マタニティーハラスメントに物申したい

レス141
(トピ主0
お気に入り367

生活・身近な話題

しろちゃん

レス

レス数141

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • レスします

    妊娠しても同じ仕事を同じ量こなせるならまだしも、時短にしてくれ、こんな量こなせない、同じ仕事はできない、検診のときは休みます、体調が悪い時は休みます、でも待遇は今までと同じでねって厚かましいにも程がある。

    今までの給料分の働きができないんだから待遇が変わっても当たり前。

    妊娠したら配置換えさせられたとかキーキー騒ぐのってどうかと思う。

    妊娠してようがしてまいが、女であろうが男であろうが仕事ができなかったら給料が下がったり配置換えされるのは当たり前のこと。

    ユーザーID:6688081790

  • ちょっと違うんじゃ?と私も思ってた。

    残業や休日出勤や重い荷物を持つことなど、妊娠したら避けたい業務が
    あるのは当たり前だと思います。私も子供がいますから、それは理解できる。
    でも、自分が出来ない重労働を誰かが肩代わりしてくれるわけですよね。
    独身女性(男性)や、小さい子供のいるお父さんも。(それだけじゃないでしょうけど)

    今までの働きは出来ないから(楽な業務に)仕事を変えてもらって、
    でも待遇や給料は今まで通りじゃなきゃイヤ!っていうのは

    ちょっと、違うんじゃないの?厚かましい。

    と、私は思っていました。仕事が出来ないなら、それを誰かに肩代わりしてもらうなら、
    そのぶんの給料を、重労働を肩代わりしてくれてる人に回すのが当然じゃないかと。
    じゃなきゃ、単に妊婦が反感買うだけで終わってしまいます。
    「こんだけやってもギャラはおんなじ」だと、モチベーション下がるよね。

    妊娠後の業務を軽くしてもらって、その分給料も地位も下がる。
    でも社員の籍は育休後の復帰まで確保される。
    それが本来の妊娠した社員の保護策なんじゃないでしょうか。
    戻ってきてイヤな顔されるの、結局本人なんだからさ。気持ちよく仕事に復帰したいじゃないですか。

    ユーザーID:5810269666

  • 争点が違うでしょう

    マタハラは、妊娠によってその人の権利を奪われたり、脅かされたりする場合でしょう。
    今回ニュースになっていた裁判も、
    仕事場の(仕事内容の移動)に付いては争っていないはずです。
    その役職まで奪われるのか、と言う事ですよ。

    私も子供二人で、フルタイム勤務です。
    一つ目の企業は妊娠をきっかけに辞めさせられました。
    ただ、何故そこで辞めさせられねばならないのかです。
    私の場合は出産しても子供が居ても、大丈夫な条件がそろっていました。
    体調不良で半年休業する人も男女問わずいる世の中です。
    妊娠で本人が駄目だと言うならまだしも、
    大丈夫な人まで辞めさせると言うのは、今後男女共に不利益だと思うけど。
    妊娠で辞めさせられるなら、体調不良の男女も辞めさせたら?と言う体質が目に浮かびます。
    少なくとも私がいた企業ではそう言う体質でした。

    私は男女平等を言いますが、それは男に負担・女に負担を掛ける平等ではないです。
    お互いがその立場になった時に、社会含め利益がある様になって欲しいです。
    このまま日本人口は減ります。女性は有益な働き手ですよ。
    出産で身に付いたスキルを捨るのはどうでしょうね。

    ユーザーID:7543868215

  • セットで改善する必要がある

    今までが会社を尊重すぎて
    個人の人権を無視しすぎていたのではと思っています。

    しかし
    マタハラを改善するのであれば
    それ以外の不利益を被っている事も改善するべきです。
    病気、介護、子育て、サービス残業、派遣問題、最低賃金等。
    そしてその全ての改善は
    世の中にある仕事全部で行われる様にするべきです。
    そうでないと
    大企業や公務員等改善が容易な所だけ優遇され
    その経費を中小企業や国民へ押し付けるだけになるからです。

    全ての問題について改善を行えないのであれば
    一部の改善だけ行うのは反対ですね。
    マタハラ訴訟をしている方々が
    もっと大きな目で社会を見て全体を変える様に
    動いてくれればすごく納得するのですが。
    モヤモヤ感は否めません。

    ユーザーID:6740275007

  • 色々悪い方向にしか進んでいない。

    妊娠出産、産休をもらいました。(育児休暇はすずめの涙)
    だいたい女性側に非があると思っています。

    何でもかんでも権利を振りかざして手にしようと言うのも間違いです。

    自分が経営者の立場になったら…

    産休も育休も目一杯取りました。時短ちょうだい今日子供が熱で休みます。今週末は参観日で休みます。土日曜出勤は出来ません。子供が水ぼうそうで1週間休みます。でも管理職は降りません!
    って、ひどくないですか?どうでしょう?
    こんな人と仕事できますか?

    もちろんこれらをクリア出来る女性もいますよね。
    近くの両親が子育てしてくれる。夫が専業主夫だ。などです。
    そんな場合、合意もなく「あんた降格ね」はオカシイですが、ある程度のワガママ(時短、1年以上の育休など)を言い、さらにまだ会社に迷惑をかける事が予測される場合は降格していかないと小さい会社は回りませんよ。

    それでも国が女性差別するなというのであれば、育休取らせている間や、子育てしてる母親を雇っている分を会社に補助金出さないと…。

    時短で帰ると言い始めた男性社員を降格にした場合、今回のような判決は出ないと思います…。だって使えないもん。

    ユーザーID:1884429383

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 同じく

    3人の子持ち兼業主婦です。
    報道されている範囲でしかわかりませんが、妊娠、出産後、部署が異動となれば、役職が変わる、またはなくなるのは仕方がないことではないかと思っています。はっきり言って、妊娠前と全く同じに仕事はできません。ということは、役職に見合った働き、給与をいただく資格はないと思うからです。
    報道されている方は、ご自身の希望で軽微な業務への異動を願いでているのですよね。
    働き方に配慮が必要なのは、確かに妊婦だけではありませんし。
    残念ながら、女性を雇用すると面倒な問題が発生すると企業が考えるようになってしまうでしょうね。そうならないように、会社には一定割合の女性を雇用する義務とかが科せられるようになるのでしょうか。なんだかいろいろ、間違っている気がしてなりません。

    ユーザーID:1573068394

  • そうですね。

    自分の希望する仕事内容を継続できないことはある程度仕方ない、と私も思います。

    それに妊娠出産子育てと、少なからず制度を利用すれば雇用側に負担がかかります。
    産休等の制度はあれど、産休者を雇う側へのサポートがほとんど無いのが現状です。
    雇用者を責めるのではなく、国として、根本から解決せねばならない問題だと思います。

    仕事をライフスタイルに合わせて選択するのは自由ですが、
    問題となっているマタハラは、妊婦が望まないにも関わらず
    雇用側から「強制的に」仕事を辞めさせられる、部署を移動させられる等が問題になっているのですよね。
    当人同士が納得、理解の上での異動や退職、降格ならばなんの問題もないのです。
    雇用側も雇用される側も有る程度の妥協が必要でしょうね。

    私は社会の傾向が迷走していると感じています。
    女性の社会進出を推進し、
    その上で人口を維持の目標を掲げている。
    同時に行うには問題が多く、さまざまな矛盾が出てきています。
    男女平等は結構ですが、結果日本が衰退してしまっては意味がありません。
    子持ち主婦の感想としては、女性の権利より先に日本の未来を考えて欲しいと思ってしまいます。

    ユーザーID:5205633677

  • 働けないのだからしょうがないと思う。

    マタハラには、暴言から職場の待遇まで色々な種類がありますが、暴言やいじめなどは問題外ですが、妊娠、出産で働けない分、減給や異動は仕方ないと思います。

    妊娠していない人でも、病欠すれば病欠扱いでその分給料が減りますし、長期休養になった場合は給与も減額して代わりの人材を雇いますよね。長期病欠する人が管理職だったら、当然その人の穴を埋める誰かが必要ですし。妊娠後フルで働けるようになるまで、役職を一時外れるのは必要なことではないかと思います。会社側も、管理職2人分給与を支払う余裕は無いでしょうし、それで会社が倒産しちゃったら本末転倒ですよね。

    妊娠する側にも謙虚さが必要だと思いますが…。
    自分の代わりに仕事をしてくれる同僚に感謝し、フルで働けなくなったら、一旦役職は外してもらって他の人にお願いする。働けない分給与が減額になるのは仕方ない。産休が明けてフルに働けるようになったら、また前の役職に戻してもらうのでいいと思いますけどね。

    私は職場が激務で、人員も最低限。妊娠したら自分も周りも限界になってしまうので、年度末まで妊娠を控え、春で退職しました。
    これで安心して妊活できます。

    ユーザーID:4424209070

  • 権利だけ要求し、義務と責任を果たさない女が増えた

    本当にそう思います。

    権利だけを声高に要求し、義務と責任は男性に押し付ける

    自己中心的な女が増えてしまったのだと思います。



    若い男性の皆さんは、結婚から逃げ出しちゃてますよね。

    なんとも、寂しい日本になってしまいましたが、

    それもこれも、身勝手な女達が反省しないと、どうにもなりません…

    ユーザーID:6975093858

  • そもそも向いてない

    男女平等ってそもそも日本人には向いてないと思います。
    トピ主さんの考え方にも本当に日本人特有な性格が出てます。
    なんと言うか、陰湿なんですよね。
    そして全てを同列に並べて平等を叫ぶ。
    自分は自分、他人は他人というものが理解できず、他人が少しでも優遇されていると潰したくなる。

    私は女性が妊娠しても働いていける社会づくりはしていくべきだと思います。

    >仕事をライフスタイルに合わせて選択しているのは妊婦さんだけではありません。体調や家族の事情を抱え、やむを得ずパート勤務にしたり昇進をあきらめたりはどんな人にも起こり得ることです。

    だからって妊婦から無理矢理仕事を奪っていい理由にはなりません。
    こういう場合は、体調や家族や事情を抱えている人でも妊婦同様に守りましょうとなるところでは?

    >私も妊娠・出産を経験し今も仕事をしています。いろいろな思いもしてきましたが単なるハラスメントとは受け取っていません。

    最近こういう人多いですね。
    私はそうだったんだから他人もそうであるべきって考え方の人。
    日本人は思いやりの民族だったのに、こういう人が増えて本当に嘆かわしいです。

    ユーザーID:5030956917

  • 私も違和感がありました

    妊娠したらストレスも大敵だし普通のようには働けない。
    判ります。男性は子供が出来ても会社では普通に働けるのに、なぜ女性だけが
    我慢しなければいけないの?って思う方もいるのは判ります。
    だけど、妊娠したから仕事量の楽な部署に異動したいと自分から申請したのに
    役職を解かれたり、給料が下がったりはあり得ない!!って訴えるのはいかがなものかと。
    会社としては損害ですよね?!その部署移動をした後の仕事を受け持った方にはそれなりの手当&役職手当もつけないとダメなのに楽な仕事に移った方にも報酬が一緒??

    契約社員で妊娠したから産休が欲しい。産後も休みが欲しい。たくさん休むし
    融通してほしいって判っていて、じゃあアルバイト契約にしてください。と言われたら訴える。
    契約社員の更新をしないという会社を訴えるのはいかがなものかと。
    出産後、ある程度したら戻れるように交渉は判りますけど、他の人にしわ寄せがいっているのに自分本位だなって思います。
    反対に会社としては今後、女性を雇うのをためらうと思ってしまうのは私だけ?

    ユーザーID:6177160488

  • 当方女です

    もし、私が経営者だとしたら
    女性は雇いたくない
    という気持ちになりましたね。

    女性が男性と同じだけの責任を負いながらの職ではないような気がします。

    男性が 子育て休暇 を堂々と取れていない今の事情もあるでしょうけれど。



    何かにおいて女性が優遇されているうように思います。
    同じだけの残業、営業、ノルマ、責任を背負って働いている女性はどのくらいなのだろう。

    男性が育児休暇、時短その他いろいろ女性と同じようにとって、なんの過不足なくやっていける会社はどのくらいあるのだろう。



    産休を取っている間、臨時で雇った人はどうしたらいいの?
    わかって雇ってるからやめさせて当たりまえ?

    女性が社会に出ることはいいことだと思うけれど、その前に社会の体制が整っていないのに会社だけを責めても・・・そんな気がする。


    男性は今の現状で 女性と平等に扱ってもらっている と思っているのでしょうか。
    女は狡い!と思うことはないのでしょうか。

    ユーザーID:8990731757

  • 男女平等とは現在では言葉だけの存在

    男女平等…
    男と女に性別を分けてる時点で平等じゃないやん。
    分けてるのに平等?片腹痛いね。

    雌雄同体のかたつむりなんかは男女平等は可能っぽいがね。

    そんな不平等の中で平等を謳う人達ってどうなんだろうね。

    って愚痴はこれまでにして…
    私個人の思いとしてはトピ主に1票です。

    平等にすることが出来ない状況で今までより女性に負荷を掛けているようにしか思えません。
    確かに女性の選択肢が増えることは望ましいと思います。

    ただ個人的な思いですが女性のこの世で一番の仕事が出産だと思います。
    女性にしか出来ない仕事です。男性には不可能事です。

    その反対に男性だけが出来る仕事ってなんなのか思いつきません。
    苦労するだろうが力仕事でも女性には可能です。

    向き不向きがあるけども女性が不可能な仕事は無いように思います。
    だから女性を支えるのが男性なんだろうとも思っています。

    男女平等。
    魅力的な言葉ではあるが現状では叶うことが出来ない夢。

    その言葉の魔力に惑わされて女性に更なる負担を強いるのはどうかと思う。

    40代男性より

    ユーザーID:3762170158

  • マタハラ被害者です

    私は産休切りにあいました。
    毎年仕事ぶりを評価され,社長賞を何度も受賞し,同期TOPで昇進していたのに,です。
    結婚8年目(勤続10年目)で妊娠した途端,手の平を返したように冷たい対応に変わり閑職に追いやられ,産休に入る直前に辞めてほしいと言われました。

    育休は取れないし,失業保険はすぐにもらえないし(会社都合でも妊娠中はもらえません),産後仕事を探さないといけないし,身体的・精神的・経済的に大打撃でした。
    裁判も考えましたが,初めての妊娠で他のことに注力したくなかったので諦めました。

    妊娠・出産は身体の構造上女性しかできません。
    よって,マタハラは女性にのみかかる圧力であるといえます。
    これは明らかに男女雇用機会均等法に反していますし,他の問題と異なる点です。

    今回のマタハラ訴訟は,妊娠中の降格が問題だったのではなく,育休明け職場復帰後も元の役職に戻れなかったことが問題とされています。
    妊娠中はトピ主さんのおっしゃる通り配慮が必要かと思いますが,本人が望むのであれば,産後は元の評価に戻すのが筋ではないでしょうか。

    ユーザーID:8585828692

  • マタハラもいろいろ

    本当に体調のことを心配して配属を変えるなら、出産後に、元の部署に戻すなどの配慮があってもいいはずなのに、実際は、いろんな理由をつけて退職に追い込むことが多いから問題になってるんじゃないですか?
    妊娠出産は、働き盛りの若い人、期間限定、人間における自然の摂理ですから、やむを得ない事情の方と同類に考えるのはどうなんでしょう。

    ユーザーID:0419440518

  • 前提が違うんだよ

    マタハラに物申すのはいいんだけど、トピ主の考える前提が違うんだよね。


    男女平等も女性を守るじゃないんだよ。


    女性を認めるから、男女平等なの。


    女性が子供を産む性差と、本人の仕事の能力は別物だと考えないといけないんだよ。


    残念ながら、ここが一緒なの。


    トピ主も一緒に考えてるのよ。

    ユーザーID:9730882734

  • 何でもかんでもハラスメントといいすぎ

    って思います。
    最近あった訴訟の件は特に思いました。
    これって会社側が妊娠を理由に軽作業の部署に回しかつ
    降格っていうのなら、マタハラだと思います。
    でも、妊娠を理由に軽作業の部署を希望したのだから、
    降格になるケースがあっても仕方ないと思います。
    仕事である以上、コストがあるのでそのコストを意識を
    したら、どこかで調整する必要があるのだから。
    管理職として異動をするのなら、管理職としての役割を
    果たす必要があります。
    悪阻や検診で欠勤することなく、フルタイムで働けないので
    あれば、降格も仕方ないでしょ。

    正直、産後も時短を使うのであれば降格も仕方ないと思います。
    女性の社会進出を阻むと言われようが、会社が機能するのに
    不都合があるというのなら、そこは受け入れるべきだと思います。

    産前・産後ともに時短等を使っても降格しない条件は、遠隔
    (社外)でも指示が出せて仕事が機能する場合のみでしょ。

    ユーザーID:2309777242

  • マタハラなし=ライフスタイルを選べない、は違う

    ん?妊娠は期間限定のことなのだから、妊娠中継続できない仕事内容だったとしても、「出産後”希望しても”同格のポストに戻れるようになっていない」ことが、マタニティハラスメントなのではないですか?

