• ホーム
  • 話題
  • 議員になったつもりで少子化対策バズーカを打つ【駄】

議員になったつもりで少子化対策バズーカを打つ【駄】

レス96
(トピ主0
お気に入り93

生活・身近な話題

たこきち

子供を育てながら、国の財政難、少子化の危機というのがだんだん身を以て分かってきました。

もう、これはバラマキなどの生半可な対策ではなく、大胆すぎる施策が必要では、と思えてきました。
実現不可能とは分かっているものの、視点を変える意味で以下を提案します。

たとえば
年収2000万以上の世帯には一夫多妻制、もしくはその逆、または婚外子を認める。

極論ですが不妊助成は30歳まで。その後は自費でどうぞ。20代は生殖支援、30代は就職支援・育児支援を重点化。
→リミットを意識できれば適齢期出産が増えて節税につながるのでは?

実業高校・高専の復活・カリキュラム強化→ここ10年で淘汰されてしまいましたが、大学進学が難しい世帯の子も適性が合えば立身出世が望める選択だと思います。

何のために子供を増やしたいのかといえば、将来の納税者がほしいからですよね。
子供ばかりが増えても、ニートになるのなら税の投資は不良債権ですからね。

皆様はどんなことが少子化対策として有効だと思われますか。


その前に議員削減をといった、問題に蓋をするご意見は控えていただければと思います。

ユーザーID:0954580701

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数96

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 少子化対策が必要なのかというところから

    このまま少子化が進めば、人口が減少して・・・と言われますが、今、多過ぎなのでは?と思います。資源もないし、島国で土地も狭い、食料自給率も低い。何かのきっかけで輸入がストップしたらどうする?

    仕事についても、現在でも職にあぶれた若者がたくさんいるのに、将来さらに技術が進んで機械の方が人件費が安いなんてことになったら、今ですら少ないパイがまた減ってしまう?

    医療が進歩して元気なジジババが増えるなら、そっちをうまく使えるようにする方がいいかも?

    子どもを産ませない政策をする必要は無いけど、無理に産ませなくてもいいんじゃない?とも思う。

    少子化対策するなら。例えば年収が600万で一人っ子世帯と、年収800万あっても子ども3人いる世帯なら、後者の方が絶対経済的にキツイ。年収ではなく、子どもの数によって控除とか手当が出ればいいのに。

    ユーザーID:1926411706

  • 思想教育とメディア戦略 (実現不可能な駄レス)

    そりゃやっぱり、一番効くのは子どものころからのすりこみでしょ。

    小中学生の時期に、あの手この手で「より多くの子どもを持つことが人生の勝利である」と教え込む。
    若いうちの出産をテーマに盛り込んだドラマ・漫画・映画などを大量に作って大々的に宣伝する。
    ゲーム業界では小学生をターゲットに「親になって子どもを作り一人前になるまで育成するゲーム(姉属性・兄属性などがあり、兄弟が多いほど育成に有利)」を作って売りまくる。
    その他、メディアを総動員して、「パパになることはかっこいい、ママになることは可愛い」といったイメージを若年層に植え付ければいい。

    大人になってからの損得計算より、子どものころから培われたイメージのほうがよっぽど効き目ありますよ。
    ただし、コンテンツが面白くなかったら効果ないけど。

    少なくとも、映画だったらジ○リ作品レベル、ゲームだったら妖○ウォッチレベルの影響力が必要。
    そんな面白いもの、政府主導で作れるわけがない。

    だからこの案は実現不可能な駄レスなんです。

    ユーザーID:1712495917

  • 子供手当てを増やす

    20代でも安心して産めるぐらいに子供手当てを増やす。
    そうすれば、産まないと取られるばっかりで馬鹿馬鹿しいから産もうと思う人もいるかも。
    学校では子供達が、「自分たちは税金によって生かされている」という事をきちんと学ぶ。
    今、30代や40代で不妊に苦しんでいる人も、20代で赤ちゃん待ちを開始していれば、そもそも不妊になる事自体が無かったかも知れない。
    子供を産んで育てるのに特にお金なんかいらないよ、となれば、経済力のある結婚相手を探しているうちに婚期が遅れるなんて事も減る。
    若いうちに結婚すれば、産みたいだけ産める。

