義母の荷物がストレスと夫に言ってもよいでしょうか?

レス52
お気に入り191
トピ主のみ2

みねゆ

ひと

このトピのレス

レス数52

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そりゃ

    ご主人が「また、送ってね」と言うから、
    お母さんは喜んでか、いやいやでも、せっせと
    送ってくださるんでしょ。

    そこまで嫌なら、ご主人に言って頂くしかない。
    それか、責任もって消化してもらう。

    お母さんも、案外、断られて「ほっ」となさる
    かもよ。

    食べ物、そまつにしてはいけません。

    ユーザーID:0488793474

  • 口だけ夫?

    食べきれないからとか理由をつけて減らしてもらったらいいと思いますよ。
    送る側の義母さんもプレッシャーになってるかもしれません。
    大きな荷物は送る作業をするだけでも大変だもの。

    大体食べもしないのにあなたの旦那もなぜ、「送ってね」なんていうのかしら?
    そんなことを言うから増える一方なんでは?
    旦那さんは余計なトラブルは面倒だと思ってるのでしょう。
    でもね、何もしなかったらずっと今のままですよ。
    まずはあなたの旦那に言ってください。
    あと何が欲しいかいちいち確認させるのは気の毒です。あなたもあつかましいですね。
    減らして欲しいとだけ言えばいいのではないですか?それか一切いらないといえば良いですよ。

    ユーザーID:5624109408

  • ご主人に言ってもらう。

    主さんの気持ちをご主人に話し、ご主人から断ってもらいましょうよ。
    義母さんは喜んでもらえてると勘違いしてるのだから、これからも続くでしょう。
    どこかで一線ひかないと・・・。我慢しながら捨て続ける必要なんてないです。
    まずはご主人から言ってもらう、断ったのに送り続けて来たら受け取り拒否し宅配業者に差し戻してもらう。
    ほんとに不要な物を送られるのはストレスになりますね。
    ゴミ処理するのも心理的に苦痛ですし。

    それから「欲しいかどうか聞いてから送ってもらう」というのも甘いかも・・・。
    「いっさい何もいらないから送らないで!」ぐらいの勢いで言っとかないと、ズルズルとまた送りつけてきそう。それに腐らせて無駄になっている事も話した方がよいかも?
    適量を配慮することができない人なのでしょうから「多過ぎ」ってわからせないと・・・。
    高齢者のクセはなかなか治りませんから。

    ユーザーID:0772999201

  • 処分は常に夫と一緒にやる

    夫と週末に、これどうする?じゃ、捨ててね、そこに。と
    トピ主さんは提案するだけ。捨てる実行は御主人。という役割分担に変える
    勝手に捨てておいてくれと言われたら、私もそれを貴方に頼みたい、私の親じゃないのだから、と言う
    貴方がお礼の電話をして助長してるのだから、自分で頑張って。嫌なら自分で断ってね。と言う
    常に、御主人が自分で捨てるように言うことが大事
    嫌なところをトピ主さんが負担してあげちゃうから続くんです
    捨てずに、お礼を言っていい顔するだけなら、トピ主さんも出来ると思いますよ。

    ユーザーID:3906606077

  • 難しいですよね

    義母さんからしてみたら、息子から「ありがとう、また作って送ってね」なんて言われたら、喜んで送るでしょうよ。

    義両親のアポなし突撃訪問をかなりの頻度で受けている身としては、「荷物で済んでて良かったね」と思ってしまいます。

    何を言っても、義母の機嫌を損ねると思いますから、御近所さんに配るとかできませんか?
    義母さんには「我家だけでは多過ぎて、食べきれないから、御近所さんにも配りました」とか、「お料理、夫も私も食べられなくて、御近所さんにおすそ分けしました。」とか。
    職場の同僚にお裾分けしています、とか。

    「迷惑」というと相手を傷つけてしまうので、さりげなく、「多過ぎる・好みと違う」「トピ主家で消費していない(出来ていない)」旨を伝えた方がいいと思います。
    ありがとう、と義母の心だけ受け取って、さばき先を見つける事に腐心した方が賢明な気がします。

    ユーザーID:2586820094

  • 私は主人に処分させてます。

    何度断っても何度説明しもしつこく荷物を送りつけてくるので、今はもう受け取ったら即主人の部屋に放置。ナマモノが腐ってようが、虫が湧いてようが知りませ〜ん。
    主人は帰宅したら嫌々ため息をつきながら処分していますよ。もちろん中身はぜーんぶゴミ箱行き。食べ物だけじゃなく、服や生活用品も。
    息子に迷惑だから「ゴミ」を送るな、いい加減にしろと言われても送り続ける母親の気持ちが理解できません。

