毒親持ちじゃない方

レス115
(トピ主1
お気に入り354

家族・友人・人間関係

おおきいあざらし

トピを見ていただきありがとうございます。

私は自身の母子関係に疑問を感じることが多く、その手の書籍をいろいろ読んだ上で「ああ、うちはイレギュラーな母親だったんだな」と確信しています。
そのおかげで、くっきりとした答えは出ていないものの、自分の存在を肯定できるようになったり、気持ちが楽になりました。

友人知人と話すとき、「あぁ、よそはうちみたいじゃないんだ」と漠然と思うことはありましたが、
私が「うち、ぜったいおかしいよね?」と感じたのが、お付き合いしていた相手のご家族と食事をしたり、出かけたときでした。
その後、配偶者になったのですがイレギュラーな思考の親であることを話しても理解してもらえないのです。
勇気を持って「これは困る、やめてほしい」といっても撥水コートかテフロンコーティングのようにすべて弾かれてしまう。
その状況が理解できなかったようです。
現在は、残念ながら配偶者があの世に旅立ってしまったので、毒親を理解してもらえない苦しみ はなくなりました。

話が長くなってしまいました。
皆様にお聞きしたいのは、「毒親持ちではない方」はたくさんみえるのでしょうか。
毒親?なにそれ作り話でしょ、被害妄想じゃないの?って思われますか?
毒親持ちのかたはエピソードをお願いします。
そうでない方は、率直な感想を教えてください。
ちなみに私は、社会人になる寸前までドラマに出てくる仲の良い家庭像を見るたび「いくらフィクションとはいえ、なんでこんなリアリティのない家庭の設定にするんだろう」と思っていました。

ユーザーID:0214507605

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数115

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 信じられませんでした

    大学生になって友人が
    「私、お父さん嫌いなんだよね」
    と言ったのに衝撃を受けたのを覚えています。
    「親を嫌いな子供なんて本当にいるの!?」
    逆の思考も全く想像つきませんでしたね。
    子供を嫌いな親がこの世に存在するなんて。

    その後、
    「しまりすのうちはドラマみたいだね」
    「アメリカンファミリーだね」
    等、色々言われる度に、
    ああ、うちって変なうちなんだなあ、と自覚しました。

    馬鹿みたいに仲良しな家でした。
    夕食後に父がギター出して皆で歌っちゃったり、
    隣の空地を借りて畑作業皆でしたり。
    当たり前だったけど、おかげで悪目立ちし過ぎて
    家庭不和な近所に目の敵にされたり
    無駄にライバル視されて学校で辛い思いをしたりした。
    どうして憎まれるのか当時はわからなかったけど
    今では「知識として」は理解できました。

    …が、正直、毒親、実感沸きません。
    話聞いても、別の世界のことみたいで。

    ユーザーID:7753976744

  • もっと単純なことですよ

    「自分が育った環境と違う環境がある」ということを想像できない人が一定数いるってことです。
    「毒親」と言ってもさまざまです。
    ほかの子どもには「良い親」なのに、なぜか、特定の一人の子どもにだけ「悪い親」になってしまうというケースもあります。

    おおきいあざらしさんは、お子さんはお持ちではないのでしょうね。
    私は幼稚園で他の母親のことをつぶさに観察する機会がありました。
    ええ「子どもに優しくするお母さん」がフィクションでは無いと知ったときの衝撃ときたら。
    「母親って子どもを殴ったり怒鳴りつけたりするものじゃないの?」と思いましたっけ。
    父母会200名くらいの規模の幼稚園でしたが、子どもにお弁当を持たせるのを忘れる母親は皆無。
    私の母はしょっちゅう忘れてくれましたけどねえ。
    普通のお母さんがいた人には「毒親」は理解できないと思います。
    事が事だけに「類が友を呼ぶ」というわけにはいかないところがつらいところです。
    全員と付き合ったわけじゃないので、統計は取れませんが。
    とりあえず、他人から見てもはっきりわかるほど酷い方というのには幼稚園から高校までの間に3名にしかお会いしたことないです。