    マタハラのない社会=妊娠・出産で体力を消耗して、同じポストは無理、という人にまで、同じ仕事を強要する社会ではありません。

    でも妊娠で労働のパフォーマンスが落ちる期間って、長期休職を必要とするような多くの疾患より、通常よほど短いと思います。やたら長いと思われてるのは、その後の育児期間まで母親の体が縛られるという意識が根強いせいではないかと。そこは父親もきちんと負担して、男女共同参画社会を実現していこうというのが、現在の方向性ではないでしょうか。

    男女平等が女性に負担を強いているように映るのは、育児・家事など従来女性がするとされていた家庭内業務の負担が減らず、家庭外業務の男女平等だけが進んでいるからだと思います。

    ユーザーID:6817767323

  • わたしも疑問に思います

    欧米ではでは妊娠しても問題なく働き続けるから日本も
    という風潮を感じますが、肝心の欧米での在り方が
    情報不足です。

    悪阻で働くペースが落ちても配置換えや役職替えをしては
    ならないというのでは、つまり周囲がそれを支えて
    代役を務めよってことですかね?妊婦様ですか?

    もし個人経営なら役職は変わらないでしょうが
    代役は自腹で雇うしかないのです。
    大きな会社であれば会社が代役に給与を払うのです。
    その分を減給されても仕方ないでしょう。
    そういうプロ根性もなく会社を訴えるとか
    筋が通りません。

    あと世界的な経済競争でトップを走ろうという
    目標と会社が妊婦を支えろというのは
    相反することだと思います。

    そして妊娠して尚且つ家事をして働けという
    政治家に疑問の目を向けてほしいです。

    ユーザーID:3443177086

  • 私も違和感を感じました

    妊娠中、子育て中に軽い業務に変更する(本人の希望もあり)であれば、その間は責任の重い業務に伴う、手当や肩書が無くなっても仕方ないのでは?と思うんですが、話題のマタハラ裁判の判決はそうではないということですよね。それであれば、一旦、管理職になってしまえば、その仕事をしていなくてもその待遇、その職位にとどまる事ができるってこと?それじゃ年功序列よりも不公平な気がするんですが・・・。

    ユーザーID:6891932568

  • 保護のし過ぎは却ってマイナス

    「妊娠しました。仕事の負担を軽減してください。でも降格は受け入れられません。」このような主張をすると、妊娠の可能性のある人は最初から昇格させない、あるいはそもそも採用しないという方向に進まないか、心配です。

    他の人より仕事を減らしてもらうのなら、役職を解いてもらった方が気分的にも楽だし、周囲からの風当たりも強くなさそうだしと思ってしまいます。

    ユーザーID:2509027090

  • ちゃんとニュースを見て読んで、現実を勉強してからトピたてて

    「ハラスメント」は「いじめ」です。
    あなたは「いじめ」に物申しているのです。
    その事をよくお考えください。

    先日の最高裁での判断、ちゃんと読みましたか?
    訴えの内容をちゃんと読みましたか?

    現実に酷い扱いを受けている人がまだまだ大勢いるこの日本で、
    このような安易にトピは、いじめる側を助長させますよ。

    本当に勘弁してほしいわ・・・
    たぶん、似たような、安易で不勉強なレスがつくだろうな・・・



    労働者には当然守られる権利があるんです。
    法律で決まっている権利を侵害されているんだから、本当に被害にあっている人たちが助かる方法を提案してください。

    ユーザーID:7895010991

  • ??

    マタハラって、本人が働ける・働きたいって言っているのに「辞めて欲しい」と【強要】することなのでは?
    決して妊婦さんの体調や子供の事なんて気に掛けていませんよ?

    >まわりも自分も何もなかったように見過ごすことは無理だと思うのです

    いえいえ、黙って何もないように見過ごせなんて誰も言っていません。
    退職を強要したり、本人が望んでいないのに別な部署へ異動させたりすることをやめましょうと言っているのです。

    ユーザーID:2545832159

  • 同意見

    私もトピ主さんと同じ考えです。
    たまに見るマタハラ情報に「・・・・?」。
    なんだか暮らしにくい世の中になってしまいました…。

    ユーザーID:6531947463

  • もっと長いスパンで

    今回ニュースになった
    仕事のセーブを申し出たら、同時に降格された事に対して
    裁判を起こした看護師さんの事でしょうか?

    私は、この裁判は、自分のためだけじゃない、
    「妊娠したら降格」という実績を残す事が、後続の後輩達にとってよい事ではない
    という考えもあるのでは?と思います。

    じゃなければ何も長々、裁判なんて、誰がするでしょう。

    彼女が裁判を起こすまでに、何人の女性が涙を飲んできた事でしょう。

    結果ニュースとなり、最高裁が審議差し戻しにしましたよね。
    これは大きい一歩だと、思います。

    私は「今の労働環境のままでは、女性が働き続けるのは難しい」と考えています。
    今の日本の労働環境の中で、女性が、妊娠出産のない男性と同じように働ける訳がないのです。

    なので、この問題を女性のわがままのように捉えている間は、
    根本的な解決ができないと考えます。

    トピ主様も意地悪で言っている訳ではないのも重々承知ですが
    トピ主様のような方にこそ、今一度「女性が妊娠、出産したら降格があたり前」な
    今の日本の労働環境に疑問を持っていただけたら、と思います。

    ユーザーID:1612156777

  • 管理職

    管理職はその言葉のまま、部下の管理ができる人のことを指すと思うので、管理ができないんなら任を解けばよいと思うんですよねぇ。
    そしてそれは一概に「時短だから」とか「子供がいるから」「妊娠しているから」とかいうのは、管理職にふさわしくない理由とはまた違います。
    ようは、できるならやれ、できないならやるな、と言いたいなぁ。

    ユーザーID:6181961675

  • 厚生労働省が詳しくQ&A等用意してますよ

    かなり女性に配慮した法令や指導になっていると思いますけど
    まだ何か不満がおありなのでしょうか?
    うまくまわっていないとしたら職場や女性自身が法制度を正しく
    理解していないだけなのでは?

    ユーザーID:5852844464

  • なんかわからん

    トピ主の話が微妙にズレてるように思います。


    妊婦に対する『配慮』と『冷遇』は全く違いますよね。


    妊婦に対する配慮として軽い作業に変われるとか規定がありますが、あくまでも本人が希望し相互が納得した場合です。


    役職について妊婦だから降格とかあり得ないです。

    長時間労働が役職の条件でなければです。
    本来役職はいかに自分が不在時に同じクオリティの仕事を部下がやれるよう育てる事かと。


    少なくとも私は役職を受ける時に『必要な残業以外は定時で帰ります』と言いました。つまり必要な時は残ります。


    あなたの言う配慮みたいなものが妊婦に必要なものなら喜ばれるでしょう。


    多分あなたはマタハラを理解されてませんね。


    『お前が休むとみんな迷惑なんだよ。つわり辛いだろ?無理すんな。流産したら大変なんだから会社やめろって』


    マタハラですか親切ですか?

    ちなみに病気は回復時期がわかってれば復帰できるでしょう。

    介護は長くなると難しいけど、今問題になってますよね。

    いっしょくたにするのは…

    ユーザーID:8278380237

  • 難しいですね・・

    お医者さんとか教師とか、資格や技術を持っている人は、
    その場にすぐ戻れるかもしれないけれど、
    一般となると、期間もあるだろうけれど難しいですね。

    男女かかわらず、有能な人は、
    上司も同僚も後輩も
    ポストを保留にしてでも、
    戻ってきてほしいと思うんじゃないかな?

    自分の主張で権利を得ても、
    やっぱり、どうなんだろう・・。

    男女平等って、いったい何なのでしょうね・・。

    なんか、国も司法も、
    欧米感覚の世界基準を意識しすぎているように思う。

    なんか、日本の現実に合っていないように思うんですよね・・。

    ユーザーID:9332232401

  • 問題を提起するときはわかりやすく

    トピ主さまが何をおっしゃりたいのか、いまいちわかりません。

    何が問題で、現状はどうで、主さんはどう結論づけるのか。

    私が考える日本の問題は大きく分けて、

    ・厚生労働省の「妊娠・出産等を理由とする不利益取扱いの禁止」(法第9条)が企業によって左右され、時には全く守られていないこと

    ・それに対し、声を上げる絶対数が少なく、よって事態が改善されないこと

    ・少子高齢化、晩婚・非婚化、不妊、ワーキングプア等の影響により、産育休の取得について企業、同僚の理解を得がたいこと

    この3つだと思います。
    特に3つ目が現在特に深刻であると考えます。

    主さんがおっしゃりたいのは、
    「仕事を持つ女性は、妊娠したら一線を退いて安い給料に甘んじ、理想や昇進を目指さず、人の迷惑にならないように、それでも働き続けなさい。そして企業もそれを受け入れなさい」
    ということですか?
    それは前進ではなく後退です。

    まず、
    ・企業が法令を遵守すること
    ・企業は産育休の負担を被る同僚の負担を分散、もしくは新しい労働力を入れること
    ・国と企業は産育休後の女性の職場復帰を支援すること
    この3点が日本の急務です。

    ユーザーID:6364829784

  • 状況にもよるんでしょうけど。。。

    両者に共通していることは、「自分勝手」ではないかと。。。

    ・会社を守るためとか言って、妊婦一人を虐め抜き、もし流産したら知らないよ(これは言い過ぎかな?(笑))。
    『そんな会社に日本の流れの一部を任せられる?』

    ・妊婦になったからと言って、権利ばかりを主張して、感謝の気持ちもない。
    『そんな人に情をもてる?』


    多分、上のような事が日本の多くの企業で起きているから、ニュースになるような大きな騒ぎになるんだろうなーと私は思いました。

    (当然、妊婦さんのことを本当に大切に思う本物の企業もあると思いますし、
    感謝の気持ちを持ちその上でありがとうと権利を行使している人もいると思います。
    そのような企業や人は、日本の至上の宝だと思いますので、大切にしたいと思いますし、私自信利用者や友人となりたいです。)

    ユーザーID:4077645727

  • そもそも体の役割がちがうのだから男女平等はむり

    以前の会社で、中途採用された女性が半年で妊娠して退社しました。結婚後仕事を辞めたが、なかなか妊娠しないのでまた働き始めたと言っていた矢先でした。その人に仕事を教えていた人はさすがにがっくりしていました。会社としての損失も大きいと思います。でも、いろいろな状況を考慮して採用したのだから仕方ありません。でも、こういうことがあると今後の採用に影響すると思います。
    でも、「●年は妊娠するな」ということを採用の条件にはできません。となるとその可能性のある年齢の女性は採用できないということになりますよね。
    これは永遠の問題で、互いが譲り合う、理解しあうしかないですが、前述の場合、辞めた女性の周りの女性が全員独身だったので、かなりのバッシングでした。他人に理解を求めること自体無理なのでしょうか?
    採用時に最低限の意思確認はした方がいいとは思いますが、人の考え方は環境によって変わるのが自然ですから、「結婚しても出産後も働きます」という人でも、出産後、自分で子育てをしたいので退職したいという気持ちになればそれを優先しなくてはならないと思います。景気が悪いと思いやりなんて言ってられないし・・・。

    ユーザーID:6348264680

  • 権利ばかりの主張

    子供がお腹にいて、周りにサポートしてもらう状況なら、一度
    降格して、家族と会社と働き方を模索してもいいのではないか?
    と、考えています。
    赤ちゃんがいても、誰にも迷惑かけない。って、絶対無理ですよ
    ね?

    私は、10ヶ月もお腹にいた赤ちゃんを他人に面倒をみてもらい、
    抱っこの時期をほとんどなきながら過ごし。うちの子は昔から
    しっかり自立してるからと言う、ワーキングママが好きではあり
    ません。

    ユーザーID:3567322554

  • 分かります。

    私もそう思いますね。
    妊娠中と普段とは同じように仕事は出来ない。
    周りには気を使わせますし、時短になれば周りの人に負担をかける。
    なのに、同じ扱いをせよと言うのは勝手過ぎます。

    全く私は周りに迷惑かけてないと言い切れますか。

    マタハラって言うけど、妊娠したら一時は仕事辞めて当たり前だと思います。

    ユーザーID:7299372034

  • 違和感に1票

    マタハラ関連の報道内容を見る限り、違和感を感じます。

    「妊婦だから、軽い作業への配置換えを依頼したら、管理職を降格された」
    「病気だから、軽い作業への配置換えを依頼したら、管理職を降格された」
    「仕事がしんどいので、軽い作業への配置換えを依頼したら、管理職を降格された」

    どれも当たり前だと思います。
    仕事が出来る人が、それなりの仕事を引き受けそれなりの給与をもらう。
    いろいろな事情があるにせよ、仕事への貢献度の薄い人は、それなりの仕事でそれなりの給与しかもらえない。
    至極当たり前なことだと思います。
    それなのに、「安心して子供を産み育てる社会を・・」なんて論点がズレてます。

    もうひとつ、「女性の管理職を30%に引き上げることを目指す」
    これにもとっても違和感感じます。

    男だろうが女だろうが、仕事が出来る人が管理職につく。これ以外ありえない。
    その結果女性の割合がどうこうなんていうのはあとからついてくること。
    女性だから何が何でも出世させないなんていうのはもちろんおかしいことですが、
    数値目標ありきだったり、降格させないことが条件なんていうのは、
    どう考えてもおかしいでしょ。

    ユーザーID:1560360681

  • 同意します

    私は既婚子供ありの兼業主婦です。

    妊婦自身の問題も大きいと思います。

    かつての同僚は妊婦健診(仕事中行ける権利があり)
    に行かせてもらっているのに

    堂々と「健診後買い物してきちゃったぁ〜」と
    職場に戻ってから、楽しそうに話していました。

    本来健診後はすぐに職場に戻り
    「健診から戻りました。不在の間ご迷惑をかけて
    みなさんありがとうございます」
    くらいの姿勢が当たり前ではないですか?


    妊婦であることなどの権利ばかり主張している人に
    はたして、仕事を続けていく責任感があるとは
    思えません。

    そのように職場にとって利益を生み出してくれるどころか
    不利益ばかりをまき散らすような妊婦は
    職場にとって必要でしょうかね?