    ユーザーID:0610040291

  • かんなさんに1票かな

    亡くなったうちの姑も、送り魔でしたから同じような事がありました。
    でも今はもう天国。きっとみんなの喜ぶ顔、ありがとうが聞きたくて送っていたのでしょう。

    とは言え、あなたの大変さももちろん経験者ですから理解できます。
    なので当時私がした事を書いておきますので参考にしてください。

    ●舅と姑の手作りは全て実家に送りました。「うちの実家が気に入って、ちょうだいちょうだいとうるさくて」なんて嘘言って本当に送ってました。同年代だからでしょうか、実家では喜んで使ってました。
    ●手作りの料理は、食べてみて口に合わなければ捨てました。
    ●野菜、果物はご近所へおすそ分け
    ●とても着れない洋服類は、1度着て見せて処分

    まあ、こんな感じです。それからご主人には正直に言って相談しましょう。

    ユーザーID:1416073906

  • 受け取り拒否で

    はい、うちも全く同じことで悩んでいました。
    仕事から帰ってきて不在票が入っていると、どっと疲れが。
    届いた荷物の中を見て、またどっと疲れが。

    夫に言ってもらいました。
    食べきれない量は送らないでほしい。買い物を控えるから前もって連絡してほしい。と、でも聞き入れてもらえませんでした。

    近所に配ったなんて言ったら、その分、次回から量が増えますよ。

    何をどんなふうに言ってみても、伝わりません。
    ありがたみなんて、亡くなっても多分感じません。

    いらないものは要らない。てことで疎遠8年目です。
    楽です。

    ユーザーID:3245527503

  • みねゆです

    私の駄トピに返事をいただき、ありがとうございます。同じように苦労されている方もいらっしゃり、一人ではないと励まされました。

    冷たい人というご意見もあり、色々考えました。私も親なので、親心も分かります。ただ、義母が送ってくる食品の多くは夫が口にしないものです。春ちゃんさんの言うように、義母は悪い人ではないはずですが、子供の好物でもないものを送るのは自己満足なだけでないかと思ってしまいます。

    また、昔、義母がペットを触った手を洗わずに果物を剥き、幼児の我が子の口に入れようとしたことがあり(うまくかわしました)、それが今も頭から離れず、衛生面が分からない料理を子供に食べさせたくないという、酷い気持ちがあるのも否めません。

    全拒否ではなく、リンゴ箱ほどの段ボールの送付頻度を減らすか、もっと小さな箱で送れないかと思いますが、知りあいや実家にあげたと言うと、極端な話、今回リンゴ3個が次はリンゴ10個になってしまいます。食べ物も同じで、美味しかったと言ってしまえば、今回小さい容器が次回巨大な容器になってしまうのです。

    やはりこのまま受け取り、捨てるしかなさそうですね。

    ユーザーID:9971025146

  • 過ぎたるは及ばざるがごとし

    善意なだけに逆につらいですよね。
    食べるものは特に期限や好み、量など許容範囲がありますから。
    じわじわ追いつめられるのがよく理解出来ます。

    なんで過剰に送ってしまうんでしょうかね?
    有り余る愛情の暴走なんでしょうか?
    私も知りたいです。

    お姑さんに、物を送るのではなくてその分のお金を貯めておいて一緒に旅行でも行きませんか?と提案してみるのはどうかしら。
    『してあげたい』情熱をそちらに逸らす意味で...。
    決して悪意でしている訳ではないので、何とか良い方向に向かうといいですね。

    ユーザーID:0395108820

  • 亡くなったらどんなに迷惑だったかよく解るわ

    亡くなった義母も全く一緒。
    有難迷惑なものをたーくさん!!

    焼き海苔800枚。
    桃を木箱に2箱。
    布おむつ用のサラシ、大量。

    生後5か月の子を抱えてる家に腐りやすい果物など
    要りません。
    巻きずし作る余裕もない、と言ったら
    「あぶって食べればいいでしょう」
    と私の気持ちを汲むことなく言われました。
    義母は大正10年生まれ、
    時代感覚のずれが物凄く迷惑でした。

    夫に言ってもらい、贈るのを辞めてほしいと言いましたが、
    集合ポストに入る薄さのものは、コソコソ送られました。
    こっちも言うのも疲れてほっといたら、また贈り物が復活。

    私はトピ主さんの気持ちがよくわかります。
    迷惑この上ないのに、
    まだ感謝の押し売りする人もいるのには呆れかえります。
    かんなさんは、他人の気持ちがわからないようなので、
    自分が是非、息子夫婦に、ドンドン贈り物して、
    嫌われてください。

