• ホーム
  • お洒落な人って何が違うんだろう(駄かな)

お洒落な人って何が違うんだろう(駄かな)

レス112
(トピ主8
お気に入り966

美容・ファッション・ダイエット

ともこ

よろしくお願いします。

私は40代、既婚子持ち女性です。

昔から気になっていることがあります。
世の中には、特別に容姿端麗なわけではなくても(例え背が低くても、ぽっちゃりでも)お洒落に見える人がいます。
そういった人たちとそうでない人は一体何が違うのでしょうか。

私には3歳下の妹がいます。
妹は、昔からお洒落な雰囲気を持っています。
よく父が「顔はお前(トピ主)の方が綺麗だ。でもあいつ(妹)はセンスがある」と言っていました。
※こんなデリカシーのない発言、我が父ながら恥ずかしいのですが…、この辺については今回の趣旨とはずれますので流してください。

私はと言えば、小さい頃からお洒落が大好きでウィンドウショッピングや雑誌などの研究?にも余念がなかったにも関わらず、生まれてこの方一度も「オシャレ」とか「センスがいい」と言われたことはありません。

こんなに研究していても、まだ「自分に似合うもの」というのが分かっていないということなのでしょうか。

もう年齢も年齢ですし、元から良いわけではない容姿(=素材)で勝負することも難しくなってきました。容姿は誰でも必ず衰えますが、お洒落な人はいつまでもお洒落だと思うのです。

お洒落と呼ばれる方、お洒落な人を知っている方、そういった方は何が違うのかアドバイスください。

ユーザーID:1760559078

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数112

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 絵を描くのが得意です

    頭が大きく背が低いペンギン体型(太ってはいません)で、
    おしゃれにはそれほど興味はないのですが、
    よく友達や知人に「センスが良い」「いつもおしゃれ」と言われます。
    初対面の年配者からは必ず「垢抜けている」と言われます。背も高く見えるそうです。
    (清楚なキレイめカジュアルが好きなので、ギャル系の子には「地味」と言われますが・・・)

    たぶんなのですが、私は子供の頃から絵を描くのが得意で、
    色彩感覚や配色の分量バランスに長けているからなのかな?と。
    あと、自分に似合う色も自然と分かります。
    トップスとボトムスの長さやボリュームのバランスにはかなりこだわります。
    (同じ色のカーディガンでも、長さの違うものを数枚持っています。)
    年齢的に、トレンドの物はひとつだけプラスする様にしています。

    アパレルメーカーのデザイナーをしている姉がいるのですが、
    決しておしゃれではないです。。。個性的で奇抜なだけです。。。
    が、一部のファンからは「おしゃれ」の称号をいただいているみたいです。
    ファッションは好みの問題が大きいですから、人からどう見られるかよりも、
    自分が好きな服を着た方が素敵だと思います。

    ユーザーID:3551193071

  • 百貨店の店員さんにいつも言われる。

    洋服や婦人雑貨のコーナーで、ほぼ毎回言われます。
    初めての店でも。食品のレジでも声をかけられます。
    持っているものは、特に高級でもなく、ブランド品でもなく。
    ただ一点、気を付けているのが「自分のサイズにぴったり合うもの」であることと、
    色と素材の組み合わせに細心の注意を払う。ことです。
    テーマの色を決めたら、ヘアアクセとアクセと時計、小物も全て色目を合わせます。

    例えば靴とベルト、バッグの色を同じにする。
    その色は黒や茶色という平凡な色ではなく、
    からし色や深緑などです。

    そうなると、ユニ〇ロだって「素敵!おしゃれ!」と百貨店の店員さんに言われます。
    「え〜ユニ〇ロで買ったんですよ〜。」と返します。

    そして着た後に、常に全身鏡でバランスを見ます。
    (バッグも持つ。気合が入る時は、新聞紙を敷いて靴まで履いてみる。)
    その上でバランスの偏りを直します。
    例えばアクセサリーを変えたり、はずしてみたり。
    眼鏡を変えたり。(沢山持っています。)

    子ども時代のアルバム見たら、服ごとに帽子やバッグを変えて、母がセンスのいい服を着せてくれていました。

    ユーザーID:2459391734

  • センスは大事

    ウィンドーショッピングや雑誌を研究していると言うことは、そのときの流行を追っていると言うことです。
    それは個性がない。

    だからおしゃれと言われたことがないんだと思います。

    本当におしゃれな人は、流行のものをうまく取り入れて自分の洋服を生かせる人だと思います。

    ユーザーID:7071753502

  • サイズと色、バランス

    オシャレな人というのは

    ・サイズがご自身に合っているか

    ・雰囲気がまとまっているか

    ・服の色が肌色・髪色とあっているか

    ・服やアクセサリーなどアイテム同士の色や雰囲気が統一されているかどうか

    ・ご自身の良い部分が生かされているかどうか

    ・年や環境に相応であるか


    大体そんなことが理解できていて、ちゃんと整えられているのです。

    ユーザーID:8062557607

  • 『自分で身に付けろ』

    センスが良いと言われる人ですが…

    私の場合
    色合い〜
    素材感
    手持ちの服に
    合うかなど

    かなり
    細かい所まで
    checkして買います。

    本を見る時も

    ※ただ
    見るのではなく
    『この服にはこの色も合うよな…』とか

    頭を使いながら 見ています。


    ここに相談する
    =『いかに
    ラクできるか…』

    という感情が
    にじみ出ていると思います。
    (=甘えている)

    生まれ持った
    素質 もあるかもしれませんが

    大抵の事は

    努力すれば
    身に付ける事ができると思っています。

    ユーザーID:4230919399

  • 美容・ファッション・ダイエットランキング

    一覧
  • それは・・・

    当方アパレル関係のものです

    センスが良い人の共通点は

    ・色合わせが上手(色の配分も)
     メインのベース色、補色(指し色)のバランス

    ・質感の合わせ方が上手
     全てホワイトで揃えてあるとしても上下の素材が違うなど

    ・丈のバランスがとれている(上下、裾)
     裾丈やトップスの丈、ジャケットの丈が自分に合っている
     (対外お直しに出してジャストフィットサイズにしてもらってます)

    ・フィット感がベスト
     ぱちぱち過ぎ、だぶだぶ過ぎは着ていません

    ・アクセサリーの取り入れ方のバランスが合っている
     トップスが華やかな場合はブレスレッドのみ
     トップスがシンプルならネックレスとイヤリング
     超シンプルな服の時のみボリューム感のあるアクセサリー
     派手な服の時は指輪と、一粒ネックレスのみなど
     あえて付けないと言う選択もできる

    ・ファッションだけでなく、髪、爪、靴、バッグが奇麗で清潔

    ユーザーID:9293301602

  • 粋な感じで

    着こなしや、色使い、組み合わせのセンスだと思います。例えば、何でもないTシャツにシンプルなネックレス等をつけるだけでも、垢抜けたりします。
    また、お花の寄せ植えがたくさんあったとします。一つ選ぶにしても、人それぞれ好みが違います。明るい、暗い、モダン、シック系、粋な感じと。
    その感覚が、おしゃれにも同じように言えると思います。
     
    センスが同じような人から見れば、「良いね」と言われるし、自分と違えばそう感じる事はなく特に何も言われません。

    ただ、例えば主さんが、センスのある方にコーディネイトしてもらった場合、主さんと近いセンスの方だと、納得できるかもしれませんが、全く逆のセンスですと受け入れられない場合もあり、つまり好みが出てしまうかもしれません。

    因みに私は、洋服に関しては素敵とか、髪型も良いねと言われる事があります。
    多分、価値観、センスが同様なのだと思います。なぜなら、主人からは「へんなの〜」と言われるからです。
    母親の服も選んであげていますが、センスが合う人からは「どこで買ったの」と
    よく聞かれます。

    バランスを意識すれば良いとおもいます

    ユーザーID:9522238119

  • 媚びない。回りに合わせない。

    確かにキレイなお顔していても垢抜けない男女ともにいます。

    センスもお顔も自分のものですから、ご自分を大事になされたら如何ですか?

    ご自分なりのオシャレを楽しみましょう。

    楽しむ・・・・が答えだと思いますよ。

    ユーザーID:5856061100

  • センスとしか。。。

    言いようがありませんね。
    それによって、買うもの、合わせるのがなんとなく違ってくるのだと思います。

    センスも一つの個性ですから、勉強できる人、運動得意な人、
    など人それぞれではないでしょうか。

    もともとのポテンシャルがそこそこあれば、努力すればそれなりに実を結ぶことはありますが、
    そのジャンルが全く向かない人は、努力してもなかなか上手くいかないという事は想像できます。

    ユーザーID:0326090439

  • 姿勢かな

    私も色々考えました。
    やせてるからかなとか、プロポーションかなとか、センスかなとか。

    確かにプロポーションがいいに越したことはないし、
    センスがよい方がよいと、もちろん思うのですが、
    基本的には姿勢かなと思い至りました。

    おしゃれな人って、みんな姿勢がいいのです。
    私が知っているおしゃれな人は、バレエをやったことがあったり
    ダンスを習っていたり。
    みんな背筋が伸びていて、立ち方、歩き方がきれいです。

    同じものを着ていても、姿勢が違うだけで違う服に見えると思います。

    姿勢をよくするというのは、とても大変なことでして、
    筋肉も体力も使います。
    ちょっと気にして歩いただけでへとへとになるのです。

    けれど、この努力はした方がいいと思いますよ。
    自分はモデルなんだって思いながら歩くとか、そうすると多少センスのない服を
    着ていても気合いでセンスよく見せられるってこともあると思います。

    あとは色ですね。
    色の合わせ方を勉強すると、色だけでセンスよく感じさせることはできると思います。

    ユーザーID:7932672697

  • 生まれ持ったものだと思います

    センスがいいと言われたりして、友人に洋服やコーディネートを選んでほしいと言われて選んだことがあります。
    その服を着たせいか、婚活に苦戦していたアラフォーのOL友人がめでたく結婚・・・。
    センスは、うまれながらの感覚的なもので、いわゆる美的感覚です。
    これが美しい、とわかる感性で、雑誌を見て研究しなくてもわかります。
    それは応用がききます。
    美術館に行ったときに美しい色彩の絵画に惹かれたり、商品を見てもデザインの洗練された物に吸い寄せられ、建築を見ても調和の取れているものに目が行きます。
    お金がいくらあっても足りません。
    あなたはセンスに恵まれていないけれども美貌があるから、散財しないで済んだのです。
    どうしてもおっしゃるなら、雑誌や売り場のマネコンそのままの真似から始められるのがよろしいでしょう。

    ユーザーID:5398735956

  • 何だろうなぁ。

    私は47才でよくおしゃれって言われますが
    改めて聞かれるとわかりませんね(苦笑
    ちなみに背は高いですがぽっちゃりです。

    買う色は殆ど決まっていて黒はほとんど買いません。
    買うのはベージュ含む茶系、グレイ系、カーキ系で
    靴はハラコとかビジュー物の目立つ系が多いです。
    色は全身で3色まで。

    ボトムがジーンズの場合はジャケットにデニム系はもってきません。
    逆も然り。

    ボトムにボリュームがある時はトップスはタイトにします。
    逆も然り。
    でも上下タイトはありです。

    柄モノを着る時は上下どちらかにしか着ません。
    最近の若い人は上下柄モノでも結構上手にコーディネイトされてますけど
    おしゃれに見せようと思うと高度なセンスが必要だと思ってます。

    お化粧はほとんどしません。
    しててもしてなくてもわかってもらえないので。
    眉&マスカラ&口紅だけです。

    髪型はもうずっと前髪なしのワンレンですが
    裾のカットには拘っていて必ずデジタルパーマをあてています。
    美容院に行くのは年1〜2回ですがカラーをしないせいか
    年の割に髪は綺麗です。

    そういう自分なりの「ブレナイ基準」はありますね。
    そういうのかな。

    ユーザーID:6820938351

  • 小物使い

    私もオシャレというわけではないので、偉そうな事が言える立場ではないのですが、小物で垢抜けるみたいな特集記事が組まれている雑誌を見て、目から鱗状態になったことがあります。
    その手の企画はよくあるのですが、私が読んだ記事はとても分かりやすく書いてあって実践しやすかったんですよね。
    参考にしながら小物を足したら、一時期は誉められまくりでした!
    ただ…しばらくオシャレ出来ない期間が半年くらいあって、その間にすっかり雑誌に書いてあった『小物の鉄則』とやらを忘れてしまい、今は元の木阿弥です。
    もう一度あの雑誌を読みたいのですが、雑誌名も忘れてしまいました。
    トピ主さんも雑誌を参考にされてるようですが、失礼ながら、私と同じで、基本のセンスが無いために、参考にしきれてないんでしょう。
    勝手に同志がいると嬉しくなってしまいました。ごめんなさい。
    お互い頑張りましょう!

