採血が失敗されなくなりました(駄)

レス15
(トピ主1
お気に入り78

生活・身近な話題

きいろ

以前は、会社の健康診断や医療機関での採血ではよく失敗されてました。(1回で済むことはまずなかった)
片腕出して担当者が「そっちの腕も見せて・・・」とか言って、そうしても「どっちも同じだなぁ・・・」などとブツブツ言う人に限って必ず失敗されてました。
血管が細いみたいで、ヒドイ時は両腕失敗されてそれでもダメで、終いには温めたり叩いたり・・・血管に刺さっても出なくてしぼられたり・・・。
ま、たまには腕の良い人がいて1回で済むこともありましたが・・・。
母も細いみたいで遺伝なのかな?

あれから○年・・・気付いたら今はどこでやっても失敗されないんですよ。
採血時には「どっちにします?」・・・って感じで両腕出して選んでもらいます。(大体利き腕になります)
特に体質や体型に変化はありません。
母も失敗されなくなったそうです。
注射針が改良された?
失敗されなくなったのはいいのですが、何でだろう・・・?

ユーザーID:2861820145

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 羨ましい…

    失敗されなくなったのは、血を注射器で抜かなくなったからでは?
    昔は、注射器でグィーッと血を抜くとこが多かったですが、近年は、一度針を刺したらスピッツを交換するだけで何本も血が採れますよね。
    そのおかげではないでしょうか?
    私は、腕を縛らなくても太い血管が浮いていて採りやすそうなのですが、失敗されます(泣)
    歳を重ねる毎に、失敗率が高くなり…採血された後は内出血は避けられない状態です。

    ユーザーID:7355835398

  • 羽型針?

    最近の採血は
    羽型針というのをよく使います。

    あれって、なんだか採血しやすいみたいで、スムーズにできるように思います

    ユーザーID:1026930066

  • 痩せた

    >失敗されなくなったのはいいのですが、何でだろう・・・?

    痩せて、血管が良く見えるようになったのでしょう。

    太っていると、何度も何度も刺して、当たるまで痛い目を見ます。

    痩せすぎると、ついつい血管を突き抜けて向こう側まで針が出るので、戻しながら血管を探ります。そうなると内出血がアオタンになります(私はよく抜かれるので、必ず採血前に、突きぬかないでねと念を押します)。

    ユーザーID:0442716294

  • 私も

    子供の頃から採血には泣かされていました。両腕10箇所も刺されたことも。特に寒い日や体調の悪い日は大変でした。それが、3年前にとても有能な看護師さんが人間ドッグの採血の際にアドバイスをくれて以来ほぼ失敗されなくなりました。そのアドバイスとは「あなたの場合、利き手の右手の方が断然やりやすいので、右手を出すようにしましょう。そして、冬だったら採血がありそうな時はホッカイロ持参、暖かい靴下、下着、服で来る事。採血の直前に腕をぶんぶん振り回すこと。」これで本当に失敗されなくなりましたよ。あの時の看護師さん、ありがとうございました!小さい事ですが、本当に苦痛を減らしてくれました。

    ユーザーID:7891505550

  • 針が細いから?

    私もやりにくい典型的の例だそうで
    昔はよく失敗されました

    そういえば、最近は失敗ないですね

    予防注射した時に、ぜんぜん痛くありませんでした
    先生、注射うまいって言っていたら
    謙遜もあるかもしれませんが「最近の注射は針が細いから」
    って言っていましたよ

    ユーザーID:3312812833

  • 今年も失敗されました

    私も血管が細いらしくて採血は両腕トライした後結局手首近くから取ることが多いです。小さな病院でベテラン看護師さんが一発で決めてくれることもたまにあるのですが健康診断専門のようなところだとなかなかうまくいきません。

    去年も今年も数回トライ後にやっと出来ましたよ。どこへ行っても一回で済むようになったトピ主さんが羨ましいです。

    ユーザーID:0139503868

  • 私も知りたい

    もし きいろさんの言うように 注射がすっとできたらうれしいです。

    極細の針ができているのは 知ってますが、実用化されたかな?


    私ごとですが お産の時に 注射をしなくてはいけませんでした。

    明け方勤務は どうやら新人さん。

    右手、左手、右手・・6回 やってダメで・・。そうこうしているうちに ベテランさんが

    来てくれて 1発でOKでした。計7回です。無事お産に間に合いました。

    わたしも きいろさんと同じで 看護師さん泣かせです。

    ユーザーID:8791043451

  • 関係ない話

    私が脱水で入院した時、脱水だから?血管が細くなってて、新人ナースがどうやっても採血できなかったことがあります。
    結局、当直のドクターを呼んで来たら、ドクターは一発で採血できました。
    あまりの手際の良さに、さすがカッコイイなーって感動しました。

