工作に熱中、勉強に集中しない小1

レス24
(トピ主1
お気に入り30

妊娠・出産・育児

りり

一年生の息子がいます。
年長の頃より工作に目覚め、空き箱、ストロー、割り箸、ホッチキス、セロテープ、折り紙等なんでもそのへんのものを使っていろんなものを作っています。

最近では毛糸とストローで筆、割り箸と輪ゴムで射的(某中学の学園祭で見て
作りたくなったよう)、発泡スチロールの皿とホッチキスの針でコリントゲーム、自作童話集(話はものまねもあるんですが。製本しています)、パラパラまんが・・

最近、休日一日家にいる日があり、様子を見ていると朝から晩までほとんど手を動かしていました。それと読書。

でも小学一年生です。学校の宿題、塾の勉強もありますが、最近、こちら方面は集中力がさっぱりで、ぜんぜん親のいうことを聞きません。やらなくても、塾で悪い点をとっても平気です。
しまいには勉強道具を前に、なにか作っている始末。(家で)

あと外遊びにも目覚め、学校から帰るとすぐ公園に行きたがります。
約束の時間に帰ってきません。

どうしたらもっと勉強に集中するんだろう?と思います。
時間をかなり無駄にしているところがあります。

同じことをなんどもなんども言ってこちらも疲れます。(宿題しなさい、勉強しなさい。片付けなさい。)

アドバイスをいただけましたらうれしいです。

ユーザーID:7278249303

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 小学校1年生

    トピ主さん、小学校1年生の発達についてよく勉強した方がいいですよ。
    トピ主さんは小1の頃はどんなお子さんでしたか?親に従う子供だったのでしょうか?トピ主さんも親からガミガミ言われて育ったのでしょうか?

    まずは、息子さんは、トピ主さんとは全く別の人格だということを頭に入れてください。
    ガミガミ言う親の言う事なんて聞かなくて当然ですよ。

    工作が得意な息子さんを認めて、褒めてください。
    工作に集中しているなんてすごいことなんですよ。
    創造力があって素晴らしいと思います。

    まだ小1なんだから外遊びを思いっきりして当然です。

    トピ主さんの理想の息子像を造らないでください。

    息子さんは今のままで良いのです。

    トピ主さん、お母様自身が変わる必要があります。

    トピ主さんは、今どんな勉強されていますか?

    子どもの発達について育児書等で勉強されたことありますか?
    コーチングや、平井信義さんの著書をおすすめします。

    ユーザーID:7198644932

  • 素晴らしい!

    将来有望なお子さんですよ。ぜひ伸ばしてあげてください。

    外遊びと工作、最強の組み合わせです。

    宿題は「先生との約束」だから守らないのは良くないことだと教えましょう。

    約束を果たしたら、あとは好きなことをとことんやれ!と。


    うちにも小1男子がいますが、実に、実にうらやましい!

    ユーザーID:9021165563

  • 科学反応


    僕は、 ご子息が 楽しみながら 工作していることは、 大賛成です。

    しかし、 やはり 漢字・数学といった 基礎的学習もされた方が、 もっと ご子息の 工作の分野が広がると、思いますので

    1 氷に、毛糸を置き その上に お塩をたっぷり 振りかけますと、 科学反応を おこし、
    毛糸が、凍ります。

    よって、 塩を振りかけたことにより、 氷がつれます。

    2 パンパンに張った風船に、 レモンの汁をかけてみてください。

    科学反応を起こし、破裂します。

    上記の他にも、簡単に出来る 家庭の科学があるので、

    実験をとおしながら、勉強の大切な事、勉強の面白さを、 教えられては いかがでしょうか?

