小学生のテストミスを減らす方法

レス26
(トピ主0
お気に入り72

趣味・教育・教養

無理かな

30代の小学生のいる主婦です。

子供の簡単なミスを無くすにはどうすれば良いでしょうか?
小学生全国統一模試では上位におり。また、塾通いしてませんが一般生として大手中学受験塾の模試を受けてみると、偏差値60前後ぐらいの頭です。

例えば、算数の模試で、

1 簡単目の計算が10問(149+387、234×16など)
2 簡単な文章問題
3 図形
4 難しい文章問題
5 難問(正答率10%〜20%)

と、あるとします。
親としてはまず、5は無理だとしても、1番目の問題の10問は全て正解してほしいと思うのですが、あれ???4×6は、26になっている鉛筆の計算式が残っています・・・。へ?ショックです・・・。
2番の簡単な計算問題では、問題用紙には答えが56あまり3と自分で書いてあるのに、回答用紙にはあまり6となっています・・へ?なぜだぁーーーー!!??

まぁ、、、ミスですよね・・・(悲

回答率が90%台の問題が我が子は×だったり、文章問題の式の立て方や解き方は完全に分かっているのに、途中の簡単な計算ミス(4×7=22とか)、をちょくちょくやってしまいます。
何度やってもやっても直径と半径を混同したり。
2400mと出たけど、答えは2.4kmと書かなければいけないところを、2400mとそのまま書いていました・・・。

どうしてでしょうか?
今年の夏ぐらいから難し目の問題もこなしつつ、普段以上にミス対策をしてみた(朝に10問計算、帰宅後の宿題と家の勉強の間に30問計算)のですが、やっぱりミスしてしまいます。

いくら、我が子に「確認」「いつもやってしまうミスをしないよう気をつける」と繰り返し言っても、家で対策をとっても、必ず’やって’しまいます・・。
ミスを防ぐ良い方法や指導方法はないものでしょうか?

ユーザーID:9927202494

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あの〜

    そんなに責めない方が良いですよ?

    人間は「失敗するかも」と思っていると本当に失敗します。
    主さんも、そういう経験があると思いますが?
    子供はそれが顕著に表れます。
    親に繰り返し繰り返し「刷り込まれる」からです。
    失敗しないように!と緊張もするでしょう。

    子供であっても、×がついていたらショックだと思います。
    何が悪かったのか、お母さんに言われなくても分かっているはずです。
    それをまた上から言われたら、そのうち勉強を嫌いになってしまいますよ。

    間違いを指摘するやり方は止めて、何を間違えてどう直せば良いのか?を、本人に説明させましょう。
    最後には「次はきっとできるよ!」と魔法をかけて下さい。

    単純に、かけ算足し算の間違えを減らしたいなら、そろばん。
    九九は、一日に何度も口に出すようにしましょう。

    ユーザーID:5590391068

  • 特効薬なし

    それね、あなたのお子さんだけでなく、小学校の受験業界では大昔から語られているんですが特効薬はないというのが結論です。
    多くの場合、算数が得意の男子にこの傾向がみられるんですが、
    ・どれほど注意するよう言っても
    ・叱っても
    ・怒っても
    ・本人が見直しをしても
    うっかりミスをなくすことはできません。


    これが不思議なもので、だんだんと6年の1月2月が近づくにつれ、少しずつ減っていきます。本番までにうっかりミスをしない子になれるかは本人の成長次第。

    (特に母親は)「もったいない」という気分になって子を責め勝ちですが、別になにがもったいないわけでない、それがその子の今の実力なんです。

    大事なことは「責めたり、叱ったりしても無駄」ということです。

    ユーザーID:1999762894

  • わが子も苦労しました

    どの子も苦労してるのではないかしら…
    初めの問題(1,2)だけは完璧にできて欲しいのにそれが出来ない。
    毎回苦しみましたよ。

    塾に言われていた言葉、
    「日頃、高速道路を走ったことがない人が高速道路を走ったら危ないでしょ。
     子供はテスト中、いつもと違う猛スピードで問題を解くのです。
     だから失敗する。
     どうしたら良いか。
     日頃からスピードを上げて基本問題を解くことを教えてください。」