    ユーザーID:9864931371

  • そうですかぁ

    うちは毒親でした。もう随分昔に絶縁してますけど周囲にもはっきり判るタイプの毒親でした。ですから夫は勿論ですが親族も私を守ってくれようとしましたので私にとっては周囲に判りやすくて良かったのかもしれませんね。
    昔は親に絶対服従で私の親は戦時中の田舎の生まれですし戦後の変わりようについていけなかった部分も多々あるとは思います。そういう意味では私たち世代が毒親を認識した最初の世代でしょうし、毒親って存在が認識されてきた事は後世を思えば無駄な苦しみではなかったかもしれません。

    ユーザーID:7064379873

  • 現実は

    毒親の現実はもっと深刻だと思います。

    私は家族関係はかなり良好です。
    小学生低学年から親子兄弟でディベート。
    そのおかげで語彙、表現が豊富になり、
    状況によって説得する話術を身につけました。
    感情論ではないディベート力のおかげで
    自己解決能力もあがりました
    言いたいことを瞬時に頭の中で様々な
    言い回しを整理して用意できます。
    これは親のおかげです。

    世間体とは関係なく親子でありながら、
    かなり客観的で冷めた関係で
    依存し合わないのが良かったと思います。

    強く指図されたのは、
    食べ物は絶対に残さないこと。
    また小学生の頃から何事も自分で徹底的に
    辞書や専門書で調べろ。
    「何で?」に対しては親の曖昧な説明より
    辞書が正しいから自分でひいて確認し、
    その内容は自分の言葉に直して説明しろ!と
    言われ、それに対してびしびし質問されたり
    してまた辞書でした。

    10歳になったら洗濯や掃除、簡単なご飯の用意
    もやらされました。良かったと思います。
    塾に行けなど言われたことはありません。
    塾に行くより、自宅で事典や辞典、
    美術書や写真集を読めでしたね。

    ユーザーID:5087011380

  • わかります

    付き合っていた彼の母親(現義理母)に、

    「自分(私)は、お年玉も誕生日プレゼントもクリスマスプレゼントも貰った事がなく、親戚から貰ったお年玉も回収されていた。」
    と、話したら、

    「あら絶対積み立ててくれてるわよ〜結婚するとき渡されるはずよ」
    と、言われました。

    「そんな訳ないです(笑)使ってますよ、日々の生活費に」と、返しても、

    「絶対積み立てるわ!!」としつこいので、

    「だ、か、ら、積み立てないです、そんな殊勝な親じゃないんですよ」と吐き捨てるように言ったら、

    「絶対積み立てるわ、実の娘にこんな風に思われてるなんて、お母様が可哀想で泣けてきちゃう」と、涙ぐんでおられました。

    二言目には「家族家族」とうるさいこの義理母に、うんざりする事の多い日々です。

    もちろん結婚の際に、親から通帳を貰う事はありませんでした。

    余談ですが、親戚(式に来ていない方、ご祝儀のみ)には、自分がお返しをしておくから、祝儀をよこせ、と言われ、そのまま渡しました。
    半返しの残り半分は着服。
    半返しだったのかも怪しいものです。

    ユーザーID:6819100353

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 毒親持ちでした

    母は生まれた時から父を罵倒してましたが何かと理由をつけ
    (たいてい「お前のため」と私のせいにして)
    父と離婚もしなければ働きもしなかったです。体も弱かった。
    頭は良かったと思いますが、学がなく(中卒)それがコンプレックスだったようでした。

    父は優しいダメな人でした。まじめに働かず、ギャンブルと暴力。
    家もとられてしまいました。
    我が家にはいつも怖いおじさんが住んでいて、働かない父のことを
    なぜか「社長」と呼び、彼らは「兄弟」でした。母はそれを恥じてました。

    二人とも私が中学の時から生活保護で私は自分で進学しました。
    10代後半で拒食症になりましたが克服しました。

    「家族会議」とか言う家族なんて本当にあるんだと思ったのは高校に入り友達の家に遊びに行ってからです。
    中学までは、地元でも有名なスラム街に住んでいたので周りも似たようなものだったのです。

