」の気持ち悪さ

    私もかなりデジタル派になりましたが,アナログ時計に慣れている者としては,「3時10分」ではない「3時10分の前」という概念はどうも気持ち悪いですね.

    「3時」というアナログ時計の基準となる,長針が真上にくる時刻にあえて言及しないことで,「3時よりも3時10分に近い」領域に時間的あいまいさを狭めているように感じられます.
    そこで「3時5分くらいから3時9分まで」辺りだと考えるのですが,
    この時間的なあいまいさと限定された感の混在が何とも気持ち悪い.アナログ時計盤でイメージしづらい.

    アナログ全盛の時代だと,「3時10分前」の一言からこの微妙な時間指定を想定することは,不自然だったのではないでしょうか(こましゃくれた子供は別).

    しかし,時刻を数字(デジタル表示)で目にしている最近の我々からすると,「3時00分」は何も特別なものでなく「3時10分」と同等.だから「3時前」と同じように「3時10分前」を解釈するのはむしろ自然なんでしょうね.

    ユーザーID:4505153957

  • へ〜

    当然、2時50分ですね。
    待ち合わせは10分前、という考えがあるので、そういう言い方はよく聞くし、します。

    他にも、例えば、一緒に居る人に「今何時?」と聞かれて、時計を見ると2時50分だった場合にも、「3時10分前」と答えることがあります。

    ユーザーID:4094362365

  • 「10分過ぎ」もあるよ!

    タイトルを見たとき、えっ2:50以外に何かあるの?と思いました。
    若い世代には3:08頃という解釈もあるんですね!
    アラフィフです。
    とは言え自分で「〜分前」を使うことはないですね。

    母(85歳)はバリバリ使います。
    それどころか普通の「○:10」のことを「○時10分過ぎ」と言います。

    たしか小2初日の前日のこと。
    登校班長になった新6年生がうちに来て「集合は8時10分です」と言いました。
    すると母が「8時10分前ですか、8時10分過ぎですか」と聞くんです。
    私は子供ながらも「前」はともかく「過ぎ」をそういう意味では他の人は言わないと気付いていたので、おねえさんが困るんじゃ、と思いました。
    案の定「え、、8時10分です」と言われました。

    思うに昔の人は時刻を大まかにとらえていたから、8時、9時、10時というちょうどの時間を基準に考えていたんじゃないでしょうか?
    出身地などによる違いもあると思いますが。
    それが時代と共にすたれてきたんでしょうかねえ。

    ユーザーID:8794383135

  • 小4の息子に聞きました。

    3時ちょっと過ぎ位に行く。と言ってます。
    私は迷わず2時50分ですが…
    ちなみに40代前半です。

    息子に算数でやってなかったっけ?
    と聞いたら
    算数では「3時より10分前の時刻」と習った。と。
    3時10分前と言われれば3時10分の少し前と受け取る。というのが言い分です。

    ユーザーID:4241675986

  • 3時前10分と言って!と言われました。

    うちも聞いてみました。

    小4も中1も、遅刻したら困るので3時5分くらいに行くかな…と。

    私もびっくりしました。
    2時50分のことだと疑わなかったから…

    で、上の子にはタイトルのようなことを言われました。

    うーーん。ややこしい。

    ユーザーID:8822475136

  • 2時50分


    今回の3時10分前は、2時50分です。
    私も小学生のときに、母にトピと同じような質問をされて、
    今回の例でいうと、3時10分ちょっと前のこと?と言ったら凄い勢いで怒られました。
    なので、2時50分以外ありえません。
    みんな、親に教えてもらってないのかな。

    ユーザーID:2779059353

  • イントネーションで違った!

    子ども達に聞いたら、イントネーションで答えが変わりました。

    ユーザーID:9833596841

  • 完全な横レスすいません、「全然OK」は誤りです。

    「全然いい」さん、

    『全然』は本来否定する文の前につける言葉です。
    現代中国語でも、そのように説明されています。
    夏目漱石など、物書きの人たちの間で肯定にも使用されたことで、文章でその使い方が残り、肯定文でも正しいと思われるようになった、ということでしょう。
    「だんだん耳にしなくなった」ではなく、元来肯定に使われなかったため誤りという認識があるのです。

    昔の物書きが使っているからと言って、正しい使い方とは限らないんですよ。

    ユーザーID:2845826113

  • えー驚いた

    3時10分前が、3時10分の少し前とは、思ってもみませんでした。

    それって、どういうシチュエーションで言うのですか?「3時10分にはどうしても遅れてはいけないから、3時10分には間違いなく来てね!3時11分だとだめです!」って意味??

    「3時10分前集合ね」は3時を強調して、例えば3時から何かが始まるから、10分前くらいには集合しようという意味を込めて、言いますよね。
    口頭のときですよね。印刷物には3時10分前とは書きません。
    印刷物には「14:50集合」です。

    口頭で「14:50分集合ね。」というより、多分「3時10分前ね」と言った方が頭にも残りやすいですよね。3時から何かが始まるから10分前には集合ってことでって。

    それがもし「3時10分の前までには来てね」って言われたら、私逆に何時に行けばいいのか迷います。だって14:30も、15:08も3時10分前ですから。

    何時何分の前に集合より、何時何分集合の方がわかりやすいし、
    よって3時10分前って、当然14:50と思います。

    ユーザーID:3948077262

  • 福岡県大牟田市

    3時前10分という言葉使います〜

    ユーザーID:0612867700

  • 前提がないからでは?