    ユーザーID:6454852263

  • 品のある格好が似合う年齢です。

    個性的なファッションの人はお洒落な人が多いですが、あれはかなりハイレベルですよね。
    芸大出身か、美容師さんか…いずれにしても素人には難しいです。

    ならば、年齢と共に身につけられる「品性」で勝負です。
    上品な格好は、年を重ねるごとにサマになってきます。
    若い人よりも、ある程度の年齢の人のほうがしっとりとした美しさを醸し出せます。

    最近はプチプラブランドの服が蔓延していますが、
    それが似合うのは若い人(20代前半)までですから、
    少し高価でも、年齢相応の格好、少し高くても長く着られるものをチョイス。
    色は黒一辺倒になるのを避け、ワンポイントで良いので暖色系を混ぜる。
    高価な衣服は頻繁に買えませんが、
    その分着まわしが上手になる、ほかの衣服との組み合わせが上手になる、
    というメリットがあります。
    そうやっていくうちに、センスが磨かれていくと思いますよ。

    お化粧はアイメイクを控えめにする、とか。

    高価な服装と上品な格好は、年齢が上がるにつれ似合ってきます。
    年齢相応ながらも、品のある人はお洒落な格好をしているなと思います。

    ユーザーID:8193408020

  • 我が子がそうです

    まだ小学生ですが。
    まずインテリアやアクセサリー、コスチュームなどに興味があり、記憶しています。
    それを自分にあてはめます。実際着てみます。鏡を見ます。
    うちの子赤ちゃんの頃からテレビにたまに出るキラキラの綺麗なCMが大好きで大興奮していました。
    それから注意深く見ていたら上のようなことを繰り返していました。
    今では自分に何が似合うか大体わかっているようです。
    髪型の研究も熱心です。
    あ、でも小学生らしいおしゃれですよ。マスコミで取り上げられているような化粧等は一切しません。
    ポイントは
    自分の持っているアイテムを全部覚えている。
    サイズの合ったものしか着ない。
    靴下髪型など服以外のコーデに服選び以上の時間をかけている。
    思いがけないアクセサリーの使い方をする。

    ユーザーID:3356365445

  • 手足が長い

    背が低くてもぽっちゃりで腹が出ていても、
    外国人(欧米人)っておしゃれに見えませんか。
    手足の長さと腰の位置の違いではないかと思うんですが。

    おじいちゃん、おばあちゃんになってもなんかあか抜けている、
    でもよく見ると着ているのは普通にジーンズとシャツだったり。

    同じものを着ても、量販店の普通の服でも
    手足が長いとかっこよく見えるんではないか、と思うのですが。
    顔がきれいでも、手足が短い人は何とかカバーするような服装を考えないと
    途端にもさく見える、気がします。

    ユーザーID:8801471976

  • 美には理由がある。

    パーソナルカラーとか骨格メイクとか骨格スタイル診断とか受けてみたら?

    誤診を連発するサロンもあるので気をつけて下さい。

    診断後も言われた通り頑張ってもなんかおかしい、合わない、と思ったら誤診の可能性大です。

    ネットで探すと色々出てきますよ。頑張って下さい。

    ユーザーID:9465597197

  • バランスとかかな?

    アラフォーの子持ち主婦です。

    まわりからは「おしゃれ」とか「あか抜けてる」とよく言われます。
    小学生の娘もよく「おしゃれ」と言われます。

    高い服などめったに買いません。
    普段は通販や安いショップばかり。うちは3,000円超えると「高い服」になります(恥)

    でもいつも心がけてるのは「全体のバランス」です。
    色はもちろん、この服にはこのパンツ、このバッグ、と合わせ方はいつも気にしています。
    娘もよくアンバランスな服の組み合わせ方をするので、「この組み合わせの方がいいよ」とアドバイスしたりします。

    逆に私の妹はブランド服をよく買ってますが、合わせ方がイマイチで、勿体ないな〜と思ってます。
    その娘ちゃん(姪っ子)もそう。可愛らしい服なのに、足元がスポーツサンダルだったり、チュニックにダブっとしたパンツを合わせたり…

    あと、服を買う時は安っぽい服は買いません。
    同じ値段でも、センスのいい服や値段以上に見える服を選びます。

    ユーザーID:0779563025

  • シャツにしわがない

    シャツにしわがない人を見るとドキッとします。
    凄く清潔感があって綺麗に見えるから。

    髪の毛がつやつや・さらさらな女性を見ても、おしゃれ!って思います。

    要するにキチンと感のある女性が好きなもかも(笑)

    他の人のレスを楽しみにしています。

    ユーザーID:4105125553

  • そうですね。

    私が考えたところを思いつくまま挙げてみますね。

    ・自分の雰囲気や,体型等を知っている。
    ・好きな傾向がはっきりしている。
    ・トータルコーディネートが上手にできる。(センスが良い)
    ・色彩や上下の着丈等のバランス感覚が良い。
    ・おしゃれに対する好奇心がある。
    ・自分に似合うものを知っている。

    こんなところでしょうか。

    ユーザーID:4302960425

  • 私も思ってました

    お洒落な人って何が違うんでしょうね。
    良質なものを大事に使っても、流行りのアイテムを取り入れたりしても、みんながそうはならないんですよね。

    私はバランスなのかなと思うようになりました。
    色とか形とか質感とか、それから金銭感覚や暮らし方、全部のバランスがいいのかなと。

    ユーザーID:2959152481

  • それは奥が深い。

    シンプルなVネックに一粒ダイヤをしてデニムにパンプスといったシンプルスタイルでも素敵な人いますよね。よ〜く見るとまず、肌の色と髪の色があってること。ニットの色と肌の色があってること、トータルで見て色を3色ぐらいに抑えてること。(ですが白とデニムは色のうち入りません)髪型に雰囲気がある、お化粧にあまり色を使わない(アイシャドーや口紅)+選ぶアイテムにセンスがあり、ストールの使い方がこなれてること、スカートやパンツの丈にこだわる‥等

    たとえば少しブラウンがかった髪色、薄い小麦色の肌、モカ色のニットにグレー寄りのパールロングネックレスって素敵だと思います。そこに淡い色のグレー×カーキーの迷彩柄のストールを合わせたら全体のトーンにずれがなくていいと思いませんか?+クロップド丈のパンツ、シンプルなスエードのパンプスでお洒落な感じになると思います。

    雑誌でスナップ写真で外国人が出てたりしますよね、あーいうのがとても参考になりますョ。
    年齢を重ねるごとに雰囲気作りが大事だなと感じます。

    ユーザーID:4721847231

  • 髪と全体の手入れ感

    私は容姿は普通だと思うし、お世辞程度にきれいと言ってもらえますが…
    イマイチ垢抜けないですね〜
    顔はイマイチ(失礼)でもあか抜けてる人いっぱいいますよね。


    私は髪は大きいなあと思ってます。
    やっぱりおしゃれな人は髪型が無造作なようで作り込まれてますよね。
    美容院へいく頻度も高い。

    あとはしわのない服を着てたり、靴が汚れていなかったり…
    やっぱり手と時間とお金を掛けてる成果だと思います。
    お金かけてない人もいますけど、マメにユニクロとか
    覗いて試着して吟味したりと時間かけてますね。

    あとはあか抜けてる人はそういう友達が集まるので相乗効果ありますよね。


    うーん、私もがんばろうと思いはするのですがなかなか…

    ユーザーID:8615988640

  • 色は?

    色は?
    ご自分が好きな色と、似合う色が違うケースもあるそうです。

    ユーザーID:4021329930

  • おしゃれです

    40歳、昔はおしゃれでした。
    まだまだ雑誌で街角スナップなどが少なかった頃から声をかけられて雑誌に何度か載りました。
    今でも周りからはおしゃれだと言われますが、多分お世辞だと思います。
    今でははおしゃれがよくわからなくなりました…。


    その当時は珍しかった前髪パッツンのオリーブ少女でした(音楽などはちょいと趣味が違いました)
    服飾雑誌はoliveは勿論、装苑・peewee・zeeper・花椿などなどを読みあさり音楽・映画・漫画・演劇・文学作品、いわゆるサブカル好きでした。

    イラストレーターを目指していたのでギャラリーや美術館巡り、ギャラリーや映画館でバイト。
    仕事は広告デザイン業(全然おしゃれなものは作れませんでしたが…)
    たまたま趣味のあう夫と結婚できましたが、わかりやすくこじらせ系です。

    最近気付いたことは、服装だけではなくその人自身の考え方や生き方スタイル(あと前髪も)でおしゃれは決まるんじゃないかな、と思います。

    ユーザーID:0627958935

  • ご自分に似合う物を知っている

    レスタイが大前提ですけれど、ご自分の肌に似合う色味と配分
    着こなしのバランスの良さや適度なトレンド感
    美的感覚が優れセフルコントロールが自然と身についている方なのでは?

    しかしながら、大人になればなるほど外装的なものより内面的なものが間違いなく浮き立ちます。
    女性は嫉妬心に掻き立てられ攻撃性も増して人格崩壊してくる方も少なくないですし
    そういう方ほどお顔や態度に嫌な雰囲気を露骨に出してしまう傾向がありますね。
    やはり素敵な方とは対極にある感じです。

    品の良さや穏やかな落ち着き。知性教養的なもの。言葉遣い。人に対する心遣いや立ち振る舞い。
    ああいうものは凡人が真似しようとも一日にして成らずかと。

    一見ピリッと凛とした中にもホンワカ・フンワリした優しいオーラをお持ちで
    お年を召してもいつまでもお嬢さん的な雰囲気の素敵な方を知っていますが
    やはりご幼少の頃からかなりオマセなおシャレさんだったそうですよ。
    ご両親の方針もあって良い物に触れられていたのでしょうが審美眼や人間性も素晴らしいです。

    ユーザーID:8329186124

  • 生まれつきでは、、、?

    努力で少しは改善するかもしれませんが、センスのいい人は生まれつきじゃないかと思います。

    私はセンスのいい友達と買い物に行っています。 私があれこれ悩んでも、最後に友達がチラと見て、「こっちにしたら?」と持ってきた物の方が、確実に似合います。 センスいい妹さんがいるなら、妹さんと買い物に行くのです。 そして次回は、それに似たものを選べばいいはずです。

    センス悪くても、センスの良い友達がいれば安心ですよ。

    ユーザーID:7866053705

  • 答えになってないかもですが

    同じものを身につけていても姿勢と笑顔で違って見えると思います。
    あと雰囲気的にお洒落な人って所作がバタバタしてないと思います。

    吉瀬美智子さん、井川遥さんが私にはお手本です。

    ユーザーID:7617268871

  • 流行を追わない

    いちおう、オシャレだとか、服が似合うとか、センスがいいとか言われます。どこで服を買うのか聞かれることもあります。

    服選びのときには、流行は追わない。というか追えません。
    服のサイズがS〜SSなので、あまり売っていないんです。
    高いので、妙に流行を追っただけの服は買いませんし、そもそもそんなに品揃えが無い気がします。

    もちろん多少は流行に左右されます。肩の位置とか、袖の太さとか、丈とか…でも、何年も着られるようなデザインのものが多いです。

    自分に似合う服は、パッと見てわかります。
    バーゲン会場などでは、見ず知らずの他人に「あなたにはコレ」と勧めたくなるときがあります(もちろんしませんが)。

    思うに流行というのは、去年と違う形でないといっぱい売れませんよね? だから毎年変わるのですが、中にはモデルさん以外は誰が着てもステキに見えないデザインがあります。

    例えばお尻やウェストラインを隠すユルふわデザイン。
    流行なので服装に無頓着な人だとは思いませんが、ずば抜けた全身美人以外はステキには見えません。

    身近でセンスがいいと言われる女性に、服選びにつき合ってもらってはいかがでしょう?