    妊婦さんも職場に感謝する気持ち
    謙虚な気持ちが必要ではないでしょうか?

    ユーザーID:7681166199

  • 産まなくなるからじゃない

    少子化って、長い目で日本の事を考えたら本当に深刻なんですよね。

    妊娠したら待遇悪くなるのが当たり前にしたら、
    産みづらくなるから。

    本当に、産む産まないは人の勝手自由でしょ〜は、日本の平和ボケのツケですよ。

    他人が妊娠、出産をする事を心から喜ばしい事と思える国ではなくなったんです。

    自分の生きてる時代だけ、良ければ後は関係ないですか?

    ユーザーID:5578927601

  • 妊娠したら

    パフォーマンスが落ちるのは確実ですよね。

    中途半端に保育所増やして、女性を働かせて、あとは放ったらかしですよ。
    本当に必要なのは、休んだ時の収入とか代わりの人とかなのに。

    まだまだ女性は仕事か子供かどちらかを諦めなきゃいけないんですよね。
    女が産むんですから。

    ユーザーID:5754045765

  • 長い目で考えることが大切

    改善のために、声を上げるのは良いことです。
    でも、あまりに独りよがりだと、だんだんと自分の首を絞めていく結果になると思います。

    私がいた会社は大企業で、福利厚生もしっかりしていました。
    男性や独身女性であっても、つわりや妊娠中の大変さは想像つくので、自然に労わっていました。
    緊急時は柔軟に対処しました。
    妊娠中の女性も、時短勤務の女性も、感謝しつつも甘んじることなく仕事に励んでいました。

    しかしその数年後、妊婦・母親の権利を主張するばかりで、
    会社・仕事・同僚のことを考えない女性が増えてから、会社は変わりました。
    規約が細かく制定され、ドライに対処するようになりました。
    そうしないと、働かないのにいつまでも居座るからです。
    このせいで、しっかりと働いていた女性達の一部も、辞めざるを得なくなりました。

    セクハラもそうですね。
    あってはならないことですが、一時、何でもセクハラセクハラと騒いだので、
    ずいぶんと言葉の持つ意味合いが軽くなってしまいました。
    大げさと思われるのが怖くて、迂闊に口に出せなくなった気がします。

    妊娠・出産・育児をしにくい社会にしたのは、女性かもしれません。

    ユーザーID:9343416545

  • ですよね。

    正直はぁ?マタハラってこの程度で?
    という事案も数多くありますよね。

    ・管理職を降ろされた。→そりゃそうだ。
    ・時短は給料が少ない。元の給料で時短にして。→子供が大きくなるまで我慢して下さい。
    ・切迫流産で1週間休んだら、上司が産休にしてくれと!マタハラ!
    →お腹の命を気遣ってくれたのに上司可哀想。
    て言うか、その後流産しました。酷いですって抵抗して無理やり会社行ったからじゃん…。

    マタハラとは、
    ・会社を辞めるように脅される。
    ・妊婦にできないような重労働をかして、退職に追い込む。
    ・産休、育休を満足に取らせない。
    ・育休後の部署替え、実質時短でない。
    ・育休後の転勤言い渡し。
    等、どう考えても子育て出来ない様に追い込む。
    そんな事案かと思いました。

    というか、介護の人の方がもっと大変でしょうに。
    自分で選べないわけですから。
    本当に困るのは子供が小さい時だけなので、
    その時くらい頑張ろうよ。と思います。
    国だってお金くれるし、便利グッズも有るし何気に周りのサポートはあると思います。
    本人が本当に努力してるか否かでは。

    ユーザーID:8605662831

  • マタハラ被害者をたたく人

    女性が子供を産む事は、人生の中で避けて通れない所ですから、
    妊娠したからと言って降格するような会社は駄目なんじゃないですか?

    自分の体調や家族の事情と同列で語る事ではないです。

    今まで頑張ってその地位に上り詰めたのに、妊娠出産して帰ってきたら
    元の居場所に戻れないと言うのは、違うと思います。

    戻って来て嫌な顔をしないような社会にするべきです。
    誰でも、子供を持つ権利があるし、働いているからと言って出産をあきらめるような
    社会は正すべきです。

    こうやって、モラハラ被害者を叩く人がいる事は悲しい事ですね。
    叩くより前に、皆が働きやすい職場にするべきだし、
    女性も含めて意識を変えるべきだと思います。

    もちろん、業務の軽減を求めて違う部署になったならば、給与等はその部署のその職種に合わせるべきだと思いますよ。そこを今まで通りの給与じゃなきゃ嫌と言うのは
    違うと思いますが。

    ユーザーID:4585514872

  • その通り

    私も物申したいと思っておりました。
    マタハラだ!と騒いでいる人、冷静に話出来ていないですね。
    詰まるところタダの我侭で、迷惑かけている事に気づいて欲しい。
    もし、とても仕事の出来る方でしたら妊娠したとしても
    その人が仕事出来るよう周りがフォローし
    という体制にもなるでしょう。

    無理すれば妊婦はデリケートだから
    大事な事になってもお互い困る、ならば仕事を減らす、伴って降格そして
    減給もしくは退職は自然な流れなのではないでしょうか。
    まずはお腹の赤ちゃんを第一に思うならば
    無理しない、周りにも気を使わせないというのが
    一番良いと思うのですが、いかがでしょう。
    だれか”マタハラを受けた!大変な思いした!!”という人に
    諭せる人はいないのか?とニュースを見る度思います。

    ユーザーID:9076538504

  • 「男女平等」

    「男女平等」だからこそ、女性も男性並みに仕事しないといけないですよね。
    男性のような激務もこなし、責任もまっとうする。

    それこそ男女平等!

    今までは、女性にそのチャンスがなかったのかもしれませんが、今はチャンスさえつかめば、男性並みに仕事をする事が可能なケースも増えてきたのではないか?と思います。

    マタハラと男女平等を考えるなら、たとえば男性が自身の病気や家族の介護などで、業務に支障が出る場合、部署移動や降格もナシですよね。
    妊婦さんだけを守るのは違うと思います。

    男女平等というのならば、妊娠・出産を特別視するべきではないと思うわけです。

    そういう私は、都内の上場企業にて、子持ち女性管理職です。

    守るべきは、男性だけでも、女性だけでもありません。
    女性に負担を強いる?
    今まで、女性だから当然のように守られていた事を、男性と同じように自力で前に進まなければいけないって事なんじゃないですか?

    ユーザーID:3415618205

  • 年功序列と終身雇用をなくして‥

    年功序列と終身雇用をなくしてライフスタイルに応じた雇用(勤務)形態がとれるようにすればいいかもしれないです。正社員としての仕事量をこなせないのに正社員にこだわり妊娠出産育児と両立できるように仕事量を減らしたり時短勤務するから不公平感が生まれマタハラにつながるのではないでしょうか。もちろん、一度正社員から外れてしまうと簡単には正社員に復帰できない現状にも大きな問題はあると思いますが正社員だけに認められている育児休暇や時短制度こそ、諸悪の根源かもしれないです。妊娠出産したら潔く正社員から退き状況に応じてパート勤務で仕事は続ける。そして時が来たら再び正社員として再就職することが容易になるようなシステムができるといいですね。

    ユーザーID:2730505663

  • もっと被害者の声を

    『働く妊婦の被害者』この問題に取り組まない限り、解決しないよね。

    妊婦側が権利ばかり主張しても、経営力と法律が見合っていない。そして被害者が生まれる。

    ユーザーID:2065567773

  • 経営者から思うこと

    確かに今の時代、労働社会における能力の差を論じるのはナンセンスです。
    でも性差は嫌でも有るのが事実なわけで女性には新しい生命を生み出すという
    運命を持つ権利・責任をも併せ持っています。(勿論そこには男性の権利も責任も当たり前の事ですけど)

    そういう時期にはやはり女性という性を意識されて一旦、労働社会から離れて、その役目に
    集中して欲しいと今の日本の将来を思うとそう思います。
    そして、雇用側も出産後は再開できるようサポートする体制作りを真剣に考えないと
    大事な戦力の損失にもなり兼ねません。

    でも、サポートして貰えるような資質や能力が女性にも課せられる事を意識して欲しいのです。
    常日頃の努力が経営側にも伝われば、喜んで再稼働できるのを待ちます。

    男女平等を謳うなら先ずは性差を受け入れて経営側の損失も考慮して己の立場を盤石な物いして
    からにして欲しいものですね。 因みに我が家は出産後も肝っ玉母さん、看護師さんとして
    頑張って働てもらっています。

    ユーザーID:6550119833

  • 色々誤解が

    ここで書かれていること、間違った前提にたってるものが多いです。

    まず、妊婦が軽易な作業を申し出てその軽易な作業がなくお休みになったり、今の立場ではできない作業しかない場合
    お給料がゼロになったり、転換後の作業に見あった給与になることは今回の争点ではないです。

    産休や育休後はもとの立場に戻さなくてはならないのですが
    そのもとの立場が、軽易な作業に転換する前のものなのか、転換後のものなのか、が争点です。

    そして、軽易作業の転換に際して、特段の合意があって職種などの変更があったなら転換後の立場をもとの立場とする、
    特段の合意がないなら転換前の立場とする、というのが判決の内容です。

    今回は完全な合意はなかったと解されたわけです。

    妊娠出産育休あけにもとのポジションに戻るのは確かに不公平と思います。
    でも、これから労働力が不足して女性も働かなくてはならない、少子化で子供も産んでもらわなければならない、
    子供の福祉も考えなくてはならないとなると、
    これくらいのことは認めないとならないのではないかなあと思います。
    なお、不十分かもしれませんが代替要員の為の助成金もあります。

    ユーザーID:5503987900

  • レスします

    妊娠・出産を理由に異動・降格をしてはいけないんでしょ?
    なら、妊娠・出産を理由に楽な部署への異動を希望されても
    聞かなくていいって理論も成り立ちます。
    時短とかも認めても、時短の中で他の社員と同等の成果を
    求められると思います。
    だって時短=仕事を減らすにはなりませんから。
    そうやれば、よほど優秀でない限り自然と勤務評定は下がり
    ます。

    女性側の主張を認めたら、体力のない中小企業は
    上記の方法で女性を退職に追い込むと思います。
    そうさせない為にも、妊娠を理由に部署異動を願い出られたら
    降格される事はマタハラに当たらないとした方がいいと思います。
    ただその代り、元の部署と同等の部署に戻った時に待遇を
    戻すってのは必須ですが。

    ユーザーID:7935537827

  • ん?

    妊娠は、期間限定の体の変化ですよね。
    たとえば、腕や足を骨折したら、重いものを運ぶ作業はできませんね。
    もし「骨折で今までと同じ仕事ができないから」という理由で
    降格させたら問題になりませんか?
    妊娠だけが別物のように扱われるのはどうかな。
    もちろん妊娠の場合、その後の育児などありますから、
    ケガとまるっきり同じにはできませんが。

    妊娠でも親の介護でも病気でも、パフォーマンスが落ちる可能性は誰にでもある。
    そいうことを含めた雇用をしてもらえると、全員にとって良いことのような気がしますが…。

    それと、運動をしている際、どんなに平等を叫んでも、男女では骨や筋肉の量、体力がまるで違うなと実感しています。鍛えれば多少は差が縮みますが、まるっきり同じ土俵で話されるのは違和感がありますね。

    ユーザーID:6195334223

  • もっと大きい視点で

    出産できるのは女性だけですよね。
    そして出産できる年齢は限られている。
    出産できる年齢と仕事でキャリアを積んでいく期間は重なる事が多いです。
    男性と同じように働きたいと思っても、出産育児で1年以上今まで通り働けなくなる事はキャリアに大きく影響します。
    出産する事を選択した事でキャリアをあきらめなくてはいけない事が当たり前の社会だと、キャリアを優先して出産を諦める人も少なからず居るはず。
    少子高齢化の日本において、キャリアと出産を両天秤にかけてしまうような社会は良くない。
    現在政府は、もっと出産・育児をしやすい社会を整備しようとしています。
    私はこの流れに賛成です。

    個人単位の視点では「今の妊婦は守られ過ぎ」なんて思うかもしれないけど、日本の社会としては「まだまだ理解が足りない」状態だと思います。

    権利の主張を「わがまま」と考える意見が「当たり前」では少子化は止まらないのではないでしょうか。

    ユーザーID:2845597804

  • 差別の構造は根深いね。

    このトピを読んでいると、男女同権がなかなか進まない理由がよく分かる気がします。

    正社員、役職に着く人は、家庭内トラブルを絶対会社に持ち込まないことが大前提なのですね。
    人間は誰しも、100パーセントの力で働ける時と、出産育児介護疾病などで力を抑えて働かなくてはならない時とがあります。これまでそのリスクを家庭にいる女性が背負ってきたから男性はいつでも100パーセント会社に力を注げたんです。これから女性も働く、未婚男性の増加となったら、100パーセントの力を会社に注げない人はたくさん出てきます。その時期が一時的なものであるにも関わらず、降格されっぱなし、賃金下がりっぱなしはおかしいでしょう。

    常に全力投球できない人はお荷物、という考え方が当たり前になってる。ライフステージごとに働き方を変える、といった柔軟さがないのが現在の日本の問題点でしょう。

    そして、お荷物になったら人に迷惑かけないよう自ら去るのが美学、と思っている女性が多すぎる。働けないのは出産育児による一時期なのに、深く思いつめちゃうその考え自体、差別に毒されてますよ。

    ユーザーID:3994847457

  • 筋というなら…

    産後は元の役職に戻すのが筋、というレスがありました。

    しかし、産後、妊娠前と同じように働けますか?時短なんかありませんでしたよね?簡単に休めないこともありましたよね?

    でも、権利だから時短を利用する。時間になれば仕事が途中でも他の人間に丸投げして帰る。
    子供が熱を出したから休む。だって仕方ないじゃない、子供が病気なんだから。今日やるはずだった仕事は他の人間に丸投げする。
    そこに、感謝の気持ちなんて微塵も感じません。権利だから当たり前っていうだけ。

    権利に胡座をかいて、周囲がフォローして当たり前だと考えている人間は実際にいます。事実、私の勤める社内にいます。おまけに二人目を妊娠してもうすぐ産休です。正直、育休明けにまた同じことになるなら、産休と同時に辞めてほしいです。

    そういった女性に役職に就いてほしくないと思っています。一部かもしれませんが、その一部に迷惑を被っていますから。
    役職につくなら、それなりの労力と時間を仕事に割いていただきたいです。それが筋でしょ?役職手当てつくんだから。

    ユーザーID:8512747556

  • 私も同様に思っていました。

    会社に取って不利益にあるのであれば、降格は仕方ないとね。
    妊娠中で今無理出来ませんって、それが通る世の中がおかしいんです。
    それこそ、妊婦様。
    誰も子供を産んでくれなんて、頼んでいません。

    私も子供2人います。
    上の子を妊娠中はパート勤めでしたけど、正社員にならないかと声を掛けて頂きました、

    つわりが酷くパートを辞めようと思っていたので、勿論お断りしました。
    金銭的に厳しかったので、正社員の話しは正直嬉しかったです。
    でも、迷惑を掛けてまでとの思いでお断りしました。

    今の時代自分の主張ばかり発していて、その主張は当然とばかり。
    誰も会社の人は貴女に子供を産んでくれなんて、頼んでもないのにね。

    妊婦様、いい加減にしろって話しです。
    マタニティーハラスメントなんて甘やかすから、付け上がるんです。

    子供も仕事もなんて、完璧に出来てから主張しなさいと思います。

    ユーザーID:3959203666

  • 雇う側は、雇用に慎重になる。派遣制度が出来た時と同じ

    現実的なレスをされている方がいらっしゃいますね。

    確かに、コンプライアンス意識が高く社会の注目を浴びやすいごく一部の大企業は、今回の裁判で変わっていくでしょう。

    しかし、日本の大多数を占める経営状態に余裕のない中小規模企業は、女性を雇う事に、慎重になる気がします。

    これだけ、新卒男性が就職難で有り余っている時代です。

    20代女性の転職の面接では、いまだに「結婚の予定は?」と質問をする企業が多いです。

    男女雇用機会均等法が施行され女性が安く雇えなくなり、短期雇用の派遣労働者という抜け道ができた時と同じです。

    企業は、労働者側の権利ばかり受け入れるわけにはいかない。

    労働者と企業の立ち位置は違うので。

    そうなると、「制度の整った企業に入社する」という女性たちの椅子取りゲームは続く。

    非正規雇用の拡大で、男女の経済格差は、どんどん広がり続けています。

    一番の近道は、日本の景気が良くなることでしょうね。

    労働者の売り手市場。

    内職主婦が月35万とか稼いでいた時代も有ったなあ。なつかしい。

    ユーザーID:2322471913

  • みんなで喝采、盛り上がるわけにはいかないの?

