趣味・教育・教養

子どもの小学校、小規模校、それとも 大規模校?

レス24
お気に入り55

りんご林

学ぶ

現在郊外の住宅地に住んでいます。夫婦共働きで出勤は片道1時間半、
できればもう少し近い都内に引越しをと考えています。
現在考えているのは同じ沿線上にある駅なのですが、気になるのは小学校のことです。
学区内の小学校は新入生が30人に満たないようなのです。
現在住んでいる地域は子どもが多く、新入生は150人以上。

小学生にとって小規模校と大規模校、どちらのほうがいいのでしょうか。
ご意見や経験談をお聞かせいただけると幸いです。

ユーザーID:8768806915

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数24

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 途中で引っ越せば、どちらも経験できる

    小学1−3年まで、現状のところにいて、
    小学4−6年まで、引越ししたければする。

    という案はいかが?両方とも体験できます。

    どちらにも、良い面・悪い面があるでしょう。

    ユーザーID:1625302524

  • どちらにもメリット・デメリットがあるだろう。

    ご家庭の教育方針などに適するかどうかで判断せざるを得ない。

    まず、クラス替えの有無。小規模1クラス編成では当然ない。
    この場合、同一学年で問題のありそうな子がいるとずっと同じクラス。

    逆に大規模校であれば、そんな子が複数いるのは当たり前。
    当然ながら、居心地の良いクラスになる場合も、難しいクラスになるときもある。

    次に行事関連、自由度や選択肢の広さなど違いがでるはず。
    大規模なら何でもできるが、その代わり大掛かりになるため準備期間も長い。
    小規模なら一人あたりの役割負担も増える。小回りが利くという意味での自由度がある。
    1学年でできないものは「やらない」か、複数学年で行うことになる。

    授業などでも、大規模校であれば算数の習熟度別授業などを施せる場合もある。
    当然、小規模では不可能。

    また、小回りが利くか否かというのは運営の根幹にも影響がある。
    1クラスであれば、そのクラスに居る子たちに合わせることもある程度可能。
    大規模であるなら、クラス・学年・学校でのルールに従うことで統率をとる。

    地域も違うなら、生活も異なりますから更に比較するのは難しいですよ。

    ユーザーID:7306913434

  • 大規模の方が実は目が行き届く

    大規模校、小規模校それぞれの実態を体感してきた者です。
    現在の学区域が大規模校なら、わざわざ小規模校を選択しない方がいいと思います。

    生徒の人数で、先生の人数が決まります。特に専科の先生の数は大きく左右されます。小規模校では専科の先生が足りず、兼任になることもあります。
    大規模の学校の方が先生一人当たりの生徒の人数が少なくて、目が行き届きます。小規模校だと先生一人当たりの仕事が増えるので、生徒に対して余裕が少なくなります。

    また、小規模の学校では人間関係でまずい事が起きても逃げ場がありません。
    クラス替えは生徒の煮詰まった雰囲気を解消するためにも必要な事ですが、生徒が少なければ入れ替えも少なく、視野が狭くなりがち。

    学校を選べないならまだしも、わざわざ小規模の学校を選択しなくてもいのでは

    ユーザーID:9811296436

  • 親の好き嫌いによるみたいです

    我が家の近くにも、1学年1クラスしかない学校と、
    5クラスある学校があります。

    小規模のほうは、授業が手厚く、子供一人一人を丁寧にみてくれて
    学力も高いという評判です。
    ただ、いじめなどがあっても、クラス替えはできないので
    6年間ずっと一緒でがんばるしかないそうです。
    親の数も少ないので、毎年なんかかんかPTAの仕事につかなければ
    ならないそうです。

    大規模のほうは、その逆ですね。

    保護者の好き嫌いによって、子供が小学校に入る前に
    どちらかの学区に引越すという方もいるみたいです。
    でもどちらかというと、小規模のほうが敬遠されて
    人数がどんどん減ってるらしいです。