    今は義母のことを「なんてまともな大人だろう」と思います。私も30代ですが。
    両親は私のことを愛してくれていたと思うのですが、
    夫は「君は愛を学んでこなかったんだね。暴力は学んできたのに」と言います。
    そうかもしれません。

    ユーザーID:3992848448

  • 毒親ではないが

    夫婦げんかしないし、子どもを殴るわけでも、妄言を吐くわけでもなかったです。

    3食ちゃんと与えてくれて、大学まで出してくれました。
    亡くなったときは悲しみました。

    それでも、同居していた祖母との葛藤や、夫婦げんかしないのは、仲が良かったからではなく、ケンカするほどのエネルギーがあるほど、相手に期待していないからだと、ちゃんと子ども(私)はわかっていました。

    なので、一見問題ない家庭でもいろいろあるのだと思います。
    外からは見えません。

    ドラマの設定はやっぱりリアリティないと思いますよ。
    家族で泣いて謝り合ったり、抱き合って喜んだりすることなんて、現実にはそうそうないですから。

    毒親という存在は、公園などで我が子に「死ね」っとか叫んでる母親を見ると、信じられます。
    自分の身近にはいませんが、妄想だとは思いませんよ。

    ユーザーID:0897846411

  • 仕事柄いろいろなご家庭を見てきました

    全般的に、いわゆる『進学校』ではなく、
    底辺に近づくほど困った保護者の率が高くなる傾向はありました。
    ご家庭の収入はあまり影響がなかったようです。

    とはいえ、一見きちんとしたご家庭でも
    「これは。。。」ということもあります。
    言葉は荒くても、しっかりとお子さんに愛情が伝わっていて
    お子さんがまっすぐ育っている、という家庭があるの同じです。
    守秘義務があるので、具体的な事例は挙げられませんが、
    100人の子供がいれば100通りの家庭があります。

    私自身は、学生時代の友人も含めて
    大変恵まれた(金銭的に、ではありませんが)環境だったと思います。
    それでも、新聞やその他の媒体を通して、
    中学生になる頃には、親が親として機能していない家庭がある
    うことは認識していました。
    職に就いて改めてそれを確認した、と言った感じでしょうか。

    ユーザーID:1139625117

  • ギリギリ違います

    ●毒親持ちでない方はいるか?
    →毒親とまでは言いませんが、「自分が一番正しい」と思ってるくせに、依存心の強い母親がいます。

    ●毒親?作り話でしょ、被害妄想じゃない?
    →毒親は存在します。
    でも子どもが毒親を切り離す勇気があれば、被害を最小限に食い止めることは可能です。

    ●毒親のエピソード
    →勝手に10万円のバッグを買い、お金だけ払わされた。
    →私と姉への仕打ちに差がありすぎるが、本人は平等だと思い込んでいる。

    ●そうでない方は、率直な感想を教えてください。
    →うちの母も毒親の資質は十分持っています。
    でもそうならなかったのは、私と姉が自立心旺盛だったからだと思います。

    子どもの頃から自分の親を客観的に見てましたし、「早く実家から出ないとダメだ」と思ってましたから。
    母も早い段階で「子どもは自分の思い通りにならない」と諦めることができたので、今は良い関係です。

    毒親であってもなくても、子どもは20代のうちに自立すべきです。
    「親だって間違うこともある」ことを知るべきです。
    毒親とわかっていながら離れることができない子どもも、「毒子」だと思います。

    ユーザーID:0018253581

  • 実感としてわかりにくいみたい

    私も毒親ほどではないですが、実母がキャパの狭い人で困った思いをしてきました。
    夫の家族は、理性的で常識的な優しい人たちです。

    夫は結婚前から、私の母に対する話を共感的に聞いてくれていました。
    しかし、実際に挨拶で初めて会った時、母が「自分の腰が痛い」話を9割していたことから、夫は「よくわかった」と言い、そこは実感としてわかったみたいです。