    例えば3時に映画が始まるから3時10分前に集合といえば2時50分集まるのでは?どういう状況かで変わってくると思いますよ

    ユーザーID:3018975424

  • どちらも正しい

    前にも似たトピがありましたね。

    3時10分前集合。

    3時の10分前集合なのか、3時10分までに集合なのか曖昧。
    国語力がないというのは今回のようにわかりにくい表現をすることで、
    「3時8分位」と答えたことではないと思います。

    大人である我々は「遠足」「ツアー」「入学試験」などで10分前行動の慣習があり、
    そこから「3時の10分前(2時50分)」と想像しただけ。
    人生経験の差であり、悪い言い方をするなら単なる思い込みでもあります。

    「出発(開始)は3時です。10分前に集合して下さい」
    これで2時50分に集まりますね。

    トピにあった国語力を問う「的を射る・的を得る」と意味合いが違うかなと思います。

    ユーザーID:9482599190

  • 驚いた!

    何言ってんの?2:50に決まってるじゃない。

    と思って中学生の息子に聞いたら

    「3:10より少し前に決まってんじゃん。3:08とかだよ。部活でもそういう決まり」



    ………何だ?この若者たち。唖然。

    ユーザーID:8376498228

  • それって全国的ですか?

    九州出身の友達や旦那が使って初めて知りましたが、関東出身の私は「2時8分くらい」です。
    日本語がなんたらというレスも多くてびっくりしました。
    30歳手前になって知った表現です。
    それって地域限定の表現ではないのですか?

    ユーザーID:9638924336

  • 2時50分

    どんなアクセントだろうが、どこで区切ろうが、どんな文脈だろうが「3時10分前=2時50分」です。
    本来はこっちだろうとか、わけがわかりません。

    「1+1=2」と同じくらい当たり前だと思いますけどね。

    ユーザーID:7378228654

  • 全然OKですけど

    全然という言葉を読み下すと、「全く然り」となります。
    この場合、「全く」が意味の中心で、「然り」はそれを強調しているだけです(例えば、「終焉」という言葉の意味は、「終わり」であって、「焉」には特段の意味はありません。)。
    ですから、「全然だめです」もいいですし、「全然いいです」も使えます。
    要するに、全然は否定文にしか使えないというのが俗説なんですよ。
    どなたかがご指摘されていたように、夏目漱石をはじめとした明治の文豪は肯定文に「全然」を使っています。
    あなたの親世代から見ると、あなたも「全く然り」ということなんでしょうね。

    ユーザーID:7493030330

  • 福岡出身です。

    何名かの方がおっしゃってますが、
    私も
    3時前10分→2時50分
    3時10分前→3時10分のちょっと前
    と理解していました。

    長崎出身の夫に結婚してすぐくらいに(テレビで同ネタをやってた?)
    3時10分前は2時50分が普通だろ!
    と言われて、え?普通はそうなの?とびっくりしたくらい当たり前でしたが。

    実際そんな言い回し使うことはなさそうだけど
    そういう解釈は特殊なんだと今は思ってます。

    ちなみに地元は福岡のお茶で有名な土地です。

    ユーザーID:8865942876

  • 九州出身です。

    3時10分前って、3時10分の少し前だと思ってました。

    時間を聞かれた時にもし3時8分だったらまさに「3時10分前」
    もし3時28分だったら「3時半前」と答えてました。

    これが方言によるものなのか、ただ単に私の常識がなかったのかは分かりませんが、
    特に周りとの食い違いがあった記憶はありません。

    やっぱり地域によって違うのかな?

    ユーザーID:9353137506

  • 言葉は生き物

    私も3時10分前集合と言われたら、2時50分だと思います。
    ですが、集合・出発までに時間のかからない2、3人が集まってどこかに出かける場合、「3時10分には出発したい。だからその前に来て欲しい」と言う意味で「3時10分前」と表現される時があります。
    なので、3時が何らかの時間(出発時間など)と明らかになっていない限り確認したくなりますね。

    前者の場合、3時が何らかの時間として明確になっていないならば「2時50分」、後者ならば「3時10分までに」と誤解なきよう伝えるのが、本来の形だと思います。

    言葉や常識は生き物のように地域、時間とともに変わります。
    「3時10分前集合を2時50分と捉えられない人は国語力がない」と言う人は凝り固まった思考であり、国語力があったとしてもコミュニケーション能力に欠けると思われます。
    言葉の重要な役割の一つがコミュニケーションですので、上記に該当する人は柔軟な思考を以てコミュニケーション能力を磨きましょう。

    ユーザーID:7118501085

  • 国語力の低下ではないと思います

    国語力ではなく、もっと単純なことで、3時10分前が慣用表現ではなくなったという時代の変化でしょう。

    3時10分前は、もーすぐ3時であるということを強調した婉曲的表現ですが、これはアナログ時計しかなかった時代に作られた表現です。
    今でもアナログ時計はいたるところにありますが、デジタル表示が普及するに伴い、文字盤のイメージ認識が変化し、10分前という回りくどい表現が廃れてしまったのでしょう。
    海洋で方向を示す際に「2時の方向」などと表現しますが、これについてこれないからといって国語力の低下にはならないと思います。逆に「ひとひとまるまる」は何時かと問えば「11時」と即答できるかもしれません。

    巻き戻しとか、チャンネルを回すなどもアナログの名残りとして言葉だけ使われていますが、これもいずれは通用しなくなるのかもしれません。

    タッチパネルが完全普及したら「クリック」を知らない世代が現れるのではありませんか。
    「クリックってなに?」
    「昔はね、マウスでクリックしたんだよ」
    「マウスってなに?」