    ユーザーID:7932413375

  • バランス感覚

    おっしゃること、よくわかります。
    スタイリストの栗原登志恵さんは、ふっくらされていますが、
    いつもキュートでお洒落だなあと憧れます。

    お洒落な方は、まず自分のことを客観的によく把握されていると思います。
    自分の体型、個性、肌の色等に対して、何が一番似合うのか、
    ちょっとした微差まで見る目が違います。
    サイズに違和感があれば、1cmでも丈を直す。
    色味は自分に合う物しか選ばない。
    センスの良い方は、総合的なバランス感覚に長けているのだと思います。

    もともとセンスの良い方は、本能的にアイテム選びが上手なのかもしれませんが、
    一般の方はそれを習得するまでに、試行錯誤を繰り返さなければならないかもしれません。

    雑誌の真似をしてもお洒落に見えないのは、きっとそれが自分に合っていないからでしょう。
    体型など人それぞれですから、その人に合ったサイズやバランスを考えなければ。

    大草直子さんの著書『「明日の服」に迷うあなたへ』をおすすめします。
    雑誌の真似ではない、あなただけのお洒落を考えるためのヒントが記されています。
    会得するまで時間がかかるかもしれませんが、探し出すのはあなた自身です。

    ユーザーID:8894804082

  • デブですが、呼びました?

    私は太ってますが、センスがいいと言われる事があります。と言っても、着てる服はとてもシンプル。重ね着はほぼしないと言ってもいいでしょう。

    自分で言うのもなんですが、トピ主さんが書かれてる様に自分に合うものをわかってるんだと思います。あまりデブを隠そうとかは考えません。だけど欲しい服を決めるのは早いですね。「これ似合うかなぁ?」と考える事はなく、「あ、これいいな。これにしよう」と即決。これがいいな、と思うものがたまたま似合うから、センスなんでしょうかね。

    娘の服もシンプルなものを着せてますが、やはりセンスがいいと褒めていただく事が多いです。

    高校生の姪には「センス良いんだから、痩せてたらサイコーだったのにね☆」と言われる事もしばしば(笑)

    ユーザーID:5429397206

  • だれかの物まねじゃダメ

    あなたのおしゃれは、オリジナリティがないのでは?
    流行のものを身につけてるだけでは、個性がなく野暮ったく見えます。

    あと、くせの無い美人顔で格好もコンサバだと古臭く見えがちです。
    こういう人は髪型をシャープにするだけでグッと垢抜けます。
    おでこ全開のひっつめとか、ベリーショートとか、ごまかしの利かない髪形が良いです。

    てっぺんからつま先までキメキメにおしゃれするんじゃなくて、ちょっと力が抜けた部分も必要です。遊び心がないマニュアル通りのおしゃれは、なんだか退屈です。

    ユーザーID:5829960751

  • どんな研究をしたの?

    そんなに研究したのに、何でダメなの?
    もしかして、見るべきポイントがずれているのでは?

    ユーザーID:4612204712

  • センス、そして似合うものを知っている

    自分に似合うものが解っていれば簡単。

    雰囲気、色、形、バランスが大事ですよ。

    試着を沢山しましょう。

    好きなものと似合うものは違います。

    ユーザーID:0380242320

  • 持って生まれた資質かな

    私の周囲にもいます。
    ニットの袖の引き上げかた、
    シャツの襟の角度、
    帽子のかぶりかた…
    そんな細かい部分ひとつとっても
    びっくりするほどお洒落で
    小物づかいに至っては神技レベル、
    トータルでものすごく素敵な雰囲気を演出している、
    という羨ましい方。

    生まれつきの才能なんだろうなあ、と
    感服します。

    そうじゃない方でも、
    知識を積み、研究と実践を怠らなければ
    ある程度のレベルに達することはできると思うのですが。

    私はそこまでの情熱を注げないし
    生まれつきのセンスの良さには絶対叶うわけもないと思うので
    いつも目の保養をさせて頂くだけで
    満足しています。

    ユーザーID:7164299085

  • 妹ですが

    実妹ですが、大変センスが良いです。

    彼女の着ているものを見る限り・・・
    1.沢山の色々な色を取り入れない(基本色でまとめる)
    2.指し色を一色だけ入れる(ほんの小さなところに)
    3.必ずしも流行の格好では無い(自分に似合うものを知っている)
    位でしょうか・・・。

    でもねぇ、いくら彼女の真似をしようと思ってもできないのですよ。理由ですか?3です。私は彼女ではないので、彼女の真似をしても真似でしかないのですよね。自分に似合うもの、似合わない物を理解したうえで、似合う服を探すのが第一段階かと思います。

    ユーザーID:7468839044

  • 他人の目を意識する

    自分視点で自分の好みとかバランスを意識するのではなく、他人から見たらどう写るのかというのを無意識に考えられる人がお洒落な気がします。

    自分の好きな服=自分に似合う服じゃない

    自分が着てて気心地良い服=スタイル良く見える服じゃない

    あと一番はセンスだと思います。カラーバランスとか。色の見え方って本当は個人によって微妙に違います。同じ赤でもまったく同じ色彩で見えてるわけじゃないようです。普通の人と微妙に違ってるけど大雑把には同じだから気づかない人、結構いると思います。

    ユーザーID:2526799134

  • とりあえず色

    素材を合わすってのは、季節の変わり目は(経済的にも)難しいので、とりあえず色を合わせましょう。

    秋なら暖色系の枯葉色でまとめるのが無難。黄土色や茶系の枯葉色でまとめたら帽子だけアクセントに柿色にするとか。

    色でまとめているだけで、「すっかり秋の装いですね」とか誉めてもらったりします。

    色相を合わせたら、つぎは明度や彩度をあわせること。(こういうの美術の授業で習いましたよね?)
    そしてアクセントを一つ入れること。季節感を出すものを一つ持つこと。
    そんな感じですかね。

    頑張って下さい。

    ユーザーID:1060856043

  • 芸術に関心を寄せることも

    私は、若い頃より知人・親戚の人々の衣服を求める際、同行を求められた。
    自分で言うのも憚られるが、「センスが良い・・・」らしい。
    服・靴・バッグに至る迄と、美容関係のプロとしての知識が相まっての総合的なセンスだと感じる。
    若い頃、商業デザイナーになろうとして、デッサン・色の配合等々、美大受験の為の勉強をした。昔の名画・ハリウッド映画・フランス人の指導等々を体験させてもらった。自分は何色を身に付けると、自分が美しく映えて見えるのか?を知ることから、初めて下さい。洋服選びも、芸術も、文学も、他の人では無い、自分の個性を発揮することです!ですから、私は洋服雑誌は、あまり見ない。店に通い、実際に自分が着てみることで全身を鏡で見て判断することを、繰り返して下さい。誰にでも゛センス力゛はある。幾度もチャレンジすることで、更に磨かれる。高価な洋服でなくとも、「あー、自分らしいなー」という場に出合うこと間違いありません。人の好みですから、自分らしい洋服を身に付け、背筋を伸ばし堂々と歩いて下さい。歩行は、つま先から先に道に置くことで、お尻が左右に揺れない、モデル・ウォーキングになり、ダイエット効果

    ユーザーID:1505685582

  • 姿勢かも

    私は全然美人じゃなく、高価なものも着ていないのですが、おしゃれとよく言われました(過去形です)。よく言われたのが「すごく雰囲気がある」という言葉です。背筋がまっすぐ伸びているからかもしれません。頭をまっすぐに持ち上げて、すっとした感じで歩くといいのでは?

    ユーザーID:5004579294

  • センスは磨かれるものではないのだと思います

    センスは生まれ持って備わったモノ。
    子供中心に絵画や工芸と云ったモノを教えている友人がいるのですが
    幼児の時点で、そういったセンスの有無は決まっていると話しています。

    才能とは少し別物らしいのですが、同じモノを作らせても、何かセンスが
    キラリと見える子供のがいるらしい。
    そういった子が成長していく姿も確認しているそうですが、ほぼ間違いなく
    センスの良い佇まい、生き方までもセンスの良さが垣間見れるのだそうですよ。

    私自身も「美人」とか「綺麗」等とは一度も言われた事はないのですが
    そういえば子供の頃から「センスがイイね」は云われてきたような気はします。
    それは私自身に服装や暮らし方、家のインテリアといったモノに対して
    云われていますが、特に工夫や研究と云った事はしたことはありませんね。
    ただただ、好きなモノを身にまとい、好きな事をして、好きなモノを家の中にも
    置くだけの事なんですけどね。

    ユーザーID:6981983401

  • 自分に似合うものを知っている人

    興味深くトピを拝見しております。

    自分の周りでお洒落な人って誰だろう?と考えを巡らせた時、
    思い浮かんだ人たちに共通していることは、
    皆自分に似合うもの、着こなせるものを自分で分かっている人かな、
    と何となく思いました。

    その中でも、似合うものと自分の好みが一致している人が最強だと思います。

    フリフリのガーリーファッション、ナチュラルアジアンテイストにすっぴん、
    古着で超個性的、など徹底したコーディネートの人は世の中に沢山いますが、
    あぁ好きなんだろうなーというのは伝わっても全然似合ってない人もいます。
    でもそのファッションがドンピシャにハマっている人は逆にセンスの良さを感じます。

    地味めでクール、派手めで華やか、個性的、ナチュラル、
    全身ブランド、ファストファッション…等等
    色々な着こなしの仕方がありますが、
    それが自分に「似合っている(ことを分かっている)』人が
    イコール、センスのいい人、ではないかと思いました。

    ユーザーID:5313224683

  • 才能のひとつ

    生まれつきのセンスでしょう。

    お洒落な人はお金がなくても年をとってもお洒落です。
    美人でもスタイルよくてもお金を使っても
    垢抜けない人は垢抜けない。

    ユーザーID:7906454822

  • 組み合わせパターンのインプットが多い

    髪型、上下、靴、バッグ等の、センス良く見せる組み合わせが上手。
    こういう方は、気に入らないボトムでも組み合わせを良くして着こなしたりされますね。
    発想が豊かだと思います。

    私はセンス悪いです。自分に似合うか、組み合わせをどうするか、までイメージが湧かないのに、それ一点を「一目ぼれした」というだけで買ってしまいます。
    結局どう着てよいか分からず、年齢制限超えてしまった服がたくさんあります。
    妹さんは、自分を良くご存じで、、自分を演出するのが上手なんでしょう。

    私もあやかりたいです。自分が好きだというだけの服を買ってしまうので。

    自分的に納得がいく髪型や服と、似合う髪型や服は微妙に違いますね。

    ユーザーID:0804995103

  • 痩せたら!

    おしゃれはスタイルで決まると思います。ぽっちゃりにも程がありますよ!
    子育ても一段落したら、専業主婦じゃなく働くべきです!
    家に引きこもってゴロゴロ、食べ過ぎや飲み過ぎを止めましょうね!
    頑張れ〜〜〜

    ユーザーID:9812721021

  • 流行を追わない

    ストールが流行れば誰もが首に巻きつけ、
    チュニックやスキニーも似合うかどうかよりも、とりあえず着てみようとか、
    女優さんが身に付けていたから素敵と、すぐ飛びついたり、
    まんまと策に引っかかって悦に入る、
    そういう事をしない人だと思います。

    私は高身長で痩せています。
    どんな服でも合うらしいのですが、
    それでも、自分をよく知っているので、
    ショップの店員が勧める流行の服は買いません。
    でも、定番品は少なくて高いのが難点です。
    お洒落かどうかは自覚はありませんが、
    人からはそう見えるようです。

    ファッション雑誌やウィンドウショッピングも参考はほどほどに。

    ユーザーID:1078410036

  • おしゃれに見えない顔ってあります

    おしゃれ理論は他の皆さんに任せるとして、別の視点から。

    専門家の方から聞いたのですが、美人でもおしゃれにみせれない顔ってあるそうです。
    仲間由紀恵さんがその典型だそうです。
    わたしは役柄のイメージでわざとおしゃれに見せないようにしてるのではと考えてたのですが、違うようです。
    洋装はたしかに苦手だけれど、和装はとてもお似合いでしたね。
    花子とアンでは素敵な着物に負けず、お美しさが引き立ってました。
    こういう場合もあるってことで、トピ主さんもこのパターンかもしれませんよ。

    ユーザーID:3646690810

  • 私が????

