母親に捨てられ幼子だった私

レス54
お気に入り292
トピ主のみ8

小公女

健康

母親が亡くなりました。
その時叔母から母親に父以外の思い人がいたことを知らされました。
その話を聞きながら、
「ああ、あれは夢じゃなかったんだ。」と記憶のふたが開きました。
忘れていたのです。

3歳の私に「好きな人がいるからその人と暮らす」と言い、駅に向かう母。「おかあちゃん行かないで!」と泣きながら追う私に非常にも母は「帰れ」といい放ち行ってしまった。

時間の経過はわかりませんが、母の兄に連れ戻され説得され、又一緒に父母と暮らすことができるようになりましたが、3歳児には過酷だったせいでしょう。

私は、すべて夢の中の出来事のように忘れて行きました。

暫くは母が居なくなる夢、死んでしまう夢を泣きながら見続けました。

その後の生活は「私はこの子のために好きな人と暮らせなかった。」という思いがあったのでしょうか、私には厳しく、その6年後生まれた妹には甘い甘い母でした。
その理由はその時はわかりませんでしたが、母が亡くなってからよくわかりました。私は母の人生にとって、邪魔な子供だったのです。

亡くなってしまった母親をいつまでも恨みつづけてはいけないのは自分にとって良くない! とは思います。

どう考えれば、母への恨みの気持ちを忘れる事ができますか?
心理学に詳しい方お願いします、助けてください!!!

捨てられ心が壊れていた私。記憶に無かったので、母が亡くなるまで、私はあんなに母の望むとおり、旅行や親孝行をしたり、死の間際は病院に泊り込んで看病した。
酷いです。母は私を騙し続けたのです。
馬鹿みたいです、私は母にとうに捨てられていたんです。
母の死後、母に対して怒りの気持ちしかもてません。
どう、考えればこの心を整理する事ができますか?

ユーザーID:1349354533

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数54

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 優しいですね

    >私はあんなに母の望むとおり、旅行や親孝行をしたり、死の間際は病院に泊り込んで看病した。

    お母様はトピ主さんが自分の子供できっとよかったと感謝して、かつて自分が犯した過ちを悔いているはずです。

    昔のお母さんは色恋で頭がおかしくなっていたんですよ。
    きっと。

    その後冷静になって、妹さんも生まれた。

    心の中では反省していると思いますよ。

    姉に厳しく、年の離れた下の子に優しいのは、長男長女の愚痴トピによくあるようにありがちな親子関係ですから、邪魔な子だったというわけではないと思います。

    ユーザーID:2299630439

  • だから、長生きできなかった

    トピ主様が、今の感情を持つのは当然だと思います。
    だから、心を整理する必要なんてないわ。
    トピ主様のお年が分かりませんが、お母様もまだ若いのに病気になって亡くなったのでしょ。

    言葉は悪いけれど、
    そんなだから、早く亡くなったんじゃないでしょうか。

    そう思えば腹も立たないです。

    ユーザーID:6615078877

  • 私は心理学者ではありませんが、、、

    恨みの気持ちがあるなら無理に忘れることはないと思います。
    あなたのお母様を反面教師としてお子様がいらっしゃるなら、あるいは将来母親になった時にそうならないようにすればいいのではないですか。

    とにかくお母様に対して怒りの気持ちがあるならそれでいいのではないかと思います。
    お母様のしたことは悪いことだったと思いましょう。そういう人もいるのです。そして自業自得、そのようなことをしたお母様ご自身が幸せではなかったと思いますよ。だって子供を捨てる母親が本当に幸せになれるわけないのですから。

    あまり考えすぎないように、辛い時は何か忘れられることをしましょう。何か夢中になってできることありませんか?スポーツジム、お稽古などなど。

    ユーザーID:6355557108

  • 辛かったね

    妹と絶縁出来ますか?
    妹と会えば、あなたが辛くなると思う。
    同じ子供なのに、、ひどいね。

    私も姉妹差別されながら育ちました。
    今は両親・妹と絶縁しています。
    3年目ですが、徐々に心が落ち着いてきました。
    妹と絶縁してよかったと思ってます。

