犬のメラノーマと転移

レス7
(トピ主2
お気に入り20

生活・身近な話題

Dママ

愛犬(15歳)のことです。先月、口腔腫瘍ができて摘出をし、病理検査の結果悪性腫瘍という結果でした。

手術の結果から、再発の可能性がかなり高いこと、肺などに転移したら手の打ちようがないことは獣医師さんから聞いており承知の上でした。

一ヶ月ちょっとたって、のどのほうにできものがあって、レントゲンをとった結果
おそらくは転移でしょうという診断。

心臓が悪いので、心臓の薬は投薬中です。加えて生理の出血がだらだら続き、蓄膿症の疑いがあるので抗生物質もあわせて投薬中ですが、それ以上はなにもしてません。


場所は心臓のまわりだろうと言われました。


気になるのは犬が苦しいのか?です。現在は呼吸も乱れてないし普通です。でも、一般の犬にくらべたら元気なんてまったくないとおもいます。片方だけ青っぱながでるのが気になります。元々大人しい子ですが、一日寝ています。


蓄膿症?のせいなのか、元々水をあまりのまないのが最近は水だけガブガブのみ、排泄もおおいです。

一日中、ほぼ動かずほぼ食べず、動くのは散歩の水をのむときといってもいいぐらいで、この状態であと何ヶ月もつのだろうとおもいます。唯一元気を感じられるのは、家ではグッタリしてるのに散歩のまえはしっぽをふり、外にでたら帰りたくないーと踏ん張ります。散歩といってもよろよろで虫がとまるようなペースですが…


メラノーマから転移、同じような経験のかたいらしたら聞きたいです。
治療したのか
犬は苦しんでいたのか
余命はどのくらいだったのか

聞いてどうなるものでもないかもしれません。でも一人で抱えるには重すぎます。

ユーザーID:1706440843

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 癌ではありあせんでしたが見送りました

    今年、17歳のおばあちゃん犬を見送りました。
    昨年16歳のおばあちゃん犬が腎不全になり、医師からもって一ヶ月だろうと告知されました。
    「ペットの水素水」を買いシリンジで与えたところ、少しずつ食欲が出てドッグフードを食べられるくらい回復しました。結局一年後尿毒症で亡くなりましたが、それまで口にしたこともないケーキやチキンをたくさん喜んで食べてくれました。少しでもこの世に産まれて来た楽しみを味あわせたかったんです。最後はお別れなのか何度か鳴いて腕の中で絶命しました。
    どうか充実した日々を過ごしてください。

    ユーザーID:9005939576

  • 可哀そうに・・・。

    私共の愛犬も、口腔腫瘍からわずか8歳で遺つてしまいました。
    歯茎に腫瘍が見つかり、検査の結果は良性、ところが10日後には
    数倍に肥大し、セカンドオピニオンのため癌センターで再検査して、
    悪性のミラノーマで既に肺に転移している事がわかりました。

    抗ガン剤治療しても余命1年との事で断念、放射線治療で止血したのも
    つかの間、次の腫瘍から出血が始まり、放射線治療を中止した時点で
    余命2週間と宣告されました。

    食欲がないのは口腔内の痛みのためだそうで、モルヒネを1日1回与えて
    その効果なのか、自家製の野菜たっぷりの食事を喜んで食べ、大好きな
    朝晩の散歩を最後まで続けました。
    10日め位から食べなくなり、痛み止めも効かなくなり、
    時々痛そうな悲鳴をあげて・・・。

    最後は痛みで一睡も出来ず、体中さすってあげることしか出来なくて、
    そんな状態が2日ほど続き、これ以上苦痛を味合わせるのは酷で、
    獣医師や家族と相談の上、楽にさせてあげる事を決断しました。

    犬は人間ほどには強く痛みを感じないと聞きますが、もしかして
    トピ主さんの犬も歩いている時には痛みが和らぐのではないでしょうか?

