犬の去勢について詳しい方

レス18
(トピ主3
お気に入り29

旅行・国内外の地域情報

コテツ

大変悩んでいます
我が家の家族の一員 13才オス雑種 小型のワンコですが 前立腺に小さなデキモノが見つかりました
去勢する事で デキモノが良性なら 消滅するらしく 消滅しなければ 悪性だという事…
手術は簡単なものらしく 来月初旬に行う予定なのですが…
友人が去勢はやめた方がよいというのです。理由について、教えられたネットのサイトに米大学教授の論文があり…去勢することでの様々なデメリットが…甲状腺機能低下症や骨肉腫 血管内がんなどの病気になる可能性が高まり 認知症の進行も早まるとのこと…中でも一番気になるのが前立腺がんに羅漢する可能性が4倍になるという事なのです
良性であればそのままでも差し支えないようですが、人間のように事前に組織を取って検査するという事はなぜか出来ないそうなので確かめようがないようです。飼い主の私だけが この子にとって頼りなので 私が決めて結果もちゃんと受けとめなければと心得てはいますが…毎日考えては悩み、決められないでいます。同じような症状の経験をされた方や 詳しい方よかったら色々と教えていただけたら有り難いです
宜しくお願いします

ユーザーID:9481084381

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • むしろ

    犬が一体いくつまで生きると思ってんのよ。その年齢で手術による弊害はガンとか認知症じゃなくて(全身麻酔手術のあとそこまで生きるかあやしいでしょ)まずは麻酔の負担じゃないの。その医者はヤブ医者じゃね?

    ユーザーID:6988101739

  • 無責任

    男性ホルモンが関わる病気、若いうちに去勢しておけば高い確率で防げた病気です。
    牡は睾丸を取るだけです。

    ユーザーID:6888667306

  • 米国の犬の9割は去勢済

    去勢はメリットもあればデメリットもあります。
    私はメリットのほうが多いと考えたので手術しましたけど。
    トピ主さんさぁ、自分で調べないの?
    悪性なのに放置したら、あなた一生忘れられないと思うけど?

    外国でも、獣医師の間でも、手術したほうがいいという人とすべきでないという意見に分かれるそうです。
    ただ米国の犬は9割手術済だそうですし、日本でも去勢に反対する獣医師は少数派です。

    予防接種だって、メリット多くて受ける人が大半だけど、稀にひどい副作用がありますよね。
    友達の話はそれと同じです。

    ユーザーID:2529364924

  • 誰を信じるの?

    獣医学を学んだ医師を信じるのか、素人の友人が探してきたペットの飼育事情が違う国の論文を信じるのか…。
    トピ主さんは友人が言う、そのネットのサイトにあった米大学教授の論文を原文で、抜粋ではなく全て読みましたか?
    その米大学教授は実在する人物か確認しましたか?
    その米大学教授の論文は、愛犬が掛かっている獣医師より信頼がおけるものですか?
    犬の前立腺を人間の前立腺のように事前に生検出来ないのは、人間の前立腺のように検査しやすい位置にないからなのでは。
    私がトピ主さんの立場なら、納得がいくまで獣医師に説明を求めます。
    こういう論文もあるけれど、論文の内容について先生はどうお考えか?と聞くと思います。

    ユーザーID:7289835697

  • 無題

    羅漢=罹患で良いですよね?

    私は獣医師より真逆の事を言われました。
    去勢する事によって将来前立腺がんにかかるリスクが減る、との説明を受け生後8ケ月の時に去勢手術しました。
    我が家の小型犬は、まだ四歳なのでなんとも言えませんが、病気などせず元気です。

    ユーザーID:3660428074

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • 中型犬10才オス

    4〜5年前に膀胱炎と前立腺炎にかかり、去勢手術を行いました。
    子供が欲しかったので去勢はせずにいましたが、やはり大事にとっておき過ぎたせいか病気に…

    当時は10分おきに血尿を出し、水も食事も摂らず暗い人気のない部屋で横たわっていて、正直もうダメかもと思いました。
    犬のホームドクターからは、ある程度の年齢になったらオスもメスも去勢をした方が病気(生殖器周辺)予防になると聞き、痛い思いをさせたうえに自然に反するかなと思いましたが再発することも考えられ、あんな辛い思いをまたさせる方がかわいそうだったので去勢という決断をしました。

    犬の年齢があがれば、全身麻酔もできないので手術もできません。

    うちの子はあれから、1度も病気をすることなく元気に過ごしています。手術ですから、もちろんデメリットもあるので慎重になるべきだとは思いますが、私はして良かったと思います。

    末永く家族と過ごせるような決断ができますように。
    我が家の一例まで。

    ユーザーID:0959968994

  • 私がその知識を得たとき

    読んだのは「生後七ヶ月以下の子犬に去勢した場合のリスク」ということでしたよ?
    13才なら問題ないでのでは?そもそも、前立腺のデキモノ自体取ることは不可能なんでしょうか?セカンドオピニオンをお勧めします。それと、四倍といいますが、元の数字はどうなんですか?つまり、なる確率0.05%の、四倍とかだとしたら、その四倍になんの意味があるんでしょうか?

