外遊びが足りないときの影響について

レス15
(トピ主4
お気に入り20

妊娠・出産・育児

めりー

かなり限定的なトピで申し訳ありませんが、是非皆様の知恵をお貸しください。
8ヶ月の娘がいます。娘が5ヶ月のときに家族でアラスカに越してきました。アラスカはすでに冬。娘を外で遊ばせてやれないことが気がかりです。
今の時期のアラスカは日照時間も短く、なにより気温が低いのもあってまず外に出して風邪を引かせたくないという思いがあり、積極的に外に出せません。
比較的陽気のいい日にはできるだけお散歩に連れて行きますが、近くに公園などもないものですから、ベビーカーに座りっぱなしで大した運動になっていない気がします。
そのせいか、夜中は泣きはしないものの、最低2度は目が覚めてしまいます。
育児書や育児関係のウェブサイトなどでは外遊びが大切と書いてあるのに、思うようにできないことで娘の発育や体調に悪影響が出たりするのだろうかと心配です。
太陽光を浴びる時間が少なかったり、外で体を動かす機会が足りなかったりする場合、体にはどのような影響があるのでしょうか?また、このような特殊な環境に対するアドバイスがあればぜひ教えてください。

ユーザーID:6919951876

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 郷に入っては郷に従え

    ということわざがあります。
    育児書や育児サイトが日本のものなら、アラスカのように気候・環境が違う場合の対処法はさすがに載っていないでしょう?
    アラスカへはお仕事の関係ですか?
    まさか大氷原の真ん中の一軒家ではないでしょうから 周囲の方 地元の方に相談するのが一番でしょう。その土地ならではの 長年の生活の知恵があるでしょうから アラスカ流のやり方の中から 合う方法 納得のいく方法を探されるといいと思います。国によっては日本では信じられないやり方もありますし。
    先輩日本人ママさんはいらっしゃいませんか?まだ行かれて間もないようですし 焦らず異文化に親しんでみてください。
    具体案でなくてすみません。

    ユーザーID:9312886200

  • ビタミンDが欠乏します

    私も冬の日照時間が少ない異国に住んで育児をしていました。

    紫外線を浴びないことによる、クル病にかかりやすくまた骨の形成に影響を及ぼすということで行政からビタミンDを無料配布されていましたよ。
    ミルクや飲み物に入れて飲ませていました。

    それから外が氷点下であるのは当たり前のことなので、それを理由に外に出ない生活はしませんでした。
    猛吹雪以外は、雪が降っていても公園に連れて行っていましたよ。

    手も耳も切れそうなくらい寒かったですが、子供には防寒服を着せて数時間遊ばせていました。
    真冬でも子供たちの成長を思って頑張っている親は沢山いましたよ。

    小学校に上がる前に帰国しましたが、3歳までに汗腺の数が決まるとかで、帰国して最初の夏はうまく汗が出ず体に体温がこもってしまったのか真っ赤な顔をして苦しそうでした。

    ずっとアラスカに住むのなら、現地の人達の生活を参考にしてもいいと思いますが、帰国するのであればある程度紫外線への耐性を持たせておいた方がいいです。

    大変ですが頑張って下さい。

    ユーザーID:7285147627

  • 0歳なら大丈夫

    何歳かと思ったら0歳ですか。大丈夫ではありませんか?外遊びが少ないのも、夜中に2度起きるのも、特に問題だとは思いません。
    来冬は歩いているでしょうが、それまでに現地でお友達を作って情報収集しては?

    うちにはジェントライトという、太陽光に近い波長で紫外線のみカットしたデスクライトが有り、なかなか快適です。種類は色々有ります。

    海外発送の出来る会社も有るのでは?

