• ホーム
  • 男女
  • 別れる気がしなかったけれど…夫婦仲がこじれた原因を教えて

別れる気がしなかったけれど…夫婦仲がこじれた原因を教えて

レス29
(トピ主10
お気に入り76

恋愛・結婚・離婚

朝顔

アラサー女子です。付き合って4年になる彼との結婚を考えています。

とにかく素敵な人で相思相愛。お互いの長所は褒め合えて、短所には目を瞑り合うことができます。趣味は違うけれど、根本的な好みの系統は同じ。育った環境も全然違うけれど、人間としての価値観や道徳観が同じです。お互いの得意分野が全く違うので、自分ができないことは相手が助けてくれるし、相手ができないことは私が手伝える。馬鹿げた事で一緒に大笑いできて、悲しい時には一緒に号泣できる人です。私が何より魅力的に感じているのは、何か問題があった時には納得いくまで話し合うことができることです。大方性格は反対ですが、お互い忍耐強いと思います。それで、私たちはきっとうまくいくと思えるのです。

ただ、今後長い年月を生きていく上で見えてくる事(今は考えが及ばないけれど本当は重要な事)があるのではないかと思います。私が上に述べたような項目は、実は結婚生活を続けるうえであまり重要ではないことかもしれません。それより他にもっと大切なことがあるということに、私はまだ気づいていないかもしれません。

そこで、結婚前後は相思相愛だと思っていたのに、そうではなくなってしまったという方に是非、その体験談をお聞かせいただきたいのです。結婚当初はピッタリの相手だと思っていたけれど、10年、20年…と経つうちに関係が悪化してしまった方、その原因は何でしたか。

どの様な経験談を伺っても今の彼と別れることはないと思いますが、私たちの将来の関係の為に役立てさせていただきたいと考えています。よろしくお願いします。

ユーザーID:9674075424

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 普通です

    トヒ主さんが感じているのと同様、
    結婚に至ったカップルの多くは、新婚当時は同じように感じています。
    そう思わなければ、結婚にいきつきませんから。

    結婚前や新婚当時に感じた感覚は、実は何の裏付けも証明も無いものです。
    よって後から、双方の誤解、虚像だったと分かる事が、原因の一つ。

    後は、人間の気持ちは変わるものですから。それも原因の一つ。

    ユーザーID:0876682391

  • 立場の変化

    お互いの考え方や物の見方に相違点が出て来た。状況が変わり立ち位置が変わった事に対しての対応が困難だった事など。

    ユーザーID:6550065545

  • 「その原因」を荒っぽく推察すると・・・

    人間としての価値観や道徳観は人により異なるものです。結婚前に、それが同じであると思っていることに問題の根があるのでしょう。

    現時点で、彼があなたの出来ないことを助けてくれると、あなたは喜ぶでしょう。しかし、あなたが喜ぶのは(相手が上で、あなたが下であるという)上下関係が前提になっていることに気づきません。

    もしも、あなたが彼に褒められたことがあるとすれば、それは能力のある人が能力の無い人に対して評価を下していることに外なりません。もっと言えば、褒める行為は、褒めた相手に対して「あなたは能力が無い」と言っていることに等しいのです。褒められて喜ぶことは自分に能力が無いことを認めていることに等しいのです。

    結婚後は、生活を通して、そういう事実に少しずつ気づいていくのです。そして、あなたが彼の思い通りに出来なかった時に、彼は褒めずに叱ることでしょう。この時、互いの価値観が異なっていた現実に気づくのです。

    その現実を受け入れることが出来なければ、夫婦仲がこじれていくだけでしょう。今のあなたに問われていることは「彼の嫌な面を見つけて受け入れていくことが出来るかどうか」ではないでしょうか。

    ユーザーID:0787016595

  • お幸せに…

    つまり…『私の幸せな結婚生活の為に、失敗者の体験談大募集!あなたの二の舞は演じたくありません!』というトピック??