    ただ単に妊婦さんを気遣うだけではなく「将来の日本を背負って立つルーキーがここから誕生予定!」みたいに職場全体で喜ぶわけにはいかないのでしょうか? 妊婦さんのお腹の赤ちゃんは健康に生まれれば誕生後25年くらいで一人前の納税者になってその頃には引退している今の働く世代を支えてくれます。赤ちゃんはその他にも無限の可能性を秘めています。職場から妊婦さんや働く母親が出たということは「我らの職場に働きがいもゆとりもあるからだ!」と(嘘でもいいから)職場の男女ともに全員が誇りに思うべきです。アメリカでは女性が社会に多く進出しているせいか、職場で(特に女性の)結婚祝いや出産祝いを華々しくやります。人口に占める未成年者の割合が先進国中で一番高い国がアメリカなのもそういった事情があるからかもしれません。赤ちゃんや子供は近視眼的な思惑を超えて無条件に良い、明るい、そして社会に幸福をもたらす存在です。

    ユーザーID:3640555493

  • マタハラ?違うでしょ

    こういう問題って権利だ、女性差別だという問題が前にでてくるから現実離れしてくる。
    そりゃ色んな制約があって、周囲も考慮やカバーしないといけないことが多いんだから、
    ポジションや給料が変わっても仕方ない。
    それを変えるなとなると周囲が黙ってないよ。
    この間の判決なんて、
    マタハラ云々と報道されてるけど、
    単に配置換えに納得しない女性の個別の問題じゃないの。
    逆にマタハラとか騒ぎはじめると、
    企業は女性を大事なポジションに配置できなくなるよ。

    ユーザーID:5871697625

  • 日本人の謙虚さの現れ?

    考え方の違いなんですよね。

    妊娠したからまともに働けない。人並みに働けないんだから贅沢を言っては駄目だよね。人に迷惑をかけるのが一番良くない事なんだから。
    と考えてしまうのが私達。

    妊娠って素晴らしい社会貢献。良い事をしている人には特別待遇してどんどんして貰おう。
    (妊娠して良い事をしているのに待遇が悪くなるってどうなのよ!)
    と考えるのが欧米社会。特に欧米は社会貢献への評価が高い社会ですからね。

    謙虚に考えるのが美徳とされている日本人には、マタハラって概念自体がそもそも理解され難いんですよね。
    日本人の良さって謙虚さからきている所もあるから、簡単には変えられないし変わって欲しくない気もする。
    でも、このままでは人に迷惑をかけないために妊娠しないってなり兼ねない、いえ、すでになりかけています。

    トピの例の場合は、特別待遇=仕事量の少ない管理職、になるのですが、どうでしょうか?
    私はここで少しは欧米的な概念を取り入れても良いのではないかと思うのですが。

    ユーザーID:2755384268

  • 三毛さんに同意します。

    「子どもを設ける」という選択をしたカップルのうち、なぜ、女性だけが「厄介者」扱いされなければならないのですか?


    とぴ主さまは、「男性の育児休暇取得率(税金対策の短期を含まない)はこのまま、低いままでよい」とお考えですか?

    男性が女性と同じように育児休暇をとるようになったら、男性に対してもマタニティハラスメント、起こりませんか?
    男性が育児休暇取っても、「厄介者」扱いされないと?

    とぴ主さまのご意見は、「子供を持つ女性は、冷遇を甘んじて受けるべき。」というように読み取れます。
    では、「子供を持つ男性も、冷遇されるべき」ではないのですか?

    ユーザーID:9361059508

  • うーん

    今回の最高裁の判断は、女性への事前説明も承諾も無いまま降格が決まったこと、
    雇用主側の特段の事情が十分に論議されないまま判決が出ていた点について突っ込んだわけですね。

    要は企業は一方的に処遇を決めてはならない。特別な事情があるならそれを明示するか
    女性側と話し合い承諾を得た上で決定されるべきで、そこに強要やハラスメントがあってはならない。
    と言っているのであって、無条件に女性の要求を呑めと言っているわけではありません。

    実は当たり前のことしか言っていないんですよね。
    こんな当たり前のことを最高裁が言わなければならない社会っておかしいじゃないですか。
    雇用側の体質を根本的に見直す必要があるとさえ思います。

    そしてこの原則が守られるようになって初めて女性は安心して企業と交渉できるようになり
    トピ主さんの主張が生きてくるのだと思います。

    権利だと言ってその上に胡坐をかいていれば必ず批判されます。
    冷静さを欠いてマタハラマタハラと騒ぎ立てるのは最もやってはいけないことです。

    ユーザーID:6558832764

  • 働き方の文化による過渡期なのか

    日本独特の長時間労働という働き方の文化が、今過渡期の中で妊娠した女性にスポットが当たり、様々な歪が表面化してきたと思います。

    実際どんなに話し合いの場が設けられたとして、本人にそれだけの覚悟が出来るかどうか。今の働き方のままでは軋轢しかうまないと思います。

    ユーザーID:4740114203

  • やだ〜(呆)

    マタハラは簡単に言えば『妊婦は邪魔』『休まれたら迷惑』『配慮はしたくない』と言う人や企業に対して、女性だけが通り得る妊婦出産に対して『妊娠出産』を理由に不利益になるような扱いはダメと言ってるだけです。


    モンスター妊婦は別として考えて下さい。


    日本は中途半端なんです。

    産め(増やせ)
    働け(税金おさめろ)

    でも妊婦を抱えた零細企業は辛い。周りのスタッフも辛い。
    本来国の出番ですよね。
    でも何もしないから企業や周りが迷惑がる。
    退職する方向へ。


    私はもう産まないと思うけど、優秀な部下が辞めざるを得ないのが辛かった。


    娘達には働きながら出産育児出来る未来があるでしょうか。

    結婚すら恐れてます。


    男女ともに性別の差を理解し、役割を認識すること。


    男女平等は『人権です』。
    男女平等は『雇用機会です』。

    役職などもなるチャンスは平等にあるだけで、実力やタイミングに準ずるものです。


    このトピ及びレスは混ざり過ぎです。

    ユーザーID:8278380237

  • 日本はまだ良いと思う

    よく外国は育児制度が整っていて〜とか言われますが、外国って何かあると簡単にスパッと解雇されてるイメージがあります。人間を歯車として考えるからでしょうか。

    何かトラブルが起きただけで簡単に雇用を解雇される会社の方がよほど恐ろしいです。妊娠はある程度予想出来ますもの。

    子供を欲しいなら、子供を持つデメリットは考えるべきだと思います。社会が悪いから〜じゃダメだと思うのです。病気、妊娠、何でも認めてしまった結果業績悪化で倒産!とかなったらその方が嫌です。少なくとも小さい会社は間違いなくそうなります。

    だから、ちゃんと保障されたい方はちゃんと保障してくれる大企業に勤めるよう努力すれば良いと思います。友人の会社は一般企業なのに育休四年までOKらしいので探せばあるみたいですよ。そのかわり休み中もスキルは維持しないといけませんが。

    ユーザーID:8415895490

  • う〜ん

    組織は成長または現状維持を続けるため、戦略を変えたり組織体制を変えたりします。
    なので、育児休暇が終了し、1、2年後に復職した場合、同じポストに就けないことは十分あり得ます。
    組織は生きているので。


    これを「マタハラだ!」という人はそういう組織の論理に疎いのだなと思います。
    妊産婦は時短、通院、入院、育児休暇で仕事をする時間が減り、仕事に関する情報が入りにくくなので、余計疎くなるのは仕方がないです。

    「妊娠したら仕事をセーブするのは仕方がない」について、個人的には絶対セーブした方がよいと思います。
    妊産婦、組織両方にとってのリスク回避です。
    組織にとってのリスクは「妊産婦が仕事をセーブしたくないとの意思を尊重したが、母体や胎児に予期せぬトラブルが生じ、業務引き継ぎができない、最悪訴えられる」というものです。

    そのあたりを冷静に考え行動できる、そんな女性に私はなりたい。

    ユーザーID:8483030013

  • 同意します。

    子供が出来たから冷遇された。理不尽なのは分かります。もの凄く悔しいでしょう。
    でも、今は普通に働ける若者が就職出来なくてあえいでいる世の中です。
    優良企業だって、余裕がなければ余分な雇用なんてしません。
    嫌な言い方ですが、皆競争して生きているんです。
    弱者は切り捨てられる今の社会で、適正がなくなったら働けなくなるのは仕方ないと思います。
    それが嫌だったら、どんな人間でも雇用し続けるべきだ!!と言う社会を作るべきでしょう。
    が、自分たちが優遇されない社会は嫌だ。給料を全ての人に均等に分けるなんて嫌だ。
    とマタハラを騒ぎ立てる人たちは言うでしょうね・・残念ながら。

    矛盾しているのが世の中です。優遇されていると信じてた自分が立場が弱くなって初めて理不尽に気付いた。それだけのことです。

    ユーザーID:1764549204

  • ちょっと違う話をしますが

    マタハラ以前に。

    男女雇用機会均等などといいつつ、企業内での男女扱いは平等でないこと、知ってます?

    独身女性が男性と同じだけ働いて成果を出しても、女性と言うだけで成績は男性より低くつけられているんですよ。
    だって、男性は管理職コースにいくけど、女性は結婚・出産コースで管理職にならないから、いい成績つけたって仕方ないから!
    ...という男性管理職の思考の元に。

    なのに、女性は権利を振りかざしてるとか言われちゃって。いやいやいやいや。そもそもまだ、男性とは同じラインに立ててないんですよ。そもそも男性と女性で待遇が違うんですよ!!一部のベンチャーなどを除いて、まだまだ女性の方が冷遇されてるの!

    ユーザーID:0611789369

  • びっくりです・・・

    女性が権利をふりまわしているという意見が多くびっくりです。これだから子供の数が減るのです。日本ではまだ働きながらの子育ては当たり前ではないのだとショックを受けました。
    自然界では弱い人間が生きていくためには社会が必要であり、社会は当然弱者を救済するという役割も担っています。弱い他人を切り捨てる社会は、自分が弱者になったときも助けてくれません。ある人が就職して退職するまでの年数のうち、子供のために働けない時間がそんなに大きな割合を占めるのでしょうか。そのときに働けないことばかり非難されて、それまで・その後の貢献は全く評価されないのでしょうか。身体が弱くて体力を使う仕事ができなくても、その人なりの貢献ができるはずです。
    自分が弱者になることもあるのだから、お互いに支え合うという発想はできませんか?
    女性の能力が男性に劣るものではないことは誰でも知っています。世の中の半分の能力が失われるのは、社会にとって大きな損失ではないでしょうか。
    子育てする女性や身体の弱い人をバックアップしながら、その人の能力を活かすことのできる社会になってほしいものです。

    ユーザーID:7503309811

  • 権利ばかり主張し

    義務を果たさない 悪い前例を作ってしまった
    自ら妊娠したからと言って 作業の軽い部署への異動を希望し 役職や今までの給与の水準の権利を主張し 役職に見合う仕事の義務を果たさない
    こんな勝手な女性が増えたら 会社も女性を雇いづらくなるよね

    ユーザーID:4813177228

  • そもそも論

    トピ主が疑問を持つ、実務は楽に給料そのままはオカシイと思うの。
    そもそも日本社会が遅れてて、女性軽視を(男性だけでなく女性も)未だに受け入れちゃってるから、こんな摩訶不思議な事が起こるんだと思うの。
    諸外国では、男性も17時に帰宅して子供のお迎え行くの普通だし、仕事途中でパパが学校の参観日行ってくるわーなんてこともある。それを許す社会の認識と制度があり、男性のみならず、女性も含めて考え方が違う。
    日本の女性への気の使い方は根本がおかしくて、男性も育児など同じことをする(べきだ)から対等で成果主義、って社会にならないと、この手の話題は尽きないんだろうな。
    なんで権利を履き違える前に、一番身近な旦那を変えようとしないんだろ。

    超少子高齢化なのに考え方が変わるのが遅れたら、労働人口減少と共に滅びるよ、日本。
    企業は制度や風土を改善しないと、そのうち労働者から見放される。

    当方3歳児持ちのワーママですが、部長席狙ってます。
    家計を半分支えてるのは私だ。

    ユーザーID:6083576216

  • 親父どもは何にもわかってない。

    業務内容を、雇用側よ当事者が話し合い、その上での配置換えは問題ないと思います。
    つわりがひどく、勤務に支障をきたすのも本人にとっては仕方ないけど、周りからしたら突然仕事に穴を開けられ、どうしようもないと思います。

    私もあります。妊娠し、通勤に使う電車は首都圏でもワーストの混雑率。
    始業を30分のみ時間を繰り下げて欲しいと申し出ました。
    その分休憩を削るか、30分勤務を延長するかしたい、と申し出ました。

    でも結果はダメ。特別扱いをできないとのこと。
    営業マンは、嘘だか本当だかわからない、営業先直行で遅れてきたり、直帰で早く帰る人なんてわんさかいたのに。
    飲み会の次の日、決まって直行の人とか。。金曜に限って直帰のはずが、、部署飲み会にはやってきたり。
    お前も上手くやるよなぁ。そのずる賢さ仕事に回せや。なんてそいつの上司がほざいてましたよ。
    呆れますよ。

    もう話の通じない親父どもに掛け合うのは面倒だから、健診も全部大混雑の土曜日に回してました。
    結局実績さえあげれば会社って何でもありなんですよ。

    家庭はいくらでも自分のカラーにできます。だから専業主婦は私にはここちよいです。

    ユーザーID:8468098539

  • 女性の雇用と妊娠・育児は切っても切り離しできない

    女性を雇うということによる負荷を一切被りたくない企業は、女性を雇用しなければいい。
    女性を雇用する、ということは、妊娠・出産による生産性の低下などの負荷を被ることを受け入れることだと思います。
    人口低下による女性雇用を促進するのなら、企業は負荷を受け入れざるを得ないでしょう。
    女性の労働力をいかすには、各企業に夜間保育も可能な企業内託児所を設けていただきたいと思います。
    それができないのならば、企業同士で連携して託児所を設けるのがいいと思います。

    ユーザーID:7826663062

  • 男性のせいにする女が増えたので、会社がおかしくなりました

    >しかしその数年後、妊婦・母親の権利を主張するばかりで、
    >会社・仕事・同僚のことを考えない女性が増えてから、会社は変わりました。
    >しっかりと働いていた女性達の一部も、辞めざるを得なくなりました。


    一部の身勝手な女のせいで、真っ当な女性がとばっちりを食うのは、悲しいです



    >セクハラもそうですね。
    >一時、何でもセクハラセクハラと騒いだので、
    >ずいぶんと言葉の持つ意味合いが軽くなってしまいました。


    本当に、そう思います



    >妊娠・出産・育児をしにくい社会にしたのは、女性かもしれません。


    男性に責任をかぶせるのではなく、女性の品性と意識の問題だと、私も思います。

    ユーザーID:5655532166

  • マタハラ被害とは…

    もうね『お互い様』の意味が意味をなしていないんですよ。妊婦のワガママを聞きなさい!!という感じです。

    『マタハラ被害者』というのは、妊婦側ではなく、マタハラだと騒ぎたてる妊婦の被害を受けた周りの人たちのことです。

    ユーザーID:2065567773

  • 口を開けば「差別!○○ハラ!」って騒ぐのは 品性に欠けます

    >マタハラと男女平等を考えるなら、たとえば男性が自身の病気や家族の介護などで、業務に支障が出る場合、部署移動や降格もナシですよね。
    >妊婦さんだけを守るのは違うと思います。
    >男女平等というのならば、妊娠・出産を特別視するべきではないと思うわけです。


    ホントにそう思います。
    出産を特別扱いした時点で、男女平等ではありません。
    それなのに、待遇だけは同等に要求するって、厚かましいです。



    >「男女平等」だからこそ、女性も男性並みに仕事しないといけないですよね。
    >男性のような激務もこなし、責任もまっとうする。
    >今まで、女性だから当然のように守られていた事を、男性と同じように自力で前に進まなければいけないって事なんじゃないですか?
    >それこそ男女平等!