    ユーザーID:3141339541

  • 私の経験

    参考になりますでしょうか。私の経験です。
    娘の通っている学校は1学年1クラスの小規模学校です。
    初めは少人数は和気藹々で楽しそう♪と思いましたが
    今は1学年2クラス以上は必要ではないか?と感じます。
    学年が進むにつれポジションが固定してしまうのですよね。
    その中に力の強い意地悪な子がいると大変です!
    娘のクラスにも、面白くないことがあると1人をターゲットにして悪口三昧、
    仲間外れも簡単にしてしまう子が一人います。こんな少人数なのに!
    子供の頃はクラス替えは嫌なものでしたが娘のクラスを見ていると
    「出来上がった雰囲気を変える」「風を通す」にはクラス替えは必要なのかも。
    それと保護者の関係も濃いですよ。こちらの地域は田舎なので特にそうなのかもしれませんが。
    人数が少ない分、良くも悪くもいろいろな事が見えてきます。
    選べるということはどちらを選んでも「あちらだったら・・・」と思ってしまうことが
    あるかもしれません。
    学校での人間関係(保護者も含め)は想像以上に様々なことが起きます。
    どちらを選んでも負けない心を持ってくださいね!

    因みに私は中学までは我慢だと腹をくくりました。

    ユーザーID:6378366116

  • 私の理想は

    私は幼稚園(1学年30人×4組)中学校(1学年40人×7組)が大きめ、小学校(1学年30人×3組、自分より下の学年は2組でした)は中規模でした。
    幼稚園と中学校は、入った時少し圧倒されたかな。
    小学校も学年数は倍なので、全校で揃った時1年生は結構圧倒された気もしますが、6年も通ってしまうとみんな知り合いで物足りない感じもありました。全校で400〜600人規模でしたが、私は全校生の顔と名前を把握しちゃってましたね。(幼稚園と中学校では覚えられませんでした)
    中学はクラス替えがすごく不安だった事を覚えています。小学校から中学に上がる時も、同じクラスの同性の子は自分ともう1人だけという状況でしたし。ただ、中学になると長い人とは幼稚園、小学校から10年以上付き合いがある人もいますし、2年、3年と上がるうちに自然他校出身の知り合いも増えてきますが、毎年7つにシャッフルされるのは結構プレッシャーがありました。
    自分なら小学校はクラス替えの事を考えるとやっぱり3クラス欲しいかな。中学もそんなに多くなくていいけど、他校との合流は欲しいので4、5クラスぐらいが理想です。好き勝手言ってますね(笑)

    ユーザーID:2525718472

  • やっぱり、大規模校かなぁ

    今は高校生の我が子、大規模校とは言わないまでも、最小3クラス最大6クラスの小中学校に通いました(ちなみに高校は8クラス)
    なので小規模校の経験は無いのですが、見聞きした話になります
    ■デメリット
    ・クラスが固定メンバーで、変化が無さすぎる
    ちょっとしたトラブルがあったので、来年度は違うクラスに…なんて無理です
    またクラス替えしてもメンツが変わらず、ダラダラしがち。メンツを変えることの成長が期待出来ない

    ・親同士が密になりすぎ
    いい噂も悪い噂も、6年間じっくり熟成されます
    また、小規模校は家庭数も少ないので、PTAを引き受けることが出来る人に役割が集中しがちに