    ユーザーID:9943148396

  • 大学を無料化したら増えると思います

    家庭を持つこと、子供を持つことで一番負担なのは、私立大学の費用だから。
    大学進学が当たり前の時代で、
    高卒とは初任給も生涯賃金も格段に違う時代、
    進学させない(しない)選択をとりたくないから、
    みな子供を産むのに躊躇するんです。

    だから、日本中の大学を無料化したらみんないっぱい産みますよ。

    高校はすでに就学支援制度で高所得でなければ実質無料ですし。

    ユーザーID:9409141160

  • 中国の歴史に学ぶ

     数十年前、中国の都市部でも大家族が多かったはずです、なぜでしょう?

     答えは簡単、家族(有収入者)が多ければ多いほど物質的に豊かな生活ができるからです。

     例えば一人のサラリーマンがいて住むところと食うことだけに限れば5人でも10人でも養えるとします。(住宅は公営的なもの、食品は格安)
     そんでもって、テレビはたとえば給料1年分、自転車3か月分、自動車なら10年分等々の価格体系にすれば良い。
     実際昭和50年ころ人民公社の月給が7000円相当(日本の20分の1)の時、自転車20000円相当、日本製カメラ50000円相当だったそうです。(食品は日本の100分の1、物豊的商材は日本と同じ)

     こういう経済社会であれば家族を増やし労働者が増えるのは必然です。
     子供は育ち、働き、親に家電品や乗り物、ぜいたく品を買い与えたのち独立する。

     トーゼン、ニートなど生まれる要素はなくなる。(暇をもてあそぶ、パソコン無し、漫画も買えない、働かなければ食い物以外は手に入らない)

     そのためには食糧自由化が必要なので実現は無理

    ユーザーID:4138597905

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 学費

    高校以上の学費無料、または大幅減額。

    これで「子供一人育てるのに1000万!」
    とかいって結婚前から子供を持つことをびくつくことが少なくなると思います。

    子供一人に1000万って脅しに近いですよね。
    それぐらい用意できないんなら子供持てないって言われてるようなものだから。

    地方(田舎)のほうが子供3人以上が普通だったりします。
    それは子育てしやすい環境もさることながら 大学進学率にもよるのでは?
    それから地方の企業が大卒者ばかりでなく高卒者も採用しているということもあるような気がします。

    実際どうなんでしょうね?

    ユーザーID:9338349439

  • 少子化を阻止しなければいけない理由を考えないと

    少子化が進んで困る理由って、働き手が少なくなり税収が減るからでしょ?
    だから、単純に人口が増えるだけじゃ意味がないのだから、子供手当てを
    増やすってのは悪手だと思います。
    生活の為に子供を生む人が一定数出て来るでしょうし、その子もまた
    生活の為に子供を生むってのを繰り返したら、人口は増えても税収は
    増えませんから。

    ただ、教育にかかる費用や塾や一部の習い事に関しては国から補助を
    出すのはありだと思います。
    でも、基準を設けて優秀な子には厚くなるようにして欲しいです。

    ユーザーID:0282433256

  • 納税者を増やす政策

    将来の納税者を増やす=働かない若者にしない政策こそ必要なのです。
    それには「親向け政策」と「子供本人向け政策」の両方が必要でしょう。

    親向けには、「子供を勤勉な納税者に育てた親」の年金支給額を増やす政策がよいと思います。ネグレクトが減り、むやみやたらに大学にいかせるのではなく「自立できる子供にするにはどうすればよいか」を考えた子育てになると思います。

    子供本人向けには、勤労・納税の義務を果たさない期間が続く場合は、国や地方公共団体に奉仕作業を義務づける(強制力を伴うもの)などが必要かと思います。

    ユーザーID:3926436914

  • 少子化対策として考えるのではなく・・・(1/2)

    私も寝言さんのレスに同意で、今の日本の実力では1.2億人の人口は多すぎると思います。他国で日本以下の人口でうまくやってる国はいくつもあります。
    子供だって増やせばいいという問題でもないでしょう。きちんと躾、教育をしてこそナンボだと思いますので、トピ主さんが例に挙げた無責任な親を増やす政策は要りません。

