• ホーム
  • 働く
  • コミュニケーション英語の授業の回し方について悩んでます。

コミュニケーション英語の授業の回し方について悩んでます。

レス37
(トピ主1
お気に入り49

キャリア・職場

0teacher0

中堅私大の附属校にて非常勤で、2年生のコミュニケーション英語を担当しています。
最近どこの中堅校も、コミュニカティブ!と大騒ぎし、
文法も長文読解も、読解を通した語彙習得も軽視し、
せっせと取り組むことといえば音読です。
その割には、英会話の実力が伸びてますか?
会話も相変わらずサッパリ、読解力も語彙力も身につかず。
いいとこ、英文を朗読するときに詰まる頻度が減ったくらいです。
今の英語科教育って音読がゴールなんですか?
英会話の真似事を週何時間か教師1人生徒40人でやったところで
何が変わるというのでしょうか、理解できません。
それなら潔く海外留学したときに土台となるように
長文を読ませ、読解を通して語彙や語法を学ばせ、
文法の理解を深めさせておく方が、後々彼らのためになると思って、
私はコミュニカティブに重きを置かず、
音読はきれいな文型を持つ英文でのみ行い、
コミュニケーション英語というよりリーディングをしています。
しかし、いかんせん他の常勤さんたちが、音読ごっこばかりで、
定期考査までの1ヶ月、14〜16コマありながら、
教科書レッスンがたったの一つ(約400語)しか終わりません。
年間でも4レッスンです。
生徒たちも中高一貫で、既に4年間そんな先生方に指導を
受けてきてますから、遅い進度に慣れ、
テストには同じ本文が出るから舐めきっていて、
甘ったれてしまってます。
でも元は小学生としては学力が高くて
私学に入学できた子たちですから、
何とかしてやれるなら、という思いが私にはあるのです。
私の担当するクラスの子の3分の1は、もう私に慣れ、
今までのがおかしかったんだと気づき始めていて、
1回の授業で500語を読ませても頑張ってます。
ですが、3分の1は授業中寝ようとします。
残りの3分の1は「担当者変えてほしい」とか
アンケートに書いています。今後どうすべきでしょうか。

ユーザーID:9590620717

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数37

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 英語力の前に・・・

    在米で現地勤務、大学もこちらで卒業しました。
    大学の授業では、大量に文献を読まないといけなかったですし
    宿題で論文も大量に出るので、読解力はもちろん作文力も必要でした。
    発音は…授業で発言したり、教授に質問しに行ったり
    友達を作ったりするには、もちろんネイティブ英語に
    近ければ近いに越したことはありませんでした。

    社会人になっても、まあ同じですよね。
    英文契約書が読めて書けて、英語で電話しても通じる発音。
    どれもあったに越したことはないでしょう。

    でも…
    コミュニケーションの基本の基本って、
    相手に伝わりやすいように自分の意志を表現すること。
    相手の意思を理解しようと努めること。
    にあると思うのです。英語に限らず、日本語でも。

    トピ文を読んでいると、「私の考えが正しいのに、周りが理解してくれない!」
    という思いが伝わってくると同時に「400語」「500語」等、
    同業者でなければピンと来ない表現も多くて
    辛口ですが、トピ主さんはまず、「コミュニケーション」方法
    そのものについて、学ばれる必要があるのでは?と思います。

    ユーザーID:3412469842

  • トピ主さんが学校を移って正規雇用になる。

    同業者です。やりたいことはわかりますが、非常勤では無理。生徒も3分の1しか理解してくれないなら無理。

    正規雇用でカリキュラムの編成にかかわるか、学校を移るしかないでしょう。もっと上位校に行けば多読させている学校はたくさんあります。

    ユーザーID:4791284272

  • あなたプロですか?

