• ホーム
  • 話題
  • 会社で東京直下型地震、自宅に歩いて帰りますか?

会社で東京直下型地震、自宅に歩いて帰りますか?

レス112
(トピ主2
お気に入り196

生活・身近な話題

レス

レス数112

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • とにかく近いので

    自宅、会社、子どもの保育園すべてが半径3km内にあります。
    なので、出口が塞がって会社から(物理的に)出られないとかがなければ、
    多分歩いて帰ろうとしちゃうだろうなあと思います。
    子どもがいなければ、別に会社で何泊しようとかまわないんですけれどね。

    そもそもうちの会社、何か考えているのかな?
    水とかは用意してあったけれど、多分3日避難とかそこまでは想定してなさそうです。

    ユーザーID:4624204608

  • 横浜市内ですが・・・

    東日本大震災の時に13kmを歩いて帰りました。2.5時間位でしたね。
    ちなみにHNの通り男で51になりますが体力にはそこそこ自信はあります。

    当時からスニーカは会社に置いてあるし懐中電灯も100均ですが持ってました。
    特に問題はありませんでした。

    ただし、被害状況が停電だけでしたので歩くのに困る場所はなかったし、
    勾配が少なくて、距離も短いルートを知っていました。
    さらに言えば、土地感も完全に有って、たとえ不通箇所があっても回避ルートも取れるし
    深夜でも若干の月明かりさえ有れば問題ないという自信があっての行動でした。
    それと、道中に大きな川もないので橋の心配もありませんでした。

    そんな中驚いたのが、道を聞かれたのですが、その方は180度反対方向に向かって歩いていました。
    そんな方も居るので心配する人も居るのでしょう。

    主様は、二人のお子さんが居て迎えに行かなければならないのでなんとしても帰りたいでしょう。

    被害状況次第ですね。がれきを縫って歩くようならば時間は倍にも三倍にもなるでしょう。
    でも、私は家に居る妻が心配なので(息子達も心配だが男ですから)なんとしても帰りますね。

    ユーザーID:7997289234

  • 基本的には歩きます

    12キロの距離を歩けるかという質問なら、まったく問題ないです。
    普通の体力の人なら3時間の距離ですよね?
    私は普段でも2時間ぐらい歩くのは何でもないです。
    休憩ありの8時間ぐらいなら歩いた事があります。
    3時間というのも、実際に電車が止まったために雪道を歩いた事もあります。
    何の問題もありません。

    但し大型地震に見舞われた首都圏というのが、どの程度の混乱になるかはまったく想像がつかないので、歩ける状態なら歩くとしか答えられません。

    まあ職場にいっぱなしというわけには行かないので、最終的にはどんなに時間がかかっても帰ると思います。
    帰らないときのほうがかえっていろいろ面倒で、着替えもない、布団もない状態でどうしていいかわかりません。
    自宅に戻ったからといってそれらが手に入るかは分かりませんが、職場にそれらがないのは確実ですからね。
    私は一人暮らしなので家族の事までは考えませんが、子供がいるなら私なら這ってでも帰るでしょう。

    それと同僚ですが、非常時に何が危ないか危なくないか、断言できる人なんかいません。
    他人の言う事なんか気にしない方がいいですよ。

    ユーザーID:9105967059

  • トピ主です1

    ウィングキャット様レスをありがとうございます。
    山を行っていたので、12kmは歩いたことがあります。
    ガラス等の飛散を考え、スニーカーでなくトレッキングシューズを常備するか迷っています。
    23区の公立小学校ですか、すぐに迎えにくるように言われていて..
    直下型地震の状況では、難しい場合もあると思います。