    ユーザーID:0938800355

  • 全然いいのよ 続きの続き

    昔、讀賣新聞の日曜版に「今様こくご辞書」という連載コラムがあった。
    筆者は石山茂利夫さん。

    ここで二回、「全然」をとりあげていた。
    一回目は「全然+否定形、打消し」のみ正しいと主張。
    二回目に、『日本国語大辞典』の編集者松井栄一先生が登場、自分もそのように思っていたが、『日本国語大辞典』編纂にあたっての用例蒐集でそれが誤りであったことに気づいたと。

    前回の漢語の例を挙げての説明は、国立大(旧帝大)の中國文学教授に教えてもらったことです。
    先に挙げた和辻哲郎「孔子」には他にも幾つか出てきます。

    【参考】
    高島俊男『お言葉ですが』「それはさておき」の巻,文芸春秋,
    「松井? うん、全然いい」
                                            
    言葉の問題は、最終的には程度の低い方が勝つ」
    と高島俊男先生は『お言葉ですが』の他の巻で述べられています。
                                                                                          

    ユーザーID:5932239829

  • 驚愕

    高3の息子に聞いてみました。

    私「3時10分前に待ち合わせねって言われたら、何時何分だと思う?
    何時に着くようにする?」

    息子「3時!!(キッパリ!)」

    いや、2時50分やろ、3時の10分前だよ?それじゃ遅刻だよ!って言ったら
    少し考えて、「最初から2時50分と言うべき!」と怒ってしまいました・・・

    息子が友達と約束をすると必ず遅刻するのは、何故かわかったような気がしました・・・

    ユーザーID:5254213129

  • 「3時」スタートの10分前集合・・・的な

    2時50分以外に何があるの??と思いながらトピを開いたクチです。

    どなたかもおっしゃっていたように声に出して
    「3時10分前」「3時10分、前」
    とアクセントや区切りの違いでも伝わり方は変わってくる気がしますが、
    「〜前」という表現は「3時」が重要なポイントになっているから使うんだと思っています。

    例えば私は5分前10分前行動が良いという認識があるので、
    「2時50分ね」と言われたら2時40分頃着を目指します。

    でも「3時10分前ね」と言われたら2時50分を目指し、
    内心「3時から(何かが)はじまるからか・・」と思うかも?と思いました。


    集合ではなく時間を聞かれても「もう(すぐ)3時だよ!」と思ったなら
    2時50分ではなく「3時10分前だよ!」といいますね。
    内心「もう3時になっちゃうじゃん!」と思っているといいますか。

    要は「3時」が重要なキーポイントであるときに〜前〜後などを使うかなと思いました。


    方言だというのもあるようですが、結構たくさんの方が3時8分頃と書かれているので、
    それだけじゃない感じもしますね。

    常識っていい加減なものですね。

    ユーザーID:9832630124

  • じつになげかわしい

    やれやれ。「3時10分前」が、3時8分ですか・・・。
    その理屈でいくと、「3時5分前」は、3時4分ということですね。
    では、「3時1分前」は、3時50秒だとでも言い張るのでしょうか?
    国語力の低下に加えて、論理的な思考力も低下しているようですね。なげかわしいことです。

    「3時10分前」のような表現は、文章では見られず、会話でのみ使われるというところがポイントですね。
    話し手にとっては「50分」というのは発音しにくいし、聞き手にとっては聞き取りにくいものですよ。
    だから、発音しやすいように、聞き間違いをしないように、小さい数字を使うように工夫してるわけ。
    「ごじゅっぷん」→「じっぷんまえ」、「ごじゅうごふん」→「ごふんまえ」というようにね。

    聞き取り違いによるミスを防ごうという話し手の気遣いもムダになるとは。
    残念な世の中になってきましたね。

    ユーザーID:3550548606

  • どちらにも...

    「3時10分前」だと、私なら2時50分と理解しますが、まあどちらにでも取れますね。

    これは、「3時の10分前」か「3時10分の前」としないと間違いは起きるでしょう。

    ユーザーID:9723296684

  • 24時間制を採用します。

    私は、待ち合わせ時刻を打ち合わせする時は、24時間制を採用します。このケースでは、「14時50分」となります。
    ひねくれた人だと、午前2時50分のことか?とクレームつけるかもしれませんからね。

    ユーザーID:0005808537

  • 2時50分です

    「3時前10分」というような言い方は聞いたことありません。そのように言う地域もあるのですね。
    3時20分前なら、40分前ならどうかと言うレスもありましたが、そもそも「何分前」という言い方をするのは「もう少しで○時」という時に限るので、20分前はともかく40分前などは使いませんね。私の感覚では、45分を過ぎたあたりから○分前を使うイメージです。40分前などふざけて使う以外ありえません。
    また、3時8分あたりをおおまかに言いたい時にはざっと「3時過ぎ」を使います。3時9分発の電車に乗るなど、おおまかではダメな場合はそもそもこんな言い方は使えませんね。
    それから、3時10分は「さんじじっぷん」でしょう。ちょっと気になったので。

    ユーザーID:6920884807

  • 3じ8分ごろの事は

    3時10分より前とか3時10分の少し前と言います

    ユーザーID:9410212402

  • 息子の学校では

    3時10分前だと
    先生は、3時の10分前というそうです。

    の、を付けるのが普通と言われました。

    ちなみに息子は、
    3時10分前集合と言われたら何時に集合場所に行く?と聞いたら

    3時ちょうどに着くように行くと言ってました。

    意外な答えでビックリです。

    ユーザーID:3748275019

  • 固定観念の問題

    「3時10分前って、何時何分?」と聞かれたら、「どっち?」と聞きます。

    「3時(より)10分前」「3時10分(より)前」
    どちらも言葉足らずですが、前者と取るか後者と取るか、受取る側の解釈の違いなだけで国語能力の違いではないですよね?

