「麦の歌」に毎朝涙・・・独り言です

レス28
(トピ主12
お気に入り49

生活・身近な話題

雪虫去って初雪へ

北海道在住の50代です。

朝ドラのテーマ曲「麦の歌」に心を掴まれました。
毎朝毎朝、涙腺がゆるんでしまいます。

北海道を離れて本州で暮らしている我が子たちの頑張っている姿が目に浮かぶのです。

朝ドラに限らず、本州育ちの人が「北海道で働く」「北海道に嫁ぐ」というのは、悲壮感漂う覚悟をもっての旅立ち・・・のように描かれることが多いと感じているのですが、北海道で生まれ育った者が本州へ出て行くのも、それを送り出す親も
希望や期待と同じだけ不安も感じています。

我が子たち、辛いときや苦しいときに北海道の景色を思い浮かべながら、喝をいれて頑張っているのかな?
そこの土地で「大好き」をいくつ見つけた?
「大切な人」に出会えているのかな?

そんなことを思いながら明日も朝からウルウルします。

母の独り言でした。

ユーザーID:8492205042

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 「麦の歌」良いですね。

    さすが「みゆき」さん、
    朝ドラに相応しい爽やかな曲作ってくださいました。
    背景も良いですよね。
    勿論ドラマも楽しく観ています。

    「紅白」は・・どうでしょう。
    「地上の星」で一度きりかしら。

    ユーザーID:1151534632

  • 私もです

    私は本州から北海道へ嫁いで来ました。結婚して15年です。
    自分と重ね合わせて泣きそうになります。北海道は大好きですが、
    生まれ育った故郷への思いは年々増すような気がします。
    と同時にこの歌は自分で北海道で生きて行こうと選択した以上、家族と
    頑張って行こうと思わせてくれます。

    でも朝ドラのエリーは
    当時にしたら、飛行機もない中、スコットランドから嫁いだと
    思うと号泣ものです。

    ユーザーID:8096714143

  • 確かに

    北海道と言えば必ず出てくるあのドラマで…吉岡秀隆君がトラックに乗せてもらって…の回を思い出してしまいました。さり気なく柔らかく、それでいて鋭く深い歌詞ですね。

    ユーザーID:7247823356

  • 私の事だと思いながら

    毎朝聞いています。

    40年近く前、私は20代半ば。主人の「10年もたてば札幌まで新幹線が通るからいつでも帰ってこられるよ。」
     その言葉を信じ、主人の故郷に来ました。

    当時はまだ青森、函館間はトンネルは通ってなく、青函連絡船でした。
     車が青森港に着いたとき「知り合いもなく頼れるのは主人だけ、」と思うと涙が出て止まりませんでした。

    生まれ育った故郷よりも、この地で過ごしたほうが2倍近い年月が経ちましたが、まだ北海道が恋しいです。

    「私が死んだときは中島みゆきの歌をかけてね」と今から言っているくらい中島みゆきファンなので
    私にぴったりの麦の歌が1つ増えて本当にうれしいです。

    このトピをありがとう。

    ユーザーID:2083689295

  • いい歌ですね。

    30代です。
    録画して娘と見ています。娘は歌を早送りしようとしますが、必死で止めます。

    主様ほど私の実家は遠くありません。年に2回の帰省がやっと。
    私は末っ子のせいもあって、よく可愛いがられていました。
    そんな田舎娘が遠い大都会に嫁いでしまって、口には出しませんが、心配しているだろうな〜と。
    この歌を聴きながら、時々、両親のことを思い出しています。(さすがに毎日ではナイ)

    最初はお茶する友達もいなくて、寂しかった。
    でも、大丈夫。職場の同僚や娘の同級生のママ、向かいのおばちゃんまで気軽に話しかけてくれる。
    楽しくやってるから、心配しないで。

