• ホーム
  • 話題
  • 海外から本を注文するとき決済のクレジットカードは?

海外から本を注文するとき決済のクレジットカードは?

レス17
(トピ主0
お気に入り67

生活・身近な話題

疑問

海外から本を注文するとき本屋さんは海外発行のクレジットカードを受け入れます。でも電子本を購入しようとすればクレジットカードは日本国内発行のカードのみとなっている。海外に在住している人はどうやって日本国内のクレジットカードを作ることができるのでしょうか?代金を払うのは海外に在住している本人なのにです。
片方では 海外にいる人(日本人、外国籍の方々)が日本に旅行するときに日本のホテルを予約します。そのときの代金は日本で海外で発行されたクレジットカードを利用される方が多いと思います。矛盾してませんか?何故、電子本を国外から海外発行のクレジットカードで支払うことができないのでしょうか?毎回, 海外から本を注文して海外発行のクレジットカードで決済しているにもかかわらず!!!電子本を買うときには日本国内のクレジットカードと決めている理由を知りたいです。ご存知の方教えてください。

ユーザーID:9883734455

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 買えますよ

    オンラインショッピング全体に言えることですが、販売元の希望ですから海外発行のクレジットカードが使えない場合があっても仕方ないことだと思います。 が、Sonyその他のブックショップは海外発行のカード使えます。いろいろなサイトをチェックしてみては?

    ユーザーID:9110101115

  • 無制限に買えないようにするためです

    例えば日本では高いコンテンツを物価の安い国から送料無しに簡単に買えるならみんなそうしますから市場が崩壊してしまうでしょう。

    ゲームも音楽も書籍も動画も、国をまたぐ電子販売では何らかの制限がかっています。税金や権利、価格設定や販売戦略が国ごとに違うためです。

    もちろん実体を個人輸入できれば買えますがそんな沢山は買えないし送料だけでなく関税がかかる場合もあります。海外旅行のホテルの例は電子販売ではありませんから引き合いに出すのは間違ってます。

    そして国内のクレジットカードさえあるなら自由に買えるというのはむしろ緩い方だと思いますね。

    理由を問うよりカードを作ることを調べたほうが良いのでは。
    トピ主の状況は分かりませんが無職でなければ作れないこともないと思います。

    ユーザーID:1201466354

  • 日本でも

    私は日本在住ですが、iTunes Storenなどで海外のコンテンツを購入しようとすると日本のクレジットカードは使えないので海外在住の友人が帰国した時にお金を渡してiTunesカードを購入してもらってます。

    また海外の通販サイトを利用した時も日本のクレジットカードでは決済できなかったので、代行業者に頼んで購入した事もあります。

    なので海外でもその国発行のクレジットカード以外は使用できない事は結構あるのではないでしょうか?

    最近はPayPal決済も増えてきたりで、結構便利になった印象ですが、海外発行のクレジットカードを利用される事でのメリットがあまりないからではないでしょうか?

    ユーザーID:1710971041

  • デジタルだからでは?

    私は電子書籍を買ったことがないのでわからないのですが

    同じような例で、

    現在イギリス在住として
    日本から映画のDVDは買えます
    でも日本の動画サイト(例えばhuluとか)はUK版を契約しないと見れません。
    自分が日本でhuluサイトを日本のクレカで購入しても、イギリスでは見れません
    (これはクレカの設定ではなくドメイン拒否になっているのですが)


    なぜかとういと、書籍はDVDは実物があります。
    でもデジタルのものは、IDとパスワードを共有すれば
    世界中の誰とも共有されてしまう恐れがあります。
    (電子書籍はIDとパスワードによる管理ではないかもしれませんが
    理屈としてはデジタルなので共有が簡単にできてしまうのでは、ということです)

    書籍やDVDもその可能性がありますが
    世界中の複数の人と、実物をやりとりするのは郵送費がかかるので結構大変かと思います。

    なのでデジタルに関しては、原則国内利用だけにしてほしい
    という意図があるのではないでしょうか。

    ユーザーID:7422258533

  • 同じ本屋さんで?

    海外発行のクレジットが使えない理由はセキュリティ上の事情ですよね。ネットショッピングにおいてはセキュリティ強化できないお店は使えないと聞いた事がありますが、同じ店なのですね?Eブックは全部自動的な処理になってしまうからかな。。。一番手っ取り早いのはお店に聞いてみることですよ。

    私はショッピングサイトで買い物をよくしてましたが、海外カードは使えない店舗多いですね。最近は専らアマゾンで買い物してますがアマゾンもEブックだめですかね?パピレスなら大丈夫だったかと思います。

    ユーザーID:0794034166

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 私も知りたい!