    ユーザーID:3146901133

  • 想像で物を申してすみません

    アラスカにはキッズクラブのような、子供とリトミックをするとか遊んだりするような施設はないのでしょうか。

    私は北海道の-25〜-30℃になるような場所に在住です。
    冬の晴れた日で、子供が自分で遊べるようになるまで長くても30分くらいしか外に出していなかったと思います。

    後はデパートなど室内の遊戯コーナーにたまに行くくらいでした。

    それでも普通に育っているので、もともと寒冷地に育っているなら影響がないのではないかと思います。
    心配なら現地の方に聞いてみてはいかがでしょうか。

    太陽光は太陽光で紫外線がきつい地域(オゾンホールの影響は今はないのでしょうか)の場合は日焼け止めが必要になると思います。
    冬でも雪に反射するので焼けますよ。

    どうしても心配なら、サンルームのような日光の差す部屋で遊ばせてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:7784634975

  • アラスカの人になるだけ

    アラスカに居ると、アラスカの人のようになるのでしょう。アラスカの人は外遊びが出来なくて、大人になると何か問題でもあるのでしょうか。むしろ、寒さに耐えていける強い皮膚感覚が育っていくことでしょう。

    先ずはアラスカの人(子供や大人)を観察しなさい。全てはそれからでしょう。

    ユーザーID:1101742148

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • まだ8ヶ月ですよね?

    地元の先住民族の方はどうやって子育てをされていますか?
    地元の方の子供さんは成長していますよね。

    フィンランドに嫁いだ日本人妻の育児がテレビ番組の世界の日本人妻で出ていましたが、雪の中で現地の方の育児方法を実践されていました。
    アラスカとフィンランドでは温度差があるので参考になるかわかりませんが・・・

    うちの子供が8ヶ月だとそんなに外遊びはさせませんでした。室内で遊具で体を動かせました。滑り台やジャングルジム等。
    日光浴は大切なので少しでも日光浴をしてみて下さい。
    参考にならず申し訳ありません。

    ユーザーID:9382525258

  • アラスカの子供達は?

    どう過ごしているのでしょうか?

    郷に入っては…です。
    参考になると思います。

    ユーザーID:6225978027

  • 遊ばせても夜起きましたが

    アラスカじゃないですが、冬はマイナスの国に住んでいます。子供はマイナス25度以上は外に出ないように指導されますが、そうじゃなければ出ます。スキー服のようなものが売ってます。日本の防寒着とは比べものにならないぐらい暖かいです。ビタミンDは乳児用が薬局に売っていませんか?あとは室内遊戯場。春生まれの娘も、冬はほとんど地面に触れることなく育ちました。初めて芝生に座った時は泣いていたぐらい。でも、今は元気いっぱいで雪の中を転がってます。

    ユーザーID:8828655440

  • 室内遊び場など

    アメリカ中西部在です。緯度はこちらの方が低いですが冬場はアラスカより寒い事もあります。

    お子さんが8か月なら無理に外へ出なくても良いです。天気の良い時に家の中で陽のあたる場所に座らせたり気温が少し上がった時は窓を数センチ開けてみたりで良いと思いますよ。

    うちは歩くようになってからは華氏で0度以上なら散歩すると決めていたので天気予報を見ながら外へ出ていました。10分ほどで帰ってきてすぐお風呂に入れてお昼寝というのが日課だったと思います。2、3歳のころは体感気温が危険じゃない限り車でモールの遊び場に連れて行ったり図書館に行ったり室内で過ごせるところに行きました。図書館は読み聞かせのクラスでダンスしたり歌ったりもあったので、近所の図書館を調べては色々と参加してましたよ。あとは室内プールとか市民センターですかね。

