親にとって未知の道を歩もうとする子

レス23
お気に入り48
トピ主のみ2

こまじろう

子供

小2の子どもがいます。
ほんの軽い気持ちで始めたピアノにのめり込んでしまい、本格的にやりたい、と言い出しました。

とりあえず、電子ピアノだったので生ピアノに買い換え、先生もコンクール指導向きの先生2名に師事する事になり、練習時間を確保するために通信教育を中断しました(学校の学習にはついていけています)。

問題は、親が音楽未経験な事。楽譜こそ読めますが先生の言うことはさっぱりわかりません。
加えて、こんな親に育てられて、ずっと廉価な電子ピアノで練習してきた子ですから、音楽的才能があるとも思えません。
先生方は子どもの「コツコツ努力する姿勢」「上達したい情熱」を評価してくださるのですが、きっとそんなに上達しないような気がします。根拠はありませんが。

親が未経験な分野に進もうとするお子さんをお持ちの方、実際に進んだ方、どう応援してやれば良いのでしょうか。
正直、普通に勉強して、大学に入り…と親が通ってきた道を進んで欲しいです。

ユーザーID:0959958889

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 子どもの人生は親が決めちゃいけない

    親御さんなら大学入って、人並みに・・・なんて思うでしょうね。うちの親も安定を求める人間でしたから(笑)
    私は30代ですが、大学こそ入らなかったけど、親の望むような職業に就いています。けど後悔はないにしろ、年の離れた妹(現在大学生)には同じ思いをさせたくないなと思いました。
    うちの母も「若いころは反抗したけど、やはり親の言うことに間違いはなかったと年をとって痛感している」と口癖のように言いますが、それはいろんな経験を経て今思うこと。母だって妹の年齢の時には親の反対を押し切って上京し進学したそうです。親としての思いをはせることはいいけれど、それを強制することは違うと思う。親の方が先に亡くなるのに(順番的に言えば)、子どもの未来を決めつけてそのことに対して責任を取れるのか?子供はあなたの遺伝を受け継いでいるけど、クローンじゃない、1人の人間、意志を持った人間なんです。
    音楽に携わることは経済的な負担もあるでしょうけれど、可能な範囲で本人の意志があるうちはやらせてあげて欲しいです。もちろん投げ出さずにやることを条件にね。

    ユーザーID:1380399564

  • 親が道を示す必要はないと思います

    親の未知の道
    いいではないですか
    そのために先生がいるのですから

    後の問題はお金だけですよ

    ご夫婦でその上限を決めれば良いと思います

    ユーザーID:5747159980

  • 「やるなら勉強と両立」でいいのでは?

    小2なら、ピアノに傾く生活はさせない方がよいかと。
    これが中学くらいで、しかも周りから「才能がある」と言われているわけじゃないんですよね?
    だったら習い事は増やしても、「ピアノやりたいなら成績を落とさないことを約束ね」と言った方がいいですよ。
    本当にピアノがやりたいなら、勉強も一生懸命やりますよ。

    学生時代に、「プロ○○」になるために高校へ行かずに特別な学校に行った子とかいましたが・・・
    プロになっている子は知っている中にはいないです。
    せめて高校くらいまでは勉強を両立を、と思います。だって社会に出てもつぶしがきかないし。
    今はだらだらフリーターとかしてるんじゃないかな。

    ピアノを減らすように言うと反抗されると思うので、「やりたいなら両立」が一番いいと思います。
    先生方からすれば、習いたいとレッスンを増やす子供は金の成る木ですから、あまり聞かなくていいです。
    本格的に力を入れるのは、コンクールなどで入賞してからでいいと思いますよ。
    子供も現実を知れば変わると思いますし。

    ユーザーID:8507804289

  • 勉強も続ける

    フランスのオペラ座だったか、バレエのプロを育てる学校では、勉強も厳しいそうです。
    万が一バレリーナに慣れなくても、きちんと大人として社会に出られるようにすることが大事だからです。

    お嬢さんも、ピアノを本格的にやるのは勿論いいことですが、勉強を犠牲にしてはいけません。
    ピアニストとして生計を立てられるのは、ほんの一握りの人だけです。

    勉強をちゃんとするならピアノを続けてもいい、という風にした方が良いですよ。

    私の知り合いの子は、スポーツのプロを目指して毎日厳しい練習をしていますが、空き時間で勉強して、ものすごく成績優秀です。

    また、ピアニストを目指していて、今はピアノの先生をしている友人は、大人になって常識的な知識が足りない事に気付いた、もっとちゃんと勉強すればよかった、と言ってます。

