息子の死

レス37
お気に入り211

そうちゃんママ

健康

先月、生後7ヶ月の息子を亡くしました。
初めての子で、手のかかる子でしたがとても可愛がってました。
7月に入り、離乳食をスタートしたり、よく笑うようにもなってきた頃でした。
肺炎〜気管支喘息〜敗血症性ショック
で、一日足らずで天使になってしまいました。
敗血症は、致死率が高い難病とか。
完全母乳で、予防接種もすべてしっかり受けていたのに、息子はあっという間に私たちのもとからいなくなってしまいました。
大事にしてたのに。
亡くなって、もうすぐで1ヶ月経ちますが
正直、同じ年の甥っ子を見るのも辛く、同世代のママ友にも会いにくい状態です。
少しずつ、前を向こうとしても日によっては涙が止まらなかったり
誰とも話したくない、会いたくないこともあり、波があります。
今日、久しぶりに息子が元気な頃のビデオを見ました。家族3人凄く幸せそうで、まさか亡くなるなんて想像もしてないこの頃から死へのカウントダウンが始まっていたのかと思うと、泣けてきました。
大切な人が急に、目の前からいなくなる
まさか、かわいい我が子もう抱けなくなるなんて、これっぽっちも思いませんでした。
当たり前に続く幸せだと思ってたのに。
心が壊れそうです。。。
同じ境遇の方いらっしゃいますか?

ユーザーID:1272510818

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数37

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 悲しいですね…。

    息子さんの御冥福を心よりお祈り申し上げます。 おいそれと考えを主張はできませんが参考までに…。
    子供は皆、親を空から選んで 産まれて来るとの説があります。
    ご自分の寿命も生涯も覚悟の承知の上で。

    お子さんはママとたった7ヶ月でも良いから一緒に居たい。
    そして親が子より先に亡くなるのは、我が子が寿命を全うしあの世へ旅立つ時子が不安にならないよう親が先に行って待ってると。
    逆バージョンで、そうちゃんママさんが天寿全うしこの世を旅立つ時お子さんが向かえに来ますよ。哀しくともあくまでも天寿全うでですね。

    私は妊娠6ヶ月で流産の子とそして、幼い我が子と苦渋のやむを得ずの生き別れです。
    お気持ち手に取るよう心が痛む程わかります。
    人生も過ぎたればあっという間です。

    お子さんは心の中で生きています。
    ママと子供は深い深い絆で繋がっています。

    仏法では親子の絆は永遠とも言われています。

    いつも天国からお子さんが貴女を見守っているんだと思い、御心を軽くし 笑顔で日々を過ごしていただきたく投稿しました。

    ユーザーID:5031625935

  • 同じ境遇じゃなくて

    ごめんなさい。
    そうちゃん、というお名前でしょうか。
    彼は、七ヶ月間、あなたたち夫婦の元で幸せだったし、あなたたちも幸せだった。
    かけがえのない時間を共有した。
    そして、その記憶は永遠に残るし、魂は消えません。
    いつか必ず会えるでしょう。
    私は子供を産むことができませんでした。
    だから、七ヶ月間、愛する人との間に授かった大切な子供と三人で過ごせたトピ主さんを、心から羨ましく思います。

    ユーザーID:5478041465

  • まだ悲しんでいいよ

    私も子供を亡くしました。立ち直れなくて、呆然とした毎日を送って、自暴自棄になって、前向きになれなかった。
    1年くらいそうして、今度は空しい心を埋めようと、無茶なことばかりしました。
    結局、他のこと何をしても心にぽっかり空いた穴は埋まらないことだけわかって、また、ちょっとずつ前に進み始めています。
    だから、そばに行って、お話聞いてあげたいです。どうか自分を責めないで。まだまだ悲しんでいいよ。ゆっくり、ゆっくりでいいから。
    忘れるわけじゃなく、受け止めて、いつも気持ちは一緒にあるって感じられるようになると、だんだん心が元気になってくる。その日を信じてください。