    私が考える少子化(だけじゃない)対策は、

    1.国の借金を減らす

    急にガバッと減らさなくても、前年比-1%でもいいから兎に角、国の借金が今後増えないビジョンを示す。国の先行き不安が解消されるのが目に見えれば、株価や国債にも好循環が生まれるでしょう。

    2.国の年間の予算を減らす

    個人世帯でも収入が減れば、当然支出を抑えます。国も現在、税収が減っているのですから支出も抑えるべきです。今年の日本の国家予算は96兆円。今の政府はハッキリ言ってお金の使い方が下手糞です。50年前の高度経済成長時代なら公共工事も大きい効果があったでしょうが、新幹線も高速道路も施設も飽和状態の今、そんなに多額の予算を使っても経済にほとんど影響がないのは、ここ20年の日本経済が証明しています。

    (続きます)

    ユーザーID:4178294538

  • 少子化対策として考えるのではなく・・・(2/2)

    (前レスからの続き)

    >その前に議員削減をといった、問題に蓋をするご意見は控えていただければと思います。

    いやいや、みんな繋がっている話なのではないでしょうか?
    目の前の政治の課題を1つ1つ逃げずに取り組み(先送りにせず)、解決の道筋を与野党が協力して審議し(独裁ではなく)、その結果、日本の未来は明るいと多くの国民が認識すれば将来への不安は解消されて自然に結婚する人が増え、子供も生まれ、景気も良くなると考えるのは甘いでしょうか?
    イソップ童話の「北風と太陽」の北風(無理に子供を産ませよう)ではなく、太陽になって国民が自分の意思で動く(自発的に子供を産ませる)社会にするのが政治ではないでしょうか?

    ユーザーID:4178294538

  • 私なら、

    生まれてから、18才までは、総額1800万円を無償で援助する。

    ピークをどこに持ってきてもかまわない。毎年100万円でも、18才時に1800万円でもかまわない。
    義務として、小中高は、公立に行くこと。
    学校の規則を守れないような子供は、当然私立に行くことになり、援助はなくなる。
    初めから私立に行くような方は、お金持ちだから、当然補助は無し。

    当然、子供が亡くなれば、返還しなければならない。高校まで卒業すれば、返還は無し。
    二人目からは2割り増しでも良い。

    このようなアイデアはどうでしょうか。

    ユーザーID:7785622009

  • あはは

    私は、この地球の爆発的人口の増加を考えたら、
    日本の国の一つくらい消滅はいい事なんじゃ無いかと感じますが(爆。
    でも、駄ということで参加します。

    私は、既婚・未婚問わず、子供を産んだらその子が大学を出るまで、
    子供の養育費用が全て無償なら大丈夫かなと。
    ヨーロッパでは大学まで無償だし、フランスは既婚・未婚問わず、
    子供には一律、月々凄いお金がもらえましたよね。
    それでフランスも子供が増えたんだし。

    また、子供を預けられる保育園とか幼稚園がコンビニ化しないと無理かな。
    今は親の職業も多種多様で、一般的なハコモノでは追いつかないでしょう。

    今の政府は赤ちゃん等子供が小さい時の対策ばかりです。
    働く親への支援とかも必死なようですが、それで親は騙されないです。
    だって、子供は大きくなればなるほどお金が掛かるんだもん。
    それが分かってるのに「小さい頃は医療費無料」だけに釣られる訳ないじゃん。

    と、いつも思います。

    ユーザーID:4608850817

  • 私も寝言さんの意見に完全同意します

    日本は人口が多すぎると思います。

    この国に産まれてずっと
    森林伐採しているところばかり見ています。
    新聞を読めば、サンマが採れないなどという記事が
    載っています。

    資源や環境のことを考えたら、人口減少していくのは
    悪い事ではない。

    既に生きている人が先です。
    若い頃からずっと年金保険料を支払ってきているのに
    年老いた時もらえる年金額はごくわずか。
    生活保護費よりはるかに低い。

    無理に子供を増やすことはないと思います。
    不妊助成、子供への手当、高校無料など
    打ち切りにして、その分
    高齢者の生活保障にまわしてほしいです。
    全ての人が行く道です。

    お金のかからない少子化対策、たとえば主様も挙げている
    年収一定以上の世帯には一夫多妻制、もしくはその逆を
    認めるというのは賛成です。
    子供を欲しくても結婚できない人があふれています。
    大学を大幅に減らす。これが一番の少子化対策になると思います。
    失業問題が発生すると思いますが。