    姑が亡くなったら送る人がいなくなり、ホッとしました。
    亡くなって、改めて、他人の気持ちも省みず、
    自分の思いだけをボンボンぶつけて来る人間が、
    いかに罪作りなのかがよくわかりました。

    ユーザーID:3593969144

  • 結婚29年になります

    お気持ちよくわかります。
    私は姑からの荷物を29年受け取っています。
    「送料が2口でも3口でもあまり変わらないから」といつもダンボール3個です。
    泥付き野菜や葉物などその日のうちに湯がいて冷凍するなどの始末で毎回2時間かかります。
    仕事から帰った平日にそれがあると泣きたくなります。

    でもね、20年前くらいまでは姑は我が家にだけではなく、姑の姉妹(都心住み)にも一生懸命荷造りして送っていたんです。
    ある日姑は自身の姉と妹が送られてくる荷物について文句を言い合って笑っているのを聞いてしまったんです。
    「あんな野菜どこにでも売ってるってのにドサーッと送りつけられて腐っちゃうよ。」
    「そうそう置き場にも困るし迷惑よねー(笑)」

    姑寝込みました。そりゃあショックだったでしょう。
    かわいそうでした。荷造りだって大変なんですよ。
    以来私だけでもいつも大喜びしてみせて(電話でですけど)受け取ろうと決心してます。

    姑も70代後半になりました。
    先月は「いつもありがとう。やっぱり売ってるのとは味が違うよね。でも荷造りで腰でも傷めないかと心配になってくるからあんまりがんばらないでね。」と。

    ユーザーID:0543896884

  • 方針転換を伝えてもらう

    >夫は荷物が届くたびに義母に「ありがとう。また(料理を)作って送ってね」と言っているため、荷物が止まることはありません。

    >実は夫は特に積極的に義母の料理を口にしないため、傷んで捨てています。


    ご主人の立場から考えると、離れて暮らす子供として、おふくろが望んでやっている行為を拒むのは気が引けるのでしょう。
    なので「次もぜひ・・・」なんて言葉につながるのでしょう。

    話の様子から察するに、今まではご主人にもお義母様にも伝えることなく続いているのですよね?
    でしたら、我慢が爆発というニュアンスではなく、今までとは状況が変わったことにして回数を減らしてもらう話をご主人からしていただいてはいかがでしょうか?
    「最近食が細くなってたべきれなくなった」的な表現なら先方も気分を害しにくいのでは?


    >実は夫は特に積極的に義母の料理を口にしないため〜

    ご主人は今までの実情を知らないのかな?
    だとしたら毎日食卓に出してなくなるまで食べさせましょう。その他贈り物も同様に体感させることで嫌気がさせば陳情にも身が入るでしょう。

    ユーザーID:1065502178

  • 誰宛に来ますか?

    夫の名前で来るのなら、開封しなくて宜しい。
    すべての処分を夫に任せて下さい。夫の部屋に投げ込んでおけばいいです。

    貴女アテに来るのなら、断れば宜しい。
    なぜ断れないのか不思議です。

    ユーザーID:9833466025

  • ストレスですよね。

    夫の前にだけ、義母からの食品を並べて毎日出す。
    「義母さんが送って来たよ。私達は先に頂いたからあなた遠慮しないで
     全部食べてあげてね。」と可愛く言って、それのみ無くなるまで出す。

    あとはご近所にお裾分け出来そうならする。

    ユーザーID:6722836157

  • 夫婦関係がおかしい

    タイトル見ただけで「ああこりゃまた変な夫婦関係なんだろうな…」と思いました。

    でも皆さんのレスを見て、夫に言わせるor捨てさせるのかな、と思って読んでたら
    >やはりこのまま受け取り、捨てるしかなさそうですね。
    これ?!
    すごいですね。
    このくらいも夫に言えないなんて、夫婦関係がおかしい。
    夫もおかしいけど、言えないトピ主さんも相当おかしいです。

    ユーザーID:0039848157

  • みねゆです

    思いがけず、沢山のレスをありがとうございます。同じ悩みを過去に抱えていた、または現在進行中で抱えている方々の経験談からのアドバイスもありがとうございます。

    いくつかの質問にお答えすると、荷物は夫宛てです。また、我が家では昔から各自の実家は各自で連絡を取る方式になっているため、夫が御礼の電話をします。

    夫宛の荷物をしぶしぶ受け取るのは私ですが、そのまま玄関に放置。夫が中身を冷蔵庫や棚に勝手に入れてます。食卓に出せば夫がちょっと食べても、次の日は食べなくなり、結局捨てることになります。キャベツを買った日にキャベツが届いたこともありました。