    ユーザーID:3798829767

  • ご冥福をお祈り申し上げます

     かわいい盛りの息子さんを亡くされた気持ちよくわかります。

     我が家の場合は、30歳の誕生日の翌日に突然の事故で一人娘を亡くしてやっと7か月、新盆も無事に済ませて、またクラゲのようになり、気力もなく昨日一日伏せっていました。

     代われるものなら代わってあげたいと何度願ったことか、それでも無理な願いがかなうわけもなく、ただぼうっと一日を過ごすことも多いです。

     今日は新盆の提灯をいただいたお返しに地元の梨農家さんにお願いに行ったところ、そこの奥様がやはり20歳で息子さんを亡くされているので、子供を亡くした気持ちがよくわかりますと慰めてくださいました。20年も前ですが、昨日のようにいまだに子供を亡くした傷がいえないそうです。

     世の中には自分だけでなくたくさんの人たちが自分の子供を亡くして悲しい思いをしているのだと思うと、本当にせつなくてたまりません。

     今はまだ辛くてたまらない時期だと思いますし、子供を亡くした悲しみはいくつになっても悲しみとして残るそうです。でも、いつかはまた逢う日が来るので、そのときまでにいろいろな話ができるように何とか生きていきましょうね。

    ユーザーID:7765980690

  • 涙が止まりません

    7ヶ月の短い命だったけど、息子さんはとても幸せだったと思います。

    私の息子は元気に育っていますが、去年、息子と同じ時期に産まれたいとこの娘が突然死で亡くなりました。主さんの息子さんと同じ7ヶ月でした。
    どう声をかければいいのかわかりませんでした…亡くなった娘さんの曽祖母は「どうして長生きしている自分が死ななくて、可愛い盛りのひ孫が死ななければいけなかったんだ」と、今でも頻繁に大泣きしています。
    突然お別れがくるなんて、想像も出来ませんよね…子どもを亡くされた親の気持ちは私にはわかりませんが、私は主さんの気持ちを想像し、息子を抱きしめて泣きました。身が引き裂かれる思いです。どうして可愛い盛りの子どもが亡くなれなければいけないんでしょうね…。
    この悲しみが続かないよう、医療の発達を願うばかりです。
    おかしな文章でごめんなさいね。

    ユーザーID:2071814372

  • うちは4ヶ月で亡くしました

    産まれた時から難病で、日本でも手術の例がなく内科治療のみを選択。
    一度しか抱けないまま亡くなりました…
    抱くだけで命の危険があったからです。

    主さん、辛いでしょう…
    私も1年たちますが辛いです。
    月日がたつにつれ、余計に辛いです。。

    また抱っこしたいです。カッコいい服着せたいです。
    一緒に寝たいです。
    大好きなんです…息子が…

    この気持ちは私があの世に逝くまでかわらないと思います。
    無理に前を向く必要ないかと思います。
    笑っていれば息子も嬉しいかもしれませんが…とにかく泣ける時もあります。

    主さん、あなたの仲で大切に大切に想い続けてあげてください。
    最高の息子です。

    ユーザーID:3746035868

  • 大変悲しい出来事を

    お話を読ませ頂き、私も胸が痛み辛くなります。

    なぜならそうちゃんママさんと似た境遇に過去置かれましたから。

    毎日胸苦しく息をするにも漸くで頭をもたげ床と面接、仕事も虚ろ、飲食睡眠全て出来なくなり、自分を責め続け後にうつ病にかかってしまいました。

    そうちゃんママ、貴女は僅かな時間でしたが大変立派なお母様でしたね。
    貴女のような方だからこそお子さん貴女の元に産まれおちて来た。

    泣いて泣いても気は晴れませんが悲しみの涙流してお心を軽くして下さい。まだ愛しい我が子さんが旅立って間もないですがおつらいでしょうが…人間様々な悲しみを乗り越えている人も沢山います。
    そして魂は永遠です!
    またいつか必ず会えます!
    すぐ元気になれとは申しません。愛しい我が子との思い出を胸に残りの人生大切に過ごして下さい。
    同じ空の下で応援しております。