    非常勤講師というのは授業のプロです。
    校務の分掌も担任もクラブ活動も一切やらず
    授業だけに専念できます。
    どんな学校へ着任してもその日からその学校が求めるレベルで
    求められる内容の授業をすぐに実施することが非常勤の仕事です。
    私はそう思っています。

    トピ文を読むとトピ主さんの信条は違うようですね?
    今後どうすべきか小町はプロが尋ねるべき場所ではないですよ。

    ユーザーID:9975251958

  • 仕方ないですよ

    現指導要領は、経済界の推しだけで作られたようなものですから
    指揮者の意見は殆ど反映されていません。
    「国際化」と言うなら、
    英語以外に中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語等も
    教えていいと思うのですが(学者さんでそうおっしゃっている方もいます)
    いつの間にか『外国語=英語』になってしまっていますしね。

    国際経済で立ち遅れているのは
    英会話ができないから、つまり学校教育のせい
    という安易な意見に乗っかった結果です。

    バリバリの文法訳読で育った方々が、
    日本を海外に売り込んで一時代を築いた
    ということは忘れておられる。

    日中韓等アジア諸国で、保護者が
    学校外の英語教育に一番お金をかけていないのは日本なんですけどね。

    多くの新学校では、貴女が書かれたことに気づいているので、
    元の方式に戻っていますよ。
    コミユニカティブ・ティーチングは長年かけて成果を待たなくてはいけないので
    「7月の模試の結果が」「入試実績が」と
    短期結果を求める社会には向かないと思います。

    ユーザーID:1805527978

  • 聞くの次に、発音、その次、読み書き

    ”中高一貫で、既に4年間…”、つまり、高2?
    ”海外留学のときに土台となるように長文を読ませ…”、全員海外行く予定があるんですか?

    基本、読み書きはおいて、
    聞いてしゃべれてから私は教わりました。
    まずは教科書を閉じ。
    先生の言うことをよーく聞いてごらん?
    なんて言っている?
    今度は話してごらん?
    相手に聞こえたかな?
    あなたは何歳ですか?
    エイティーン
    80?18?
    その発音じゃ80に聞こえるよ
    からやりました。
    そうみてみると
    音読の前に
    リスニングですね。
    長文も大切、私はジェーンエアとか教科書以外サブ読書がありましたね。
    私立です。読んでました。でもこの本の主題は中高では意味不明かと。
    寝てしまいます。先生変えて!となりかねないかなぁ。
    別の英会話学校では、あなたのレベルはこのレベル、
    レベルがついたペーパーバックとか複数あって、
    スポーツ、歴史、自然、好きに選んで、読んでみればと…
    そういう自主的な選択もあればよかったかも。

    ユーザーID:4263838450

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 英語音読=コミュニケーション英語?

    音読って、授業中にひたすらテキストを読ませているんでしょうか?退屈そうな授業ですね。

    コミュニカティブとか英語でコミュニケーションとかって、ロールプレイとか寸劇とかで身につけるもんだと思っていましたが。少なくとも生徒は授業中に寝なくなりますよ。

    >長文を読ませ、読解を通して語彙や語法を学ばせ、文法の理解を深めさせておく

    私は現在翻訳スタッフとして働いているのでトピ主さんの考えも理解できますが、学校の方針としてコミュニケーション英語を推進しているのであればその方針に従うしかないのでは?

    私が高校生のころ、英語の授業は「リーダー」と「グラマー」と2種類に分けられていましたが今はどうなのかな?本当は、トピ主さんのやり方の授業とコミュニケーション英語の2つの種類の英語の授業をするのが理想的なんでしょうね。

    トピ主さんへの回答になっていませんが、他の人からいい案が出てくるといいですね。

    ユーザーID:4927754437

  • お悩みは

    >残りの3分の1は「担当者変えてほしい」とか

    生徒がトピ主さん以外の講師を希望しているという事でお悩みなのでしょうか?

