お料理上手な方にお聞きしたいです

レス24
(トピ主2
お気に入り71

生活・身近な話題

ぷりん

私は 料理が下手です。
美味しくできないので料理が嫌いです。
下手 まずい 嫌いの悪循環に陥っています。

お料理上手にならなくても 何とか美味しい食事を と決心し 今まで目分量だった調味料をすべてレシピ通りにすることにしました。

そこで ふと疑問に思ったのですが お料理上手の方はこの調味料の分量を全部覚えているのでしょうか?
茶わん蒸しの卵とだし汁の割合 すき焼きの割り下の割合 ちらし寿司の寿司酢の割合 全部覚えていますか?
覚えやすい覚え方がありましたら教えてください。

よろしくお願いいたします。 

ユーザーID:3632632836

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 味見しないの?

    最初のうちは計量して
    舌で覚えて
    味見しながら作るんじゃないんでしょうか・・・

    ユーザーID:2562504051

  • 料理が下手だという自覚があるのに、なぜ目分量?

    私も料理が大得意!という訳ではありませんが、失敗はほとんどなく、いつも普通においしくでき夫にも褒めてもらえます。
    ただレシピ通りに作ってるだけなんですけどね。

    「分量をちゃんと量って、レシピ通りに作る」

    料理が下手という人って、多分レシピをちゃんと見てないんですよね。
    レシピ通りに作れば普通にできるのに、なぜそれをせずに失敗を繰り返すのか、いつも不思議に思います。

    分量を覚えてるか?と聞かれたら私は覚えてません。
    よほど何度も作る物以外は、毎回レシピを見ながら作ります。
    でも作り続けてるうちに、少しずつ「この調味料は大体これくらいかな」と見当がつくようになってきました。

    もちろんお料理上手な人は、目分量でもおいしく作れるんでしょう。
    そこには「慣れ」と「センス」と「勘」が必要なんだと思います。

    素人の私たちが、何もかっこつけて目分量で作ることはありません。
    ちゃんと分量を量って作る、まずはこの基本的なことから始めましょう。

    ユーザーID:6647423607

  • 上手というほどではないですが、それなりに美味しく作ってます。

    調味料の分量はほぼ覚えていません。
    割合と、色合い、照り具合、触感で見ます。
    あとは途中の味見で調整。

    結局は経験に基づく習い性なんでしょうか。
    砂糖がこれくらいならこれくらいの甘さ。
    醤油がこれくらいならこれくらいの味。
    途中この味なら出来上がりにはこうなる。
    大体の予想が付くのでそれに頼って味付けしています。

    トピ主さんはこの予想ができないので目分量ができないんでしょうね。
    これはもう慣れるしかないんです。
    何度も何度もいろいろな料理を作っていけばいずれ覚えます。
    面倒でも経験を積むしかないです。

    こんな適当料理の私でも初めて作る料理はレシピをキチンと見ます。
    まあ、見ますけど自分の好みとは限らないので、そろえる調味料はレシピ通りでも分量はアレンジすることはありますが。
    (甘い味が苦手なので砂糖は控えるとかです。)

    ただ、私のような目分量も善し悪しです。
    日常は適当に作って問題ないですが
    人にレシピを聞かれても教えることができませんから…。

    ユーザーID:6015868556

  • ほぼ毎回同じ

     私,主夫ですが。

     自分が使っている調理用具の「容量」をおおよそ覚えています。
     また、あれを作るときは「この器に、コレぐらい」という、毎回あまり変わらない目分量をしています。茶碗蒸し、割り下、すし飯の酢、こういうのは量を測ってやるという範囲ではなく、慣れでできてしまうもんだと思うますけれどね。

     初めての料理は、本を見て作る。どこが大切か、自分の味付けだともう少し薄目がいいとか、家族の人数に合わせると、この量だな、と見当がつきますね。
     そうすると、二度目からはその味、その量を目指して調理すればできます。

     いつも使う調理用具に水を入れて、これぐらいで何ml、これぐらいで何g、というのを試しておくのはいかがでしょうか。
     それと、自分がおいしい味付けを記憶することですよ。