    ユーザーID:5031625935

  • この世は

    仏法のお話になりますがこの世は娑婆世界、末法の世。
    末法とは悪行を積んで来た人間が沢山生まれ難事多き世の事。(全ての人間とは限りません)

    私も過去子供を亡くしました。
    我が子は最後つぶらな瞳に目に一杯涙を浮かべ…天使になってしまいました。
    人間とは一体なんの為に生まれ苦しみ病気別れがあるのか悲しみ抜き天への怒りに代わり、仏法を勉強しました。
    一つ救われた説を。簡単に申しますと
    生きて行く為に人間は食べなければ、の為には仕事、それには人間関係もついて回りやがて老いて行く。一生全て幸せの連続とは限らない。
    貴女のお子さんは上記の様な苦しみから解き放たれた、我が子の苦しむ姿を一辺でも見たくない私は、この世に似合わない崇高な魂だから一足先に旅立っていった。と解釈。
    レスにもございましたがお子さんを授かれぬお方がおられる中、
    貴女方に我が子と言う愛しい存在の記憶を残して。 貴女方へ七ヶ月間、小さな体で沢山の素敵な思い出のプレゼントを残して。気丈に残り人生お互い生きぬいて行きましょう

    最後になりますが愛息子さんの御冥福を心からお祈りいたします。

    ユーザーID:5031625935

  • 私は1年半毎晩泣いた

    ”悲しみがやさしくなるときー子どもを亡くしたあなたへ”
    エリザベス・メーレン著

    を読むことをお勧めします。

    昼に出かけて、スーパーや、どこかで、知り合いに会うのも辛く、引きこもっていました。お察しします。

    この本の中の、悲しみはのり越えなくても良い、などの言葉がストンと入りました。そして、国や人種などが違っても、子供を亡くす体験は、過去から、たくさんの著名人も経験し、私だけに訪れたことでは無いことに気づきました。この傷と痛みは軽くなっても、完全には癒えません。過去の自分が能天気に幸せだったのだと思います。

    シャボン玉の歌も、野口雨情が夭逝した子供への鎮魂の意を込めて作ったなどの説があるそうで、気づけばたくさんの人が子供を亡くすという辛い体験をしています。

    ユーザーID:1679373274

  • つらいですね。

    私も、息子を2人、天に送りました。
    1人目の時は、唖然として、ただただ呆然とし、数ヶ月苦しかったことを覚えています。
    それから、娘が生まれ、今、11歳です。
    その次ぎに、また、男の子が出来たのですが、
    その子が死んだ時は、またか、と思うよりも、
    絶望的な苦しみが自分を襲い、どうしようもなく、辛かったです。

