パレットはいつ洗うのか

レス21
(トピ主0
お気に入り38

趣味・教育・教養

湯けむり

5年生の授業参観は、図工でした。

水彩絵の具で描いた後、先生はパレットは洗わないと子供たちに言っていました。

絵の具がもったいないので、次の図工でも使わせるようです。

水彩用パレットは洗わなくていいのですか。

洗うとしたら、いつ洗うのですか。

ユーザーID:5125890637

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 洗いませんね

    色が出る限り洗わなくていいんじゃないでしょうか。
    絵を描くたびに絵の具を出していたらもったいないです。
    使う分だけ上手に出せるわけじゃないですし。

    そのうちカラカラに乾いたりして、思うような色が出なくなったりするので
    そういう時はその色のところだけ取り除いて、また絵の具を出すという感じで
    私は使ってます。

    ぬれたティッシュなどで拭き取ると、きれいにとれますので
    違う色も載せられます。

    ユーザーID:4856760048

  • そうそう!

    わたしも気になってました。

    小3の息子が夏休み直前に持って帰って来たパレットを見てびっくり。
    学校で水彩絵の具を使ったけど、先生にパレットを洗ったら
    いけないと言われている・・と困った顔。
    ほぼ全面、色が混ざって、スペースの無くなったパレット。
    こんなもので絵が描けますか!

    絵具がもったいないとか、毎回全員が洗うと学校の排水が汚れすぎる
    とかならわからなくはないですが、限度があります。

    どうも、限界を感じだクラスメートのやんちゃな男子が洗いに行って、
    げんこつくらったそうです。
    洗ってはいけない理由は聞いても一切応えてもらえなかったとのこと。
    意味が解りません。

    息子には、空きがなくなってきたらパレットだけ持って帰って洗うよう言い
    それについて先生に怒られたら母であるわたしに言うよう伝えました。
    2学期、特に何も言われてないようです。

    家で洗うものなの?

    ユーザーID:6470314741

  • 家に持って帰ってきた時

    それはズバリ、家に持って帰ってきた時です。

    今は学校では、パレットも習字の時につかう硯も洗ってきませんね。
    パレットは、家に持って帰ってきた時は、すでにカピカピに乾いていて、
    最初の一回でパレットに付いた色が取れなくなってしまいました。

    お湯+タワシでゴシゴシ洗っています・・・

    ユーザーID:6906344120

  • 絵の具ももったいないし

    水彩は絵の具を混ぜて色を作ったりしますから、洗ってしまうとまた色の調合もしなくてはなりません。
    ですから絵が描き終わらないうちはパレットは洗わないという考え方がありますね。
    絵が描き終わったら洗ってリセットします。

    ユーザーID:5807832632

  • 家に持ち帰って

    「絵の具がもったいないから」ですか?
    ウチの小学校では、皆が一斉に洗うと汚れた水がまとまって出て、なにやら自治体での問題になる、
    ということで、絵の具を使ったら各自持ち帰って家で筆とパレットは洗え、
    ということでしたが。
    ウチの市の小学校はどこも同じだと思います。

    総体的に見れば各家庭で洗おうが学校で洗おうが水質汚染の度合いは一緒じゃないか?と思うんですが、
    まあ言われたとおりにしてました。

    ユーザーID:8786014265

  • そういう指導もありましたっけね…

    小学生が使用している絵の具は「不透明水彩」で、「混色」と「重ね塗り」が表現の肝?になる訳ですが、

    【まったく同じ混色は2度とは作れない】んです。

    そのため、1枚の絵が未完成なうちは、「一度作った色をパレットの一角に残しておく」というのも、ひとつのコツ。


    小学生の絵で、一番その必要性(パレットを残しておく意味)があるのは、【空の色】かと。
    塗る面積が広いため、途中で色が足りなくなった場合、違和感が出てしまう。
    「グラデーション」や「重ね塗り」をマスターしていれば、比較的容易にリカバーも出来るのですが、
    それが可能な子は、案外少ない。。


    「足りなくなる」を避けるため、小学生は絵の具を大目に出すから・・無駄も多い。
    けれど、絵が得意な子ですと「余剰分の絵の具を別個所に再利用」も出来るんで、
    残しておく事に意味はあるんです。


    「いつパレットを洗うか?」と言えば、
    ・画面の大方に下色が入り、だいたいの目処が立ってきた時
    ・混色とそのやり直しをし過ぎて、パレットが訳わかんなくなった時
    ・最終仕上げ(陰影とハイライト)の直前
    の いずれかと、
    完成後☆。

    ユーザーID:7323133005

  • かびますよ

    パレットを洗わないと、環境によってはかびます
    (もったいないからと洗わなかったら・・の経験あり)


    もったいないの指導は

    少しずつ出しなさい

    使う色だけ出しなさい

    などで改善する方が良いのではないでしょうか

    それに固まった絵の具は色の調整がしにくいですから
    不便ですよ

    ユーザーID:3217216657

  • 必要性が生じた時では?