    ユーザーID:2423176444

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 甘い

    12キロ。 単純に計算すると、約3時間。
    その1
    しかし、12と言う数字はどのように出したのでしょうか? まさか直線距離じゃないですよね。 歩いた事ありますか? 幹線道路は人であふれているでしょうし、救急の為に道路はあけておく必要があります。 それに沿線の家屋、ビルが倒壊したら、迂回しなければなりません。 橋を渡るルートであれば、その橋が渡れる保証はないし、渡れたとしても、人数制限されるかもしれません。 それも考えての12キロですか? それに、炎天下、雪のふる夜、台風の日も考えられますよ。 それでも歩きますか?
    その2
    そして、母としてお子さんが心配なのは理解します。 しかし、家族が心配なのは”母”だけでなく、老親を一人置いている人、障害者が家族にいる人、みんな心配しています。 家族を心配だからと、帰宅していたら、道路が大渋滞になります。 過去から学びましょう。 自己中心的な考えは止めましょう。

    私は会社から徒歩で1時間、何度も歩いて帰っています。 しかし、緊急時はその3倍かかると見積もっています。

    ユーザーID:3633608403

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 2度目です

    すみません。トピ主さんのご質問を勘違いしていて
    数日会社避難待機したあとの行動のことを、お聞きになっているのかと思っておりました。
    地震があった直後にすぐ、自宅に帰りたいということなのですね?
     
    それはさすがに難しいのではないでしょうか。
    すべては起こってみなければわからないことですが、
    余震などを考えてもまずは自分の身の安全の確保をそれぞれがするしかありません。

    ユーザーID:9719440060

  • 直下型ねえ。

    「歩ける」状態ならいいですけどね。

    直下型が襲ったら、
    単に交通機関のマヒ、停電だけでは済みませんよ。
    誰しも帰りたいのは同じでしょうけれど、
    まず身体的に歩ける状態にあるのか。
    怪我のひとつもなく済むのかどうか。
    体が無傷だったとして、自宅までの道路が無事に存在しているのか。
    液状化や陥没もなく、ビルや家屋の倒壊で閉鎖になることもなく、
    ガス漏れや水道管の破裂、火災などもなく歩けるのか。

    すぐ迎えに来いなどという学校は
    せいぜい震災の時の東京の状態しか想定していないと思いますね。

    どなたかも仰っていましたが
    「直下型」の備えには、スニーカーでは不十分でしょう。
    せめて安全靴が必要になりますよ。
    昼下がりのハイキングとはわけが違います。

    もっともそんな事を言っていたら望みもなにもありませんから
    普段からウォーキングなどで足腰鍛えておいたほうがいいことに
    変わりはありませんけどね。

    ユーザーID:7217570683

  • がんばりました

    3.11の時は60km歩きました。12時間かかりました。革靴だったので足がつらかったです。首都直下地震でしたら、火事で1ヶ月ぐらいその場所で退避かもしれません。それから帰ります。

    ユーザーID:7761544243

  • 非常用装備

    ・登山靴
    ・ピッケル
    ・皮手袋
    ・マスク
    ・ヘルメット
    ・懐中電灯とヘルメットにつけるライト
    ・方位磁石
    ・地図
    ・携帯食と水
    ・大きめのタオル
    ・上記を入れるザック
    深夜は避けますが日のあるうちに着けそうなら帰ります。

    ユーザーID:0323589749

  • 阪神・淡路大震災の後

    道路がどういう状態だったか写真などにあります
    検索してみてください。

    高速道路の橋がまっぷたつに折れたとかのを見たことないんですか?

    普通の道路でも通行不可は当たり前
    多分トピ主が書いている12kmは最短距離でってことでしょうから
    その時に歩かなければいけない距離はもっとあるかと思います

    スニーカーだけあれば歩けると思っているのが甘いかと。

    ユーザーID:3002107762

  • 直下型震度8を経験して(様子)

    直下型震度8を経験した時の様子です。参考になれば。

    1、「道がない」…倒壊し、瓦礫の山となった家が道をふさいで道が消えた。道と思われる場所を瓦礫をよじ登りながら歩いた。幹線道路もバキバキ、水道管が破裂噴水。電線が至る所に垂れ、火災に行く手を阻まれ遅々として進めない。みんなで線路を歩いて避難した。

