犬と一緒のタイ、ベトナムの旅

レス41
(トピ主5
お気に入り95

旅行・国内外の地域情報

わんこ

フランスに住んでいます。
この国では列車もレストランも高級ホテルもほとんど犬と同伴が可能です。規定があっても融通が利き動物におおらかです。
(その分ペットのしつけが日ごろから厳しいですが)
先日は専用のカバンに入れたら、パリの有名ショッピングセンターや高級レストランでさえOKでした。

さて今度長期でタイとベトナムに犬と一緒に暮らすことになりました。
飛行機のことや検疫、ロングステイアパート先は自分で調べることが出来ていますが、知りたいのが現地での生活です。
犬が外に出ないメッシュのカバンなどに入れれば、ショッピングセンターやレストラン、公共交通機関などに入れるのでしょうか?

実際にペットと暮らしてる方、ペットを飼って居られない方もそのような場所で犬連れがどのように過ごしているか?
見たこと知ってることを教えて頂けないでしょうか?
特にバンコクと、ホーチミンの大都市情報が知りたいです。

あと飛行機内は自分たち足元に犬を専用のケージに入れて乗りますが、お宅のわんちゃんの様子はどうでしたか?
フランスからアジアまでは12時間以上あり、初めてすこし心配です。
よろしくお願いします。

ユーザーID:0769522334

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数41

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ホーチミンでは、

    ホーチミンでは、犬を連れ歩いている人は見かけませんね。
    ショッピングセンターでもレストランでも、見たことはありません。
    (お庭を貸し切ったパーティーで一度だけみました。)
    犬を散歩させるという文化がないと思います。
    公園などで、ペットの犬を遊ばせているような光景は見たことがありません。
    (1区の情報として、受け取ってください。ほかの区はまた状況が違うのかも。)

    行きつけのランドリーの近所で小型犬を飼っていますので、
    「犬をペットとして飼う」という文化はあるようです。
    「座敷犬」状態で飼っているか、「えさをあげているだけ」といった状態(半分ノラ犬状態)ではないかと思われます。

    公共交通機関ですが、
    外国人はあまり公共交通機関を使わないと思います。
    ホーチミンには地下鉄はまだありません。
    タクシーは初乗り60円程度ですよ。

    ユーザーID:5591208978

  • バンコク在住です

    初めまして。
    バンコクに在住、犬を飼っています。

    ご存知かと思いますが、バンコクは野良犬天国です。
    お散歩はアパートの敷地内や、ドックランのある所に出向くしかありません。
    ショッピングセンター、レストラン共に、犬を同伴できる所は少ないです。
    カフェは店舗の外に椅子がある所は同伴することはできます。
    公共交通機関は、カバンに入れていても同伴はダメだと思います。

    バンコクの野良犬はとても幸せそうに見えたりするんですけどね(笑)
    フランスから見たら、まだまだまだまだ、程遠い現状です。

    ユーザーID:7352703611

  • 無理だと思う

    バンコクとホーチミンですよね?
    気温と湿度を考えたら、メッシュのカバンに入れて持ち歩いたりしたら、熱中症になって死ぬと思います。
    天気予報に掲載されている気温は「風通しのよい木陰(地面は非舗装)」のものなので、実際にはもっと暑いと考えた方がいいです。(ヒートアイランド現象もあり、季節と場所によっては50度越える所もあります)
    あと、どちらも野良犬や放し飼い、予防接種をしていない犬も多いので、外出先で噛まれるリスクも考慮する必要があります。
    現地の犬は、野良でも大人しくむやみと人間に襲いかかったりはしませんが、カバンに入れられて身動き取れない小型犬が鼻先を通りかかった時にどう行動するかは不明です。

    あと、多分すでに織り込み済みだとは思いますが、航空会社や路線によっては機内へのペット持ち込み不可の所もあるのでお気をつけ下さい。

    ユーザーID:1854286711

  • よく分からないけど

    飛行機ではワンちゃんは貨物扱いで客席には乗れないのでは?