    私の頃は音読よりも作文や読解力が優先されていたので、トピ主さんのお気持ちも分かります。ただし、学校側が期待しているのは文字通り
    >コミュニケーション英語
    なんでしょう。それだとやはり会話力でしょうね。雇用している側が求めているのは、英会話力をつけて欲しいと言うことなんですよ。
    非常勤という立場上、これはどうにもできないことだと思います。頑張ってください。

    ユーザーID:9167915282

  • 音読はコミュニケーション活動ではない

    って、高校の先生にいくら言ってもなかなか分かってもらえないんですよね。
    でも、音読に効果がないからコミュニカティブがダメ、だから精読・多読、っていうのはそれもまた違います。

    トピ主さんは是非、真のコミュニケーション活動を取り入れて会話力をつけてあげてください。

    ユーザーID:9668226388

  • 同業者ですが

    トピ主さんの主張されることもよく理解できます。が…

    進学先はどうですか?
    学校の方針やレベルがあるので、トピ主さんが勇み足でも組織として浮いてしまうのでは社会人としてよくありません。

    いくら理想が高くても、一人では何もできませんよ。

    教師って、好きなように授業ができるのが良くもあり悪くもあります。
    自分が良いと思っていることが万人に受け入れられるかと言えばそうではないのです。

    私の勤務先は難関国公立大突破を目指しています。
    その為の指導をしているわけですが、トピ主さんの学校はどうなのでしょうか?

    ユーザーID:8244140662

  • だって「コミュニケーション」でしょ?

    所謂「文法中心」の授業は他の教師が担当していていて、主様は「コミュニケーション英語」を担当されている、ということですよね? それはいきなり正しい綺麗な英語でビジネス交渉するとか、日本文学や経済を英語で説明するというレベルではなく、「英語を会話の手段をして使う事に慣れさせていく」ための授業ではないのですか? 

    私は高校2年の時に、英話のキャンプに参加して初めて生の英語に触れる機会がありました。 もう30年ほど前、インターネットも無く英語教材もこれほど溢れていなかった時代です。 英語を使い誰かとコミュニケーションする、それは、教科書の英語とは全く違う物でした。 英語の成績だけは自慢の私でしたが、実際に使うとなると、ゆっくり話してもらってやっと相手の言葉が理解できる。 たどたどしい発音でも相手に通じて、答えが返って来て、通じた、嬉しい! コミュニケーションできるって楽しい、もっと話せるようになりたい、もっと学びたい、それを学校は教えたいのでは? 

    生徒もそれに期待して授業を受けてみたものの、これまでと同じようなリーディングに重点を置いた勉強ばっかり… これでは私も寝てしまうかも。

    ユーザーID:0068394962

  • 若くて真面目な先生なのかな?

    英語教育に対して高い理想をお持ちのようですね。
    それは別に悪いことではないと思います。

    ただ、他の方も言っているように、所属する組織と自分の意見が合わないのであれば、
    それに合わせるか、もしくはその職場を離れるか、はたまたそれと戦うのか。
    どれが自分にとって実行できそうですか?

    でも、学校教育の中で「コミュニケーション英語」という教科であるなら、
    そこで生徒が達成しなくてはならない目標というのがあるはずだと思うのですが、
    それも各先生にお任せということなのでしょうか?
    だとしたら、ちょっとヒドい学校ですね。

    目標が決まっているなら、それに届くための授業内容であれば、
    どういうやり方をしようと各教師の自由かと思いますが。

    ユーザーID:3169045214

  • 語学の効果的な勉強方法は人による

    私は元々英語は不得意で、30歳のころから勉強を始め現在、準1級、TOEIC800点です。英検1級の勉強をしています。
    今までですが、中学・高校時代の読み書き英語はあまり役に立ちませんで、効果的だったのはもっぱらリスニングと音読でした。
    もちろん文法の勉強もしましたが量は少なかったです。むしろこれから力を入れようかと思っています。
    これって、どういうことかと言いますと効果的な英語学習方法というのは人・レベルによって違うのです。読解から入って伸びる人もいれば、会話から入って伸びる人もいます。
    どちらが良いかは生徒によって異なり、正解は1つではないです。

    >英会話の真似事を週何時間か教師1人生徒40人でやったところで
    >何が変わるというのでしょうか、理解できません。

    どうせ寝ているだけなら少しでも声に出して英語の発音を一つでもマスターすればその後の勉強に生かせるかと思いますが、違いますか?