    ユーザーID:5658232787

  • そんなもんでしょ

    うちも小1の男の子ですが、
    そりゃー、勉強になんて集中しませんよ。
    好きでもない勉強に、そんなに長い時間集中力は持続しません。
    せいぜい30分。

    でも、小1の宿題なんて30分もあれば余裕でできるような内容ですよね。
    それ以上かかるのは、ダラダラしてるから。

    勉強するときには、視界に気になるものを置かない。
    ちょっとでも気になれば、そっちに意識がいくのは当たり前。
    机の上の整理整頓にもなり一石二鳥。

    外に遊びに行くなら、帰宅時間をきっちり守らせ、
    その後の宿題もきっちりやらせる。
    約束を守れなければ、翌日は遊ばせない。

    先に宿題→遊ぶだと、超適当な宿題の仕上がりになるのでお勧めしません。

    やることをきっちりやりさえすれば、好きなことができる。
    という図式を徹底すればいいのです。

    うちの子は、寝る前ギリギリまで工作してたりしますし、
    勝手に早起きして本読んだり、工作したりもしてますよ。

    何かに夢中になれるのは大切なことなので、そのパワーを上手いこと使うといいですよ。

    ユーザーID:6661757256

  • え〜と

    それぞれの家庭には、それぞれの事情がある訳ですが、小1で遊びより勉強(塾)ってのは、ちょっと酷な気がするんですが・・・

    要は、トピ主のイライラで、お子さんはトピ主と一緒に居るのが嫌なんじゃ?

    ユーザーID:0156621195

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 典型的なダメ親ですね

    >同じことをなんどもなんども言ってこちらも疲れます。(宿題しなさい、勉強しなさい。片付けなさい。)

    コレ、もっとも言うことを聞かなくなる言い方です。簡単に言うと、こういう言い方は相手の反発を招きます。

    『理由ある反抗―親業(ゴードン・メソッド) いまを解決する話す技術・聞く技術』という本があるので、こちらを参考にしてください。

    ユーザーID:8410254334

  • すごい

    素晴らしい集中力です。あとはどの様にスケジュールを組ませるかが課題ですね。アドバイスは他の子育てエキスパートの小町の方からいただけると思いますが、その集中力を潰すような事は避けていただきたいと思い、レスしました。

    ユーザーID:8786251480

  • 気持ちはわかります、けれど

    「〜しなさい」
    一日に何回言っていますか?

    たぶん、主様が怒りすぎです。

    本当に主様が工作させたくないなら、工作に使う物など与えなければ良い話。
    けれど、毎日工作しても空き箱ものりもテープもある。
    主様だって中途半端なのですから、お子さんだって中途半端になるのは当たり前です。

    まずは、工作をして良いのかダメなのか、主様が決める事です。
    禁止にするつもりはないんですよね?
    だったら次は、主様も「工作の楽しさを共感する事」です。
    一緒にやるのが一番良い。

    工作は楽しいよね、○○君は本当に手先が器用、発想が素晴らしいよ、どこを工夫したのかな?…etc
    共感は心を結びます。

    次に、時間を「本人に決めさせる」事。
    外で遊ぶもしくは工作の時間、宿題、夕飯、お風呂、寝る時間。
    タイムテーブルを一緒に作りましょう。
    一年生ではまだ時間の感覚があまりないでしょうが、もうそろそろわかっていても良い時期です。

    「〜しなさい」ではなく「今は何をする時間?」と言葉を変えましょう。

    ユーザーID:9933920806

  • 素晴らしい!

    一年生から塾とか勉強って、親が一番わかってないですね。失礼ですが、親御さんたち、勉強のできるタイプではなかったとお見受けします。できてもガリベン、作文とか自由論文とか苦手ではなかったですか?

    今、お子さんは、必要な脳や手への刺激、空間認識能力を、自分で育ててます。
    大切なのは、外で遊び、身体を作り体力をつけること。体力、背中の筋肉や、腹筋のない子どもは授業中じっと座っていられません。集中力は、体力もいります。受験勉強だって、天才でない限り、最後は体力勝負ですよね。

    工作しながら、こうやって失敗したから、今度はこうしようと、仮定、実験、失敗、反省を繰り返します。立体ならば、空間認識能力を育てます。だから、早期教育(嫌いですが)クラスでは、折り紙折らせますよね。
    運動のできない子ども、創造力想像力のない子どもが増えてます。お子さんはいままさに、理想の小学生の生活をしています。
    なにが無駄ですか!
    お子さんのやってることがどんなに素晴らしいか、一度幼児教育の専門家に話を伺ってはいかがですか?
    こういう親が、才能ある子どもをつぶすんだと、よくわかりました。少し勉強してください。

    ユーザーID:1942320161

  • 褒める?