    海外のクレジットカードで電子書籍を買えるストアもあります。
    私も海外組みですが、ebook japanさんにいつもお世話になっています。

    ただ難点は漫画本は充実しているものの、文芸書が少ないこと。
    けっこう昔に出版された本を次々と電子書籍化しているようで、
    いまどき読みたいと思えないものがたくさんある。
    (でも値段は安くならない・・・)
    本の検索システムが弱くて、タイトル・著者がわからない本、
    なんとなくこんな本を・・では出てこない。などありますが。

    海外に住み始め、もはや20年。
    帰国のたびに本を買い込み、スーツケース重量制限いっぱいまで
    押し込んで、残りは船便で郵送してました。
    だから電子書籍の存在を知ったときは小躍りして喜びましたよ。
    海外に住む日本人のために開発されたのかと思ったほどです。

    需要はあるし、収入が見込める未来の明るいマーケットだと思うのですが。
    どうぞ関係者の方、ご一考を。

    ユーザーID:7992267525

  • アメリカのカードで購入しています。

    海外のクレジットカードでは、駄目なのか云々はわかりません.
    私は米国在住ですが、今2社の電子書籍をよく利用します。
    一社は iTunes をとうして、米国のカードでドルで決算します。
    もう一社は米国のカードで円の決算です。 円の決算ですとカード会社が手数料を加算し、請求書がきます。 でも、欲しい本が買えるので小額の手数料はガソリン代以下なのでよしとしています。

    ユーザーID:8500661285

  • 私の場合

    イギリス在住です。
    私はebookJAPAN(名前だしていいのかなぁ?)から、電子書籍購入します。もちろん支払いは、イギリスの銀行カード使用です。
    他のサイトは使ったことないけど、ここは大丈夫でした。

    ユーザーID:3216058282

  • 買えますよ

    日本の電子書籍も、海外発行のクレジットカードで購入できますよ。
    ドイツ発行のクレジットカードでアマゾンの日本語電子書籍を購入しています。
    ご使用されている販売サイトで違うのかもしれませんね。
    または、クレジットカードの種類が制限されているだけかもしれません。

    ユーザーID:4196048901

  • 不正利用が多いからかな。

    電子書籍の場合、決済した瞬間からダウンロードできますよね。
    ですから、もしそのカード番号が不正使用されていても
    対策が取りづらいからかと。

    本は現物なので、発送までの時間に不正利用の確認が取れる可能性があるから
    ある程度は利用できるのではないでしょうか。
    当然ホテルもね。

    あとは、その書籍販売会社とカード会社の取り決めみたいなものも
    あるのかもしれません。それは専門家の方がお答えになるかなと思います。

    考えられる理由としたらそれぐらいでしょうかね…

    ユーザーID:1607575627

  • 何故でしょうね

    理由が知りたいということなら、その電子書籍の業者に問い合わせた方が話が早いし確実だと思いますよ。

    ユーザーID:8981698747

  • アマゾンのKindleですか?

    私も同じく海外在住で、クレジットカードは、こちらで発行されたものを使用しています。もしトピ主さんが、アマゾンジャパンのKindle電子本の購入のことをお話ししていると仮定して、お話しさせて下さい。私も同じように、電子本を購入できずに、いろいろ検索したところ、アマゾンジャパンのKindleの設定で、居住地を日本の住所(私は、実家の住所を使用)にし、クレジットカードの請求書の住所は、そのまま海外の住所に設定したところ、今では問題なく電子本を購入できるようになりました。その際、現在お住まいの国のアマゾンとアマゾンジャパンの2つのアカウントでKindleを使用する際、Kindleクラウドのアカウントは別々に設定した方がいいというコメントもあったので、Kindleアカウントは別々にしました。もしかしたら見当違いのレスをしてしまったかもしれませんが、海外発行のクレジットカードでも、日本語の電子本が購入出来まますよ。