    ステレオタイプ的な教育論ではなくきちんと個々の生徒と向き合った教育ができるようになっていただきたいです。あと、その学校の方針に従うことも忘れずにね。

    ユーザーID:3863365752

  • 大変ですね

    そもそもの疑問なのですが、学校内での指導方針とか決まってないのですか?
    一教師が勝手に指導方針を決めるものなのでしょうか?

    私なら、学校指定の教材を淡々と進めます。
    で、授業をうまくコントロールできる力が着いてきたら、少しずつ自分なりのやり方を盛り込みます。
    基本的には、教科書をしっかり教えれば、力はつくと思いますよ

    ユーザーID:4101053988

  • たくさんのご回答ありがとうございます

    非常勤の私には無理だという意見、おっしゃっていることはよくわかります。
    学校の方針ですが、シラバスを見ればLessonを地味にこなす内容になっていますし、
    方針たる方針もないように感じます。
    唯一あると言えば、TOEFLのスコアを上げることのみです。
    専任や常勤がテキストの音読で50分を潰したりするのは、
    管理職の目とかアンケートの結果ばかり気にしているからだと思います。
    バカみたいに合唱しておけば、見た目上全員起きてやってますからね。
    一部の生徒は口パクでしょう。

    コミュニケーション活動を取り入れることを考えないわけではないです。
    しかし、コミュニカティブをほんとに極めるのは無理だと思います。
    インフォメーションギャップやプロジェクトワークなど、知ってはいますよ。
    されど、それは家庭の食事で言えば、たまのステーキみたいなもので、
    毎回準備できるものではないです。
    常勤でも週18コマ時代です。非常勤なら20です。
    そんな中でコミュニカティブをちょっと入れてやる方法や、
    今の授業に10分ほどだけ違う時間を加える方法があれば知りたいところです。

    ユーザーID:9590620717

  • その葛藤、分かります1

    高校によって呼び名が異なるかもしれませんが
    英語の授業が「コミュニケーション英語」と「英語表現」
    の2種類に分かれていて
    トピ主さんは「コミュニケーション英語」を担当しておられるんですよね。

    「コミュニケーション英語」は昔の「リーダー」ですよね。

    「コミュニケーション英語」用の教科書って
    中学校の英語の教科書と同じような構成で
    Lessonごとに英文があって、ターゲットとなる文法もある。
    章末のExcerciseは要約や文法に沿ったカッコ抜きや並べ替え。
    Lessonの合間に英語らしい表現や
    会話で使えそうな表現が紹介されていたり
    発音(リエゾンとか音の脱落とか)
    の練習ができるようになっていたりはしますが
    そこに力を入れて教える先生は少ないように思います。

    私立だとそのような教科書は形だけ持たせておいて
    独自に選んだ副教材を中心に授業を進めるところもありますが
    それでも「コミュニケーション英語」だからと言って
    会話力のつくような授業が行われているわけではなく
    たいていが入試に向けて実践問題をさせて
    解説をしているのではないでしょうか。

    続きます

    ユーザーID:1229263784

  • その葛藤、分かります2

    私はトピ主さんの葛藤がよく分かります。
    話せるようにしてあげたいけれど
    模試や入試のために知識や読解力を身につけさせないといけない。
    でも他の先生方のやり方ではどちらも身につかない。
    それならせめて英文を読んで理解できるような力だけでも
    つけてあげたい。
    でもそれを分かってついてきてくれるのは
    受け持ちの生徒の3分の1しかいない、ってことでしょう。

    ここからは私の持論ですが、、、

    今現在社会で要求されている英語力と
    学校で教えている英語の内容がマッチしていないですよね。
    定期テストも模試も入試も、大幅に形を変えてしまえばいいのに
    と思います。
    カッコ抜き問題や選択問題。
    採点する側の手間が省けるような試験で、
    生徒がそれのために勉強しているようでは
    本当の英語力なんて身につくわけがないと思います。
    添削が大変でもペーパーテストでは英語で意見を書かせたり
    まとまった英文を読ませてそれを英語で要約させたり
    とにかく書かせる方向に持っていき
    リスニングとスピーキングは授業内でチェックする。
    高校3年間の定期テストだけでもそんな風に変えられれば
    随分違うだろうにと思います。