    ユーザーID:8215019239

  • 脅かすわけではありませんが・・

    もうご存知でしたらごめんなさい。そしてご存知でなければ大変失礼かもしれませんが、私の友人も悲しい思いをした為お知らせしておきます。
    当地では犬を食用とする人がありますが、あまり裕福でないので当地の犬は大概やせ細っており、外国人のペットはそうでない為狙われやすく何人もの外国人(のペット)が被害にあっています。盗んで売る人達もいます。もし当地に一緒に滞在されるのであれば、常に一瞬たりとも手を離さないよう、そして例え慣れてきても決して現地人を信用しないようお願いします。

    ユーザーID:6947010066

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • どうかなぁ

    トピヌシさんはじめまして。2006年から犬を連れて三年間バンコク近郊にいました。
    トピブンから小型犬と想像して書きます。

    まず移動に関しては、お住まいの地域の獣医師さんにご相談ください。大丈夫かどうかは誰にもわかりません。

    タイというよりバンコク周辺で、ケージに入れて犬とともに過ごす事は不可能ではないですが、難しいと思います。やたらと野良が多く、大抵のレストランの入り口にいます。
    そこをケアできれば不可能ではないでしょう。

    あと言葉と意味が通じる動物病院を確保してください。

    ユーザーID:0966474716

  • バンコクに20年住んでます

    バンコクについてお答えしますね。

    ペットで犬を飼う、という習慣は広まってきましたが欧米や日本に比べれば、一般的ではないでしょうね。
    よって、ショッピングセンターやレストランに犬を連れ込む人はいません。

    公共交通機関、とのことですが、路線バス、水Bタクシー、BTSなど普段使っているわけではありませんが、今まで犬連れは見たことありません。
    禁止されてはいないのでしょうが、顰蹙をかうこと間違いなしです。

    犬を一緒に入店できるレストランもなくはないのですが、まだ数も少なく地元でもあまり知られていないので
    短期間滞在の観光客にお教えするつもりはありません。

    どの航空会社でおいでになるかは存じませんが、タイ国際航空はいかなる動物も客室に帯同できなくなりました。

    ユーザーID:6194863464

  • ふむふむ

     それよりも、狂犬病に注意した方がいいですよ。
     先進国ではほとんど姿を消しましたが、世界的にはまだまだ広く見られます(日本も何十年も発症は確認されていませんが、清浄国ではありません)。ベトナムではほぼ全域で確認されています
     ウイルスを保有する犬など動物にかまれると、治療できず、ほぼ確実に死に至ります。
     トピ主さんの犬もウイルスを持つようになる可能性があります。

    ユーザーID:1442817030

  • 旅なんですか?滞在なんですか?

    もしも数ヶ月の旅だったとしたらフランスに置いてきた方がいいと
    思います。ベトナムは分かりませんが、タイに犬猫を入国させる
    のは日本に比べると輸入先からの手続きやタイでの検疫なども
    比較的楽ではありますが(準備は最低半年前からしなくてはいけ
    ないと思います)、12時間は結構きついと思います。

    そして小型犬でもたぶん席に一緒に搭乗は、今は無理なんじゃ
    ないかと思います。20数年前には(猫に関しては)大丈夫で
    したね。若くて健康な犬猫であっても結構堪えます。

    また、他の方がおっしゃるように街中を歩くときにメッシュのキャリー
    バッグに入れたとしても犬は暑くて参ってしまうでしょう。レストラン
    なんかではそのような光景は見たことがありません。

    でもタイ人にとってのステータスは一昔前の日本のように小型犬を
    飼うことのようで結構飼ってはいます。サービスアパートメントでは
    きっと無理かもしれませんが、庭が広めの持ち家か、外国人であれば
    レントして家の敷地内で放し飼いにしています。コンドでは猫はOKでも
    犬は・・・という所も多いかも。