    ■メリット
    ・仲が良い、絆が強い
    幼い頃からの顔馴染みばかりなので、酸いも甘いも噛み分けて、仲良くします


    保育園や幼稚園なら、きめ細かな対応を期待出来る小規模をオススメしますが、6年間通う小学校は大規模校のほうがいいと思います

    子どもにも様々なタイプの人(クラスメイトや先生、他の子の親)がいることを見聞させる、社会生活の第一歩になると思います

    ユーザーID:6578306678

  • 両方経験しました

    転勤により、小学校三校経験しています。
    1.1学年2クラス約60名
    2.1学年3クラス約80名
    3.1学年5クラス約180名

    ちなみに幼稚園も1に似た規模だったので、慣れもあり
    二年同じクラスだと同じクラスの子やお母さんも
    なんとなく覚えられるし、運動会等の学校行事も
    見やすかったです。
    2も学校行事は見やすかったけれど、毎年クラス替えが
    あるので転勤族としては、あまり覚えられないうちに
    また転校でした。
    3は全校児童1000人超えますので、学校行事時は
    かなり混んでいます。疲れます。
    また3は都市部で人数も多いので、子供同士
    競い合う意識が高い気がすると子供は言います。
    成績の付け方も大規模校の方がドライな気がします。
    2の方が、温情があると言うか個々をよく見てもらえた
    気がします。
    それは地方や先生にもよるので一概には言えませんが。

    うちは転校生なので、学年1クラスだと友達関係が
    既に固定化していて入りにくそうなので、大規模で
    良かったと思ってます。転校しない方でも1クラスで
    6年間ずっと一緒って良いような悪いような…。

    いずれにせよ子供はどんな環境でもすぐに
    馴染めます。

    ユーザーID:9675529256

  • お子様の個性

    お子様が、標準より体格が大きい、明るく活発、あまり人見知りをしないタイプなら、どちらでも馴染みやすいと思います。
    お子様が虚弱体質、感性が豊かで繊細、アレルギー等で生活習慣にきめ細かい配慮が必要などでしたら、大規模校はあまりにも人が多すぎて、慣れるまで疲れてしまうかも。

    うちの子は元気すぎるほど元気で(上記の前者タイプ)でしたが、やはり一学年200人近くの規模となると、一年生の一学期はすごく疲れていました。ただ体力はあるため、疲労で寝込むというよりも、イライラしてすごく機嫌が悪かったです。2学期になると慣れていましたが。

    運動会のダンスや演奏会は人数が多いと壮観です。でもプールや理科室など他学年との調整があるため、混雑してあまり使わせてもらえないようです。

    都市部の小学校の方が、保護者の関わり方が(皆共働きで忙しいので)合理的な形になっているようです。共働きならその方が良いと思います。

    あと、校区(小学校だけでなく中学も)の荒れ具合(中学が荒れていると受験する人が多く、小学校も高学年で荒れる話もあり)、通学路の安全など、治安面でもチェックが必要だと思います。

    ユーザーID:4484301337

  • 30人にも満たないと・・・

    クラス替えが全くなく、同じ仲間と6年間顔を突き合わすことになります。
    いじめ問題が発生した場合などはとても大変と伺ったことがあります。

    ユーザーID:5128706340

  • 小規模校でした

    地方都市の、街中ですが高齢化で子供が少なくなった地域に住んでいました。小学校は全校で7-8クラス。1学年1クラス、たまに2クラスでしたね。校長先生が全校生徒を覚えてましたし、他の学年の先生にも声をかけてもらえます。子供達のお友達とその親御さんが一致していましたし、とにかく大勢の大人が子供達を見守っている感じでした。子供同士も仲が良かったですね。イジメとかはすぐ周りの大人に気づかれますね。運動会ではしょっちゅう出番で、しかも我が子がどこにいるかすぐわかります。勉強の方は熱心な家庭が多く、都会と違って地元の中学当たり前の市内では珍しく中学受験率が高かったです。これは小規模校とは関係ないかもしれませんが、少なくとものんびり、おっとりばかりではありませんでした。良い環境だったと思います。

    小規模だからお母さん同士のお付き合いが濃すぎるということもなかったです。私は仕事しているからかもしれませんが。

    難点はクラス替えが無いので、リレーの選手はAちゃん、ピアノの伴奏はBちゃんと固定しがちという点と、役員ですね。親の役員は子供1人につき2回は必ずで、逃れられません。

