お受験て意味あるんですか?

レス51
(トピ主0
お気に入り97

妊娠・出産・育児

やまと

レス

レス数51

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いろいろですよ

    ・同窓会気分
    「曾祖父母の代から我が家はずっと〇〇校にお世話になっていて」というタイプ。
    呼吸をするかの如く、その学校に通うことは当たり前。
    周囲も同様の価値観・環境の人が多いため、親同士も多くが知り合い。

    ・選民意識の満足
    上記の同窓会気分タイプも含まれるが、成り上がりタイプにも多い。
    地方出身や都内でも一般家庭出身からの成功の証としての「お受験」。
    女性にとっては、ステータスある男を捕まえた証という意味もある。

    ・公立侮蔑主義
    選民意識ともかぶるけど、もっと積極的に公立校を忌避するタイプ。
    荒れた地域に住んでいる場合は、特にこの傾向が強い。

    ・学歴を金で買う
    大学まで内部進学で受験が未経験、或いは自分は受験を勝ち抜いた自負があるが
    子供がその後の受験を勝ち抜けるか心配というタイプ。
    早くから学歴を買ってしまう=親が安心、手が抜ける。

    私自身は親になって、最後の「学歴(安心)を金で買う」の気持ちが理解できました。
    自分が進んできた道とはいえ、子供が乗り越えられるかはわかりませんから…
    難関中高一貫校に合格した喜びは自分の時以上でした。

    ユーザーID:4137538596

  • 以前は私もそう思っていました

    幼稚園や小学校のお受験なんて親の満足の為で、子供が可哀想なだけってね。
    然しながら、某有名大学の幼稚部出身の友人の話を聞いてから、そうとは
    言い切れないのかもと思い直しましたね。

    「小学校受験は子供よりも親の努力の賜物。色々な塾に連れて行かれたけれど
    当時の自分はそれが当たり前だと思っていたし、特に辛いと感じた事もない。
    自分の卒業した大学は自分だけの力では入学は不可能だったと思う。
    今の学歴へのレールを敷いてくれた親には本当に感謝している」

    私の娘も友人と同じ大学で、高校までは極々普通の公立校。
    まさに娘本人の能力と努力によって勝ち得た学歴ではありますが、それは
    娘がそれが可能ゆえに成し得た事。

    小学校受験は親の努力で子供の将来へのレールを敷けるチャンスであって
    それ対してキチンと感謝できる子供もいるという現実もあるのだと思いますよ。

    ユーザーID:2010682647

  • 隔離

    底辺との隔離です。


    公立に通えば
    底辺の生活レベルの人と遭遇する場合が
    たまにあります。

    そういう人と関わった経験は有りますか?

    いろんな生活レベルの人と接すると
    良い事もありますが、
    とんでもない目に遭わされる事も有ります。

    ユーザーID:5069232315

  • うちは小学校からですが…

    私はトピ主さんと同じような経歴で、夫は小学校受験→難関国立大院卒です。そして子どもは小学校受験しました。我が家の場合は、子どもが希望したから、です。

    お友達の場合で多いのは、地元小学校の児童数が少ないから、祖父母様の代から通っている、です。児童数が少ないのは、閉校になるのでは?というレベルだそうです。それが本当の理由ではないかもしれませんが。

    夫や兄弟を見ていると、卒業生の人脈というかネットワークはすごいなと思います。ごめんなさい、私もトピ主さんと似た経歴なので正直に書きますと、難関大学を出て上場企業勤務レベルのネットワークではないのです。大きな企業の経営者とか、地元の有力者とかそんな感じです。

    いとこさんのお子さんは、塾にイヤイヤ通っていますか?
    いまどきの塾は楽しめるタイプのものも多く、私自身は、イヤイヤ通っているお子さんを見たことがありません。あと、受験する子が多く通うような幼稚園だと、子どもにとって受験は特別な選択肢ではありません。もちろん、受験に欠点があるのも承知しています。

    偏見を持つ人も多いので、私も周囲にはいとこさんのように話していましたよ。

    ユーザーID:7110904364

  • 小さい頃だからこそ

    受験に失敗しても、本人は辛くないのではないですか。
    落ちても他に行けるところはあるし、また小学校受験して、またダメでも中学受験できますよ。
    塾通いも、本人にとっては普通の習い事感覚なんだと思います。

    公立か私立かのメリットは、わからないでしょうね。同時に体験できるわけではないですから。
    私立の方が環境が整っているように思われがちですが、公立の雑多の感じを知った方が学べることは多いのかもしれません。

    私立に行って中だるみするかもしれないし、最高の教育が待っているかもしれないし、
    公立に行ったからこそ努力を重ね、素晴らしい人生を歩むかもしれないし、努力しない子になるかもしれない。

    いとこ家族は、私立に入れた方の価値を期待しているから、幼いころからの受験に力を入れているだけです。
    そんな小さい頃からでは可哀想と思う親なら、それをしなければいいだけです。

    ユーザーID:0418415549

  • 子供ランキング

    その他も見る
  • 簡単なことです

    幼稚園に入るのに一度、苦労したら、その後、受験で苦労しないでいいからですよ!