    時間だけがその苦しみをほろ苦いものに変え、耐えて生きられるようにしてくれると思います。

    ユーザーID:7692600988

  • 少し違いますが・・・。

    私も今年、6ヶ月の愛娘がお空に帰りました。

    トピ主さんと違うのは産後に長くは生きられない事を医師から告げられた事です。
    一緒に生活出来たのは1ヶ月程でした。

    私も会いたくて、娘に触れたくて。泣いてる日の方が多いです。
    きっと、この寂しい気持ちは一生変わらないと覚悟しています。

    だけど少しの時間だったけど母の役目が出来て、可愛い愛娘の顔が見れて幸せでした。

    亡くなって1ヶ月は、産んだ我子はどこに?どこに居るの?何故居ないの?と泣いていましたが
    今は少し冷静になれて、娘は私の心の中にいる事を感じられています。

    私も積極的に赤ちゃんのいる家には行く気にはならないですね。
    外出しても、どうしても赤ちゃんに目がいくし切なくなるので必要最低限しか出かけないです。

    知り合いに会っても、娘の事忘れて欲しくなくて話したい気持ちもあるし
    でも寂しくなって言葉に詰まりそうで話せないような…。

    あと、たまに 主人と私で写真の娘を通して会話しています。笑
    やっぱり一番共感しあえるのが主人ですね!お互いに支えあってると思います。

    私はこんな感じです。

    ユーザーID:4679168438

  • まみさん

    温かいお言葉ありがとうございました。
    確かに、子供は生まれもった寿命があると聞きました。息子は本当に手のかかる子供でした。特に夜は何度も起きて、時には眠らず1時間〜それ以上抱っこし続けたことも、しばしば。主人と、どうしてうちの子は眠らないのか、何か病気なのかな、と話していたこともありました。
    亡くなってみて考えると、自分の少ない人生の中でわたしたち夫婦の愛情をたくさん欲しくてぐずり、泣いて片時も離れまいとしてたのかな、なんて考えたりもします。本当に甘えんぼで泣き虫な子でした。
    手がかかるから余計にかわいく思えたのかもしれません。
    まみさんも、お辛い経験をされてるんですね。きっとまみさんのお子さんも我が息子同様、キレイなお空の場所で温かく見守ってくれていますよね。
    まだ、49日も済んでないので気持ちが混乱することもしょっちゅうですが、こうした皆様からの励ましで少しずつ前を向けるようになってきました。
    わたしたちが、笑顔で前を向くことが励ましてくれるみんなへの恩返しの第一歩かなと思っています。
    息子に恥じない人生を送ります!!
    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:1272510818

  • むらさきさん

    息子の名前はそうすけ。といいます。
    周りにたくさんの人が集まるような、そしてそんな仲間を助けられる優しくて思いやりのある子になりますように!と願いを込めてこの名を付けました。

    そうすけは、7か月という短い生涯を閉じましたが、確かにわたしたちにいろんなものを残しそしてみんなから愛されてました。難しい病気であっという間にこの世を去った息子は、最後にわたしたちにメッセージを残してくれました。
    ある方が、そうちゃんが ’愛をありがとう’と言っていると教えてくれました。そう息子が亡くなった、時間は3時9分でした。
    サンキューって。言葉を話せない息子が残して言った最後のメッセージ
    そうちゃんは、私たちを選んできてくれた。そこには、確かに家族3人支え合って生きた証がありました。
    むらさきさんの言うとおり、魂は消えることはありません。また必ずどこかで会えると信じています。そして、次会ったときにそうちゃんに恥じないようしっかり生きていきます。ありがとうございました。

    ユーザーID:1272510818

  • satoさん

    同じくお子さんを亡くした、ということで。。。心よりご冥福お祈りいたします。
    わたしも、今、子育てという大きなものを亡くし何をしていいのか、先が見えない状態です。何もしなくても、余計なことばかり考えてしまい、わたしは何のために生きてるんだろう、社会貢献なにも出来てない、とか思ってしまうんですね。
    いっそのこと、すぐに働きに出ようかとも考えています。働いていれば時間もあっという間に経つし、余計なことを考えなくても済むかも、と。
    息子の事もずっと昔のことのように感じられます。まだ、1か月も経っていないのに。ずーっと昔のことのようで、息子のぬくもり抱き方、泣き方に至るまで記憶の中でぼんやりしてくるんです。カウンセラーの方いわく、悲しみから守ろうとする防衛反応だとか。忘れたくないのに、なんだか遠くなっていくんです。
    だから、ビデオなんかを見返したりして、そうするとものすごく泣けてきて・・・
    でもそれでいいと思ってます。忘れることも、なかったことにも出来ないので。satoさんが言ってくださってるようにだんだんに自然に任せて心が元気になるのを待とうと思います。