    エージェント通じて犬OKのレントハウスがいいと思います。

    ユーザーID:9769876322

  • びっくり。

    超小型犬だとしても、客室内の足元に連れて乗せられる航空会社が今まだあるとは驚きです。大抵の航空会社では、ペットは貨物室と規定されていると思うんですが、どちらの航空会社でしょうか。もし貨物室になるなら、空調が効かないので、夏場の移動は避けたほうがいいですよ。


    フランスから連れ出すときの検疫については調べておられるようですが、逆にまたフランスへ連れて帰る、もしくは日本に連れて行く事は絶対にないのでしょうか。もしタイやベトナムを出国することになったら、狂犬病発生国からの出入国の検疫がものすごーく大変なのは、ご存知でしょうか。渡航先がたとえば日本なら、検疫準備や書類揃えたりするのに半年ほどかかるようです。ですので、突然の帰国などは出来ません。その辺も、大丈夫でしょうか。


    どうしてもベトナムかタイに連れて行くなら、東南アジアではペット連れで外出する文化はないので、犬はお留守番させればいいんじゃないでしょうか。食事やショッピング程度なら数時間で済むでしょう? フランスで日ごろから厳しく躾けられているのなら、数時間のお留守番は大丈夫なのでは?

    ユーザーID:1043580492

  • 帰りの方がたいへんかも

    滞在終了後、フランスに帰るのでしょうか。犬がフランスに入国するために検疫書類が必要ですが、狂犬病でないことを証明するのに半年かかります。さらに、フランス語の書類を作成・サインしてくれる獣医師を見つけ、狂犬病の抗体検査をしてくれる認可された専門の研究所を探さなくてはなりません(獣医師が知っているとは思いますが)。長期滞在とのことですが、1年未満なら、現地に到着して間もなく、これらの出国準備を始めなければならないことになります。

    あと、nunuさんがおっしゃってますが、開発途上国、特に郊外・農村地域では、犬=狂犬病と思った方がいいくらいで、きわめて注意を要します。狂犬病について、どのくらい認識されているか知りませんが、開発途上国での死亡率・ワクチン接種率を含めた現状、危険性について、しっかり調べていかれることをお勧めします。この点で、開発途上国を犬連れであちこち出歩くというのは、要らぬ問題を招きかねず、勧められる行為ではないように思います。公共の場では、「ワンちゃんかわいいね」という優しい視線より、まるで「危険物を持ち歩いている」かのような扱いを受けるほうが多いかもしれませんよ。

    ユーザーID:3935984668

  • トピ主 1

    おそらく現地に住む方々はお盆休みで日本に帰国されたり、ご旅行に出かけておられる方もあるかも知れませんね。
    引き続き情報をお待ちしておりますが、親切にレス下さった方ありがとうございます。

    私たちの予定は数年前タイの北から南へ数ヶ月旅行したタイを思い出す為に、ベトナムに行く前にバンコクに数日ストップオーバー滞在出来る
    エアラインを選びました。
    ベトナムでは田舎にフランス人の友人が所有する別荘の近くにアパートを借りる予定です。
    彼らは毎年犬と一緒にフランスとヴェトナムを往復してるので、検疫や飛行機のことは話を聞いています。
    また私たちも先回 「犬を飼う前に」 ヴェトナムをまた1ヶ月かけて南北と旅行しました。
    ホーチミン滞在がとても楽しかったので、田舎に行く前に1週間くらい滞在したいのです。

    どなたかがおっしゃるようにアパートやホテルに犬を置いて出かけると、金目当ての泥棒が入って犬が無くなった話を聞きます。
    友人達も絶対いつも一緒にいるように!と言っています。
    だからホーチミンで犬と過ごせる範囲をあらかじめ知っておきたかったのです。