    ユーザーID:1776299908

  • 経験あるわけではありませんが

    私もそれなりの大学院を修了し、業界最大手企業に勤めていました。
    その時の同期達は皆お子さんをお受験させています。
    私は結婚して田舎の田舎の田舎に引っ越して、お受験幼稚園すら無いので気楽にしていますが、
    同期達は0歳児から習い事をさせたり、家庭内の公用語を英語にしたりと必至です。
    そう言う環境なので子供たちも、それが当たり前になっていて苦痛では無さそうです。
    1人の同期のお子さんは幼稚園の年長さんですが、すでに、水泳、バイオリン、ピアノ、バレエ、お習字、英語、中国語を習っています。
    将来何になるの?と聞いたら「マサチューセッチュ(マサチューセッツ)工科大学かハーバード大学か東大の医学部に行くの」と言っていてびっくり仰天。
    幼少期からの英才教育は「親の偏差値」「親の財力=子供の学力」と祝える原点らしくて、
    お受験組の中の何%かは一流街道を歩むんだとか。
    我が家は別に一流を目指していないので、のんびりしていますが、逆に同期にはイライラするらしくて勉強させろと叱られています。
    主様がお子さんに何を望むかで違ってきます。
    マサチューセッチュを目指すならお受験すべきですよ。

    ユーザーID:1179056351

  • 当時はメリットがあると思い受験しました

    幼稚園受験をさせた経験があります。
    メリットはやはり受験受験とガツガツせずにエスカレーターで上までいけることと考え、受験塾に通わせ合格しました。
    女子ですし、これで安心、と考え、娘の幸せを私が切り開いた と思っていました。

    月日は流れ、娘が小学校高学年になったとき 「私、このまま自分の実力を知らずにずっと行くのかな。節目節目できちんと受験したほうが自分にはむいてるんじゃないかな」と言い出しました。
    それを言われたとき小さな頃から毎日受験塾に通わせ、親子の時間をとっていなかったのでは、娘にむかない道を歩かせてしまったのではと悩み、しばらくして引っ越しの機会があったので一貫校を小学校でやめ、中学からは引っ越し先の公立に通わせました。
    公立中学に通う娘は明らかにイキイキし、生徒会長を勤め、行きたい高校を自分で選び、猛烈に受験勉強しました。
    その甲斐がありトップ校に元気に通う娘に 我が家の幼稚園受験はメリットがなかったな と振り返りました。

    ユーザーID:1269679910

  • そりゃなんと言っても

    同級生、保護者を選びたいから、です。

    10分じっと座って居られず、大声を出しながら歩き回る子がクラスに1人か0人かで、学校で得られるもの、質が全く変わってきます。

    下調べをして、ある程度の私立に入れれば、その点は安心。
    他の保護者も、子どもにお金をかけて良質な教育を受けさせたい、という点は共通しているはず。
    そして、経済状況もそんなに差はない、かも?

    公立は、上記の家庭が抜けた残りですからね〜。どんな子と一緒になるか、分からないです。全て運。

    うちは、比較的お上品な土地、中学校区もレベル高い、と言われていたので公立に入れましたが、、、プチ崩壊してます。
    学習は家庭でカバーできても、それ以外のものが、残念な感じ。
    娘は私立に入れるかもしれません。

    ユーザーID:6512516316

  • 「それなり」では・・

    「それなり」の大学も「それなり」の生活でも満足できない。
    「1番」でないとダメなんでしょうね。

    「それなり」の企業では不足のようで、知人の娘さんは大学を卒業せずに在席中です。
    お金が余っているのでしょうね。
    羨ましい次第です。

    お受験経験者ではありませんが。。

    ユーザーID:8415440085

  • ほっときゃいいじゃんもー

    何か意味があると思う人が受験させるし、その「意味」は個々で千差万別ですよ。
    ウチは小学校受験させましたが、それは設備面で求める物があったから。
    身体障害があって、その設備が必要だったけど、
    学区の公立にはそれが無くて、つけてもらうにはすっごい税金をかけることになって、
    しかも不十分な事しかできないと分かって。
    なら最初から設備が理想的な状態である所に行かせよう、となったの。
    変な理由だけど、でも重度アレルギーで弁当小学校へとか、身体面の理由で受験する子は意外といるよ。

    とにかく動機を持つ人が自分の金払って行かせるんだから、
    行かせるつもりのない人はほっときゃいいじゃん。
    従姉妹の子の受験なんて他人事。何も気にすることないでしょ。

    そうそう、その「旦那親が」ってめんどくさそうなのは、
    多分非難がましい目を向けてくる人へのエクスキューズ。
    幼受でしょ?自分がやる気が無いと、入ってからの手間かけ(国立も名門私立も幼稚園は親の労力すごいですからね)とか、無理ですよ。
    頑張ることを言い訳するのってしんどいし。そう責め立てるのやめてあげて下さいよもう。

    ユーザーID:7231394889

  • メリットは親自身にありました

    長女を私立小に通わせています
    長男は年中からお受験塾に通っています

    一番のメリットは子供への接し方を学べたことです。
    お受験塾は毎回 親が授業参観します。
    先生を観察することで 褒め方が上手になりました。
    またその年齢にあった お行儀もわかりました。
    無理強いや甘やかしがなくなりました。

    なので私は子供のためというより
    自分のために通って良かったと思っています。
    お教室に行くとマナーのいい親子ばかりなので
    ホッとします。幼稚園は無法地帯ですから。

    決して無理強いのがり勉ではないです。
    息子は楽しく通っています。

    私立小学校も善悪判断がきちんとしているので
    安心して通わせることができます。
    子供はまっすぐに育っている感じです。

    ユーザーID:1841909046

  • 所詮は価値観の違い

    自分が嫌なら受験させなければいいだけ。
    なんで人のことまで聞きたいの?暇なの?