    ユーザーID:1272510818

  • アイミーさん

    辛い中コメントありがとうございます。
    アイミーさんも、お辛いですね。30歳の誕生日翌日、まだまだこれからなのに。。。実は、ちょうどわたしもアイミーさんの娘さんと同世代なので、本当に心が痛みます。
    子供を亡くすというのは人生でもっとも悲しい経験だと聞きました。そして、こんな話も。若くして旅立つ者は、神仏から選ばれたものであるそうです。天国もお年寄りだけだと色々と問題がありその方々のお世話や、天国社会を維持運営していく上で若いものも必要になるそうで神仏が若いエリートを選んで連れていくそうです。こじつけかもしれませんが、わたしは息子を誇りに思います。
    アイミーさん、本当に世の中いろんな悲しみを抱えてそれでも懸命に生きてる人がいるんですよね。息子が亡くなって、悲しいニュースの裏にはわたしたちのような遺族の悲しみがさらにあるんだと、見方が変わりました。
    それでも、みんな生きてる。いろんな言葉で、人でもので励まされながら前を向いてますね。いつもこんなふうに考えられるわけではありませんが、すこしずつこういう思いが増えていくといいなと思います。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:1272510818

  • ちびママさん

    わたしも、まさか突然7カ月の誕生日に息子とお別れすることになるとは思いませんでした。事実として受け止め実感してきた最近になって、理解して泣くことが多くなってきたような感じです。ただ、こうしていろんな方の励ましや支えによって気持ちが安定することも多くなりました。わたしにも同じ子を持つママ友が大勢いますが、みんな自分の子だったら・・・って考えると思うんです。どんなに悲しいだろう、生きていけないかもって。でも生きていかないといけないし、前を向かないといけなんです。だってわたしが死んだら、息子の死で悲しんでるみんなに2倍の悲しみを与えてしまう。これだけ、心配して心励まして支えてくれてるみんなを裏切ることになってしまうって思ったんです。子育ては人生の中でもっとも大変なことです。時には、かわいくなく感じ、眠らないことにいらだちさえ生まれることもあります。でも、目の前にいる。ちゃんと息して生きてる。笑いかけてママって呼んでくれる。そんな当たり前のことに幸せを感じて欲しいです。いっぱいいっぱい愛情を注いで下さい。病気で命を絶つお子さんが少しでも少なくなることを願ってます。

    ユーザーID:1272510818

  • 誤解ないよう追記します

    子供を亡くした親でないとわからないですね。
    これは、子供がいなくとも優しいレスをされている方に向けてではありません。すみません…


    過去に息子が亡くなった後すぐに「次は女の子がいいね」と言われたことがあり、(やっぱりわからないんだな…子供を亡くさないとこの気持ちは…)と思っていたからです。

    でも、違いますね。
    子を宝だと思っているのだから、その子の存在を大切に想い、慰めをしてくれる方。。嬉しい存在ですね
    子供がいてもいなくても、気持ちに寄り添って下さる方もみえる…
    誤解させてしまっていたら、すみません…

    皆さんのレスを読み、一度…息子の写真の前で笑って話してみます。もしかしたら、安心してまた会いにきてくれるかもしれませんものね…

    主さんのトピなのに、何度もレスしてすみません。

    ユーザーID:3746035868

  • ちびたんさん

    辛いです。日にちがたてば経つほど想いが募ります。亡くしてみて改めて息子の大切さに気づいてるところです。
    ちびたんさんも、辛い経験をしましたね。心情お察しします。そして、共感して頂いて心強くも感じます。辛くなりそうで言えませんでしたが、わたしもおんなじ気持ちです。抱っこしたい、やわらかいあのほっぺにかみつきたい、赤ちゃんの割にはおっきいお手て、かわいいあんよ。思い出すだけで涙、、、です。
    ぎゅっと抱きしめて、もうずっと一緒に、って叶わないので考えないようにしてました。やっぱり、さびしいです。息子を失って、より一層家族に対しての想いが強くなりました。でもわたし、また家族作ります。そうすけの妹や弟に、甘えんぼだけど、かっこいいお兄ちゃんがいたこと話してあげたいんです。それが、今の私たち夫婦の生きる希望です。ちびたんさんと気持ち共有できてよかったです。ありがとうございました。