    ユーザーID:0769522334

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • トピ主 2

    途中でバンコクに行くことはあきらめました。数日の滞在ですが3日前に検疫の為に獣医院に行かなければならないからです。
    そして問題があったら飛行機に乗れなくなりますから。

    さて、現在でも犬をケージを入れて機内に一緒に持ち込める航空会社はたくさんありますよ。
    もちろんエアラインによってケージを入れた規定の重量が前後しますが小型犬なら問題ありません。
    やはりその国の衛生状態や、価値観が現れているように思います。
    たとえば日本のエアラインなら機内持ち込みではなく、特別の貨物室のみとか。エコノミークラスのみ許可とかいうエアラインもありました。
    でもEUの主な航空会社は大体何の問題もありません。

    またフランスのペットは世界的に高い基準で監督、管理が義務付けされているように思います。
    ペットの母子手帳みたいなものが発行されていて、それを見れば犬の一生の情報がひと目でわかります。
    海外に行く人のペットにはパスポートを発行して貰え、今度旅行に行くにも獣医師さんに印鑑をもらいに行けば良いだけです。
    つまりフランス人がペットを連れて出国するのは簡単です。

    ユーザーID:0769522334

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • トピ主 3

    たかが犬ごときでトピまで立てて笑う人も居られると思います。でももう家族なんです。本当に大事な存在です。
    でも フランス基準 に行儀良くなるように厳しく躾けてあります。
    無駄吠え、食べ物をねだるような犬なら犬王国、フランスでは飼えません。
    フランスでは犬はファッションや持ち物ではありません。共に生きる伴侶犬です。
    犬に関心がある方は一度、フランスへお越しください。
    盲導犬でなくてもお店やレストランに一緒に普通に入れるのは、日ごろからの訓練があるんです。

    それではまだ情報お待ちしています。どうぞよろしくお願いします。

    ユーザーID:0769522334

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 外国ですから

    私もフランスにいたのでそちらの犬の事情は存じ上げております。
    フランスの犬に対する制度や考え方は外国では通じないと思います。
    フランスから簡単に出国できても
    他国に簡単に出入国できないかもしれません。
    他国では犬は動物にしか過ぎないので。
    (下手したら食料にしか過ぎないとみなされるかも)
    それに今回は熱帯の国にいくわけですから
    犬にとっては過酷だと思います。
    トピ主さんの犬は小型犬とのことですから違いますが
    シベリアンハスキーをアジアのとある南国で飼ってたら
    皮膚病になり(暑いから)
    目がやられた(日差しが強いから)
    という話を聞きました。
    短期間の旅行では大丈夫でしょうけど
    体温調節のできない犬にとっては熱帯は過酷だそうですから
    そのあたりもお気をつけて。
    動物病院もちゃんと調べておいたほうがいいと思います。
    犬のカルテも持っていくほうがいいかも。
    (ベトナムではまだぎりぎり仏語が通じる?)
    家族だから連れて行きたい気持ちはよくわかりますが
    家族だからこそ守ってあげないとね。

    ユーザーID:4483781440

  • 少なくとも19の航空会社が客室内に犬猫OKです。

    >客室内の足元に連れて乗せられる航空会社が今まだあるとは驚きです。

    とのレスにびっくりして出てきました。多くのメジャー航空会社はエコノミーで犬猫がOKです。私が頻繁に使うのはSASですが、ここもエコノミーに犬猫用に一席確保すれば大丈夫です。家族の一員ですからね。

    トピ主さん、ご家族皆様で是非良いご旅行を!