    2、「方向が分からない」…焼け野原状態。東西南北が分からない。「今、ここはどの辺りですか?」と確認しながら歩いた。

    3、「無視出来るか」…生き埋めになって助けを求める人、必死で救助に当たる人々。私は何人か助けた。

    4、「2次災害で命を失う」…友人は崩れた家に巻き込まれて命を失いました。

    5、「会社から出られない可能性」…ほんの少し歪んだだけでドアも窓も開かなくなります。私は自宅で被災し、自宅から脱出するのに数時間かかりました。1階は倒壊。2階もぐちゃぐちゃ。ドア、窓が空かず、壁に穴を開けて脱出。

    6、「あったら良かったな」…ヘルメット、バール、消えないペン(メッセージ用)、地図と方位磁石、あと何かな。

    取りあえず、簡単には帰れない覚悟を。

    ユーザーID:3808401484

  • 帰れない、帰宅困難だと思われます。

    先の東日本大震災では、幸い首都圏では家屋の倒壊、道路の損壊などは殆ど発生しなかったと記憶してます。液状化現象に見舞われた海沿い住宅地はお気の毒でした…

    しかし首都直下型地震となると、帰宅以前に次の状況の想像が必要かと。

    (1) 電気、ガス、水道が一斉に止まるか利用できない
    (2) 場所によっては火災も発生。
    (3) ビルや家屋の倒壊・損壊。道路も寸断され救急車両は通行不可能。
    (4) 死傷者も続出。
    (5) 少し落ち着いて、さて自宅に帰宅をと移動する人が数百万人。
       郊外に行くほど双方向から押し寄せる。

    こうした状態で10キロ前後を移動するのに1日で到着できれば幸運かも知れません。

    手っ取り早く想像するなら、お正月の初詣で込み合う神社の入り口からお賽銭箱まで、何mあって何分掛かるのか?しかも障害物だらけ、と言う状況をベースにご自宅までの帰宅コースを想像されると宜しいかと。


    『どんなに体力に自信があっても、道路に溢れる人と障害物で身動き出来ない』
     がトピ主さんへの回答になると考えてます。

    ユーザーID:1336044655

  • トピ主です2

    いろいろなご意見を頂きありがとうございます。
    子供は、小学生と保育園児の2人です。
    保育園は、園で待機しますとの事ですが、小学校は難しいですね。
    会社ば、3日間会社にいることを想定していますが、子どもかいる人が帰宅を行っても良いと言われています。
    品川区、港区、千代田区、文京区を帰宅する予定です。
    ヘルメットや避難リュックは、会社から支給されている物を使用する予定です。
    経路が、一番の問題なので、何パターンか考えたいと思っております。

    ユーザーID:2423176444

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • まず無理だと思います

    3年前の大地震の際は、子どものことが心配で、仕事放りだしてすっ飛んで帰りたかったのですが、職場での仕事があることや、交通機関が全く動いていなかったことで、諦めて一晩泊まりました。余震が怖かったです。結論から言えば、職場待機で大正解でした。現在住んでいるところが地盤がとても安定している場所だったため、被害がほぼなかったためです。

    今は別の職場にいます。距離はありますが、土地勘があるので、徒歩ルートは何通りかは分かります。ですが、遠すぎるので帰宅は多分しません。
    職場には2食分程度、自分用のごはん(自宅用に買い置いたアルファ米)を置いてあります。お茶なども用意してあります。職場の非常食は、あくまで子どもたち用で、次は帰宅困難で立ち寄った人に出すと認識しているからです。

    東京マグニチュード8.0、私も途中まで見ました。某ケーブルテレビで放映していたのですが、何話か放送したところで、3.11になり、内容が内容だけに打ち切りになったようです。オンデマンドで見られるのならぜひ見たいです。主人公の子どもたち2人が途中で立ち寄ったとされる避難所の学校のモデルが、娘の出身高校ですので。

    ユーザーID:8930233145

  • どの程度を想定していますか?