    私は主さんとは逆に、ファッション雑誌も読まないし、日々それについて研究する事もなく、ましてや流行など全く興味がないのですが、それでも何故か人に「ファッション関係の仕事ですか?」とか、「いつもオシャレですね。」と言われることがあります。(自慢話じゃないです)本当に意外でびっくりするのですが、よくよく何故かと考えた結果、これくらいしか理由が浮かびませんでした。ご参考まで。。
    -いつも姿勢良く振舞おうと心がけている
    -自分に似合わないものは絶対身につけない。(自分の体型だとクルーネック、フレンチスリーブ、スタンドカラー、スキニーパンツ、ショートパンツは見た目がなぜか垢抜けないのでダメ)
    -アクセサリーは最小限
    -メイクも最小限(ファンデとアイブロウとリップのみ)

    ユーザーID:7074408081

  • 半インチにこだわる

    「That extra half an inch」

    おしゃれ番長、ビクトリア・ベッカムの本のタイトルです。
    彼女は美人じゃないけど、とてもセンスが良くて、いつもスタイリッシュですよね。結婚前のデイビット・ベッカムはハンサムだけど、冴えないセンス皆無のあんちゃん風でした。でも、ビクトリアと結婚してから、彼女のプロデュースで、ファッション・アイコンになりましたよね。

    私も昔から、センスが良いと言われる方ですが、ビクトリアをお手本にしています。彼女のこの本に書いてあったのは、スカート、袖の長さ、襟の幅など、ほんの半インチ違うだけで、ださくなるか、スタイリッシュになるかどうか決まる、だから、納得がいくまで試着して、サイズのあわないものは買わない、そして、自分が一番、きれいに見える長さにお直しをする、ということでした。

    センスが良いと言われる人は、自分がきれいに見える服を選ぶことができる人だと思います。何が素敵に見えるかどうかは、美しいもの(絵画、景色、一流品)を見て、目を肥やすことです。親がセンスが良いと、小さい時から自然にセンスは磨かれることが多いですね。

    ユーザーID:6333405815

  • 自分で書いてらっしゃるよ。

    私はあなたの妹さん(のポジション)です。
    見た目が周囲より劣ると自覚してるから、
    頑張るんです。

    それだけです。

    それとやっぱりおしゃれが好きですね。
    持たなくても
    持ってる中から着こなす自信あります。
    それだけです。

    ユーザーID:9493080833

  • 手入れがしっかりしている

    物を大事にしてます。
    お手入れもキッチリ。
    毎日の日課を欠かさず守っている。
    お肌も食生活や生活習慣に気を使っているので50代過ぎても綺麗です。
    きがつけば頭一つ分とびぬけて、キレイ・若い・となっています。


    このオバちゃんはそう思います。あーでも自分には、これ無理です〜気分でやらないし〜無理です。

    私はそう考えますが、
    トピ主さんの妹さんは、はたしてどんな生活習慣や気性や食生活をしておられる方なのでしょうか?

    ユーザーID:5785285342

  • メイクと髪も重要

    きちんとしたメーカーやブランドの服やバッグを持ってるのに
    安っぽく見えたり垢抜けていないような人たちがいます。

    彼女達に共通しているのが、メイクや髪にこだわってないんです。
    ほぼスッピンだったり眉毛がボサボサだったり形がおかしかったり、
    髪もツヤがなかったり、黒いゴムで後ろに縛ってるだけ、とか。
    もっと言うと肌もカサカサだったり。

    そういう顔や髪のイメージでも左右されると思ってます。
    (顔が不美人とか太ってるという意味ではありません)

    あと、流行を取り入れすぎてると逆にオシャレではないです。
    上から下まで全部流行!というのは失敗しやすいそうですよ。

    ファストファッションやプチプラはそもそも論外ですよね。
    いかにもメッキのアクセサリー、シワがあったり糸が飛び出てるスカートやカーディガン、
    どんなに流行でもやはり「安かろう悪かろう」はハッキリ出ます。
    取り入れてもメインではなく、ほかにきちんとした服でバランスを取ってます。

    ユーザーID:2974668402

  • お洒落研究しました

    30代、二児の母です。19歳の頃にトピ主さんのようにお洒落を考えはじめ、とにかく研究しました。

    まずは町でみかけるお洒落な人を観察。雑誌のストリートスナップをみるからはじまり、そこから自分好みのお洒落な人のマネをしました。

    それから、お洒落な物や事にこだわるようにしました。音楽、写真集、映画、たくさん探しました。

    とにかくお洒落に囲まれた生活をしていたら、いつの間にか、お洒落だね、センスがいいねと言ってもらえるようになりました。

    今は育児に追われそれどころではないですが。。

    雰囲気や生活、洋服の選びから、着こなし、いろんなことをトータルで気にかけていると、自然とお洒落になっていくと思います。

    ユーザーID:7301387905

  • 髪と靴

    私がで会ったセンスの良い人について書いてみます。

    その人はもともと洋裁関係の学校を出ていて、お洒落に関心が深い人でした。
    着ている服もお洒落でしたが、何より驚いたのは服が良く手入れされていた事。
    しわがない、汚れ(普通以上にという意味で)がない、いつも卸したてみたいに見えました。
    ある日彼女から「みんなどうして靴を直しに持っていくんですか?」と何気なく言われてびっくりしました。
    私は1ヶ月に1回ぐらいは靴直しに持っていって、それでもパンプスのかかとに小さな傷があったりして靴についてはいつも苦労していたからです。
    彼女はパンプスのかかとを傷つけた事など一度もなく、直しに持っていく事も稀なのだそうです。
    よほど歩き方が上手なのだと思いました。

    そんな風にやはり持って生まれたものが大きいと思いますが、努力できる所としては、私の母がいつも言っていたのは、髪と靴の手入れが大事という事でした。
    確かに自分にあったヘアスタイル、手入れのいい靴はお洒落のポイントが高いと思います。
    私もそれを目指したいと思いつつ、何十年たってもなかなか思うようにいきません。

    ユーザーID:7184127701

  • 姿勢は?

    どんなに素敵な服を着ていても、猫背だったりガニ股だったりしたら台無しです。
    スタイルも姿勢も良い人は、白いTシャツにデニムでも素敵。

    最近、60歳以上の方たちとお話しする機会が多いのですが、「私も将来こうなりたい!」と思う方がいらっしゃいます。
    Tシャツ、パンツ、靴、バッグ、どれも少しずつ可愛らしいんです。
    しかも話し方まで可愛くて、こんなふうになれるなら加齢も怖くないな、と。

    過剰な可愛さではなく、ほんわか可愛いんです。
    しかもご本人が楽しんでる気分まで伝わってきます。

    あなたが求めているのは可愛さではないと思いますが、おしゃれってそんなもんじゃないかしら。
    ちょっとした気遣いの積み重ね。
    「ほら見て、これってオシャレでしょ〜!」
    なんて主張しない、さらっとした着こなし。

    あ、表情もファッションのうちだと思います。
    明るいトーンの服でも、暗い顔してたら意味がないよね。

    ユーザーID:0628681103

  • なんでわからないのかわからない。

    自分で言うのも何ですが、オシャレです。
    昔からよくファッション誌のスナップを撮られたり、まわりにも言われたりします。

    高飛車で申し訳ないのですが、世の中の大半の人が私よりセンスがないです。
    歩いている人や知り合い、老若男女見ていても、何でそんなアイテムを買って、そんな組み合わせで着こなそうと思うのか、謎です。
    あと、その人に似合っていない事も多いです。
    もちろん私よりセンスの良い人も40人に1人位いますから、私もたいした事ありません。

    私もアラフォーですが、年齢的に「安っぽく見えないように」というのを一番に考えると良いです。
    それだけで「並の上」にはなれます。
    高いものを着なくても、ユニクロなんかはそういう風に見せるのはとても簡単です。
    シンプルなのでアクセサリーで好きなようにテイストを決められます。
    シンプルな格好は人という素材がよほど良くなければ、小物が必要です。
    あと靴でもレザーのもの(パンプスやブーツなど)は価格と造りが比例しますので、安いものは履かない事。
    サンダルやバッグなんかは安くても面白いものがあるのでかまいません。

    ユーザーID:2449321161

  • こだわり?

    私の妹と夫は、ブランドなどわかりやすいものは身に着けませんがとてもオシャレです。
    誰からも認められます。
    買い物などに行くと、店員さんになんとなく認められてる感じです。

    私は昔から、流行だの、タレントや友達が何着てる、持ってるということばかり気にして買い物してました。
    一方の妹は、小さい頃から気に入ったものしか身に着けない。
    「何か買ってあげる」と言われても、自分が気に入らなければ何も買ってもらわない。
    その代り、気に入ったものは、クタクタのぺろぺろになるまで使い倒し、着回します。

    結婚してみたら、夫もおんなじでした。
    若い頃から、貯めたお金でこれ、という服を買い、大事に何年も何年も着ているのです。
    そのどれもが、全く流行に左右されない、いつ着てもカッコイイ、そして何年たってもくたびれないものばかりなんです。そしてすごく似合ってる。

    二人に共通するのは、その服やものへのこだわりです。
    流行とかではなく、自分がそれを好きかどうか。長く愛せるかどうか。
    それがない人には、オシャレは無理みたいです。
    自分に似合うかどうかとかじゃなく、自分が好きかどうか。
    難しいですよね。。

    ユーザーID:3337375370

  • う〜〜ん興味と育った環境かなぁ

    私は特別美しくはないですが、幼少の頃から可愛く着飾る事に興味があり、余念がありませんでした。
    それオンリーの生活。
    勉強もせず、ひたすら自分に合う髪形や色やデザインを探している子供でした。

    母が、洋裁とデザインの専門学校を卒業していて、お洒落で何でも縫ってくれたという環境もありますね。
    様々なファッション雑誌を見たり、注文を付けては沢山の服を縫ったり編んだりして貰いました。

    顔そのものは中程度でしたが、背が高くスラッとしていたので子供の頃から可愛くてお洒落だと割とモテていましたよ。
    人は服装と髪形で化けます!(持論です)

    美人なのにセンスの無い人を宝の持ち腐れ、勿体無いわねといつも思ってました。

    今でも、素質は良いのに垢抜けない人を見ると、あの人が似合う服に身を包んでいたら、さぞかし美しい事だろうに、興味が無いのね、残念だわといつも思います。

    やはり、お洒落が好きだからっていう一言に尽きると思います。

    そして、そこまで美しくないからこそ綺麗な物やファッションに憧れ、努力したんだろうなと思います。

    今でも余念はありませんよ!

    ユーザーID:5306251323

  • 姿勢かな

    姿勢がきれいだと、高くないお洋服でもお洒落に見えると思います。

    姿勢といってもただ背中をまっすぐに…だけではなく歩き方などいろいろな部分の姿勢がきれいだとお洒落に見えます。

    ユーザーID:4788285102

  • 客観視と研究心

    私は昔はダサい格好をしていたなあ〜と思っています。
    ここ数年は、オシャレですね、と周囲から言って頂き、某雑誌のスナップ写真で掲載されたこともあります。

    昔と今では、オシャレに対する自分の意識が大きく変わったように思います。
    昔は、とにかく誰かのモノマネ、雑誌や周囲のオシャレな人と同じようなものを着れば大丈夫かな、なんて似合わない服を着ていました。
    また、全体のバランスとか、考えていなかったですねえ。ある物を適当に着ていました。

    今は、自分に似合う丈は何センチという厳格なサイズ規定をもとにしか購入しません。
    襟の開き具合も、どのくらい空いているといいか、またはどのくらい詰まっているといいか、考えて買います。
    バランスも、トップスが重ければボトムスはスッキリとさせる、フェミニンになり過ぎず外しや抜け感のテクニックを使ったり。
    そういうことを覚えてきましたね。

    何よりも、オシャレが好きで探究心が旺盛なのだと思います。

    ユーザーID:6511983684

  • おしゃれさん

    わたしが「このひとおしゃれだな」と思う人は
    ほかの方も書かれていますが、

    サイズがあっている
    服にしわが無い
    流行に乗っている
    服とアイテムがちぐはぐじゃない(色、デザイン、流行に乗った使い方)
    顔立ちとテイストが合っている
    化粧が上手(濃い薄いではなく)
    髪型が古くない

    流行のテイストとしてまとまっている人は
    安もんだろうがおしゃれに見えると思います。

    ユーザーID:7592791021

  • まず

    ご自分のパーソナルカラーと骨格スタイルを
    調べていただくのが早いと思います。

    ユーザーID:1899327170

  • カラーコーディネート?