    でも、お金がらみの問題や他の問題が起こると、本当のところは実感としてわかりにくいみたいです。

    やはり、自分が経験していないことは、わかりにくいのではないでしょうか。

    ユーザーID:0045024646

  • 両親を尊敬しています。

    これまで友人や職場などでもいじめとは無縁の人生でしたし、毒親も虐待も、小説やドラマの世界としか理解できません。
    もちろん、ニュースで見聞きするので分かりますが、自分の事としてはとらえられない。

    幸せな家庭(祖父母も同居)でした。
    厳しいけれど温かく、子供のことを愛し、理解し、適度なサポートしてくれる両親に育てられました。
    手をあげられたことももちろんありません。
    私の疑問や不満には、何時間も父が話し合い、向き合ってくれました。
    母は生活に必要なことをいつも面白く、楽しく、教えてくれました。
    また、長男嫁である母の、舅姑に対する接し方を見て育ったので、私自身も同居の道を選びましたが、特に大きな問題もなく、この歳(もうすぐ還暦)を迎えようとしています。

    父は他界しましたが、母とは今でも毎年温泉旅行しますし、実家へも毎月1度は安否確認(笑)に行きます。
    元気ですが、腰痛があり一人ではあまり外出できないので。

    恵まれた環境だったので、毒親に育てられた人や、理不尽な扱いをされて育った人の話は、それを聞くたびに申し訳ないけれど(気の毒に)と感じます。

    ユーザーID:7245667003

  • 母親大好きです。

    とは言え、この間実兄のお嫁さん、義姉と話していて
    「いいちこちゃんは、親に甘えないよね」


    と言われびっくりしました。
    母親と私は父親が、単身赴任な事もありずっと二人で暮らしていたので
    密着型の母子でしたが、義姉には甘えない子に見えたようです。

    で、結婚して同居してるんですが、この家が典型的な機能不全の家で、母親が君臨して好き勝手で独裁体制なんですね。
    旦那の生き方見てると可哀想になりました。
    旦那の実姉は、母親のやり方を婚家で真似て総スカン喰らってて可哀想です。

    幸い、私達家庭は嘘臭いドラマ並みに仲良し家庭です。
    旦那も、自分が生まれ育った時みたいにしないでくれと、言います。

    息子の彼女の家庭が、機能不全家庭なのでちょっと心配なんですけどね。

    まぁ、何とかなるでしょう。

    ユーザーID:3549861048

  • わかります

    機能不全家庭で育ちました。
    兄がひきこもりニートになって何年か経ったあたりで親も間違いに気づいたところが幸いで、最近はだいぶまともになりましたが。

    まともな家庭で育った人に話しても通じませんよね。
    我が家は過干渉・価値観の違いを認めない・学歴至上主義のよく激昂する父でした。
    話が通じないので母は見て見ぬふり。フォローもなく。
    そして過干渉を受けた兄もまともではなく、妹(私)に対し汚いものを扱うようにし、時に無視し、私物を勝手に売る・壊すというのが日常でした。

    私も、食事をそろって食べるようなこともなく団欒の意味がわかりませんでした。
    テレビで扱われる普通に会話をする家族が嘘くさく感じていましたし、人と会話をしていて家族の話が出ると違い過ぎて理解できませんでした。

    領域を侵され否定されるのが「普通」だったため、家の外でも集団リンチを受けるようないじめにも逢いましたし、アラサーになる今までも随分対人関係で苦労したと思います。
    早く家を出たい気持ちから早くに結婚し、心理学の本を読み漁りながら今はまともな家庭を築いています。
    育て直しをしてくれた旦那に感謝です。

    ユーザーID:1923625152

  • 割合なんて誰にも分からないよ

    しかし一定数いるでしょうね。

    私の母親は、ある人にとっては毒親と感じるでしょうし、
    私にとっては「ちょっと困った親」くらいです。
    殴られたり蹴られたり物を投げられたりもありましたし
    日記を除かれたり貯金箱を開けられたりもありましたし
    ドアをばーん!と開けて
    「この部屋は臭くてたまらない!」
    「光が漏れて眩しいから電気を消せ」とか言われたりもしました。