    ユーザーID:1272510818

  • いつまでもそうちゃんのママです。

    何度も時間を戻そうとしても戻らないんですね。

    いつも、あの元気だったときに戻ってあの時こうしたら生きていたんじゃないかなって思っても絶対時間は戻らないのがつらいです。

    でもトピ主さんがそうちゃんママなのはずっと変わらないです、

    そうちゃんと一緒にこれからも生きていってください。
    わたしもがんばります。

    ユーザーID:6173939933

  • 我慢せず泣きましょう

    私も7ヶ月前に息子を病気で失いました。16歳でしたが、そうちゃんと同じ7ヶ月辺りを思い出すと、これから立って歩いて話して…と益々手はかかるけれど可愛くも成る頃なのに…と胸が詰まります。
    上手く書けませんが、そうちゃんママさんにレスさせていただきます。
    〉正直、同じ年の甥っ子を見るのも辛く、同世代のママ友にも会いにくい状態です。
    わかります。否、私は海外在住で狭い日本人社会と少し繋がっており、唯でさえ友達が少ないので益々疎遠です。もしかしたらこの先何年も疎遠に成ってしまうかも…。孤独感はもの凄いですが、息子の死に比べたらこんなこと…と我慢するしかないと思っています。
    〉誰とも話したくない、会いたくないこともあり、波があります。
    そうですよね。人は一人では生きて行けない…そうなんですが…時と場合によると思うんです。
    子供を失った人の気持ちは同じ立場に成ったって100%同じでは無いと思います。そうじゃない方に苦痛・負担にさせてしまうくらいならば、同情や心無いと感じてしまう言葉を貰うかもなら…時間はかかるでしょうが、兎に角自分で乗り越えて行かなければ・行くしかないんだろうな…と思うこの頃です。

    ユーザーID:3018718244

  • 花さん

    花さんの、言葉ひとつひとつ胸に響きました。わたしは立派な母親なんかじゃありませんでした。眠らないときには、怒鳴ったこともありました。今思うと、眠れないのは仕方のないことで。快適なお腹の中から急にこんな住みにくい世の中に出て、環境に慣れようと必死だったのに。わかってるつもりが、どこか理解してなかったんでしょうね。亡くなって初めていろんなことがわかり、息子に感謝しています。
    かわいいわが息子はもう抱けません。でも、魂は永遠、またいつかあの子の魂がわたしの元に降りてきてくれる、そう信じたいです。そして、次会ったときは思いっきり抱きしめてありがとうを伝えたいです。1日1日を大切に、7か月から先の子育ての続きをしたいです。温かい言葉、ありがとうございました。

    ユーザーID:1272510818

  • おはまさん

    わたしも、似たようなお話を聞いたことがあります。神様は多くの人を幼児さえも取り去られますが、それは彼らが人の妬みやこの世の悲しみや悪事から逃れられるようにするためなのです。彼らは地上に住むにはあまりに純粋であまりに愛らしいのです。ですからもし正しい考えを取るならば私たちは悲しむより喜ぶべきです。彼らは悪から救い出されているのであり、わたしたちはすぐに彼らと再会することになるからです。とありました。悲しむより喜ぶ、ところまでは程遠く、どれだけ月日が経ってもその想いは変わらないと思いますが、考えの一つとして心に留めておきました。
    前向きに考えると、7か月という短い期間ではありましたがあの子は精一杯生きて私たちにたくさんのプレゼントを残してくれました。それにも感謝しないといけませんね。まだまだ、亡くなった意味などを探している段階です(もしかしたら意味もずっとわからないかもしれませんが)それでも、息子に恥じないよう思いやりをもって少しずつ笑顔で日々送りたいと思います。少しでも、息子のはなむけになれば。。。ありがとうございました。