    続きます

    ユーザーID:1229263784

  • その葛藤、分かります3

    トピ主さんは非常勤とのことですから
    定期テストさえ変えることはできないかもしれませんが
    基礎力をつけるための工夫をぜひ続けてほしいと思います。

    いつかトピ主さんの受け持ちの生徒さんのうちの何人かが
    海外留学を経験したり、大学で英語での授業を受けたりする時に
    語彙、語法、文法、読解の基礎力の大切さを実感する時が来ると思います。
    これらの理解や習得をすっ飛ばして会話力を身につけられる環境は
    なかなか手に入りませんし
    手に入ったとしてもその時の基礎力が乏しくゼロからだとしたら
    身につけるのに何年もかかるでしょう。

    授業中に寝ようとしたり、不満に思う生徒がいても
    めげずに頑張ってほしいと思います。

    応援しています。

    ユーザーID:1229263784

  • とりあえず

     とりあえず、一斉授業の形式で会話力なんて付きませんよね。
     というか、時間数が1日45分ぐらいでは、会話力なんていうレベルに到達するには少なすぎます。1日5時間ぐらい英語の授業にくれるなら、それなりにやれるでしょうが(笑。
     でも、学校みたいな、生徒の意欲にものすごくばらつきがある集団では、1日5時間でもしんどいでしょうねぇ。

     語学の上達=かけた時間で、なおかつ本人にやる気があってこそ、この図式も成り立ちますし。
     
     そもそも日本語でまともな会話力、コミュニケーション能力のない人間は、英語でも一緒です。

     音読にしても、シャドーイングとかしたらいいんじゃないですか。後は、定型文を完璧に暗記させる。これぐらいでしょう。

     語学=暗記力と語彙力って、分かってない人が多すぎなんですよ。英語の学習指導要領作ってる人間って語学習得を自分でやったことあるのかな?

    ユーザーID:9700445038

  • どういうこと?

    大学ならともかく中高なら指導要領やその学校の方針に沿った授業をするしかないと思うのですが?非常勤講師が勝手に内容を決めてよいのですか?

    疑問があるならここではなくて学内の英語主任に相談するなり、教科会議に出席権限があるならそこで話し合うべき内容です。いずれにせよ、年の途中で授業方針は変わらないでしょうが、来年度のために問題提起するのは構わないでしょう。

    「英会話のモデル会話文の音読をする」という内容で雇われているなら、あなたが今やっていることは重大な契約違反だと思います。個人でやっている英語塾ではないし、『常勤の先生のやり方が間違っている』という考えを生徒達が持つように誘導するのは生徒の為にもならないと思うけど。

    あなたが受け持っているのが中一で6年間を見越した英語教育を組み立てているなら、常勤の先生のやり方が必ずしもマズイことだとは思いませんが。

    ユーザーID:8641334342

  • 単なる感想ですが

    読む=コミュニケーションなんだぁ。
    だったら英語圏の3歳児でもできるね!
    などと思った私は意地悪ですね。

    そもそも音読って一方通行だから「コミュニケーション」してないと思います。
    音読やっても言いたいことがないとか、言いたいことを表現できないんなら意味ないですよね。
    でも一クラス何十人もいたらコミュニケーションの指導なんて難しいですよねぇ。
    音読自体は無駄じゃないし、やるべきだとは思いますが、「コミュニケーション」じゃないし・・・
    いっそのこと、SNSとかを使った「書くコミュニケーション」なんてどうでしょうね。
    語彙も増えるし、先生も添削できるし、友達との会話方式だからもっと気軽だし。
    音読で語彙、文法、発音をインプット、SNSでアウトプット。
    だめですかねぇ?

