おすすめの交響曲教えてください

レス32
(トピ主3
お気に入り48

趣味・教育・教養

ライアン

ピアノ曲&ピアノ協奏曲は昔ピアノを習ってたこともあり、それなりに詳しいけど、40代の今は音楽とはすっかりご無沙汰していました。先日機会があってブラームスの交響曲1番を生で聴き、いたく感動。
高校生の時、ブラームスのピアノ曲(ラプソディ2番とかいうやつ)を弾かされて大っ嫌いになり印象悪かったので、今さらながらごめんなさいってかんじです。
これをきっかけにいろんな交響曲を聴いてみたいと思います
・・・でもベートーベンの第9とかチャイコフスキーの何番か(悲愴?)とかブラームスは4番(最後がドラえもん)、ドボルザークの新世界、ショスタコービッチの(たぶん)5番と7番(チチンプイ)とかブルックナー4番マーラー巨人・復活・千人とか有名どころしか知りません。小町にはクラシックに詳しい方がたくさんいらっしゃると思うのでおすすめをぜひ教えてください。

ユーザーID:3771198235

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 自分のお勧めは

    マーラー 交響曲 第4番、交響曲 第5番、交響曲 第6番 悲劇的、交響曲 大地の歌

    チャイコフスキー 交響曲 第1番 冬の日の幻想

    カリンニコフ 交響曲 第1番

    シューマン 交響曲 第4番

    ドヴォルザーク 交響曲 第8番

    ダンディ フランスの山人の歌による交響曲

    シベリウス 交響曲 第2番

    モーツァルト 交響曲 第25番

    ブルックナー 交響曲 第7番

    メンデルスゾーン 交響曲 第4番 イタリア

    ブラームス 交響曲 第2番

    プロコフィエフ 古典交響曲

    などです。

    ユーザーID:6137298605

  • 有名かな?

    シベリウスの2番、7番、ニールセンの4番辺りいかがでしょうか。

    ユーザーID:8490646712

  • 有名どころは、それなりにお薦め

    重厚なものがお好きなのですね。
    それでしたら、近代の有名どころはお薦めです。
    ブラームスは4曲全曲。ベートーベンだと、9以外には3、5、6は外せません。
    ドボルザークは、9の他には8です。チャイコフスキーは6の他は4、5。
    ブルックナーは4の他には7を聞いてみて下さい。
    マーラーは1、2、9の他は5が有名です。個人的には6や、未完成の10も好きですが。

    他には、ワーグナーの楽劇と、ラフマニノフのピアノ協奏曲2番(弾かれたかな)などいかがですか。ベルリオーズも重いです。ちょっと長過ぎるかもしれないけど。シベリウスの2番、これは逆に物足りないかな?

    気軽な重厚ものとしては、ジャズテイストの、ガーシュイン(ピアノ弾きさんなので、「Concert in F」をお薦めしておきます)。あと、雰囲気がブラバンぽいですが、ホルストの「惑星」。

    ユーザーID:6076805470

  • おっしゃっている曲は

    全部いいと思います。

    50代のおっちゃんです。演奏は出来ませんが、10代からずっとクラシック好きで、通勤ではずっとクラシックを聴いています。未だにCDで100枚くらいは持っています。週1枚を毎日聞いていますが、二年くらいで一巡します。

    交響曲はやっぱりベートーベンが一番ではないかと思います。それ以前のハイドンやモーツァルトとは明らかに違いますよね。ブラームスもずいぶん苦労して書いた1番は素晴らしい出来だと思います。マーラーもいいですが、ブラ1は超えられない気がします。

    書かれていない曲ではベートーベンの第7は好きですね。チャイコフスキーは6番「悲愴」もいいですが、5番もいいですよ!