    思うに、私共の環境では3時10分前と言えば2時50分という意味で使うことが断然多かったせいで、そのような思い込み、固定観念が出来上がっていたのではないかと。
    もしかしたら、3時10分前=2時50分としか思えないほうが、国語理解に対する柔軟性が足りないってことになるかも。

    日本語は曖昧であるとよく言われますが、その例のひとつなんでしょうね

    ユーザーID:4217472060

  • イントネーション

    文章にするから悩ましい。
    会話であれば区別できます。

    その区別がつかないイントネーションだとしたら、そこが問題。

    ユーザーID:6892030458

  • 方言を笑ってよいのか

    今でも「3時10分前と言ったら3時8分頃。2時50分ならば3時前10分」と言う地域は沢山あります。

    「分」という概念が社会に入ってきた明治時代に時間の呼び方は英語から直輸入し、最初は「2時50分ならば3時前10分」という直訳に近い言い方がなされていましたが、いつのまにか3時10分前という言い方に変遷してしまっただけです。
    そもそも江戸時代にはなかった言い方ですから、正しい日本語もへったくれもないでしょう。

    ユーザーID:0874876052

  • enzoさん、すごいです

    昭和世代は3時10分前と言えばほとんどの方が
    「2:50に決まってる」と言い、平成世代は曖昧になっている。
    この世代差はどこから来るのか?

    学校の算数で、ゆとり世代では時計の読みの授業が削減されたせいか?
    と、漠然と思っていましたが、enzoさんのレスを読んでスルスルと謎がほどけた感覚でした。

    アナログ時計が日常に密接していた昭和世代と、デジタル時計が日常的であるデジタル世代との差とは気づきませんでした。
    説得力ある理由をありがとうございます。

    ユーザーID:8599879509

  • 都内ですが

    都区内で生まれ育ったアラサーです。

    私のまわりでは「2:50」に集まりますね。

    因みに、「3時前10分」と言われたら一瞬「???

    ユーザーID:6544982797

  • 全然OKではありません

    話が横にそれますが、全然の使い方で、

    ・その話は全然知りませんでした : 否定文
    ・その話は全然知っていました  : 肯定文

    肯定文の場合の使い方は何か変ですよね。 肯定派の方はこのような使い方をするのでしょうか?
    要は、使い方のTPOではないでしょうか?

    ユーザーID:6752895040

  • 気になって聞いてみました。

    小5の子供に聞いたら「2:50でしょ」と即答でした。中学生の子供にも聞いてみます。

    ユーザーID:8794791030

  • 福岡に住んでいます

    何人か九州地方の方がレスしているように
    2時50分のことは、3時前10分と言っています。
    3時10分前っていう使い方は、私はしません。

    ユーザーID:0692333990

  • 2時50分ですが何か

    夫にも聞きました。
    夫(北海道出身)
    私(東京出身)

    2時50分です。

    なんだか外国人と話しているような。

    ユーザーID:3782326194

  • 平安時代

    枕草子が書かれた平安時代中期から
    清少納言が日本語の乱れについて苦言を呈していました
    トピ主様の「今の子は」だとか、
    年寄り老人の「最近の若い者は」という嘆き。
    科学は発達しても、1000年前から精神的なものは何ら進歩していないのだなと思いました

    3時10分前については、日本語の乱れではないです
    「3時8分に集合したいなら3時10分前という
    まどろっこしい言い方でなく3時過ぎって言うよね
    という事は、3時の10分前という事かな?」
    と瞬時に思えるかどうか、だと思います。

    たった2人だけを見て「今の子全体」を指すのは明らかにおかしいです
    お子さんと同僚のお子さんは
    「今の子」だからではなく、
    「あなたが思う普通と比べて頭の回転が遅い」、
    というだけでは?
    勿論、頭の中身と頭の回転は違いますから、
    貶す意味ではありませんよ。
    なぞなぞを出題されて、
    全然分からない人、パッと答えが浮かぶ人色々いますよね
    そういう発想の問題だと思います。

    ただ、もし勘違いして確認しないならば危険ですね。
    人と約束する時は〜、と教えるのは良い事だと思います

    ユーザーID:3546697979

  • ゆとり教育の弊害です

    小学生の算数の時間が減った分、時計の勉強が2時間となり
    ○時と○時30分、しか教えてないと聞きました。

    ゆとり教育は平成元年生まれから昨年までです。

    私50代ですが、チャンと習いました。
    2時50分です。

    ユーザーID:4295530520

  • 子供三人全滅で愕然。。。

    小中学生三人の子供全員が、3時と3時10分の間と答えたので
    打ちひしがれているところです…。
    とくに中学生の長女は国語力に定評があるので、
    これも時代の流れかな…と考えます。
    しかし我が家はアナログの壁掛け時計を使っているのですがね…。

    ユーザーID:6757788497

  • 思考力の低下?