    日本人のお宅だと室内用ジャングルジムを置いてたりしてたご家庭もありました。

    極寒地の子供は春夏外で思いっきり遊んで冬は静かにするペースが掴めてるので悪影響はないです。大丈夫。

    それよりお母さんがストレス貯まるのでうまく過ごしてくださいね。

    ユーザーID:7508151825

  • 日本の育児書は参考にならないですよ

     トピ主さんの場合は日本の育児書は参考にならないと思います。なぜなら、日本の育児書は、首都圏の親子向けに書かれているものだからです。

     アラスカの子ども達はどうしているのでしょうね?私は外遊びうんぬんよりも日照不足と体内時計狂いのほうが気になりますが。

    ユーザーID:9961652641

  • 皆様アドバイスありがとうございます。

    しゃらさん
    郷に入っては郷に従う、その通りですね。こちらには夫の仕事の関係で来ましたので、思うように友達作りもはかどらず、実母にばかり助けを求めていたせいで現地の人はどうしているのか、と考えるに至りませんでした。お恥ずかしい限りです。皆さんのアドバイスを参考に、こちらで子育てについて相談できるような友達を作ることから始めてみようと思います。親切なアドバイスありがとうございました。

    うーんさん
    実際に似た環境でどうされていたかのお話を聞けてとても参考になりました。わたしは甘えているんだなと思い知らされました。娘のために、あったかくして外に行く機会を増やしていこうと思います。紫外線への耐性のお話は本当にためになりました。帰国予定はまだありませんが、アラスカから他の州に越す可能性はあるので、やはり母として頑張らないといけないですね。本当にありがとうございました。

    三人の母さん
    先輩ママにそう言っていただけるととても安心できます。ジェントライトと言うんですね、探してみようと思います。日照時間は短くなる一方でやはり心配なので‥心強いお言葉ありがとうございました。

    ユーザーID:6919951876

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 皆様アドバイスありがとうございます。

    どさんこさん
    なにしろこちらに来てから自由に動ける日が限られており、まだ見つけることはできていないのですが、探せばそのような施設も見つかるかもしれません。とにかく情報不足だということがわかりました。少し探してみようと思います。雪焼けについても言及していただき感謝しています。完全に失念しておりました。アドバイスありがとうございました。

    無常の風さん
    おっしゃる通りです。まずは現地の方のお話を聞いたり、観察したりが大切ですね。あまり日本ではこうなのに、にこだわらずに周りを見てみようと思います。ありがとうございました。

    るりさん
    先住民族の方はどうされてきたのか、考えてもみませんでした。聞いてみればその地ならではの工夫があるかもしれませんね。まずは友達作りから頑張ってみます。ありがとうございました。

    ユーザーID:6919951876

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 皆様アドバイスありがとうございます。

    転勤族の妻さん
    郷に入っては郷に従う。やはりこれに尽きるのだと皆さんのアドバイスを読んでいて思いました。少々できないことにこだわり過ぎていた気がします。できることから始めてみます。ありがとうございました。

    娘5歳さん
    ビタミンDは市販のものを与えています。スノースーツも夫の知人から頂いたので、一緒に外に出てみようと思います。夜寝られないのは外に出ないからというわけではないのがわかってほっとしました。ありがとうございました。

    ユーザーID:6919951876

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 皆様アドバイスありがとうございます。

    うどんさん
    具体的なアドバイスとても参考になりました。無意識に気負いすぎていたかもしれません。子供の柔軟な適応力を信じつつ、できることから始めてみます。日の当たる場所や窓を数センチあけるなどもやってみます。いろいろと教えてくださってありがとうございました。

    あのうさん
    そうですね、考えてみれば当たり前の事なのに、日本の「普通」にこだわり過ぎていたようです。わたしも気になっているのは体内時計の狂いなのです。日照時間はどうしようもないとはいえビタミンDを毎日与えてはいるのですが、体内時計は調整してあげるわけにもいかず‥そこで日の出ている間は外に出た方が少しでも体内時計の調整につながるのだろうかと質問させていただいた次第です。皆様のアドバイスを参考にできることをしてみようと思います。ありがとうございました。

    ユーザーID:6919951876

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 体内時計

    娘が小さい頃、昼夜逆転になった時、朝になったら明るく、夜は暗くするようにと病院に言われました。決まった時間に電気をつけたり、カーテンを開けるといいですよ。夜は授乳でも薄暗い電気で。現地語はできますか?地元情報は、インターネットでも調べられるはずです。がんばって。

    ユーザーID:8828655440

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