    ユーザーID:1272510818

  • yuさん

    本、ぜひ読んでみたいと思います。ありがとうございます。
    涙は枯れることはありませんね。息子が亡くなってたくさん泣いて、しばらく泣けなかったので枯れたのかと思っていましたが、1か月近くたってまた悲しみが押し寄せてくるようになりました。息子と行った場所、通るだけで胸が締め付けられる思いがしますね。一緒に行ったスーパー、お店、通った思い入れのある道でさえ辛く感じます。今は行きたくない、という感じです。
    yuさんがおっしゃる通り、過去からそして有名な方までお子さんを亡くされていますよね。自分だけではない、ということに救われたりもします。きっと長年の歴史の中大変な思いされた方大勢いますよね。それでも、生きて頑張ってるんですよね。今は、みなさんからの励ましを少しずつ整理しながら、辛くなったらいろんな引き出しから毎日心が軽くなる言葉を探して平常を保っている感じです。
    今は毎日ですが、それが3日に1回になり一週間に1回になり、とすこしずつ引き出しの開け閉めを少なくしていけたらと思います。

    ユーザーID:1272510818

  • 海人さん

    レスありがとうございます。海人さんも、お二人お子さんを亡くされているんですね。ご冥福お祈りいたします。
    2度、悲しい経験をされてもそれに耐え生きていらっしゃる、わたしもしっかりしないといけませんね。ただ、何しろまだ一カ月足らずで。泣いてばかりなんですが。人の悲しみの大きさは、少しずつ減っていくものだと信じています。今は悲しみが勝りほかの感情がうまく機能しませんがそれでも、楽しいことがあれば笑い、周りには笑顔を見せるようにしています。唯一、主人の前では大泣きしてますが。時間が解決してくれるように願うばかりです。今は不幸のどん底、それでも少しのぼり始めた気はします。もうこれ以上下がることはないと思うので上をみたいと思います。お空には息子がいます。わたしの顔がちゃんと見えるように寂しくないように上を見続けたいと思います。きっと空のキレイな場所から見ててくれていると思うから。

    ユーザーID:1272510818

  • 時間が

    私は妊娠初期に流産しました。
    元気に生まれてきていれば、今夏19歳になります。
    その後2人の息子に恵まれ、慌ただしい日々を過ごしていますが、
    ふと、その子の事を思い出してはどんな子になっているかなとか、こんなことしたかったとか
    そんなことを考える時があります。
    私のその思いは消えることはないのかなと思います。



    18日 19:49のトピ主さんのレスに「また家族を作ります」と書かれていたので、
    少しホッとしています。
    私自身、流産で会うこともできなかったけれどわたしの子。
    もし、その子が生まれてきていれば、この子どもたちに会えなかったかもしれないと思うと、
    流産した子がいなくなってしまったことに意味があったのだと思うことも多々あります。

    そうすけくんに弟や妹ができる日を祈っています。

    ユーザーID:0630357996

  • ねこちゃんさん

    今年だとまだ最近ですね。悲しみの最中レスありがとうございました。長くは生きられないことが分かっていてもその悲しみを覚悟しながらは辛かったでしょう。どんな形であっても、子供の死は辛いものです。一緒に過ごせた1か月は家族の宝物ですね!娘さんもきっとご両親の愛を一身に受けて幸せだったでしょう。
    わたしは、ある日突然元気だった息子がいなくなるなんて考えたこともありませんでした。当たり前に続く幸せだったと思っていました。1歳の誕生日は何をしよう、12月26日クリスマスをうまく外して産まれた我が子は、クリスマスと一緒にされるのが嫌だったのかな、そしたらプレゼントを豪華にしてやろう!と主人と話していました。1歳の誕生日記念でスタジオで写真を撮るのに軍資金をたくさんもって盛大に思い出を残そうと。たくさんの未来を信じてました。
    あっけなくこの世を去った息子は、楽しい思い出と記憶を置いてわたしたちの前からいなくなりました。だからこそ、息子に出来なかったことを未来の息子たちにしてあげたいって思いました。また家族を作りたい。大家族でにぎやかに暮らしたいって思いました少しずつですがそう思えるようになりました