    ユーザーID:7152974155

  • そんな世界も有る様です

    雑草の様に公立から難関大学に合格して、上場企業に就職する人も有れば

    お受験で幼少期より純粋培養して、良いトコの人脈をいち早く確保して
    毛並みの良い環境の中で、毛並みの良い人生を送る人も存在します。

    ワタシ自身、雑草路線でしたが卒業後の就職先は雑多。
    経済的に成功している親族も多ければ、進路先も様々なので

    お受験する人に遭遇した時には

     私の知らない世界が有るんだ!と純粋に驚き、かつ納得しました。

    そちらの毛並みの良い人にとっては
    こちらのは”知らない世界”でビックリの存在みたいですね。

    ユーザーID:6485025538

  • 他に使うところが…

    ないから、お受験……いや?
    そうですね〜生徒たちをみて見ると
    「何かが かくりつ」されている?ところに衝撃を受けてしまった わたし……当時小学校4年生でした…

    それを期に、受験する気持ちが強くなり過ぎて
    結果……8歳の息子を小学校受験させて、第二希望のところにいきました

    メリットは 小さいうちから理屈根拠を教え込むのでそれなりに頭の回路も良くなります

    デメリット……班長会議もよくあるので帰りが
    子供のくせにサラリーマンなみ……です


    次の日が休みだと、大人と同じ「あ〜やっと1週間が終わった〜ゆっくり休も〜〜」とか言ってやり残しの宿題の片ズケに追われ終わったあとにジュース飲んでます……習い事は…「僕は1週間学校で頑張ってるし身体が疲れているからやらない…」です 笑


    何も言えません…わたしの子供の頃と全くちがい
    息子の方が、しっかりしてます わたしも修行中です。笑

    ユーザーID:7224229787

  • 私立小学校に通っています

    子供が二人小学校受験して、私立小学校に通っています。

    トピ主さんが疑問視するお受験は、どのようなものですか?
    うちは、塾にはほとんど通わず、受験しました。勉強のようなものは、自宅でドリルをやらせたり、科学的な実験遊びをしましたが、そのほかは、季節行事を大切にして家族皆で楽しみ、毎晩いい本を読み聞かせ、休日には家族で自然を楽しんだり、スポーツを楽しんだりしました。遊びながら、受験を意識した問いかけや語りかけをしました。お行事やしつけという面でも気を付けて日々を過ごしました。

    小学校受験で求められるのは、家庭教育と躾なので、親がそれを意識して生活し、子供と接することはとてもよいことだと思います。
    いとこさんも優位意義な受験準備をできるといいですね。

    ユーザーID:4088308068

  • ん〜

    幼稚園でなく小受の為に通わせてるんじゃないですかね?
    幼稚園受験ってハッキリ言って不要な気もしますがね…。
    きちんと受験を見据えた家庭(オール私学コース)が未就園児下手するとベビーから通っていますけれど。

    ユーザーID:6364976910

  • 校風や教育方針、環境など。

    こればっかりは通った人にしか理解できないことなのかもしれません。

    価値観や普通・・・などって幼少期に養われるものだと思っております。
    もちろん家庭が一番なのですが。

    公立は幅が広いですよね。真面目な子もいるけれどそうでない子もいる。
    先生に口答えや反抗する子もいる。
    遅刻したり、サボったり、未提出・・・タバコ、ピアス、化粧、茶髪金髪にしたり・・・まだまだ色々。

    うちは、当たり前の事を当たり前の事として出来る子になってほしく
    そのような学校を希望しました。
    学校の訪問者や外でも保護者に会えば生徒全員がキチンと挨拶できる。
    制服も全員がキチンと着れる。
    すすんでどんな物事へも取り組める。
    先回りして考え、周りへの配慮や手伝いができる。
    全員が物事全て10分前行動をし10分前には完了している。
    教える立場、教えてもらう立場をしっかりと理解し言動が出来る。
    全部社会人となれば当たり前の事ですよね。

    そして何より在校生卒業生が自分の学校を誇りに思っている。
    だからこそ品格のある行動ができる。
    正の連鎖ですね。より自分達でこの学校を良くしようと。
    もちろん意識が高いので学力も高いです。

    ユーザーID:8730066644

  • お受験派の人は、お受験しなかったメリットを知らない

    お受験せず公立小に息子を通わせている者です。
    お受験しなかったメリットについて、書いてみます。

    1 朝と放課後の時間が有意義に確保出来ること。
      時は金なり、これが一番大きいです。通学時間を取られないので、下校時間の数分後〜遠くても30分後には帰宅し、とても有意義に時間を使えます。塾も習い事も、選択出来るコマや時間帯が多いので、やりやすいです。私立の子も行く進学塾に行ってますが、塾で習ったことの復習が学校で出来てちょうど良いです。私立小の子はスケジュール、体力的にもきつそうに見えます。息子の成績が悪ければ私立が良かったと思ったでしょうが、空き時間に塾の宿題をちょっとやるだけなのに塾ではずっと最上位クラスです。塾に行く子も多いので、公立小だと勉強に差がつけられるという訳では無いです。