    「国語力の低下に加えて、論理的な思考力も低下」とおっしゃる人がいますが、
    それはこそ思考力の低下ですよ。

    ここの書き込みをみても、言い方の地域差もあるようですしね。

    「聞き取り違いによるミスを防ごうという話し手の気遣い」というけれど、
    「ごじゅっぷん」や「ごじゅうごふん」を何と聞き取り間違うというのでしょう?
    ゆっくり発音し、復唱すればよいだけ。早口言葉じゃあるまいし。

    気遣いというなら「3時10分前」ではなく、
    「(午後)2時50分」「14時50分」と言うのが一番。
    それでも不安なら、メールやメモで文字にすることです。

    ユーザーID:0610316655

  • 熊猫さんへ返信

    >『全然』は本来否定する文の前につける言葉です。

    根拠となる文献か資料はありますか。


    小学館 『中日辞典』
    我説的話, 他全然忘記了。

    『荘子』
    子之先生遭我也有●全然有生矣

    魯迅『野草』
    全然忘却亳无怨恨又有什●寛恕之可言●。

    翻訳はつけなくてもいいですね。

    ●は、UP できない文字です。

    ユーザーID:5932239829

  • デジタル

    生まれてこのかた、デジタル育ちということでしょう。

    彼らにとっては、
    3時プラス10分、ではなく、3:10、
    ピンポイントなのです。

    アナログ時計の感覚は通用しません。

    生活環境の変化にともなって、言語が変化するのは古来よくあることです。
    たぶん、我々(びっくりした人)の感覚が廃れていくのだと思います。
    私もショックでした。

    ユーザーID:5973316554

  • 2時50分ですね

    日本人はどうしてこんな紛らわしい時間の表現をするの?って外国人の友人に聞かれた事があります。

    私もよくわからないんだけど、こういう表現されたらそれは2時50分って事でいいのか確認する、確認しそびれた場合はとにかく2時50分に来ておけば少なくとも遅刻して相手を不愉快にさせる事はないと思う、と伝えましたが…。

    この○時○分前って表現、日本だけなのかしら?

    ユーザーID:3894103136

  • わらった

    旦那に聞いたら2:50と答えました
    子供(小学生)は3:05あたりと答えました

    あー(笑)
    私も旦那と同じ答えをしますが脳内では子供と同じ変換すると思います
    自分に都合良い(=遅い時間)と期待しますが
    そんな風に思い込んで良いことがあったためしがないからです

    どっちでも間違いじゃないですよね、文面じゃ。
    ただ口頭であればなんとなくアクセントでわかりそうな気がする。

    ユーザーID:3946007167

  • 面白い!

     面白いトピですね!
    うちの小学2年(まだひらがな読めないぼんやり君)と小学4年(本大好き漢字は習ってなくても読めます優秀君)に

    「『3時10分前に集合!!』って言われたら集合場所に何時に行く?」って聞いたら
    弟くん「2時50分!!」
    お兄ちゃん「3時5分」 
    私「え?」
    お兄ちゃん「3時5分…待ってるのも嫌だけど遅刻も嫌だから」
    「そう来たかぁー!! 」と、倒れる私
    優秀なお兄ちゃんが間違えるとは思ってもいませんでした。

    お兄ちゃんには意味を説明して納得してもらいました。
    良い勉強になりました。
    トピ主ありがとう!!

    ユーザーID:8102926881

  • デジタル時計世代の考え方

    「3時10分前」のような言葉をほとんど聞かずに育った人が多いのでしょう.

    すると,デジタル時計で育った世代は,
    「3時10分前」から「2時50分」を連想するのはむしろ不自然ではないかと.

    デジタル時計では時刻が数字で出てきますから,「3時10分前」と聞くとまず「3:10」が頭に浮かんでくるのは不思議でない.
    だから「3:10」の前だな,となる.
    それに,デジタル時計の感覚として,2時台と3時台のあいだに大きな溝がありそう.
    なので,「3時10分前」⇒「2:50」と連想するのはデジタル世代では
    自然ではないのかもしれません.
    「3時」から10分引いて「2時50分」という引き算も必要ですし.


    アナログ時計に馴染んでいると,
    数字でなく時計盤を連想するので,頭の中で2時台と3時台は自然につながります.また,「3時10分前」と聞いたら,まず「3時」が頭に浮かびます.で,「10分前」だから頭の中で針が左に10分ぶん動いて「2時50分」も容易にイメージされる.
    そこに引き算,という計算の要素はあまりない気がします.

    ユーザーID:4505153957

  • もすもすさんに一票

    私ももすもすさんと同じ意見です

    そもそも3時10分前集合という表現が不親切だと思います

    ユーザーID:6265882771

  • 若い子は経験不足なんですよ

    3時10分前を3時8分頃ととらえるか、2時50分ととらえるか。 経験の差だと思いますよ。

    では例題で、3時30分前に集合して下さい の場合、
     ・2時30分に集合する
     ・3時25分頃に集合する
    あなたならどちらですか? たぶんほとんどの人が3時25分頃でしょう。

    5分、10分、15分、20分、25分、30分前で、どのあたりが分岐点なのかはその人の経験値で決めているのではないですか?

    ユーザーID:6752895040

  • 特定できない

    「3時10分前」を「3時10分よりも前」と解釈すると、2時でも1時でも該当してしまいます。時刻を特定しないと待合せなどはできませんので、「3時10分前」とは「2時50分である」と解釈するのが正解です。
    どちらの解釈か迷う程までに、国語力が低下しているんですね。

    ユーザーID:4013718132

  • え、え、えええええ!!

    横の横ですが…午後12時は午前0時の事ですよ。
    午前0時〜午前12時(=午後0時)です。午後0時〜午後12時(=午前0時)ですよ。

    疑問なんですが、今は時計の読み方の時間って小学校でないのですか?
    私の小さい頃はおもちゃの時計みたいなのを学校でぐるぐる回して時間を指し示す
    授業がありましたけど…ちなみに、10分前集合とかじゃなく、この時間には言い方としては
    有得ないけれど、3時30分前や3時45分前…なんて中途半端な質問とかありましたけど…

    ちなみに関西地方40代半ばですが…

    ユーザーID:3489495359

  • 上手もいる

    歯科医院に勤務しているのですが「痛いので、あいている時間に診てほしいんだけど〜〜」と電話があり「じゃあ10時過ぎに来ていただいて待っていてください」と受付が伝えたのですがなんと来院したのは10時55分でした。

    受付もびっくりして「10時過ぎって言いましたよね」って話したら「だって10時過ぎでしょう」と答えられました。

    もう、思いっきり待たせましたよ12時近くまで!!
    予約の患者さんを待たせるわけにもいかないので・・・・。
    20歳前後の女性患者でした。

    ユーザーID:0798816386

  • 文脈から判断

    ただ「3時10分前」という言葉だけ聞くと、2時50分にも3時8分頃にも取れますが、
    普通はこの言葉の前に何かしらの会話があるのではないですか?