    完全に同意します。
    給与だけは男性と同じだけ要求し、甘えと優遇はそのままって ありえません。
    家族の介護やご本人の病気など、各々の都合がある労働者は、妊婦だけじゃないですから…

    ユーザーID:0095310358

  • 責める相手は一体誰か?

    現代社会の基本は、昔ながらの男性が働く形がそのままです。
    それに女性が途中参加しているので、いろいろな歪みが生じているのだと思います。

    確かに妊婦だけを守るのはいかがかと思います。
    妊娠したり、病気したりした時にフォローがきく社会にしていかないと、どれもこれも自己責任は、会社の責任転嫁だと思います。

    それを従業員同士の努力に任せるから、お互いに責め合うのです。

    お互いに責め合っては、いけない。
    責める相手を間違ってはいけない。

    ユーザーID:8283203170

  • 周りの人たちの意見も聞いてほしいよね

    働く妊婦の現状は、なかなか表に出てきませんよね。
    こんなに問題が大きくなるのは、権利ばかり主張する妊婦さんが増えた証拠だと思います。

    迷惑をかけられた人たちも立ち上がるべきです。そうしないと、本当の問題解決にはなりません。

    会社は利益を出さなければ、私たちの雇用にも影響するのです。慈善事業ではありません。

    理由はどうであれ、働くことのできない人を雇い続け、給料を出すのはおかしいと思います。その給料はフォローした人たちに対する対価だと思います。

    ユーザーID:2065567773

  • このトピで、このままでは日本の将来はないと感じました

    男女平等の本当の意味を、こんなに多くの人が間違えているというのが、もう驚きを通り越して、絶望へと変わっていっています。
    そもそもの身体の構造が違っているのに、男と同じ「身体的負担」を強いてそれが「平等」?
    だったら男も出産しないといけないね。それが真の平等だよ。・・・って、んな訳ないでしょ。そこからしてバカバカしいと思わない?

    女が子どもを産まないと社会が成り立たないし、産みつつ女も出世しないといつまでも「産まない人だけ」が出世して、「産まない人を基準とした社会」になったままで、どこまで行っても平等とは程遠い。
    結局、今の日本は産まない側(男)の基準で作った社会で、多くの女性もその男の社会が標準だと思い込まされているんだね。

    強く言いたい。日本の女性は気づくべき。あなたたちは「産まない性の基準」に染まっているだけなんだよ、と。
    もし世の中のすべての人間が産む側の性だったらどうなる?
    立ち止まって、今、自分たちのおかれている社会が、何がどう間違っているか、どうかよく考えてほしい。

    みんなが気づかないと本当に日本は滅んでしまうと思うよ。

    ユーザーID:7895010991

  • マタハラという言葉は

    「妊婦」「子供」という言葉によって目を曇らされているところがあるんじゃないかな?
    と思います。免罪符のように。

    育産休や時短。なんだか育児と名が付くと特別なもののように扱われますが
    業務を遂行する上では結局、長期休暇・早退でしかないんですよね。

    マタハラからイメージするところは皆さま結構バラバラかと思いますが、
    先日の軽作業への異動を願い出た件には、正直首を傾げざるを得ませんでした。
    労働における平等って、基本的には同一労働同一賃金を目指すものじゃないのかな?と。
    「平等に扱い、特別扱いをしない」ことってハラスメント(いやがらせ)なんでしょうかね?

    決められた休暇・早退の取得を認めるのは企業の責務でしょう。
    ですが、業務遂行能力に合わせた人材配置が自由に行えないとなると
    それは企業だけでなく、そこに勤める他の従業員から見ても好ましいと思えません。

    加えて言うと、マタニティハラスメントという言葉にも違和感を覚えます。
    育児休暇を取ると不利になるのは、男女変わらないのに。

    ユーザーID:0437468252

  • 男女平等の意味

    女性も男性並みに働けと仰る方に、1つ明確にしておきたいことがあります。

    今の男性が働いている「量」は、女性が子育てと介護を多めに引き受けた上での「量」であることを、しっかりと認識してください。
    その分、男性は外で多く働き、それで社会としてのバランスを取ってきました。

    今の男性と同じ量を女性に求めれば、日本の社会は破たんすることは理解されているのでしょうか。

    それではいけないということで、今、社会が動いているわけです。

    男女平等は、当然です。
    しかし、そのかたちを、ゆめゆめ間違えないでください。

    男女平等は、男性でも育休および介護休がしっかりと取れるようになって初めて実現可能なものです。

    ユーザーID:4085294494

  • 女性同士で解決するしかないと思います

    「マタハラ、セクハラ問題」は、男性が厳しい意見を言うと、有無を言わさず非人間扱いされます。

    どんなに真っ当な言い分であったとしても、身勝手な女はそれを差別発言を決めつけて、その男性を糾弾し社会的に抹殺しようとします。

    それが 行き過ぎた女の権利意識であり、とても悲しいことですが 現実の社会問題になっています。


    こういった問題は、もはや男性の手には負えないのではないでしょうか?

    男性に頼るのではなく、むしろ女性同士でお互いに解決するしか、道はないと思います。

    ユーザーID:3496536263

  • ん?

    何人かの方が指摘されておりますが、今回はトピ主さんの受け取り方に?です。

    トピ主さんがおっしゃるように、仕事をライフスタイルに合わせて選択しているのは妊婦さんだけではありません。でも、ご経験にあるように、同じ人すら妊娠経過によって「仕事がバリバリできるっ!」って人と、途中で入院してしまう人といます。そして、女性だからと夫の収入に頼っている人だからとは限りませんよね。もしかしたら大黒柱として頑張っていかなきゃいけないかもしれない。そういった人の事情などを斟酌し、「自分で」働き方を本当に決められればよい。その一歩かと思います。

    ユーザーID:2434621529

  • そういえば…

     よほどの資格職でもなければ雇用形態が選べないし、正社員一度退職しちゃったら戻れない人がほとんどでは?だから、周囲に迷惑がかかろうが居座らなきゃ、生活がなりたたなくなるんじゃないの?
     現在、実際問題妊娠出産で退職して、子どもが小学生高学年になったら働いている人がほとんどです。子どもが椅子とりゲームに勝つ為にもそれなりの教育資金がいりますからね。お金かけるだけではダメですが、やはりお金かけらたらかけただけの成果が出ますからね〜。いい大学の子たちはほとんどが年収1000万越えだし。

     もう1つ、働きながら妊娠出産育児で、自分が苦労をしたから、他の人も苦労をしろというのはいささか下品かと。トピ主さんからはそういう香りがします。先人が男社会を切り開いたから、今トピ主さんだったり、働いているお母さんだったりは働けるわけです。マタハラ(言い方を代えればモラハラです)を容認することは、先人が切り開いてきた道を自ら壊しているようなものだと思います。

     いずれにせよ、どんな形であれ会社に迷惑かけることは起こりうるのですから、そういう人を叩くといずれそれは確実に自分に返ってきますよ。

    ユーザーID:1212279920

  • え!話はズレますが、

    子供を授かると仕事を諦めなければいけない状況を
    当たり前の事だと言ってる人がいますが、

    当たり前じゃないです。
    両立出来る事なんですよ、
    少子化を防ぎたいわけですから
    サポート(対策)する方が、
    よっぽど当たり前になってる時代です。


    私の住む所は、
    産後もベビーカー付きで出勤は珍しくないです。
    男性でもよく見ます。管理職の男女比は
    半々くらいですし、皆妊娠で降格を覚悟なんて
    しませんよ。出来る範囲を会社に伝えます。

    でもそれは昔からではありません、変わった結果です。
    日本だって変われますよ。というか、変わる必要が分からず
    少子化なのに変わる気がない人は幸せボケですか?
    って思うくらいです。
    少子化まっしぐらの原因の1つである今の社会環境が
    当然と思ってる人はもっと危機感を持つべきです。

    ユーザーID:3528667195

  • 病気・怪我と妊娠を一緒にしちゃ駄目でしょ

    働くおばさんさんのレスで
    >もし「骨折で今までと同じ仕事ができないから」という理由で
    降格させたら問題になりませんか?
    ってありますが、治るまでの期間を休ませてその後復帰するか
    無理なら異動って話になるでしょう。
    それにその期間ってどんなに長くても1年弱の話でしょうし、
    産休・育休は1年数ヶ月、公務員なんかは3年育休取れたりするし
    明けた後にフルタイムで復帰するわけでもないのですから比較には
    出来ません。
    1年以上フルタイムで働ける見込みがないのであれば、降格は
    仕方ないと思います。

    それと、出産育児は一時的なものって考えている方いますが、
    少なくとも子供が小学校に上がる位、長ければ中学校に上がる位まで
    フルタイムで働くのは厳しいのでは?って思います。
    小学校上がる位って思うのは、流行病を子供がもらってきやすくて
    突発的なお休みが多いと思うので。

    ってか、育児を母親が一手に引き受けるっていう構造から抜け切れて
    無いのが問題だと思いますがね。

    ユーザーID:7935537827

  • 先に夫婦間で決着付けろと

    >男女平等は女性を守っているようで、女性に負担を強いる社会になっていくのではないかと心配になります。

    男性が女性の肩代わりする事「平等」だと思ってるなら、それこそ大きな勘違いでしょう。
    女性を守るなら、その分だけ男性の事も守らなきゃいけないし、男性が負担してる分は女性も負担するもの。
    それが平等というもの。
    大体ね、給与や役職を失いたくないなら、時短しなくていいように先に旦那を説得しとけと。
    夫婦の問題を企業に押し付けるのもオカシイんだからさ。

    出産後も出産前と同等以上の負荷で働けるのに降格させたら許されないでしょうが、
    「家事と両立したいからラクさせて」と言うなら相応のポストに変わるのは寧ろ自然なことなんだ。
    そうでなければ国や企業の体質がどうとか言う前に、他の社員が逃げ出しますよ。
    ワーキングマザーを優遇する分だけ、他の社員は損をするんだから。

    ユーザーID:6027652427

  • ガマンの限界がきたのかもね

    妊婦や子育てしながら働く基盤ができていないし、作ろうともしない。なのに権利ばかり主張されても、そりゃ受け入れられないでしょ。誰が悪いとかじゃなくて、それが日本という国なのです。国が本気で取り組んでいない証拠。

    ここは欧米ではないので、欧米のマネするなんてムリムリ。子供を持つことが社会貢献ですばらしいと思っている人が、妊婦のフォローをすればいいと思います。

    妊婦や子育てママのフォローで、とても不愉快な思いをした人たちがたくさんいます。でも表には出てきません。ガマンしてるから。でもガマンし続けたら必ず破綻する。やはり理不尽なこととは闘わなければいけないと思います。

    ユーザーID:2065567773

  • やけくそになってきた

    もう揉めて面倒だから子ども産んで育てたらその人数に合わせて年金多くしてよ。


    そしたら給料とか役職とか、育休も産休もいらないよ。

    ちゃんと育てるから。


    ね、これなら問題ないかしら。


    あぁやけくそで我ながら情けない。

    ユーザーID:8278380237

  • 怪我や病気で休んだら降格になるのか?

     心身の状態がほぼ以前に戻るなら、怪我や病気で長期離脱しても、復帰時に降格されるってことは、本人が希望しないかぎり普通はないでしょう。
     そもそも管理職からの降格自体、まともな企業なら、不祥事とかよほど大きなミスでもしない限りあることではないと思います。

     なぜ、妊娠・出産だけ(ネガティブな意味で)特別扱いしなければならないのでしょう?

     それ以前に、新卒で入った人なら、管理職になった時点で、一定期間会社に貢献してきたはずで、且つ能力が認められた結果でしょう。数ヶ月から1年程度の休暇を理由に降格させたりやめさせたりすれば会社にとっても損なはずなのですが、近視眼的な経営方針や、それこそ偏見のせいで、経営者は合理的でない選択をするのでしょうね。ある程度、国が後押しするしかないのでしょう。

    ユーザーID:6112610510

  • 日本はどうなっちゃうんだろう・・・

    少子化は解消しなければいけない。
    そのためには女性が子供を産まないと、無理。

    女性にも働いて税金や年金を納めてもらわないと国庫は崩壊する。
    そのためにも女性が働きやすい環境にしないと無理。

    女性の管理職ももっと増やさなければいけない、と政府は言う。


    なのに、妊娠したら降格あたり前?
    妊婦や子持ち「女性」は職場に迷惑がかかるから仕事やめろ?

    このままだと日本という国は、
    少子化が進み、労働者が不足して経済力は悪化、社会保障も崩壊
    国庫は破産、という事になるのでしょうかね。

    扶養控除がなくなり、年収50万程度で扶養から外れて
    パート主婦も年金、健康保険の支払いが発生する、という事が
    すでに検討されているのはわかっているのかなぁ。

    妊娠したら仕事辞めて、
    子供が大きくなったら扶養範囲内でパート、という選択肢が奪われる寸前なんですよ?