    2 学校のお友達と放課後に遊べること。
      お友達との遊びが命!子供には子供の世界がある様子。勝手に約束をしてきては、急いで出かけたり、遊びに来たり。家が遠い私立の子同士では、こんなに子どもだけで毎日遊ぶ経験が無いのでは?学校内とは違う子ども同士の付き合い、遊び方を学びつつ、楽しんでる様子です。

    ユーザーID:5612547998

  • <続き>お受験派の人は、お受験しなかったメリットを知らない

    続きです。

    3 色々な子どものいる環境で、もまれること。
      親としては、これが一番の公立を選んだ理由でした。体感してみたら、1や2のメリットがとても大きく感じたのですが。親の職業も方針も、環境も様々な子がいますので、時々、えっ?と思う時もあります。まさに世の中の縮図のようで、どう付き合っていくか、それを学ぶいい経験だと思っています。それだけは親でも教えられないですので。私立の場合は、同じような教育方針や家庭環境の子にバイアスがかかっていますよね。それが無いのがいいところかなと思います。又、私服ですし、文房具や持ち物に対し厳しくなく、ある程度の指定はあっても、人それぞれ。みんな違ってみんないい、の精神が身につく感じを受けます。


    お受験をしたり、する予定の人は、このお受験をしなかったメリット、について体感することが無いと思いますので、書いてみました。
    子ども時代の時間や経験は貴重です。
    遊びにも勉強にも余裕があって、歴史や宇宙の本に目覚めたり、武道系の習い事も始めて毎日楽しそうな息子を見ていると、お受験しないメリットも多いにあると思います。

    ユーザーID:5612547998

  • レス

    1. 公立学校の低俗リスクを避けたい。
    2. 教育手法・内容
    3. 系列なら将来の受験失敗リスクを無くせる。
    4. ブランド価値
    5. 将来の同窓会人脈

    1と2が大きいんじゃないかな。

    ユーザーID:9555532162

  • 嫌味は止めた方が

    そんな事、人の勝手でしょ。
    主が文句つける事じゃ無いです。
    自分が意味ないと思ったらそれでいい。

    どんな意味があるのよ。喧嘩売ってるとしか思えません。

    ユーザーID:3315386781

  • 多分ね


    「それなりの大学ではなくて、自他ともに認められる大学を目標とし、
    上場企業に固執しなくてもいい、という、
    人生の選択肢を増やし、広げる意味があると思いますよ。」

    トピ主様もこんな風に言われたら、どうですか?

    誰が見ても非常識なことや法律に触れることをしていない限り、
    人の人生の意味なんて、他人に解りっこありません。
    本人だって、歳を取ってからやっとわかる場合もあるのですから。
    理解しようとしてくれなくてもいいんです。
    ただ、尊重はしてください。

    トピ主様に塾へ行くお金を出してくれ、と言われたなら、
    口を出す権利はありますが、そういうわけでもないし、
    お子さんにストレス症状が出ているわけでもないですよね?
    人様の人生に安易にトピ主様の価値観で、否定的な物の言い方を
    するものではないと思います。

    子どもの性格もそれぞれです。
    うちは小さい頃のお受験をしたわけではないですが、
    いわゆる「お教室」に通わせてました。
    決して勉強が出来る子ではありませんが、
    机に向かう習慣は根付いていて、本人なりに頑張って進学、
    親も本人も認める最大のメリットでしたよ。

    ユーザーID:4804372011

  • つるみたい人には有効

    学生時代、トイレに友達とゾロゾロ行っていた、
    芸能人のファンクラブのオフ会に参加して盛り上がりたい、
    ファッションセンスが似通った人とバーゲンに行くと楽しい、

    そんな人には、「子どもに手間とカネをかけたい」という価値観が一致する人同士でつるむと気分が良いでしょう。
    だからお受験をする。保護者同士で仲良くしたいのです。

    公立はいろんな人が集うので、「同じ価値観の人ばかりが集まった場所」としては適切ではありません。

    ユーザーID:5728763253

  • 意味あるのかしら?と思ってました

    私も子供が小さい頃は主さんと同じ感覚でした。
    ここは田舎だし、そもそも公立学校以外ほとんど無いし…。

    でも、子供は中学受験して、歩いてすぐの公立中学ではなく、
    電車で通う私立に行きました。
    正直言って、思いもよらぬことでしたが。

    受験理由は、地元中学の荒廃ぶりに子供が恐れをなしたことがまず挙げられます。
    「あの学校以外に中学ってないの?」と。
    授業は成り立たない、学校にしょっちゅうパトカーが来る騒ぎ、
    トイレの鏡も便器も壊され、私物は無くなる、怪我はさせられる…
    いじめは公然と放置、ヤンキー親(宿題と定期テスト廃止を訴えてましたよ)が大威張りのPTA総会…。
    そんな話をしょっちゅう聞かされました。

    大きな意味がありましたよ。
    うちの場合は、それほど成績が振るわなかったため、箔が付いたという点では?ですが。
    子供は成人しましたが、今でも中学受験時代の友達とは仲良くしていますし、
    私自身もあの頃PTA役員を一緒にやった人達とは子供抜きでお付き合いしています。
    人脈を育てるという意味は本当に大きいと思います。

    時代の流れです。
    もう、自分の頃は…は、役立ちません。

    ユーザーID:9284691356

  • そんなに辛いかな?