    と、エリーの話し方を真似て心の中でつぶやいています。

    主様のお子さんも、きっと一生懸命やってらっしゃいます!
    ちゃんと気持ちが風に乗って届いていますから。

    ユーザーID:0768640649

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 北海道だけ特別じゃないでしょ

    なぜ北海道限定?
    私は本州内の移動ですが、嫁に来てます。義実家の家業を継ぎ、義実家の敷地内に住み、義家の介護をしていて、実家に帰ることなどほとんどできません。
    そりゃあ北海道は遠いし環境が違うからわかりますが、そうじゃなくても、嫁に来ている人間はほとんど、「住み慣れた場所、大好きな場所」を離れて「あなたと生きていく」覚悟をして嫁いできています。

    あの歌だって別に「北海道が遠くて悲壮感漂う」って話じゃないでしょう?

    エリーさんスコットランドから来てるんですよ?
    祖国を遠く離れて帰ることもできないかもしれない時代に日本に来て日本人になる決意をして生きていくその覚悟の歌じゃないんですかね。
    なんかいきなりせまーい世界に入れられちゃった気がしました。

    お気持ちはわかります。私もあの歌大好きだし、涙しちゃいますけどね。

    ユーザーID:5905206639

  • やれやれ・・・歌じゃなくて唄でしょ!

    正しくは「麦の唄」!
    トピ主がタイトル間違えてどうすんの。
    やれやれ・・・。

    と、トピ主の独り言でした。

    失礼しました。
    はい、今朝もウルウルしてました。

    ユーザーID:8492205042

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • 私もうるうるします

    先日発売された「麦の唄」 c/w「泣いてもいいんだよ」をiPodに入れて、

    毎日聞いています。


    故郷を離れ、新しい地面に根をおろして、精一杯生きてます・・・的な歌詞が、

    エリーさんの境遇にぴったりで、私も共感してしまいます。

    私も故郷を離れて、言語も食も文化も気候も違う土地に嫁ぎました。

    みゆきさんの歌のエネルギーをもらって、がんぱれる気がします。

    ユーザーID:1219661382

  • トピ主です。お礼1

    コーラル様、レスありがとうございます。

    紅白、私も期待してます。
    余市の雪景色に浮かぶ工場とウイスキー博物館の中で歌うみゆきさんを想像しています。


    すもも様、レスありがとうございます。

    15年ですか。
    すももさんの親御さんは来道されたことがあると思いますが、エリー(リタさん)の両親は来たことがあったのか、実際のところが気になります。

    遠くから娘を案じることしかできない母への、娘からの「私は大丈夫!」という
    逆エール(?)でもある歌だと思っています。

    ユーザーID:8492205042

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • minonさんそれはちょっと

    勘違いですよ〜〜。

    トピ主さんのお子さんを思い出しながらの思いを書いているのであって、北海道限定と言っていないでしょう?。

    minonさんも私の時はこんな思いだったと書けば良いのです。

    ユーザーID:4137958564

  • うまい!!みゆきさん

    麦の唄、私も衝撃的なくらい胸を揺さぶられました。
    遠く故郷を離れ、異国の地に根を張り力強く生きていく、
    ヒロインの覚悟をたくましい麦に重ねているのだと解釈しました。
    イントロのバグパイプも違和感なく、ストーリーにも曲調にも合っていますよね。
    聞く人がそれぞれの故郷や、歌詞にある「懐かし人、風景」に想いをはせればよいのだと思います。
    さすが中島みゆきさん、あまり好きではなかったけど
    アッパレ!!です。

    ユーザーID:2967723250

  • minonさま

    トピ主さんは、歌と自分の境遇を重ね合わせて涙しているのですから、
    思うのは自分の故郷に決まっています。

    限定している訳ではなく、自分の思いを書いているだけでは?

