• ホーム
  • 男女
  • 「人生のパートナー」が有る方 その実態を聞かせて下さい

「人生のパートナー」が有る方 その実態を聞かせて下さい

レス8
(トピ主0
お気に入り70

恋愛・結婚・離婚

あんじー

よろしくお願いします。37歳独身会社員の女性です。

結婚・出産は女性として人間としてしたいのですが、反面この年になると、あまりにも長かった独身生活から、他人男性との共同生活が可能なのか自信がなくなってきました。30代後半とか40代ともなると、互いに我が強くなっていますし、1人暮しの惰性もありますので、私はもはや年齢的に夫婦になる事に懐疑的になっています。結婚はしたいのですが維持する自信は持てません。

現在、×1アラフォーの交際相手がいます。彼は結婚を望んでいますが、私は上記の理由で消極的です。でも、基本は別居で入籍もしない「人生のパートナー」でしたらこちらからお願いしたい位です。今、彼と話し合いを重ねています。

そこで「人生のパートナー」をお持ちの方、或いは「事実婚」をしていらっしゃる方々にお尋ねします。その生活ぶりは如何なものなのでしょうか?まあ、同居・ほとんど同居・ほとんど別居、といろいろかとは思いますが。お財布とか買い物とか暮らしぶりについてご教示ください。

ユーザーID:9935161049

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 望む形が大きく違うと難しい

    50代半ばです。
    30代半ばで知り合った2歳下の男性と、今になると「人生のパートナー」なのかなと思います。

    私は、その前に婚歴が有りましたので、結婚や再婚に関しての過度な憧れがありません。子供を持たないのが理想でした。

    若い頃の彼は、強烈なマザコンでもありました(彼はラテン系の血と文化を持っています)が、母からの精神的独立と共に、私との同居や結婚を望むように変化してきました。

    私は一人でいることに大変な自由と気安さを感じて、大満足で暮らしており、同じ屋根の下に他人と住む気はありません。
    主さんの気持は良く分かります。

    彼は、徒歩10分以内の場所に越して来ましたが、完全別居です。連絡は電話やスカイプなどで、日に何度も話しますが、会うのはせいぜい、よくて週に1度あるかないかです。会計も食事も全く別。
    そういう意味では「恋人」みたいなものです。
    既に20年以上続いた50代のカップルで、お互いに仕事が忙しいですので、相手が健康で機嫌が良いかの確認だけに日頃は終始しています。
    何かあったらお互いにすっ飛んでいく間柄で、絆は強いと感じるので、私はこの距離に満足しています。

    ユーザーID:4493327117

  • 結婚して子供産んだら?

    「結婚するしないは自由」「子供を産む産まないは自由」と考える人が多くて、驚きます。

    そもそも、結婚しないも、子供産まないも、やむを得ずにする選択であり、積極的に選択するものではありません。
    望む、望まないとは別に、人間は次世代を産み育てることを通じて、老後の安定を求めなければならない存在だからです。
    あなたのように、決定的に結婚したくない、決定的に子供はいないというわけではなく、その選択に自信がない場合、まず確実に、老後に後悔しますよ。

    どうしても、そのパートナーと結婚する気になれない、子供を持つ気になれないというのなら、潔く別れてあげてください。
    今時は、40代の男性でもOKの20代の女性はいくらでもいますので。

    ユーザーID:6055869482

  • まあ、人生のパートナーと言うか何と言うか

    既婚で妻が37歳のときに結婚しました。妻は初婚でしたので、それまでの自由な独身生活から相手の居る同居への移管には多少時間がかかりましたし、その間に小さな言い合いは頻繁にありました。私も長年独身だったために、お互いの我を張ることで当たってばかりいました。それでも離婚せずにいたのはゴルフや旅行等共通の趣味を持ったことでしょうか。まあ、相性も悪くは無かったのだと思いますが。その後妻が41歳で長女出産、43歳で長男出産して、私は仕事に、妻は育児に専念して、今結婚13年目に入りました。このままどちらかが死ぬまで一緒に居るのだと思います。妻は専業主婦ですので私が稼いできて、財布の紐も私が握っています。妻は特に所有欲が無いので誕生日、クリスマス、結婚記念日にプレゼント渡してますが、それ以上は何も欲しがりません。一番重要なのはお互いに我慢することでしょうか?妻が人生のパートナーなのかと聞かれれば、まあ、そうでしょうね、と答えられます。

    ユーザーID:3026097454

  • 最初から決めつけない

    トピ主さんの気持ちよくわかります。
    私も37歳当時はまったく同じ気持ちでした。一人っ子・鍵っ子で子供のころから一人で過ごすことが多く18から一人暮らしでマイペースに生きてきたので、今更赤の他人の男性と、いくら好きだからって同居なんてできるんだろうかって。ストレスたまりそうだなって。