     そうでなかったら、しばらく料理を作るたびにメモをしておくことです。

     家族のご飯を作り続けている主夫のやり方はそんな風です。
     自分も、家族も「これがおいしい」という味を見つけ、おおよそその範囲に毎回入るように、でしょう。

    ユーザーID:1896312256

  • 「料理上手」とは名乗れませんが

    主婦歴20年、料理は好きなので書いてみます。

    調味料の分量…別に覚えていません。覚えようともあまり意識してなくて。
    寿司酢の配合は覚えています。

    レシピや配合を頭の中に入れて作れることも熟練されて素晴らしいですが、
    私は、それと上手においしく作れることとはまた別と思っています。
    毎度レシピを見ないと作れないとしても、美味しく作れるならそれでOKでしょ?

    レシピや配合を覚えているのもあるけど、適当に「こんなもんかな」で作ることも多いです。
    その時ある食材の量に応じて毎回分量は変わるのです。いつもレシピ量通りでは作りません。
    煮汁はこれぐらい、だったらお砂糖はこれぐらい?お醤油はこんなもんかな?
    と目分量で適当に加えまて、大体「いつもの味」になります。
    舌で味を覚えていて、大さじ小さじの計量はしません。

    慣れていないうちは、レシピでも本でも見ながらで十分だと思いますよ。
    主婦歴20年でも、もっとおいしく作れるレシピは無いか?といいレシピを常に探求していて、
    見つかる度に新しいものに更新します。
    だから全部覚えてなんかいません。

    がんばって!

    ユーザーID:5876919517

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 上手かはわかりませんが

    男です。

    私は、よく作る料理は適当です。
    チャーハンとか肉じゃがとか。
    すき焼きの割下なんで作ったことがないので、そういうのはレシピ通りにします。
    薄味めにして後で調節できるようにすると失敗は少ないかなと思います。

    ユーザーID:4800947515

  • 美味しく作りたいから…

    私はほとんどの料理を、レシピを見ながら作ります。

    目分量でなんて作れません!


    失敗したら自分にムカつくからです(そこら辺完璧主義)。

    覚えてる料理でも、大さじとか小さじとか使って、計りながら作ります。


    主婦8年もやってるのに、素人くさいですよね〜。


    本当は目分量で作りたいんだけど…。目分量で作る人って、かっこいいわぁ〜。

    「主婦のプロ」って感じがして…。


    あ、計るのは調味料だけで、食材の量は超テキトーです。

    ユーザーID:6067026684

  • だいたい、だけどね

    茶碗蒸しは、卵1、だし3(卵は50ミリリットル換算)
    すき焼きは、砂糖、しょうゆ、みりん(または酒)同量で焼き付ける
    すし飯は、砂糖1、酢2、塩少々

    適当に匙加減はしますが、この程度だったら本は見ません

    本は、「和・洋・中華たれ・ソース・ドレッシング250種」

    ユーザーID:3349202701

  • 自分のレシピノートを作る!

    料理研究家もレシピ本を作るように、自分も自分の味のレシピノートを作ったらいいと思います。

    例えば、レシピどおりに作って美味しかったら、そのまま書き写す。
    ちょっと味が濃ければ調味料を減らして(減らした量もしっかり分量として出す)、自分に合う!と思った分量ができたらそこで初めて書き写す。
    つまり、本当に美味しいレシピになったらノートに書いて、少しづつレシピを増やすんです。

    私は50代前半ですが、レシピノートが3冊になりました。デザートのノートはまだ1冊埋め尽くされてないですが、これも大事な思い出のレシピ。
    改良の余地ありのレシピは結構ありますが、まだノートに書き写す「合格点」には達してないので、今後調味料を加減して自分流にしようと思います。

    1つアドバイスですが、あまり改良しなくてもいいレシピが多いのは、栗原はるみさんです。しかし、たまにおしょうゆの分量が多いかな?と思う時がありますが、その時に大さじ1減らしても美味しさがそのまま生きるのがはるみさんのすごい所だと思います。
    まだ本を持ってなければまず「ごちそうさまを聞きたくて」から始めてください。