    難しい問題をマスターするまではじっくり解くのは大切。
    でも、完璧に理解したらスピードを上げることを忘れずに。

    あと、大事な所には線を引く癖を付けさせること。

    と、同じことをわが子にも何度言ったことか。
    なかなか上手くいかないものです。

    ユーザーID:8772214158

  • まあ、ロボットじゃないんだし

    子どもなら、気を付けてやっていると思っても、ついやっちゃうんだと思うよ。
    自分はずっと100点取って育ってきたの?

    やっぱり、数と場をこなすってことじゃないですか。
    毎日、集中できるように1時間なり2時間なり集中させて勉強させて、
    ミスをしないように経験をさせるしか、もう無いと思うんだけど・・・

    大人でもそこまでの集中力を発揮させるのは、正直辛いし、出来ない人も多いんじゃないの?
    ぶっちゃけ私は自信ないよ。
    仕事で集中力使うことは多いけど、タイプミスってやっぱりあるもの。

    あとは、どれだけお子さんが完璧主義で、几帳面な性格をしているのかに寄ると思う。

    ユーザーID:0841884800

  • レスします

    男です。
    直接の回答でなくて申し訳ないですが。

    仕事がら、お母さんと関わることもあり、お子さんの教育の話もするのですが、そのとき強く思うことは、女性ってまじめだなということです。
    ミスもそうですが、字が汚い、ノートをちゃんと書かない、椅子にちゃんと座らないなど、正直、その子の人間性や学力に関係ないことにやたら細かいという印象があります(それが大事じゃないと言ってるわけではないです)
    頭のいいお子さんのようですから、自分で気づけばミスを減らす方法は考えると思いますよ。

    ユーザーID:6459215020

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 脳は「しない」という命令を理解しない

    仕事でミスをするオトナについても言えるのですが
    ミス「しない」「気をつける」という、否定の命令を、脳は理解しないらしいです。
    つまり、ミスしないための作業工程を工夫して「かならず○○する」というコマンドにしないと、
    ミスを減らすことはできないようです。
    「確認」してもミスが減らないのでしたら、確認のやりかたが悪いということです。
    筆算の結果と実際の解答が違うのでしたら、
    例えば指差し確認をしながら書き写す、問題の位置と筆算の位置を工夫して転写ミスを防ぐ、などの具体的な工夫が必要になると思います。
    筆算をていねいにやるのは絶対です。
    心がけでどうなるものではないということを念頭に置いて、
    具体的な手順を工夫なさるのがいいと思います。

    ユーザーID:4312861589

  • 自覚するしかない。

    ミスは単に指摘されても簡単にはなくなりません。
    自分はミスが多いという自覚をもつことが何より必要です。

    そのためには、ミスによる代償を痛感できることが最も簡単な方法なのですが。
    ミスの有無を家庭での評価の最も重視する点であることを明確にするのも悪くない。
    ミスなしの70点をミスありの80点より高く評価してあげるのです。

    そうしてミスを無くそうとしたときに本人に対処を考えさせるのです。
    悩んだ末の相談に対してアドバイスはしても、指図して直そうとはしないことです。

    あとは、自分で立てたやり方を日頃から実践できる練習を重ねさせる。
    日頃のやり方をテストで行うのではなく、テストと同じように日頃も解かせる。

    検算や見直しはいつ行うのが発見率・時間効率が良いかを考える。
    間違えを後から探すのはほぼ無理だと思うべきです。
    (後で探せるのは全問解いても余裕を持てるレベルの人だけですから)