    お受験というと辛いというイメージがつきものですが。
    私も小学校受験しましたが、塾や勉強は遊びと同じで楽しかったです。同じ小学校の友人でも受験を苦痛に思っていたと話す人はいませんでした。
    中、高からの友人は、周りに言うかは別として、辛いであろう山を乗り越えてきた人ばかりですが。
    私は、受験期にもバレエに打ち込むことができて、本当に親に感謝しました。
    受験があるとやはり、レッスンをセーブしたりやめていく子も多かったです。

    私も小学1年の娘がいますが。
    地方に住んでおり、いい私立がないので、国立を受験しました。
    ラッキーなことに娘は合格しました。
    抽選もあるので、受験準備もさほどしませんでしたが、落ちた時に精神的に負けないように、完全実力性で差が目に見える習い事をさせたり、面接でおどおどしないように、舞台に立つ経験をさせたりしました。

    学校に入ってからの違いもありますが。
    幼稚園児で受験を経験するのも苦痛ばかりじゃありませんよ。
    取り組ませ方次第だと思います。

    ユーザーID:2865821470

  • レールが敷かれる

    一度お受験に成功してしまえば、よほどのことがない限り、エスカレータ式でその私立大学に入れます。

    私の夫がそうでした。
    義両親は夫の兄弟全員に小学校受験させ、全員そのまま系列の大学を卒業しています。

    夫いわく「受験勉強なんてしたことがない」そうです。
    でも、世間では名の知れた私立大学卒業ってことになるわけで…就職先もいわゆる一流企業です。

    受験戦争を経験した私にとって、「そんなに勉強していないのにこの学歴、この就職先ってありえない」と、正直心の中ではずるいと思っています。

    でも義両親の狙いどおり、息子はそこそこのエリートになりました。

    そういうレールを敷くために、お受験させる人もいるんです。

    ユーザーID:2667735933

  • 毎日何かをこつこつする習慣

    小学校受験しました。

    受験勉強を始めるまでは、当然ですが毎日遊び暮らしていました。ピアノを習っていても全然練習もせずという状態でした(笑)。

    受験勉強をして、親に「毎日子供に何かをさせる習慣」がついたのが本当によかったと思っています。子供も毎日ピアノも弾くようになったし、小学校にあがってからもコツコツ勉強しています。

    ユーザーID:0290447964

  • お受験…

    幼稚園受験、経験者です。
    ずばり、園バス、給食、延長保育のない幼稚園に通う意味がわからない!などと言う、レベルの低い方々とご一緒したくなかったので。
    あと、「お受験」などと言う言葉を使うご家庭ともご一緒したくなかったので。
    誤解のないように、子供はどの学校でも幸せに育てることはできると思います。

    ユーザーID:8669738117

  • お金が余ってるから

    我が家は中学受験ですが
    周りの小学校・幼稚園受験組みを見ると
    お金が余ってるからって感じがします。

    お金が余ってるから公立に入れる必要がなく
    ママ友も、それなりの方が多いので気が楽なのかなって感じです。

    でも、負けず嫌いなお母様も多くて、面倒な一面もあり、公立の雰囲気が懐かしいです。

    それなりのご家庭ばかりなので、誰のお宅に伺っても安心といえば安心。
    お友達のお父様を見て、目標が出来るし、お友達に引っ張られてそこそこ勉強頑張ってたりもします。

    駄目な人間なる場合もあるといえばあるけれど、そんな子はどこに行ってもそうなのでしょう。出来る子はどこにいっても出来るけどね。同じような仲間が沢山いるっていうのもいいですよ。

    ユーザーID:4763838840

  • ない!!!!

    子供は普通に育てるのが一番です。

    後はその子供の性格と能力(魂のレベル)しだいで決まっていきます。

    天才に育てる方法とかいう人もいるが天才がなにか、わかっていないから

    そういうことができるんです。

    ユーザーID:7043684749

  • 2回目レス

    あの〜、私立だからってそんなに特別な環境ではないですよ。

    授業料を捻出出来る家庭ですから、貧乏では入れません。
    でも、お金があるからって教養のある親ばかりかと言えば、それは違います。
    親の職業も学歴も色々らしいです。(子供情報)
    公立の学校の先生の子が多いです。
    「子供を公立に入れてしまうと、行事が重なって出席できないから、私立を選んだ」
    と、ある親が言っていました。
    親の会役員にでもならない限り、頻繁に学校に行くことはないです。
    公立のように、朝の旗振り当番や下校の付添もないので、共働き家庭にとってはラクだと思います。