    女性が女性の首締めて、どうするんだろう。
    そして何故、女性だけの問題にしたがるんだろう。

    ユーザーID:1612156777

  • 「違和感あり」が多くてビックリ

    トピ主さんも含め、今回のマタハラ訴訟について誤解されている方が多いように思います。
    レスを見ると「何で妊婦だけが特別扱いなのよ!」「ズルい!」というような感情論が多く、それが誤解の一因かな、と思います。
    まずは判決内容を確認してほしいところです。

    それにしても、「違和感あり」の意見が多く驚きました。
    皆さんは少子化問題についてはどのように考えていらっしゃるのでしょうか。

    私は子供を生んでまともに育てることが、今の日本に一番必要な社会貢献だと考えています。
    そして今の時代、子供により良い教育や住環境を与えつつ、自身の老後も行政に頼らず暮らすためには母親も働かざるを得ません。

    女性が働きながらも不利益を受けることなく妊娠・出産ができる環境を整えることは少子化問題解決の糸口になりますし、子供(未来の労働力・納税者)が増えることの恩恵は全国民が等しく得られることです。
    一時的には不公平なような気がするかもしれませんが、長い目で見れば充分見返りは求められると思います。

    時間と労力とお金をかけて子どもを育ててくれるのだから、多少はサポートしても罰は当たりません。

    ユーザーID:8423367138

  • ただの我儘

    >妊娠って素晴らしい社会貢献。良い事をしている人には特別待遇してどんどんして貰おう。
    >と考えるのが欧米社会。

    全然そんなことありません。欧米でも妊娠や子供を理由に仕事に支障をきたせば、解雇されます。日本の外資企業の就職ガイドなどを見れば出ていますが、妊娠や子供を理由にした欠勤や早退、時短などは通用しないことの方がほとんどです。

    >このままでは人に迷惑をかけないために妊娠しないってなり兼ねない、いえ、すでになりかけています。

    根本的に考え方が違います。欧米では妊娠しても人に迷惑をかけないことが当たり前。仕事に支障をきたさないのが当たり前。仕事を失わないように、皆そうしているのです。人や仕事に迷惑や支障をきたしておいて、妊娠を言い訳にするという発想自体ありません。もちろんベビーシッターの普及など文化の違いもありますが、出産後わずか数日で職場復帰するのも当たり前です。

    「妊娠によって今まで通りの仕事は出来ません。でも役職も給料も今まで通りよこせ」なんて都合が良すぎます。それを「差別」と騒ぐのは、ただの我儘でしょう。

    ユーザーID:9269826375

  • だれが弱者?大いなる矛盾

    妊婦って、本当に 社会的弱者なの?


    いまは、結婚できない男女もめずらしくありません。
    自分を養ってくれる旦那さまがいて、子供まで作れる人が弱者って、よ〜く考えるとおかしいよね。

    学校を卒業しても仕事が無い若者達も多く、たとえ職に就けたとしても非正規雇用であれば、結婚はおろか子供なんて作れません。
    職にありつけない若者が大勢いる一方で、仕事をしない妊婦の待遇が保証されるとなると、社会的弱者ってなんだろう って思います。

    厳しい雇用状況にある失業者と非正規の若者は、自己責任とされてしまうなかで、
    妊婦を優遇するのは、本当の弱者を見落としているのではないでしょうか?

    ユーザーID:2871444070

  • 子育てで他人ができることはたかが知れてる

    子供は社会で育てよう、と聞こえはいいけれど、実際のところ子育てで他人ができることってたかが知れてます。児童虐待が疑われても、それに介入できない事がほとんどという現状からわかるように、子供はやはりその親が育てるしかないのです。保育園に預けても、何でも。

    親となる人間に、それまでになかった「子育て」という負担が増えたのだから、その分仕事量が減るのは仕方のないこと。競争社会なのだから、仕事量が減れば待遇も減るのは当然でしょう。また元の仕事量に戻れるようになったら、待遇も戻せばよいのだから。それこそ「子育てに必要な期間」なんて、勤労者として過ごす40数年の中ではたかが数年なのだから。

    今回の裁判の件でいえば、育児休業から復帰後に万全のバックアップ体制があり、産前と同じ仕事ができるのであれば、元の待遇に戻すべきでしょう。時短もとりたい、子供の病気のときには休みたい・・というのであれば、しばらくは緩めの仕事に変えてもらう方が本人にとっても良いと思います。

    本人が万全の体制で臨んでいるにもかかわらず、楽な仕事に回され降級されたのなら問題かな。育児の担当は父でも母でも、その家庭で選べばよいこと。

    ユーザーID:9533080468

  • 滅私奉公じゃなきゃ許されない国、日本。

    男性並みに働いてから権利を主張しろ、という意見がちらほらあるのですが…。

    まず前提として、現在の男性の働き方そのものがおかしいんですよ。超長時間労働が当たり前。上司や顧客にどれだけ時間を費やせるかで出世が決まる。妊婦育児等女性の理屈は通らないのに、仕事のため、という理屈の営業マンの融通ばかりきく。男性がひたすら仕事に没頭できるのは、家庭でフォローしてくれる女性(母や妻)がいるからです。

    出産育児に関わる権利は女性だけのものじゃないです。男性だって育児休暇や子どもの看護で休みやすい社会にならないと。誰かが休むと他の人の仕事がきつくなるってギリギリの人数で動かして、休んだ人を責めるって、管理職がいる意味ないじゃないですか。

    経営者の立場で「女性は雇いたくない」なんて言ってる人は、社員をスポイルする働かせ方しかしてないんでしょう。

    妊娠出産育児は、女性であれ男性であれ、必ず起こるイベントです。それに対応できない、女性に責任をなすりつける会社、働き方、そして社会全体に問題があるってことをみんなが考えないと。

    ユーザーID:3994847457

  • 権利を振りかざしているって言われても仕方ないでしょ

    例えば、普通の社員が週に40時間働いて400の仕事をして
    月収40万だったとします。
    それを週に30時間働いて300の仕事をして月収40万を
    求めるって横暴だとおもいませんか?
    400以上の仕事が出来るのであれば月収40万を求めるのは
    正当な権利だと思いますがね。
    でも、実質そんだけ仕事が出来る人ってごく僅かですよね?

    今までの実績や今後の貢献度って言いますが、今までの
    実績があるから、産休・育休が取れるんでしょ。
    今後の貢献度だって育休後絶対に復帰する保障も、時短が
    終わっても働き続ける保障もないのだから、貢献度だって
    必ずしも期待出来るモノじゃないでしょ。
    傷病の本人のみの問題なら期待はある程度もてるでしょうが
    育児や介護といった本人以外の要因のあるものは厳しいでしょ。
    まあ、しいて言えば、期待があるから席を残すのだと
    思いますよ。

    ユーザーID:2309777242

  • 男女平等を謳って権利だけ主張するなって人は御注目

    男女不平等が解りやすい項目
    1)生理
     初めて知ったんだが生理痛って金的攻撃が継続して襲ってくるんだってさ…
    2)妊娠
     妊娠中の育児は女性に任せっきりだよね。だって手出し出来ないから。
     だったら金出して栄養採ってもらうしか方法ないんじゃね?
    3)出産
     一緒に立ち会って応援するしか出来ることないよね。

    男性にない現象。
    この不平等の解消はどうする?

    あと子供作らないと近い将来はいいが遠い未来には日本国は外国人に乗っ取られるかもね。
    日本人が少数民族になるかも。

    それでもまぁ自分に影響なければ良いんだよね。
    会社が儲かれば国がどうなろうと構わないよね。
    権利ばかり主張する女性が子供を産まなくて権利並みに働いてもらえる方が得なんだよね。
    子供を産みたいなら会社は辞めさせない代わりに提示する条件を甘んじて受けろってことだよね。
    子宝って建前だよね。

    近視眼的すぎないか。

    生理から始まり妊娠・出産までの不平等に対する対価なんじゃないのか。
    今迄の不平等を無視するのはご都合主義じゃないか。

    それが嫌なら男性も生理・妊娠〜出産して同じ立場になってから提言しようぜ!!

    40代男性より

    ユーザーID:3762170158

  • わけましょ

    産みたい人
    育児中
    助け合いたい人


    迷惑かけられたくない
    男女平等だから自己責任で激務

    ね、会社も税金システムもみ〜んなわけましょ。


    だって、妊娠出産は『特別』な事わからない人達とはわかり合えない。


    介護や病気もね、働く上で困るし救済措置は必要だし問題化してるね。


    妊娠出産はねその中でも特別なの。


    なぜ特別かわからなければこの議論は無意味ね。


    母親は母親で父親も重要なんだけど、代われない期間と役割がある。


    父親も大切な役割があり、参加すべきだけど日本は全然ダメ。

    せめて役割として稼ぐところまでがギリギリやれてる父親ばかり。

    育児休暇取得2%未満ですかね。


    責めるべきは国と企業ですよ。
    互いではありません。

    ユーザーID:8278380237

  • もう いい加減支えきれません!

    >男性が女性の肩代わりする事「平等」だと思ってるなら、それこそ大きな勘違いでしょう。
    >女性を守るなら、その分だけ男性の事も守らなきゃいけないし、男性が負担してる分は女性も負担するもの。
    >それが平等というもの。



    完全同意します。

    一方的に優遇を求めておきながら、それが平等とはおかしな話ですよ。

    支える側の負担が大きすぎて、もう いい加減支えきれなくなっているから、このような問題がおこっているんです。

    ユーザーID:8123425816

  • どうだろうね

    『周りがフォローしないと、少子化が進んで日本が滅んでしまう』という意見。矛先が違うんじゃない?
    制度が変わらない限り、滅亡への道は変わらないでしょう。

    ユーザーID:2065567773

  • 子持ち管理職です

    都内の上場企業で、子持ち管理職です。
    周りのWMと比べて、ずいぶんたくさんのものを諦めていると思います。

    少子化解消→女性の働きやすい環境→女性の管理職

    これを達成するためには、たくさんのものを諦めなければいけません。
    他のWMが、時短を取って16時や17時に帰宅するのを横目に、他の社員と同じように働きます。
    子どもは、0歳の頃から延長保育で、何かあれば保育園で対応できる体制を整えておく必要があります。
    「子供を早く寝かせるべき」と、小町でも良く見かけますが、そもそも自分の帰宅が遅いのに、20時や21時に寝かえるなんて無理(その時間に帰るので)。

    子供にたくさん負担をかけて、やっとのことの管理職。
    でも、これは、男性も同じことをしているので、別に不公平ではない。

    ただ、それでも私は他の社員よりも勤務時間は短いです。
    労働時間よりスキルを評価されての管理職です。

    妊娠を機会に異動をし、なおその働きでも結果を出して管理職として認められるかどうか?が大切なのではないかと思いますが、どうもこの話題は、そこがスッポリ抜けている気がします。

    ユーザーID:3415618205

  • まあ確かにそれは無いですね。

    >心身の状態がほぼ以前に戻るなら、怪我や病気で長期離脱しても、復帰時に降格されるってことは、本人が希望しないかぎり普通はないでしょう。

    男性の場合は理由の如何に関わらず1年超の休みを取って且つその後もフルタイムで復帰できない人に席はないので、その意味では確かに降格は無いですね。

    >子供が大きくなったら扶養範囲内でパート、という選択肢が奪われる寸前なんですよ?

    それは大変でしょうが、両親の介護や自身の療養やひとり親の育児といった場合でも、そもそも最初からそういう選択肢が無い男性にそれを訴えたところで共感は得られないでしょうね。

    >もう揉めて面倒だから子ども産んで育てたらその人数に合わせて年金多くしてよ。

    別に子供なんか無理して産んでくれなくて良いから、それだけの年金を払えるだけの経済発展を未来永劫に保証してくれさえすれば良いのですよ。

    >産後もベビーカー付きで出勤は珍しくないです。

    それはそういう職種のエゴです。なら貴方の職場が3Kでも子供を連れて行きたいですか?
    そして貴方の主張は女性が3Kを避けるのが天賦の権利と驕っている証でもありますね。

    ムギコさんの言う通りです。

    ユーザーID:4337997579

  • 「夫の継続的収入と昇進」を望むのは誰なのかがポイント

    >なんで権利を履き違える前に、一番身近な旦那を変えようとしないんだろ。

    上方婚志向、ひいては専業やパートでいられる立場と引き換えになるからでしょうね。

    幸福度調査では、日本は男女差が最も激しい(女性が高く、男性が低い)ことで有名ですが
    さらに詳しく見ていくと、妻が「主婦」の場合に、夫の幸福度が低い傾向があるんです。

    また、世帯収入別に見た場合、男性は300〜450万円未満が高いのに対し、女性は
    世帯収入が高くなるほど幸福度が高いという結果が出ています。
    この掲示板で男性の常識(笑)のように言われている内容と違い、
    実際は男性もそれほど働きたくはないわけですね。

    しかし一方で、女性と違い、男性の既婚率は収入とはっきりした相関関係があります。
    つまり、考え方を変えた男性はそもそも結婚自体できていない可能性が高いわけです。
    収入を得ることを優先する男性ほど、実際は結婚できているんですね。

    よって、答えは簡単です。全体の傾向として「夫を変えようとしない」妻が多いのは、
    妻が自身の幸福度を維持するためなんですよ。

    ユーザーID:0437468252

  • 滅私奉公とは違うでしょ

    例えば、月に100のノルマをこなすと100万円の賃金がもらえるとして
    そのノルマをこなすかノルマをこなせる環境にあれば100万の賃金を
    もらえ、そのノルマをこなせない又はこなせる環境に無ければ
    賃金が減るのは仕方ないことでしょ。
    もしくは、時給1000円の仕事で6時間働く人と8時間働く人で
    賃金に2000円の差が出るのは仕方ないでしょ。
    働きに見合った賃金が払われる事こそ平等だと思います。
    それをおかしいって言う方が不平等だと思いますよ。

    それと1年ぐらいで復帰するのにって言う意見ありますが、1年ぐらいで
    時短も使わず突発的な休みが子供がいない人と同程度でしょうか?
    給料や待遇ってフルタイムで働いて、突発的な休みが少ない人を基準に
    設けられているでしょうから、それをクリア出来ていないのなら
    復帰とは言いがたいと思います。

    妊娠前と同等に働けるのに産休・育休明けに前の部署に戻してもらえない
    ならともかく、正直、育休や時短は女性が取らなきゃいけないって思い込んで
    やっている当事者達の被害者妄想だと思います。

    ユーザーID:2309777242

  • 正社員特権を皆で大切に守っていこう

    正社員特権を皆で大切に守っていこう、
    なんて言われても、共感できない人が多くいるのは、このご時世なら当たり前でしょう。
    そもそも産休育休なんて恩恵に預かれない人いっぱいいますから。
    保護するターゲット間違えてたら少子化なんて解消されるわけない。

    ユーザーID:6519773425

  • 出産は喜びですけど…

    >妊娠・出産までの不平等



    妊娠・出産は、女にとって不利益ではありませんよ
    次世代の子供を産むという喜びを味わえるんですから…

    それを企業社会に持ち込む妊婦は、公私混同に過ぎませんよ

    ユーザーID:8123425816

  • 残念ながら

    今までのその人の人となりが左右しますね。

    一生懸命取り組んでた方、嫌なことも率先してやっていた方、いつでも親切に接してくれる方が妊娠された場合は、ぜひ協力したいと思います。

    しかしながら、ふだんからあまり働かなかったり、楽しようとしたりしていた人、意地悪していた人については、まったく親切心がわきません。

    私は、会社では下っ端なのですが、人を見ていろいろ用を言いつける妊婦さんもいます。決して上の人には言わないけど、私には「後でこれ運んでおいてくれる?」と重い物を渡されました、

    電車内でも然りで、優しそうな妊婦さんには席を譲ってあげたくなるけど、自分が妊娠していないときに、この人は絶対妊婦さんに親切になんてしてなかったのでは?という方には、寝たふりをしたくなります。

    ユーザーID:9735564650

  • みるみるさんの言う事は事実なのでしょうが

    >現在の男性の働き方そのものがおかしいんですよ。〜家庭でフォローしてくれる女性(母や妻)がいるからです。

    それ自体はその通りでしょう。
    しかし給料とは企業が稼いだ利益を社員に還元する行為でもあります。今の利益を得る為に必要な労働が今の長時間労働なのだとしたら、貴方の主張は社員1人あたりの労働時間を減らせと言っているのに等しいわけですから、簡単に言えば今まで1人でやっていた事を2人でやる事になり、1人分の給料を2人で分ける事になります。
    いわゆる総合職の労働内容を鑑み、今まで8時間だったのを7時間にするから給料は7/8なんてわけにはいきませんので、そうですねぇ、世帯収入が今の半分になる事を甘受しても、貴方は男性のおかしな働き方を改善すべきだと思いますか?恐らくここで最も猛反発するのも結局は男性よりも女性(主婦)ではないでしょうか?