    でも私は毒親とは思ったことが無いんですよね。
    家族がみんなひょうきん者で笑いが多い家庭だったので、喧嘩もありますが基本的には楽しい思い出が多いです。
    それは、母親の他に父と兄弟が3人、にぎやかに揃っていたこともあると思います。
    苦しみ悲しみなどは笑いに変えよう、という指針は今も人生で役に立っています。

    ユーザーID:5913912198

  • 多様

    毒親、という呼び方が最近あり、それを自分の親に当てはめる事で納得して、先に進む事が出来るなら良い事ですね。
    私は親の理不尽さと一貫性の無さに、生きにくさを感じていました。小学生の頃には、自分の家族と他人の家族は違う、とはっきり感じていました。
    学校の勉強は、問題と回答に整合性があるため、非常に簡単に思えました。また友人の家族や学校の先生は、私には一貫して見え、接しやすく親切で、この人たちは本気でこういう人間なのか?と不思議だった為、人間を観察するようになりました。
    大人になり子供を産んで、色々な人と接しましたが、人は多様で、自分の親も自分もその多様な人間の一人に過ぎない、と感じます。
    そして、現在も、ここで良い人間良い生活、というものがあっても、他の世界でそれが正解とは限らない、と、他の世界(例えば海外。外国人と結婚したので)を見て思います。
    私はおそらく、この先も、世界の多様性に興味を持って楽しみに生きていくでしょう。
    それは、最初に多様性の一端を見せてくれた親のお蔭かもしれません。

    ユーザーID:1728774057

  • 毒親持ちでした

    虐待こそされませんでしたが、母親はヒステリーでよく言葉の暴力的なことはありました。

    姉がいたので、クッションにはなってくれていたのですが、姉もトラウマに近い感情はあると思います。

    夫婦喧嘩も派手に良くやってました。怖かったですけど、中学生くらいにはもう、親と思わず一人の一人の女の人として

    思うようになりました。そのほうが理想を押し付けないで楽だからです。

    そのかわり私はホームドラマをよく見てました。「お母さんが、何でもやってあげる。」夢みたいなセリフを聞いてはため息ついてました。

    親と仲良しで、愛情いっぱいで育った子は、他の事にも愛情が注げるんだなぁと感心しました。

    やっぱり毒親だと自分の自己肯定欲も低いし、自分を守るために必死になるのでどこか余裕がないですよね。

    もう両院は亡くなりましたが、自分が母親になって子供にいかに愛情をそそげるか悩みの種です。

    ユーザーID:7058886209

  • 私の親も毒親

    主様同様、毒親を持ち、苦労しました。
    自分を否定してしまい、結婚も
    中々縁が無く、やっと出来ても、
    子供を持つ勇気がなく、色々な
    本やドキュメント、小町を見て、
    消化出来る様にはなりましたが、
    配偶者の理解が有りません。
    ニートの兄弟がいるし、
    高齢の親だから心配で
    時々連絡や訪問しましたが、
    エネルギーを消耗して
    グッタリするしら、自分も
    家事と仕事の両立があるから、
    結婚して4年半経ちますが、
    2年半位前から
    実家へは行ってません。

    ユーザーID:8600029499

  • 暴力をふるう毒親持ちの一人っ子です(絶縁しました)

    私の家は比較的裕福でしたが、父親が特にひどかったですね。
    暴力や暴言は毎日のこと、人格否定、躾と称したモラハラ、本当にひどかったです。
    母親も、父親から殴られたり叱られるのが怖いのか、
    一度も助けてくれませんでした。それどころか『お父さんに謝りなさい』というばかり。
    何もしていないのに、父が怒り出す状況をどう謝れというのでしょう?