    ユーザーID:1610991069

  • おすすめ

    私も詳しくはないのですが、時々基本(?)に戻ってチャイコフスキーの5番を聴きます。
    やはり良いものは良いです。元気が出ます。

    またベートーベンの5番も、ジャジャジャジャーンだけでなく、4楽章まで素晴らしいです。ジャジャジャジャーンが一人歩きしてるようですが、これも美しいと思います。

    マーラーは5番の4楽章が美しくて有名ですよね。4番も好きです。

    ユーザーID:5635018992

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 交響曲ラインナップ

    野球の打順風に
    1番マーラー(巨人)
    2番シベリウス
    3番サン=サーンス(オルガン付き)
    4番ブラームス
    5番ショスタコーヴィッチ(革命)
    6番チャイコフスキー(悲愴)
    7番ブルックナー
    8番ドボルザーク
    9番ベートーヴェン(合唱付き)

    こんなところでしょうか。
    3番の控えにシューマン(ライン)もあげておきます。
    番号はありませんがベルリオーズの幻想交響曲や
    フランクの交響曲も聴いてみてください。

    ユーザーID:7321270160

  • お薦めの交響曲

    ブラームスの交響曲第一番を聴いて感動されてということで、これを手がかりとすると、まずはブラームスの第二番〜第四番がお薦めです。これでブラームスの交響曲は完了です。ベートーヴェンの第三番、第五番、第七番、といった奇数番号、せっかくなので第一番、第二番と順番に聴いて第九まで聴かれることもお薦めです。それからドボルザークの第九番の「新世界から」と第八番。チャイコフスキーの第四番〜第六番まで。以上は第九を除いておおよろ45分よりも短いので聴きやすいのではないかと思います。そして、長大な曲でお薦めは、マーラーの第三番と第九番あたり。第三番はギネスブックに載る一番長い交響曲です。第九番はマーラーが死を意識した曲と知られていますが、演奏によってそのあたりの表現は異なるので、複数の録音を聴いてみると面白いです。最後に大切なこととして、何にしてもライヴで聴くことが大切です。お金もかかりますが、是非会場にお出かけされるようお薦め致します。

    ユーザーID:7565499550

  • 交響曲!

    シベリウスの第二番。行った事はないんですが、特に第四楽章を聴くとフィンランドの空気にさらされるような感覚になります。猛烈な吹雪の後の壮大な夕暮れ、山肌にあたる赤々とした夕日を目の当たりにするように曲が終わります(私の勝手な感じ方ですが)。
    それと、サン=サーンスの第三番(オルガンつき)。フランス人作曲家らしく華麗な交響曲です。曲の最後のオルガンの響きがやむまで耳をすませて楽しみたい曲です。
    もひとつ大好きなのがチャイコフスキーの第五番!お勧めです。

    ユーザーID:9594136601

  • わたしのおすすめは

    私がお勧めするのは、ボロディンの第二交響曲です。「勇士」というテーマで作曲されたらしく、とても勇ましい曲です。

    ユーザーID:0593572885

  • 未だ上がっていないのでは

    こんにちは。ミーハークラシック好きです。ミーハーなので有名所しか知りませんが、マーラー派さんのところまでで、未だ上がっていないものでは、

    ベートーベン:4番、肩肘張ってなくていい感じです。
    シベリウス:2番、7番が上がっていますが5番も好きです。
    ラフマニノフ:2番:ピアコンの2番が好きならこちらも好きになると思います。かなり長いです。
    チャイコフスキー:5番:全楽章を通じて流れる運命のテーマと、2楽章のホルンの独奏がなんとも言えません。4番も定番です。
    ドボルザーク:8番、9番は定番として上がっていますが、7番が地味に良いです。何回か聞いたらやみつきになりました。8番、9番と違ってブラームスの影響が色濃く感じられます。
    メンデルスゾーン:4番イタリアは上がっていますが、私は3番スコットランドの方が好きです。特に1楽章のちょっと陰鬱な感じに魅せられます。
    シューベルト:7番未完成、定番ですね。

    ユーザーID:7767557625

  • 追記

    ・シューベルト 交響曲 第7番 未完成、第8番 ザ・グレート

    あとついでに、交響曲ではないですが、交響楽的作品というと
    交響詩や交響組曲、幻想序曲なんかも結構面白いです

    ・リスト 交響詩 レ・プレリュード
    ・チャイコフスキー 幻想序曲 ロミオとジュリエット
              幻想序曲 テンペスト
              幻想序曲 フランチェスカ・ダ・リミニ
    ・スメタナ 連作交響詩 我が祖国(モルダウを含む全6曲)
    ・R.シュトラウス 交響詩 ツァラトゥストラはかく語りき
    ・ホルスト 交響組曲 惑星
    ・リムスキーコルサコフ 交響組曲 シェヘラザード
    ・デュカス 交響詩 魔法使いの弟子