    ユーザーID:3192236085

  • 覚える、メモに残す

     大丈夫、回数を重ねて作っていくうちに覚えてしまいますよ。
     あれ?いくつだっけ……とならないようにノートを作って書いておく。
     私は酢飯の酢の割合は、ご飯の合数別に書いて酢の瓶にラベルを作って貼ってあります。
     便利なのは、調味料の換算表です。
    大さじ一杯だったら●●グラムというふうな表になっています。バター大さじ3なんて面倒で計れないでしょう。表を見れば、パッと計算できますよ。
     
     
     
     
     

    ユーザーID:1623013040

  • だいたいの感覚

    平日の夕食と平日は3食つくっています。
    料理が下手とか、美味しくないという方は
    途中で味見をしない人が多いと思っています。

    最初から全ての調味料を入れるのではなく、
    基本の「さ、し、す、せ、そ」の順に入れて
    味見をしながら、調整します。

    煮付けなどの砂糖・味醂等の甘みは後で入りにくいので
    始めに味をつけて、塩味(塩・醤油)を足して調整します。

    素材による火加減や入れる順番も重要ですし、
    切り方、大きさにも注意が必要です。
    野菜の色々な切り方はそれなりに意味があります。

    肉、魚は下処理をしっかりしないと
    匂いや口当たり、風味に差が出ます。

    ベター○ーム等から出版されている
    料理の基本をしっかり覚えることです。

    慣れてきますと、色合いなどから
    大体わかるものです。

    基本をしっかりして、後は数をこなすことです。

    失敗したり、上手くいった時をよく
    覚える事が重要です。

    頑張って下さい。

    ユーザーID:2352347911

  • レシピは参考値でしかないわね

    レシピに従って作ったところで、食べる時によっては、
    美味い物にも、不味い物にもなるわね。

    美味しい料理に至るには、場数を踏むしかないと思うわ。

    ユーザーID:5850596363

  • しょっちゅう作ると自然に覚えるのよ

    毎日、料理しているとね、そのうち、自然に覚えちゃうのよ。得にお気に入りとか、おいしかったものはね、

    それで目分量とか、適当な量で、、、というのが可能になります。

    何事も、何度も作ったという経験があってこそ、ですよ。頑張ってね。。

    子供ができたら、嫌でも毎日料理を作る羽目になりますからね。

    ユーザーID:8723146127

  • とぴ主です

    ゆう様まで読みました。

    いいくにつくろう鎌倉幕府

    みたいに簡単に割合を覚えるごろ合わせのようのものがレスされると思っていました。
    そんな化学反応みたいな料理ではないレスを読んで 料理が嫌いではない というのがお料理上手の必須条件と感じました。

    味見についてですが 例えば肉じゃがを作るときに 水 砂糖 塩 醤油 酒 味醂で美味しい煮汁を作っても 煮上がるととても薄くなってしまって美味しくありません。
    そこへ醤油や味醂を足しても美味しくなりません。
    私の舌はいわゆるバカ舌らしく 美味しいというピンポイントはわかりますがそこから外れると 何が欠けているのか 何が過剰なのかという美味しさからのずれの方向と どの位欠けているのかというずれの度合がわかりません。

    これも慣れでわかるようになるのでしょうか。

    ユーザーID:3632632836

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 計量します

    料理上手とは言えないまでも料理好きです。
    煮物は味の調整ができるので目分量で作りますが、煮汁の味を覚えているので大体同じ味にできます。


    寿司酢なんてめったに作らないものはレシピを見ます。
    茶碗蒸しは出汁と卵の割合が決まっているので目分量でできそうですが、覚えてないのでレシピを見ます。
    作る頻度が少ないもの、失敗したくないものはレシピを見ます。


    レシピでもいろいろ好みがあるので、おいしいと思ったレシピはメモしておくといいですよ。
    小さなカードなどに書き写してファイリングしていくと、自分好みのレシピブックができあがります。