    ユーザーID:9550235224

  • 生後6カ月で受けさせましたけど

    将来の病気の可能性を減らすため、望まない妊娠を避けるため、若いうちに去勢手術はしましょうっていわれました。
    アメリカでも、日本でも。
    そんなに体に悪いことなら、獣医師が推奨するでしょうか?

    疑問があるなら、かかりつけの獣医師に相談すればいいのに。
    なぜここで?

    ユーザーID:6574136034

  • 余裕があるならば是非セカンドオピニオンを1

    ワンちゃん心配ですね。トピ主様家で大事に飼われている様子が伺えて、同じ愛犬家として嬉しいです。

    以前飼っていたシーズー(15歳で他界)が、トピ主様のワンちゃんと同じ様な感じだったので、参考になるかは不明ですがレスします。
    可愛がってはいましたが初めて飼った犬で、初期の段階で去勢した方が将来の色々な病気のリスクを防げる…等といった知識が
    家族全体で乏しかったです。なので、うちの犬も後ろ足の指と指の間にプチッとした豆の様な小さな出来物が出来るまでは
    去勢手術の施されていない状態でした。
    最初の内は「只のイボかな?」と放置していたのですが、犬が自分で舐めたりしている内に豆が潰れて血が出たり…そういうのを
    繰り返している内に、潰れた患部が広がり、常にグジュグジュしている状態になったので、獣医師さんに連れて行きました。
    その獣医師さん曰く「去勢手術をすればホルモンバランス等の関係で、腫瘍がこれ以上悪化しない可能性がある(※うろ覚え)」との事でしたので
    獣医師さんの仰られるとおりに去勢をしました(当時犬は8歳くらいでした) 続く→

    ユーザーID:1538658265

  • 余裕があるならば是非セカンドオピニオンを2

    手術後しばらくは落ち着いていたのですが(手術の影響で太りましたが)、数ヶ月程したらまた元と同じ様な感じに…というか前よりも患部が悪化し
    常に身が見えて血と膿でグジュグジュの状態だったので、同じ動物病院に連れていったところ「腫瘍と一緒に足の指を1本切断しましょう」
    との事で、再度獣医師さんの仰る通りにしました。(勿論全身麻酔) その際に切断した腫瘍を検査に出したところ、悪性の腫瘍(いわゆる癌ですね)
    である事が判明しました。その後も繰り返し、また「これ以上転移して広がらない様に」と、足の指をもう1本切断しました。
    ですが、最終的には癌は転移を繰り返し、片方の後ろ足全て(正常な後ろ足と比べると3倍程に腫れていました)と腹部にまで転移しました。

    15歳で他界するまでの間、少しでも進行を遅らせよう、少しでも痛みを和らげてあげたい…と、色々な薬や健康食品を試したり
    定期的に動物病院でお薬をもらっては毎日飲ませていました。凄く凄くお金も掛かりました。
    そうこうしている内に、人伝等で評判の良い別の動物病院の話も聞き、掛かりつけ以外の動物病院ででも診てもらう事になりました。 続く→

    ユーザーID:1538658265

  • 余裕があるならば是非セカンドオピニオンを3

    そうすると、「今までの獣医師さんの言ってた事は一体何だったのか…?」というくらい、各動物病院で
    獣医師さんから言われる事が違う事に気付きました。
    最終的にお世話になった獣医師さんからは「こんなの最初から手術するべきじゃなかった」なんて、最初の獣医師さんの処置を
    全否定されたくらいです。どうやらそれくらい、各病院の獣医さんによって判断や見解が違うらしいのです。

    知り合いの方もチワワを飼っていらして、急に容態が悪くなり病院に直行したところ
    「これはもう助からない。安楽死させてあげる方が良い」と言われたそうですが、諦め切れなかった奥様が
    ネット等を駆使して、わざわざ新幹線で別の病院へ連れて行ったところ、きちんと処置してもらい、今現在もワンちゃんは元気なんだそうです。

    長々と書いてしまいましたが、私個人的には、ワンちゃんも13歳と高齢なので今去勢をして本当に良好に向かうのか…
    一番良いのは、出来れば何箇所か違う動物病院で診察してもらって、色んな獣医師さんの意見を聞かれる事じゃないかな〜と思います。

    ユーザーID:1538658265

  • 本当に悪性か調べられないの?大学病院は行った?