    どうして『幸せな結婚生活を送られている方からのアドバイス大募集』という方向ではなかったのか、そこが非常に不思議です。

    >10年、20年…と経つうちに関係が悪化してしまった方、その原因は何でしたか。

    随分と軽い口調で気軽に尋ねていらっしゃいますが、10年、20年もの暮らしをダメにしてしまった人の心情は、そんな軽いものではないと思います。

    あなたの幸せを願って、辛い過去・苦い体験を話して聞かせてくださる方が居ると良いですね。。。

    そういう方がいらした場合、心からの感謝をしてくださいね。

    まだ失敗経験の無い私からのアドバイスとしましては、人の心の痛みに鈍感な人は幸せな生活を維持出来ないと思います。
    無神経に相手を傷付けるので、自分は何ともなくとも相手が悲しくなります。

    日々、思いやりを持って生きてください。
    他者に細やかな気配り・気遣いが出来る人になってください。

    どうかお幸せに…。

    ユーザーID:0789538386

  • 家事と育児の分担

    よくある話ですが、共働き家庭の家事と育児の分担を巡る攻防ですね。
    目の前の洗い物や洗濯もの、病気のときにどちらが休むか、などなど。

    どんな道を辿っても、最終的には私があきらめて全てを引き受けざるを
    得なかったのだろうと今となっては思いますが、それを許容できない自分も
    やっぱりいるので平行線のままですね。

    あと、人間は変わります。
    年と共に、お互いに変わります。

    良い関係を維持するには、お互いに努力は必要なのだろうと思います。

    ユーザーID:2374335308

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 自分の判断のみ

    彼氏のいいところと、自分と彼氏のラブラブぶりをこれでもか、と並べ立てておいて、うまくいかなくなった人、その理由を教えてください。まあそれを聞いても彼と別れませんけど、っていう尋ね方、失礼きわまりないと思いますがどうでしょう。

    みんなあなたのように、この人で間違いない、いやでもホントにそうかな、と迷いながら決断したんですよ。その結果が思わしくなかったとしても、それは軽い気持ちで聞くことではないと思います。身近な人にそれ聞けますか??

    うまくいっている先輩夫婦に、その秘訣を聞くなら問題ないと思うんですがね。そういう聞き方はダメだったのかな?

    ちなみに私はまだ結婚6年目の若輩者で、今のところ夫婦仲は極めて良好ですが、大事なのはやはり話し合いができる二人でいることだと思います。お役に立たないかもしれませんが、一応、経験者として。

    ユーザーID:1527504055

  • 似たもの夫婦

    妻を選んだ時には、彼女の性格は自分に合うと思いました。
    しかし、ある時、彼女の日常に、かつて私が辟易していた言葉使いや感情の発露に気づき愕然としました。結局、女はみんな一緒なのかと驚いた次第です。しばらくは、忍従の結婚生活が続きました。
    そのうちに、また次のことに気がつきました。
    妻も私自身の手や足、腕や脚と同じなのではないかということです。
    自分の足の格好が気に入らないからといって、足を切り離したりはしません。
    そこで、大事に手入れをするようにしました。私好みに作り変えていけばいいのです。私の美学の方へ誘導していくことです。どんなに歳を重ねて行っても、互いに未完成の人間です。99%誉め、1%注意指摘しています。少しずつですが、愛着が増していっています。
    互いが互いの好みに近づいていくと、結局は似たもの夫婦になるのではないでしょうか。
    私は結婚によって、女というものがよくわかりました。人格形成の点でも得るところ大でした。

    ユーザーID:2591867194

  • うちの場合は

    よくある義実家との関係です。
    飽きっぽい私ですが、夫との結婚だけは宝くじ1等を引いたと密かに思っていました。恋愛期を過ぎても、人間として尊敬できると。結婚後15年間はそう思っていましたから、私にはもったいないくらいよくできた人なんです。
    ただ結婚前、親が難色を示したのが義理の両親のこと。変わった人と近所でも評判だったようで…でも若かった私は親と結婚するわけじゃないから関係ないと親の懸念も無視してしまいました。その結果…15年間は色々騒動がありながらも後悔することはありませんでしたが、義両親が老いてくると対処不能の問題が次々に噴出。
    あれほど好きだった夫なのに、こういうとこ義母に影響を受けているんだな、ここは義父にそっくりと嫌悪感が募り、憎しみさえ感じるようになってしまいました…。別人格だということはわかっているのですが、だんだん似てくるんですよね。結婚するときは親を見よ、という教えは本当だったんだと今更ながら思います。20年を過ぎた今は添い遂げるつもりでおりますが、これから結婚する若い方にはそうアドバイスしたいですね。

    ユーザーID:1703892280

  • なんだか

    自分は安全圏にいて、人の不幸話を聞こうという姿勢が
    関心できませんね。
    何かを得るためにはリスクをとる。
    それが当たり前でしょう?