    ユーザーID:9930539852

  • 子どもが産まれたらドカンと1000万

     子どもが産まれたら、ドカンと500万円支給
    さらに無事に15歳まで育ったら, ドカンと500万円支給。
    子ども1人に1000万円支払っても, 年間100万人でも総額10兆円にしかなりません。
    介護保険料で高齢者にばらまいてるお金年間10兆円に比べたら
    安いものです。

    ユーザーID:8039512902

  • 古代ローマの少子化対策

    を参考に考えてみました。(国が裕福になり少子化になった古代ローマでは子どもを持たない人は様々な権利を減らされてました。)


    前提として、国民として子どもを成さないのは半人前という意識をつける。早期結婚が普通という世の中にする。

    ●遺産相続時点で子どもを持たない場合、男女ともに遺産相続は半分まで。半分だと住居がなくなる場合は住居分は可。残りは国庫へ。(相続時44歳以下、生殖機能の問題は省く)相続時より3年以内の贈与も対象。


    ●30歳以上、年収500万以上未婚の男女に増税。
    (早期結婚率が上がれば、ある程度出産率も上がるはず。)


    子だくさんに権利を増やすといっても、権利が迫害されない限り子を産む選択をしない夫婦も多いかと。権利が減ることに対しての方が行動する人が増えるのではないか、という視点です。

    ユーザーID:3128089981

  • 何か酷すぎる

    とにかく、お金くれ〜という感じですね。
    それなら、出生時に1000万貰ったとして、
    良き納税者にならなかった時には、親に返済の義務も明記しなければね。

    ユーザーID:2722281260

  • ばら撒きを止める

    検診費用がタダなら出産費用もタダに近く、医療費もタダ同然で高校だってタダに近い。それ以外にもアレコレある手当てなどをなくして、昔のように出産時の援助と児童手当だけにする。大学を無料とかとんでもないですし、それで「仕事が見付からないんです」とニートやバイトになられたら大赤字です。


    出生数は減るかもしれませんがニートは減ると思います。
    社会のお金を頼り捲って生まれ育った子供が、将来社会の為に増税するようにはなり難いと思います。


    あと大学を少しずつでも減らしていって、一昔前のように高卒で働く子供が半分くらいはいるようにする。

    仕事がないと言ってもブルーカラー系の仕事はあって、しかも人手不足で外国人雇ってる会社もあります。一昔前なら高卒の子がそういう所で働いたけど、今はそういう仕事を嫌って大学まで行って、でもホワイトカラー系の仕事は少なくて結局はニートや半ニート、なんて若者が多いです。

    正社員として妻子を養う程度の収入あるけど大学行く必要はない、そういう仕事につかせる為になんでもかんでも大学に行かせないようにしたら、ニートや就職難減るように思います。

    ユーザーID:0816744116

  • 極論ながら

    三世代同居推進法を作ったら、かなり解消されます。
    祖父母・父母・子の同居、これを強制したうえで、高校・大学を出たら、出身地の実家に強制送還。就職は実家近くに限る。

    地方行政は、高学歴な求職者ニーズに耐えられるように、いろんな仕事を東京から持ってこなくちゃいけなくなるし、いいことづくめですよ。

    東京一極集中も地方の人口減や地方の疲弊も解消。女性の社会進出もできる。
    子育ても、じいちゃんばあちゃんがヒマではなくなる。
    介護は、息子・娘夫婦が見てくれるし、子が必ず帰ってくるから、面倒も見てくれる。

    子どもさんも増えますよ。自然とね。みんなが余裕をもって生活できるから。

    農業や伝統工芸の後継者不足も解消だ!