    注射針って昔に比べて細くなっているらしいですよね。
    痛くない注射針って宣伝してますよ。

    ユーザーID:6638496296

  • 私も〜。

    あ、同じような方がいてなんだか嬉しい〜。
    私も一度でうまく行くことなどほとんどありません。
    最高で8カ所刺され、3人がかりで腕を絞られ。。なんてことも。学生時代は、腕をブンブン振りながら校内一周してからまた来てって言われるのが
    普通でした。
    手の甲や手首から取られると痛いんですよね。。
    針を刺しても血管に刺さらないようで、刺したままあちこちの方向にぐいっぐいっと針を押し込むパターンも多く、
    下手な人はかなり痛かったです。
    一番ひどかったのは、神経を傷つけられしばらく手が痺れてました。
    こういう人は救急で運ばれてくると困るよね〜なんてよく言われましたね。

    でも、私の場合は未だに、見つかりにくいようです。
    ただ、今までで腕のどこからが一番取りやすかったのかがわかってからは、
    何度か腕を見て、見つけられないような人には、
    ここから取れますよって言うので、そういう意味で失敗はあまり無くなった感じです。

    すみません、なんだか嬉しくてつい書きこんでしまいました。。

    ユーザーID:8277814020

  • 健康診断の採血

    私も採血しにくい腕のようで、健康診断の時には苦労してました。
    大学生の時は、4回刺されて探られても採血できず、過呼吸状態になり中止したくらいです。

    で、年齢のせいか定期的に病院通いしてますが、私の通院している病院では、毎回一回で採血してくれてます。割と大病院なんですが、理由としては年配者も結構多くて、私以上に採血しにくい方もいらっしゃるため、採血係の技師さんが全員大ベテラン。勤続20年越えなんてザラ。

    で、先月健康診断に行ってきましたら、案の定採血でてこずりました。
    健康診断で採血している看護師さんは基本健康な人の採血が主体だからじゃないですかねぇ。

    ユーザーID:8267092922

  • う〜ん

    >注射針が改良された?

    そっちではなく、トピ主さんの腕が血管が出やすくなったのだと思いますよ

    私も11年前に入院した時は、「血管が細い!血管が逃げる!」と言われてました。
    酷い時は5カ所に採血の針を刺されたが出ずに、
    まだ朝の5時半なのに、起こされて歩いてナースステーションへ行かされて、大ベテランさんに採血をしてもらいました。大ベテランさんは一発でわかるらしい
    大ベテランさんが「細いけどすぐ見つかるじゃない まったくどこを見ていたのかしらね」と言っておりました。その日は朝から痛々しい絆創膏だらけで皆に驚かれましたけどね。

    腎臓の人工透析でやる運動らしいが、血管を出やすくするための運動があるそうです
    手を下にぶらんとして、親指を中に入れながらのグーパーグーパーをします グーの時は手に力を入れて握ると良いそうですよ。採血の時言われません?
    これをするようになったら、今では一発で見つけられるそうです。
    あと腕か手の力を使うお仕事をしていると出やすいみたいですよ 私も手を使う仕事だから改善したのかも
    赤ちゃんを抱っこや腕の運動になるような事していますか?

    ユーザーID:7823342612

  • 一つの可能性

     一つの可能性ですが、「医療ミス」と訴えられるので、新人よりはベテランが行うようになったため、ではないですか。(どの世界でも新人にとっては息苦しい世界になりましたね)
     他には、針、注射器は痛くないように、安全にの進化はありますが、関係は無いと思います。

    ユーザーID:8716613140

  • 健康診断にて

    血管が出ないので何度も刺されることはそれ程ないのですが
    細いとか逃げるとか言われます。

    健康診断で針を細いタイプに代えていました

    ユーザーID:2046600520

  • 私は病院によって違うと実感しています

    私も子供の頃から入院・通院が多くて、血管が細いと看護師さんからよく言われていたので、よく失敗されていました。
    最近でも変わりなく、失敗する時は失敗します。
    だから、きいろさんのように「失敗されなくなった」とは感じません。

    病院にもよりますね。
    私が通院している大きな病院は、やはりたくさんの患者を相手にしているせいか、失敗された事はほとんどありません。これはさすが大病院だな、と思っています。
    特徴的なのは、「失敗しない人」は絶対に採血前に「血管が細いですねー」とか言わない事ですね。とにかく採血までの時間が早い!

    その一方で、家の近くの病院(中規模)は、よく失敗されます。
    失敗する人の特徴はやはり「血管が細いですねー」と採血前に言う。
    それから右腕→念のため左腕も見せて→やっぱり右腕にしましょう、って感じで採血までの時間が長い時は失敗する確率が高いです。

    だから自分としては「採血がうまいか下手かは病院(看護師)による」と思っています。
    ひとつだけ実感したのは、「最近の予防注射は針が痛くない!」事です。
    これは謙遜とかではなく実際に針が細くなったからです。

    ユーザーID:8798404667

  • トピ主です

    やはり注射器(針)が改良されたのですね。
    採血時には見ないようにしているのでわかりませんでした。
    採血しづらい人は、温めたり腕をブンブン振り回す(コレは初めて知った)のがいいそうですね。今後参考にします。
    皆さんありがとうございました。

    ユーザーID:2861820145

レス求!トピ一覧