    「3時出発だから3時10分前に集合ね」とか「3時10分になったらすぐ出発しちゃうから、3時10分前には必ずここに居てね」とか。
    更に、「3時」と「10分前」をくっ付けて使用することもあまり多くないのでは?
    上記の会話で言えば「3時出発だから10分前に集合ね」「3時10分になったらすぐ出発しちゃうから、10分のちょっと前にはここに居てね」

    それと、「3時10分前」と続く場合も、どなたかも仰っていましたがイントネーションに違いが出ると思います。
    なので、普通はこの言葉を含む会話全体から判断します。
    なので、「3時10分前とは何時何分を指すか?」という疑問も、実際問題としてはあまり意味がないような気がします。

    ユーザーID:2359421017

  • ざっと読みましたが

    2:50当たり前だとしている意見が、一部の人の思い込みでしか無いと感じました。
    日本語としての論理性が乏しいですよ。ただの(ローカルな)経験則です。

    ユーザーID:8783758415

  • 3時40分前

    デジタルとアナログの違いという説明が当を得ていると感じました。さんじまえ を3時前と変換する方には、さんじじっぷんまえ は3時(の)10分前としか思えないけれど、3:00前と変換するなら、3:00(の)10分前も3:10前もありなのだと思います。国語力の低下と嘆かれている方もいらっしゃいますが、低下ではなく変化だと思います。文法上は3時10分(の)前でも間違いとは言えないと思うのですが。3時"に"10分前の方が違和感があります。九州独特の言い方なのでしょうか?

    3時40分前ですが、自宅から40分弱かかる親族を訪問する際に、(3時には着くように)3時(の)40分前に家を出るね、と言い、それを聞いた方は、3時40分(の)前に出るなら4時15分頃に到着かしら、と受け止めるような状況はあり得なくもないと思います。

    ユーザーID:9837654065

  • きりのいい時間

    そもそも待ち合わせ時間を決める場合、3時10分、3時20分の細切れの時間より、3時、3時半のように0分、30分ときりのいい時間を待ち合わせに指定する事が多くないですか?

    3時10分前集合と言われて、3時10分をタイムリミットとして、3時過ぎに来るのは屁理屈にしか見えません。

    ユーザーID:3967952731

  • 「全然」は以前にも小町で

    「全然」は以前にも小町で問題になっていました。

    http://okm.yomiuri.co.jp/t/2012/0111/474638.htm

    レス中の「えいこりん」さんの文中ワードで検索してみてください。

    ユーザーID:5932239829

  • 普通は切りのいい時間だよね

    待ち合わせなら、3時や3時半とか。

    だから3時10分前と言われれば、3時が始まりの時間だけど遅れることが厳禁な内容だから10分前迄には必ず来てねって解釈するけどな。

    それとも最近の子達は2時56分集合なんて半端な時間でも奇異に感じないのだろうか?

    ユーザーID:1863493506

  • 3時10分過ぎ、、、、、

    3時前に来てください、という言い方の延長線上に3時5分前、10分前という繋がりなんだと思います。

    3時10分前が、3時10分だとおっしゃる方は、
    「3時10分過ぎ」も「3時10分前」も、同じ3時10分になってしまいますよね

    3時10分過ぎが3時10分なら、3時10分前は、3時より10分前にしかならないと思いました。

    ユーザーID:7681263514

  • 何となく解った気がする

    3時5分や8分と思う方の考え方が何となくすんなりと解りました。
    ゴミを捨てに行きながら、2時50分ならもう「3時前で良いんじゃ…」
    と思ったら…成程な…と…

    ユーザーID:3489495359

  • 表面的に調べてみました

    平成元年に学習要領が変わって、小学校3年生までの算数で「時計の読み方」が縮小されたようですね。

    私(1966年生まれ)は小学校の頃に「10分前」と言う表現は習った記憶があります。
    2時50分を指した時計を見せられて「これは何時の何分前ですか?」みたいな勉強をしました。

    平成6年生まれの姪は時計の読み方は習ったけど、そんな勉強していないと言っていました。

    平成元年以降、「○分前・◯分後」と言う表現の意味を教えるのは家庭に任されてしまったんでしょうね。
    でも、親はそんな事は学校で教えるもんだと思っているから、子供達の間での独自のルールで3時10分前は3:10の少し前になってしまったのではないかと愚考します。

    ユーザーID:7006560327

  • 子ども三人正解でした

    小中学生3人の子どもに聞いてみたところ全員「?2時50分だけど」と答えました。特別国語力があるというわけではないし、わざわざ教えたことももちろんありません。

    あえていうなら男の子はスポーツをやっているので「10分前集合」に慣れているかも?とは思いますが。

    そもそも集合時間とかって基本的にぴったりの時間を言うわけなので3時8分「くらい」みたいな時間を指定すること自体意味がないと思うのですが・・・

    曖昧な集合にするなら「きちんと曖昧であることを述べるべき」ですよね。3時位、とか3時から10分の間、とか、3:10前後とか3時10分までには、とか時間が曖昧ならそれを明確にするべきかと。