    荷物の量が多すぎる、こちらで買えるものを送るのは止めてもらいたい、必要かどうか聞いてほしい、などを夫に話したこともあります。「伝えるよ」と言いつつ、結局義母には伝えておりません。傷付けたくないから言えないのだと思います。また、義母は量が多いことを良いことと思っている人なので、「荷物の隙間を埋めるために色々入れていると思う」と夫が言い訳しておりました。

    なんとなく、家に主婦が二人いるようでストレスなのかもしれません。

    ユーザーID:9971025146

  • 結局は処分だけど

    次の日は食べなくなるそうですが、
    食べなくても夫に出したらどうでしょう?
    そのまま手付かずなら最終的に捨てるのですが、
    それまで二日でも三日でもしつこく出し続けたら、
    少しはトピ主様のストレスわかってくれるかも。

    あと、棚を占領してるものは思い切って処分。
    そもそも姑の送り方は捨てるのと変わらないです。
    悪いのは姑だと思って処分してしまえばいいと思います。


    姑に悪気が無く善意なのはわかります。
    でも、何でも送ればいい、多ければいい、
    と言う感覚はやっぱり罪です。
    例え傷つく言葉でも悪気無ければ言っていい訳でないように。

    だからモノを送るだけでなくて、
    処分する罪悪感も引き受けて貰っていいと思います。
    それでも捨てる事自体面倒ではありますけど。

    ユーザーID:1483528643

  • 2日目から食べなくなります?

    ほかのおかず出さなきゃいいじゃないですか。

    ユーザーID:8207359418

  • それは辛いね。

    想像しただけでも辛そうです。
    宅配のピンポンが鳴るたびにビクビクしちゃいます。

    ただこの荷造は義母にとって『生きがい』なんだと思います。
    大げさじゃなくて、このためだけに生きているくらいの勢いだと思います。
    それを旦那さんは知っているのでしょう。
    だから食べないのに、捨てるだけなのに、断れない。
    なぜなら生きがいを奪うことだから。

    生きがいを無くすと一気に認知症になる確率が高いので
    言い出せないのもあるかもしれませんね。
    認知症になったら大変。。
    完全看護の施設は高額ですし、空きもない。
    お金も十万単位で家計から飛んでいきます。
    認知症予防にもなっていますよ、絶対に。

    旦那さん、もう少しトピ主様の苦労を労ってくれたらいいのに・・・と歯がゆいです。
    ただトピ主様の負担は、決して無駄なことではないと思います。
    というか、一番重要な役目で、陰の立役者だと思います。
    義母の生きがい、旦那さんが遠方の親の体を思う気持ち、
    すべてうまく回っているのは、トピ主様の苦労があっての事ですから。
    皆がトピ主様に甘えているけれど、絶対に無駄ではないと思います。

    ユーザーID:5276449477

  • うちも夫任せ

    うちの姑も賞味期限切れの佃煮、安物の乾物、中途半端に傷んだ野菜など送りつけてきて本当にやっかいでした。
    夫も姑にいい顔ばかりで全く断る気配がないので、あるときから夫任せにして一切関知しなくなりました。
    夫の自室に小さなベランダが付いているので、届いた荷物は全部そこに積み上げておくことに。
    リビングや私の部屋とはつながっていないので、風雨にさらされようが腐ろうが私の目には触れません。
    中身も見ないので、食べ物を粗末にしている等の罪悪感もあまりありません。

    さらに、我が家のいらないものもどんどん送りつけることにしました。
    夫は傷んで着なくなった洋服やネクタイを何度言っても捨てないのです。また、二度は読まない漫画などを大量に買ってきます。そういうものを「よかったら着てください」「この漫画面白かったですよ!」と義理の実家に送りつけました。
    すぐに疎遠になってその後姑は亡くなったので今はスッキリです。肝心の夫も実は荷物(というかベランダの片付け)が負担だったらしく、「ホッとした」と言ってました。
    親不孝かもしれませんが、まあ本心ですね。

    ユーザーID:5133845838

  • うちは「そのまま言いました」よ。

    自分でも言ったし、夫からも重ねて言ってもらった。

    それ以後、山菜でも野菜でも、「要る?」「送ろうか?」「取りに来る?」と、姑さんから事前連絡が電話で入るようになった。

    要る時は「ちょうだい」で、要らない時は、「すみませんけど…」です。


    自分から、「ダブついた通販化粧品の在庫整理(譲渡)」する際も、「要りますか?」と訊きますね。


    【もったいない】は世界に誇れる日本のココロ・・だと思ってますんで、

    【もったいない事は出来ないし、したくないんです!】と、真剣に訴えた結果、現在のお気楽関係が成立している、と。

    ユーザーID:3707220295

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