    別に北海道じゃなくても、みなさん、自分の故郷を思えばいいのですよ。
    たまたまトピ主さんが北海道なだけで。

    ユーザーID:4963801625

  • トピ主です。お礼2

    ふぉ様、レスありがとうございます。

    我が子は飛行機で飛んでいきましたが、当日は空港のあちこちで巣立っていく子どもを見送る親たちがいました。
    毎朝、全国の天気予報が入ると子どもたちのいる県の天気を見てしまいます。


    元道産子様、レスありがとうございます。

    そうでしたか。
    新幹線はやっと来年函館までですからね。
    津軽海峡の存在は未だに大きいです。


    聞こえているよ様、レスありがとうございます。

    励ましの言葉をいただきうれしいです。
    子どもたちに用があってメールをすると必ず最後に
    「元気でやってるから!」
    という言葉が添えられてきます。

    ユーザーID:8492205042

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • トピ主です、お礼3

    お礼2のアイコンを間違ってしまったようです。
    ガッカリではありません、ごめんなさい。

    minon様、レスありがとうございます。

    北海道限定トピのつもりは全くありませんし、朝ドラを語るトピでもありません(別トピがありますので)。
    歌を聞いていると我が子の姿と重なり、つい涙ぐんでしまうという母の独り言、
    ただそれだけです。
    不快感を与えるトピとは思っていませんでしたが、minon様は不快だったんですね。
    申し訳ありません。

    私は義両親と二世帯同居し介護初期、道内に住む一人暮らしの母を訪ねるのは
    年1,2度、本州の子どもたちに会いにいく時間はとれません。
    職場の同僚が息子さんや娘さんを訪ねていった話を聞くと羨ましいなと思います。
    だから余計に「麦の唄」が心に深く入りました。

    ユーザーID:8492205042

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • 国際結婚です

    私は札幌出身で 国際結婚で海外在住ですから
    エリーさんと逆ですね。
    そりゃもう、移住当初は つらかったです。何度も泣きました。
    日本で難関国家資格まで取得したのに 
    ほんとにこれでよかったのか、生きていけるのか、不安もありました。
    必死にがんばってきて 気がつけば もう15年です。
    麦の唄を聴くたび、目頭が熱くなります。

    小町は 海外在住者が多いですから 同じ境遇の方もいらっしゃるかと
    思いますが、なんとか この地に根を下ろしてがんばっています。

    北海道の美しい自然、日本のおいしい料理、細やかな配慮、優しい家族や友達。
    ずっと当たり前だと思っていたものが
    遠い存在になり、改めて大切さを感じています。

    今住む この国で出会った素晴らしい人たちに感謝しながら
    愛する人との生活を守っていこうと思います。

    故郷を離れて暮らす 全ての方たち、元気にがんばっていきましょうね!

    ユーザーID:6344478717

  • 気になりますね〜

    うちの両親は毎回来道するときは、旅行気分で楽しんでいます。

    エリーのお父さんは亡くなっていますよね。お母さんとは
    日本に来る際、反対されたまま別れたので、今後会えるかどうか
    気になります。

    トピ主さんのトピで離れて暮らす親の心がひしひしと伝わって
    きました。トピ主さんが北海道で見守ってくれるからこそ、
    お嬢さんも離れた場所で頑張れるのだと思います。お嬢さん
    素敵な出会い、大好きなものがいっぱい見つかりますように。

    ユーザーID:8096714143

  • トピ主です、お礼4

    コーラス様、レスありがとうございます。

    私も朝、通勤の車の中で「麦の唄」をリピートしてかけてます。
    気がついたら声をだして歌っていることもあります(汗)。

    仕事帰りは「泣いてもいいんだよ」を聴きます。
    50過ぎても仕事でキツイときはあるので・・・自分への応援歌かな?


    元道産子様、フォローのレスありがとうございました。

    ユーザーID:8492205042

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • トピ主です、お礼5

    今日は午後から出勤なので朝から小町に来ています。


    ユーミン派様、レスありがとうございます。

    横浜出身の方はユーミンの歌に故郷を感じる方がいるのではないですか?
    心に響く歌というのはジャンルやカテゴリーを超えますね。
    ちなみに私のカラオケ十八番は「まちぶせ」「春よ来い」なんですよ!