    筆算だって全体で見直すのではなく、1段ずつ計算ごとに見たってよいのです。
    後で間違えは見つけることは不可能だと思えば、慎重に進めることの価値にも
    気付ける日がくるかもしれません。

    ユーザーID:4633630307

  • もっと計算

    そりゃ、練習量がたりないだけですよ。
    通塾生に比べて圧倒的に足りない。
    もっと計算問題を解かせて、スピードと正確性を向上させれば、
    いい成績取れますよ。
    塾生は、無理やりでもやらされますから。

    ユーザーID:0469478260

  • ミスを防ぐには

    ミスを防ぐには、訓練をするしかありません。それで確実にミスは減らせます。お子さんは理解力はあるようなので間違いを減らせば点は伸びます。

    その訓練が出来る優秀な講師のいる個人指導の塾なり家庭教師につかせるべきです。身につけば大学受験やその先までずっと役に立つのだから安いものです。

    >「確認」「いつもやってしまうミスをしないよう気をつける」と繰り返し言っても

    そんなやり方では無理です。主婦がネットでちょろっと聞いて何とかなるようなものではありません。たかが算数ごときと思うでしょうが、教育にはお金がかかるんですよ。

    私は中学時代に家庭教師にその訓練を受け短期間でしたが劇的に変わりました。
    その後、教員にはなりませんでしたが教職過程は取りアルバイトで塾講師や家庭教師などをすることもありました。知人などに、うちの子は出来るのにケアレスミスで点が取れないという相談には、教育に金をかけろってアドバイスしてます。大抵、ケアレスミスで本当は出来る子だから金なんか・・・と思って損してるんですよね。

    ユーザーID:7633528495

  • もったいない!

    とにかく見直しに尽きると思います。

    まずは見直しの必要性を説きましょう。

    テストが返ってきたら、
    ケアレスミスをしなかったときの点数を
    先生が書いてくれた点数の横に書いてやるといいです。
    「こんなに損してるよ、もったいないねぇ。」と
    教えてあげましょう。

    次に、見直しのやり方を教えてあげましょう。

    全部解いたら、最初に戻る。
    問題を読み、さっき自分が書いた式や答えを見ないようにして
    もう一度解く。
    どうしても見えてしまうときは、消しゴムで隠すといいようです。
    それでさっきと同じ答えならOK。
    違っていたら、さらにもう一度解き直す。

    こんな対策でどうでしょう?

    ユーザーID:9154918588

  • 繰り返し言っても意味ないので

    具体的な対策を教えてあげてください。
    「確認しなさい」は効果ないでしょ?
    上の空で確認しても無駄だから。
    上の空だとしても、機械的にチェックすればOKな方法を考えてあげてください。
    いつか、本人が必要だと自覚したときにできるようにしてあげるために。

    ちなみに、私は知りません。
    知っていたら教えてほしいぐらい。

    私も子供のころはお子さんと同じようなことをしていました。
    単純であるほど、ミスがでます。
    確認しろとは親にも先生にも言われましたが、確認したってなくなりません。
    きちんと確認できる人にはわかってもらえないんですが、本当にできないんです。
    学力とは関係ないんですけどね。

    大人の今でもその傾向は同じなので、凡ミスや注意散漫さがクリティカルな職業は避けました(医療系、金融・経理系、車両の運転など)。
    注意散漫さを他の能力でカバーできるような職業って限られるんですけどね。

    ユーザーID:7316101076

  • 方法はいくつかあるけれど

    > 普段以上にミス対策をしてみた

    これって具体的に何をしたんでしょうか?