    顔に痰唾を吐かれたり、ビンタをされたり、前髪を罰で切られたり、
    『寝ている間にこ○してやる』、等言われいつもビクビクしていましたね。

    近所の方に通報されたこともあるのですが、愛想がいいので警察が来ても
    『子供が暴れただけです、すみませんねぇ』と言って警察を帰してしまうんです。

    卒業と同時に家を飛び出して、そのまま絶縁しました。
    パートナーは至って普通に愛されて育ったのんびりした人です。
    自分の境遇を話しても、驚きはすれど、『そうはいっても親だもの。愛していると思うよ』と、全くピンと来ないみたいです。

    毒親持ちじゃないと、やっぱり想像がつかないみたいですね。
    それは幸せなことなんだと思いますが…。
    一部からは親を捨てた親不孝者扱いを受けることも。

    ユーザーID:4147516509

  • うちも毒親でした

    私の場合夫婦揃って(父母)毒持ちでした。私現在30代。

    母が、私に「ブスだ気持ちの悪い顔」と言う。父が仕事から帰ってくると、母が急に泣き出し、「今日娘にブス、気持ち悪い顔と言われた」と父に言う。父は激怒し、娘を殴る。母は「やめて!!娘を殴らないで!娘を殴るなら私(母)を殴って!!」と言う。母は父の後ろに回るとニヤ顔で、殴られている私を見る。

    そして、職場にも娘が親を大切にしないと相談に来ました。極一般の商社にです。

    遠い親戚の人だって、あんなにいい両親はいないと私の話を全否定します。唯一母の兄弟だけは、母の気性を知っているので心配してくれます。

    あと、近所の人は、父や母の怒鳴り声、私の幼い頃からの叫び声を聞いているので、内情は察してくれています。

    けど、一番近い夫に理解されなかったのはつらいですね。
    児童虐待のニュースが増えてきたので、それを例えにして話しています。私は独身で、やっぱりお付き合いしている相手に話すのかは迷います。

    ユーザーID:7002566839

  • 私事ですが。。

    仲の良い家族のもとで育ちました。夕食後もお茶を飲みながら皆で延々とお話して笑いあったりしているのは普通の事でした。

    結婚をして夫の幼い頃育った家庭が暴力的な家庭だったと知りました。
    幸い主人の母は優しい人で息子である主人を大切に育てました。でも父は酒癖が悪く酔うと必ず酷い暴力を母に振るったそうです。
    大好きな母親が父親から暴力をふるわれる・・どれほど辛かったことか・・・怖かったことか・・想像が追いつきません・・・
    夫の両親はそれが原因で離婚していて、それで落ち着いた様なのですが、結婚して私の家族と接して何かがひっかかったのでしょう。
    突如堰を切ったように話し始め、私はどうしていいのか分からずオロオロしているだけで・・でも一つだけ決めた事があります。夫が又話し始めたら何をしていても手を止めて話を聞こうと。うんうんと相槌を打つ事くらいしか出来ないけどれど・・

    現在、結婚17年目で今ではあまり話さなくなりましたが、(あまり思い出さなくなったそうで。)トピ主様の理解してもらえないというお言葉が身につまされました。。

    ユーザーID:9740532289

  • 自分の目で見たものを人は信じる

    私の親は毒親ではありませんが、夫の親はちょっとした毒親です。

    彼が学生時代にかなり非行に走っていた話を付き合っている頃に聞いて、きっとロクでもない親なんだなぁという印象を持ちました。

    しかし、実際に親に会ってみると、至って普通でむしろ優しい人達だったのです。
    だから私は自分のその印象を信じて、彼は大げさに盛って話しているのかなぁと思うようになりました。

    月日は過ぎて、結婚し子供が生まれ、2世帯で同居することになりました。

    そして一緒に住んで初めて、義理親の親としての不完全な部分が良く分るようになったのです。
    ああ、夫が言っていたのはこういうことか・・・と。
    夫が非行に走った理由も頷けました。

    家庭内の事は傍から見ても分からないことが多いです。
    外面が良いと、まさかあんなに優しそうな人が?と他人は思ってしまうのです。

    ご主人も私と同じように、トピ主さんの話の内容よりも、自分の目で見た印象の方を信じていたのではないでしょうか。

    私は夫に詫びて、今は9割5分くらい夫の話を信じています。

    ユーザーID:2189017293

  • 経験しないと分からない

     毒親もちでない人は、毒親もちの気持ちはわかりません。

     同様に…
    DV未経験者は、DV経験者の気持ちが分かりません。
    不妊治療未経験者には、不妊治療経験者の気持ちが分かりません。
    金持ちには、貧乏人の気持ちが分かりません。
    健康な人には、病気の人の気持ちが分かりません。