    るり様、フォローのレスありがとうございました。

    ユーザーID:8492205042

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • トピ主です、お礼6

    inho様、レスありがとうございます。

    いろんなことをいっぱい乗り越えてきた15年だったのでしょうね。
    先レスにも海外在住と思われる方のレスがありますが、言葉にできない辛いことも
    あったのではとお察しします。

    ずっと当たり前だと思っていたものが遠い存在になり・・・。

    この言葉、グッと来ました。
    見送る家族もそうなんです。
    子どもたちが家を離れ、自立して自分の人生を歩き始めてくれたことは本当に嬉しかったし、今でもその気持ちは変わりません。

    でも6年くらいたったころでしょうか、ふと
    「もう子どもたちと一緒に暮らすことはないんだな」
    と改めて気がつきました。
    高校卒業と同時に離れたので、あと10年もすると親子で暮らした時間よりも離れてからの時間の方が長くなります。

    故郷の原風景を胸にこれからもご主人と歩いて行ってください。

    ユーザーID:8492205042

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • トピ主です、お礼7

    すもも様、二度目のレスありがとうございます。

    子どもは息子(兄)と娘(妹)です。
    どちらも引っ越しの時は、私は義両親がいるので残り夫が一緒に行きました。
    その後、大学在学中はどちらの部屋も一度ずつ訪ねましたが、就職先で住んでいる部屋にはまだ行っていません。
    行かないうちに次の転勤になるかもしれません。

    息子がいるのでドラマの中のピン子さんにも思いがあります。
    仏頂面に隠した寂しさ。
    エリーに涙ながらに「国へ帰ってください」と頭を下げたのは、狡猾な小芝居では
    なく本心だったのでは?と思いました。

    その後は「帰ってこい」と手紙を送るでもなく連れ戻しに乗り込むこともなく、あれは仏頂面で見守っているんじゃないかと思っています。

    ユーザーID:8492205042

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • 心にしみる歌ですよね

    雪虫去って初雪へさんの気持ちすごくわかります。
    というか私母親ではなく子供の立場なんですが、私の60代の母もあなたと同じように毎日元気に過ごしてるかなとかって思うそうです。
    やはり親御さんとしては息子さんの事はどうしてるかなって思いが馳せると思います。
    麦の唄、私も故郷の北海道を思い出して、ああ何ていいメロディー、歌詞なんだろうって勝手にウルウルしてます。
    息子さん、きっと元気に暮らしてますよ。
    若いから早くその土地になじんでいる事でしょう。
    時間を見つけて息子さんの所に遊びにいくのも楽しいでしょうね。
    本当に中島みゆきさんの歌は大好きです。

    ユーザーID:2777964090

  • 何度もすみません

    ついついウッカリ者でして、トピ主さんの本文だけを読んで、思わずレスしてしまった為に、勝手に息子さんと書いてしまいまして申し訳ありません。
    あと、トピ主さんは現在ご家族を介護していらっしゃるみたいで、なかなかお子さんに会いに行くお時間がとれないのですね。
    本当にお疲れ様です。
    今の時代はすぐにメール出来ますが、会うのは格別ですよね。
    もうトピ主さんなら知っていると思われますが、中島さんの『糸』もいい曲だと思います。
    トピ主さま頑張ってくださいね!
    何度も失礼いたしました。

    ユーザーID:2777964090

  • トピ主です、お礼8

    柿大好き様、レスありがとうございます。

    子どもは息子と娘、両方います。

    私の実母も未だに私のことを心配してますよ。
    天気予報を見て
    「そっち、荒れてるみたいだけど通勤大丈夫かい?」
    と電話がくるという感じです。

    義母に至っては(認知症ではないです)朝の出勤時に夫が咳をしながら玄関を出て行ったりすると
    「K男、咳きこんでたけど熱はないの?」
    とか80過ぎても介護される側になっても50過ぎた息子の心配をします。
    同じ屋根の下で暮らしていても、です。

    もうこれは「子離れしてない」とかではなく「親心」に尽きると思います。
    立派な麦になったつもりでも親麦から見ればいつまでも子麦なんでしょうね。

    「糸」は子どもたちが大切な人と出会ったときにプレゼントしたい歌です。

    ユーザーID:8492205042

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • トピ主です、大晦日が待ち遠しい!