    私の肌は青白く、眼は少し茶色がかっています。

    純粋な日本人ですが子供の頃は外国人と間違われた事も…。

    ファッションセンスはあまり無いと思っているのですが、靴や鞄を選ぶ時、例えば同じデザインで「黒」か「茶色」がある場合、私は「茶色」を選びます。

    「黒」を選ぶと肌の青白さとぶつかり、合わない気がするからです(実際、手に持って違和感を覚える事もありました)。

    …同じように服を選ぶ時も、若い頃は無意識?に淡いパステルカラーやカーキ色等の服を好んで選んで着ていました。

    現在、アラフィフですが相変わらず肌は青白く、やはり「茶色」や「グレージュ」等、中間色を選んでいます。
    淡いブルーも好きです。

    自分ではあまりファッションそのものを意識しているつもりはありませんが、何故か皆に「品がある」とか「センスがイイ」と言われます。

    もし肌の青白い私が「真っ赤」や「黒」、「黄色」等のハッキリとした色を身に着けたら、やはり合わないのではないかと思います。

    自分の肌の色に合ったカラーコーディネートをすべきかもしれません。

    ユーザーID:5910281359

  • ネガティブ視線で

    見栄っ張りで負けず嫌い、
    いつもキラキラしていたい
    (身体も心も若くありたい)
    という人だと思います。

    私は歳相応でいいです…
    お金もないし…
    あと、ビジュアルもいまいち。
    「おしゃれ番長になりたい」から
    悩むのであって、
    「安くても、素敵って言われたい!」という
    テーマで服探し・スタイル探しをして、
    競争の場から降りて幸せに好きなことしたいです。

    ユーザーID:6304986532

  • オシャレ哲学が有るか無いか

    主様初めまして。
    結婚前から家族のスタイリング任されていました。
    自分自身はメンドクサイので「黒・白・差し色1色」の3色以外殆ど身につけることは無く、まず着ません。
    おかげで知り合いの方が「あら〜〜!!」といつでも何処でも見つけてくれます(笑)。
    黒も白も無彩色にカテゴリーされるので万能。シャネル語録で読みました。
    おしゃれイズムは『ダンディズム』につながります。妹さんは過去『数学』系が得意教科じゃ無かったですか?。
    恐らく内面に妥協を許さない男性的なコアをお持ちだと思います。

    簡単な『センス』技ですが、目の色は茶系ですか?黒系ですか?
    『肌』の色と『目』の色が最高に引き立つ色彩を見つけましょう。次に髪もそれに併せて長さや色目を整えます。
    衣服と小物をその後組み合わせれば、安定感と貴方だけのスタイルが生まれます。
    千里の道も一歩から。頑張って!!

    ユーザーID:6575085205

  • それは

    おしゃれな人→自分をちゃんと客観的に判断できる人

    おしゃれじゃない人→自分を知らず流行に合わせていれば良いと勘違いしてる人

    だと思います

    ユーザーID:2904878326

  • 私も不思議に思ってました

    ここの皆さんの回答も「なるほど!!」と読ませてもらいました。

    トピ主さん、ありがとうございます♪

    ちなみにお父様、客観的な視点をお持ちなだけで、デリカシーがないとは思いませんでしたよ。

    ユーザーID:4010484232

  • 勉強になります!

    私もファッション大好きで、たくさん本も読みましたし、パーソナルカラー等色についても勉強しましたが、なぜかいまいち垢抜けず。

    そんな私ですが、このトピ、非常に参考になりました!
    一番大事なのは、髪や肌を含めた配色のバランスかもしれませんね。実際、今まで「おしゃれだなあ」と思った人は、やはりここが上手でした。

    たとえば「カーキ」ひとつとっても、千差万別の色合いがあるのですよね。
    カーキとネイビーを合わせるにあたって、雰囲気のあるカーキ&ネイビーと、安っぽく見えるカーキ&ネイビーがある。肌色も千差万別だし。

    こういうことは確かに、学ぶということは難しいですよね。
    センスのない人は、「これぞ、あなたのためのカーキ!」というカーキにであってもわからない。したがって、本のとおりに色や形をそろえてコーディネートしてもいまいち垢抜けない。

    凡人は、やはりトライ&エラーを繰り返すしかないですよね。昔より、ちょっとはマシになったかな?
    でも、自分にぴったり似合うと思えるファッションに身を包んでいるときは、気持ちが高揚して幸せになりますよね。

    ユーザーID:4709128207

  • おしゃれ

    足元、小もの、

    ユーザーID:4941287799

  • 私も研究しました

    今はセンスがいいと言われますが、学生のころは頓着しなかったです。

    とにかくこだわることが大事だと思います。
    それで合わないものは絶対に着ないし持たないという
    自分のスタイルを創ることだと思います。
    センスのいい人はそこに使うエネルギーが違うと思います。

    たとえば私はブランド物の肌掛けをいただいたのですが、
    柄物は使わない主義なので(カバーをかけたとしても!)
    凡庸なメーカーの無地物を買い直しました。
    母はただなのだから使えばいいのにと、しきりに首をかしげていました。

    またユニ〇ロで服を買うときは店でトータルコーディネイトします。
    服を持ってあちこち合わせて納得できるスタイルをつくります。
    上から下までトータル買いします。

    服より肌や髪の手入れ具合が大事だと思います。
    それから目に力があるかとか姿勢ですね。
    いいかげんな物の選び方はしない。
    生き方についてもスタイルを持つ。
    自分に合うもの、合わないものを知る。
    流行を追いかけていてはセンスは磨かれないと思います。

    ユーザーID:8332051088

  • やっぱり生育環境

    自分の事ではありませんが、周囲のお洒落さんは、

    自分の魅力を引き出すファッションを知っている
    欠点も知っていてそれをカバーする方法も知っている
    (足が短いからハイヒールをはくとか)
    鏡で全身をよく見る
    家の中でもオシャレ
    出かける時の準備に充分時間をかける

    でしょうかね。

    あと、生育環境。
    親が女の子がお洒落に関心があるのは自然な事だと認めて、
    お洒落することを否定されずに育てられたというのも大きいと思います。
    小さい頃からお洒落に関する取捨選択を自分の意思で自由に沢山してるんですよ。
    だから大人になるまでに自分にピッタリのお洒落が身についている。

    親が、色気付いて!とか、お洒落にお金をかけるなんてもったいない!
    と言ってお洒落を禁止し、
    ヘアードライヤー使用禁止、
    近所のお兄さんのお下がりのズボンを娘に履かせ、
    学校の制服以外には洋服も与えず、
    年頃になっても化粧品をそろえてあげることもせず、
    服装のマナーやTPOの相談にのってあげることもない、
    と言うようなお洒落に無関心で否定的で、
    お洒落イコール悪と言う価値観の親の元では
    お洒落さんは育たないんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:8513049219

  • お金をかけることも大事

    これをいっちゃあおしまいよ…ってところもありますが、私がこれまで見てきたセンスがいいなって人はみんな、服や小物にお金かけてました。

    たとえお金持ちじゃない場合でも、ご飯代その他を削って、高い服を買ってます。
    手取り18万のOLでも、5万のジーンズを何本も買うんです。
    収入の中で服飾費が占める割合がみんなすごく高い。

    やっぱり、高いもののほうが、色にしても素材にしても雰囲気があるから、センスがある人はそこが妥協できないのでしょうね。

    高いものを着ればイコールセンスがよいってことではないです。
    成金のださい人たくさんいます。
    でも、安いものばかり着ている人でセンスが一流と感じた人もいなかったので、ある程度お金をかけることがセンス磨きには絶対必要なのだと思います。

    安いものでも高く見せられる…っていうのは、合わせてる小物その他が超高価だからであって、安いもののみでコーディネートしたら、やはり「それなり」になってしまうと思います。
    悪くはないけど、印象にも残らないというような…。

    あとは、みなさん必ず実際に服を見て買ってて、ネット通販で買うことはなかったですね。

    ユーザーID:1275762189

  • 時間も手もかけてます

    顔にも今時の顔とそうでない顔がありますからね。
    昔の美人は、いくら美人でも今だと古くさい顔になっちゃいますし。

    不細工でもイマドキの顔とヘアスタイルをしていれば、お洒落には見えます。

    私自身は不細工ですが、背が高くスタイルは良いです(頑張ってます)。
    美大を出てグラフィックデザイナーを長いことやっていたので、お洒落にも細かい所に色々こだわっています。例えば同じピンクでも色味の違いには絶対妥協はしません(黄味が強いとか青みが強いとか)。

    自分が綺麗に見える形にもこだわります。まあ大抵のものは似合いますが、それでもトップとボトムのバランスがちょっとでも悪かったらその組み合わせはしません。洋服はかなりの数持っているので、合うものを徹底的に探します。その為に早起きしてコーディネートの時間はたっぷり取ってます。

    安い物も買いますが、そういうのは2、3度着たら終わりです。洗ったら縒れるので、もう着ません。
    1回しか着ない服も沢山あります。

    そしてなるべく洗濯機では洗わない。手洗い、部分洗いです。一度でも洗った服って綺麗に見えない物が多いので。

    ユーザーID:7582236125

  • 素敵なあなたを表現できることの幸せ

    身に着けるもの、持つものすべてを
    自信と喜びをもって
    自分自身のものにしてるか、じゃないでしょうか。

    自分を表現ができるか否か、
    そして素敵な自己表現のためには、
    自分が素敵だという事を認めてる確固たる自信と喜びが不可欠です。
    センスがいい、おしゃれね、素敵と言われるのは
    服装の選択、化粧、全体のバランス、ものごし、表情
    こういったものが自然にその人自身に反映されるから。

    総合的に素敵な自分らしさを演出できるのは、
    自由なのびのびとした感性が大きく作用します。
    あれやこれや理屈で考えるより、
    素敵な自分がより自分らしく歩くため
    楽しく選んで、自信と喜びをもって身にまとい、
    身に着けられるのが一番です。

    素敵なあなたがいきいきと見える表情、化粧、ヘアースタイル
    服や靴の色素材、立ち振る舞い
    その時々の季節や風景の中の自分の素晴らしい姿
    常にワクワクしながら、自信もって楽しんでやってみましょう。

    ユーザーID:5378971764

  • 予想外にたくさんのレス、ありがとうございます!