    それともその考えかたには何か地域性があるとか?方言があるとかではないのでしょうかね。

    ユーザーID:2415512020

  • 正確に言えば事足りる

    空猫さん

    おっしゃることは概ね分かるのですが、
    そういう言い方は、たとえば

    「3時の電車に乗る予定だけど、その電車に乗り遅れると用事に間に合わないので、3時10分前には駅に着くようにしましょう」
    などと、前後の文があって成立するもの。
    ただ単に「3時10分前」とだけ言っても、「遅れることが厳禁」という解釈はできませんよ。

    それに、特に大事なことならば、曖昧な言い方ではなく、
    ちゃんとした時刻を示し、「遅刻厳禁」を強調する方が正確に伝わると思うのですが。

    それと、「2時56分集合なんて半端な時間でも奇異に感じないのだろうか?」とおっしゃいますが、
    なぜ「10分前」なのに、「2時56分」なのですか? そんなに曖昧なものなの?

    私にしてみれば、「2時50分」で事足りるものを
    「3時10分前」などという曖昧な言い方にこだわる方がよっぽど奇異に感じますよ。

    ユーザーID:0610316655

  • 私は

    2:50以外あり得ません。

    九州地方独自の使い分けを以前ネットで見て、「へー」と思いました。



    外国語では?
    と書いていらっしゃる方がいたので。

    私の居住国の言葉では
    「3時マイナス10分」という言い方をします。
    3:10の少し前、という捉え方は出来ない言い方です。
    ですから、アナログ、デジタル世代関係なく
    全員一致で2:50です。

    ユーザーID:3599698974

  • ありですよね

    実は私、自分でこのことを真剣に考えたことがあります。

    自分の中の結論。
    2:50でも3:05でも間違いではない。
    日本語は難しいなと思いました。

    素直に考えると2:50と思う人が多いのかなと思いましたが、
    3:00〜3:09と思う人も多いんですね。

    まあ、単に「3時10分前って何時何分だと思う?」と聞くのと
    「待ち合わせをするのに3時10分前って何時何分だと思う?」
    と聞くのでは、じゃっかんニュアンスが違う気もしますが。

    ユーザーID:0879358385

  • 2時50分です。

    それ以外に思いつかない。
    3時10分の少し前に集合したい時は3時5分「ごろ」と表現するし、
    ○時○分前のという表現は通常、時間を聞かれたときや、
    時間を確認するときにしか使わない。

    でも、意表を突かれた質問でした。

    ユーザーID:5343949733

  • 空猫さん

    何を持ってキリが良いとするかは人それぞれ、環境それぞれです。

    敢えてデジタル表記で書きますが、
    例えば、学校の始業開始が8:20であれば、8:20前に下駄箱の前に待ち合わせはありえますよね?
    3:10発の電車で通っていれば、3:10前もありえますよね。

    また、8:20始業開始であれば、単に「10分前」としたとき、暗黙の了解で「8:20の10分前」と
    解釈されることもありますよね。一般的には通用しなくてもその環境下では。

    なので、56分集合はどうかと思いますが、10分刻み、15分刻みぐらいであれば、
    ありえるキリ方と思いますよ。

    ユーザーID:8185539090

  • 横ですが、空猫さん

    >”普通”は切りのいい時間

    今の小学校は子供用のスマホ、
    場所の確認出来る携帯を持つのが”普通”ですが、
    親世代となると家の電話しかありませんでしたよね。
    (ピッチから普及しましたがそれは大体20代からですし)

    このように10年前後しか生きていない子供と、
    親・祖母世代では”普通”は全く違いますよ

    「待ち合わせなら、3時や3時半とか。
    だから3時10分前と言われれば、3時が始まりの時間だけど遅れることが厳禁な内容だから10分前迄には必ず来てね、
    という事だな」
    と「思い至れるかどうか」では?

    私も2時50分だと思い至れましたが、
    そうでない人は、あなたが思う”普通”に比べて頭の回転が遅いという事なのだと思います
    何時何分だよね?と確認を取らずに実行してしまうなら正すべきですが
    確認を取るなら、ただの勘違いでは。

    他の方のレスにも散見されますが、
    何でもかんでもなんやらの低下、ゆとり教育!
    と言うその人自身が、子供を育てる親なのですから…
    こういう人の親だから、子供もバカになるのだなぁと
    日々感じさせられる次第です。

    子供を教育出来ない親、最近は多いんですね

    ユーザーID:3546697979

  • きりの良い時間

    曖昧な時刻は待ち合わせに使わないというご意見もありますが、3時前集合という曖昧な時刻での待ち合わせはきのおけない仲間内の会話ならおかしくないです。これでは2時でも一時でも3時前だから集合出来ないという方が、判断力が欠如しているでしょう。3時集合との違いは、3時には次の行動に移れるかどうかです。

    きりの良い時間で言うための3時10分(3:10)前もあり得ますね。3時13分の電車に乗ることが決まっていて改札からホームまで分の場合、改札口に3時10分集合でも間に合わなくはないけれどあまりにもギリギリなので、5分前には集合しておきたい場合。3時8分集合では切りが悪いので3:10前集合。3時や3時5分集合でも悪くはないけれど、3:10前集合は絶対にあり得ないとも思えません 。この場合3時過ぎよりも、3:10以降は排除される3:10前の方が分かりやすいでしょう。

    橋の前に「このはしわたるべからず」と書いてある時、橋を渡れないとしか思えないか、端ではなく真ん中を渡れば良いとか、私は「コノハシ」 ではないから渡って良い と思えるかの違いに近いと思います。

    ユーザーID:9837654065

  • 3時半

    意外と数十年後には
    「3時半」も言わなくなっているかもしれませんよ.
    「意味は分かるけどはっきり3時30分と言ってくれ」みたいに言われたりして.