    ユーザーID:4876275064

  • お互いの実家が絡んだ時

    結婚15年、トピ主さんに負けず劣らずラブラブなカップルです。
    4年付き合い、そのほとんどが婚約期間で、将来のことも十二分に話し合った上での結婚でした。

    それでも解決できない面倒なこと…それが互いの親です。特に女性と、男性側の親との関係。
    嫁にもらったという意識はないにせよ、「うちの子」になったと思う義母、
    何かと情報を共有したい義父。いい人達なのですが、彼らとのちょうどいい距離を構築するのに長い年月を要しました。

    加えて私が姉妹ばかりのため、実家に集結するのが大好き。
    夫ももちろん参加して賑やかに楽しく過ごすのですが、そうすると同じくらい婚家にも顔を出さなければならないのかな、と2人で悩んだりして…

    自分の親の悪口を言われるとそりゃあムッとしますし。

    我が家の場合はそれでも、両家の親同士が付き合いがあること、父親の社会的ステイタスが同じなこと、
    経済的格差がなかったことが幸いしました。
    どちらかの親が遠方ならばこんなことで悩むこともないのでしょうが…。

    一例として参考になれば幸いです。どうぞお幸せに!

    ユーザーID:6761817303

  • 幸せボケ?

    相思相愛で結婚するのは、まあ普通でしょう。

    私たちはきっとうまくいかない・・・と思って結婚する人はいません。

    私の感じる、夫婦がギクシャクしやすい問題ベスト3は

    1.子供のこと(躾、教育、問題が起こった時の対処など)
    2.両親・兄弟(義親、自分の親両方)のこと
    3.お金のこと
     
    だと、感じています。想定外の事がおきやすいですからね。相手の人間性がモロに出ます。

    夫婦単位なら話し合いでどうにか収まることも、子供も含め他者が介在する話になると、とたんに難しいです。これが結婚の難しいところではないかと。

    ・・・しかし、トピさまは夫婦円満のコツではなくて、関係悪化の体験談を聞きたいなんて不思議な感覚ですね。

    ユーザーID:3852550858

  • アラサー?

    30歳前後って事ですよね、それにしては幼いというか、もう少し配慮出来ませんか?

    舞い上がってるのはわかるけど、「幸せな結婚生活を送るためのアドバイス」じゃ駄目なんでしょうか?
    あくまで失敗談?数十年の苦しみを教えて、それを踏み台に幸せになるから、ですか?

    うちは結婚20数年、多分うまくいってると思います、とにかく相手への思いやりと労わり、後生まれ育った環境が似てるのが一番だと思います、主人は私の親族と、私は主人の親族と、仲がよいのがとても楽でした。

    こちらでの相談でも多いですが、彼の親族とうまくやっていけるかどうかは、結婚生活において大きなウエイトを占めると思いますよ、それには生まれ育った環境やレベルが似ていないと大変だと思います、実際それで離婚に至った夫婦は多いですね。

    ユーザーID:3253550243

  • 両家の社会的地位&経済的レベル

    本人同士だけでなく互いの実家の愛称も大切と他の皆さんもレスされていますね。
    これは本当に重要です。

    主さんカップルの「育った環境がぜんぜん違う」の中身が気になります。

    もちろん「うちは姉妹ばかりであちらは男兄弟ばかり」とか、そういう違いは問題ありません。
    ただ、経済力や教育・職業レベル(といっては何ですが)に大きな格差があるとすれば
    それに派生する様々な意識の違い、価値観の違いに苦労する可能性が高くなります。

    私の周りを見渡すと、興味深いことに、国際結婚であってもこれは完全に当てはまります。
    違う国で生まれ育っているので当然、文化も習慣もまったく違うわけですが
    両家の親の社会的ステータスや経済力が近いと、根本的なところで意見が合うそうです。