    ユーザーID:5593047915

  • それは消費税との兼ね合いの問題です

    各国の税務当局が頭を悩ませている問題です。

    海外からクレジットカート(CC)で決済する場合
     本屋さんから買うー此れは日本国内での売買で消費税を付加します。
     航空券はー元々日本国内で販売しても、使用が国外になり、消費税の対象になりません。
    従い、CCの発行国を問わずに、消費税の付加、不付加の判断可能です。
    ところが電子書籍は
     日本国内のサーバーで販売した場合、付加、不付加をそのCC発行国で判断してます。 要は、納税の基準にしています。 反対に、デジタルの場合、アメリカの州によっては、国外のサーバー設置国に州税(販売税)の課税を要求して裁判になったりしています。
     現品販売とソフトの販売での、税務の徴税基準で世界中が未だに統一されていませんし、実際の課税(納税)問題で問題を抱えています。

    同様に、日本のサイトでソフトであるギフトバウチャーを、海外から、日本以外のCCでは買えないサイトもあります。 

    それほどVAT, 消費税、州税等は、ネット販売の課税逃れで困っているのです。

    ユーザーID:9218218404

  • レスをありがとうございます。 1

    レスをありがとうございます。
    まず訂正をさせてください。ネット上の電子本専用の本屋さんと実物を発想してくださる他の本屋さんの支払い方法がまじってしまいました。

    確かに購入できるサイトはありました。でも、品揃えがないので除外していました。私も電子本の紹介があったときには これからは本がもっと身近になると大喜びしました。そのあとで、ものすごくがっかりしました。今は送料を払って本を購入しています。その度に送料を考えると注文を控えてしまいます。仕方がないとはいえ、どうしても納得できないのです。それでトピを立てました。

    レスを読んで、確かに理由は カード以外にありそうな気がしてきました。

    ユーザーID:6803086376

  • レスをありがとうございます。 2

    続きです。

    レスを戴いてからまたサイトを調べて見ました。
    アマゾンならばと思いましたが、「地域制限」で、アウト。

    また、大手本屋さん(3社)のサイトには 「電子書籍サービスは日本国内でのみご利用いただけます。」
    「電子書籍につきましては、現時点では海外在住のお客様へのご提供は行っておりません。」
    「日本国内のみのサービスです。海外からのご利用はできません。」で、アウト。

    電子本ストア(2社)では 「※日本国内で発行されたカードのみ利用可能です。」 
    (国内発行のカードのみご利用いただけます)で、アウト。

    三振でした。ほとんどの社がこのように 「日本国内のみ」をうたっているのですから何か公けにはしたくない理由があるのでしょう。意を決して質問してみましょうか? 撃沈覚悟で! でも二の足を踏んでしまいます。

    本という大きな楽しみを与えてくれるものが手軽に入手できないなんて、本当に消化不良を起こしてしまいます。

    ユーザーID:6803086376

  • トピずれ回答かもしれませんが

    先日日本のコンビニで、ヴィザだかマスターだか忘れましたが、
    プリペイドのものを見ました。
    こんど一時帰国された時にこれを購入されるか
    どなたかがトピ主さんのところを訪ねられるときに頼まれるかされてはいかがでしょうか。
    プリペイドカードでは駄目だったらすみません。

    私は今は日本に住んでいますが、
    元住んでいた国の本を購入してます。
    電子書籍はやはり駄目なので、紙の本をamazon japanで頼んでいます。
    送料がかからず、現地価格に近い価格なのが救いです。

    ユーザーID:5244846735

  • それは消費税との兼ね合いの問題です

    もうとピ主さんもご覧になっていないと思いますが・・・。 二度目のレスです。

    理由は、国内取引きか海外取引かに係る、各国の消費税なりの内国税課税に係る事なんですって! 
    日本では、既に政府が来年10月から海外ネット経由での取引きへの課税導入を決めています。 此れ迄は、海外サーバーから配信されるサービス(役務)には、その所在地でも使用する日本でも消費税(または州税など)が課せられていませんでした。一方、日本のサーバーから国内への提供には課税されていました。
    反対に言えば米国州政府は米国のサーバーが提供するサービスが海外(他州)の場合には課税出来ない等の不都合がありました。但、一部の州では此れに課税する事で既に始まっています。
     要は、日本のサーバー経由のサービス提供先が他国の場合、その当該国が課税権を行使する事になるやも知れず、トピ主の様に米国のカードでは日本のサーバーを利用出来ない様にして、米国州政府の課税問題を回避しているのですよ。

    「海外サーバー、消費税」等で検索すれば、関係資料が出てきますから、良くお勉強されては如何ですか(苦笑)。

    ユーザーID:9218218404

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