    私は東京直下型の場合は火災とビルの倒壊が怖いと思っています。
    阪神大震災の映像よりひどいことになるでしょうから、
    動けるかというより会社が安全かどうかも心配です。
    会社にいていいのか、避難所に移るのかどうか。

    もしも・・・
    火災に向かって歩いていたら?
    余震でビルの窓ガラスが降ってきたら?
    要救助者を見捨てて歩けるか?
    予定していた道路が使えない場合、迂回路を使えるか?道に迷わないか?
    二次災害に合わないか?

    私の家では各自、自分の命が最優先。生きていればまた会えると言っています。
    周りの状況がはっきり分かるまで動かない。

    今妊娠中ですが、主人に帰ってきて欲しいとは思いません。
    もちろん産んでからも。
    子供が学校に行っている間ならラッキーですよね。すでに避難所なんですから。
    親と会えなくて心細くても、生きて会えればいいんです。


    直下型じゃなくて、電車が止まっただけなら歩いて帰ればいいと思いますよ。

    ユーザーID:7529455395

  • 臨機応変

    交通機関が麻痺した程度の状態なら徒歩圏内だと思います。
    建物が倒壊が多い場合は安全確保が第一だと思います。

    色々シミュレーションしておくといいですね。
    とりあえずナビ無しで何通りかの帰宅路を覚えておくとか

    ユーザーID:8029994608

  • 家まで18kmです

    東日本震災の際、日本橋の勤め先から3時間くらいで帰宅できました。
    偶々その日、歩きやすい靴を履いていたこと
    以前新聞の折り込みで入っていたハザードマップ付の
    被災者用?東京地図を持っていたこと....など、
    偶然が重なっていたため、比較的早く歩けたように思います。

    特に被災者用?地図は、どこに支援施設があるか載っていたので
    お役立ちでした。
    もし手に入れる機会がありましたら
    捨てないでお手元に保存されると良いのでは。

    偶々その日はそういった偶然が重なりましたが
    もし今後、首都圏直下型地震があった場合は、会社に留まるか
    近くの避難所に移動することになると思います。
    途中大きな橋が何カ所かありますし。
    その時その時で条件は違いますので、その時になってみないと
    わかりませんけどね。

    ユーザーID:9197913911

  • たったの12キロ

    勿論、地震直後にビルから飛び出す様な「すぐに帰る」ではないですが、当然帰ります。
    地震が収まって、出来る限りの情報を集め、会社のデスクに保管してある保存食と水と防寒ブランケットを持って、防止をかぶって靴を履き替えて、道路や街の状況が許すなら歩きます。

    12キロなんてハーフマラソンの半分くらい、小学校の遠足の山登りだってそれくらい歩く距離です。

    反対に落ち着くまではなるべく出勤しません。

    家族や親戚が都心の大病院で医師をしていますが、とにかく彼らは最後の最後まで避難が出来ない立場です。 反対に私のように都心にいても迷惑をかけるだけで何も出来ない人間は一刻も早く郊外に避難するべきだと思っています。

    前回の災害では地方や国外に避難する人を、まるで非国民のように扱っていましたが、都心の医師、警察官、自衛隊員、救助隊員、その他、全ての人がそこから離れるまで逃げられない立場の人がいます。
    鉄道を動かす様な人もぎりぎりまで働く事になるでしょう。

    役に立たない人間は速やかに避難するべきだと思っています。

    まして子供が待っているなら、12キロなんてどうにでもなる距離です。

    ユーザーID:4637901800

  • 夫に「待機しろ」と言われました

    3.11のとき、災害時に駆り出される公職の夫に連絡したら「会社待機してなさい」と言われました。
    まあ直線距離でも30kmあるので帰ろうなどとは思いませんでしたが。

    夫曰く、十分な食料や水が確保できないまま歩きだすとハンガーノックの危険性があるほか、夜間の場合ですとビルの倒壊などに巻き込まれても救出されにくい(発見してもらえない)のだそうです。
    なるほどなあ、と思い、会社で仕事をしながら翌日の列車運転再開を待ちました。

    子どもは小学生ですが、おそらく学校にいるのが一番安全だと思うので、地震などがあったらそのまま避難していなさいと言ってあります。
    学校に連絡がつけば、子どもの安否もわかるでしょうし。

    ユーザーID:3030778377

  • 3日も??