    ユーザーID:8851362529

  • レスありがとうございます、トピ主です1

    皆さま、レスをいただきどうもありがとうございます。レスを読んでいてまず思ったのが、私の質問の意図がうまく伝わっていなかったということです。稚拙なトピ文を恥じています。

    『夫婦関係がうまくいく秘訣』はいくらでも目にします。心理学者や有名人などの体験談を踏まえたアドバイスなど、少し検索しただけでごまんと出てきます。だから敢えて『うまくいくと思っていたのにうまくいかなかった』という体験談が聞いてみたいと思ったのです。どうしてか。それは今自分自身がその『うまくいくと思えている』段階にいるからです。何も私が特別だと思って質問したわけではありません。どなたもそうやって結婚相手を決めて来たはずです。それでも不仲になるカップルが少なからずいます。そういう方に、『不仲になった原因』つまり『うまくいくと思えていた時には気が付かなかった要因』を聞かせてもらえば、将来の役に立つのではないかと考えたのです。例えば海外旅行や留学に行く人が、快適な滞在をするために先輩(現地在住者や旅行の達人)に注意点等を質問して備えますよね。それと同じ思考回路で質問しようと思ったのです。

    <続きます>

    ユーザーID:9674075424

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • トピ主です、レスありがとうございます2

    <続きです>

    トピ本文に私たちの間柄を書き連ねましたが、それは質問の前提として、自分はこう思っている段階にいるということを説明しようと思っての事でした。小町では、質問のみの短いトピが上がる度に、もっと詳しく状況を書くように促すレスが多くつくのを目にしている為、自分がどう思っているのかをできるだけ細かく書くことにしました。それがまさか自分の幸せ自慢の為と捉えられたことは大きな驚きでした。このトピがどうして失礼に当たるのかがよく理解できません。仮に私が事業に失敗したとして、今希望を抱えて事業を起こそうとしている後輩に失敗の原因を尋ねられたとしたら、失礼とは思いません。自分の体験談を教えることが彼/彼女にとって建設的なアドバイスになると思うからです。

    〇ルルさん
    感覚や気持ちは変わるものであるという事、肝に銘じておきます。

    〇ファンさん
    立場や状況の変化によってお互いも変わっていくという事。それに応じられる人間でありたいと思いました。

    <続きます>

    ユーザーID:9674075424

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • トピ主です、レスありがとうございます3

    <続きです>

    〇無情の嵐さん
    価値観や道徳観が同じであると思ってはいけないのですね。第三段落に関しては全く同感できません。なぜ褒めることが見下すことに繋がるのですか。褒められて喜ぶことが自分の無能さを認めることになるのですか。相手の嫌な面が吐露した際には受け入れることでこの4年間を乗り越えてきたつもりです。今後も続けていけるように努力します。

    〇まみさん
    失敗経験のない方からのご意見ももちろん参考にさせていただきます。人の心の痛みに鈍感な人は幸せな生活が維持できないとの事、肝に銘じておきます。

    〇ゆうさん
    役割分担でもめるとのお話、ゆうさんのようにあきらめることも必要なのかもしれませんが、片方のみが100%諦め続けてしまう事のないように、話し合いの場を設けていきたいと思います。

    〇なんだかなあさん
    いえいえ、うまくいっている方の体験談ももちろん参考になります。話し合いが大事とのこと、これまでの4年間同様話し合いを怠らずに積極的に意見交換をしていこうと思います。

    <続きます>

    ユーザーID:9674075424

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • トピ主です、レスありがとうございます4

    <続きです>

    〇anton51さん
    自分の手足に例えたお話、なるほどと思いました。そして『大事に手入れをするようにしました』というくだり、非常に気に入りました。自分の欠点(肌が汚い等)が少しでも良くなるように一際大きい努力をしてお手入れをするのと同じことですね。相手の欠点を受け入れるのには自分の中での葛藤が少なからずありましたが、今回のこの一例で気持ちがすっと楽になりました。