    ユーザーID:5758000514

  • 辛いですね。

    一人で抱えるには重すぎます、というお気持ちがよくわかります。
    我が家の犬は、喉にできる癌でした。
    原発生のもので転移ではないので、病気についてはトピ主さんの参考にはならないでしょうが、病犬を看護する心の重さ、迷いは同じかと思います。
    私も、息を荒くしている愛犬を見るのが辛く、自分のしていることが最善なのか?の迷いを抱えながら看護していました。

    サードオピニオンまで取りましたが、どの獣医師の診断もできることはないとのことでした。
    ですから、治療は脱水症状に対しての点滴と痛み止め、潰瘍になっている部分に対しての抗生物質の投与のみ。
    最期は、てんかんのような発作で亡くなりました。
    亡くなる前には同じような発作を繰り返していましたが、発作が落ち着いたあとは、ケロリとしていました。
    人間は、またあの発作を起こすのでは?と考えて苦しむでしょうが、犬は、今さえ大丈夫なら、先の心配はしないのですね。
    そばにいる人間は、先を考えて不安をかかえるのに。

    質問の答えにはなりませんが、『今』が幸せだと思えるように、好きなことをさせてあげることが一番かと思います。

    ユーザーID:9677302132

  • ありがとうございます。

    >ラベンダー様

    17歳。とっても長生きですね。うちも腎臓の数値が悪いんです(いいところなんてないのかも…汗)
    食欲がないので、その水素水ちょっと興味あります。

    私がいない所で逝かないように毎日言い聞かせていますが、聞いてくれたらいいなと願っております。最期は看取りたいですね。


    >しにあ様

    8歳とはまた若いですね。辛かったですよね…。歯茎の腫瘍、良性の場合もあるらしいのですが悪性率が高く、そして浸透が非常にはやくとても厄介だということです。
    現在放射線や抗がん剤などはまったくしておりません。というか、転移しているので意味が無いのかも?心臓も腎臓もわるく老齢なため、先生もリスクが高いと判断したのかもしれません。

    散歩で痛みが和らぐ…ですが。外に出たりしたら少しはよくなるのかもしれませんね。これから寒くなりますが、なるべく多く外に出してあげたいと思います。

    あの子が最期を迎える時、苦しまないでほしい。本当にそれだけです…。

    ユーザーID:1706440843

  • ありがとうございます。

    レスや、エールに本当に慰められます。ありがとうございます。


    >なつ様

    共感していただけて嬉しいです。誰かに聞いてほしい。どうなるわけでもないんですけど…という勢いだけでした。
    日々迷いながら看護しています。辛いです。でも本当に幸せです。
    生きていることが本当に嬉しくて、仕事から帰ってきて普通に迎えてくれる状況が本当に嬉しい。でもずっと元気なわけじゃなくて、薬を毎日のんで、よろよろ歩いて、青っぱなをズルズルさせて。。
    一番近くで世話をするので、こわくてたまらないです。きっと犬はそんなこと微塵もおもっていないですよね。

    でも、犬にとって最善を尽くすなら、ストレスなく、穏やかに過ごさせることですね。腎臓や子宮の経過がよければ、好きなものたくさんあげたいんですが、塩分がきになります(笑)

    ユーザーID:1706440843

  • 忘れていました。

    そうでした。
    看病の時間、辛いけど幸せでした。
    息を荒くしている時間は身を切られる想いでしたが、スヤスヤ寝ている時、散歩で風の匂いを書いでいる姿を見る時、私も喜びを感じていました。

    トピ主さんの大事な時間が、長く続きますように。

    ユーザーID:9677302132

  • お気持ちがいたいほどわかります

    うちの愛犬も悪性の口腔腫瘍がみつかりました。外科手術はできませんでした。
    半年ほどの闘病ののち、息を引き取りました。
    うちの場合は18歳で超高齢でしたので延命治療というよりも
    最期までできるだけ痛みがないように過ごしてほしいとういのが願いでした。

    気になるのは、おっしゃるとおり、苦しいか?ということですよね。
    私も痛みがないのか、すごく気になっていました。
    多少なりとも食事をとれてる間はまだ元気なのだと思います。

    食欲がないときのためにヒルズのa/d缶やロイヤルカナンの退院サポートなどの
    高カロリーの栄養食を用意されるのもいいかもしれません。
    私は食べられる間に好きなものをもっとあげればよかったと後悔しています。
    ただ、好きなもの=身体にいいもの ではなかったので
    あげるのを躊躇しているうちに食べられなくなってしまって・・・難しいですね。

    一番の薬は飼い主がそばにいること。それに尽きると思います。
    できるなら気晴らしのお散歩も(抱っこでも何でも)ぜひ連れていってあげてくださいね。

    ユーザーID:2264739535

レス求!トピ一覧