    基本的には、いつ・どこで・どのようなミスをするか分かっていないから改善しないんですよ。


    まず、お子さんが問題を解いている横で張り付いて見ていましょう。
    そして、ミスをしたら10秒後にストップ。
    「また!!」などと攻撃的になってはいけませんよ。

    ミスの内容は指摘せずに、自分で気づかせる。

    消しゴムは使わずに、ミスの痕跡を残したうえで、正しい答えを書くようにする。

    何十回も繰り返していれば、だんだんと「どうやってミスしているのか」が分かってきます。


    ただし、これには指導する側にリアルタイムでミスを検出できる能力が不可欠です。
    また、横で親がイライラしていたら、ミスは多くなります。
    確実に注意力が削がれますし、やる気をなくしますから。


    そして重要なことは、一朝一夕で効果など出ません。
    数日で目に見える効果が出る魔法のような方法など存在しないのです。

    ユーザーID:1437442048

  • ひょっとして「字が汚い」可能性は?

    私がそうだったのですが、自分の書いた字を誤読しているる可能性はあります。自分の場合、それほどまでに汚かったといいますか、自分の字に、過去の自分はあまりにも無頓着でした。

    どうやって治したかは記憶がありません。

    ただ、中3ぐらいからはノートをすばやく取る癖をつけられるようになりましたので、その頃から成績は上がりました。恐らく文字を書く癖がついてから、字そのものがキレイになったような気はします。今時はスマホやパソコン頼みで文字を書く癖がつきにくいでしょうから、文字が汚いのを治すことは昔以上に至難かも知れませんね。

    自分の場合、小学生の頃は成績があまり上がりませんでした。
    周りが優秀すぎて、埋没していた状態でもありましたが。

    ユーザーID:8532601491

  • 公文

    公文か算盤かで幼少時から毎日毎日鍛錬する。ウチやってないけど。

    そういうの以外は分かりません。ウチが教えて欲しいですねえ。
    お幾つですか?直径半径云々なら小3?
    そのお年頃の男子は、無理ですよ注意深くするの。
    ウチの息子今小5ですが、小5になると少し落ち着きます。ほんのちょっとですが。それを俟つ。

    全国統一模試…四谷の全国統一テストかな?今結果出てきてますね。上位ですか。
    で、「またこのパターンか」となってのトピ立てかな。
    このテストの予選はマークで「注意深さ命」ですから、
    「思考力抜群だけど凡ミス野郎で予選落ち…決勝に出られれば超難記述で大暴れしてやるのに」って子多いですよ。
    息子さんだけじゃないです。

    ウチの息子、難問できないのにうっかり決勝に残ったことがありますが、
    その予選の朝は「私が」絶好調で、朝食の時からガンガン飛ばして皆(特に息子)を笑わせてました。
    行く道すがらも息子笑いっぱなしで上機嫌で会場入り、奇跡の凡ミスゼロで50人に残留。
    男子は単純なので「当日朝の機嫌」は大切かと。
    でも朝いつも絶好調って…無理…。

    ユーザーID:8438339192

  • 地力を上げる

    解決策は、これだけです。
    出題者の意図が読めるレベルまで余力が大きくなれば、ミスはしません。
    中学の面談時に、先生に確認した結論です。
    正攻法あるのみです。
    ただし、子供には言ってはいけません。
    おだてて、おだてて勉強してもらうしかありません。

    ユーザーID:9730266356

  • 数学になると変わりますよ

    中学受験のためには対策を考える必要がありますが、sin cos tan log ln 微分 積分 微分方程式の世界になると関係無いですよ。角を矯めて牛を殺すということがないようにお願いします。ケアレスミスをしても合格点を取れるまで算数を理解しているならそのほうが偉いのです。
    テストの見直しはせっかく正しい答えをわざわざ間違えたものにしてしまうこともやたらに多いのです。

    ユーザーID:8340184753

  • 「確かめ算」の習慣をつける

    「問題を解く」ことを「計算して答えを出すまで」と考えるといつまで経ってもミスは減りません。「計算して答えを出したら、題意に合っているかか確かめる」ここまでして「問題を解いた」という感覚になるよう、繰り返し練習するのが良いと思います。