    ユーザーID:2636813076

  • 叔母さんがいじわる

    叔母さんがいじわるです。もしくは軽率。

    今さら言ってどうするよ。

    主さんは叔母さんの話しを真に受け過ぎ。
    叔母さんの話しに振り回され過ぎ。

    わたしなら
    相手の男性に話しをききにいきます。父親にもききます。

    叔母さんが言ったことに振り回さずに
    よく検分しましょう。

    ユーザーID:8380092288

  • がんばってこられたんですね

    大変辛い思いをされて、がんばってこられたんですね。
    主さんが親孝行を頑張った気持ちの裏には、お母様からの愛情を受けたい、という飢えや渇きがあったのではないですか?
    私も母を亡くしました。母にも好きな男がいました。母の離婚を止めたのは小学生の私。母は 子供がいるから離婚しなかったんだ、親がいて感謝しろ、と私に当たっていました。小町で皆さんの様々な意見を拝見させて頂いて、離婚するかしないかを決めているのは、当人の問題であって、幼い子供に決めさせるのは、親の甘えだ、と今は思います。母に対しては、若かったんだ、と。相談する人もなく若くて、未熟だった。母には母の事情や苦しみがあった。私はそう考えることで、亡くなった母を今は恨んでいません。しかし、苦しくて苦しくて、一時電話相談の力を借りて、自分の中の負の思いを吐き出しました。理屈ではない、苦しみです。主さんも、吐き出した方がいい。お母様を恨みたくない気持ちも分かるけど、恨んでいいとも思います。恨んで泣いて、でも必ずその先があるから。

    ユーザーID:8085391235

  • 正しくそれは、

    反面教師です。あなたは、別の正しい人生を歩むべき。

    ユーザーID:7686639679

  • もし可能なら

    評判のよい心理カウンセラーさんに頼って、インナーチャイルドを癒やしてあげてください


    私が知っている心理カウンセラーさんは、東北の一番大きな市におりますよ


    検索すれば多分見つかります

    「森」と「らぶ」がキーワードかな

    ユーザーID:8035390259

  • カウンセリングを受けて吐き出して下さい

    似たような経験から、カウンセリングで立ち直った者です。

    カウンセラーを相手に、お母様への恨みつらみを思いっきり吐き出して下さい。始めの2〜3ヶ月は、トラウマになった出来事が生々しく心によみがえって、涙が止まらなくなったり、毎晩悪夢を見たりして、辛くてやめたくなるかと思いますが、我慢して続けて下さい。

    一年近く続けていると、まだまだ言いたい事は沢山残っている気持ちなのに、同じ話を何度も何度も繰り返す自分がなんだか馬鹿らしく思えて来ます。でもその同じ話をやめる事は、自分が独りぼっちになってしまうようで、怖くて出来ない事に気がつきます。こうなったら新しい自分に変るのもあと一歩です。

    次は、荒涼とした焼け野原のような場所に、風に吹かれて一人で立っている自分を発見します。そう、私は元々そうやって一人だったんです。一人じゃないと思っていたのは幻覚で,いつも母が私の側に付いていてくれていると自分で自分をだましていただけなんです。子供だった私は、独りぼっちの現実を認める力が無かったんです。

    でも、今の私は母が居なくても一人で生きて行ける大人なんです。母を恨んで愚痴るほど暇じゃないんです。

    ユーザーID:0379289147

  • トピ主さんのために戻ってきたのだから捨てたなんて思わないで

    お母さんにはとても優しいトピ主さんで、お母さんは幸せでしたね。

    トピ主さんを置いて出て行ってしまったのに、説得されて戻ってきたのは夫のためだと思いますか。
    子供がいるから、トピ主さんのために戻ってきたのでしょう。

    トピ主さんはお母さんがトピ主さんに厳しくて、妹さんには大甘なので自分は邪魔な存在だったと思っているように思います。

    私は長女なんですが、私の母は私には厳しく、妹には甘かったと思います。家事もほとんど私がやらされました。

    心理学に詳しいわけではないですが、友達から言われた事があります。
    母親と長女は、微妙な関係になったりするそうです。
    親子でも女性同士になったり、お互いに厳しい目でみたりするそうです。
    息子や他の女の子の子供と、長女は違うと言っていました。