    ここ最近行事続きで忙しく、なかなかレスできずすみません。
    ざっと読ませていただきましたが、また落ち着いてレスしたいと思います。

    身近な例として、私と妹の話題を出しました。
    この一例だけでは何とも言えないと思うのですが、少なくとも私と妹では、私のほうが美術の成績は良かったですし、20年以上同じ屋根の下に暮らして妹の生活を見ていても、それほどファッションに熱心には見えません。むしろ、無頓着なくらいかと思います。

    やはり、センスというのは天性のものなのかもしれません。どなたかが書かれていましたが、「おしゃれに見せられない顔」というのがあるのかもしれません。私は割と真面目そうとか、清潔感があると言われますが、自分で見ても野暮ったいというか、地味な事務員っぽい雰囲気があるなぁ〜と常に思っています。

    天性のものでしたら、努力ではどうしようもない部分もあると思うのですが、やはりお洒落は楽しいので、少しでもマシになるように努力はしたいと思います。

    取り急ぎですが、引き続きのレスを楽しみにしています。

    ユーザーID:1760559078

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • そうですね

    私もおしゃれだと言っていただくことがありますが、サイズを合わせるぐらいで、あとは好きなデザイン、色で選びます。

    で、自分で思いつくのは、小さい頃から子どもらしい、上品でかわいい洋服を着せてもらっていたことかな。家族でお出かけの写真を見ると、上質そうなコート、ワンピース、白いタイツ(時代ですね)、帽子、赤や黒の革靴を履いてたりします。普段着は母の手作りが多かったですね。

    たぶんこの頃からの影響もあるのではないかなと思います。

    ユーザーID:8436431390

  • トライアルアンドエラー

    ヒールさんの生育環境の部分、我が家か!と思わず笑いかけました。
    ちなみに我が親はダメな方です。

    ドライヤーNG。
    お化粧NG。
    お洒落NG。
    なのに、年頃になった途端に
    「あなたはまったく身なりに頓着しないでダメよね」
    とばっさりと斬り捨てご免。

    高校を出て早々に親元を離れた自分と末っ子は多少なりともTPOに合わせた服装をしています。
    少なくとも「?」ってことはないみたい。
    二人ともあまり人とかかわらない職業につきましたが、装うことはマナーの一環でもあるということは自力で気がつきました。
    トライアルアンドエラーを繰り返しながら、ようやく自分のスタイルができました。

    しかし、親元に残ったもう一人はホテル勤務にもかかわらずなんだかとてもトンチンカン。
    身なりを整えたお客様を毎日見ているはずなのに。。。。
    本人もそんなに気にしてないみたい。
    一番整った顔立ちなのに、あぁ、もったいない、もったいない。

    もともとのセンスもあるかとは思いますが、自分の服装をきちんと鏡で見る。
    色違いは必ず両方試す。
    サイズも上と下を必ず試す。

    年齢を重ねれば重ねるほどに試着の重要度は増すばかりです。

    ユーザーID:5142833086

  • 良い意味で「まじめ」

    これは、スタジオミュージシャンをやっている男性の知人が言っていた言葉です。

    自分もオシャレだし格好いい生き方をしていて、
    お洒落な女の子を好ましく思っているようでしたが、
    彼はそういう人を「まじめ」と表現していました。

    学級委員をやるような、まじめで繊細なタイプの子が、
    ファッションを「学習して」、努力の上、自分を表現したり、
    努力して心からきれいに生きようとしている様子を「おしゃれな人」
    と、言っているようでした。

    私は、お洒落には感性が必要なのかと思っていたので、彼の言葉を聞いて、

    どうすれば、周囲に不快感を与えないかとか、
    そういうまじめさとかやさしさも、
    確かに、オシャレに必要だと目からうろこがおちました。

    ユーザーID:8489618143

  • トータルバランス

    オシャレな人は、それこそ「つま先から頭まで」手を抜いてない感じがします。靴、カバン、小物、服、そして髪型もセンスがあります。逆に言うと挙げた中の1点でもダサいものがあればオシャレではありません。カバンから何気なく見えた折り畳み傘の柄もなんだか素敵。洋服は趣旨の違う服はないイメージです。テイストの統一というか。数年ぶりに会ってもベースは変わってない感じですね、自分に似合うものを徹底的に研究して知り尽くしているようです。上流を知っている上での引き算が上手いとも言えますね。あと関係ないかもしれませんがオシャレな人は美意識が発達しているせいかオーラルケアも行き届いている方が多いです。

    ユーザーID:5082470803

  • 引き算

    私もオシャレな人って何が違うのかなぁ・・・と常々思ってます。
    どんな人をオシャレかと思うかは好みだとは思うのですが基本的に
    引き算かと。アクセサリーやメイク、柄物のお洋服 着飾りだすと
    バランスが難しいですよね。私の思うオシャレな人って基本シンプル。

    そしてマテリアルや仕立ての良いものを着てらっしゃる気がします。
    髪型、お洋服、足元のトータルバランスが良いのですね。
    流行に左右さず気に入った良いものを長く大切に。
    これがオシャレを楽しめる、本当のオシャレさんじゃないですかね〜

    ユーザーID:1747321237

  • おしゃれは自信から・・

    おしゃれな人ってに自分に自信がある所から来てると思う。

    顔は、イマイチでも体型などに自信がある人
    顔が良く、体型に自信のある人は、自分が何着ても似合うと
    思うから、ますます洋服が生える、ますます自分に自信が着く
    だから、おしゃれに見えるのです。

    私なんかは、顔も地味、鼻、口は、綺麗だけど、頭は大きい顔は大きい
    髪は癖、足は短い、目は細いし、化粧して、そこそこ見栄える程度だけど
    目が細い、肌も白くないから、洋服着ても、パッとしないのね
    見た目のいい人が、安い何でもない無地のTシャツ着ても、素敵に
    見えますよね?それと同じなんですよ
    お顔が、そうでない人と、整った人が、髪を同じく、ひとつに束ねたら
    どちらが、おしゃれに見えますか?
    要は、おしゃれに見えるって事は、土台なんですよね
    私なんか、自分に自信もないものだから、無難な服を選んでます。
    子供や、夫に、見立てるセンスが凄くいいと言われても
    私自身おしゃれ〜と言われた事一回もありません。
    おしゃれに見られる人は、自分のルックスに自信ありますよ

    ユーザーID:0956622131

  • 見る目と想像力がありそう

    すみません、私もトピ主さんと同じで、オシャレになりたいとずっと思っているのに、オシャレになれないのですが、

    思うに、オシャレな人って服や物の良さを見抜く目と、それを自分が着たらどうなるか、何と組み合わせたらより魅力的になるかの想像力が豊かなのではないでしょうか。

    あと選択が大胆ですよね。

    オシャレスナップなどでひとつひとつのアイテムを見ると、私には選べない「地味さ」と「大胆さ」が混在しています。
    色とかデザインとか、何かが過剰だったり普通じゃなかったりするんだけど、全体としてバランスがとても自然できれいで、その人にすごく合っている。

    あとやっぱり、オシャレをすごく楽しんでいる、オシャレがすごく好きだって感じがします。

    愛情ですね。
    服や靴に対する愛情、それを身に付けている自分への愛情。
    そんなものを感じます。

    ユーザーID:7597357590

  • 入院中ですら言われた。

    ほぼ、毎日人に言われます。
    見ず知らずの人からも、その日に会う知人友人にも。(知人友人には「相変わらず」「いつも」という枕詞がつくけど)

    思い出したのが、何度かの入院(緊急も含む)でも。
    パジャマ一つ、その上に羽織る物一つ
    マグカップやトレイ、持っている小物すべてが「素敵!おしゃれですね!」なんです。メモやペン一つでもです。
    看護師さんや医者、検査技師にも言われます。
    私は普段使っているものを、そのままカバンに詰めただけなんですが。

    ただ、その普段のものが、一点一点すべて
    こだわって考え抜いて買ったものです。
    高い品ではありません。

    自分の好きなもの以外は身に着けない、周りに置かない。
    それを貫いています。

    ユーザーID:2459391734

  • 勉強になります

    二度目です。
    美術が得意との事。
    その昔。恩師から美術が得意な人はざっくりわけて『2種類』が居ると聞きました。かなり大まかですが・・・・因みに強いて言うならば私はAタイプです。

    形や形状・質感に強い興味を持ち、正確に再現・写し取ることが生きがい。得意なタイプ(仮にA)。

    中間色などデリケートな色彩に関心があり、繊細な美しい彩りを表現するのが大好き。得意なタイプ(仮にB)。

    お話を聞くと、主様はAタイプではありませんか?
    Aタイプは弱点として色彩の表現に弱くなりがち。
    Bタイプは形状の重量感に無頓着になりがち。

    デッサンの先生からの受け売りですが、参考になれば幸いです。

    ユーザーID:6575085205

  • 勉強になります!!

    皆さんのレスを読みながら、改めてお洒落=知性+人間的魅力だなあと思いました。
    ネガティブな表情や会話をしていたり、言葉に品がなかったり、自信がなくおどおどしていたり、頑なだったりする人からは、どんなに服装に凝っていても「お洒落」という形容は吹き飛んでしまう。
    お洒落って人柄そのもの、生活そのものなんですね。

    流行との付き合い方も、お洒落のバロメーターだと思います。年をとるほどに流行を上手にアレンジして楽しんでいる人は、瞳が生きていて知的好奇心も旺盛、すべてに前向きな印象です。ファッションに限らず文化すべて、停滞すれば力を失う。自分なりの生活基盤や人格ができあがってこそ、流行を主体的に楽しめるようになるのだなと思います。

    私は周囲から見てお洒落な人には程遠いですが、先日子どもの行事で自分なりに今の最高、と自負できるスタイリングができました。夫は優しく、子どもは喜び、ママ友からの声かかり率は急上昇。お洒落って大事だとつくづく思いました。引き続きこのトピで勉強させてください!

    ユーザーID:3016865071

  • トピ主です。勉強になります。1

    たくさんのレスを頂きましたので、一人一人にお返事は難しくなってしまいました。申し訳ありません。

    じっくり読ませていただきましたが、いろんなご意見があるというか、やはり正解はないのかもしれませんね。

    あと一つ、私の書き方が悪かったのか誤解されている方がいらっしゃるようなので書いておきますが、私は特別優れた容姿ではないです。あくまで父が、妹よりトピ主を比較してトピ主が綺麗といっただけで可もなく不可もなくのごく普通の容姿だと思います。妹も特別に劣った容姿だとは思いません。


    ふと考えてみたんですけど、オシャレに見える要素として、外見と内面、どちらが重要なんだろう。また妹の例で恐縮ですが、たとえば私と妹の中身だけが入れ替わったらそれでもやはり、妹(外見は私)がオシャレに見えるのでしょうか。

    ユーザーID:1760559078

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • トピ主です。勉強になります。2

    そう、考えてみたら有名なデザイナーの人でも、デザインのセンスは抜群でもご本人はオシャレに見えない方もいます。そう考えると、決して美人ではなくても「オシャレに見える容姿・見えない容姿」というのがやはり存在するのでしょうか。

    妹以外にも、オシャレな友人がいます。その友人と初めて会ったとき、あまりのオーラに圧倒されました。よく見ると(失礼ながら)ずば抜けた美人というわけではありません。それでも一瞬、どこかのセレブな方かしら?と思わせる存在感がありました。後で知ったのですが、その時は主にユニクロでコーデしていたそうです。

    いろんなご意見があって戸惑いますが(このブレている感じが自信のなさにつながってオシャレに見えない一因かもしれませんね)、
    1.好きな色と似合う色は違う。パーソナル診断、骨格診断を受けてみる
    2.芸術に触れる
    3.天性のもの(磨いて身につくものではない)
    4.髪・爪・靴の手入れはきちんと
    5.姿勢
    6.自信
    この辺りをじっくり考えて、少しずつでも生かしていきたいと思います。

    ユーザーID:1760559078

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 駄)レスですが

    すみません、めっさ横で恐縮ですが…、
    レスをしてる「私はオシャレです」の皆さんのレスに感動しました。
    オシャレかどうというのは「街角スナップ」「周りの人から言われました」等々で決まるのか!と。
    すみません本当にびっくりだったんです…。
    (決して皮肉とかじゃないです、単純にびっくり)

    私が思うオシャレとは雑誌などに乗っている「流行りの小奇麗さん」ではなく、
    姿勢、身だしなみ、話し方、姿勢、色、顔のつくりなどなどなど、
    その人を取り巻くものが美しい、もしくは可愛い、爽やかなど好感がもてる人だと思います。
    強弱はあれどオシャレな人はジャージ着ててもなんとなくサマになりますよね。
    あれは洋服に左右されない何かを持っているからでは?と思ってました。
    私は間違ってもオシャレではないので、上記のような人には憧れます。


    ああ、あと最近のオシャレだなぁ!な女性。
    黒いスーツに黒いパンプス、というリクルート姿そのものでしたが、
    勤続5年の雰囲気を醸し出し、なおかつすれ違いざまにかすかな香水の香り…。
    小説の主人公みたいで素敵でした〜。