    うちの2年生も工作大好きです。
    忘れたころに捨てるタイミングの見極めが難しいです

    さて宿題ですが、やりなさいと言ってもやらないですよね。
    何かのタイミングで褒めてみては。

    点数もさる事ながら、「やり出すと早いね」と褒めています。
    そうしていたら、「20時になったらやる」と宣言して工作し、20時になったらちゃちゃっと宿題を終わらせるように。

    ちなみに塾は行っておらず、宿題以外の勉強はしていませんが、今の所は高得点です。
    今の所はね・・・

    あと、食事中等に急に「しわ(4x8)?」と振っています。答えが出ないと「シワが32本て覚えたら〜」と笑いあってすぐに他の掛け算の問題を出します。
    まぁ食事中ですし3問位。勉強も面白いと思うかな…?と思って。
    親も一緒にやると興味を持つようですよ。

    ユーザーID:5493383638

  • 素敵な息子さん!

    小学1年生でその集中力。とても素敵な息子さんですね。

    勉強も大切ですが、好きなことがあって、それに熱中できることは素晴らしい才能ですよ。いずれ「学び」を楽しいと感じた時に、その集中力は必ず活かされます。

    それから、工作を通して体験的に学んでいることも案外多いものです。

    ユーザーID:4135062169

  • 興味

    物づくり(クラフト)に興味が向いてるからでしょ
    作る喜びの方が勝ってるから他の物に関心が薄いんですよ
    なので強制するのでなく、導いたらどうでしょうか
    算数や理科を勉強したならもっと凝った仕掛けができるかもとかですな

    ユーザーID:4781013565

  • その才能大事にしてほしい。

    お子さんが小1で夢中になれる何かがあるのはすばらしいことだと思います!自分で何かをつくりだそうとする意欲って今のお子さんなかなかないことだと思います。創作性・独創性とか育まれて、発想も豊かなお子さんに育つと思います。うちも小1ですが勉強嫌いです。早く勉強したいと言ってたのに小学生になったらやる気ゼロになりました。勉強に対しては担任の先生には相談されたんでしょうか?

    うちは結局一緒にやって 書き取りの宿題は一字一字褒めて「もっと見た目かっこよく書き方とコツを教えてあげる!」といって隣で見本見せて、「そうそうさっきよりかっこいい!大人が書くみたいな字だ〜すごいわ。」とか、算数はヒントを与えて一個できたら「ちょっと教えたらもう自分でできた○○はすごいね!」といって介入していき、最近やっと宿題が軌道に乗ってきたところです。

    でもあなたのお子さんは工作が好きな部分も褒めて認めて、「算数で長さが測れたり、書写できれいな線が引けたりすれば、好きな工作がもっと上手に作れるよ〜」と小学校で習うことが好きな工作の充実に繋がるというところから話してみるのはどうでしょうか?

    ユーザーID:8153202343

  • まともな1年生でしょ

    主さん、大丈夫?
    息子さんは普通のまともな1年生ですよ。
    工作に熱中←素晴らしいじゃないですか!
    止めさせてはいけませんよ!
    外遊びに目覚め←今までしてなかったの?びっくりです。

    でもまぁ。
    なんだかんだ言いつつも、主さんは息子さんのしたいようにさせているんですね。
    悪い親とは言えませんね。
    というか、勉強に集中力を発揮するのはまだ先でしょう。
    それより今熱中していることをやめさせず、思う存分飽きるまでさせてあげてください。
    工作や読書は息子さんの頭脳を大いに育てますよ!
    ペーパーの勉強なんて、これからいくらでも出来ます。
    でも今の自由な発想や遊びに対する集中力は、二度と手に入らない時期が来るのです。

    なぜペーパーだけがお勉強だと思うのでしょうか?
    生きていくために必要なことはすべて教科書に書いてあるのでしょうか?
    小学校低学年から塾に通う意義はどこにあるのですか?