    〇maroさん
    『結婚する時は親を見よ』というフレーズは知りませんでしたが、思い当たることがあります。実家の母がしていた作業(それを私は意味がないと思って見ていた)と同じようなことを自分も知らぬ間にしていることに気づいた時、こんなに人間性が違うと思っていた親と同じことをしているなんて、やっぱり親子というのはただならぬ関係なんだと実感したのです。彼も実家では両親の“馬鹿げた”やり方に異議を唱えたりしていますが、いざ自分の家で生き始めたらきっと彼も彼のご両親のようになるのかもしれません。頭に入れておくことが増えました。

    <続きます>

    ユーザーID:9674075424

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • トピ主です、レスありがとうございます5

    <続きです>

    〇かもめさん
    お互いの両親・実家との付き合いが大事になってくるとの事。結婚後の生活場所は彼の実家の方が断然近くなります。ご家族に紹介されて1年が過ぎましたが、かもめさんのご姉妹のように、集まるのが好きな家庭(兄弟姉妹)なのでこれまでも度々家族の集まりに参加していました。今は楽しんでいますが、これが義務感に変わってしまうことがないか、それが心配です。距離があるので両親同士が合うことは人生で一度(結婚前後?)になる可能性があります。接点がないため親密にはなれないかもしれませんが、逆に仲がこじれることもなさそうだと今思いました。15年後に、今すてきな関係を保っていらっしゃるかもめさんのような自分でいられるように、努力したいと思います。

    〇ponさん
    夫婦単位ではなく、他者が絡んできた時に問題が出てくるとの話を読んで、とっさに実家や親戚づきあいのアレコレを思い出してしまいました。二人で解決できない問題が起きた時にどうするか、そこをよく考えておかなければならないと思いました。

    <続きます>

    ユーザーID:9674075424

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • トピ主です、レスありがとうございます6/6

    <続きです>

    〇Tさん
    生まれ育った環境もレベルも違うので、それがハンデになるかもしれないということを、しっかり頭に入れておきたいと思います。特に子供を持つことになったらその影響力が増してきそうですね。意見の食い違いが出たときに、例え賛成ではなくとも認めてもらえるように、日ごろから義家族との関係を築いて行きたいと思います。

    <以上です>

    ユーザーID:9674075424

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • トピ主です、レスありがとうございます(再)1/1

    〇だいもんじさん
    おっしゃっていらっしゃる事と同じ内容を他の方のレスで読み、昨日一晩考えていたところで今こちらのレスを読みました。おっしゃるように、両家の経済レベルが違います。これまで、普通に生活している分には特にそれを問題だと思ってはいませんでしたが、今後仮に子供ができたら、その教育費等の出費に関して、もしかすると食い違いが出てくるのではないかと思いました。例えば私は人並みに習い事をさせてもらってきましたが、彼は何もしなかったようです。人は、自分がしなくてもどうにかなってきたことはしなくてもいいと考える傾向にあると思います(例えば実家では食器は手洗いですので、私は食洗器はいらないと考えてしまいます)が、彼は、他人を観察することでその必要性を見出せば、自分がしなかった事でも理解して賛成してくれるような人です。でももしかしたらそれは彼の中では葛藤があってのことかもしれないと今気付きました。私自身の子供時代を引き合いに出し過ぎてしまわないよう、私自身の挑戦が続いていきそうです。

    ユーザーID:9674075424

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • 正論を語ると争いを招く時もある。「負けて勝つ」が大事

    朝顔さまの文章を拝見するに、思考が感情的というよりむしろ論理的な方と感じました。

    長く暮らしていると、お金、親戚づきあい、家事分担、育児、教育など様々な問題に直面します。
    夫婦の話し合いが重要なのは言をまちませんが、お互いが疲れたタイミングで話し合う時は
    十二分に注意が必要です。

    お互いの意見が一致していれば良いのですが、意見が合わない時に理屈・理論同士がぶつかると
    こじれやすく深刻な喧嘩や争いに発展するおそれがあります。
    特に論理的な思考・発言をする人は、相手の思考や発言に曖昧さや感情論を認めない場合が結構
    あります。
    これは自分がそうだからよくわかるのですが。ディベートで相手を言い負かす感じですね。