    人は同じ経験をしないと、相手の気持ちが分からない。
    少しでも分かり合う為に、「啓蒙活動」があるのです。わかるならそんな活動必要ありませんから。

    ちなみに私は毒姑もち…。なかなか理解してもらえませんから、誰にもいいません。同じ毒姑もってしまった友達とだけ愚痴り合います。

    ユーザーID:4299260857

  • 毒親じゃないけど仲良し家庭でもないです

    >「いくらフィクションとはいえ、なんでこんなリアリティのない
    >家庭の設定にするんだろう」と思っていました。

    あ〜…それは私もなんとなく思ってましたね。
    ただ、トピ主さんのような疑問ではなくて、
    ドラマでの仲良し家族は見ていてほのぼのするけれど、
    実際こんなんうじゃうじゃ居ないだろうな〜と。

    ただ、子供の頃友人宅に行った時でも千差万別で、
    本当にドラマのように心から仲良し家族っぽいのもあれば、
    子供の友達が来ているから取り繕っている空気プンプンまで。
    目の前で修羅場繰り広げるのを見たことは無いけど…。

    ただ、
    >イレギュラーな思考の親であることを話しても理解してもらえないのです。

    これって逆もそうだと思うのですが。
    トピ主さんも相手の家庭を完全に理解出来ている訳ではないし…。
    互いの環境が似ているなら理解も出来るでしょうが。

    ちなみにウチは家族全員微妙〜な距離感はあったけど、
    険悪なわけでもない、ベタベタしているわけでもない感じで、
    イレギュラーと言えばイレギュラーかもと思いつつも
    他人に理解してもらいたいって苦しむ程複雑な家庭でもなかったです。

    ユーザーID:2598784479

  • 毒親の概念は比較的新しいかも

    アラフォーです。
    最近の若い人たちなら、児童虐待とか毒親とかよくご存知でしょうが
    私より上の世代になると、なかなか受け入れ難い人もいるかもしれません。

    毒親から逃げるために住所変更を繰り返し、息を潜めて隠れていたのに
    子供が生まれた途端、一番の理解者だったはずの配偶者が
    子供を連れて毒親に会いに行き、職場も家の住所もバラされ離婚したとか
    そういう話も聞いたことがあります。
    自分を善人と信じて疑わない人の、善意の押し売りが一番たちが悪いです。

    ユーザーID:4015299730

  • プチ毒親持ちです。

    私も、ドラマなどに出てくる、仲の良い、
    幸せそうな家庭なんて現実には存在しないと
    思っていました。
    友人が自分の両親を大好きと言うのを聞いて
    ショックを受けたこともあります。

    数年前に、私自身と家族のために母と訣別
    したのですが、事情を話した人はみな母との
    和解を勧めるか、私を責めるかで、理解を
    示してくれたのは一人だけでした。

    いまだに毒親のコントロール下にある人や、
    幸せな家庭しか知らないひとに理解してもらう
    のは非常に困難です。
    だから、話す相手は慎重に選ばないと、
    傷に塩をすりこまれる結果になります。

    ユーザーID:7134611378

  • たまたま縁があったんだと思います。

    私の両親は毒親ではありませんでした。でもとぴ主さんのおっしゃることもわかります。高校生くらいだった時でしょうか、親の性格について結構悩んだ時もありました。そう、人間としていかがなものかと。でも親も結局は一人の人間であって、自分を子どもとして愛してくれたのならそれで十分だろうと思います。

    私の両親は離婚寸前になったり、自分もずいぶん苦しんだ時期もありましたが、それでも仲が悪くても、私のことは十分に無条件にそれぞれ愛してくれたと確信があります。それだけでもまた来世で同じ両親のもとに生まれたいと本気で思います。今でこそ、縁あって結婚することとなりましたが、そうなる前からいい年してこれからたとえずっと独身であったとしても、親からもらった愛があれば、一生自分に自信を持って生きていけると確信してました。