    ユーザーID:6793514600

  • 私はまだ20代ですが、、、

    時々、センスがいいと言ってもらえます。
    友人、先生、近所やスーパーのおばさんなどに。
    でも、自分がオシャレだとは思ったことはないです。

    服装以外でオシャレだと言ってもらえることもあります
    例えば誕生日プレゼント
    自分で買おうとは思わないけど、あったらいいな!って思うものだったり、いつも使うものだけど、そのいつも使っているものよりちょっとだけランクが上のものだったり。
    期待を少しだけ上回るプレゼントを送ると、センスがいいと言われます

    主さんはきっと、そのままでお綺麗で、素敵だけど、妹さんのほうが‘‘期待を上回っている’’のではないでしょうか
    「こんな感じの服装で現れるんだろうな」という周囲の予想を少しだけ越えればいいのでは

    ユーザーID:8766112609

  • そんな人見た事ありません

    「世の中には、特別に容姿端麗なわけではなくても(例え背が低くても、ぽっちゃりでも)お洒落に見える人がいます。」

    そんな人、見た事ありません。お洒落に見える人はやっぱり容姿端麗ですよ。背が低くても、ぽっちゃりでも、とおっしゃいますが、トピ主さんから見ては容姿端麗に入らないのかもしれませんが、やはりそういう人は目が大きいとか顔が小さいとか、素材自体が優れているんですよ。
    お父様の考えは間違っていると思います。綺麗な方が絶対お洒落に見えます、実際にはセンスがなくても。
    酷い事を言うお父様ですね。妹さんが可哀相です。

    ユーザーID:8507028717

  • 外装の問題ではないですね

    トピ主さん負けず嫌い?(苦笑)鈍臭い感じわかるような気がします。卑屈で嫉妬深いか横並び主義で個性認められないのか、感情面での美意識の低さ=モラルの低さに匹敵します。

    まず対象者への貶し具合が上から目線で怖い。よく見れば小太りで然程美人でもない。大したことないはずのあの人に、周囲がお洒落の称号を与える事が不服って話ですよね?自分に自信がない事を免罪符にする人ほど攻撃性激しいですね。無意識かと思いますが日頃から言動に滲み出ていそう。立場も弁えずライバル意識全開で不躾な態度とったりしてません?

    謙遜って言葉知ってますか?割と裕福で育ちの良い人程、人を不快にさせないよう細心の注意払ってます。想像するにその方はあなたからいちいち詮索されたり、張り合われるのに困惑してユニクロ持ち出したのかもね。鬱陶しそう。

    下流が上流に憧れ妬む裏腹感。友人関係ならフレネミー?(笑)垢抜けない原因は物事の見識が狭いのかと。あまり負の感情投げつけると面倒臭い田舎者と思われるよ。大人なら自分の感情に責任持ちましょう。他人と比較する事を止め内面改善でマナーでも学んだら少しは変化するんじゃない?

    ユーザーID:5654357641

  • 妥協しない。違いが分かる。

    これでいいや〜、じゃなくて、これがいい!という明確な意志がある。

    物事を俯瞰して見られる人が多いと思う。だから服装に関しても、トータルバランスを考えられるのかな、と。子供っぽい思考の人はあまりいない。

    外見は、身長の高低や肉付きは様々でも、全身の均整が取れていると思います。顔が大きいとか足が短いなどの人が少ない。

    高い物はやはりいいです。シンプルな白シャツでも、1,980円と○万円とでは違う。お洒落な人は「どっちも大して変わらんだろ〜」とは思わずに、違いを見分けられます。
    安い物でもお洒落に着こなせるのは、着る人自身が強くて輝いているからだと思います。モデルや芸能人などそうですよね。
    凡人が安い物をお洒落に見せるのは難しい。だから、なんてことない白いシャツでも頑張って高いものを買うのは一つの手段です。

    それから美術が得意でなくてもセンスがいい人は沢山いるし、絵が上手でもセンスない人はいます。そこが不思議なところです。
    美術やファッションの勉強は参考にはなると思いますが、そんな知識がなくてもセンス良い人は良いんですよね。これ言っちゃお終いか。

    ユーザーID:5864930336

  • 美的感覚を常々養う。

    結婚してから、お洒落と言われることが増えました。
    服だけでなく、ちょっとしたプレゼントとか、作成する書類やパワーポイントのようなものまで、そのセンスは流石ですねとお褒めの言葉をいただくこともずいぶん増えてきました。
    結婚前は顔もスタイルもいいんだからもっとお洒落したら?お化粧しない主義?と言われることも結構ありました。一生懸命してるつもりなのに!

    違いは普段の生活だと思います。
    夫が美術関係の業界にいるため、展覧会や個展は年に20本近く見ます。最上級の国宝レベルから市井のプロの作品まで見るので感覚が変わってきた気がします。
    またちょっとした買い物も色を揃え、質感を揃えるよう言われているので普段の買い物からからデザインや色について考えます。
    家の中のレイアウトもこざっぱりと常に片付いている状態に変わりました。

    そうすると選ぶ服が変わってくるんですよね。昔は好きな色を買ってましたが今は似合う色で手持ちの服に合うものをじっくり選びます。
    テイストやテーマとか、独身の時は考えたこともなかった!
    結婚を境に自分の意識も周りの評価もがらりと変わったので、参考になればとレスしてみました。

    ユーザーID:6990485180

  • オシャレは情熱の賜物。好きじゃないと意味がない。

    子どもの卒業式、入学式など、スーツに着慣れない母親、たくさんいます。
    普段、ヒールのある靴など履かないものですから歩き方もぎこちないです。

    オシャレな方って体型とか関係なく、自分に似合っているかどうかが
    解っている人だと思います。
    自分に似合うスタイルを見つける為にに冒険も必要だし失敗もありムダ金も使うでしょう。

    常に自分に何が似合うか見極める。だらしない格好はしない。
    姿勢を正す。シャネルスーツを着たいからダイエットする。

    私は洋裁学校の講師なので、オシャレじゃない私は見せません。
    家で着るぱじゃまでさえ気を使っています。

    ただこんな私を批判する人がいます。見た目じゃない知性が大事って。

    それも正論だと思う。おしゃれが好きではなく、知性で勝負ならそれでいい。

    だけどトぴ主さんはオシャレになりたんでしょ?

    いっぱい勉強してみたら?最近はファストファッションが流行りですが
    ちゃんとしたマヌカンのいるお店で相談しながら購入してみてはいかがでしょう。
    おしゃれは楽しいですよ。

    ユーザーID:7875278792

  • レスが落ち着いてきたようなので…1

    引き続きのレス、ありがとうございます!
    レスが落ち着いてきたようなので、お返事してみようかと思います。

    >るっこらさん
    そうですね〜、何をオシャレと判断するかは人によると思いますけど、「街角スナップ」に撮られるというのも、オシャレカテゴリ?には入ると私は思います。
    しかし、決して流行の格好をしていなくても、万人受けはしなくても、オシャレな人もいると思うので、オシャレな人=街角スナップに撮られるとは限らないのでしょうね。
    そうして考えてみると、「オシャレな人」とは100人いたら100通りの考え方があるのかもしれません。
    自分は何をオシャレと思うのか、その基準があいまいなのがそもそもオシャレでない証拠なのかもしれませんね。


    >胡桃さん
    レスありがとうございます。「期待を少しだけ上回る」ですか。そうですね、考えてみたら私はあまり冒険をしないのかもしれません。服を選ぶ時も、小物を選ぶ時も、好みであってもなんとなく派手で落ち着かないな、とためらうことが多いです。考えてみたら割と、妹は派手ではないですけど、インパクトのあるものをチョイスしていることが多いです。

    ユーザーID:1760559078

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 2


    >ゆりかさん

    レスありがとうございます。皆さんのレスを読んで、「オシャレな人」の基準も人それぞれなのだと学びました。ゆりかさんのように「オシャレに見えるには素材がよくないといけない」という意見もあるのですね。私はそうは思っていません。

    私は、今から容姿をよくすることは整形でもしない限り難しいので、せめて雰囲気のいい人になりたいと思っているのです。

    ちなみに、ゆりかさんのおっしゃる通り、ひどい父です。トピの趣旨から外れるのでそれに触れるのは控えていましたが、いわゆる毒親でして、距離を置いて10年以上になります。

    ユーザーID:1760559078

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • >too happuさん

    レスありがとうございます。負けず嫌いですか〜、実は今まで人から負けず嫌いと指摘されたことがないのですが、自分でも気づかない卑屈で嫉妬深いおどろおどろした要素があるのかもしれません。我ながら恐ろしい・・・。この機会に見つけなおしてみようと思います。ちなみに鈍臭いのは当たっています。オシャレに見えないのは、立居振舞のせいかもしれませんね(それを言うなら、妹も運動音痴なのですが・・・)

    ただ、too happyさんの判断は、ちょっと深読みしすぎなのではないかと思いました。フレネミーという言葉、知らなかったので検索してしまいましたが「友を装う敵」???いくらなんでも、深読みしすぎですよ〜。

    私はタイトルに〈駄〉とつけたとおり、ごく軽い気持ちで、容姿とは関係なく、オシャレに見える人もいれば、見えない人もいる。その違いは何だろう?と疑問に思ったのでした。

    too happyさんは、どう思いますか?

    ユーザーID:1760559078

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 顔よりもセンスよりも体型が8割

    ユニクロのCМを見てると高い服では無いのにすごくお洒落に見えませんか?
    だけど実際に試着してみるとサイズは合っているのに(私の場合は)あんなにカッコ良くならない。
    それは当たり前だけど体型が違うからです。

    洋服の似合う体型は正面から見て、身長に対して肩幅、腰幅などの身体の幅が狭めの人ですね(狭すぎるのもだめだけど)。
    要するに長方形のシルエットの人。そして首の長い人。
    そういうネキン人形のような人がデザインのコンセプト通り?に着こなせるのかなと思います。

    ぽっちゃり体型でも幅はそんなに無い人もいますし、痩せていても幅のある人もいますから肥満度はよほどでない限りあまり関係ないかと。

    私は太ってはいないのに残念な幅広体型で(その分薄い)首が短いので、何を着てももっさりとしてイマイチ決まらないため、服選びはすごく大変で楽しくありません。
    シンプルでも決まる人は体型の良い人です。あと番外で、外見を上回るくらい個性のある人は別物。

    デザインだけで服を選べたら人生変わったかも。

    顔立ちよりは髪型の方がオシャレ度の印象に影響すると思うけどな。

    ユーザーID:1948610367

  • ほらほら

    負けず嫌いだと思ってないんですか?

    >(それを言うなら、妹も運動音痴なのですが・・・)

    なんて負けず嫌いじゃなきゃ書きませんよ

    ユーザーID:7128542431

  • 塗り壁子さんのレスを見て

    確かに、一見して「かっこいい」「素敵」と思われるためには、おおまかにいって平均以上の体型が必要なのかもしれません。

    あまりにも背が低い、顔が大きい、太っているなどの要素が強いと、スタイリッシュな印象を残しにくいのも確かでしょう。

    でも、おしゃれである、センスがあるって「モデルのように服を着こなしている」とか、そういうことではないと思います。

    たとえば、欧米人が適当にユニクロの服を着て、一見さまになっていたとしても、私としては「センスがあるな」とは感じません。

    そのコーディネートに何かポリシーがあったり、個性的な何かがなければ、「スタイルがいいな」と思ったとしても、それは「センスがいいな」ではないんです。
    (その人が、あえてユニクロを選んでいる…としたら別ですが。)

    スタイルが悪くても「オシャレだな」「センスいいな」と思わせる人は確かにいます。
    (ただ、スタイルの悪い人のオシャレは、相手もある程度センスのある人じゃないとわからないこともあるかもしれませんが…。)

    ユーザーID:1275762189

  • スタイルよりも髪型

    オシャレに見えるかどうかの違い、それはスタイルももちろんだけど
    それを凌駕するのが髪型かな?
    オシャレ頑張ってるけどイマイチ垢ぬけない人はどんな服でも髪型が同じイメージです。
    あっ、この人ぶきっちょなんだなーと気付きます。
    都会的な女性は服のスタイルに合わせて髪型のアレンジが上手です。
    つまりトータルコーディネート出来るか出来ないか。
    これは生まれつきの才能によるところが大きい。

    あと、顔もあるなー。
    美人不美人よりも、今風の顔立ちの人はやっぱり今風の洋服が似合う
    昔風の顔の人が今風の服を着ても、違和感を感じます。

    ファッション雑誌や人真似するのは簡単だけど、同じ様になるかは上記の
    素質を持ってないと残念だけど難しいです。

    ユーザーID:2045459337

  • 私もデブですが「おしゃれ」だとほめてもらえます。

    全てのレスを見てはいないので、結構重なっていると思いますが…

    私もデブですが、周りからおしゃれだとほめてもらえます。
    通販の安物やファストファッションなのに
    ブランド物と間違われることも多数ありました。
    その理由は、以下のようなことかと思います。

    1.自分に似合う色を知っている。
    雑誌レベルではありますが、パーソナルカラー診断の結果
    似合わない色は子供のころから苦手な色でした。

    2.美的センス
    子供のころから両親の趣味で美術館に連れ回されていて
    今も美術鑑賞は趣味の一つです。
    これのおかげで色や質感の合わせ方は得意な方だと思います。
    この数年はファッション雑誌を2誌定期購読し
    その他の雑誌も店頭でチェックして、気になるものは購入し
    コーディネートやトレンドをチェックしています。

    3.小物こそ気を抜かない。
    靴やバッグ、アクセサリーほど良質のものを選びます。
    高価でなくてもいいんです。見た目で質の良い、と思う物を選びます。
    定価で買うのは大変なので、バーゲンで買っています。

    ユーザーID:5296708273

  • ありがとうございました!