    おすすめの方法ですが、肉料理の塩分は適量をパーセントで覚えておくと便利です。
    大さじ、小さじなどで計るより応用が利きますし、味が安定します。
    クッキングスケールできっちり計ったほうがいいです。


    私の場合、塩豚なら肉の2%、ハンバーグなら0.5〜0.6%、ローストチキンなら0.5%・・など、好みが大体決まっています。

    ハンバーグはベストの塩分決めたら味が安定しました。
    適当だったころは、日によって味にばらつきがありました。(あたりまえか・・・)

    ユーザーID:8436797016

  • 計らないと

    寿司飯と茶碗蒸しのだしの分量は覚えています。

    茶碗蒸しは我が家の場合玉子1個に対してだしが150ccです。(玉子の大きさによって多少変えます)あとは火加減さえ気を付ければ大体うまくいきます。

    寿司飯はお酢の容器に書いてるでしょう。苦手なら寿司酢を買えばいいんです。

    すき焼きは関西風なので、砂糖と醤油で味付けです。(これは適当)

    とりあえずレシピ通りに作って、うまくいったらメモして、調味料は毎回計った方がいいです。
    慣れたら計らなくても出来るようになります。

    ユーザーID:6295000489

  • レシピノートに賛成

    何故ならば、お料理上手だった姑が突然味が変わったからです。
    あの美味しかったレシピはどこに行ったの?って感じです。
    もちろん、若い時の舌と高齢になった時の舌に変化はあるでしょう。
    だからこそ、若い人に受けた時のレシピは大事に取っておきたいもの。
    自分達で食べる時は、自分達の味でいいから、せめて美味しかった
    あのレシピは大事にして欲しかった。
    こんな事になるのなら、姑の得意な料理をその時に教わっておくんだった。
    だから、私も100均で買ったノートに、忘れたくないレシピを書いています。

    ユーザーID:9142884969

  • そう、化学反応です!

    料理って化学です。
    化学反応が詰め込まれています!

    追加を読んでちょっとわかったかも。
    トピ主さんはその化学反応、というか化学変化を実感できていないんですよ。

    料理が苦手な人に
    火加減がいい加減←ここも化学変化
    時間経過による味の変化←ここも化学変化
    ここいらが適当だから、という人も結構います。

    例にある肉じゃがですが、
    最後の味見は出来上がりすぐ、温かい内じゃないですか?
    煮物は冷めていくときに味が染みるんです。←これも化学変化
    温かいときに薄味でも冷めると美味しくなります。
    きんぴらごぼうもそうです。
    私は煮物系は大体あともう一味というところで止めます。
    その美味しくない味と、冷めてからの味を覚えておきましょう。
    それを踏まえてから最終調整です。

    どうしても味が決まらないのなら下手に醤油や味醂を足すより潔くめんつゆを少々足すというのも手です。
    旨味があるので失敗しないですよ。

    ユーザーID:6015868556

  • 2度目です

    その肉じゃがのレシピが美味しくないんだと思います。おそらく、塩を止めてだしのもとを振りいれれば多少は良くなるかな?
    肉じゃがでレシピ検索すると沢山出てきます。1つづつ作ってみたらどうですか?

    私のレシピ本に書いている肉じゃがをここで教えますね。

    じゃがいも(中)4個、玉ねぎ大2個、牛ひき肉300グラム
    砂糖 計量カップに入れて指でしっかり押さえて100ccくらい、 酒2分の1カップ、しょうゆ2分の1カップ、ほんだし大さじ2分の1

    全てを適量に切って、鍋に入れてじゃがいもに串が通るまで中火で煮込む。(落し蓋を忘れずにね)仕上げにみりん大さじ2を加える。

    このレシピはダウンタウンの浜ちゃんの奥さんのレシピです。(ほんの少しだけ分量を変えてますが)この肉じゃがだと、誰が作っても失敗はないし、男性受けします。パンチのある肉じゃがです。

    浜ちゃんの奥さんは、ここに茹で卵や茹でたいんげんもプラスしてました。
    翌日は、茹でたじゃがいもをマッシュしてプラスすれば、肉じゃがコロッケもできます。これが又美味しいんです!

