墓石に彫られた文字について

レス22
(トピ主0
お気に入り54

家族・友人・人間関係

かずちん

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あいたい

    夢で良いから会いたい。
    夢に出て来て…。
    夢を見るように想っている。
    …忘れないよ。

    と私は思う。
    素敵な言葉に優しいご両親。
    いまごろ、お姉さんと会えてますね。

    早逝したお姉さん、ご両親の分で
    御幸せに。

    ユーザーID:5393356322

  • 夢の中ででもいいから会いたい

    夢想って、夢の中で想う事、夢にみること、という国語辞典の意味があります。
    お父さまは娘を早くに亡くされて、夢にでもいいから会いたいとその二文字を書かれたのではないでしょうか。

    なんとなく、分かる気がします。
    もし自分が愛する人を亡くしたら、夢に見たいです。夢でもいいから…っていう、そういう想いじゃないでしょうか。

    ユーザーID:7240152256

  • 夢の中の出来事

    夢の中でまた出会いたい、あるいはこの世は夢の中の出来事。辛さも幸せも夢の中の出来事…とか?

    夢想は無双にも通じるか、と。

    この世に二つとない…って。

    精一杯の親としての想いではないの?

    ユーザーID:8870797360

  • 夢に見て想う

    現実には会えないが、夢に見てあなたを想う。
    夢でいいから会いにきて欲しい、夢の中では生き続けて。

    若くして子を亡くしたばかりの切ない思いだと思います。
    私が太陽を見ることない子を亡くした時の感情に似ています。
    もちろん今なおご両親が健在ならもっと違った墓碑銘になったでしょうが。

    ユーザーID:4262722498

  • 夢でも

    会いたい。


    想いを伝えたい、聞きたい。



    そういうお気持ちだったのではと想像します・・・

    ユーザーID:0779958731

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 早く帰ったから

    夢想は夢の中で神仏が現れる意味があります。

    娘さんがあまりにも早くあちらに帰ったから夢みたいだと思われたから
    かもしれません。

    今は霊界の方で娘さんと再会してるでしょう。

    魂は時間を越えて存在しますから。

    なお、下のこの世界から上は見えませんが
     
    上からはこっちは全部立体テレビのように丸見えですから

    あなたに子が生まれパパになったのは知ってるはずです。

    ユーザーID:4870688764

  • 【君を夢で想う】

    以前 夫が墓石関係の仕事をしていました。

    夫の手伝いで霊園に行くと ここ数年は洋式タイプの墓石が増え 皆 思い思いの言葉を彫られてます。

    夫によると震災後は【絆】が圧倒的に増えたと。
    【夢想】【愛】【想】も絆と並んで上位だそうです。

    詩を彫られている墓石もあります。

    皆さん 故人に想いを馳せ考えたのだと思います。

    若くして他界された娘さんを想い せめて夢の中で逢いたい、逢わせて欲しい…との想いを込めたのだと思います。

    【夢想】この漢字二文字にお父様やお母様の悲しみが刻まれているようです。

    ユーザーID:3288392707

  • 漢詩にあります。

    古詩十九首之第十六首
    の中に、
    夢想見容輝。
    とあり、

    想いがかたちとなりあなたの姿を見たのだ。
    ということです。

    ユーザーID:5442068192

  • 調べてみました。

    1.夢の中で思うこと。また、夢を見ること。
    2.夢のようにあてもないことを心の中で思い描くこと。空想すること。

    上手くいえないけれど、亡くなられた娘さんのことを一生忘れず、
    また夢の中でも会いたいと思うお父様の気持ちの表れではないでしょうか。

    ユーザーID:4977878928

  • 遠離一切顛倒夢想(おんりいっさいてんどうむそう)

    墓石に彫られた言葉でしたら夢窓国師と云う方もいらっしゃいましたし、仏様の言葉から取られたのかも知れません。

    般若心経で一般的に知られている言葉は色即是空だと思いますが、ネットで調べて見ると遠離一切顛倒夢想(おんりいっさいてんどうむそう)と云う言葉が有るそうです。
    意味は知ったかぶりでは答えようが無いのですが、ご両親様はお辛かったであろうなぁとお察しします。

    ユーザーID:6857471051

  • それは・・

    「夢でもいいから会いに来てほしい」
    お父様の「心の叫び」だったのでは?

    「夢想」だけで検索なさってみて下さい。

    ユーザーID:4766211203

  • 親心

    15歳の子どもを亡くされたとはご両親もおつらかったでしょうね。
    せめて「夢の中ででも会いたい」という気持ちで「夢想」と掘られたのではないでしょうか。

    ユーザーID:0866554880

  • 夢想

    なんだろうね? お父様はクラシックがお好きでしたか?夢想で調べると、ドビュッシーと出ます。

    その曲が好きだったのか?それとも、文字の通りに 夢の中で貴女を想い出すよってことかな?とか思いますがご本人しか解らないだろうな。

    意外とお寺の住職さんが知っていたりして・・・そんなわけはないか。

    ユーザーID:7373179744

  • 家系図は?