    紅白、発表になりました。
    ついに、みゆきさんの歌声が生で聴けます!
    曲目は後日発表ですが「麦の唄」に間違いないでしょう!
    余市町からの中継かな?
    それともドラマに合わせて大阪かな?
    もしかして会場のステージ?
    それはないか・・・。

    息子からは帰省できないと電話がきました。
    娘からはまだ勤務の予定がわからないと。

    二人とも帰って来られなければ、ハンカチ片手に聴き入ります。

    ユーザーID:8492205042

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • はだか馬乗っていました

    唄も染みますが、走るあの馬達も、遠い中学の頃の私を想い
    ます。
    農繁休暇があり、半ば強制的に農家さんに、割り当てられた、
    いも拾いで、馬が後ろに堀機を付け歩き、その後ろで私達が、
    拾い集めてと、中学生にしては、重労働だった8日間でした。

    2日間分は、学校に寄付、後はおこづかいになりました。
    お昼の休み時間、食事を済ませた後、鞍も付けず、はだかで
    乗せてくれた優しい馬、小川のそばまで行って、帰りました。

    そして馬はいも掘り、私は拾いでした。
    今は農繁休暇は無くなったそうで、一面のジャガイモ畑は、
    少なくなりました。

    日本の真ん中に出て来て、41年が過ぎました。
    この10年ほど、せっせと帰りますが、季節の海色、流氷、山、
    川、雪の匂い、オジロワシ、キツネ、鹿にはぶつかりたくなく、
    熊には会いたくなく、でも子供の頃、幼馴染と遊んだ場所に、
    行きますが、馬と一緒に眺めたあの小川にも、今年も一人で
    行きました。
    故郷って、想っても、帰っても潤み、元気をもらえます。

    ユーザーID:1986364173

  • トピ主です、お礼9

    オホーツク様 レスありがとうございます。

    おいくつ位の方なのでしょうか?
    道民でもはだか馬に乗った経験がある方は少ないことでしょう。
    私は商業用のポニーにしか乗ったことがありません。

    「麦の唄」はドラマではあまりわからないのですが、CDで聞くと蹄の音が入れられています。
    かっぽかっぽというあの音です。

    貴重なお話をありがとうございました。

    ユーザーID:8492205042

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • 蹄が聞こえました

    61になりました、馬にどうやって乗ったのか?籠に集めた
    ジャガイモを、四角い木の箱に入れたので、その淵から
    乗ったのではないかと思います。
    芋拾い必須の軍手で立て髪を持って、バランスを取りました。
    馬も、重い堀機で半日歩いたので、食事の後は走りたかった
    のか、走って、次第にゆっくりになり、小川の水を飲んで、
    帰りました。
    力持ちで、優しい馬、お礼にと母に内緒で、庭の畑から、葉付
    ニンジンを持って行きました。
    私は芋広いでしたが、サイロの中で牛の漬物、トウモロコシを
    粉砕して、上から入ってくるのを、友人はひたすら踏んだそう
    です。
    この年の農繁休暇は、馬のお陰で疲れもなく、毎朝が楽しみに
    なりました。
    同級生の半分は、金の卵と云われ、集団就職で内地へ、私も
    高校卒業後、こちらに就職、結婚、当地が子供たちの故郷に
    なりました。

    ユーザーID:1986364173

  • オホーツク様ありがとうございます。

    遠い日の美しい思い出になっているのですね。

    私の亡父(生きていれば78歳)は農家の生まれでした。
    父が子どものころは馬が働いており、子どもたちはお世話はしても乗ることは許されなかったそうです。
    それがある日、父(私の祖父)が「乗せてやるか」といい、乗せてもらったそうです。

    かっぽかっぽとゆっくり歩いてくれ父は大喜びだったそうですが、家の角を曲がって祖父の視界から外れたとたん、振り落とされたそうです。

    北海道でも馬はだんだん見なくなりました。

    ユーザーID:8492205042

  • トピ主のコメント(12件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