    でも、、、38で知り合った男性と結婚。現在結婚5年目ですが、もう一人暮らしに戻りたいとは思いませんね。
    そりゃあ、二人暮らしのリズムがつかめるまではいろいろ衝突もしたしストレスも感じましたけど、やってみればできるもんです。
    「な〜んだ、恐れていたほど大変じゃなかった」「案外私、順応性あるんだわ」が私の感想です。まさに案ずるより産むがやすし。
    もちろん夫との生活相性もよかったんだと思います。夫は素直な人であまり細かいことにこだわらないタイプで、マイペースで自分のスタイルを貫きたい私にはありがたい相手でした。

    自分はもう誰とも一緒に住めない!って最初から決めつけないで、試してみたら意外にハードルは高くなかった、意外に私って柔軟だった、、なんてこともあるんじゃないのかな。

    ユーザーID:1099073685

  • 人生のパートナー、13年目

    40代前半、相方は50代半ば。交際を始めて13年になります。
    一緒に暮らし始めて3年。
    相方には独立した子が3人。私は子はもう欲しいと思わないので(むしろいらない)、今後も二人の生活です。

    お金は折半ですが、6:4の割合です。ただ、ライフラインは彼持ち。
    食費を折半しています。

    喧嘩はたくさんしますが、翌日には二人とも仲良し。
    今まで別れ話も出ましたが、結局翌朝には仲直り。
    若いカップルのラブラブ、とは違う形ですが、とても仲がいいと思います。

    私も自立できる収入があるので、子を作るわけでもなく、籍を入れる必要性があまり感じられません。ただ、周囲が「なんで結婚しないの?」とか「レズビアンなの?」とか、結婚できない惨めな女みたいな目が鬱陶しいので、いずれ籍を入れるかも。

    三大疾病の保険に加入していて、受取人を現在80歳の父親にしています。籍を入れていないと、事実婚でも相方を受取人にできないのが今の法律だそうで。
    父の他界後は、法定相続人の兄が受取人になるらしいですが、不仲のため兄に渡したくありません。そういう意味でも籍を入れようかなと思ってます。

    ユーザーID:0802915461

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 事実婚歴7年です。

    事実婚歴7年のカップルです。
    私、40代後半、彼は50代半ば。お互いにバツイチ同士です。

    婚姻関係に起因しないカップルの成立には、女性は経済力があること、男性は家事能力があることが大事だと思います。
    つまりは平等な関係、お互いに自立した関係が築けるか否か。

    これが、女性側が「養って欲しい」と思ったり、男性に家事をやってもらうことに罪悪感を持つとダメになる。
    男性も、家事を女性に依存したりするようではうまくいかない。
    うちは、料理は私、掃除・洗濯は彼が中心です。お互いに気が付いたら率先して家事をします。

    そうは言っても、対等を求め過ぎてもうまくいかない。
    男性を立てるとか、女性らしさを失わない努力とか、緊張感を持ち続けることも必要だと思います。

    こうやって書いてみると、事実婚て面倒臭いですね。婚姻関係の方が、努力しなくても済むかもしれませんよ。

    後、経済面でも全く対等です。

    ユーザーID:5496781757

  • 事実婚状態5年目です

    私、パートナー(バツ1)ともに40歳で同居事実婚をしております。(子供なし)

    家事負担/私100%(私の希望) 彼0%
    生活費/私(食費・日用品のみ) 彼(その他すべて)
    収入等の資産の管理/各自で行う(年金・保険なども各自です)

    外食や旅行などの出費は、7対3くらいで彼が多めに払ってくれます。
    誕生日やクリスマスなどのイベントも欠かさず行います。

    実は異性と一緒に暮らすのは彼が初めてだったので、始めはとても不安でした。

    お互いの家を行き来するのが面倒だったため始めた同居でしたが、とても快適です。
    未入籍であることに不都合が無いため、今後もこの状態のままです。
    お互いの勤め先、友人等は事実婚のことを知っています。
    私は早くに両親を亡くしているため介護の問題がありませんし、彼のほうは兄弟で解決するでしょう。

    もともと私は生涯独身のつもりだったので、結婚に懐疑的です。いまは扶養に入るメリットもないですし、子供がいなければ尚更です。
    共に自立し、依存しすぎず、対等な立場での暮らしが気に入ってます。
    老後も一緒に暮らしていく予定です。

    ユーザーID:0746159627

  • ご参考になれば

    30代後半で事実婚をしている女性です。
    生活費は、出したい方が出すといった感じで適当。だいたい半々で負担しています。家事も先に気づいた方がやります。

    お互い子どもを望んでいないため、籍を入れなくても特に不都合は感じていません。パートナーは事実婚が一般的に受け入れられている文化的背景のある人で、私自身も結婚して当然という考え方に違和感を感じています。

    完全同居で、買い物や旅行、友達と飲み会など、どこに行くにもほぼ一緒。今のところ、お互いの生活の中で最優先しているのは2人で過ごす時間で、足りないところがあれば補い合い、助け合って暮らしています。2人とも精神的に強くつながっていて経済的に自立していれば、とてもいい関係かと思います。

    ユーザーID:5857844695

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