    これらもお薦めです。

    ユーザーID:6137298605

  • ロシア物で

    まだ出てない曲だと

    ラフマニノフ 交響曲第2番
    プロコフィエフ 交響曲第5番

    ユーザーID:4028194621

  • 今は冬ですが

    シューマンのシンフォニー1番「春」ドイツの春のイメージそのものです。
    そしてサンサーンスのシンフォニー3番、オルガン付きも好きです。
    それとこちらはかなり方向が違いますが、ヴォーン・ウイリアムスの2番「ロンドン交響曲」はまさにロンドン、イギリスの雰囲気です。

    ユーザーID:8627147332

  • ありきたりかな

    くつろぎたいとき『田園』
    クリスマスには『オルガン付き』
    だから映画『ベイブ』を初めてみたときは大笑い。

    ユーザーID:2192990917

  • 広義の交響楽的な作品

    では、皆さんの推薦するもの以外をあげてみます。

    Kodaly(コダーイ)のHary Janos(ハリー・ヤノーシュ)。是非ハンガリーの指揮者ので聴いていただきたいです。ショルティ、シェル、フリッチャイ他試聴可能です。

    ヤナーチェクのシンフォニエッタ。

    ショルティ指揮の展覧会の絵。

    ラヴェルのクープランの墓のコチシュによるオーケストラバージョン。Kocsis Ravel orchestration で探してください。

    BartokのThe Miraculous Mandarin。

    ユーザーID:6565896762

  • たくさん!ありがとうございます

    トピ主です。つまらないトピにたくさんレス頂けて感激です(昔立てたトピにはお返事がこなかったのです、今回は感激!)。
    さて、名前を聞いたこともない作曲家、知っている作曲家のものでも番号が多すぎてどれがどれやらってことで、少々混乱しています。
    ブラームスの2番3番、シベリウス2番(バイオリン協しか知らない)、ニールセン(初耳)、ボロディン(ダッタン人の踊りの人?)、マーラー3番(ギネスものとは知らなかった!)、ブルックナー7番(有名らしいですね)、ベートーベン全曲(5番や9番以外、何が何番だかわからん)
    ・・・ロミオとジュリエットってプロコフィエフ以外にもかいてるんですね。

    ところで今日の音楽館(Eテレ)にブルックナー1番(初期の意欲作)とあり、これは希少価値がありそうなので一聴してみたいと思います。

    ユーザーID:3771198235

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • では

    芥川也寸志
    「オルガンとオーケストラのための「響」」

    ユーザーID:8310147050

  • まだ挙がってなさそうな曲で

    ビゼーのハ長調、

    ブルックナーの9番、

    カリンニコフの2番、

    ショスタコーヴィチの10番、などなど。


    ほかに、標題があるので交響詩的な曲ですが、

    チャイコフスキーの「マンフレッド交響曲」や、

    リヒャルト・シュトラウスの「アルプス交響曲」、「家庭交響曲」といった作品もありますね。

    ユーザーID:1348631561

  • ほとんどめぼしいものは出ちゃったが

    チャイコフスキーは5番が一番好きだ。ちなみに「悲愴」は6番だが、あれは本当に重苦しくなる。

    ベートーベンの第8番で第3楽章だったか、NHKの婦人百科のテーマ音楽によく似た主題が出てくる。

    モーツァルトの最後の3曲…39・40・41番も立て続けに聴いてみるとよい。

    シベリウスやドボルザークのような国民楽派の交響曲も聴きごたえがある。

    ユーザーID:0208425026

  • レスします

    有名どころから聴いて行った方がよいと思います。
    多くの人を引きつける魅力があるので,”有名どころ”なのだと思いますから。

    演奏時間の長い曲は後回しの方がよいと思います。
    私は,昔はマーラーとかブルックナーとかよく聞いていましたが,
    40歳を過ぎて,長い曲は聴くのがつらくなってきました。

    ユーザーID:8334838972

  • ハイドン 82番

    今まで出て来てない作曲家から

    ・ハイドン 交響曲82番 『熊』

    ハイドンは交響曲というジャンルが成立するのに多大な影響を与え、「交響曲の父」などと呼ばれるのに交響曲好きと言っている人でも聞いてる人は意外に少ない印象があります。(現にここまで出て来ていない)
    その後の複雑に発展した交響曲と聞き比べると見劣りするように聞こえるのかも知れませんが、豪放磊落でかつ疾走感があり、音楽の喜びにあふれる傑作を多数書いています。
    曲の構成も一見単純に聞こえますが、譜面で見るととても練られていて飽きません。(暗譜が得意だった岩城宏之もハイドンは複雑すぎて無理と言っていた)