    子供のやりたいことは応援した方が良いと思いますよ。勉強とは両立できますから、勉強は犠牲にしないのが子供のためです。通信教育はちゃんとやった方が良いです。

    ユーザーID:9993831199

  • ひどくないですか

    あなたのお子さんでしょ。「上達しない気がします」ってお子さんが聞いたら、どう思いますかね。やりたいだけやらせて上げればいいじゃないですか。自分の子供でもないですが、頭に来ました。

    ユーザーID:4226949660

  • 私がそうです

    私は、初めてピアノを見た瞬間から、これを一生やるんだということが分かりました。場所は幼稚園の教室です。
    うちの両親は、全く音楽知りません。母中卒、父高卒ですし。

    親が無知すぎたため、近所の大手の音楽教室のグループレッスンにずっと通っていました。物足りなさは、かなり感じていました。
    中学生になり、この世には音楽高校があるということを知った時は、遅すぎました。行きたかった。
    私の場合は、中学から先生を替え、高校から、大学のオープンキャンパスに通い大学の先生に付きました。

    大学は私立の音大に入学し、3.4年時は特待生になれました。
    31歳で恵まれた結婚をし、今は学校の講師やってます。

    音楽は、お金がかかります。でも、就職はあまり役に立ちません。
    正直、将来は教師になるかもしれない覚悟や、早めに結婚相手を見つける覚悟が必要だと思います。

    でも、ごくごく稀に、ピアニストになれる場合もあります。
    そういう人達は、留学もしてます。

    ユーザーID:9392572563

  • 我が子がそうです

    娘達はなんとなくわかるのです。
    でも、息子は親とは全くタイプが違います。現在は小3です。
    その分野では、次々受賞します。
    幼いうちは、好きな事をやらせてあげようと思い
    本の購入やお稽古の選択は、幼稚園時代から本人に任せました。
    私は、自分が勉強しました。でも、とても追いつきません。
    結局、専門家にお願いしています。

    息子はもともとの地頭は悪いのですが、好きから学力を伸ばしました。
    読書の幅も広がっています。
    彼は、自分の人生を自分で選ぶせしょう。

    トピ主さんも不安があるでしょう。私も手探りですが、
    好きな事を徹底して思う存分やってきたことは、
    長い人生の中で決して無駄にはならないと思って、頑張っています。

    ユーザーID:6253959592

  • まだつぶしがきくでしょう

     うちなんて下方修正ものの進路ですからね(笑)

     長男は発達デコボコなので、まず私と同じ道はいかないでしょうし、夫と同じ道に進めるかも怪しい。とはいえ、運動能力はそこそこ高く、器用なので案外道は開けそうです。
     一応定型発達の次男もいますが、こっちは平均的な感じなので選択肢は若干多いかなとは思います。

     まあ、1つだけ言えるのは、長男も次男に対しても親と同じルートを進んでもらいたいとは思いません。行きたきゃ行けばいいし、違う道がいいならそれもよしです。
     親ができることは行きたいルートに行くためにはどうしたらいいかを自分で考えさせること・それに伴って発生するお金を支払うことでしょうね。

     仮に、全力でやってそれで夢破れてしまったとしても、経験上その方が後悔はありませんよ。夢破れても、楽器を作る人、楽器を管理する人、コンサートホールを管理する人、ピアノ講師など、そういう道を選ぶかもしれませんし。


     それに、この今時ニートがあふれ返っているのは、普通に勉強して、普通に大学行った人があぶれたからですよ。トピ主さんの時代のような大学行けば就職は安泰な時代とは違うんです。

    ユーザーID:9955001659

  • 子どもの人生

    私の父は、好きな事やりなさい。
    外国でもどこでも行きたければいっといで。
    あなたの人生だから。って感じの親でした。

    でも私は普通の中規模の会社の会社員を経て、専業主婦です。

    今思うと、それってありがたい言葉だったんだって思います。

    私を全面的に信じて任せてくれたんだって。
    親の人生と子供の人生は別だって教えてくれました。


    主さんの気持ちはわかります。
    親になってそういう気持ちがあるのも事実。
    でも父の様に子どもの人生は子どもが決めるべきと思っています。

    やりたい事を見つけるのは簡単なようで難しいし、出会えてラッキーだと思います。モノにならなくてもいいんです。
    それだけ必死に一生懸命生きられるのですから。

    でも、一つだけ条件を出します。
    将来、自分で稼いで食べられる仕事に就きなさい。と。

    親は何の援助もしないと。(学費は出します)
    好きな事だけでは、ご飯は食べられないと教えます。

    今は小2だから、わからないと思いますが、中学生になったら理解できると思いますよ。

    ユーザーID:7093511657

  • えっとですね。

    朝昼晩の三食とおやつを食べさせて、早寝早起きさせてました。勉強と遊びもしっかりさせて、病気をしないように家の中は清潔に。家では子供が充分に休めるようにしました。あとは子供にプレッシャーを与えないように。