    ところが、疲れていたりどうしようもない場合には、感情論や浪花節も必要な時があります。
    これは家庭生活だけでなく仕事でも多々ある話ですが。

    ですから、仲良く暮らすためには、まずは相手を肯定すること。「Yes,but」の姿勢です。

    私もこれが仕事でも家庭でもできなくて日々反省です。
    カーネギー著の「人を動かす」を一読されることをお奨めします。

    ユーザーID:9501122236

  • 同じでしたよ

    交際7年で結婚して5年経ちます。子どもが一人、そして現在妊娠中です。

    友人から恋愛関係になり、価値観や道徳観、趣味、好みが似通い、得意分野は異なる、何より問題があった時はとことん話し合えて、お互い柔軟に自分を変えていけるところがありました。

    でも交際と結婚は全然違います。
    長所は短所にもなりますし、昔は簡単に目を瞑れたことでも、自覚なしに我慢を重ねていて爆発したり、知らなかった価値観も出てきます。
    生活に追われて、ちゃんとした話し合いができず、不満が積もることもある。
    若い頃より頑固になり、自分が正しいと譲らなくもなります。
    話し合いで解決できることばかりでなく、どちらかが完全に譲らねばならないことも多々出てきます。
    仕事や人間関係のトラブル、病気などで、性格が変わったりもします。
    結局、この人とならきっとうまくいく、と思う根底が揺るぐこともあるのです。

    だから、お互いと夫婦を続けていこうという気持ちを持ち続ける努力と、実際に家庭を維持していく努力を惜しまないことが大切なんだろうなと思います。
    家庭とか絆って、放っといてもいつのまにかできているっていうものではありません。

    ユーザーID:3393307379

  • レスありがとうございます、トピ主です(再々)1/1

    〇痛コブラさん
    レスが遅れ申し訳ありません。おっしゃる通りで私は理屈や理論で正当性を主張しようとするところがあります。相手の言っていることに納得できない点がある場合に尋問口調にならないように気を付けなければならないと常々思っているのですが、難しいです。本をご紹介くださりありがとうございます。これまで「人を動かそう」とは思わず生きるようにしてきました。自分がこうしてほしいと思ったとおりに相手がしないとイラっとくるわけで、であるならば相手にこうしてほしいと期待しなければいい、という結論に至ったからです。それで「人には(好きに)動いてもらって(私は)受け入れる」というスタンスできました。それで今までこの本には興味がありませんでしたが、せっかくお勧めいただいたので読んでみます。

    ユーザーID:9674075424

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • そんなの

    生活してみなきゃ分からんでしょ。

    >質問の前提として、自分はこう思っている段階にいるということを説明しようと思って

    正直、結婚するときは多かれ少なかれトピ主さんのように思ってます。
    それでも結婚して初めて、という事柄が多く出てくる。
    今これだけうまくいっているという情報はさほど重要ではないのです。

    >片方のみが100%諦め続けてしまう事のないように

    100%じゃなくても、自分の方が多く諦めている、その諦めた内容ですれ違うこともあります。

    >意見の食い違いが出たときに、例え賛成ではなくとも認めてもらえるように、日ごろから義家族との関係を築いて行きたい

    「認める」って大変なことですよ。
    理屈ではありません。
    トピ主さんが妥協することになるかも。

    >他人を観察することでその必要性を見出せば・・・賛成してくれる

    じゃあ必要性を見出さなければ?

    トピ主さんは全て「話せば分かる」を前提に考えています。
    でも人間関係はそうではない。
    理屈ではないのです。
    どちらかというと「我慢」「譲る」を肝に銘じておいたほうがいいかもしれません。

    ユーザーID:9813142337

  • いいですね!お幸せに

    結婚10年、子供二人、大恋愛の電撃婚で結婚しました
    大好きすぎてお互い何でも許してしまい思いやりを常に持ち、自分より相手が大事な夫婦です。

    でもうちは経済格差が圧倒的に違う結婚で(私が父を病気で亡くし貧乏、主人は別荘等を持つ上流社会の家柄で)私の母に心配されました

    ただ、愛は何でも乗り越えます。主人が全面的に私をフォローし歩み寄ってくれ全てを包み込んでくれました。なので未だに大きな問題はなくラブラブに過ごしています。

    唯一私達が危機だったのは、主人が病気になった時でした

    まぁ一番好きな人と結婚しない方がいい的な説もありますが、それは大好きな人に自分のあらを見せなければいけない、相手のあらも見えてしまう結婚生活だからなのか、やはり夫婦はいろんな面で話しあってぶつかることもあるのでなのか知りませんが、
    私は一番の人と結婚することは絶対幸せだと思います
    世界で一番大好きな人の子供が産めて一緒に育てられ、一緒に人生を歩めるのです。他の人にその権利がいかなくてよかったと思います。
    私が主人を一番幸せにできると、主人といるから私が一番幸せになれてると思っています