    是非トライしてくださいね。

    ユーザーID:3192236085

  • トピ主さんは理系女子?

    レスを読んで、そんな印象を受けました。
    お料理は化学的ではありますが(お菓子やパン作りは特にそうです)、
    化学式のように頭でこうすればこう、だけでするものでもありません。
    柔軟さも必要です。

    例にあった肉じゃがですが、材料からも水分は出るし、材料の量が多い場合も味は薄まります。
    それを見越して煮汁の量を考え味付けをするのです。
    「煮詰める」「水分を飛ばす」で味が良くなることもありますよ。

    肉じゃが一つでもレシピは数えきれないくらいありますよね。
    その中から、美味しくて自分に合ったレシピを見つけることも大きいです。
    単に有名料理サイトで大人気のレシピを使えば当たり!ではなく、
    素人レシピはハズレもあります。プロのレシピをお勧めします。
    「自分に合ったレシピ」に出会うと変わりますよ。

    美味しいものを作るには、追求心探究心と、失敗しても諦めない!を持ち続けることかな。
    失敗の要因を踏まえて、次回はここをこうしよう、を何度も重ねることです。
    もし理系なら、実験に例えてもいいかもしれません。
    ベストレシピを作るには、プロも何度もそうしているのです。

    ユーザーID:5876919517

  • 肉じゃが

    トピ主さまが肉じゃがが上手くできないと書いていらっしゃったのを見て・・


    私も肉じゃがは味が安定しませんでした。
    いろいろ試したけどなかなか好みのレシピに行き当たらず、自己流で作ってはイマイチ。
    イモの種類や大きさでも味が変わりますよね〜

    で、あれこれ試した結果、肉じゃがは煮汁が多いタイプではなく、
    水分の少ないレシピが好みということに気が付きました。


    野菜からでる水分で作る肉じゃがで、ほくほくにできます。
    私は甘みは少ないほうが好きなので、砂糖の量はかなり減らしちゃいます。



    前回、煮物は目分量と書きましたが、
    大根の煮物など水分が多い野菜の煮物の場合、煮汁の味を決めるときに
    いつもの味より濃いめにしておくとうまくいくように思います。
    大根の水分でかなり薄まるんですよね〜

    ユーザーID:8436797016

  • とぴ主です

    鋭いご指摘に冷や汗が流れます。

    理系です。

    早く仕上げたくていつも強火です。
    せっかちな性格で 夏休みの宿題は7月中に終わらせるタイプでした。

    皆様がおすすめくださったレシピ通りに作る から始めます。

    この連休中に 美味しい肉じゃがをめざします。

    レシピや経験を教えてくださってありがとうございました。

    ユーザーID:3632632836

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 早く仕上げたくて強火?

    そりゃあ、あなた無理ですよ。
    もしかして肉じゃがはおなべのふたをして煮込んでるとか?
    そうしたらふたの内側の水滴がたれて味が薄くなりますよ。
    あなたのような方は、1度料理教室で基礎を学んだほうがいいですよ。

    ユーザーID:0655374309

  • トピさんの作り方と逆に作っています

    >水 砂糖 塩 醤油 酒 味醂で美味しい煮汁を作って

    肉、ジャガイモ、玉ねぎを入れて煮ながら砂糖 塩 醤油 酒 味醂、一味を入れています。
    最後に味を見て、足りないと思えば砂糖や塩、コクが足りないと思えばめんつゆを入れています。

    自分の考えですが、確か調味料を先に入れると味がおかしくなると言うか、ジャガイモなら外から味がついてしまうために均一にならないとか
    火を入れても硬いとか…しっかりと覚えていませんが、火を通してから味をつけるだったと思います。
    お料理番組見ても最後に味付けしてます。

    最初に味付けするからおかしいんじゃないでしょうか???

    量はだいたい覚えています。
    ハンバーグのパン粉が一握りとかって覚え方ですが

    ユーザーID:2761235824

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