    ユーザーID:5183906666

  • メリット・デメリットを考えて

    それなりに都会の小規模校の教員です。

    それぞれにメリット・デメリットがあります。
    例えば

    小規模校
    ・アットホームな雰囲気
    ・ほかの学年の子とも仲良くなれる
    ・先生が全校の子どもを覚えてくれやすい
    ・クラス替えがないと、人間関係を6年間引きずる

    大規模校
    ・井の中の蛙になりにくい
    ・いろいろな刺激を受け、考え方に広がりが出る
    ・友達ができづらくても、クラスが変わるとできることもある
    ・自己主張が強くないと、担任以外の先生に目をかけてもらうことは少ない

    といったところでしょうか。

    誤解されやすいのですが、小規模校だと先生の目が届きやすい、と思う方も多いですが、
    まちがいです。

    小規模校で39人のクラスと、大規模校で21人のクラスでは
    どちらが目が届きやすいか分かりますよね。

    あとはお子さんの性格などを考えて決めてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:2556367832

  • どちらも長所も短所もある

    1年から3年までは田舎の超小規模校、4年から卒業まで大規模校でした。
    ただどちらもクラスの半分近くは転校生という特殊ながっこうでしたが。
    自分の経験(思い出)からいうとどちらもいいところも悪いところもあります。
    小規模校だと先生の目がいきわたっていたし、学年を超えて児童同士が仲が良く
    のびのびと過ごした記憶があります。他学年の先生も面倒をみてくれたりしてました。
    1学年が20〜30人1クラスの学校です。
    転校先は1学年4〜5クラスで1クラス40人超えの大規模校。
    それも前年まで1学年10組近くあったという元超マンモス校でした。
    生徒が多い分刺激もありますが、やはり出来る子とそうでない子の格差はあったし
    先生の目も行き届かずそれなりの問題も起こってましたね。
    親もPTAが大変だったのはマンモス校のほうだったようです。
    まあ・・2,3年で転校する児童が多けりゃ地元親と転校親の対立もあったりね。
    どちらの小学校も楽しかったんですが、楽しい思い出は小規模校のほうが多いかな。

    ユーザーID:8605608486

  • 両方の経験あり

    子供(上の子)は3年生まで小規模校。1学年1〜2クラス、4年生から大規模校。1学年5〜6クラスでした。
    小規模校は、学校全体がまとまっている印象。入学式も卒業式も全体参加だし、校長先生はじめ先生方も、学年通り越して生徒を良く知っている印象。アットホームな感じだった。
    その代わり、クラス変えがないに等しいのでトラブルがおきると面倒なのと、友達の枠が広がらないデメリット。運動会は少なすぎて物足りない感じだけど保護者は楽に場所取り。

    大規模校は、生徒が多い分毎年のクラス替えで色々な子と出会う。もちろん子供が多ければトラブルも多いけど、巣小規模よりは離れる事ができる。学年が違う関わりの薄い先生は殆ど知らない。
    運動会は迫力あるけど保護者の場所取りは熾烈な争い(笑)

    小規模校は中学で他の小学校出身と交わるけど、大規模校はそのまま1つの中学校。

    選べるなら私は大規模かな。子の性格にもよるけど。

    どちらにもメリットデメリットはありますよ。

    ユーザーID:1053157150

  • どちらがいいとは

    うちは小規模校ですが、毎日楽しく学校に通っていますし、よく言われるような懸念(クラス替えがないからいじめがあったら…とか)もありません。
    子供達も1クラスしかない、クラス替えがないことは分かっていますから、それなりの行動をとります。

    小規模を敬遠して近隣の学校を選ぶ方もいますが、授業などの手厚さなどから、後悔する方もいらっしゃるようです(変更したら元の学校には戻れないので)。

    ただ、小規模なので、運動会などの行事が寂しく感じることはあります。親からしてみるとゆったり座って見られるのはいいんですけど…

    なので、どちらがいいかは一概には言えないと思いますよ。
    小学校では学校公開をしているところもあると思うので、実際の雰囲気などを見てみるのもいいと思います。