    東京直下型地震で震度によりますけど、3.11のような大地震でしたら、
    まず、会社のビルが危ういです。

    とは言えども、むやみに外に出ようとなると、周辺のビルが真上で崩壊する危険もある。人々が混雑して、警備管理のない隅田川花火大会ので起こりうる人ごみの危険性が倍以上になります。
    実際江戸では、火災などで逃げる際に踏み潰された被害も相次いでいました。

    高速ビルもとても丈夫に作られていますよ。でも、直下型地震で震度7とか本当に着たら、新しく設備されているビルは生き残ります。

    でも東京には未だにバブル時代に立てられたビルが大半を埋めているんです。

    3日は大げさかと思いますが、その場で外に出たら、トピ主がヒルズなみのビルの下敷きになるかもしれませんよ。

    学校は「すぐに迎えに来て」とは言われていますが、学校は非難区域です。教師は自分の教え子を指導し、非難するべき義務が消防隊と同じようにあります。
    「すぐに迎えに」はその言葉の通りではなく、「迎えに来ないと帰せない」という意味です。

    ちなみに埋立地区勤務の父は唯一の道がふさがり、通れず、家に着いたのは、午前の2時を回っていましたよ。

    ユーザーID:0789625182

  • 試してみるのはいいかも。

    12キロって直線距離じゃなくて、最短距離ですよね?
    地震を想定して歩いてみるのはいいかもしれません。
    初めてのことって人間戸惑うけど、一度でも経験してれば心強いだろうし。
    できれば真夏か真冬の、条件が悪い時がいいと思います。
    阪神大震災の被害状況(通りのほとんどの家が燃えているとか)を念頭に起きつつ、
    頑張って歩いてみてください。
    (飲み物は途中で調達できないと想定して、自分で飲料を持参するのがいいです)

    ユーザーID:8619936916

  • 震度6弱の直下地震2日続けて経験(3.11の余震)

    あの大地震のちょうど1ヶ月後にタイトルどおりの直下地震を経験しました。

    直下型地震は足元から根こそぎ家ごとぶん回される感じでした。
    震源近くの道路はいきなり大きな段差が出来た所もあり、
    3.11とは全くちがった衝撃でした。

    トピ主がお考えになっている帰宅道路やその周辺が、そのままそっくり無傷でいると思わない方が良いです。

    心情的にわかりますが、天気も晴天とは限りませんし、余震も続くでしょうから
    もう少し現実的に準備を見直されたら如何でしょうか。

    ユーザーID:8608972343

  • やめてー!

    やめておきましょう。
    東日本大震災のとき、車や徒歩で帰宅しようとする人が多すぎて都内では大渋滞が起きていました。
    徒歩と渋滞は一見関係なさそうですが、歩行者が多いと車は交差点で右左折がなかなかできません。
    よって、流れが滞る、さらに車が動いていないからと車道を歩く人まで出てきてさらに渋滞が悪化。当然、緊急車両も動けません。
    急病者、負傷者がどうなっても自分だけは帰りたいですか?
    地方なら良いと思いますが、都心では帰るべきではないと思います。

    ユーザーID:1820438380

  • 学校のそのマニュアルも阪神淡路大震災を参考に見直した方が良い

    ビルが林立、
    大正時代の関東大震災では、街一帯が火で焼かれて、学校などの校庭まで命からがら逃延びた人達が集まっていた時に、火災により巻き起こった火柱がトルネード状に巻き起こった数本のそれに巻き込まれ焼かれてしまったという話があります。

    どこに逃げれば助かるのでしょうか?

    東京湾はああいう形状なので津波が起これば何度も波が湾内を行ったり来たりするのでしょうか?

    地下鉄の構内はそんな時に本当に助かるのか?

    公園は?大きな公園だと助かるのか?