    ユーザーID:6748902071

  • とてもよく分かります。

    私もトピ主さんと同じように、
    音楽をやっていないばかりか、
    楽譜さえ読めません。

    ちょっと楽器を楽しめればそれでいいかくらいの気持ちで、
    ピアノを習わせていましたが、
    ちょっとしたことがきっかけとなり、
    ピアノからパイプオルガンに転向することになり、
    生活が一転しました。

    ピアノとオルガンの違い、楽器の仕組みから成り立ち、
    楽曲の違い、歴史、宗教、音楽家達とのお付き合いや。。。などなど、
    娘だけではなく夫も巻き込み家族でさまざまな勉強をしてきました。

    娘は音楽が好きというだけで、
    特別な才能を持っているようには思えませんが、
    周囲の人達から大切に育てていただき、
    本人の実力に合った環境を与えられ、
    楽しく続けています。

    子どもというものは、成長するにつれて、
    親が思ってもみなかったことを始め、
    それを家庭に持ち込んでくるんですよね。

    そして、家族でさまざまなことを学んでいくんです。

    ただ、こういうことは上限がありませんから、
    親として大切なことは、限界をきちんと決めておくということでしょうか。
    お子さんに目をかけて下さる指導者達と良い関係を続けていくことも大切ですね。

    ユーザーID:9712135181

  • びっくりです

    >>電子ピアノだったので生ピアノに買い換え

    どうせモノにはならないと思ってることに、ここまで注ぎ込むなんて。
    私なら「生ピアノ買ってやったんだから、せめて音大いけよ」くらいのプレッシャーは掛けそうです。

    普通に音楽やって音大に入り、音楽関係の職場に就職するよう求めればいいんじゃないでしょうか。
    行く大学が「普通科」か「音楽科」か、くらいの違いしかありません。
    ピアノをやってるって、そんなに特殊なことでもありません。

    未経験なことを理解したいのなら、経験済みのことと、重ね合わせればいいんです。
    ちょっとした想像力があれば簡単です。

    「コツコツ努力する姿勢」は何をやるにも大事なことでしょう?
    親として、そこは大事にしてあげたいですよね?
    先生と相談して、手の届きそうな目標を立て、達成したら褒めてあげましょう。
    そして「ここまでがんばったんだから、もう、いつ止めてもいいよね」のひと言も。
    あまりにのめり込んでしまうと、止めたくなっても言い出せなくなることもありますので。

    いずれにしろ、小学2年生の本気がどこまでやら。
    あまり必死にならず、おおらかに見守ってあげてはどうでしょう。

    ユーザーID:8451985330

  • 小3から

    我が家でも二人の子供を音楽教室に通わせています。

    まだ小2ですから、楽しく続いているかもしれませんが、小3から、年齢で言うと10歳くらいから本格的なレッスンに入ります。

    徹底的に指の訓練をします。

    9歳くらいまでは、耳を養ったり音で遊ぶ感覚ですが、10歳からはレッスン内容ががらりと変わります。

    先生から認められ、コンクールに出場するようになると今後は2カ月に1回は発表会などイベントに出るようになると思います。

    音楽の世界は厳しく、上には上がたくさんいます。

    でも、素晴らしく芸術的で平和な世界でもあります。

    未知の世界は心配で不安だと思いますが、とりあえず小学生時代は先生にお任せして良いのではないでしょうか。

    中学生になり、勉強や部活で忙しくなると音楽への道を本人が良く考えるようになります。
    その後は、ピアノ以外の道(バイオリンなど別の楽器や指揮者、音楽の先生など)が開けるかもしれませんし、どっちみち大学へは行った方がいいので、勉強との両立も大事になってきます。

    ユーザーID:6619308325

  • 親にとって未知の道を歩む子の方が多いんでは?

    うちの子は私が高校時代にやっていた部活を幼少の頃からやってますので
    習い事に関しては全く知らないわけではないですが
    かなり専門的にやると言う点では知らないことが多かったです。

    ですが周囲のお母さんで経験者ってかなり少ないです。
    のめり込む人も、放置する人も、本人の自主性に任せる人もいますけど
    大事なのは親としての信念を持つことだけじゃないですか?