    気になるのは、小規模、大規模より通勤時間です。
    家の方は、学童が5時(延長で6時)まで、長期休みは朝9時からなので、通勤時間がかかる人は、子どもが1人で家にいる事になってしまうみたいです。

    規模だけじゃなく、その辺りも含め考えられた方がいいと思いますよ。

    ユーザーID:5879739738

  • 3クラス欲しいな〜と思っていました。

    トピ主さんの所ほど小規模ではないですが、学年70人の小中に娘が通いました。

    クラスが2クラスしかなく、クラス替えしても雰囲気が変わらず、苦手な子と同じクラスになる確率も半々で、娘はもう少し人数が多ければいいのに…と思っていたようです。

    今はどうか知りませんが、当時はクラス数で常勤の先生の数が決まるため、非常勤率が高かったです。
    授業中にトラブルがあっても、非常勤の先生は帰ってしまうので困りました。
    先生が少ないためかクラブ活動やイベントも少なかったです。

    私なら150人の学校を選びたいです。

    ユーザーID:7569356600

  • 絶対多いほうがいい

    小学生の子どもがいます。
    この春、転勤で、人数の少ない小学校(1学年70人)からマンモス校(1学年170人)に転校しました。6年生です。

    半年経過し、子どもに聞いたら「人数多いほうが絶対いい!」って言ってました。

    小規模校のときも今も友達には苦労していませんが、やはり全体の人数が多いほうがいろいろなタイプの友達ができるようです。

    遊びによって友人も変わり、その時々でメンバーが入れ替わっています。
    私は全然覚えられなくて困りますが(笑)

    うちは一人っ子なので、いろいろな子と触れ合ってほしい、多少嫌な思いをしてもいいから揉まれて育ってほしいと思っているので転勤のときに大規模校の学区を選びました。

    人数が多いからといって、先生の目が届かないとか友達づきあいが薄いとかそういったことはありません。
    というよりむしろ、以前の小規模校のほうがよほど大変でした。
    いじめだの嫌がらせだの、困ったちゃんに振り回されるなど、あったようです。(特に女子)
    余談ですが学力の高い首都圏の大都市でした。

    地域性もあると思いますが、うちは大規模が合ってると思います。

    ユーザーID:5013059425

  • 小規模卒業

    大人しく温和な一人娘がいます。
    そこそこ都会の公立小学校に6年間通いました。 
    生活レベルはいたって普通な家庭が多かったと思います。
    生徒数は1学年50人弱、各学年2クラスありました。
    人数が少ないと、先生の目も行き届き、教室もゆったりして、教育的な環境では申し分ないです。
    でも、クラスでは同性は12人ほどの中から本当に仲良くできるお友達を見つけることはとても難しく
    6年間お友達には恵まれませんでした。
    交友範囲が狭く母親のネットワークもとても強く、人数が少ないからか、他人の家庭やよその子供の成績なども気になり
    噂話などもひどく、それが子供にも伝わるという悪循環も多くうんざりしました。
    高級なおもちゃを持っている、お金のかかるお稽古ごとをしている、海外旅行に行ったなど、少しでも目立ったり、皆と違うことがあると
    親も子もバッシングに合うような環境でした。
    あと、参観などに来ていなかったり、学校行事に積極的に参加しないと、悪く言われたりします。
    今は1クラス43人の学級が7クラスある公立中学校に通っていますが、お友達が大勢でき、とても楽しい中学校生活を送っています。

    ユーザーID:7591067019

  • 1学年、1クラスは大変だと思う。

     大規模校のほうが良いと思います。1学年に1クラスだと、6年間ずっと同じ顔ぶれになります。問題が、ある子供がいても、逃げ場がありません。
    大規模校なら、クラス編成でも、希望が言えます。うちの子供は、人付き合いがいいほうと思います。が、ある時、「次の学年には、絶対○○ちゃんと一緒のクラスになりたくない」と言いました。理由を聞いて、納得できるものだったので、担任に伝え、次の学年は、同じクラスにならないように配慮してもらいました。,大規模校だと、こういう融通がききます。