    ベートーヴェンは交響曲1番を発表するまで、交響曲を書くならハイドンを越えなければいけない、というものすごいプレッシャーがあったそうで、これはブラームスがやはりベートーヴェンのあとに交響曲を書くのが並大抵のことではないと言っていたのと似ていて面白いです。

    後期作品はどれも素晴らしいですが、中でも好きな82番をお薦めしておきます。

    ユーザーID:0858737706

  • どなたもあげておられないようなので

    ヨーゼフ・ヨアヒム・ラフの交響曲をおすすめします。
    どの曲も親しみやすく、メロディーも覚えやすいです。
    8番から11番までにはシーズン名がつけられています。

    第8番 春の響き
    第9番 夏に
    第10番 秋の時に
    第11番 冬

    最近は特に、「夏に」がお気に入りです。
    ただ、自分のイメージにある夏とはかなり違いますが。

    音楽史に残るような曲かどうか分かりませんが、
    埋もれさせるには惜しい、素敵な曲です。

    是非皆さんにも聴いて欲しいです。

    ユーザーID:0237378592

  • 100曲以上も!

    ハイドンって100曲以上も交響曲かいてるんですね。びっくり。熊とはまた面白いなあ。時計しか知らないので、どんなのか聴いてみようかな。

    ユーザーID:3771198235

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 私が好きなものは

    既出ですが、メンデルスゾーンの第4番「イタリア」です。

    とにかく出だしを聴くと、元気が出ます。

    ユーザーID:3301804561

  • Rシュトラウス『英雄の生涯』から、クラシック好きになりました

    ぼぼっと聴いている派〜 なので、大抵の曲は「めっちゃ好きな部分に到達するまでの時間」が問題で。。
    この曲は「冒頭部分が一番好き」な点で、自分的にポイント高い。

    Rシュトラウスでもう1曲、『ドンキホーテ』。
    風車と闘う場面の、吹き荒れる強風を表現したオーケストレーションが痺れる〜〜☆。

    (って、この人の場合、どっちも「交響詩」って括りになるんですが)

    ユーザーID:8652006459

  • ドラえもんは

    ベートーベンを全曲、なんていったら薦めてないのも同然です!
    なんといっても8番です。一番好きです。
    有名な7番と9番に挟まれて地味な存在ですが、ベートーベンの永遠のテーマである「人類愛への情熱」があふれています。しかもコンパクトにバランスが良い。

    第一楽章 ベートーベンの指定の速さで演奏するのはなかなか難しいです。指揮者によってかなり印象が変わります。出来たら1小節を1つで振ってほしい。
    第2楽章 なんだろう、この気分の良さは。ベートーベンさんって軽く冗談も言えるのね。
    第3楽章 この押さえ加減な情熱の発露が心憎い。
    第4楽章 結局この交響曲全体がコンパクトな印象なのは、冷蔵庫にあるもの物ですごく美味しいものを作ってもらった感じと似ているからでしょうか。(褒めてます!)大きくすればいいってもんじゃない。長くすればいいってもんじゃない。スピリットだけでいいんです!

    蛇足ですがドラえもんのテーマはチャイコフスキーの第5番の第4楽章です。

    ユーザーID:4193499560

  • ジャングル交響曲♪

    なんちゃって…白いライオンが出てきちゃいますね。チャイコフスキーの悲愴なんてどうでしょうか。

    ユーザーID:3129123148

  • ああ、悲愴 でちゃってましたね

    ではショスタコーヴィチ 交響曲第五番…シベリウス交響曲第ニ番とか。

    ユーザーID:3129123148

  • ありゃりゃ

    よし、じゃあベルリオーズ幻想交響曲はでてないよね?聞けば、海賊王に俺はなる(笑)

    ユーザーID:3129123148

  • 交響組曲(だったかな)宇宙戦艦ヤマト

    一度、ホールのオーケストラで聞いてみたい…。

    ユーザーID:4924061219

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