    理想を掲げるのは大事な事ですが、そこに囚われすぎたりその責任を他者に擦りつけても、何の共感も賛同も改善もありません。
    そして企業目線ばかりでも良くないですが、労働者目線ばかりでも企業活動が停滞します。それで困るのは巡り巡って結局は社員なのでは?

    ユーザーID:5742197271

  • 将来のことですが

    しっかり働き、しっかり納税できる世代の若者に仕事がなかったり、結婚しない人もいる現実。そして日本は自殺者が多い国。産んだら良ろし…ではないのです。中小企業を守ることや、若者に仕事をまわすこと、チャンスを与えることも必要だと思います。自由競争の中で結果を求めるのは自然なことだと思います。

    産んだからって、国の将来が安定とは限りません。

    ユーザーID:2065567773

  • 欲張りすぎ

    >母親は母親で父親も重要なんだけど、代われない期間と役割がある。
    >責めるべきは国と企業ですよ。

    違うと思います。母親の負担が重いのなら、父親に負担させるべきでしょう。家庭内で解決する問題。夫に負担をさせずに、職場の同僚に負担を強いるのはなぜ?まずは、夫に負担させましょう。それが浸透すれば、社会も変わるでしょう。

    資源のない日本がこれだけ繁栄したのは、勤勉さがあるから。きっちり仕事をこなす、役目を果たすということに、使命を感じて仕事をするから、日本の高品質、高サービスがあるのです。諸外国並みに働くということは、諸外国並みの品質・サービスになるということ。そのレベルの低下を日本国民が受け入れるのなら、可能でしょう。

    子供も仕事も欲しくて、親族との付き合いは面倒で、安価で高い教育を受けさせ、税金は安く、なんてことはそもそも成立しません。

    ユーザーID:9378422802

  • 妊婦や子持ちに仕事を辞めろとは言ってないのでは?

    ここで降格や減給は妥当だって言っている人って、私を含めて
    辞めろとか産休・育休取るなとか言ってる人は私がざっと
    見る限りほぼいないと思うのですが。
    働きに相応の待遇になるのは仕方ないって言っているだけですよ。
    それを不当だと思うのであれば、妊娠してどんなに悪阻が酷かろうが
    仕事のパフォーマンスを妊娠前と同じに維持すればいいだけでしょ。

    外資で働いてましたが同僚は産休のみで育休取らずに復帰してます。
    まあ、彼女の場合はご主人が専業主夫やっているからってのはあります。
    そうやって復帰しているのに降格や減給だったらおかしいと
    思います。
    でも、殆どの女性はそうではないですよね?
    殆どの女性が私の同僚のように出来ないのは、行政の責任や会社の
    責任もあります。
    でも、責任の殆どは育児の負担の多くを女性側にしている各家庭だと
    思います。

    ユーザーID:2309777242

  • 飽くなき欲望は、決して悪いことばかりではないと思いますが

    >幸福度調査では、日本は男女差が最も激しい(女性が高く、男性が低い)ことで有名ですが
    >さらに詳しく見ていくと、妻が「主婦」の場合に、夫の幸福度が低い傾向があるんです。


    内閣府の調査でしたよね?

    世界一幸福度が高く、たぐいまれなる豊かさを享受し、治安も最高水準の日本において、

    何故 女性は「まだまだ不足している。もっと女性に優遇を!」って主張するのか、私も不思議です。


    飽くなき欲望は、決して悪いことばかりではないと思いますが、

    行き過ぎた権利意識は、結局 自分自身の首を絞めることになるのではないかと危惧しています。

    権利にともなう義務を果たした後に、はじめて 真の幸福があるのではないかと思います。

    ユーザーID:8123425816

  • ちゃんと現状把握しましょう

    >それを週に30時間働いて300の仕事をして月収40万を求めるって横暴だとおもいませんか?

    求めていません。
    時短だの何だので、100%の月収が払われるケースなんて、まずありませんよ。
    あったとしても、かなりレア。
    そんなケースが身近にあったのですか?

    まずは状況を正確に、具体的に把握してから意見を言いましょう。

    男性も女性と同じように守らないといけないとおっしゃる方。

    そのとおりです。

    男性も、子供を持たない女性も、自分たちの権利を主張してください。

    男でも育休を取る権利。
    サービス残業を断る権利。

    主張してください。
    そして、9時5時で帰ることのできる権利を勝ち取ってください。

    マタハラを訴えている人は、戦っているのです。
    今、貴方達がしているのは、ただの八つ当たりです。

    本当に意見を言わなければいけない相手(会社)が怖いから、言いやすい相手(マタハラ被害者)を叩いているに過ぎません。

    ユーザーID:4085294494

  • ハラスメント関係について

    女性に喋らせる意味があるのでしょうか。

    その時々の自分の立場、立ち位置、都合に悪ければ「○○ハラ」。ムギコさんの言うように、特に「マタハラ、セクハラ問題」は、男性が厳しい意見を言うと、有無を言わさず非人間扱い。結局女性が女性に都合のいいことを言って自己完結しようとするだけ。

    こんな客観性も正当性もないただの感情論なんて、いくら女性が議論したつもりになっても無意味です。

    与えらえる立場、養われる立場は手放さず、その上まだ権利を寄越せと騒いでいるだけですよね。10の仕事をして10の給料を得ている人の前で、妊娠出産をたてに5の仕事で10の給料を寄越せと言っているのと同じこと。こんなものがまかり通る方が、日本の将来、特に女性が心配です。

    ユーザーID:8800481707

  • 現在の男性の働き方を望むのもまた女性

    「現在の男性の働き方」そのものがおかしいという意見がありますが、多くの女性が結婚相手となる男性に対し、その働き方によって得られるであろう平均的収入以上を求めていることをお忘れでしょうか。
    例えばパートタイム勤務の単純事務の男性を、多くの女性は結婚相手として選びません。
    これは、つくさんが仰る「夫の継続的収入と昇進を望むのは誰?」という論点にも繋がる話です。

    そして大事なことですが、この「現在の男性の働き方」を全ての女性に強いてる人はいません。

    あくまで、それによって得られるであろう職位や報酬を求めるならば、という前提ありきの話。
    男性も同様に、その働き方を拒否して収入を下げても気楽に生きる選択肢はあり、実践している人もいます。

    同等の職位や報酬が欲しいなら同等レベルで働いてよ、という話は差別でもハラスメントでも人権侵害でもなく、極く当たり前の話です。
    寧ろ、生まれの性別次第で職位や報酬をより簡単に得られる権利を与えます、なんていう方が差別です。

    「今の激務男性並の報酬を男女全ての時短勤務の人に与えれば解決するでしょ」
    とか言い出すようなら、もう付ける薬もありませんが。

    ユーザーID:8436424805

  • 物申したい

    >提言しようぜ!!

    こんな言い回しを男性はしません。
    「〜ですわよ」「〜ざます」と同じ括りです。

    「同じ立場になってから提言するべきですわよ!!」
    「40代女性より」
    という風に見えています。

    ユーザーID:6894518469

  • なんでも男女平等にはいかない。

    男女雇用均等法や男女共同参画にあたって、男女平等で男性看護師の増員のため、看護学校でも、男性看護師の定員を増やしたことがありますが、単位においても、それまで、女性は産科・婦人科、男性は精神科と別でしたが、一緒になったために、男子学生も、受け持ちを探す指導者も、頼まれる患者も、それぞれ苦労されていました。
    就職先についても、医者とは違うので、産婦人科での就職は皆無ですし、枠が狭く、とても苦労されていましたよ。
    看護師の世界は女の世界です。
    社会は男社会ばかりではありません。
    女の社会では、男社会が女性に求めることと同様に、男性に求めます。

    産婦人科に男女平等だからと、男性看護師が勤めていたらどう思いますか?
    男性に、医者はまだ男性の方が多いし、男性看護師がいてもおかしくないだろって言われて受け入れられるでしょうか?
    中には、男性看護師でもいいと言われる方もいるでしょう。
    でも、仕事を円滑かつ与えられた仕事を進めるためには、求められていることに対応していくことが必要です。
    それができないことが分かっているのに、その人材を雇う意味があるでしょうか?

    ユーザーID:8391828882

  • 男女平等自体が幻想

    もうね、男女平等自体が幻想なんですよ。

    いや、男女平等は当たり前で人間に上も下もない。
    そもそも社会進出するのが偉いのか、というとそうでもない。

    男は黙って働いて狩りをして獲物を獲ってきて家族に分け与える。家族を死んでも守る。
    家族を幸せにするために自分を犠牲にして危険な仕事も暑い時も寒い時も糧を得るために
    働く。

    女は家庭にいて男が帰ってきた時に休める場を作る。安心して子供を生む場所を守る。
    女は安心して家事や育児をやってればいいんだよ。そうすれば男はどんなことがあっても
    守ろうとする。

    女は守られて安心して生きていけばいい。男は社会で戦って家族を守ればいい。
    それが人間だけでなく、他のいろんな動物でも実践されている役割分担。
    つまらない男女平等主義がはびこるからややこしくなる。女はもともと社会で戦う為の
    身体にはなっていないから。

    役割分担が違うだけで、生物として、人間としてどちらが上とか下とかではない。
    ま、もうそういう時代に戻すのは無理だと思うけどね。

    ユーザーID:6978417871

  • 女は採用しない会社が増える懸念1

    現時点では女はリスクが多すぎるのです。
    会社はリスクヘッジを考えます。商談が成功する確率、失敗する確率、採算がとれるかどうか…人事も当然そうです。
    女性の出産は8割の確率、男性の病気休暇や介護休暇は全体の1割にも満たない。これではリスクの面で同列とはいえず、マタニティーに関する問題とその他長期休業を同列には考えることはできません。
    また、25〜40までの間は社員として成長期・円熟期です。この間で1年以上の休業や時短勤務などをすれば、していない社員とは差がつく可能性が非常に高まります。

    つまり会社の本音としては「休みを取らせなければならない使えない社員」になるわけです。
    男女問わずきちんとポストを獲得して休業や時短をしても後から来た者に差を埋められ、降格は当然あるはずです。
    にも関わらず、女性だけポストを維持することは平等と言えるのでしょうか?男女問わず維持したとしてポストを埋められた部下は納得して働くでしょうか?

    休みは取らせる、転勤させられない、しかも使えない、ポストは絶対に保障するなんて採用の優先順位が下がるでしょう。
    これから世にでる女性がかわいそうでなりません。

    ユーザーID:4161129577

  • 女は採用しなくなる懸念2

    先ほどのレスで、「私は仕事の質を落とさず育児を両立してる」とおっしゃる復帰女性いらっしゃるでしょうが、貴女はさておき大半の方が仕事の質を落としてます。お迎えで定時で帰る貴女を、子供の病気でいきなり休む貴女を周りがフォローしています。管理職も見ています。ただでさえ、WMを非難すれば非常識扱いされる昨今、完璧に両立していれば嫌がらせなどされるでしょうか?

    多くの人がマタハラ問題に違和感を感じるのはそういう理由ではないでしょうか。

    年金問題の解決になるもよく聞く論法ですが、正社員共働き夫婦がリタイアした場合、専業主婦家庭よりも多くの年金を受け取るわけで社会全体で見れば支給額は増大します。当然支えきれず移民や税金注入は目に見えています。退職して年金額を減らす方が将来の社会のためという見かたもありますよね?

    こういう問題を解決する一番の近道は女性を採用しないと多くの企業は考えます。男女雇用機会均等法は機会の均等であって、採用数の均等は定めていません。女性管理職30%対象の大企業は応分に採用しますが、入社できる女性はごく少数です。
    大半の女性が就職先がなく非正規になる未来がやってきます。

    ユーザーID:4161129577

  • 同感です!

    私も、あの裁判結果には「?」でした。

    自分から「楽な仕事に」と言っておきながら、「役職外された!」と訴えるのはおかしいと思います。

    妊婦や子育てママだけでなくても、家族の介護やら、いろいろ事情を抱えた人はたくさんいます。
    それに、「楽しても役職つく」んだったら、誰だってそうしたいですよ。
    周りの人より楽して高い給料もらえるなんて、誰だってそうしたい。

    私も最近出産しましたが、あまりにも権利ばかりを主張しすぎるママが多いと思います。
    出産で産休・育休とった友達が、「あくまで妊娠出産なんて私事であって、会社には関係ないからね。社会人として働くからには、周りには迷惑をかけないよう心掛けたい」と言っていて、感心しました。

    会社は、趣味のサークルとかじゃなくて、働く場所です。
    お給料を貰うからには、それなりの働きをしなければいけないのは当然。

    「権利を主張するなら、義務を果たすのは当たり前」と、つくづく思います。

    ユーザーID:7624685567

  • 女性同士で妥協策を見つけ出す

    >「マタハラ、セクハラ問題」は、男性が厳しい意見を言うと、有無を言わさず非人間扱いされます。
    >どんなに真っ当な言い分であったとしても、身勝手な女はそれを差別発言と決めつけて、その男性を糾弾し社会的に抹殺しようとします。



    こういう悲しい現状がある以上、女性同士で妥協策を見つけ出すしか、解決しませんよね。

    一部の身勝手な女のせいで、周りの人間がとばっちりを受ける状態は、あるべき社会の姿ではありません。

    この状態こそ「マタハラ」なのでは?

    ユーザーID:8123425816

  • ですから例えですよ?

    >>それを週に30時間働いて300の仕事をして月収40万を求めるって横暴だとおもいませんか?

    >求めていません。
    時短だの何だので、100%の月収が払われるケースなんて、まずありませんよ。
    あったとしても、かなりレア。
    そんなケースが身近にあったのですか?

    いえ、例えとして書いただけですよ。
    分かりやすくする為に月収を例に挙げただけで、これが役職や待遇に
    ついても同じ事だと思います。

    100%の状況で働けないのに100%で働いている時と同じものを求めるのは
    おかしいって書かないと分からないものなのでしょうか?


    全うな社会を作るために、主張すべき権利を主張するのは良いですが、
    ただの我侭を横行させたら、どんどん自分達の首を絞めるだけです。
    100%以上の仕事が出来る自信が無い限り、ある程度のデメリットは受ける
    べきでしょ。
    ある程度ってのは、降格・収入減です。
    ただし、それ以上のデメリット、例えば退職や100%の状況で働ける
    ようになったのに妊娠前と同等の役職に就けない等は、マタハラとして
    戦うべきだと思います。

    ユーザーID:2309777242

  • 働き方に合った給料で

    女性は妊娠出産育児で働けなくなる時間があるんだから、それに合わせて役職変更や給料減額は当然だと思うんですけど。

    妊娠したのに「役職も給与も変えないから、君も妊娠前と同じように働いてね。つわりだろうが何だろうが仕事に穴をあけないでね」って言われる方が大変じゃない?

    妊娠を理由に休みやすい部署に異動してもらったり、それによって給料が下がったりしてもマタハラで、でも妊婦さんに「妊娠前と同じように働いてね」って言うのもマタハラなんだろうし、もう会社側としてはどうしたらいいのか分からない感じよね。

    女も女で、妊娠出産育児で休みたいけど減給は嫌!って我儘すぎ。
    会社はやった仕事の報酬として給料を払ってるんだから、仕事ができないなら減給は当然だっつの。

    それと、働いていない産休・育休のときに給料が支払われる理屈が分からない。
    あれって何に対する報酬なの?
    働いてないんだから給料ゼロでいいじゃん?