    どうぞ好きにさせてあげてください。
    息子さんは学年が進むに連れて、きっと勉強も開花しますよ。
    ガミガミ言いすぎないでくださいね。

    ユーザーID:4174565147

  • そのままで

    小1でしょ?そのまま熱中させればいいのではないですか?

    中学の文化祭、という事はお母様はもう中学受験に向けて意識を高めているのかな?もしそうだとしたらかなーり気が早いですね。

    小1からキリキリ勉強させるよりも、工作でも虫でも恐竜でも、
    なにか夢中になっている事があるなら思い切りやらせた方がいいと思うけど。
    その方がいざ勉強始めた時の伸びがいいと思います。

    ユーザーID:1295866095

  • 一度病院へ

    我が子は過読でした。
    本を読み出すと他のことが手につかなり困りました。
    他にも外遊びは大好きで友だちと遊ぶことも大好きなのですが、スポーツがすごく苦手なのでそこも気になり小児精神科へかかりました。

    IQテストなどもうけました。
    結果はADHDでしたが個性の範囲と言われました。

    計画性のなさ(定型児にはない過度の集中)がADHDの特徴だと言われました。

    個性と判断して子供に好きなだけ好きなことをさせてやりたいけれども、それでは将来子供が困る時が来るだろうしそれなら今のうちに自分自身をコントロールできるように「優先順位」がわかるように、やることが終われば自分の時間をたっぷり使えることをわからせるようにと、今は月に一度リハビリに通っています。

    まだ通いだして1年も経っていませんが目に見えて大きく変わったことはないのですが、先生と子供に対する接し方を考えてもらって少しずつですが良くなってきていると思います。

    小児精神科なんてハードルが高いと思われがちですが沢山の子供さんが通っています(多分半年以上待たないと診察してもらえません)一度受診されてはどうでしょうか。

    ユーザーID:3887197737

  • ステキだなぁ。

    せっかくだから思い切り伸ばしてあげたら?
    昨今大人の金儲け目的に作られたゲームや玩具が受身的な遊びが溢れるなか、自分で考えてカタチにすることに熱中する少年。
    ここでお母様が止めてしまったら。息子さんはその他大勢になってしまいます。
    ノーベル賞取る人は人と同じことはしてませんよ。

    これから楽しみです。関連書籍をいっぱい与えてください。
    せっかくだから電子工作なんかも始めて、ロボット技術者なんて夢をイメージさせると遊びの域をつき抜けてくれるかも。

    子供なんて飽きっぽいから熱中のピークはそんな続かないだろうから、気長に見守って見て。

    ユーザーID:9921933381

  • 将来が楽しみなお子さんですね

    高3、中3、小3の3児の父です。

    小一のお子様が工作、読書、外遊びに目覚めて、勉強そっちのけなんですね。
    ご心配になるのはもっともですが、将来勉強で最も伸びるのがこのような子です。

    自分で考えてものを作り、うまくいかないと工夫して改良する・・
    このプロセスの繰り返しですから、外遊びとともにこの年頃の子供にもっともやらせてあげたい(というか親としてはやってほしい)ことと思います。

    我が家の真ん中の娘もセロテープという万能工具を使って色々なものを作り狂っておりましたが、その後小学校高学年になってから尻をたたいたら国立の中学に無事合格しました。

    上二人の子育て経験を踏まえ、一番下の娘には小学校低学年までは読み書きと計算だけをやらせるだけで、後はなるべく遊ばせるようにしています。もっとも上二人の時と住環境が違うので外遊びが思いっきり不足しているのですが。


    >同じことをなんどもなんども言ってこちらも疲れます。(宿題しなさい、勉強しなさい。片付けなさい。)

    我が家も全く同じ状況でした(笑)
    仕方ないですね。
    子供って親の「attention(注意力)」を吸って成長する生物ですから。

    ユーザーID:0058492728

  • 順調に成長中

    息子さんのようなタイプの人は「○○しなさい」と後ろから追い立ててもダメなケースが多いので、

    ・相談して締め切りを決める
      勝手にトピ主さんが決めると無視されます。日に何分やればできる、といった感じの具体的なデータに基づいて決めると吉。

    ・締め切りまでは放置する
      周りが騒ぐと、その分「今やろうと思ってたのにー」で逃げます。集中力がある子なら、締め切り直前の瞬発力で結構なんとかなるものです。