    ユーザーID:6105874973

  • ネットが発達する前と後ではずいぶん違う

    ネットの発達で
    世の中には信じられない性格のひとがいることが
    普通に認識されるようになったと思います。
    それまでは、自分が直接認識できる範囲での「正常な」人間関係のみを基準に物を見ていたと思うので、
    その時代と今では、「毒親」についての認識もずいぶん変わっただろうと思います。
    ここはとくに、「毒親」を始めとした異常な人格のひとに悩む相談が多い場所ですので、
    ここに書き込むようなひとは、「毒親」についてもわりと正確に認識していることでしょう。
    世間一般、とくにあまりネットをしない世代やスマホしかしない世代とは、
    また少し違う回答がつく可能性があります。

    ユーザーID:3030455396

  • 毒親かな?

    私の場合は毒親?かなーといった家族です。
    父、母にはそれぞれ愛情はもらったような気はします。箇条書きにすると

    母は親戚、近所から皆に嫌われてました。もちろん母にも原因あります。
    ただ、皆から嫌われてるのでおかしい言動はたまにあり、夜寝るとき聞かされていました。皆が私の噂をしている、等。
    父は世間体を気にするのでそんな母親を毎日怒っていました。口癖は俺の顔に泥を塗りやがって。
    時々目の前で父がお皿を母に向かって投げました。暴力も少し。
    母のようにはなるな、と言われ続けました。
    母がおかしい?ので親戚の集まり等、母の役割的なものをさせられました。祖母の介護もです。小学生の時です。
    母が近所の人に嫌われてるのでその子供に虐められたりしました。

    今34ですが、人間関係で夫以外心を開けないというか本心を出せない自分がいて辛い時があります。
    毒親系の本読んだりしています。
    長々とすみませんでした。
    毒親じゃない方の意見、私も気になります。

    ユーザーID:9364849314

  • 私も毒親もちです。

    どんなに自分がうけた苦しみや母親に思うことなど、全く無縁な世界の人には、話している私自身が、悪いと、とられてしまいます。もしくは、私が母親に似ているから、お母さんのことが、気に入らないんじゃないの?
    親になればわかるよとか…知ったような口をきく。
    そして、もし毒親なら、あなたは非行にはしってるはずと、決めつけられる。
    もう、人には、話さないことにしました。
    うちの母親は、外面もよく容姿もいいので、学生時代、先生たちは、信じなかったです。
    今から20年も前ですけど、児童相談所に通報されても、おかしくないレベルなのに。
    アザができていても、誰も信用しなかったです。
    今は、母親と疎遠です。正直、仕返しさしたいくらいです。

    ユーザーID:4309949982

  • 分かりやすさ・・があるかも

    私の母はとーっても分かりやすい「毒親」でした。

    家事・育児完全放棄。暴れて夫のお金を使い込み、子供に暴力をふるう。
    放置だけならまだいいのですが、機嫌が悪いと首を絞める・階段から突き落とす・バットで殴る・・・が日常茶飯事。
    「ITと呼ばれた子」が他人事ではありませんでした。

    当時は児童相談所もなく、公言できる事でもなかったので、周りの友人は苦しみを知りませんでした。

    ただ、打ち明ければ大抵の人はびっくりして「大変だったね」と理解してくれました。
    すごく分かりやすいパターンなので。

    一方、「親」としての義務は果たしても精神的に子供を追い詰めるような「毒親」のパターンもあると思います。
    こちらはなかなか、分かってもらうのが難しいかもしれませんね。

    また、特に大きな問題のない家庭でも、一人一人の心中には色々あります。
    ドラマの「家庭像」は嘘臭いのが当然です。

    経験や想像力がなく、「世の中にはとんでもない人がいる」という事が理解できない人もいます。
    これは「毒親」に限りません。

    トピ主様のこれからに、幸いがありますように。

    ユーザーID:1901236633

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