    ユーザーID:8915809869

  • 私が医学生だった40年前のお話・再レス

     男子学生と激論になった事があります。理由はその時期(女子亡国論)なる

    変な理屈があったんです。要は女子には国立大学には行かないでその枠を男性に
    回せという事らしいです。

    私の教授等も(女の一番よりドベの男の方が使い物になる)ってな失礼な事を言う
    先生も居ました。確かに、私も卒後すぐに結婚、出産し、インターンをしながら子育てをしましたが
    そりゃ〜過酷でしたよ親の助けが必至でしたね。その時にその先生方の差別発言の真意と
    重さを思い知らされました。私は結果的に医者を十数年休みました。

    その間、3人の息子の育児に勤しみ、立派に医学社会に送り出しました。私の失効年数は
    その後、倍以上になって医学社会の役に立ったと思っています。
    夫は成績こそ私より下でしたが、今では地域にとって無くてはならない人になっています。

    男女の平等とはそんな基本的な役目にもあるのではないかと思います。
    そんな大仕事をやり終えた女性は、時期がくればまた仕事社会にも腕を奮えるよう常に勉強をし
    自分に自信を持って欲しいですね。そんな成熟した社会を作るのも女性です。頑張って下さい

    ユーザーID:6550119833

  • ツングースカ大繁盛さまに同意

    概ねツングースカ大繁盛さまに同意です。

    その他申し上げることがあるとしたら、子供が生まれて女性ばかりが負担をすると言うことが問題ならば、各家庭で「世帯主」を決めていただき、女性側が世帯主ならば男性と同じように働いたらいかがでしょうか。
    そのかわり、時短や育休は男性側へ。

    男女平等が進んでいる国は女性が働くのが当たり前なのと男性の育休制度が整っているところが多いのでは?専業主婦天国の日本には当てはまらないことが多いと思います。
    男女平等にしたいのであれば、女性もほぼ100%働く状況を作らないと無理な気がします。でも、それを女性側は望んでないですよね?

    あと産休なんて期間限定、とはいえません。病気がちな子だったり ネットで以前育休連続9年取る、というのを相談されていた方もいます。
    9年も休まれたのに給与を保障しろ、とは流石に横暴だと思いますよね。仕事している期間より休んでいるほうが長くなるわけですし。

    女性がそれほど頑張る人ばかりじゃないということです。
    給与が下がっても戻りやすいほうが働きやすいのではと思います。

    ユーザーID:5890448734

  • 嘘ばっかり。

    >それが人間だけでなく、他のいろんな動物でも実践されている役割分担。

    ライオンはメスが狩りをして、オスは寝てるだけって有名な話ですけど、知らないんですか?

    自分の都合の良い事しか見ない、見えない、ってのが今回のトピで指摘されてる点ですよ。

    ユーザーID:8244559473

  • えーと

    わかりやすい事例を挙げるために、ありもしない例を作り出すのですか?

    非常に卑怯な議論の仕方ですね。



    それに、全体的に話の筋が通っていません。

    100%なんて求めていないと言っているのに、100%を求めるのは間違っていると言われても困ります。
    時短における収入減等は、実際に受け入れている事例がほとんどでしょう、という話をしています。

    もう一度お聞きします。
    実際にそのような事例を見たことがあるのでしょうか。

    ないにも関わらず、さもそういう人がいるようなことを臭わせて、子供を持ちつつ仕事をしている女性すべてが、常に100%の待遇を要求しているように書くのは、フェアとは言えないでしょう。

    そうやって険悪なムードを作為的に社会に流す行為はいかがなものか。

    議論以前の問題です。

    ユーザーID:4085294494

  • んー

    ここで訴訟の上告人を叩いている人は最高裁の判決文を読みましたか?

    最高裁では簡単に言うと「配置転換後の作業は前職と比べ軽易な作業とは認められない」「育休を終え職場復帰後も降格されたままであるのは不当である」という判断を裁判官全員一致でした訳です。
    ※降格させてもよい例外として「説明を十分に受けた上での本人の自由意思による同意」又は「事業主が降格をさせずに軽易業務への転換をさせることに支障がある特段の事情」の2つを挙げています。

    因みに判決には上告人の為人や仕事ぶり、病院側との関係の良し悪しに就いては何も言及されていません。
    補足意見には人間関係である種の状態を仄めかすような記述もありますが、個人の主観による事柄(好き嫌い等)は業務評価の判断材料にはなり得ないということでしょう。

    さてトピ主さんにお答えします。

    >皆さんはどう思われますか?

    個人的には「給料分働いてない人」なんてどこにでも一定数居ますし、100%の状態で仕事が長期出来なくなる可能性はいつでも誰にでも起こり得ると思ってますので、妊婦さんに限らずそういう状態の人が状態に合わせて働ける環境は大事だと思いますね。

    ユーザーID:4181414917

  • トピの趣旨とはズレますが

    このトピが一番近いかなと思って。

    現在、私の職場は繁忙期であります(10月〜12月。今がピーク)
    フルメンバーでもてんやわんやなこの時期なのですが、産休中が4人、妊婦が1人で(来年産休予定)、しかも信じられないのですが補充はなし。
    職場のほぼ3分の1が不在、もしくは無理をさせれない状況なので、当然その負担は他のメンバーに。そのうち3人が子供のお迎えなどで残業できないので、残りのメンバーが残業してカバーすることに。ほぼ半分です。

    そんな調子なので、毎日急ぎの分の作業を済ませるだけでやっとです。
    毎日数時間の残業を週6日(繁忙期は土曜日も出勤。祝日は休み)しています。

    立ち仕事なので疲れはたまり、1日の休みでは疲れがとれません。
    通常の繁忙期でもそんな状態なのに、今年はそれプラス体調不良になる人が続出しています。私も、先日の日曜日急に発熱と全身の痛みで動けなくなり、月曜に医者で診察したところ腎盂腎炎と診断。
    今日まで3日間会社を休み、点滴を受けようやく回復しました。明日からは仕事に復帰出来そうでホッとしています。(続く)

    ユーザーID:6172777257

  • 降格を受け入れられないのは100%を求めているのと同じでは?

    100%を求めてないって言いますが、じゃあ、先日のマタハラ裁判の事例は?
    妊娠を機に軽作業の部署に自ら希望して、異動したら降格になりました。
    その降格を受け入れられませんって話でしょ?

    軽作業の部署へ異動ってのが叶ったのに降格を受け入れられないってのは
    100%を求めているって言わないのでしょうか?
    この女性は降格による管理職手当ての賠償を求めているそうですから、
    収入減を受け入れられていませんよ?

    先にあげた例だって、お金を管理職に置き換えたって十分に通じる話です。
    それでもありもしない例えで貶めているっていうのでしょうか?

    ああそれと、別に産休・育休取っている女性が全てそうだと言っている訳では
    ないですよ。
    えうぃさんは求めてないかも知れませんが、先の裁判の女性のように求めている
    人に対してですよ。

    ユーザーID:2309777242

  • 妊娠=働いていない がそもそもの間違い

    妊娠出産〜育児休暇中は働いてない?

    出産育児って立派な社会貢献です。
    社会貢献活動は立派な労働です。

    そのことを理解していない男女が多過ぎる。
    企業もだがね。

    私が働いている会社でも社会貢献費用は会社側が積極的に捻出しています。
    そこから育休している人達に渡せば済む話じゃないのかな。

    企業が社会貢献費用を出してないのなら無理だろうけどね。

    人がいるから社会(国)が成り立つのであって、社会(国)があるから人は生まれてくるのではないよ。

    そこんとこ理解してる?

    もうちょい先見の明ってのを養うべきじゃないかい。


    もし出産がなぜ社会貢献に繋がるのか理解できない人は次世代育成って言葉を考えてくれ。

    ちょい横に逸れるが、共働きの夫婦の生活時間で仕事と家事の平均の合計時間は女性が2分多いらしい。
    共働き3歳未満の子供が居る家庭では仕事・家事・育児の平均の合計時間は女性が17分多いらしい。(総務省統計局調べ H.18年)

    少し古い平均だが男性は女性より働いていないってことさ。

    一緒にもうちょい頑張ろうか、男性諸氏…

    40代男性より

    ユーザーID:3762170158

  • う〜ん

    >専業主婦天国の日本

    専業主婦の割合が一番高いのが1975年頃。
    戦後の高度経済成長で産業構造が変わる中で、地方から都市部への移動・雇用形態の変化・家族構造の変化の中で専業主婦は創られていった。
    確か、一番高い75年頃の割合よりもその頃の米国の専業主婦の割合の方が高かったと思う。
    当時は「奥様は魔女」などのTVドラマで豊かな生活・専業主婦の優雅な暮らし・豊かなアメリカって憧れていたのだから。

    専業主婦ってそんなに長い歴史のあるものではないし、
    専業主婦という括りが、103万以下のパートも含んでいるので、わかり難くなっているからだと思うけど、
    >働く状況
    に限っていえば働いているよね?
    103万以下のパートって所得税等支払ってはいないけど。

    ユーザーID:8143154901

  • そもそも

    そもそも、マタハラの加害者って ほとんどが女じゃない?

    少なくとも自分の会社では そうですし、

    私には義理の姉が2人いますが、両方とも職場の同僚女性に苦しめられたと言ってますよ。

    反省すべきは、妊婦さん周囲の女だと思います

    ユーザーID:8123425816

  • 男性の仕事は、責任が重いのですよ

    >少し古い平均だが男性は女性より働いていないってことさ。


    その論法は、浅はかな詭弁だと思いますよ。

    総合職の男性のほうが、一般職の女と比べて、責任も負荷も大きいのは自明の理です。

    その責任の重さに応じて、賃金も決まってくるのです。

    ユーザーID:8123425816

  • 困るわ

    マタハラの加害者って、妊婦さんも含まれていると思いますよ。妊婦様が多すぎます。周囲の人たちは、相当我慢しています。でも我慢にも限界があるんですよ。

    周囲の女性に苦しめられた…、とか妊婦の周囲の女性が反省しろ、だとか。よく見えてませんよね。男性は見てみぬふりをして、女性陣に丸投げしてるんです。男性は関係ないとでも??この状態で女性だけに反省しろ…ですか。だから妊婦様が増えるんですね。

    ユーザーID:2065567773

  • 論じる以前の問題

    >男性の仕事は責任が重いのですよ

    私が書いたレスを理解してください。

    ※人がいるから社会(国)が成り立つのであって、社会(国)があるから人は生まれてくるのではないよ。

    この文章を読んで理解出来ないようなら論じる以前の問題です。
    言葉を交わす意味がありません。

    あと
    >総合職の男性のほうが、一般職の女と比べて、責任も負荷も大きいのは自明の理です。

    んー、説明しないと自分の犯したミスに気付けませんかね。
    まぁ気付けない可能性が高いので、私も当たり前のことを書きますね。

    総合職のほうが、一般職と比べて、責任も負荷も大きいのは自明の理です。
    その責任の重さに応じて、賃金も決まってくるのです。

    40代男性より

    ユーザーID:3762170158

  • そうなんだ

    私のまわりでは優秀で美しい女性ほど会社にしがみつくことなくやめっちゃってるからねー残ってるのはふつーの人ばっか。

    ユーザーID:5372286059

  • 時間的には女性の方が働いている

    >ちょい横に逸れるが、共働きの夫婦の生活時間で仕事と家事の平均の合計時間は女性が2分多いらしい。
    >共働き3歳未満の子供が居る家庭では仕事・家事・育児の平均の合計時間は女性が17分多いらしい。(総務省統計局調べ H.18年)

    >少し古い平均だが男性は女性より働いていないってことさ。

    あくまでも時間的にはね。
    家事の平均時間なんて、TV見ながら食器洗いや洗濯物たたんだりしてるようなのもカウントしてるんだろうし、どこまで信憑性あるのか微妙ですが。

    >総合職のほうが、一般職と比べて、責任も負荷も大きいのは自明の理です。
    >その責任の重さに応じて、賃金も決まってくるのです。

    であるからして、統計的には「共稼ぎ」であっても男性の総合職率が高いのはこれまた自明の理なわけで、総合的に男性の方が責任も負荷も大きいんじゃないですかね。

    ぶっちゃけいうと、時給800円のパート労働1時間も、月収50万の総合職の労働時間1時間も、「時間」だけで抽出すれば同じ1時間ですが、それを同じ土台で比較するのは乱暴なんじゃないかなと個人的には思います。

    ユーザーID:9161420791

  • 人権のバランスが大切ですよね

    「妊婦の当然の権利だー」って叫ぶだけではダメですよね。

    自分と同じように、周囲の方々にも人権がありますからねぇ〜

    ユーザーID:3988377437

  • 夫のぐち。

    私たち夫婦には子供がいません。不妊治療をしているのではなく、妻の私が仕事上、出張が多いからです。
    今月、夫の課で忘年会をすることになり幹事は26歳の独身男性。同じ課に妊娠6ヶ月?の女性が働いていて当然欠席と幹事くんは思っていたら、
    「行くわよ!もちろん!ワインだって毎晩グラス一杯呑んでるし!」と言われびっくりしたそうです。居酒屋の座敷なので、二、三人増えても
    全然構わないのですが、妊婦の彼女は、やれ検診だ、やれ雨が降っていて転びそうで怖いから休みます!が本当に多く、独身男性や子供無しの夫は、妊婦とは身体が大変なんだろう、と思っていたら、忘年会は出席。例え座敷といえども普通来るかなあ?と課内で話題になっているそうです。別に彼女を嫌って居酒屋の座敷にしたとか、来るなとは
    思ってないのです。でも妊婦だし、安定期?だそうだけど出席するものですか?私にはわからないです。マタハラ。

    ユーザーID:7150572861

  • 困りました・・・

    マネージメント職、男性です。
    今まで部署では3名の妊娠を経験。
    出来る限りの対応を行い、皆、無事出産。
    復職してます。
    だからマタハラとは無縁と考えてました。

    そして今回。勤務態度、適性に問題があるため
    別部署への異動を検討中の女性が妊娠しました。
    その後、母体への影響も考え、
    人数が多く、仕事量も軽くなる部署への異動を
    打診したところ、数日後「マタハラ」として対処すると
    いう返答を受けました。
    「慣れてないので自由が利かない」と言われ絶句しました。

    現在、経験者3名に行ったことと同様の対応を
    求められてます。

    ただ彼女と3名には大きな違いが2つあります。
    一つは能力差。
    単純な比較は難しいですが、3倍以上の差。
    もう一つは、周囲からのコンセンサス。
    以前から権利ばかり主張をしていたので、
    周囲の不満は蓄積されてます。

    このまま、彼女の主張を受け入れるのは、
    会社・職場としても難しいと考えてます。
    どうすればいいのか、法律的にも検討中です。
    マタニティーハラスメントも、それぞれの状況で違うことを
    今回の件でよく認識しました・・・

    ユーザーID:2411006553

  • 女同士で、責任をもって解決するべき問題です

    トピ主のご意見には、う〜ん…!?っていう感じです。

    ココはネットの掲示板ですので、各人が真摯な意見を表明することができますが、
    実際には 被害者意識の強い女に対して、直接注意できる人は 限られると思います。

    特に マタハラ!セクハラ! などの決めつけによって、男性は一方的に悪人にされてしまいますので、
    男性諸氏にとっては「さわらぬ神にたたりなし〜」で、表立って注意することはしませんから…
    弱者ポジションからの身勝手な言動によって、男性の真っ当な正論がかき消されてしまう現状は、なんだか残念ですよね。


    こういった問題は、むしろ女同士で責任を持って解決すべきではないでしょうか?

    ユーザーID:9419346053

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