    ユーザーID:9512459639

  • コミュニケーション=会話ではないから

    もと同業者です。
    現役の時は、生徒と学校のニーズにあわせた授業を心がけていました。
    受験校なら、国公立二次試験や私大の個別試験に合わせて
    それなりなら、就職や推薦に合わせて。

    教科書自体、会話主体になっていないし
    T&Fかdisplay question程度しかできないでしょうから
    会話体としてはこれを毎時間地道にするしかないかな。
    教科書を見たこともなければ、中学・高校で3年以上教えたこともない
    という人のアドバイスを求めても有益な答えが返ってこない
    というのはよくお分かりになったと思います。
    それよりは、先生方の勉強会を探したり、
    英語教育雑誌を読んだ方がまだアイディアが湧くのでは?

    音読はコミュニケーションではないけれど、
    全うに単語一つ読めない生徒のレベルでしたら
    oral communicationの下地になりますよね。

    教科書を使って授業しなくてはいけないので、
    マニュアル等を参考に、導入を工夫するとか。
    自由会話なんて不可能なレベルだと推察しますので、
    set phraseの練習を毎日取り入れて、
    少しずつ地道に生徒の語彙を増やすしかないと思います。

    ユーザーID:1805527978

  • コミュニケーション=会話ではないから 2

    続きです

    コミュニケーション英語 という名はついていますが、
    実質リーディングの教科書ですが、
    副教材にオーラル仕様のドリルや課題がついていませんか?
    それを利用するのも手だと思います。

    メールやチャットでのコミュニケーションは実際問題として管理が大変なので、
    「こんなこともできる」という紹介をするくらいかな。
    昔、ALT経由で学校に勤める友人に協力をしていただき、
    手作りのカードを送ったことがあります。
    返事をもらって以来その相手と交流を続けている、という生徒もいます。

    教科書の方に話を戻しますと、
    生徒レベルでの英語では毎時間オーラルばかりしても飽きると思います。
    生徒の反応を見つつ、オーラル活動と読解のバランスを取るしかないですね。
    あとは、文法事項に合わせて流行りの歌や映画のフレーズを憶えさせるとか。

    アナと雪の女王辺りの歌は基本的な文法ポイントが入ったものもあります。
    比較的聞き取りやすい発音をする生徒に人気のある上に
    歌詞に問題のない歌手を探すのは大変だと思います

    正教諭を目指されるのでしょうか。
    でしたら、今は実力をつける時です。
    しっかり勉強なさってください。

    ユーザーID:1805527978

  • トピ主様は、よく考えて頑張っておられるのですね

    英語教育の実情・目指すべき方向に意見を言う力を、私は持ちません。
    でも、トピ主T様の危機感には根拠があるみたい(すあい様のレス)。

    T様の同僚の方の授業で生徒が得る英語力:
    ・英語圏の旅行&買い物に十分
    ・昔の欧米諸国の植民地で、白人家庭の使用人が務まる
    ・「文書作成&それを基に協議」が基本の欧米の組織で、簡単マニュアル
     で働く下層の仕事

    応援のレスを書きたいと思い、「内田樹の研究室」を発見。トップに
    『「英語教育論」についての再論』という論考があります。初論がどこに
    あるのか?過去に学ばず/よく考えず英語に飛び付く危険は深刻かも?

    授業に適当に付合えばそこそこの英語力を得るという妄想から生徒達
    が自由になり、自分に必要な英語という見方を少し取り入れたらOK、
    とか思えたらT様も少し楽な気分になれるかしら?

    考える力、事象をprofileして提示する力、内省する力、
    これらと「言葉を知る」事の結びつきを、英語授業が邪魔しない様に
    出来たらOKかな。

    鈴木孝夫「言葉のちから」(文春文庫)、ご参考になるかも?