    ユーザーID:1456444849

  • どんなに躾けられていても、それを評価する価値基準がない

    HCMC在住です。

    フランスでどんな風に犬と過ごしているかを語っても、どんなにしっかり躾けられている犬だったとしても、
    それを評価する価値基準が、ベトナムにはないと思います。

    ベトナムにきて、「私、スワヒリ語が話せるの、スゴイでしょ。」と言っても、
    スゴイと思うけれども、ベトナムでは、スワヒリ語はほぼ役に立ちません。

    ペットがいくら、家族と同等で、どれだけおとなしくしていられても、
    初めてみた犬に対しては、「この犬は、病気を持っていないか!?」を疑います。
    正直、私は怖いです。
    HCMCのショッピングモールやレストランで(ケージ入りも含め)見かけたことはありませんので、
    私のような意識を持っている人は少なくないと推測できます。
    フードコートならともかく、レストランでは入店拒否もあるかもしれません。

    HCMCでは、セキュリティーのしっかりしたサービスアパートにして、
    外出は一緒にしない方が、いいかもしれませんね。
    我が家は、お金を置いておいてもとられたことはありません。

    ユーザーID:5591208978

  • バンコクは

    少なくとも野良犬が一杯いますので、屋台など屋外の席で犬連れて飲食は可能だと思いますが、野犬にどう対処するかは考える必要がありそうですね。

    タクシーは大雑把なので幾らか余分に払えば文句は言わないと思う。
    電車は厳しそう。バスはわかりません。

    ホーチミンはそれより時計が20年ほど戻った感じです。

    両方とも狂犬病エリアです。

    ユーザーID:8186441816

  • トピ主さんは教えたいの?教わりたいの?

    トピとトピ主レス3まで見ました。
    トピ主さんは小町読者に教えたいのでしょうか、教わりたいのでしょうか。その辺が全く分かりません。

    教わりたいのであれば、ベトナムとかタイの掲示板で聞けばいいと思いますけどね。

    なんか日本人のペット概念を見下しているみたいでエラそう!

    ユーザーID:1605755824

  • 雑感

    トピを読んで違和感を覚えました。
    これはなんだろうとしばし考え、思い当たったことです。

    宗教的社会的に、女性が肌を多く露出するのをヨシとしない国や土地が、
    東南アジアにはあるのですが、そういう場所で、下着かと見まがうような
    タンクトップ一枚に短パン、あるいは上半身はビキニのような姿で、
    観光地をうろつく白人系の人々。あれに感じた違和感と同じです。

    自分の国ではOKかもしれないけれど、旅先滞在先でそれが通用しないかもしれない、
    相手の価値観を無視することで、相手がどう感じるのか、そういう想像力を圧倒的に欠いているのです。
    なんどリピートしてその土地を訪れても、
    どこかでその土地や人々に対して上から目線でいるから。尊重する気持ちがないのです。

    犬を飼うなどという習慣がなく、犬にとっては気候も過酷で健康を害するかもしれない、
    しかも野犬も狂犬病も多い国に、なぜ家族同然の大切な大切な犬をわざわざ連れて行くのですか。
    旅なら、もっと犬にとって色んな意味で楽な環境の土地へ行けばいいのではありませんか。

    ユーザーID:8353328820

  • フランスの価値観は通じないと考えたほうがいい

    旅行者に対するサービスとして犬の同行も認められている場所もあると思いますがフランスの価値観は通じない、押し付けてはいけないです。
    どんなに犬が躾けられていようとも動物愛護の精神が優れていようとも、タイやベトナムの常識や習慣を踏みにじりゴリ押しするのはよくないです。
    犬好きとしては自家用ジェットを持つようなセレブや大富豪でなくとも愛犬と一緒に世界中を安心して自由に旅できる日が来ることを願っていますが。

    ユーザーID:2300945235

  • なんだか

    上から目線ですねぇ、トピ主。
    狂犬病もある、レストランにもショッピングセンターにもペットを同伴できない遅れている東南アジア。
    私が住んでいるフランスは・・・って(笑)

    バンコクでもホーチミンでも、みなさんその中で暮らしています。
    もちろん、私も家族同様にペットをかわいがっています。

    途上国なんですよ。獣医も検疫もあるのが当たり前です。
    勘違いされていませんか?