    電車通学とはいえ、近場から通学する子が多いので、土日は遊んだりします。うちの子は、公立の近所の子とも遊んでいます。

    受験組の親はつるむ と言った意見があるようですが、反対ですよ。
    受験するなんておおっぴらに言えませんし、みんなが合格するわけでもないし、目的の学校名も色々ですから、親同士は仲良しごっこはしません。
    入学してからも、お互いを知らないままですから、つるまないです。

    ユーザーID:0418415549

  • お受験に関わらず

    目的が曖昧又はないなら、
    意味が薄れる。
    ただ、それだけ。

    ユーザーID:4933051465

  • 価値観の違い

    子どもを私立小に通わせています。

    それぞれの家庭で教育方針が違うのですから、何に意味を感じ、
    どんな選択をするのかもそれぞれだと思います。

    トピ主さんのようにそれなりの大学を卒業して上場企業に勤めることを
    目指しているのなら、公立小を選択することに不思議はありません。

    一方、小学校時代だからこそ家庭の方針に合った環境で育てたいとか、
    高校までの12年間、あるいは大学までの16年間という受験のない環境を
    生かして、一つのことに打ち込ませたいなどと考えて私立小を選んでいる
    家庭も多いように思います。

    どなたかが<お受験をしなかったメリット>として、
    1 朝と放課後の時間が有意義に確保出来ること。
    2 学校のお友達と放課後に遊べること。
    3 色々な子どものいる環境で、もまれること。
    を挙げられていましたが、これをメリットと感じていない(むしろデメリット?)
    家庭もあるということです。

    通学時間は読書、休み時間や放課後は学校でしっかり遊び、帰宅後は選手や
    プロを目指すような習い事に打ち込むような生活も一つの選択だと思います。

    ユーザーID:7263437160

  • うちは意味がありました

    「その学校の環境を手にいれるため」に受験させました。
    受験勉強をさせている時には「今こんなこと覚えなくてもいいのに」と思っていましたよ。
    でも「その学校の環境を手にいれるため」には、その入試を乗り越えなければならないわけです。

    主さんの仰る通り、知識という意味だけであれば公立だろうが私立だろうがいくらでも手にいれることが出来るし、学歴だって同様です。
    しかし「その学校のその環境」で勉強をさせたいと思えば、受験するしかないのです。

    授業内容はさることながら、さすが受験をくぐり抜けて入ってくる子供達だけあって、意欲もすごいし保護者も熱心だし、我が家はとてもいい刺激を受けて過ごしています。
    その子の人生には1度きりしかない学校生活ですから、きっと近所の公立へ行っても楽しめたかもしれませんが、比較しようがないのです。
    ただひとつ言えるのは「この学校に入ればこちらの望む最低限の環境が保証されている」ということです。
    公立は学年やクラスによってもその環境は「賭け」に近い状況となるのは否めません。

    なのでうちにとっては意味がありました。
    やみくもに否定するのは危険ですよ。

    ユーザーID:1170844227

  • 本人は辛いと思っていない

    小学校受験しました。
    もともとそういう事が好きだったせいもあって、本人は辛そうではなく、むしろ楽しそうでしたね。
    もちろん、苦手な事ややりたくない事も中にはありましたが、頑張ってやっていて、その頑張りが一番誉めてあげた事です。
    まぁ、子供よりもどちらかというと親が大変でした(笑)

    なぜ受験を決めたかというと、公立だとびっくりするような非常識な家庭がいるからです。
    子供ですから簡単に染まる可能性があり、それを避ける為です。
    確かに色々な人間に揉まれる事は良い事ではあると思うのですが、それは自己が確立した後でないと、危険だと考えました。
    環境によって「普通」や「常識」というのは変わってしまいます。
    その環境を整える為でしょうか?

    ユーザーID:1891008255

  • 幼稚園や小学校受験のイメージ

    エスカレーター式の幼稚園・小学校受験:お金の使い道に困っているか大学受験回避派
    高校進学が確約でない国立付属小学校受験:小中と同等またはそれ以上の高校へ行けるのは少数派?
    全般的なイメージ:子供会はなく、PTA役員を自ら希望する保護者が多そうでうらやましい

    ユーザーID:8681801438

  • 人のブランド化

    物にもブランドがあるように、
    学歴や出身校で人を差別化するためのブランド化だと思います。

    という私も都内有名私立校をエスカレーター式で大学まで卒業しましたが、
    社会に出てからは役立つどころが、
    いつもお坊ちゃまイメージで見られて
    うっとうしい経験を何度もしています。

    ブランド志向の人もいますし、
    全くノーブランド派も存在するように
    実際に卒業した身にとっては役立つことは一切ありません。

    有名私立校だろうと、
    道を外れてアウトロー化する人間は必ずいるのを見てます。
    単に親の見栄の世界だと思います。

    ユーザーID:6768592661

  • 東大生の7割はそういう道を通った人

    東大や京大へ行く約7割は、幼児期から、そういう大学へ行くように教育されて来た子どもです。
    なのでそういう家の人には必要なのです。

    私の知ってる人は東大の教授と大手企業の研究員?の夫婦で
    子どもは5歳の時には東大を意識していました。
    東大医学部を卒業しましたよ。

    養成所なんですよね。ようは。

    ユーザーID:5916152341

  • 昭和とは時代が違う

    よくこういうトピでは
    何十年前の自分と比べて今を語る方がいますが
    何の意味もないことに気が付かないのが不思議です
    携帯電話もなかった時代と
    スマホが当然の時代を比べて本当に比較できると思っているの?