    ユーザーID:8983728291

  • 学ぶ立場から

    読むだけの授業って、、、つまらんですね。

    外国の語学学校、英語圏の大学にも行き、現在、多種多様な移民が住む国に住んでおります。日本の文法中心の受験の為の英語教育は私には役立ちました。留学当初は、聞く、話すは苦手でしたが、大量の文献を読んだり、論文を書くのはそれ程、苦ではなかったので。

    語学の基本をしっかり学んでいれば、話す、聞くは、英語だと3ヶ月もあれば、慣れるので、文法何も知らない人より伸びは早いと思います。

    なぜ、読むだけなのでしょう?発音なんて、国、地域によってかなり差がありますし、通じれば日本語発音でも良いと思いますが。

    外国の語学学校等では、ほぼずーっと会話、討論なのに、気が付けば「あぁー、今日は、過去形やったんだ。」と言う授業が興味深かったです。文法もコミュニケーションも兼ね備えた授業、そーいうのは難しいんですかね。

    ユーザーID:3858989605

  • お題を出したらどう?

    じゃあ、毎回10分間だけ、コミュニケーションの手段を教えることにしてはどうですか?その他の時間は与えられた教材で流すことにすればいいでしょう。
    「○○君の隣の家に外国人の家族が引っ越してきました。
     彼等はスペイン語が母国語で、英語も少しだけ分かる様です。この家族のママにゴミは分別して集積所に持って行くように教えてあげましょう。さて、どんな風に伝えますか」という授業にしては?
    まず、コミュニケーションは会話ではないとしましょう。
    生徒がどうやってコミュニケーションをとって自治会の仕組みを教えるか、観察しましょう。カタコトの英語を使って考えるのでは。
    もしスペイン語を持って来たら、それはそれで褒めてやれば良いし。相手に伝える事、相互に意思疎通可能な事がコニュニケーション。
    これで少しはトピ主さんのもやもや解消になりませんか。しかし、役者になりきって、ちょっとでも生徒ができたら褒めないとダメですよ。

    ユーザーID:3689646128

  • 音読って良いと思うよ

    同業者です。公立定時制ですが、同じ科目名の授業を担当してます。

    私は英語でも日本語でもコミュニケーションできれば「まあいいや」と思っております。
    日本語を話していても、何が言いたいのか分からない人は多々いますから。グループワークや授業中立ち歩いて互いにテキストで学んだ文法を使ってインタビュー作業などしてます。最初、この荒れた定時制でそんなことできるのかと半信半疑でしたが、彼らは若いので、まあ何となく私のやり方に慣れてくれてやってます。

    また、別の授業は新聞記事や雑誌記事なども何となく内容把握的に読んでいます。単語リストを作っておいてキーワードを拾って内容理解するやり方です。昼間仕事しているので疲れ果てて寝ている生徒もいますが、頑張っている生徒もいます。

    全然別ですが、私は通訳として主に生計をたてていますが、自分の勉強のために音読は必須です。意味が分からなくても一人で音読しています。専門言語、英語、各一つずつ毎日記事を音読することが課題です。授業はともかく、通訳できるのは、音読を毎日し続けてきたからだと思います。

    このトピを読んで、また音読頑張ろうと思いました。

    ユーザーID:1489336238

  • シラバスには書けない実態はどうなの?

    環境が付属の場合には一般的な進学校の中堅とも異なるでしょう。
    トピ主レスからみると、ほぼ全員が内部進学希望の大学の印象。

    自分もそこそこの付属でしたが、
    嫌味のように担任から言われたのは「付属生の英語力が低い」でした。(事実ですが)

    シラバスという公表できる部分とは別で「大学に迷惑をかけない」ことが最優先。
    そうすると、トピ主さんの言う「中堅私大の付属」がどのレベルを指すかで違う。

    MARCHの最下位レベルは、正直なところ小学生時代のレベルなんて中位程度。
    中受の勉強をしていたから合格した程度です。それ以下は推して知るべし。

    コミュニケーションとか海外留学なんて考える以前に大きな課題が潜在していないか?
    一般入試の子のレベルと比較したときの付属生がどうなのかも大切だと思う。
    TOEFLのスコアというのも建前で、それが大学の要求レベルってだけでは?