    あまり上達しないと思うのだったら
    成績のキープを条件にするのがいいと思いますし
    家としてはここまでのお金は出せるけどそれ以上は無理とかの線引きも必要です。

    習い事仲間でも、全日本クラスなんてとんでもないってレベルなのに
    勉強も全く出来なくて進学で困ってる人達たくさん居ましたよ。
    不思議なんですが真ん中辺りの成績の子ってあまり居なくて
    非常に出来るか、全く出来ないかに分かれてました。
    競技の性質上、頭で考えることで何とかなる面があるので
    完全に運動神経頼みの子と、頭で何とかしてる子が居るからかもしれませんが。

    上手くいけば両立して厳しい時間をやりくりするのも身につきますよ。

    ユーザーID:7956090024

  • そのままでいいです

    調律師として沢山のお子さんの成長を見てきていますが、トピ主さんのお子さんのような子が一番素晴らしい演奏をされます。親が音楽に無頓着な人ほど、子供に練習を無理強いしたりしないので、ちょうど辻井さんの幼少期がそうだったように、実に伸び伸びとまるでおもちゃで遊ぶようにピアノを弾くのです。つい昨年も、小3から存じているお子さんが高校生になり、ラフマニノフの2番のコンチェルトを立派に演奏して動画サイトデビューしました。彼は最初の先生が優しすぎて物足りないと自分で言ってきて、小5の時からコンクール向きの先生にずっと師事しています。とにかくピアノを弾くのが大好きで、PCでもいつもゲームじゃなく音楽をダウンロードして聞いていたそうです。
    対照的に、なまじ親が熱心だと逆に子供は正確な演奏をしますが、無表情なモーツァルトが聞こえてくる子も目にしています。

    将来、お子さんが音楽の道に進むかどうかはわかりませんが、無理せずそのままの姿勢で大丈夫です。いい先生が導いてくれるでしょう。

    ユーザーID:4822195513

  • 小3なら同時進行で

    息子がまあまあの中高一貫の進学校に通っていますが
    ピアノが全国で金賞とか、バイオリンで都で上位に入ったとか
    そんな子がいますが、基本勉強第一の学校で
    その子たちも「理系」だそうです。

    ということで、勉強地音楽、同時進行で良いのでは?

    音楽系の学校ではなくあえて普通科に行かれると
    良いと思います。

    私自身デザイン系出ていますが、高3まで音楽やっていました。
    ピアノとブラバン、確かに勉強はおろそかで
    受験は失敗気味でしたが(なんとか大学は入りましたけど)
    同じ部活の友人は皆早慶レベルに入っています。

    ユーザーID:7208734388

  • ははさん同様

    衣食住満たして、子供の話を聞くだけでいい思いますよ。親が知らない分野ならなおさら「すごいすごい」とおだててやれば大抵の子は勝手に上達します。

    芽が出るかでないかは中高生くらい。そこから進路をどうするかじっくり聞いてあげてください。そんな時こそお父さんの出番だよ。

    ユーザーID:2194289412

  • ピアノと勉強は両立させた方が良い。

    ピアノを本格的にやっといる子は、勉強もしっかりやっている子が多いです。
    将来的に音楽で生きていくにしても、音楽以外の道に行くにしても、学力が必要だからです。

    ある程度の学力がないと音大には行けないし、留学も出来ません。プロの演奏家になれなくても、音楽教師や音楽関連の仕事に就く道はありますが、やはり学力が必要。音楽をやめるとしたら、尚更。ピアノに集中したい為に、あえて中学受験する子もいます。

    どちらに転んでも勉強は必要。コンクール直前等は別にしても、普段はしっかり両立しましょう。

    ユーザーID:8416567908

  • 森下洋子さんのお母様

    有名なバレリーナのお母様の事ですが
    「お金は出して口は出さない」という主義だったそうです。

    本人に並々ならぬ意欲があり、本物の指導者(エセも居ます)が導いているのなら
    基本的には先生にお任せして
    主様は基本的躾、常識を教え(芸術家には非常識な人が多いので)
    病気をしないよう食事と睡眠に気を配り
    経済的バックアップをすれば良いのでは?