    私学の幼稚、小学校に通ってらっしゃるお子さん、その家族をご存じないでしょう
    何も知らずに批判するのは、それなりの大学をでてそれなりの生活をしている人がすることではないですよ

    ユーザーID:1350734319

  • 子どもの事情もある

    親類筋に私立小学校に通う子どもがいます。
    生まれながらに食べ物アレルギーがひどく、
    「給食のアレルギー対応が手厚い」
    という理由で選択したようです。
    さまざな事情があるようです。

    ユーザーID:7981977040

  • 今回は

    他所の家の事だし、意味があるかどうかは二の次でしょう。言いたい事があれば、従姉妹自身が家族で話せばいいだけ。

    ユーザーID:6284265693

  • 住む場所と一緒と考えれば?

    引越しをするとしたら
    少々高いけど荒れた人も居ない静かで落ち着きがあり整った環境の地域か
    幅があり底辺の人から色々いるちょっと騒がしいあまり環境の整っていない地域を選ぶか。

    また普通のアパート?団地?に住むのか
    オートロック付き、管理人が居るような万能かつ万全な最新システムが設備されたマンションに住むか。

    自分達、または自身の子が住むならどちらがいい?
    そういうことでしょ。

    受験するって事は、入学許可を得たいってこと。
    合格できた子は許可を得たって事。

    そして何か問題が起きた時、どちらが対応が良いのか。
    いじめが起きた時、芽のうちに摘む対応が行われているのも
    いじめた側への親子へ数回注意で直らない場合は排除されるのはいじめた側。
    どんな理由があろうともいじめた側に非があり、いじめられた側に非はない。
    いじめられた側が学校へ来れなくなると言う事が一切ない。
    学校へ行けなくなるのはいじめた側。
    これも大きな違い。

    【建学の精神】がある・なしで学校自体が全く違ってきますが
    学校をはじめ保護者や生徒の価値観が大きく違います。

    ユーザーID:9969412733

  • 全国学力テスト

    国立・公立・私立の学力差をみれば一目瞭然。新聞にも記載ありました。

    公立も私立も経験有りですが、公立は先生と話がかみ合わない事が多々。
    私立はすんなり話を理解しあえるんです。不思議なもので。
    もちろん公立にも良い先生はおられるのですが・・・。
    また公立は殆どが塾通いですが、国立・私立は学校が時間制限のない塾のようなものですから・・・うちの学校では極一部だけです。
    それにより夜は家族全員で夕食がとれますし親子ともにゆったりとした時間がとれます。
    塾代は3教科で幾ら?5万位? それくらい出すのであれば
    良い環境で毎日過ごし学力も生活面も教養もしっかり、夜はゆっくり家族の時間がとれる良いのでは?
    しかもその後の受験の心配しで。

    公立は少しでもはみ出ると叩かれたりのけ者にされたりしますが
    国立・私立は皆個性豊かで認め合う尊重しあう教育が行われております。
    公立はちょっと障害を持っているだけでキツイでしょう?
    でも国立や私立は違うんです。皆で守ったり皆その子に合わせ一緒に楽しもうとします。
    仲間ですから。

    友人関係も遊びに来たり行ったり、皆行儀のいい子達で問題は一切ないです。

    ユーザーID:3819391277

  • それぞれかも。。。ただ…

    横浜在住、現在21才の私立大学生(高校まで公立)を持つものです。お受験は、基本各家庭の考え方だと思うので、良いも悪いも各家庭自由でいいと考えます。
    ただし、現実のみをお話ししますと…今の時代エスカレーター式で大学にあがっても、その大学がいわゆる私立トップ校(W大、K大、J大)に匹敵するランクでないと、就活でエントリーすら難しいです。

    2、30年前は確かに存在した「有名無名関わらず大卒であるが故のハイポジション」は、今や「国立ならT大及び私立ならW、K、Jランク」でないと残念ながら…が現状です。
    ですので、エスカレーター式に在籍していても、皆さん高3になると外のトップ大学を目指し、結局受験はすることになります。

    ただメリットもあり、高3になると私立のお子さんは卒業までの授業を2年生の段階でクリアしているので、公立のお子さんよりかなり早く塾へ向かうことが出来、自習室の席も確保出来ますね。これ大きいです。

    もし財力が申し分なければ、幼稚舎のK大付属が手っ取り早いかもですね。

    ユーザーID:4939246714

  • 違うオーラが身につくらしい

    小学校から院までずっと公立育ち、学者です。

    幼稚園から付属がある私立大学で勤務しましたが、学生はやっぱり毛並みがいいです。
    長期休みは国連でインターンとか、新しいものや難しそうなものに物怖じしない。
    無邪気な好奇心と自信にあふれています。経済的にも能力的にも「選ばれている」という意識を幼いころから持ち続けているからでしょうか。就職活動も、するりといいところに決まっていく人が多いように思います。