    電柱は何本も倒れているだろうし、電線もうかつに触れないだろうし、木造は倒壊家屋しているだろうし、ほんとうにその時になったら大丈夫なのでしょうか?

    ちょっと考えてしまいました。

    東京なら耐震構造の最新式もあるけど、全部が全部それが備わっている建物ばかりではないんですよね現状は。。。

    ユーザーID:9404158310

  • 直下型だと道がまともな保証が無い

    地震の規模にもよるでしょうけど
    すぐには動きたくても動けないと思いますよ

    阪神淡路の時もそうでしたから

    ユーザーID:3022529385

  • 想定が甘いのでは…

    帰宅するという方たちの意見を見ると、想定が甘いのではと思ってしまいます。

    自分が無傷。
    道路の崩壊や建物の倒壊の道を歩ける。
    目の前にいる怪我人や要救助者、瀕死の人を無視して家まで帰れる精神力の強さ。

    歩いて帰宅できないことを前提として対策しておいたほうがいいと思います。
    私は家族に家に帰ることよりも身の安全を第一に確保すること。
    家に帰ることは状況が落ち着いてから、一週間先でも1ヶ月先でもいいと話しています。

    東日本大震災の現地にいた友人は津波後の街は悲惨だったと言っていました。
    目を背ける場所もなかった。

    ユーザーID:4529597154

  • 東日本の時に

    参考にならないと思いますが。
    東日本の震災時友人は、青山から神奈川県厚木市のもっと先の市まで徒歩で帰宅したそうです。
    思ったより、早く着いたそうです。

    ユーザーID:8243496780

  • 街歩きに自信はありますか?

    >山を行っていたので、12kmは歩いたことがあります。

    体力的には十分ということですね。

    ところでトピ主さんは方向感覚には自信がありますか?
    山は決まったコースを歩けば着くとおもいますが、混乱の中、家まで正しい方向に歩いて行けるでしょうか?

    >23区の公立小学校ですか、すぐに迎えにくるように言われていて..

    ああ、なるほど、働くお母さんのことはあまり考えられていないんでしょうね。近所のお母さんが子供を迎えに来てねってことなんですね。
    先生も家に帰りたいでしょうし、小学校で子供の世話は大変そうですからね。

    >直下型地震の状況では、難しい場合もあると思います。

    難しいと思います。

    ユーザーID:1953419435

  • 学校で待機が一番安全なはず

    学校はそう言うでしょうが、現実的には学校や保育園にいるほうが安全でしょう。
    はやく迎えに=迎えが来ないと帰宅させられない、ということだと思います。


    「津波てんでんこ」という言葉、ご存知ではないですか?家族を気にして探しにいったりすると結果的に一家全滅するかもしれない、とにかくそれぞれが命を守る行動をとれ、ということですよね。



    私も子供がいますからお気持ちはわかります。
    でもまず、お子さんに「もし大地震があったとき会社にいたら、電車もとまるし道は危険がいっぱいで、とんで帰りたいと思っていてもすぐには帰れない。学校(保育園)で友達と先生とで待ってなさい。学校も危ないとなったら先生方と避難しなさい。その場にいる人と協力をして乗り切って。何日かかかっても必ず迎えにいくから」と言い聞かせて、心構えをさせておくほうが大切じゃないでしょうか。

    学校や保育園は備蓄があるのかな?放課後の学童も。その辺を確認しておくといいかも知れませんね。

    ユーザーID:0492266261

  • 東日本大震災の時は

    私はネットカフェで一晩過ごし、
    翌朝電車が動いたのでそれで帰りました

    お子さんがいると心配で早く帰りたい気持ちはわかります
    歩こうと思えば歩けない距離でもないですしね

    でもむやみに動き回るのは得策とは思えません
    帰宅困難者が道にあふれることで緊急車両の通行を妨げる恐れがあります
    そのために救えるはずの命が救えない事態が起こるかもしれません
    だからこそ待機を推奨しているのです
    自分が勝手な行動をとることで周りに迷惑をかけるかもしれないということも頭に入れておくべきではないでしょうか

    ユーザーID:0702930640

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