    勿論そうじゃない関係もありますが、私は確かに母親を、一人の人間として、一人の母親として批判してしまう時があります。
    私には成人した娘が一人います。仲は悪くないですが、時々批判されるとあまり良い気はしないですよ。 でも自分の事を棚にあげないで聞くようにしています。

    最後に、トピ主さんは捨てられていません。

    ユーザーID:0889820844

  • 一緒にいても捨てられている感あり

    私は幼いころから母親の言うとおりにしてきました。
    唯一就職だけは違いました。
    しかし当時でいう自律神経失調症が引き金で、臨床心理士でもないうさんくさいカウンセラーと称する怪しい年寄り爺さんのせいで精神科通院を余儀なくされました。今は完全にそういう薬を安全に止めましたが、そのころから今までの私に対しての人権侵害があっても平気でそばにおりました。
    私なら子供が大事なので反論し、縁を切るようにしますがね。
    何もかも考えない、世間一般で言う肩書きに惑わされて本質をみようとしない馬鹿な毒親(両親共)

    結局は私には精神科で言う治療というものは必要ありませんでした。
    他の方法で心と体を自分で回復させました。
    腹の中では時折悪魔になってます。親に対して。親とも思ってません。
    毒親の本を調べて、セルフカウンセリングなりカウンセリングなりを受けてみてはどうですか?

    多少は私はやわらぎました。

    ユーザーID:1675778590

  • 怒ってもいい

    >酷いです。母は私を騙し続けたのです。
    私は母にとうに捨てられていたんです。
    母の死後、母に対して怒りの気持ちしかもてません。
    どう、考えればこの心を整理する事ができますか?

    こんなことされたら誰だって腹立たしいですよ。
    もう相手もいないんだから好きなだけ怒りましょう。
    恨んではいけない、怒ってはいけないと
    「制止」していると先に進めません。

    怒りを感じたら、それを発散させましょう。
    カラオケで大声で叫んでもいいかも知れません。
    いてもたってもいられなかったら走り回るのも。
    怒り、恨みを許してあげましょう。
    その行き場を作ってあげましょう。

    何年か、かかるかもしれませんが
    怒り・恨みを許して発散しているうちに
    きっと何かが自然と変わっていくことでしょう。

    何時の日か、
    トピ主さんの心に平安な時間が訪れますように。

    ユーザーID:0441130130

  • 天国のお母さんは、許されるまで、詫びている

    どちらの気持ちも、今は届かないですよね。

    生きていても、どんなに悲しい思いを伝えても、自己弁護して、分かろうとしない、不幸な母親も多いですよ。

    一昔前は、母親というだけで、どんなに子供を傷つけようと、尊い人と教わりました。
    ですから、母を嫌う心を押し殺して、親孝行する娘が多かったです。
    母親とケンカできる娘は、恵まれているぐらいでした。

    恨みは、自分の心を汚します。

    恨みの顔は醜いです。

    だから、自分で、自分の人生をプロデュースしましょうよ。
    そういう年齢でしょう。

    自分で生きているのですから。

    ユーザーID:5907754971

  • 複雑な心

    あなたに罪は無くても思い出すし、他にあたるところがなかったから。忘れてしまい、時間が解決してくれます。

    ユーザーID:0606761004

  • 説得して戻ったんだから

    あなたに愛があったんですよ。
    説得されても戻らない人だっていますよ。

    6才も離れている姉妹なら幼い分妹の方がかわいいですよ。
    平等に、と思って頑張って接している親が多いですが。

    あなたが親孝行したい、と思えた、ということはそんな悪い母親ではなかったんじゃないですか?