    ・締め切りを守れなかった場合のペナルティを事前に決めておく
      ペナルティは事前に決めておきます。トピ主さんタイプの完璧主義者はお説教が長い傾向がありますが、長い説教はどうせ聞いていないので無駄。

    あたりでしょうか。

    でも、息子さんは着実に成長しているのだと思いますよ。外遊びが楽しいのも、小学校に入って息子さんから見える世界が広がったということです。時間を守れないのは、小学校1年生男子にトピ主さんが過度の期待をしすぎです。「気がついたらもう○○時」って経験、ありませんか?

    ユーザーID:9843558174

  • 素晴らしい子

    工作のできる子は想像力があります。創作力もあります。
    教えられたことが出来ることはある程度の子供なら誰でもできます。
    小1で自分から進んで作り、集中力もあるのに、その芽を摘むのはもったいないです。学習も同じくらい興味を持つようにお母さんがうまく誘導してあげてください。
    工作も褒めてあげてくださいね。才能のある素晴らしいお子さんですよ。

    ユーザーID:2501284532

  • ありがとうございます(主です)

    ご意見くださいましてどうもありがとうございます。

    文房具類は私も日々よく使うので、子供の手の届くところに置いています。テープはしょっちゅう補充です。(テープは別室に置いていますがすきをみて使われています)
    子供用に折り紙やのりは用意しています。
    輪ゴムやわりばし、ストローなどはキッチンのわかりにくいところに置いていましたが勝手に持ちだします。高いところに置いてもいすに登って取ります。

    平井信義さん、知りませんでした。子育ての本をたくさん書かれているんですね。
    図書館で借りようと思います。

    湯川さまの実験、とても楽しそうですね!絶対喜びます。
    近いうちにやってみようと思います。

    工作作り、止めないほうがいいんですね。なにもないときは「へえ〜おもしろいの作ったね」など言っていますが、宿題をしなかったり勉強中だといらっとしていたので気をつけます。親子で楽しみながらめりはりをつけられるように気をつけます。

    ユーザーID:7278249303

  • 追記

    ゴードンメソッド、難しそうですが調べてみます。

    息子にこの前、学校の科目で何が一番好き?と聞いたらやはり「図工でした」。

    ユーザーID:7822920429

  • うちの息子もそうでしたよ

    工作大好きでした。
    本当に感心するものを作り
    テレビでしていた
    蜘蛛を生きたまま捕獲する道具も
    作ってくれました。

    でも高学年になったころから
    ゲームのほうが増えてきて
    息子のために買った方眼紙も減ることがなくり
    さみしと思ったものです。

    宿題は時間を決めてやらせてました。
    遊びに出かけるのなら帰ってから必ずする
    工作をする前に必ず宿題をさせる
    1年なら30分もあればできてましたから

    でも中3の今成績は地域1番の進学校を目指すレベルにはなってますよ

    ユーザーID:2660138642

  • 是非工作を続けさせてあげて!

    何かを生み出そうとする意欲がある子ですもの、将来どこの職場でも重宝されますよ。
    うまくいけば、色々アイディアを出してなにか発明してくれるんじゃ無いでしょうか?
    そういう子を画一的な現在の教育システムに入れてしまうと、才能つぶしてしまう気がします。
    宿題とか10分くらい集中したら思う存分工作していいよ、とか言って割り切って勉強させればいいんじゃ無いでしょうか。
    色々作っているうちにグレードアップしてきて、他の子が考えつかないようなもの作りだし、続けていけば他の大人が考えないようなもの将来作ってくれそう!

    中学とか高校とか、時期が来たら将来物作りの方に行けるために!とかって自ら進んで勉強して進学していくんじゃ無いですか?
    自分からやるこの方はすごく伸びますよ。
    無理矢理やらせるのの何倍も。

    ユーザーID:4685288612

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