    絵の具を乗せたパレットですか…
    別に、片づける必要がないなら洗い流す必要はないのでは?
    そのままにしておけば水分が蒸発して乾燥して固形物化するでしょうが、
    また水を垂らせば絵の具として利用できるでしょう。
    出したまま=パレットに絵の具を乗せたままの状態にしておけるなら洗い流す必要もないでしょう。
    パレット自体をどこかに携帯するなどの必要から片づけなくてはならなくなるまで、そのままでも構わないのでは?

    ユーザーID:4634938660

  • パレットは

    日本画やってました。
    写生用に使う水彩絵の具のパレットは洗いませんでした。

    といっても絵具をチューブから出すスペース(小さいセル)だけ。
    絵具を混ぜるスペースは洗いますよ。
    絵具付のパレットって売ってますよね。あんな感じで使います。

    水彩絵の具はチューブから出した直後より、乾いた方が使いやすいです。
    絵具を取りすぎる事もなく、色を混ぜる時も割合を調節しやすく、減りにくい。
    絵具がなくなったら追加する感じで、数年使ってた色もあります(;'∀')。

    ユーザーID:0659585541

  • 「洗わない」という指導法もあります

    20年ほど前、子供達に絵を教えていました。
    今の、学校ではどう指導されているかは知りませんが、
    パレットはいちいち洗わないというのが「教室」での約束でした。

    パレットは絵の具を出す、小さな「絵の具の部屋」と
    絵の具を混ぜて色を作る大きな「絵の具の運動場」があります。
    絵を描いている途中でも、描き終わった後も、
    掃除するのは「運動場」のみ。
    私の教室では「絵の具ふきん」と呼んでいましたが、ハンドタオルで拭きつつ、色を調合しつつ、絵を描いていました。
    描き終わったら、
    ふきんで拭いてパレットの掃除終わり。
    筆は筆洗バケツで洗ってふきんで拭き、掃除終わり。
    最後にふきんを洗って干しておきます。
    手洗い場が込み合うこともなく、流しも汚れず、
    集団で水彩画を描くには画期的なシステムです。
    絵の具の部屋はそのまま。
    次に絵を描く時、水を垂らして乾いた絵の具を緩め、新しい絵の具を加えて描き始めます。
    慣れてくると、部屋に出す絵の具の量を調整できるようになり、部屋も綺麗に保てます。

    それでも時々は洗いますが、ビニール袋などにパレットを入れ、水を注いで絵の具を緩め、
    絵の具が緩んだ頃、すすぎます。

    ユーザーID:1101586068

  • すばらしい発想

    水も汚さず、絵の具も最後まで使える。
    すばらしい先生ですね。

    絵の具は色を重ねて違う色を作ったりしますが、なかなか同じ色を作るのも難しい。
    パレットに残しておけばまた使える。

    乾いた絵の具も水の付いた筆をつければすぐ戻ります。
    ちゃんと乾かしてビニールなどに入れればパレットで他のものを汚す心配もない。

    いつ洗うかはその子供さんのパレットに絵の具がほとんど残っていないか、しばらく水彩画をやらない場合でいいのではないでしょうか?

    そこまで目くじら立てることですか?

    ユーザーID:2084854666

  • レスします

    その先生 本職の美術教師じゃないから、

    その先生はそこにある絵具の色だけで描くものと考えてるから 

    そんなことを言うんです。

    絵具は描くもの物の色を出すために混ぜて作るんです。

    だからパレットは毎回洗います。

    濁って汚い色になるから。

    でも小学生で色をまぜて思い通りの色をつくれるようになるには

    かなりの経験がいりますから

    小学生はまぜない方がいいかも。

    ユーザーID:6138723287

  • パレットの洗う時

    パレットは仕切りのある部分と広い所がありますよね
    仕切りの部分はチューブから出した色しかないと思います
    しかし広い部分は、混ぜた色がありますよね?
    次に絵を塗りたい時には、仕切りの部分は水をつけながらそのまま使えますが
    広い部分は違う色を使いたい時は伝えなくなります
    だから濡れたティッシュを使って広い部分のみ拭くといいですよ。

    担任はその指導がなかったのかしら?