    あなたのことが好きだから一緒に旅行したかったんですよ。
    透きでも無い人と旅行行ったってつまらないですからね。

    ユーザーID:0957539169

  • 仏壇、お墓、写真に

    見たすら、思いの丈をぶちまけましょう。
    一日じゃ無理、一か月、半年
    一年、二年いい続ければいいんですよ。

    死んでしまったお母さんは反論しないのですから
    言い続ければいいんです。

    供養もしなければいいんですよ。

    そんな事をした人間には必要もないです。

    まず、言い続ければいいんです。
    捨てられた分の年月くらいは権利があると思いますよ。
    虐待された人間ならばね

    ユーザーID:0741950944

  • あなたには理解できない。

    子供を捨てた人の心理など理解できなくて良いのです。
    あなたは、どんなに辛くても、母親を捨てなかった。あなたは、捨てずに見送れた。素晴らしい人です。あなたは人を裏切らない人間です。あなた自身の努力や物事の受け取り方で、あなたは成長したのです。自己の欲求の為に人を裏切らない人間があなたです。理解などする必要はありませんよ。

    ユーザーID:7838959837

  • 辛かったですね

    辛かったですね。

    かなり辛い体験のようですし、「本を読んで」みたいな小手先のことでは難しいかもしれません。

    カウンセリングに行かれて、カウンセラーさんの手を借りた方が良いと思います。

    一口にカウンセリングといっても、様々ありますが「アダルトチルドレン」を専門にされているカウンセラーさんが良いでしょう。

    中でも「心理療法」が扱えるカウンセラーさんがおすすめです。

    ユーザーID:7128577422

  • 母も可哀想だった

    私ならこう考えます。
    というより実際、こう考えています。
    親は親という生き物であるとかあるべきって子供はそう拘ってしまうんですよね。
    でもそれで苦しいなら、親としてではなく友人という目であなたの母を見直したらいかがでしょう?
    結婚前に出会っていた運命の人、なぜ結婚ができなかったのか。
    それを知っていけば可哀想な部分もあるんだと。
    あなたも心から母親を親としては捨ててやりましょう。
    生きてる間に子供としてのやるべき事を全うしたしもう充分ですよ。
    母の生い立ちや青春時代を
    これから母を一人の女性として知っていくのは如何ですか。

    ユーザーID:8533850121

  • トピ主さんを愛していたんじゃないかな

    >「私はこの子のために好きな人と暮らせなかった。」

    そうでなはく、好きな人との暮らしを諦めてまでトピ主さんを愛していたからだと私は思います。本当にトピ主さんに愛情がなかったら、どんなに周りに説得されても家を捨てていたのでは。男を作って出て行ったのに、夫に頭を下げて戻るわけですから…相当の覚悟と意志だったはずです。

    トピ主さんに厳しかったのは、上の子だからというのもあるかも。一方、6つも離れた子は猫かわいがりするもの。他の家庭でもよくあることです。

    旅行や親孝行、看病…お母様はあなたに感謝していたと思います。「あの時この子と一緒にいることを選んでよかった」と思ったはずですよ。

    確かにお母様のしたことは最低。しかし人間だからそういう間違いもあります。お母様は弱いダメな人間だった。でもあなたを愛していたことには変わりない。とても不器用ではあったけど。

    本当に乗り越える為にはあなた自身が幸せになることが一番。色々あったけど全てがあって今がある。それに感謝できるようになった時、本当に赦すことになるんだと思います。

    幸せになって下さいね。

    ユーザーID:9981452294

  • お母様は

    騙しているつもりは無かったと思います。
    ※一度は自分の心に素直に家を出たのですから。嘘はついていません。

    特に貴女だけに厳しかった事も無かったのでは無いでしょうか?
    ※貴女は心からお母様の看病に向き合えたのですから。愛情は以心伝心だと思うのです。

    隠して(貴女が言う騙して)いたのは実際ご家族(親類)の方なのでは?と。
    ご親類の方々もあなたを傷つけないために、状況を悪化させない為にそうしたとおもます。
    あなたがお母様にされた行動は人として間違いでは無いと思います。
    実際お子様がいらっしゃるのなら、貴女のお母様に対する愛情の背中をきちんと見てくれたはず。
    あなたの功徳はちゃんと、大切な人の人生の徳になると思いますよ。
    もちろん貴女の為にも。