    ユーザーID:1270675342

  • トピ主です、レスありがとうございます(再々々)1/1

    〇ツツジさん
    結婚して生活が変われば今できていることができなくなるかもしれないということ、なるほどと思いながら読みました。お互いに夫婦を続けていこうという気持ちを持ち続ける努力・家庭を維持していく努力を惜しまないことが大切である、というところがぐっと心に響きました。

    〇らんどせるさん
    「生活してみなきゃ分からんでしょ。」う〜ん、そういってしまえばそういうものですが・・・。そういう投げやりな姿勢って好きじゃないんです。せっかく大きい脳みそが備わっているのだから、面倒くさくても頭を使って考えるようにしていたら、いずれ何かの機会に役に立つと思うんです、どんなことでも。結婚生活にかぎらず、話しても分かり合えない時にどういう行動を取ったらいいのかが、人生の課題になりそうだと気付きました。

    ユーザーID:9674075424

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • ありがとうございます、トピ主です。ラストです。

    〇wwwさん
    レスのすべての文章から幸せが零れ落ちてきているようで、読んでいて涙が流れてきました。そもそも反対の立場からの経験談をお尋ねしたので、このようなレスを読むことができるとは予想などしていなかったのです。結局、最後の最後に一番大切なことに気づきました。それは、どうせ尋ねるのならうまくいかなかった原因よりうまくいっている原因を教えていただいた方が心に響くパワーが格段に大きい、ということです。近頃の私は頭で考えるばかりで、自分の心に寄り添うことを疎かにしていたんだとこのレスに認識させられました。私にとってこんなに大切な人との将来を、どうしてこんなに構えて考えてしまっていたのだろうと思うと、恥ずかしいし彼に申し訳ない気持ちでいっぱいです。


    背中を大きく前に押していただけたので、これにて終了としたいと思います。お付き合いいただいた皆さま、改めてどうもありがとうございました。

    ユーザーID:9674075424

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • 結婚前は運命の人

    結婚してしばらくしたら、お互い「相手を間違えた」に変わりました。

    理由
    《私側》
    「仲のいいご家族だな」と思っていたら、元夫は何から何まで母親に相談する「超マザコン」
    (結婚前は一切そういうところ見せなかった)

    《元夫側》
    「自分をしっかり持っている人だ」→「なかなか従順にならないな」
    (結婚したら自分の思い通りになると思った)

    他にも色々あって離婚。
    家族が絡むと、大きく変わることはありますね。

    ユーザーID:6323299559

  • はじめまして


     もう、お読みになっていらっしゃらないかもですが、御結婚されたでしょうか・・・・


     一緒に大泣きする・・のくだりを読んで、大人の男として、それはどうなのよ、と思いましたが


     みなさんが真摯に、思いやり溢れる大人の回答を投稿してらっしゃるので

     わたくしも一言だけ。

     学歴がトピ主様のほう、上だということですが、大卒と高卒のカップルですか?


     私は大学院卒ですが、学歴だけで、人間の能力のすべてははかれません。

     高卒の方でも、意欲や理解力、応用力など、敬服させられるかたはいらっしゃいます。

     人間を、学歴だけで、線引きすることはできません。

     あなたはもっと、肩の力を抜いて良いのでは? 男の役割を、要は取らないことです。

     彼氏を旦那として立てて、大事にすれば、学歴コンプレックスで浮気されたり・・なんて

     事態は回避できるでしょう。

     旦那を引っ張っていかなくちゃ! などと、夢にも思わないことです。

     立てて、肯定して、認める。寄り添う。甘える。   女の役割ができますか?

     

    ユーザーID:3337989624

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