    役場で家系図を知りたいので、原戸籍をお願いするか、お寺の先祖の元帳があるはずです。親族であれば、以外と簡単にわかります。

    ユーザーID:0513850950

  • まるで「辞世の句」をしたためた句碑

    墓石に掘られる文字は、仏の願いによるものと人の思いによるものとに分けられます。先祖代々の流れの中にいる方は、仏の願いによる文字が掘られた墓石に向き合うことが普通です。

    しかし、先祖代々の流れから外れてしまった方が新規に墓石を建立する場合、それに掘る文字はその人の思いによるものが多いように思います。その言葉は父の生涯を振り返っての感慨や総括を言葉にした「辞世の句」の意味合いが伺えるのです。

    そういう視点で「夢想」という言葉を解釈すると、表面的には、自分の生まれ故郷を離れて新天地で自分なりの人生を過ごしたけれども、結局は夢のように儚い人生だったという意味合いに受け取れます。しかし、その裏には、父の思いが叶わなかった苦悩のようなものが隠されているように思います。

    あなたの姉が亡くなったことに対するどうすることも出来ない切なさと、何かそういう自分の思い通りにならないものに取り囲まれて生きていることに対する苦悩が、「夢想」という言葉になって、父の心の中に表れたのではないでしょうか。そういう父の思いを墓石の文字にして残したのでしょう。まるで「辞世の句」をしたためた句碑のように思われるのです。

    ユーザーID:3892275535

  • 夢想花

    団塊の世代位で象牙の塔に籠っていなかった人で有れば、サビのフレーズが印象的な円広志さんの夢想花を知らない人はいないと思います。
    先の遠離一切顛倒夢想にも通じる所が有るかも知れませんが、家族に先立たれてしまった現実を受け入れようと理性では思っても悔いから離れられない物です。
    せめて夢の中で会いたい、子供を守ってあげたいと思われたのかも知れません。

    >私自身最近まで何も思う事なく過ごしておりましたが、

    ご両親様を尊敬します。トピ主さんを愛情深く立派にお育て為さったのですね。
    真意は分かりませんが、今は涅槃と云う所でトピ主さんの幸福を喜び皆さんで見守って下さっているのかも知れませんね。

    ユーザーID:6857471051

  • 円広志さんに「夢想花」という歌があります。

    「夢想」と聞くと、円広志(マドカヒロシ)さんの「夢想花」という歌を思い出します。

    歌詞を書くと著作権に支障があるので、言葉と表現を変えると「今の自分には忘れたいことが多い。記憶の中の笑顔は遠い昔になってる。ノートに昔の押し花があります。それを見ると自分は蝶になり、あの時に戻っていく。今は静かに心を閉じて夢の中へ飛んでいく。本来の歌詞と曲はご自分でお探しください。

    1978年にリリースされ世界歌謡祭でグランプリを獲得し80万枚の大ヒットです。
    今の関西の人は、円さんが歌を歌っていたと覚えている人はあまりいないかもしれませんが、あの時は全国的な歌手でした。

    お父さんがどこから「夢想」という言葉を選んだのかわかりませんが、ひとまず、こんな「夢想(花)」もありますよと、書いておきます。

    ユーザーID:6564838507

  • 15才の娘さんを亡くした思い

    おそらく、夢の中に出で来て欲しい。夢でも会いたいという切なる親心かと思います。どんなにか悲しかったことでしょう。私の伯母は33歳で心臓病で亡くなりました。祖父は子供が病気で死ぬという経験をしました。祖母は「私が死ねばよかった」と泣きました。その後父が心臓病で倒れました。祖父は娘の死の経験から、最高の治療を受けさせました。父は危篤から生還し、47歳まで生きました。子供の死は親の人生観まで変えます。それまで祖父は病気は、怠け者のいいわけだと思っていたらしいです。
    貴女のお父様も、きっと人生観が変わる非情なむごい体験をなさったのでしょう。二度とこの世で会えない娘に「夢でもいいから、会いに来て欲しい」と語りかけたのでしょう。これはあくまでも私の想像です。

    ユーザーID:6988802335

  • 感銘

    夢の中でもキミを想う
    夢は無限大
    逝ってしまったあとも永遠に夢の中で想う


    そんな漠然と形もない想い と私は感じました


    親が子の為に墓石を作る・・という想いは私には図り知れませんが
    お父様は亡くなったお姉さまの夢を御存じだったのでは?

    想いが込められた文字だと思います。

    ユーザーID:8306951028

  • いくつか見たことがある

    同じ文字のをぽつぽつ見かけませんか。他のかたが言うような漢詩や仏教の意味合いで、墓石やさんがいくつかそういうパターンを持っていて、こちらが文字を選べるセミオーダーなのでは?

    ユーザーID:2305289126

  • 文字

    うちのお墓があるお寺さんには「文字(言葉)」の彫られた墓石はありません。
    みんな「○○家の墓」です。
    宗派によって違いがあるのでしょうか。
    知人のお父様が亡くなった時、知人は自分が書いたやはり二文字を石に刻みました。
    お墓は子孫も代々入る場所ですね。
    文字を決めた人以外が疑問に感じるのもわかる気がします。

    ユーザーID:5933989511

  • 父親の愛

    今読んでいる本から抜粋です。

    世界的偉業といわれるもののほとんどすべては、最初の夢想をもって始まったのである。心の沃地に埋められた夢想の種子(たね)はやがて希望の芽を出した。この希望の芽は一再ならず、蹉跌、挫折などの暴風に襲撃された。が、彼は自信の垣根にしがみついているがために、崩れ折れてしまうことはなかったのである。(生命の実相 第7巻 生活編)

    ユーザーID:2411318055

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