    手術をしてない犬の場合「前立腺癌の発生率は0.6%以下」だそうですから、もし4倍になっても2.4%でしょ?

    とりあえず、今回のデキモノを切除するのが目的ならば、他の病院へいくという手もあります。
    13歳と高齢な犬ですから、全身麻酔は負担が大きい。
    厳しい言い方ですが、犬の寿命は短いです。
    犬にとって一番負担のかからない方法を考えてやるのが飼い主でしょう?
    悪性か本当に調べられないの?
    去勢をして「なるかもしれない病気」を心配しても仕方がない。
    私なら大学病院など検査も技術も一般の動物病院ではできないようところへ連れていきますね。

    知り合いもペットが病気で近所の動物病院では頼りにならないと大学病院へ連れていったことがあります。
    結果かなり難しい手術をすることになり「●●大学はこの病気の手術でトップレベルの先生がいらっしゃるのでどうですか?」と、
    すすめられたので悩んでそこに行きました。
    あなたの場合と病気が違うのですが、難しい手術なので術費だけで60万、新幹線で行き飼い主はホテルに連泊したそうですが、どこまでするかはあなた次第でしょ?

    ユーザーID:5972012792

  • トピ主です

    皆さん厳しいご意見も含め 有難うございます
    以前 15才のワンコを看取りました この子は去勢済みでしたが 肛門周囲腺がんにかかり 手術しました 去勢していたにも関わらず…と言うよりは その子の術後から亡くなるまでが辛かったのです 寝たきりになり自力で用を足す事ができず毎日 あの子の嫌いな診察台で尿をとってもらう毎日が続き苦しんで亡くなりました
    手術しなければ、少しは苦しまずに過ごさせてあげれたのでは…と後悔が残っています
    QOLというような事は頭になくなんとか助けてほしいそればかりで…

    獣医師にも私の考えは伝えていますが オスの去勢の手術は開腹するわけではないし、そう深く考える事も〜と言う説明から納得していましたが 友達の話のネットを見てから どう考えたらいいのか 解らなくなりました
    まだ悩んではいますが皆さんの話から 少しずつ整理が出来そうです 獣医師にネットのプリントアウトしたものを見ていただき相談してみます
    またセカンドオピニオンも後悔しないよう 行ってみます
    また経過報告します
    有難うございます

    ユーザーID:9481084381

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • あのね

    去勢してたのにって、
    肛門周囲腺がんは生殖器疾患じゃないでしょ?

    ユーザーID:3362707018

  • 去勢することにしました

    皆さん 色々なご意見や情報を有難うございました
    レスは何度も読みました 皆さんのレスのおかげで なんとか気持ちの整理がつきました
    あれからセカンドオピニオンの為別の病院に連れていき診ていただきました。論文の印刷したものも獣医師に見せ 説明を受け なんとか心配な気持ちが解消されました 手術せずにホルモン剤を服用させる方法もあるようですが一生飲み続けなければならないらしく、薬づけの状態になるリスクよりは去勢の方がメリットが大きいそうです
    全身麻酔が少し心配ですが どんどん老化していく中、去勢しなかった為に病気になり 手術が出来ない状態になる後悔をするよりはいいと判断しました
    去勢すると 犬自身も身体の大事な部分がない事にショックを受け しばらくボンヤリする犬もいるそうで それを想像すると悲しくて決心がにぶりそうなのですが 今一番問題にしなければならない前立腺の病気の為…と 手術を受けようと思います

    ユーザーID:9481084381

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 肛門周囲腺腫は

    去勢によって予防が可能と言われている病気の1つです。
    肛門腺は生殖器ではありませんが、腺腫はホルモン依存性の病気で、男性ホルモンの影響で発症するみたいですよ。
    件のワンちゃんは、シニアになってからの去勢ですから、大して効果が無かっただけでしょう。
    犬生の半分に近い8年も男性ホルモンにさらされていたのですから。

    ユーザーID:7289835697

  • トピ主です

    昨日無事に手術を終えました 病院にお迎えに行くと 全く元気のないぐったりした状態で とても心配しましたが 今朝は少し元気を取り戻してくれてます 傷あとが痛々しくて 少し心配ですが…
    これで 前立腺が小さくなってくれるのを祈るばかりです

    皆さん色々なご意見情報を有難うございました

    ユーザーID:9481084381

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • ???

    >>しばらくボンヤリする犬もいる

    それ、麻酔でぼんやりしてるだけです。

    ユーザーID:6658553443

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