    学生に「先生って庶民っぽいよね」と看破されたことがあります。彼は大学受験で入ってきた、いわゆる庶民でした。私も色々場数は踏んだつもりなのですが、オーラは後から身に付くものではないようで、立ち居振る舞いに親近感がわくらしい。

    お受験持ち上がり学生は、同じ程度の能力を備えているはずの庶民とは一歩引いて付き合い、同じ大学に入っても、来歴の違いで差異化が起こるようです。この差異が就職(賃金)にも影響するかは、統計データがないのでなんとも。しかしこのグループを保持し続けることで、心理的な差異は保たれ続ける=受験は有利という感情が子に受け継がれるのかと推察します。

    ユーザーID:4316941216

  • させたい気持ちはわかる。

    学級崩壊をした学年があります。肝心な問題のある親は来ない、中学校の先生まできて面談、担任が変わる、などなど大変だったそうです。

    私立でもイジメはあるだろうし、近くのレベルの低い中高一貫は生徒のマナーが悪い。でも、別のある程度レベルの上がる付属の中高生はとてもマナーがよく、市民にも開放しているカフェテラスはとても綺麗。食べたあともきちんと片付けていて、ご家庭での親御さんの様子を垣間見ました。

    なので、ある程度のレベルがある学校にお受験させたい気持ちはよくわかりました。うちはナシですけどね。

    ユーザーID:6490354794

  • 国立・私立のトップ校への近道でもある

    初めからそこの大学の附属に入ったなら余計な情報ですが
    そうではない場合。

    小学校受験、中学校受験、高校受験でさらにランク上の学校への踏み台にする人も多少おります。
    普通の公立から受験するより学力面でも生活面でも有利ですから。

    うちの子の学校も中学2年間で中学卒までの学習を終えます。中3から2年間で高校卒業レベル。その後2年間は大学受験の勉強に費やします。
    ので中学3年でB1あたりまでの国立附属高や私立大附属(早慶)へ移動する人もいます。
    行った友人(一番下のクラス)は「楽勝♪学年トップ♪ 今まで居た学校がどんなにハードだったか今になって良く解る」って言ってました。

    近くにそういう大学のない地域はそういう方法をとりますね。
    大きくなるまでは子供と離れるのは親として心配ですから。
    でも私が卒業した学校は中学から男の子が外部に行くしかないので
    関西から愛光(偏差値72)や函館ラサール(寮有)、学芸、清風とか行ってますね。

    ユーザーID:1445712118

  • 最下位回避

    ダボダボジャージに茶髪の保護者に眉をひそめて私立を目指す人がいるが、
    お手伝いさん一人おらず、家事中はTVダダ流し”育児放棄”、ショッピングモールのフードコートやファミレスで”安全とは思えない”ジャンクフードを食わす保護者に眉をひそめて私立という人もいるわけで、後者にとって前者は「大人しく公立行ってくれればいいのに全くもぉ」な存在なのをわかっているんだろうか?

    とはいえ、「妻が働かなくても済む程度」の庶民が私立小を目指すメリットはあると思う。
    主体性が無く、たとえクラスに1人のダボダボジャージであってもアッサリ流され、ゲーム機を貸し、親もジャンクフードランチを断れないならば
    襟のついたシャツで電車で通う子に混ぜておけば、とりあえずダボダボジャージは着ないだろう。

    という最下位回避としての意味は無視できないね。

    ユーザーID:6135988377

  • 歯並びが良く話が退屈

    村上春樹の小説「海辺のカフカ」主人公の少年が通う、私立校の同級生達の描写です。
    なかなか鋭いデスネ。

    同級生の歯並びが良いって、実はどーでもいいことじゃありませんかね?
    同級生の話が退屈、は、人生において「友達」が重要だとすると、かなりつまらないことになりますね。

    とはいえ、カフカ少年は家出しても断固として上流社会のボンボンらしく行動します。
    不良に絡まれないためにホテルを予約したり、健康に気を付けて野菜を進んで食べたり。
    「育ちが悪い」と絶対やらないだろソレって感じ(笑)

    我が子をそんなカフカ少年にしたければ、私立もいいかもネ。
    私はこの物語で言う星野青年のほうが、よっぽど賢いと思うんだけどね。

    ユーザーID:9917469031

  • 揉まれて成長する子かどうか

    1. 大学までエスカレーターなら、ある程度の学歴が早めに手に入る
    2. 人脈が手に入る
    3. 同級生とその親が一定レベル以上と保証される

    1の学歴は分かりやすいですよね。子供の実力以上の学歴をつけてあげることも可能です。

    2の人脈は、一部の超名門と言われるような所だと本当に凄いです。親が医者、弁護士、経営者、政治家、著名な芸術家など。また各家の人脈も凄いので、大人になってからのビジネスや社交の場などで大いに威力を発揮します。

    3が我が家では一番重要です。イジメなどは私立もゼロではないですが、「おい、てめえ」「ふざけんなよ」等という金髪の母親やその子供達、その他多くの問題ある家庭との接触を避けられます。

    揉まれるのがプラスに働く子とマイナスに働く子がいるので、その辺りの見極めは重要だと思います。
    私自身公立出身ですが、私のクラスは1人の子のせいで学級崩壊し、修学旅行も無くなり、悲しかったです。

    ユーザーID:5357556643

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