    ・・・無理でしょうけどね。

    ユーザーID:8709152858

  • 地道な案

    金銭的問題には
    ・保育園も無償化
    ・男女とも育児休暇義務化 
     給料は6掛けぐらいで保障 復帰も保障
    ・国公立大学に、一定成績以上で奨学金

    情緒的問題には
    ・中高でコミュニケーション論的授業を取り入れる
    ・高校・大学で「自分に適したパートナーを見つけるには」という
     必修講座を作る
     (心理学者や恋愛上級者が真剣にカリキュラムを作る。)

    こうだったらよかったなあ。 

    ユーザーID:4157584865

  • それでは

    ・男女問わず、1日8時間以上の労働は原則禁止。
    ・店舗(コンビニ、呑み屋も含む)は22時閉店。

    女性をサポートという問題ではなく
    日本人の働き方そのものを見直すべきかと。

    ユーザーID:6626306786

  • まっ

    他の楽しみをなくせば良いのですよ

    田舎みたいに8時以降は飲食店を閉めるとか
    さらに言えばTVも11時でおしまい
    コンビニも9時閉店
    ネットも終了
    22時以降は外出禁止

    夜になったらだれもであるかない状態にすればいいんです

    ユーザーID:9046966419

  • 一世帯の人数に応じた逆累進課税制度

    一世帯当たりで定額の税金を課す一方で、扶養する未成年の子供が多ければ多い程、所得税の控除枠を増やす制度を導入すればいいと思います。

    控除枠のメリットを享受できるのは、経済的に余裕のある世帯です。これらの世帯の子供を増やしてもらうようにするのがこの制度のミソです。また、教育の無償化も進めるべきですね。公立大学は途上国でも学費が無料のところが多いです。大学の費用の削減は、卒業しにくくすることで学生を絞ればいいのです。

    一方で、国際経済の観点から申し上げると、人口が減る国にお金は集まりません。

    また、国防の観点からも極端な人口減は好ましくありません。日本が持つ先進技術を武力で取っていこうと他国が将来考えることだって十分ありうると思います。それこそ、人口が10億を超えるどこかの国に日本が占領され、その国の少数民族に成り下がる事態だって、遠い将来を展望すれば有り得なくはないと思いますね。

    ユーザーID:0302691876

  • 【驚】お金のために子供を産むのですか?

    もっと学費無償、子供手当を増やすべきなんてありますが、
    お金が欲しくて子供を産むのですか?資金援助がなければ産まないのですか?国から援助を受けた分、親には国に貢献できるような子供に育てるだけの責任があるし、それだけの成果を出してほしいです。そのすべてのお金は税金からでているのだから。共働きが当たり前とか男並みに女も働くなんてことしていたら、当然、晩婚にもなるし、子供を産み育てるタイミングを逃すことになると思います。もっと男が女に頼らず、安心して女が家庭を守ることができるようにしっかりしたら良いのでは。また、女が仕事に追われず子育てに安心して専念できる環境が必要だとおもいます。今の日本や男の考え方だと先行き不安だし、子供を何人か産みたいという気持ちになりません。それから、子供は親が育てる責任があるので、子供の学費無償とか子供手当なんていらない。将来、ニートになるであろう多くの子供たちに使う必要があるのか疑問、無駄では。無償や手当という策を立てても、実際に少子化に歯止めがかからないの
    が現実だから、給与引き上げやニートや年配者の雇用などもっと重要としているところに役立ててほしいです。

    ユーザーID:6536165675

  • 雇用を生み出す事です

    やはり新しい分野での産業を打ち上げる事です。
    そして、新しい雇用を生み出す事です。

    日本では、新しい産業が立ち上げにくいと言われていますが、新しい雇用で正社員を増やす事です。
    新しい会社の正社員は、10年もせず結婚し、子供を作るでしょう。

    日本に必要なのは、新しい雇用だと思います。
    例えば、環境にいい電気自動車のニーズや全く新しい燃料電池の車を作るニーズですが、それらのインフラ整備の部分でも、新しい会社にさせる事です。

    新しい会社立ち上げの制約に、役所や法律が邪魔をしている事があると言われています。
    既得権益を持つところが、ブレーキになっていると言われており、これを壊す事から始める必要もあると思います。

    新しい雇用と多くの正社員を生み出せる新しい産業分野にこそ税金で援助すべしと思います。
    正社員で健康であれば、結婚するし子供も作るし、バラマキより有効な税金の使い道だと思います。

    ユーザーID:4060510327

  • 言いたい放題言っちゃいます

    私(アラフォー)が子供の頃は、医療費もタダではなかったし、今のように子供のための優遇なんて全然なかったことを考えると
    人間って欲深いんだな…と思います。
    今あることに感謝をしないで、「今」だけみてあれがない、これがない、あれを制限してやれ、これも制限しないと、納税しないのは悪!(あーえーと、中年になってリストラされて納税者の立場から転がり落ちて職も探せども見つからなくても同じこといえんの?と思います)とか言うよりも