    例えば、4×6=26なら、26割る6が4になるかどうか確かめる。
    2400mと解答したら、題意にあっているか、もう一度、問題文を読み、確かめる。

    どれも、ペーパーテストのテクニックですから、繰り返しているうちにだんだんとできる様になると思います。

    ユーザーID:4409030016

  • 計算に慣れ問題が難しくなる頃にケアレスミスはなくなりました

    思い起こせば小学校の特に低学年の時、ケアレスミスが多かったような気がします。でも計算に慣れ問題が難しくなる中学3年生頃からケアレスミスをした記憶はありません。
    現在小4で中受塾に通う末っ子は難しめの問題ではケアレスミスはないけれど計算問題ではよくやらかします。小学校のテストもケアレスミスが多いです。見直しているよと本人は言いますが簡単だと思って心のどこかでなめてかかっているのか、計算だけの問題はじっくり考える必要がないので早く解こうとする気持ちがケアレスミスを呼ぶのかわかりませんが時間が解決してくれるだろうとあまり気にしないようにしています。

    ユーザーID:9957735722

  • これはどうでしょう。

    >4×6は、26になっている鉛筆の計算式が残っています・・・。
    >問題用紙には答えが56あまり3と自分で書いてあるのに、回答用紙にはあまり6となっています・

    「九九できるよ。」「割り算できるよ。」と、単純計算をなめてかかっているからそうなります。

    「大人の計算ドリル(2)」で、訓練するのはどうでしょうか。
    加減乗除が混ざって出題されています。
    ((1)は、割り算が無いようなので、(2)がオススメ)

    本屋さんにあると思います。(大人の脳トレ用ですが。)

    このドリルの計算は、小4以上なら出来て当たり前。
    しかし、ミスして間違うから、ショックを受けます。気が引き締まります。

    うちの子は、1冊終えて、2冊目突入です。

    ユーザーID:1437176297

  • 時間が足りなくて焦ってるのか?

    それならしょうがない。敢えて言えばぱっとみて回答方法がわからない問題は飛ばし、まず出来る問題からさっさと片付け、残ったものは時間をみながらじっくりやる。

    でも、どっちかというと時間内に早く終わっちゃって、余裕ぶっこいて見直ししてないパターンだと思いますよ。

    「見直すだけで10点は稼げる」って言えば?損得で理解させないとダメだと思う。

    ユーザーID:7015728017

  • 我が子の話かと思いました。

    身に覚えのあるお話でしたので、出て来てしまいました。
    確かに、こんな簡単な問題で点数を落とすなんてもったいないと思ってしまいますよね。

    でも、本人がもったいないと思っていないのに、親がイライラしても逆効果です。
    計算が遅く、時間が足りない事がミスの原因なら計算問題のミス対策も必要でしょうが、性格的な物であれば逆効果にしかなりません。

    多分中学受験を考えておられるのでしょうが、まず一番大切なのは、本人が「どうしても合格したい」という、意志を持っているかどうかです。
    本人にその気持ちがあれば、そのうっかりミスで落とした点数を、正答率の低い問題を解く事により穴埋めするためにはどれほどの努力が必要なのかを理解させましょう。

    本人の中に「もったいない」の気持ちさえ芽生えてくれたら、それだけの頭脳の持ち主ならば、やるべき時には気を付けるようになると思います。

    受験本番では、合格と言うご褒美が有ります。
    模試では、本気になれないかもしれません。
    禁じ手かもしれませんが、模試の際、本人が執着する何かをご褒美に賭けてみるのも良いかもしれません。

    ユーザーID:5241637198

  • 自覚させるには

    私もケアレスミスが多い生徒でした。
    散々「見直しなさい。わかっているんだから。」といわれました。
    でも、「見直すのはめんどくさいし、わかっているんだからいーじゃん。」と子供だから思っていました。
    確かに、練習すればミスは少なくなりますが、練習するのが面倒なんです。理屈はわかっているから。
    でも、一度先生に「ミスしたらできた事にはならない。社会にでたらミスじゃすまないんだぞ。橋を建てて倒壊したからって、ちょっとミスでした。じゃすまないんだから。」と言われました。そこで、目が覚めた気がして注意はかなりできるようにはなりました。ミスは相変わらず0にはなりませんでしたが。

    同じような事をいうと、子供は気がつくようです。料理で塩と砂糖を間違えていれる話とか。
    ご参考までに。

    ユーザーID:9179583684

  • ミスはするもの!