    ユーザーID:7352703611

  • う〜ん

    フランスの犬がそこまで厳しく躾けられていたとは…

    ごめんなさい、フランスって街の情感は素敵だし楽しい街でしたが
    犬の糞だけは最悪でした。
    飼い主が拾う文化が無いんですよね?

    結局は其々の国で文化が違うので、ホーチミンでは?というのなら
    やはりかの国の人に聞く方が良いと思います。
    そのベトナムに別荘を所有されているお友達に聞くのが
    一番早いと思うのですが、違うのかな…

    ユーザーID:2517305748

  • トピ主 4

    私のレスが偉そうに語っているような印象を与えてしまったなら本当に申し訳ありません。
    こちらの価値観が世界で通用するなんて思っていません。今の環境がそこで当てはまるとは思わないのでご存知の方に教わりたかったのです。 

    でも「病気になったら連れて帰れることが困難」とか、「そもそも飛行機には一緒に乗れないとか、アパートに置けばいい。。。。」
    そして「わざわざどうして連れて行く?」と書かれて正直ショックです。どうしてそんなにネガティブで否定的なんでしょうか。
    狂犬病などの病気になれば帰れなくなるという事は想定しています。でも飛行機に乗せてまで旅し無事帰国する人も周りに居るのです。
    ただ彼らの知らない情報をここで知りたかったのです。

    相手の国のルールを尊重し、想定される問題に慎重にありたいと思っています。
    駅に行って拒否される前、人々に不快にさせて恥をさらす前にきちんとルートを調べたかったのです。

    もう一度、私の書き方が誤解される書き方になったこと。大変申し訳なく思っています。
    でも私も質問以外の一方的な個人的主観だけで書かれると混乱するのです。

    ユーザーID:0769522334

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 質問されていることに答えれば良いのでは?

    お気に入り登録数73人のうちの一人です。
    トピ主は「どう思いますか?」と、感想を求めて居られるのではないので知ってることを答えればいいのでは?

    どなたかが上から目線を感じたそうですが、ただ単に住んで居られる状況を字数制限内で説明されただけ。
    フランスからだったからか?欧米だからか?
    上から目線に感じた人が居られたなら、私は劣等感、”日本人のペット概念を見下している”と決め付ける被害妄想だと思いました。
    ”どこか他の掲示板に投稿すればよい”ともありましたが、小町を選ばれたのもトピ主の自由で
    あなたのサイトではないのですからそんなことを言う権利はないのでは?意地悪ですね。

    このトピの質問の答えに興味がありますからお気に入りにしています。
    私も必要な書類などは大使館のページなどで自分で調べることが出来ますが、現地の事は調べようがありません。
    だから小町って便利だと思うんです。また小町は後から同じ疑問を持つ人が、トピを立てる前に記録から調べることの出来る優れたサイトです。

    はたから閲覧していて答えより感想を書いてる人ばかりが目立ちます。いつになったら答えが出るんだろう?と思っています。

    ユーザーID:3834130935

  • お留守番は?

     海外の事情に詳しくもないくせにレスするべきではないかと思ったのですが、犬好きとしてやはり気になったので一言言わせてください。ペットをアクセサリーではなく家族として大切にお思いでしたら、なおさら連れて行こうなんて考えないで欲しいな。体温調節のできない犬、しかも小型犬ならなおさら外気温の影響を受けやすいでしょうし、機内持ち込みができるとしても長時間の入出国手続き&フライト。なんだか可哀想…。主様のおっしゃるようなペット大国フランスなら、かわいいワンちゃんを大切に預かってくれる施設は沢山あるでしょうに。レジャーのために小動物をストレスにさらすってなんだかな〜、いつでもどこでも一緒に楽しい時を過ごせると思うのは人間のエゴではないかしら。