    ユーザーID:1272510818

  • そらさんへ

    ほんとですね。時間はもう戻らないんですよね。なので最近は、亡くなったときのことは考えないようにしています。ただ、それでもその引き出しを開けなきゃいけない時もあるんですよね。そうやって繰り返していくことで傷が癒えてくのかもしれませんね。周りの友人の支えがあってだいぶ救われています。
    辛いのは自分だけではないって思うようにしています。

    ユーザーID:5061174434

  • 2歳児の父ですが1

    私は石屋で、お墓に骨壷を納める仕事もしています。

    人の死は総じて哀しいものですが、お墓に当才(0歳)など一桁の年齢が刻まれているのを見ると、
    可愛い盛りに子供とお別れしなければならなかった親御さんの気持ちを考えてしまい、やりきれなくなります。

    先日も、まだお腹の中にいる赤ちゃんを亡くされたお母さんが、
    小さな骨壷にすがるように泣き崩れていました。

    やはり母親は特別な存在ですね。
    お腹にいる時は一心同体として、胎児の命を感じ取れるのですから。

    そうすけ君も産まれてからの7ヶ月だけでなく、1年半お母さんと一緒だったのです。

    男の私にはとても想像できない、想いの強さがあるでしょう。

    こういう状況にであっても、周りからすると、ただ
    「どうかこのお母さんに新しい命を授けてあげて下さい」と祈るしかありません。

    ですので、そうすけ君のお母さんが新しい家族を持とうと決意されたことに安心しました。

    長文すみません。もう少し続けさせてください。

    ユーザーID:8605542068

  • 2歳児の父ですが2

    我が家の子供は幸い生きておりますので、このトピに書き込むべきか迷いました。
    ですが、我が家でも辛い思いをした瞬間はありましたので、書かせてください。。

    妻は妊娠と同時に持病も発覚しました。
    そのために緊急入院となり、ついでにということで胎児の状況も細かく教えてもらっていたのです。

    入院してから数日後、急に胎児の心拍がなくなったと知らされ、とてもショックを受けました。

    結果的にわかりにくくなっていただけで生きていたのですが、
    その死んだと思われた数日間にもいろいろ考えましたので、
    今は息子が生き返ってくれたのだと思い、大切に育てています。

    2歳になっても未だに喋れず、自閉症を疑われたり、不安になってしまうことが多いです。
    息子本人の不安な心情を思い、一人の時に私も大泣きしていましたが、
    そのたびにもっと強くなることを決意。
    愛情のメーターが振り切れんばかりに可愛がっています。

    哀しみを越えたぶんだけ強く優しくなれることを実感しています。

    トピ主さんも、きっと優しいお母さんになれます。
    新しい宝物を授かれる日がくることをお祈りしています。

    ユーザーID:8605542068

  • 涙さん

    涙さんも息子さんを亡くされてすんですね。16歳、まだまだこれからなのに。
    ご冥福お祈りいたします。
    息子も当たり前に1歳の誕生日が迎えられるのかと思っていました。子供は当たり前に育つのかと。でもそうじゃないんですね。わたしも先月31歳になりましたが少し大げさかもしれませんが生きてることが幸せって思うようになりました。
    親に大切に育てられ、病気もせず、事故にも合わず、元気に生きていられる当たり前の事に感謝するようになりました。
    こう思えるようになったのも息子のおかげです。
    涙さんは、海外にいらっしゃるということで孤独を感じることも多いかもしれませんがそんなときはまたコメント下さい。ぜひ。我慢しないほうがいいです。
    わたしも今回のことがあり、周りから散々言われました。我慢すると心が壊れてしまうことあります。私は今、地元なので近くに両親もいますし、近くに友人も多くいます。知らない土地だったら、今とはがらっと違う状況だったと思います。お互いつらい状況ではありますが、少しずつ前を向きましょう。きっと亡くなった息子たちが温かく見守ってくれています!!

    ユーザーID:1272510818

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