    ただ金額の上限はある程度決めておきましょう。
    音楽はお金をかけようと思えばいくらでもかかります。
    「ウチはここまでなら」という目安をご主人と話し合っておきましょう。

    無理に音楽の道に推し進める必要は無いですが、
    普通に勉強して大学に入っても就職が保障されないのが今の世の中です。
    本人が本当にやりたい事があるなら、
    親のくだらない思い込みで足を引っ張り未来を潰すのはナンセンスこの上ないですよ。

    主さんは音楽に関して未経験で無知なんでしょう?
    ならお嬢さんが上達する素質があるか、分からないでしょう?
    分からない事に関しては謙虚になりましょう。
    根拠無く娘さんを過小評価する親を持つ娘さんが憐れです。

    ユーザーID:3507242855

  • トピ主です。

    皆さん、温かいお言葉、ありがとうございます。
    衣食住とおだてる、肝に命じます。

    両親は数学挫折組で、息子の才能にワクワクしていましたので、ピアノかよ〜、とちょっと残念です。本音です。
    譜読みも、分数の足し算を教えたらさらっとできるようになりました。数学に興味をもって欲しかった…。

    ちなみに、一つだけ条件を出しまして、晴れてる日は外で友達と遊ぶ、です。練習はそれ以外の時間でやらせてます。

    親は某国家資格有りつぶしの利く職に就いておりまして、ピアノをどーんと買えたり(ちょっとした車ぐらいしますね。びっくりしました。)3万超のお月謝も払える経済力はあります。
    かといって親の金をあてにしてダラダラ続けられると困ります。下にも2人いますし、いつまでも三人も養えません。

    でも、小2でとやかく言うことはないようですね。今は見守ります。
    勉強トップクラスでなければ維持するでしょう。普通の公立ですし。

    ユーザーID:0959958889

  • 教えて下さい

    ややトピズレですが、音楽関連の方にも閲覧していただいているようですので、教えて頂きたいことがあります。

    正規のお月謝以外の先生への謝礼です。
    子どもは個人教室ではなく、数十名の講師が在籍する音楽教室のピアノレッスンを受講しています。お月謝は教室に払っています。
    A先生は週に2回のレッスンで、曲選びやアレンジ、著作権関連の手続き等、明らかに持ち帰り残業をしていただいています。
    B先生は教室から招聘された方で、1年間限定月に1回のレッスンです。子どもが憧れて尊敬してやまない、プロの演奏家でもあります。

    お歳暮やコンクール等の節目にお礼を、とも思うのですが、どの程度のものが妥当でしょうか。

    ユーザーID:0959958889

  • 音楽の道はめちゃめちゃ厳しいです

    音大出身の知り合いは多いのですが、お金かかりますよね。
    ピアノ科に行くような感じだと、著名な講師の場合1回のレッスンで
    1万〜2万のお礼は包みます。

    うちの親は無理だと言う事で中学に入る頃には諦めて
    街のヤマハにうつりその後ブラバンへ行きました。

    ピアノ続けていた友人はセレブ志向になり
    実家も裕福な場合が多いのですがつりあいのとれる相手がいないようで
    すべて未婚です。

    教職をとってもなかなか正規の職にはつけないそうで
    結局大学に入り直して国語の教師になった子はいますが
    モラトリアムが長すぎたかやはり未婚。

    この不況時にピアノはなかなか挑戦ですね。
    今はピアノ習う子が減っているので
    お教室は静とは争奪戦だと聞きます。

    ということで両立ですね。
    進学塾にも行かせてあげて。実家が資産家ならね。

    ユーザーID:7208734388

  • いいんじゃないですか。

    うちの親のケースとソックリです(笑)。

    私の親は音楽を知らない、平凡な家庭でした。
    私はピアノを習い始め、その道に進みたいと思いました。
    が、音楽の道はお金がかかるので、ある程度進んだらピアノは辞めさせられ、
    勉強するように方向転換させられました。

    私は数学はトップクラスでした。
    楽譜を読むのはIQと関係があり図形認識力も発達します。
    私は学校のピアノで練習し、ラジオのクラシックを聴き、
    親に隠れて音楽を勉強しました。

    ベートーベンはナポレオンのファンだったとか、
    貴族から市民の時代になり、音楽も変わっていったとか、
    歴史や芸術論の本も読みました。
    ヨーロッパに憧れ英語やドイツ語の本も読みました。

    大人になってもあきらめ切れず、働きながらピアノを再び習い、コンクールで入賞、
    現在ピアノ教師をしています。
    音大を出ないで無理と言われますが、食べていけてます。

    夢を追いかける人って、とことん、やっちゃうんですよ。
    一芸に秀でれば、すべてに通じます。
    だから「中途半端にやるな。とことんやれ」
    と、言ってあげたら?
    博学な先生に出会えればいいですが。
    子供さんを信じてあげて下さい。

    ユーザーID:0143437572

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