    ユーザーID:7659080292

  • 自慢話でしょうか。

    >ベトナムでは田舎にフランス人の友人が所有する別荘の近くにアパートを借りる予定です。
    >彼らは毎年犬と一緒にフランスとヴェトナムを往復してるので、検疫や飛行機のことは話を聞いています。

    ここまで知っている人がいるのならその方に情報聞く方が早くないですか。
    それとも自慢話だったのかしら。

    皆さんへ延々とご存知の事を書かれているので・・・上から目線?
    掲示板では十分情報は知っているのに、「こんな優雅な生活していますよ」・・と、自慢を知ってもらいたい書き込みしている人も多々ありますが・・こんな人もいるのだ・・と感じました。

    ユーザーID:9124991091

  • 狂犬病

    狂犬病は先進国ではほとんどない、と考えている人が多いようですけど、全くそうではありません。日本では無い、とされていますが疑問を持つ獣医師は少なくないです。先進国、たとえばアメリカ合衆国本国では狂犬病は蔓延しています。アライグマなどの野生動物にも蔓延している状態です。東南アジアでももちろん狂犬病が蔓延。ただ変なのは、検疫に関しては国と国の間での取り決めがあるため、理不尽な事も少なくないです。(例えば狂犬病が全く存在しない国から連れ込むのに、アメリカから持ち込むよりも長く検疫期間がかかる、とか。)かなりややこしく、理解に苦しむ事も多いです。書類を揃えるのにも大変。
    あと、飛行機の中に連れ込むのは航空会社、その時の状況、によって違います。空いているときなどは空き席に連れ込ませてくれる事もあります。貨物室は空調は効いています。客席よりは寒いかもしれませんが。飛行機は高高度を飛ぶので暑くは無く逆に寒いですよ。地上では暑いですが。空調は気圧調整と同じなので空調が効いていなければ動物は死んでしまいます。これも知らない人多いですね。

    ユーザーID:5507704188

  • ここで質問するよりも

    まずは農林水産省のホームページから「動物検疫所」のサイトへ
    入ってみてください。
    そこにはあなたが必要とする情報の内、基本となる事柄が
    きちんと書かれています。

    使用する空港ごとに検疫所があり、それぞれリンクされています。

    フランスに行かれると言うことでしたが
    現地での事情と同時に出入国時の検疫手続きに関して
    多くの情報を得なくてはなりません。
    手続きに不備があったら、あなたの大切なペットが長期間
    検疫所に係留されることになる場合もあるのです。

    大前提として、日本側の検疫を通るためには、ペット(犬・猫)に
    マイクロチップを装着し、あらかじめ検疫に届け出ておく必要があります。
    それ以外にも、フランスが狂犬病発祥国なら
    もっと多くの事務処理が必要になると思います。
    とにかく一度自力で検疫所のサイトに直接確認されることを
    強くお勧めします。

    大切なワンちゃんのためにも事前の準備は入念に
    なさってください。

    ユーザーID:6254387008

  • 知っていることを書きましたが、

    HCMCでは、
    ・ショッピングモールやレストランで犬を連れて歩いている人を見たことがない。
    ・犬を散歩させている人を見たことがない。
    ・地下鉄はなく、外国人は公共交通機関をあまり使わない。
    ・在住外国人としては、犬を見ると「危険」を感じることが少なくない。

    これらについて、とぴ主さまのレスにはふれられておらず、
    読んでいらっしゃらないのではないかと思ってしまいます。

    付け加えるなら、
    ・セキュリティーや信頼できるスタッフのサービスアパートはある。(犬を連れて行っていいかは不明)

    駅に行くおつもりですか?
    どこまで行かれるおつもりですか?
    地下鉄や市内を移動する列車はありませんし(この辺は、もうご存知ですよね?)、
    列車は飛行機で1時間で行けるところを6時間かかりますよ。
    公共交通機関を使うとは、
    飛行機とローカルバスを乗り継ぐご予定なんですか?

    ユーザーID:5591208978

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