    色が無くなって補充する前に、一旦拭いてから補充するといいでしょう。

    洗う時は長期の休みに入ってからか、今やっている授業の項目が終わってからかな。

    でもいい先生ですね。絵の事をご存知なのでしょう。私が小学校の頃そう言う指導はされませんでした。
    どこで混ぜるとか、どこが仕切りとか教えてもらえませんでした。
    中学に入るとそう言う指導をされてきた前提の指導ですからね。だからグチャグチャでしたね。
    小5でやっていた図工は、先を尖らせた割り箸と墨を使って絵を描く事ばかりでした。色を使う事もなかった。筆がある時代だったのに何で割り箸?ってのがすごく疑問でした。

    ユーザーID:1586017324

  • 洗わないみたいですよ

    洗いたければ各自家に持ち帰ったときに勝手にどうぞ・・だと思います。
    学校でも流しが汚くなるから洗わせないようですね。
    書道の筆や硯も学校で洗うの禁止です。

    うちは洗った事は2〜3回かな。
    長時間放置でパレットが染まっちゃいますけど別に次使うときに不便があるわけじゃないので
    特に気にしてもいませんが。

    ユーザーID:1528934928

  • パレットは基本洗いません

    水彩画が趣味です。
    基本パレットは洗わないですね。
    自分のパレット洗ってピカピカにしてる講師も見たことないです。

    パレット上には、各色を絞り出すための小さく区切られた枠が
    一列ついてますね。
    そこから筆で色を取り、大きい枠内で混色し、色を塗ります。
    大枠はティッシュ等で拭うことはありますが小枠の絵具はそのままです。

    図工の授業では、生徒は必要な色をそのつどチューブから
    出しているのだと思いますが、本来はあらかじめ小枠の数だけ
    各色をたっぷり絞り出しておくものなのです。
    いちいち絵具チューブを取り出す手間を省くためです。
    時間がたつと絵具は渇くので、逆さにしても垂れてきません。
    水で含ませた筆で溶くとまた新鮮な色が出てきます。
    あとはなくなった色を随時追加し、半永久的に使い続けます。
    長く使いたいので学校用のプラスチック製より
    丈夫な金属製パレットが好まれます。
    見た目は汚いかもしれませんが、そうやって使う人の個性が見える
    パレットになっていきます。

    ユーザーID:9954334123

  • 透明水彩なら

    色が濁る(自分の思っていた色にならない)ようになった時です。
    洗わなくてもその部分を拭き取るだけで大丈夫な場合が多いです。

    ユーザーID:3636900875

  • ジブリの宮崎監督

    彼はあまりパレット洗わないようですね。

    私は、気になる人は洗えばいいし、洗わなくても別に良いんじゃない?です。

    ユーザーID:9076527011

  • 濡らしたペーパータオルで拭く

    水質汚染が心配なら、絵の具を広げる部分を水で濡らしたペーパータオルで拭けばいい。

    絵の具を出したかたまりの部分は、しばらく使えるでしょ?

    絵の具を混ぜたり広げたりする平たい部分だけちょちょっと拭いて綺麗にしたら、水も汚さず、絵の具ももったいなくならない。

    臨機応変に対応したらいいだけでしょうに。

    ユーザーID:4281089796

  • 洗わない

    どなたか美術の本職じゃないから洗わせないんだ、とおっしゃってますが、
    逆では?
    絵を習いに行きましたし、美術のテクニックの本にもありますが、
    洗わないのが基本とあります。

    なので、小枠の中にもほとんど残ってなくて、全体が汚くなりすぎて、絵の具の本来の色を出すスペースがなくなってるなら、
    子供ですし、持って帰って来た時にチェックして家で洗えばよいのでは?


    とはいえ、まあ、今どきの学校が洗わせないのは、美術テクと言うよりも、
    最近では5分しかない小学校の休み時間に水をジャージャーやってて
    時間と水道代が余計にかかるっていうのが実のところでしょう。
    いつまでも片付かないし。

    ユーザーID:4641329596

  • それは

    たとえば、いま作成中の、作品が、完成する迄は、大丈夫かと、思います。使用する、色とか決まっているから、大丈夫だとおもいます。完成したら、洗えばいいと思います。

    ユーザーID:0255411065

  • 洗う人も洗わない人も

    もう、時期が終わってしまったでしょうか。

    本職の画家です。

    パレットは洗う人も洗わない人もいます。
    水彩画家のプロの世界ではウィンザーニュートン等の固形絵具を使用し、パレットで色を混ぜますのでパレットはきれいに掃除し、後はそのままです。

    先生は、その方式で子供たちに教えたのではないでしょうか。
    尤も、色を出したままの彩色は子供には難しいものですから、どうなのでしょう。

    あまり汚くなったら家で綺麗に洗った方がいいように思います。

    私は油彩専門ですが、パレットをピカピカにする人と汚くする人、極端に分かれます。私はピカピカ派です。20年前のパレットをピカピカのまま使用しています。

    要するにパレットは好きに使っていいのです。

    ただ綺麗な方が色も綺麗に出ますね。

    ユーザーID:1359291999

レス求!トピ一覧