    詳しい事が分からないので間違ってるかもしれませんが、貴女様の文章を読んで素直に思った感想を書いてみました。

    ユーザーID:0014122607

  • ひどいのは・・・

    叔母がひどいだけですね

    母は結局家庭を選んだわけですよね


    しかし、あれですね
    6年後にもう一人産んでいるんですよね
    好きな人がいるのに好きじゃない人(夫)と関係を持つのもすごいですね
    夫を選んだのかもしれませんが、6年しか好きな人のことを思い続けなかったんですよね

    どっちつかずですねぇ

    ユーザーID:3313734000

  • それでよかったんですよ。

    記憶が飛んでいてよかったんですよ。
    そんな親でも、親は親、
    記憶があったら、もっと苦しんでいたと思います。

    捨てられた事実、
    そして、優しくなれないだろう自分に。

    妹に甘くて腹立たしかったかもしれませんが
    その分自立も早く、現在申し分なく暮らしているのではないですか?

    母に捨てられたという事実は、非常に残念ですが
    トピ主が今の状況で生活しているのは
    破天荒は母がいたからともいえます。

    出来るだけの事はしたトピ主です。
    悔いはないでしょう。
    お母様の事は、忘れて幸せになってください。

    ユーザーID:2277302575

  • 親を分析してみる

    母親だと思うから恨みたくなるんですよね。
    これを1人の人間として十分検分してみる。
    性格や育った環境、生い立ち、考え方などを分析してみると
    善し悪しはともかく行動に納得が行くんです。
    人としてどうかではなく、どういう人間だったか分析すると
    他人として突き放して考えられます。


    私は虐待されてた訳じゃないんですが、まったく自分という
    人間を理解して貰えず、彼女の理想の家族像に悩まされてました。
    大人になって彼女の人為を考えた時、ああそういう生い立ちや
    性格だから自分の中の理想の家族像に強い憧れがあったんだなと
    理解出来ました。
    理解出来たからといって私が彼女の理想に近づこうなんて思いませんでしたが、少し気が楽になりました。


    後やっぱりカウンセリングをお勧めします。
    自分の感情を感情のままに人に話すのは一種の癒しです。
    現代は圧倒的に人に話を聞いてもらう機会が少なすぎると感じます。
    だから病んでる人が多い。
    時間をかけて話を聞いてもらい対話を続けると
    だんだんと自分の中で整理がついてきます。

    どうか参考になる事を祈ります。

    ユーザーID:3618743502

  • 結局捨ててないですよね

    お母さん、説得されたとはいえ戻ってきていますよね。

    お父さんではない人を愛してしまった。
    愛している人のそばに行けないつらさをあなたはわかりますか?

    離婚すればよかったですか?

    恨んではいけないと思います。
    恨んでもあなたにいいことはない。
    忘れること。
    あなたの人生を、これからの幸せのために楽しく生きてください。

    ユーザーID:8685644025

  • 皆様 ご意見 励まし有難うございます。

    母を恨んでいる自分に対して罪悪感を持っていて、それでも母を許せなくて…。

    母に捨てられた時と、現在の自分がつながるのに3日かかりました。
    この感覚を説明するのは難しいですが、1日が10年で、3日で30年で、3歳の自分と現在の自分がつながった…そのような感覚です。

    悲しくて悲しくて3日間涙が止まらなかった。

    母は毒親だった、そう思います。
    常に良い娘である事、親孝行をする事を義務づけられていた。

    それと常にいつ人に切られるかと、心の中で心配していた。
    常に好きになった人に裏切られるかと怯えていた。
    今はそれがなぜだったか解った。
    これも進歩ですか?