    少なくとも
    「半」の「ちょうど真ん中でビシッと切った」感が無くなって,
    「3時半」=「3時30分ちょうど」ではなく,「3時30分ごろ」くらいになりそう.

    単なる想像ですけど.

    ユーザーID:4505153957

  • う〜ん

    あくまで「読み」としての3時10分前として習ったんじゃなかったかな?
    アナログ時計の模型でさ。

    でも、その時に「3時10分前集合」という言い方は習ってないはず。
    「3時“の”10分前“に”集合」もしくは普通に2:50に集合と言うように
    習ったと思うんですけどね…

    しかし「読み」として習っていた世代はそれを2:50と解釈するし
    習っていない世代はあやふやになってしまう…のでは?

    時計の読み方としての、3時10分前や6時5分前はそれぞれ2:50
    5:55で間違いないと思いますけどね。

    ユーザーID:8496127878

  • 使い方は色々

    私の場合も間違いなく3時10分前は2時50分という認識です。
    しかし2時50分を3時10分前という言い方はしないです。

    例えばトピの様な約束事の場合は午後2時50分または14時50分とはっきり伝えます。(誰でもそうではないでしょうか?)

    ただ人に時間を尋ねられた場合は少しバリエーションがあります。
    例えばデジタル時計を見たら時刻はズバリそのまま言います。
    2時52分なら2時52分と(笑)
    アナログ時計を見た場合は変わりますね。
    2時52分なら2時50分過ぎ、または2時55分前になります。

    この議論を読んでいて疑問に思った事があります。
    3時○○分前っていう言い方は何分まで使うのだろうかと?
    3時15分前→2時45分
    3時20分前→2時40分 
    3時30分前→2時30分
    3時50分前→2時10分  

    使うとしても多分1番目くらいでしょうか?

    ユーザーID:2518744849

  • 国語力

    >3時10分前って、何時何分?
    >普段から国語力がないとは思っていたけど
    この質問なら、どちらも正しいでしょう。
    日本語としては、「3時、10分前」なら2:50だし、「3時10分、前」なら3:08頃とかね。

    「表現が不正確だ」と突っ込まないところは「国語力がない」と言ってもいいのかも。

    私は、通常は「3時、10分前」の方がよく使います。また、「3時10分、前(3:10少し前)」なら「3時10分頃」の方を使います。

    3:07、08、09でもいいのなら頃の方が分かりやすくていいよね。
    必ず前の必要があるなら、そう言うし。

    ユーザーID:8773375137

  • セールスの電話に…

     「いいです(結構です)」と言うと相手は「自分達の申し出に対して『それでいいです』と言った」と解釈する、という話がありますが,この類の詭弁ですね.大方,待ち合わせの約束(2時50分集合)に15分ばかり遅刻した人が「3時10分前という事は『3時10分の前』だ」と自らの行為を正当化した,という話に違いないと思った次第です….
     余談ながら,近頃この手の利己的言動(約束の刻限に遅れた自らの非を棚に上げ,ちゃんと「2時50分」と言わないのが悪い,等と相手のせいにする)が目に余るという印象です.こんな人には「お茶」と言われたら茶葉だけ投げ付けてやればいいと思うところですが.

    ユーザーID:2953532624

  • 自らの非を棚に上げているのはどっち?

    「いいです(結構です)」は、一昔前ならその理屈もあったんですがね。
    今では、自治体の消費者センターなどでも、「いりません」とハッキリ断りましょうとアドバイスしています。
    もはやそれが常識ですし、「いいです」などという返事は脇が甘いと指摘されても仕方ないですよ。
    もちろん、そういう商法がよろしくないのは前提ですが。
    というか、今どきそんなやり方する業者もいませんがね(笑)。

    本題の「3時10分前」について。
    「遅刻を正当化」なんて話は憶測でしょ。
    ここのレスにもそんな話はなく、事実例は「子供に聞いてみた」などという話ばかりで、
    地域差もありましたよ。

    私自身は「10分前」で遅刻していいとは思いませんが、
    かといって、そんな曖昧な言い方では重要な用件とも思えません。
    本当に大事なら「午後2時50分、時間厳守で」と明確に言うからです。
    逆に労力は変わらないのに不明瞭な言い方にこだわる方が理解に苦しみます。

    自分の表現がおかしくなかったか省みることなく
    お茶っ葉をぶつける行為こそよっぽど「利己的言動」で「自らの非を棚に上げ」ています。

    ユーザーID:0610316655

  • びっくり!!

    このトピを読むまでまさか
    「3時10分前」=「2時50分」でなくて「3時10分の少し前」
    と思っているひとが居るなんて考えもしませんでした。
    「しあさって」のように地域方言的な相違ならともかく、世代間でちがうなんて。

    このトピを読んでうちの娘(23歳会社員)に聞いたところ
    「3時10分前集合」=「3時10分の少し前に集合」と答えたのです!!

    以前より英語の「D]on't you 〜?」などの否定形疑問に答えるとき間違えやすいので「Yes」「No」を使わないこと、約束事に「あさって」など使わないことを こころがけていました。

    このトピを読んで また新たに ひとつ加わりました。

    「○時○分前」という言い方は今後使わない、ということです。

    「3時10分前」=「2時50分」と言う。
    「3時10分の少し前」=「3時5分」または「3時7分」と言う と決めました。

    私の中で「○時○分前」は死語にします。
    国語学者じゃないので嘆きはしません。
    言葉って生き物ですね。

    ユーザーID:1554844366

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