• ホーム
  • 男女
  • 遠距離恋愛中の彼女と結婚したいのですが…

遠距離恋愛中の彼女と結婚したいのですが…

レス107
(トピ主6
お気に入り211

恋愛・結婚・離婚

ライオン丸

レス

レス数107

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 回答のお礼

    たくさんのご意見をいただき有り難うございます。
    客観的に見て、私の側から示せる結婚に対するメリットが皆無であることがよくわかりました。

    ・寺院の継承を諦めるべきである。
    ・別れて地元で別の女性を探す。
    ・都会でも自分たちだけで子育てはできる。
    ・週末婚や、しばらくは関東での生活。

    など、様々に意見を頂きました。
    今後、彼女と相談して、一緒に考えていきたいです。

    同業の世界には、結婚ができない独身男性が多く、跡取のいない寺が増えています。
    昔は、他の寺院の女性に嫁いでもらってたのですが、
    最近は一般家庭に嫁いでしまうケースがほとんどです。
    今回のレスを見て、その理由がよくわかりました。

    確かに、「お金にならない寺」であれば、客観的に見て辞めてしまうのが一番です。
    私も、自分の意志として、継ぎたいわけでもありません。
    しかし、地元では未だに寺院は地域コミュニティの中心であり、
    地域の皆様にご協力・ご支援頂いて存続しています。

    私は、家族だけではなく、地域からも跡取として期待されている面があり、
    これが優先ならば、今の彼女を諦めるのが最適という結果になります。

    ユーザーID:1006803419

  • 補足の説明

    最後に、自分の保身のためなのですが、一部説明を追加させてください。

    ・同居について
      親との同居は不要です。
      母親は同居していたので、母親自身が「同じ思いをさせたくない」と考えているようです。
      隣地に家を建てる予定ですので、過度な干渉はないと思っています。

    ・私の仕事について
      私は、富山に帰って、サラリーマンと寺院の仕事を兼業することが大前提です。
      自分のWワークで十分収入は足ります。
      しかし、彼女も自分の意志で働くのであれば平日の寺院の仕事が問題になります。
      彼女の意志を尊重するのであれば、消去法的に、
      私が仕事を辞める(=寺院の仕事+主夫)等の対策が必要です。

    ・収入について
      彼女と私の年収の違いは、残業代です。基本給と賞与はほぼ同じなのですが、
      彼女の残業は月に60時間を超えることが多く、とても体に負担がかかっています。
      可能であれば、できるだけ残業がない環境にしてあげたいと思っています。
      対する私はほぼ毎日、9時-17時なので、結果、差が開いています。

    ユーザーID:1006803419

  • 回答のお礼

    たくさんの反応を頂きありがとうございます。

    それと同時に、おそらく誤解に基づく辛らつな書き込みが多く、
    心を痛めております。

    「私は主夫をしながら、寺院の仕事をしてもかまいません。」

    という一文をご覧になって反応を頂いておりますが、

    「今回の転勤は片道切符(地域からの撤退)なので、富山に帰る為には転職が必要です。
     確実なのは、同系列の子会社への転籍なのですが、人脈や会社環境が変わらない、2年以内が目安です。」

    と書いておりますとおり、私は富山で「平日はサラリーマンとして+土日の寺院の仕事」をすることが大前提です。
    実際に、私の父(住職)もサラリーマンをしながら寺を支えております。
    私は之に習うつもりです。

    現在は、父母が元気にしておりますが、将来的に、寺院の仕事をしなくてはいけなくなった場合に、
    平日の寺の仕事をしている母親の代わりを誰が務めるのか?ということです。

    もし、彼女が自分の価値観で仕事を続けるのであれば、私が仕事を辞めて、
    寺の仕事と家事をすべて引き受ける、ということです。

    ユーザーID:1006803419

  • 補足です

    彼女は寺に入りたくないと言っているのではありません。
    (もちろん、彼女自身、不安もあります。)

    今後、東京、及び、神奈川でそれぞれ勤務を続けるにあたり、

    ・私は、2年以内なら、確実に富山での転職が成功する確度が高い。
    ・彼女は、今の仕事をあと、5〜10年は続けたい。

    と言っている点がズレているのです。

    あと、10年経てば、私は30歳代後半です。この状態で、夫婦共に転職が成功するのかどうか。
    今後、転職市場が拡大する可能性もありますが、その点に対する指摘が無いのが意外で、
    いわば「二番煎じ」の同じような指摘が繰り返しされているのが残念です。

    なお、議論の本筋にはあまり影響はありませんが、念のために補足いたしますが、
    彼女の出身地は神奈川ではございません。

    ユーザーID:1006803419

  • 大学院というキャリアについて

    本筋から離れますが、こちらも念のため、指摘いたします。
    一部において、「大学院」がキャリアであることが指摘されています。

    ここで言う、大学院は、博士前期課程(修士)のことです。

    同じ大学でありながら、私が学卒で、彼女が院卒な理由は、
    文系出身か、理系出身かの違いです。

    理系の学生は、大学4年生の研究室配属期間中だけでまとまった結果を
    出すことが難しく、私の出身校では、8割方の大学生は大学院に進学します。

    しかし、多くの学生にとって、これはモラトリアム期間の延長でしかありません。
    実際に、彼女の卒業年は、就職が厳しい年度でした。
    そのため、大学院への進学で、2年間就職時期をずらす、という考えもありました。

    実際に、彼女は研究室でよく勉強され、立派な論文を仕上げられました。
    (2年後も、相変わらず就職氷河期ではありましたが…)

    このような背景を理解していただくことを求めるわけではありませんが、
    「大学院卒の彼女に寺は似合わない」「君には高卒の女性がお似合いだ」というレッテル張りは、
    あまりにも早計かと思います。

    ユーザーID:1006803419

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 回答します

    ともか様

    鋭いご指摘をありがとうございます。

    彼女のお義父様には、私が寺の跡取であること、
    私の家族や置かれている環境を話しており、その上で承諾頂いております。

    もちろん、最初から快諾頂いたわけではありませんが、
    長年お付き合いさせていただく中で、最終的には彼女自身の意向を
    尊重することにしたと、伺っております。

    ユーザーID:1006803419

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