    ユーザーID:1349354533

  • 騙していたのではなく

    お母さんは、騙していたのではなく、やはり無意識のうちにふたをしたのでは? 説得されて戻られても、家を出ようとしたいきさつがいきさつだっただけに、夫婦の間のわだかまりはたいへんなものだっただろうし、幼いトピ主さんに対しても、余裕のない子育てだったと思います。それでも年月がたち、妹さんも生まれ、あれは悪い夢をみたのだと記憶の底に沈めたのではないでしょうか? まさか、その時まだ3才だったトピ主さんに、記憶が抜け落ちるほどのショックを与えたと気づけずに。身勝手ですが。だから、しっかりして優しく、親孝行な長女とのひとときは、本当に楽しかったのでしょう。でも、お母さんは最期にもう一度「お母ちゃん!」と呼ぶ声をきいて逝かれたんですよね。 罪を背負って旅立たれた。 長女というのは、母親の背負う荷物を背負ってしまうことがあると聞いたことがあります。トピ主さんは、もうお母さんのことを考えなくていいし、恨み抜いたっていい。 だけど、お母さんに、もったいないほどの娘であったということを、誇りにこそすれ、けっして自嘲や自虐をしないで、幸せに生きていって下さいね。

    ユーザーID:8849166909

  • 二度目ですが

    トピ主さんの追トピと入れ違いにレスしてしまったので… 気づけることがあったのなら、よかったですね。 今の生活に影響していることってやっぱりありますよね。でも自分でわかったら、いい方向にすすめると思います。

    ユーザーID:8849166909

  • どうか悲しまないで。

    貴方が邪魔だったわけじゃないですよ。
    私に断言させて下さい。
    貴方のお母様は、弱い人間だったのだと思います。
    きっと、結婚生活と言う環境の中で、耐えられない何かが有った。
    それは、貴方が理由ではないと思います。
    夫(貴方のお父上)と、それを取り巻く環境の中で、疲れ切ってしまい
    別の男性に逃げようとしたのだと思います。
    それは、貴方が邪魔だったせいじゃ無いです。
    貴方を置いて行ったのは、許される事じゃない。
    でも、連れて行く事は、もっと許されない事だったのだと思います。
    貴方も辛かったと思いますけれど、お母様も一人の人間としてお辛かったと思います。
    私がそう感じたのは、貴方が書いた一文からです。

    >叔母から母親に父以外の思い人がいたことを知らされました。

    これです。これはどちらの叔母さんですか?父方ですか?母方ですか?
    父方であったなら、叔母の言葉には貴方の母への敵意が感じられます。
    母方であったなら、貴方の母への哀れみの言葉に聞こえます。
    どちらにせよ、お母様は当時の結婚生活に幸せを感じていなかった。
    だから、逃げたかった。  (続きます)

    ユーザーID:1762690346

  • どうか悲しまないで(続き)

    いい加減な気持ちで浮気していたなら、家は出ません。
    又、いい加減な女性だったなら、お父様も夫婦としてやり直そうとはしなかったでしょう。
    つまり、貴方の母親は決していい加減な女性では無かった。
    そんな女性がいい加減な気持ちで子供を持ったとは思えません!
    貴方の誕生を望み、母親になったのだと思います。
    でも、その後色々有って結婚生活が嫌になってしまった。
    その原因は、夫と周囲の環境だったのだと思います。
    だから、貴方を邪魔に思っての事では無いと信じて上げて欲しいです。
    貴方に真実を話してしまった叔母様は、罪深いですね。
    どうせなら、母親が存命中に言ってくれれば、大人同士の話を母子で出来たかもしれないのに。
     出来れば、妹さんに一度聞いてみたら如何ですか?「貴方にとって、母はどんな母親だった?」と。
    妹さんから見た「母からの姉に対する思い」も聞いてみたら如何ですか?
    貴方の知らない母親の姿が見えるかもしれないですよ。
    最後にお母様を看取れた事は、貴方に後悔が残らない為だったと良い風に考えましょう。
    きっと、お母様は貴方の事も愛して居たと思います。
    文末ですが、お母様のご冥福をお祈り致します。

    ユーザーID:1762690346

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