    1.海外の製造業の拠点を国内に戻す
    2.地産地消、ひいては自分の国の産業を大事にする
    3.3Kの仕事・福祉の仕事は手厚く、業態改善をする
    4.場合によっては国民の仕事を定期的にシャッフルする(これになると国が国民を一人一人管理することにもつながるわけですが)

    未来の若者や子供たちがこの掲示板(あるいはデータ)を見た時に、「大人ってこんなに身勝手なの…」って言われないように頑張りましょうよ。
    誰かを攻撃したり、何かをはく奪するようなことを積極的に言う大人って、カッコワルイですよ。

    ユーザーID:0437924738

  • 私も

    40代さんとあれらさんと同じ。
    娯楽になるものは取っ払う。
    夕方には閉店サヨナラにすることね。

    第一次ベビーブームって戦後間もない頃じゃない。
    第二次ベビーブームだって、オイルショック。
    高度成長期だったかもしれないけど、貧しい頃よね。
    お金って案外関係ないのよ。
    要は暇潰しを兼ねた娯楽を繁殖に移行させればいいってね。

    娯楽性のあるテレビ、ラジオ、書籍、パソコン、携帯etcは高い税金を掛けてさ。
    ほら、タバコだって健康重視より毎日支払う単価が高いからやめたんじゃん。

    だけど、ceさんも書かれているけど人口が多いわ。
    飢えや疫病、戦争などで命を落とすことが少なくなったものね。

    まぁ、結婚にメリットないもんね。
    魅力がないというかさ。
    年収600万以上で家事や育児をやる男性じゃなきゃ結婚しないっていう女性に、
    男性は魅力を感じる?萎えるわな。
    身勝手な女を養うくらいなら、従順な犬や飼い主だけに懐く猫を養う方がマシ。
    …ほらね、娯楽は程々がいいやろ。笑

    ユーザーID:2051178916

  • そんなの簡単です

    労働者の権利を厳密に守らせることです。

    一日8時間労働、週休2日、有給は全部使用すること。

    それで経営が成り立たないような会社は経営者が能力不足だからです。

    ユーザーID:7769695180

  • 国立大学だけを無料に

    私立大学を無料にする必要はなし。
    優秀な子供だけ、大学に行き易くすればいいです。
    猫も杓子も、大学に行く必要はありません。
    大学を出ても、そのプライドに相応しい仕事につけなくて、
    ニートになっている子供も多いです。

    ユーザーID:1970602547

  • 三人目からすべてタダにする

    保育園幼稚園、小学校、中学校、高校、大学まで、私立以外の教育機関を全てタダにしたら良いと思います。

    実際、衣類はお下がりでなんとかなるし食費も一人増えても大きくは変わりません。変わるのは教育費です。保育園入れるにもお金かかるんです。給食費タダじゃないし。

    無償な部分もありますが、完全無償じゃないですよね。これがいけないと思うのです。

    ユーザーID:7515290584

  • 言いたい放題

    アラフォーの夫が転勤族、再就職が難しい人間が思うことは、税収益と少子化増は一緒にできないと思いました。
    女性しか産むことはできないのに、一番いい年齢の女性は今は働いて居ます。雇用は無い、それなのに若者はニート。

    もうね、女性に出産をさせたら働かせないでいいんじゃないでしょうか。その代り、子供が15歳程になったら再就職できる世の中にしてほしいです。早めに結婚も出産も薦めましょう。

    昔は女性が子供を産むだけ産んでましたよね。まぁ産んだだけでしたが、それで褒められた。産む女性が減り、産まれる子の数も減り。
    子供を幼稚園、小学校に送っても、買い物に行っても午前の店は人がいないので接客業は要らないよね。
    男性、子育て終わり女性、老人、、もっと働かせたらいいんです。産める女性は産ませましょう。離婚しても男性にも子に責任を。

    私の弟妹は、独身を貫いてます。独身のほうが金は自由ですしね。私も安易に再就職できるならもう一人二人子がほしかったです。

    ユーザーID:0776869079

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