    逆に、既に内部進学の大学での学生の英語力が危機的になっていて
    付属生レベルでも仕方がないレベルなのか…
    それなら、付属の環境を用いて英語授業に付加価値をつけるのも納得いくけど。

    そのあたりはどうなんでしょうね。

    ユーザーID:3384954069

  • おもしろい

    大学で非常勤をしています。
    CLT、確かに流行っていますよね。他の方のコメントを読むと昔のリーダーの代わりだとありました。ちなみにもう高校ではリーダーの授業はないのでしょうか。それならトピ主さんがおっしゃるように読む量が圧倒的に足りないですね。付属なので大学受験は想定していないのでしょうか。

    コミュニカティブが流行って以来、やらないとということが先走って、多くの先生が会話だけをやればいいんだと勘違いしていると思います。それには準備段階があって、例えば授業で会話をするために事前に多くの英語文献などを読ませて調査させたり、活動を終えた後重要な文法に焦点を当てる必要があります。つまり授業前に、リーディングは生徒が家で行ったものとするか、会話活動の前に準備のための授業時間を取る必要があります。毎回会話だけだと何も身につかないです。これは教員側も準備が大変だと思います。最初は苦労されると思いますが一度ベースを作れば毎年同じことを繰り返すことになるので楽になると思います。

    あと寝てしまうとというのはリーディング授業の宿命ですから、間に別の作業をいれて、寝ないように工夫する必要があります。

    ユーザーID:4892796283

  • 暗記の宿題

    2回目です。暗記!…祇園精舎の鐘の音、で、すぐ
    盛者必衰の理…なんて頭に浮かぶの、あの頃の先生の宿題のおかげ。
    宿題が暗記は多かったですよ。ランダムにあてられ発表が数分。
    あとクラスは成績別でそのクラスに無理ない内容で教えられるから
    それもあって寝てる人いなかったかも。
    あと語学は会話形式暗記で発表は2人でそれぞれの役も。
    日本語は、”同意”「はい」で、これがね、英語等はちがうんだって
    ”Do you mind my opening the window?”
    と聞かれどうぞのつもりで、つい、”yes”がのどまできて
    ”not at all”といい、ああ私って日本人といまだに思いますよ〜練習、練習。
    あと発音はステータスという学校でしたよ。伝達するのは意味だけでなく
    社会的な地位を語ると。常勤の先生が何を気にしてるかチェック要では?
    映画は教材としては難易度が急に高くなるので???発音も癖あるし。役ガラつくので…。れりごーもそんな延ばさなくない?あと映画も。「席どうぞ」と字幕見てBe my guestを耳で聞き?意訳や状況で字幕も変わるし短い実用会話の暗記が先かと

    ユーザーID:4263838450

  • 小学校お受験パスしたら学力高い?

    3回目です!
    あと小学校のお受験って私はちょっとよくわかりませんが。偶然、英才教育の小学校お受験用の予備校で働いてる人とお話ししたとき、本人は東大経済学部卒ですが、そういうお受験しようとも思わなかったらしいし田舎で普通に公立の小中高で親は理髪店かなんかで、元気に育ちただ興味が経済にわいて東京に来て入学したそう。
    かたや小学校お受験する子って地元の開業医の子で奥さん暇でお受験ママしてとか国立落ちても数千万の私立医学部に行きたいなら進める子たち?帰国子女で日本語ができない子も小学校私立受け入れてますし。たしかに留学する子も多い。かたや本当に英語力がある人は翻訳や同時通訳やる優秀な人で安価な専門学校卒で海外行ったことない人も多いのでは。小学校で選別されたから全員基本”学力が高い”というのは?
    そういう私立小エスカレータでくるは公立の子との差別化を求めていて、”ステータスを語る英語”なのでは?聞いた話では海外赴任で高級住宅街だと子供を学校に行かせるにも親の発音が悪いと入学させてもらえないとか。そういう意味の英語力では?

    ユーザーID:4263838450

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