    >みどりさん
    ホントにそうですね!安い物でもオシャレに見せるオーラ、とてもかないません。私には残念ながらそれがないので、良い品物を選ぼうと思います。
    美術に関しては私も謎なのですが、絵が上手くなくても着こなしにセンスのある人も多いですね。ああ、ホント謎だらけだ・・・。でも絵は好きなので、これからもたくさん鑑賞したいと思います!

    >つや姫さん
    すごい!ちょっとした意識で人って変われるんですね。希望がわきました。私も諦めず追求したいと思います。そういう方のご意見が聞けて、相談してよかったと思いました。

    >こめさん
    オシャレに対して、ストイックな様子が伝わってきました。確かに私はファッションは好きですが、情熱はあるかと言われたら自信はありません。そうそう、この機会に、夫と親友に私に似合う色を聞いてみました。そうしたら意外な答えだったんです。私はネイビーなどが好きなんですけど、暖色系が似合うんですって。次回はちゃんとしたマヌカンのいるショップでも相談してみたいと思います。

    ユーザーID:1760559078

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • ありがとうございます!2

    >塗り壁子さん
    >ユニクロのCМを見てると高い服では無いのにすごくお洒落に見えませんか?
    まさしく、そう思います!というか、それを自分が着ている姿を想像して、がっくり来ちゃいますけど。
    オシャレに見せるため重要な要素って、体型>髪型>顔なのかもしれませんね。
    容姿はそう簡単に変えられないのが辛いところですが・・・

    >泥熊さん
    >負けず嫌いだと思ってないんですか?
    はい、40過ぎの今まで思っていませんでしたし、人に指摘されたこともありませんでしたのでかなり驚きました。
    妹を例に出したのは、身近で分かりやすいと思ったからです。泥熊さんの周りにもいませんか?見た目は悪くないのに垢抜けない人、とても容姿端麗とは言えないのに、なんだかオシャレで輝いて見える人。
    次回は、ぜひオシャレについての指南をお願いいたします。

    >さなさん
    そうなんです。トピを立てた趣旨としては、モデルや芸能人並に容姿端麗な人がオシャレに見えるのはある意味当たり前。しかし世の中には、容姿とは関係なく、きらっと輝くセンスのいい人がいる。その秘密を知りたいってことだったのです。

    ユーザーID:1760559078

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 素材をどういかすか

     背が低くてもおしゃれ、ぽっちゃりでもおしゃれ、いると思うんですよ。ものすごくおしゃれにはみえなくても「おっ、おしゃれさんだ」とわかるくらいには。

     そういう人は、自分の良いところをきちんと知っていて、それを生かしてますね。ぽっちゃりでおしゃれな人、色白でつるつるの肌じゃないですか? そしてそれを生かすような白い麻素材を着て耳には一粒パール。 背が低くておしゃれな人は「ちんまり」と整っている方じゃありませんか? で、手入れの行き届いたディティールのものを身につけている・・・和菓子みたいな人。

     横顔の鼻からあごにかけて綺麗な人が あごすれすれのボブにしてチョーカー風のアクセサリーをつけている・・・あなた一体いつ自分の横顔を合わせ鏡で見て自分の長所に気づいたのよ? 上手いわ。

     自分の外見的長所を探して見つけるためにはある程度「アタマ」が必要でしょうね。そしてそれに合うものをチョイスするには「美的感覚・センス」が必要でしょうね。

     トピ主さんに会って、生かすべき長所を一緒に探してみたいけどね。がんばって。

    ユーザーID:3778159485

  • 見る人による?

    私もお洒落に目覚めたとき、同じように思いました。
    そこで、自分がみかけたおしゃれと思う人たちの共通点をピックアップしてみました。(観察対象は老若男女)

    ・綺麗な色使いで全身まとまっている。
    ・帽子、バッグ、アクセサリー、靴下など小物使いにも気を配っていて、統一感もしくは遊び心があったりする。
    ・洋服のサイジングがぴったり。
    ・(その人を知らないけど)着る人の雰囲気にぴったりだなと思う。
    ・おしゃれを楽しんでいるのが伝わってくる。
    ・自然体もしくは堂々としている。

    美しいかどうか、スタイルがいいかどうか、は特に関係ありません。
    私の場合は、上に挙げた共通点こそが、自分がこういうお洒落をしたい、そういう佇まいでありたい、と思う内容なのだとわかりました。

    ちなみに、私がお洒落だ!と思う人は高齢の女性がとても多いです。
    時々はっとするような美しい色合わせの方がいらしたり、全身色柄なのにゴージャスにちゃんとまとまっていたりします。(関西在住なので全身色柄な方は多数ですが、センスを感じる人は稀です)

    自分がこういうお洒落がしたい!と思うその内容が答えなのではないでしょうか。

    ユーザーID:6774152524

  • がんばっているのにあか抜けない人いって…

    連投すみません。

    トピ主さんのレスにあったキーワード
    >見た目は悪くないのに垢抜けない人
    が知人にいます。

    結構ブランドものの靴やバッグを普段使いにして、アパレルもブランド系が多いのに
    何とも言えない、残念な感じです。
    せっかくの高価な身なりなのに、もったいないです。

    彼女の場合いくつかの要因があって、あか抜けない雰囲気を醸し出しています。

    1.コーディネートが残念。
    いいものといいものを組み合わせても
    色合いや質感が合ってなくて、ものすごく違和感があります。
    服の合わせ方はいいのに、色や質感のあっていない靴を合わせたり
    アウターとインナーの組み合わせに違和感があったり。
    残念ですが、パーフェクトなコーディネートの彼女を見たことがほとんどないです。
    やはり色彩感覚が物を言うなぁ、と彼女を見て再認識しました。

    2.パーソナルカラーに合わない服を着ている。
    パーソナルカラーに合わない服、特にトップスは肌を汚く見せます。
    もともとの肌がそれなりの場合、特に汚く見えますね。
    彼女のおかげで、私もパーソナルカラーの物しか買わなくなりました。

    ユーザーID:5296708273

  • 最近、「こなれて来た」と思う、私の私観

    40代です。

    私は身長が高く、ファッションスタイルは、マニッシュ、かっこいい系、キレイ目カジュアルと、テイストが決まっています。
    肌が白いので、基本色は白黒のモノトーン、ベージュ、グレー、紺が肌に馴染むと思っています。
    腕時計、ネックレス、ブレスレットは、ゴールド、ホワイトゴールド、パールを中心にたくさん持っています。
    ストールも、大判なもので、シルク、コットン、カシミア素材で上記の色で揃えています。
    バッグは上記の色に加えて、ゴールド、シルバー、ブロンズ、レンガ色と、ショルダータイプ、大ぶりタイプとあります。
    靴は、ごつめとキレイ目のショートブーツ、ペタンコ履、スニーカー。

    上記が、年間を通して変わらない私のスタイルですが、これだけでは、センスが良くは見えない。
    袖は必ずまくり、パンツやジャケットは流行の微妙な丈をチョイス。
    トップスは自分に合う丈が決まっている。ボタンはいくつ開けたら上品な肌見せか?
    白シャツや白Tシャツは、どのくらいの分量見せたらバランスがいいか、鏡の前でチェックします。

    自分に似合うもの、手持ちの物の絶妙な組み合わせ方、こなれた見せ方を知ることでしょうか。

    ユーザーID:2055161905

  • 妥協しない!

    服を着てみて、ちょっとでも違和感があればコーデをやり直す。

    自分を3割増キレイに見せてくれる服だけを持つ。

    お手入れも必須。毛玉はとる。シミは抜く。シワは伸ばす。


    こういう方にセンスを感じます。

    ユーザーID:6968500828

  • 最近になって気付いたこと

    母が「いつもお洒落ね」と言われる人で、繁華街も近くて百貨店内や商店に友人、知人が多くいる中で成長しました。なので今も出歩くと「あ、母の友人だ」な顔ぶれのどなたかと挨拶をする日常です。

    その中に、以前はセレクトショップの店長で定年退職後に「頼まれて週3日だけなの」とか百貨店の売り場に立つ人が何名かいらっしゃいます。百貨店の制服姿だと周囲の若い人に比べて地味で目立ちません。だけど帰り際の私服姿を見かけるとすごく素敵なんですよ。

    「○○さんだ!」ではなく、前を歩いてる人なんだかかっこいいなぁ・・・と思ってたらその人だと分かったり。もちろん長年の経験上、磨かれたセンスもあるんでしょうが、そういう人たちを見ていて気付いたのが、身体に合う服〜多分、妥協せずにお直しをしている?そういえば母もお直し後の試着で「ここをもっと〜して」と注文していた!と今頃になって思い出したんです。

    肩幅と袖丈が合ってればOKと思ってる私、そういう人たちと比べたらサイズに関する認識が相当甘いんじゃないかと。それで最近、着始めた冬のコートのサイズを見直し&研究中です。

    ユーザーID:8579168100

  • やっぱり素材

    ぽちゃっとしていても、骨格は意外と華奢。手足が小さくて、指先にむかってすっと細い。
    太めでお尻は大きいけれどそこそこ高めの位置。足はまっすぐでかかとはきゅっと細い。
    太めなようでも骨格は華奢で、肩ひじひざ手首等の関節が小さく、ごつくボコボコ出ていない体型。
    とりわけ顔が小さいわけではないけれど、つるんと卵形。ほお骨エラ口元等、極端な粗がない。
    後頭部もきれいに丸くまとまっていて、絶壁でだだっぴろく横に広がったりはしていない。

    そんなところなのではありませんか?

    ユーザーID:5668532194

  • いくつかのパターン

    ラフな一本結びにTシャツ、パンツのシンプルな格好なのにセンスがある人はズバリ頭が小さく手足が長くスリムで髪もやわらかいのです。こういった方はシンプルな服装のほうがセンスがあるように見えます。それ以外の体型の方は自分の色を持つこと、です。ショップの店員さんになったつもりでテーマを決め統一感のあるコーディネートをし、髪形はしっかり決めてみると「おしゃれ」に見えます。最後に、「あか抜けた人」というのは素材やその人の持つオーラが大事ですが、あかぬけた雰囲気には化粧と骨格が一番影響を及ぼします。たとえばぶりぶりのフリルが好きな人は少数派かもしれませんが、常にお花畑の格好をしているとそれはそれで個性のあるお洒落な人に見えます。フリルがお洒落なわけではなく、フリル主義というテーマや個性からぶれない存在感、「フリルのプロ」になるとその人物をお洒落に演出するのです。フリルをたまに着てみるのでは完全にダサい人になってしまいます。この違いです。極める、がおしゃれな人を印象付けるのです。いつもさらっとセンスがいい、を演出するためにはいくつかのルールはありますが体型や骨格、輪郭などの影響が大きいです。

    ユーザーID:7279837275

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