     大規模校のデメリットは、運動会にやたら時間がかかることぐらいでしょうか(笑)

    ユーザーID:7294517324

  • ありがとうございます。

    みなさま、たくさんご意見を頂戴しましてどうもありがとうございます。
    経験から話をしていただけて、どのご意見もとても参考になりました。

    いただいた意見の中を読んで大規模の学校のほうが、無難というか、いろいろな問題が生じたときに、対応の仕方、対処はしやすいのかなという印象を受けました。先生の人数も多いので、そのほうが専科の授業も充実していそうですね。

    小規模の学校は、居心地がよく、保護者も仲がよければ、いい体験ができそうですが、運に左右されるというか、よい場合はとてもいいけれど、なにか問題があった場合に逃げ場がないのが大変ですね。


    ちなみに現在住んでいる地域は畑にマンションがどんどん建ってきていて、
    子供が急増しているような地域、都内で検討中の家は昭和の時代に建てられた団地が学区内にある地域です。(今後10年ほどで建て替えられるようなのですが)都内は交通の便はよくても、勢いのある今の地域のほうがいいのかもしれませんね。

    ユーザーID:8768806915

  • 整理して考える

    双方にメリット、デメリットがあるので整理して考えましょう。

    小規模の場合、親・子ともに人間関係に躓いたとき身の置き場が無くなってしまう。
    大規模の場合はかわして他に身の置き所みつけることも可能です。
    その他にも色々あるとは思います。
    私自身の感覚でいうと中学も地元の中学に進むのであれば大規模小学校の方がいいいと思います。
    中学から私立というのであればどちらでも構いません。
    むしろ小学校だけではなくそれを含む地域の環境を重視します。

    ユーザーID:2254773224

  • どっちもそれなりにいろいろある

     お隣が大規模・子どもの学校は小規模なので、必然的に両方の情報が入ってくる環境にあります。ぶっちゃけ、両方にメリット・デメリットがあります。

     えーっとねさんのおっしゃる意見が一番的を得ていると思います。


     なお、小規模校だと管理職含め先生は他学年の子でも覚えているという恐ろしい状況です。うちの子はどうも校長先生を含め、わりと名前覚えられているらしい(特段大きな問題を起こしているわけではない)です。悪さしたらばればれです。


     なお、荒れるといったことは、どちらでも当てはまり、どちらかというと学年カラーな部分があるので、「運」です。

    ユーザーID:1544842656

  • 規模だけでは決められない

    国公立大理工系アラフォー独身サラリーマンです。

    規模だけでは何とも言えませんし、本人の向き不向きもあります。

    都市部の小規模校でも、伝統校や教育熱心な地域の小学校では学習環境が良いこともありますし、逆に繁華街に近く雑然とした雰囲気のこともあります。
    郊外の大規模校の場合、いわゆるベッドタウンでは友達作りやクラブ活動の選択肢が多い反面、財政的な制約から一人一人の学習環境整備は十分に行き届かない面もあるでしょう。
    実際に、学校や周辺の様子を調べるしかないと思いますが。

    ユーザーID:4751444350

  • 子どもも親も大規模校のほうがラク

    子どもは、たくさんいる中から気の合う友人を見つけることができる。

    友達とうまくいかなくなっても、他の子がフォローしてくれたり、他のクラスの子と親しくしたりと選択肢も多い。

    言うまでもなく、いろいろな友達ができる。

    親にとっても、狭い友人関係にとらわれないので楽である。
    役員などもあまり気にしなくていい。(人数が少ないと転校早々に役員させられたりします)

    親しいママ友ができなくても目立たないしあまり気にならない。(少人数だと一人ぼっちでいるとかなり気まずい)

    どう考えても人数多いほうがいいと思います。

    ユーザーID:5013059425

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