    トピ主さんの文を見ると、かけ算のミスが多い様子。
    とりあえず、毎日ウォームアップをかねて、かけ算の100マス計算などを
    されてみてはいかがですかね。1分程で終わると思いますし。
    (4の段が苦手、など傾向があるなら時間のないときはその段のみでも)

    単位ミスなどあるようですが、基本的にそのようなミスはするものなので
    ミスを防ぐ工夫を考えていくことが重要だと思います。
    最初に問題を読んだときに、どの単位で答えればよいか計算に入る前に
    丸印をつけて目立たせておくとか。(計算に入ると忘れてがちなので(笑))
    直径と半径をミスするなら、図を描いて考える習慣をつける。
    すべてとき終えた後の1回目の見直し時には、もう見直さなくて良いものには○、
    もう一度見直したいものには△をつける、など効率よく時間内で見直しできる
    ように問題番号に記号をつけていく。などなど・・

    ちょっと工夫するだけで、グンと得点が伸びると思います。

    ユーザーID:4256725156

  • この親にしてこの子あり、ですかね…

    計算ミスが出る理由は、お子さんだけの問題では、どうやらなさそうに思えてきました。

    こういった発言が集まる場所で、一定程度の発言が集まっているのですから、そろそろ「フィードバック」させるための「考え方、試案」みたいなものを、トピ主さんが披露なさっても良いはずなのですが、一向にそうされる気配がありません。

    つまり
    ・他人の考え方を、自分の考え方に活かす、とか
    ・出た結果に対して、検証を行う
    といったことを、トピ主さん自身が行っていませんよね?

    となると、日頃からそのような言動で、一方的に自分の考えをお子さんに押しつけているだけなのかな?と想像しなくもありません。

    親が検証という行動をとらないし、取る術も知らないのであれば、そりゃ子どもだってできない可能性は高そうです。私は11/24以来トピ進行が止まっている様子を見ながら

    「この親にしてこの子あり」かな?

    と思い始めています。

    ユーザーID:8532601491

  • うちは変わりました

    1会場で受ける模試は、見直しの時間などないものと思え。
     見直しの習慣のある子のケアレスは見直しするからとりあえず最後まで解きたいという気持ちがどこかにあります。でも、そう簡単に最後まで解かせてはくれません。最後の大問を無視する、その代わりもう一度大問1.2を解きなおす(見直すではなく。)は少し有効。でも、不思議と見直しで見つからないものなのです。つまり一発で解けなきゃ、落としたと思え。です。同じミスを繰り返ししている場合が多いです。最後に、子供に、大問1の一問は8点、最後の大問は一問10点。つまりとれるかわからない10点か確実な8点かどちらをとるべきかを考えてもらうこと。
    2会場で受けることでしか、ケアレスの練習はできない。
    いわゆるテスト会場でできて、初めてできるんです。家でやってできる子は結構いる。でもこれはできたことにはならないのです。いつもと違う場所でいつもと同じようにとけてこその実力です。受けまくってください。
    3九九なんかやったって無駄です。文章題の中でこその九九です。一門問題集をやってください。力の5000題や予シリ計算など。

    ユーザーID:4260316074

  • そしたら

    市販かなにかの、計算ドリルです。たぶん一年生から六年生まであるはずです。それを、少し、ずつ、反復練習すればヤル気でるかも。

    ユーザーID:0823620565

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